ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ブックセラーズ

2021-04-29 01:11:23 | は行

ゲイ・タリーズが、フラン・レボウィッツが

「本」への愛を語る!

 

******************************

 

「ブックセラーズ」69点★★★★

 

******************************

 

世界最大のNYブックフェアに潜入し、

本を愛し、売り、その文化を守っている人々(=ブックセラ-)数人にスポットをあて

掘り下げていくドキュメンタリーです。

 

本屋通りとして知られたNYの通りに

1950年代に368店あった古書店が

いまどうなったか――など

厳しい現状が語られるなかで

それでも「紙の本」を愛する人たちがいるんだよ、という事実と

ブックセラーたちが

この状況をどのように生き延びているか、が写されていきます。

 

ワシももともと紙の本好き、加えて

「神田神保町古書街(毎日ムック)」(毎日新聞社)の取材で

かなり神保町に通ったこともあり

本&古書に思い入れがあるので

とても興味深く観ました。

 

デジタル化が叫ばれて久しい現在も

しかしNYブックフェアは大盛況。

 

例えば、ビル・ゲイツが史上最高額で競り落とした

ダ・ヴィンチの「レスター手稿」とか

「不思議の国のアリス」のオリジナル手稿とか

実に興味そそられます。

 

さらに

装丁に人間の皮(!)を使った本や、美しい宝石をはめ込んだものなどなど

その価値が希少性とともに

アート&グッズ方面に転換しているなあ、という状況も感じる。

 

NYで本屋の上階フロアをアート販売にしている古書店など

「まさに神保町にある古書店そのもの!」って驚きましたよ。

(神保町って世界でも類を見ない”本の街”だと聞いたけど、ホントなんだ!

 

そのほか

アメリカ在住のジャーナリストが

自身の執筆用に集めた資料が

そのままアーカイブとして大学図書館に収められた――なんて話には

うらやましいなと思ったり。

 

さまざまな人にインタビューしていて

あのゲイ・タリーズがちょろっと出てきたりするし

辛辣なエッセイストとして知られるフラン・レボウィッツ女史の

切れ味鋭いコメントが、おもしろい。

 

ただね、見ながら

本を愛する人々の情熱は

イコール、

もし本がなくなったら――という未来を予感しているのかも、という気もした。

 

この世界にたった一つ残った「紙の本」を奪い合うSF映画もあったよね。

「ザ・ウォーカー」(2010年)

だっけ。

 

近未来SFの世界がすぐそこにきている。

メディアのはしくれで生きてきた作り手としては

これからの世界にどう向き合うべきなのか――とか

いろいろ考えさせられた。

そして、いまも、考えてます。

 

★4/23(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

※公開情報は各劇場のホームページなどでご確認くださいませ。

「ブックセラーズ」公式サイト

コメント

ハイゼ家 百年

2021-04-24 23:22:28 | は行

ものすごいものを、観た。

 

******************************

 

「ハイゼ家百年」79点★★★★

 

******************************

 

1955年、東ドイツ生まれのトーマス・ハイゼ監督が

自身の家族の日記や手紙から

ドイツ100年の歴史を振り返る、というドキュメンタリー。

 

上映時間218分(!)マジかーとちょっとビビったのですが

これが、まるで飽きないんですよ。

そのことが、まずは驚愕だった。

やっぱ古今東西、ファミリーヒストリーっておもしろいんですねえ。

 

加えて、この映画がタダモノじゃないのは

関係者インタビューや過去のニュース映像などが一切出てこないところ。

 

現代ドイツの街や列車などを映した

叙情的なモノクロームの映像や

(雨の市電からの映像とか、ソール・ライターみたい!

家族の写真などに

 

監督自身による祖父母や両親の日記や手紙の朗読が、重なるだけ。

 

なのに、218分飽きないって

スゴクないですか?(笑)

 

映画は5章仕立てで

最初は監督の祖父母、次に監督の両親、そして監督自身の世代の話になっている。

 

ドイツの100年といえば、その波瀾万丈は予想はできるし、

実際、監督の祖父はあの時代にユダヤ人である祖母と恋に落ち、結婚したんですよ。

そんな彼らがナチス時代をどう生き延びたのか?

そうしたことが、手紙や日記などから明らかにされていくんです。

 

が、しかし

この映画がクールなのは

ダイレクトな歴史解説などを回避し

家族の手紙や日記に絞ったこと。

 

誰もが知っているような大事件をことさらに書かず

加えて家族相関図などの説明も一切排除しているので、

恋文のやりとりなどを聞きながら

「え? 結局、誰と誰がくっついたの?」とか

家庭の事情も実にミステリアスで、ハラハラするんです(笑)。

何も知らずに鑑賞すると、よりおもしろいかもしれない。

で、観たあとに

いろいろ反芻し、謎解きすることをオススメします!

 

 

ということで以後はネタバレとかではないですが

映画を観た方に

ちょっとだけ答え合わせを。

 

まず「第1章」で画面に写される名簿は、お察しどおり

強制収容所に連行されていった

ウィーン在住のユダヤ人たちの名前と住所のリストなんですね。

 

監督の祖母とウィーンに残った彼女の家族との手紙のやりとりには

本当に胸が詰まりますが

ふと思えば、その手紙はほとんどが、ウィーンからのもの。

つまり祖母がドイツからウィーンの家族に出した手紙は

もうなにも残ってない、ということなんだな――とかね。

 

そして「第2章」。

終戦後、東西ドイツの間で揺れ動く男女のドラマが

その手紙と日記から立ち上ってきて、ドキドキなのですが

え? この二人って監督の○○じゃないのか!という展開になる。

この衝撃は、ワシには凄かったす(笑)

 

そして

1955年生まれの監督が誕生する第3章、第4章では

東ドイツの進む方向に違和感を持ち

「わきまえなかった」監督の両親が、国に目をつけられて仕事を解任されたり

あの「シュタージ」に監視されていた状況がわかってくる。

 

 

監督の両親が親しかった

著名な劇作家ハイナー・ミュラーが

1992年に書いた「現状を憂う」文章が

いまの世の中とまるっきりリンクしていて、恐ろしいほどです。

 

 

全編を通して

駅や列車の映像が多く登場する理由は

 

試写会後に行われた歴史解説ウェビナーで

柳原伸洋さん(東京女子大学・歴史文化専攻)やほかの方も考察していたけれど

列車が人や時、場所をつなぐメタファーであること

そして

かつて多くのユダヤ人が、列車で収容所に運ばれ

その先が「ガス室」につながっていたことにも

強く結びついているに違いない。

 

いまこのときも、この世界を乗せて、

列車はどこに行き着くのか――。

 

多くを考えさせる、秀逸なドキュメンタリーでした。

 

★4/24(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

「ハイゼ家 百年」公式サイト

コメント

パーム・スプリングス

2021-04-09 21:04:07 | は行

これは・・・あなどれん!

 

「パーム・スプリングス」75点★★★★

 

******************************

 

砂漠のリゾート地、パーム・スプリングスで

妹の結婚式に出席しているサラ(クリスティン・ミリオティ)は

幸せムード満点の式に

どうにもなじめずにいた。

 

そんなサラは

会場でナイルズ(アンディ・サムバーグ)に出会う。

 

お調子者だが、どこか達観したような彼に興味を持ったサラは

彼といい雰囲気になる――が、 

あることから、ナイルズを追いかけて砂漠の洞窟に入ってしまう。

 

翌朝。ホテルのベッドで目覚めると

起こる出来事が、みな昨日と同じではないか?!

 

そう、サラは目覚めると

また同じ結婚式の朝になっているという

恐ろしいタイムループにハマってしまったのだ!

 

サラはこの状況の鍵を握っていると思われる

ナイルズを問い詰めるが――?!  

 

******************************

 

はじまりこそ、ちょっとお下品でおバカなテイストで

うーん、そっち系かあ、と思ったんですよ。

 

しかし。

鑑賞した夜にみた夢は

ずっとこの世界だった(悪夢だった。笑)

 

タイムループものに名作多し、とは良く言われるけど

この行き先は新しい。

できればこの先は、観て体験していただきたい!

 

 

 

まあ、ネタバレ、というわけじゃないので

先に進みますが、

 

パーム・スプリングスで

1日を終えて、目を覚ますと

また同じ「結婚式の朝」で

またその1日を繰り返さなければいけない――という

謎のタイムループにハマってしまったサラ(クリスティン・ミリオティ)。

 

そのきっかけとなったのが

サラが出会う男ナイルズ(アンディ・サムバーグ)で

先に彼がこのループにハマってたんですね。

 

ナイルズにとって、この結婚式は

新婦が、カノジョの友達だっていうだけの

サラよりもっと最大級にどーでもいいもので(苦笑)

 

いろいろ試してみたけれど

どうしてもループから抜け出せず、

 

つまんないスピーチとか

親族一同のダンスとかを

もう何万回も経験してるというんです。

 

――地獄でしょ?

 

で、そこにサラが巻き込まれ

サラもなんとかここから抜け出そうとするのですが

どーにもならない。

 

で、二人でいっそ、この状況を楽しんじゃえ?!となっていくけれど――という展開。

 

舞台となるリゾート地のノー天気さや

主演二人のコメディ相性のよさで

(アンディ・サムバーグって、ジェシー・アイゼンバーグ似だよね)

 

明るい悪夢のような感覚が生み出され、

でも、考えるに地獄で恐ろしくホラー・・・・・・となる。

それが新しいんですね。

 

タイムループって「なんでこーなるの?!」の状況があまりにも不条理で

悲劇が喜劇に、シビアがコミカルに転じやすいのかもしれない。

思えばトム・クルーズの

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(14年)

ループをうまく使った傑作だったもんね。

 

本作も、なかなかに後を引くので

ぜひ体験してみてください。

 

★4/9(金)から全国で公開。

「パーム・スプリングス」公式サイト

コメント

ブータン 山の教室

2021-04-03 01:10:32 | は行

つらいシーンなど一切なく、しみじみとやさしい。

いま、いちばん欲しかった映画かもしれない。

 

「ブータン 山の教室」75点★★★★

 

************************************

 

現代のブータンの都市で暮らす

青年ウゲン(シェラップ・ドルジ)。

 

オーストラリアに移住し、歌手になることを夢見る彼は

一応、教職免許を持っているものの

先生としてはやる気ゼロ。

 

だが、そんな彼が上司に呼び出され

辺境にある村・ルナナの学校に赴任せよ、と命令される。

 

そこは標高4800メートル(!)

トレッキングで片道8日かかる

電気も車もない村だった。

 

到着早々「帰る!」と涙目になるウゲン。

だが、9人しかいない子どもたちは

先生の到着を待ち望んでいた――。

 

************************************

 

ブータンの美しい自然と、純朴な子どもたち――

十二分に「いい映画」だと予測できると思います。

でも、その上をくる!ので

ぜひ、試していただきたい!

 

自然も生き物たちも大切に描かれて、

つらいシーンなど一切ない。

いろいろとつらい日々をやさしく癒す

いまいちばん欲しかった映画かも、と思いました。

 

主人公は都市生活を謳歌する若者ウゲン。

オーストラリアで歌手になることを夢見ていて

教職につくもやる気なし

そんな彼が

僻地の学校に赴任することになる。

 

そこは標高4800メートル(ちなみに富士山は3776メートルです・・・・・・マジか!苦笑)

電気もなければ、スマホの電波も届かない。

ウゲンは「無理! 帰らせてください!」と涙目になりつつも

だんだんとこの天空の村と、子どもたちに溶け込んでいくんですね。

 

このシチュエーションは

デンマークの青年がグリーンランドの僻地学校に赴任する

「北の果ての小さな村で」にすごく似ている。

「北の果て~」も映画も半ばドキュメンタリーのようで、とてもよいのですが

本作は

言葉も同じ国でこれほどのカルチャーショックがあるのか!

ウゲンの戸惑いを、我々もそのままなぞるようで

おもしろいんです。

 

登場する村人や子どもたちは実際にルナナの住民たちで

主人公ウゲンはミュージシャン。

ウゲンをサポートする村人役の青年の本職は土木作業員だったりと

全員、映画は初体験。

そこにもリアリティがある。

 

そんななか、だんだんと村になじみ、

村の美しい娘や、子どもたちと心を通わせていくウゲン。

でも

厳しい冬が来れば学校は閉まり、ウゲンは街に戻ることに決まっている。

果たして、ウゲンの選択は?

 

――ここでのありきたりなエンディングでない、このラストも実にうまいんですわ。

 

天空の村ルナナは、たしかにいろいろ不便だけど

自然とともに生きるその暮らしは

どうみても現代の理想郷にみえる。

 

でも、それはあくまでも

よそ者である我々の視線で。

ホントにそこは「幸せの場所」なのだろうか?

その場所しか知らないことは果たして、幸せなのだろうか――?っていうのも

この映画の深い問いかけなのですね。

 

実際、監督であるブータン出身のパオ・チョニン・ドルジ自身も

世界的な写真家として活躍しているし、

ウゲン役のシェラップ・ドルジも

オーストラリア移住を考えたことがあるそうな。

 

ワシも思うんです。

若いうちは、広い世界をみたほうが、いい。

その旅の果てに、還る場所があることが、どれだけ尊いことか、は

その旅を経て、初めてわかるものなんだと。

 

さまざまを思いつつ

特に若い人たちに、このラストの先を、それぞれに感じ取ってほしいなあと

おババ=ワシは思ったりするのでした。

 

★4/3(土)から岩波ホールほか全国順次公開。

「ブータン 山の教室」公式サイト

コメント

水を抱く女

2021-03-27 03:34:04 | は行

切なく、張り詰めた余韻が

いつまでも響いてとまらない。

 

「水を抱く女」77点★★★★

 

**********************************

 

現代のベルリン。

早朝のカフェで向かい合う男と女。 

どうやら男は女に別れ話をしているようだ。

 

やがて、思い詰めた表情の女(パウラ・ベーア)が言う。

「――殺すはめになる。知ってるでしょ?」

 

――なにやらヤバい雰囲気だが、バイオレンスが始まるわけでなく

女は仕事に戻り、ごく普通の日々がはじまる。

彼女の名はウンディーネ。

歴史家で、普段は博物館でガイドとして働いているのだ。

 

その日、彼女はガイド中に別の男性クリストフ(フランツ・ロゴフスキ)と出会い、

新たな恋が始まる。

 

幸せなカップルの日々――

だが、ある日、街でウンディーネが元カレとすれ違ったとき

運命の歯車が回り出す――。

 

**********************************

 

「東ベルリンから来た女」(12年)「あの日のように抱きしめて」(14年)

「未来を乗り換えた男」(18年)と、

ドイツの悲しい歴史を背景に

心きしませる男女の愛を描いてきた

クリスティアン・ペッツォルト監督の新作です。

 

冒頭のカフェのシーンからはじまり、

一見、フツーの恋愛映画のようにみえるんですが

いや、どこかに、違和感がある。

 

「未来を乗り換えた男」でも共演した

パウラ・ベーアとフランツ・ロゴフスキ(「希望の灯り」も超よかった!)の愛は

すごくロマンチック・・・・・・なはずなのに、

なぜか終始、緊迫感と不安がまとわりつくんですよ。

 

ヒロインの名前がウンディーネ、という点で

文学好きやクラシックファン方には

ピンとくるみたいなのですが

ウンディーネ、というのは

ギリシャ神話に登場し、あの「人魚姫」のモチーフにもなった

水の精の名前なのですね。

オペラの題材にもなったりしてる。

 

その物語は

「愛する男が裏切ったとき、その男は命を奪われ、

ウンディーネは水に還らなければならない」というストーリーになっていて

本作は、そんな運命を背負ったウンディーネの物語を

現代に置き換えて、描かれたものなんです。

 

そうと知ると

ウンディーネとクリストフの水中でのシーンとか、

なぜ、元カレとすれ違ったウンディーネがそんなに動揺したのか?とか

普通に観てると「ん?」と思うようなシーンも

「なるほどなあ」と納得できて、

場面を思い返しては、その余韻を噛みしめられるという

なかなか後を引く作品なのです。

エヴァシリーズみたいですな(あ、違う?笑)

 

「東ベルリン~」を筆頭に

クリスティアン監督の描く男女って

めちゃくちゃエモーショナルなのに、甘くなく

いつも張り詰めているんですよね。

そこが、スキなんだけどw

 

これまではその背景に

ドイツの歴史や悲劇などがあったわけですが

今回はそうではなく、神話題材、ってところが

新境地だなあと。

 

劇中に流れるマルチェッロ(J.S.バッハ編)の「アダージョ」、

その絞り出されるような旋律が、

恋人たちの行く末とともに、めちゃくちゃ耳に残りました。

くっ、――切ない!

 

★3/26(金)から新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

「水を抱く女」公式サイト

コメント