ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

わたしは金正男を殺してない

2020-10-11 17:03:03 | わ行

このお二人、憶えてますよね?

 

******************************

 

「わたしは金正男を殺してない」71点★★★★

 

******************************

 

2017年2月13日、マレーシア・クアラルンプール空港で

白昼堂々、顔に猛毒のVXを塗られて殺された

北朝鮮の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の異母兄である

金正男(キム・ジョンナム)。

 

ロビーに入ってきた彼が、医務室に行くまでの一部始終が

監視カメラに写っていたこと、

さらに実行犯として逮捕されたのが二人の女性だったことなどで

あまりの堂々たる暗殺っぷりに、衝撃が走ったものです。

 

あれから3年。

あの事件は、逮捕されたあの二人はどうなった?のその後を追う

ドキュメンタリーです。

 

あの事件は日本でも大きく報道されたし

実行させた北朝鮮の男たちがすぐに出国し、とんずらしたことも知ってた。

彼女たちだけの犯罪でないだろうとは、みんな思っていたと思う。

しかし彼女たちが何も知らなかったとは、当時は信じがたく

逮捕後、彼女たちが

「日本のやらせ(ドッキリ)番組だと聞かされていた」と供述し、

「んなバカな!」「すげえ言い訳」と、正直、思ってました。

日本の名前が出たことに、拒否反応もあったのかもと思う。

 

で、その後、どうなったかはまったく知らなかった。

本作を観る前も、「殺してない?」と、やや懐疑的でした。

 

さて、真実は?――をぜひ観ていただきたいのですが

ここでは、結論を言ってしまってもよいかなと思う。

 

事件で逮捕されたのは

インドネシア人のシティ・アイシャと

ベトナム人のドアン・ティ・フォン。

 

映画では二人の弁護団やジャーナリストたちが

監視カメラや、二人がSNSに残してきた足跡、

あらゆる証拠を集め、

さらに田舎から都会に働きにきていた彼女たちの苦境や

これまでの人生をもつまびらかにしていく。

 

さらに、金正恩(キム・ジョンウン)と金正男(キム・ジョンナム)の間になにがあったのか、

どういう関係だったのか――なども、専門家が教えてくれる。

 

そして、

彼女たちが「何も知らずにやらされていた」ことを明らかにしていくんです。

 

しかし、そのことが自明となっても

マレーシアという国と北朝鮮の関係や利権、政治的判断などが絡み

裁判所でも

「彼女たちを死刑にしてしまった方が、都合がいい」という空気が満々なんですよ。

 

弱い立場の女性2人が、利用され、スケープゴートになり、

本当に死刑になるかもしれない――

実に恐ろしい話です。

 

しかし考えてみれば

あれだけの事件も、すっかり忘れ、

この二人のこともすっかり忘れていた

ワシも、その片棒を担いでいたんじゃないか?

 

どんなに衝撃的なニュースも、あっという間に消費し、

関心を失ってしまう。

そんな我々こそが、刃を手にしているのではないか?

そのことが真に恐ろしく、

反省をするのであります。

 

そんななかで、真実を追い続ける

心ある弁護士やジャーナリスト、ドキュメンタリストには

リスペクトしかありません。

 

彼女たちがどうなったかを、ぜひ直視していただきたいと思います。

 

★10/10(土)シアターイメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開。

「わたしは金正男を殺してない」公式サイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワイン・コーリング

2019-11-04 16:11:02 | わ行

こちらは南仏で自然派ワインを造る醸造家たちのドキュメンタリー。

これまた、個性的なのだ!

 

******************************

 

「ワイン・コーリング」70点★★★★

 

******************************

 

「ジョージア、ワインが生まれるところ」(19年)とともに

「映画で旅する自然派ワイン」の特集上映で公開中の本作。

南仏ルーション地方で自然派ワインを造る生産者たちのドキュメンタリーです。

 

ジョージアワインから続けてみると、

まずロックミュージック&ゴリゴリにカットを刻んでくる

ハードなオープニングにビビる(笑)

 

同じ自然派ワイン括りでも

これほど味わいが異なるとは!

 

でも、進んでいくと、なるほど~と思う。

彼らはちょっとヒッピーなんだなあ

自然派、というポリシーのもとで

いわばコミューンを形成している人々なのだ。

 

彼らの造る自然派ワインは、

認証機関の規定に基づいて造られる「ビオワイン」ともまた違っていて

超我が道なやり方を貫いている。

 

農薬や化学肥料NOはもちろんのこと

添加物もナシ、ある人なんか機械も拒否し、馬で畑を耕したりもしていて

とにかく「自然のまま」がモットー。

 

注目はされているけれど、

まだまだ、かなりの少数派なんですね。

 

そんな彼らが、いかに闘い、相互互助によって成り立っているかが

この映画からよくわかります。

 

そして

「自然のまま」は当然ながら「放っとけばいい」とは違う。

 

ケミカルは使わないけど、そのぶん

めちゃくちゃ科学的に成分を分析したり、気象変化を読んだり

最先端のアプローチもあるんです。

 

そこのところも、実におもしろかったなあ。

 

研鑽を怠らず、ワインに全身全霊の

反骨者たちって感じ。

 

こちらのワインも希少ですが

試飲会でいただいたものは、どれも個性的で超おいしかった!

ぜひ機会あればお試しください~

映画に登場する生産者のワインがあるのはこちら。

オルヴォー

 

★11/1(金)から

「ワイン・コーリング」公式サイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

2019-08-30 23:57:03 | わ行

2大スター競演の魅力も、もちろんあるけど

これが予想を超えておもしろい!

 

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」73点★★★★

 

*****************************************

 

1969年のハリウッド。

リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)は

テレビの西部劇で人気の俳優だったが

いまやピークを過ぎ、

映画スターへの転身を考え、焦る日々が続いていた。

 

リックのスタントマンで親友のクリフ(ブラッド・ピット)は

いつもリックの愚痴に付き合い、酔った彼を豪邸へ送り、

自分は小さなトレーラーハウスに帰っていく。

 

スタントの仕事に誇りを持つクリフは

そんな暮らしを悪くない、と思っていた。

 

ある日、リックの豪邸の隣に

時代の寵児であるロマン・ポランスキー監督と

その妻で女優のシャロン・テート(マーゴット・ロビー)

が越してくる。

 

キラキラ輝く二人を横目に

リックは俳優としての生き残りにかけようとするが――?!

 

*****************************************

 

タランティーノ監督×ブラピ×ディカプリオが初競演!

まあそれだけで事件ですがw

1969年に起こった「シャロン・テート事件」をバックグランドに

当時のハリウッドもろもろを描いた作品です。

 

でも

2大スターの共演!ってのはわかるけど

何の話なんだか、イマイチよくわからない!って方も多いかもしれませんので

 

内容こんな感じ、を重点的に

お知らせしてみようかなと思います。

 

まず、この映画の背景となっている

「シャロン・テート事件」については

ワシ

「ロマン・ポランスキー 初めての告白」(13年)

でちゃんと知ったかもしれない。

 

当時「ローズマリーの赤ちゃん」で大ヒット監督となっていたポランスキーと結婚した

シャロン・テートが

妊娠していたのに、屋敷を襲撃されて、殺されてしまった――という悲劇。

 

 

事件は陰惨なものなのですが、

でもね、映画はハッキリいって

この事件自体を描こうとしているわけじゃないです。

 

だから、陰惨さとかはない。

 

あくまでも事件は背景で、

夢いっぱいだったハリウッドの輝ける時代に

架空の人物である

落ち目な俳優リック(レオナルド・ディカプリオ)と

彼のスタントマン・クリフ(ブラッド・ピット)の

「オレらの人生、これから、どうする?」なモヤモヤや、それぞれの生き方を

明るく楽しくユーモラスに、フィルムに留め置こうとしてる。

 

だから、この展開とオチには

「なーるほど、こうきたか!」と誰もが思うに違いない。

その楽しい裏切りこそが「映画的」で、サイコーなんですね。

 

 

過激な血みどろ描写もほとんどなく、

大らかな時代のよき雰囲気が、ゆったりと伝わってくる。

 

映画ファン垂涎な小ネタも満載・・・・・・なんだと思います。

ワシレベルではあんまりわからんけど、でも楽しめますよ、大丈夫(笑)

 

それに

ジョージ・クルーニーとの絡みで

ブラピの笑いのセンスはよくわかってたけど

今回おもしろかったのは

ディカプリオが「自分のキャラをわかった上で笑いにしてる感」を出していたところ。

まるでトム・クルーズに通じるような、可笑しみがあるんですよ。

 

ブラピの武闘派ぶりもイケてたしねー。

さりげなーく上半身ハダカになるシーンのインパクトは強大でございました。

(あれ、CGじゃね?とちょっと疑ってしまう)

 

来日した、タランティーノ監督とディカプリオの

記者会見も、こっそり?のぞきにいったんですが

 

特にそういう話は、会見では出なかったけど

いま、この時代を描いた意味には

現状への反動もあると思う。

 

パワハラ対策も、働き方改革も、もちろん#MeTooだって賛成だし

生きにくい世の中が、どんどんよく変わっていくのは良いことだけど

でもね、正直、なーんかしんどくないすか?

 

みんながタバコを吸いまくり、

美人がもてはやされるのは当たり前。

いま考えたら「ポリティカルにライトじゃない!」ってことばかりかもしれないけど

とにかく、みんなががむしゃらに、ハチャメチャに生きてた、

こんな時代を、ワシら、愛してもいるんです・・・・・・って。

そんな、意思表明にも感じました。

 

★8/30(金)から全国で公開。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」公式サイト

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ワイルドライフ

2019-07-02 01:27:30 | わ行

ポール・ダノ初監督作。

やっぱセンスいいなあ!

 

「ワイルドライフ」74点★★★★

 

***********************************

 

1960年代、米モンタナ州の田舎町。

 

14歳のジョー(エド・オクセンボールド)は

ゴルフ場で働く父(ジェイク・ギレンホール)と

元教師でいまは専業主婦の母(キャリー・マリガン)のもとで

平穏に日々を送っていた。

 

が、ある日、父がゴルフ場の仕事を解雇されてしまう。

 

そして父はボランティアといっていいほど安月給なのに、めちゃ危険な

山火事消火の仕事に行くと言い出した。

 

ずっと父をたてていた母だが

「あなたは逃げているだけよ!」と

仲良しだった夫婦に、口論が増えていく。

 

やがて母は生活のために働きに出るといい

濃い化粧をして出かけるようになった。

 

次第に、噛み合わなくなっていく夫婦。

そんななかでジョーは、自立せねばと

地元の写真館でアルバイトを始めるのだが――?

 

***********************************

 

いや~、マジ、びっくりしました。

ポール・ダノ、初監督とは思えないセンス!このクオリティ!

 

名作「リトル・ミス・サンシャイン」(06年)で

超ナイーブな青年を演じ

その後「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(07年)で

ヤバい宣教師を快演し

私生活でもパートナーであるゾーイ・カザンとの「ルビー・スパークス」(12年)などなど

センスよし&個性派の筆頭であるポール・ダノ。

 

本作はゾーイ・カザンとの共同脚本だそうで

うん、この人、本物だった!

 

なによりまず

主演二人がキャリー・マリガン×ジェイク・ギレンホールって

おいしすぎでしょ(笑)

 

で、内容は

1960年代のモンタナ州の田舎町を舞台に、

すこしセピアがかった懐かしい雰囲気のホームドラマで

1シーン、1カットが

写真集の1ページのように大切に作り込まれてる。

 

もちろん、お話のほうも、ちゃんとしてます。

 

平凡ながら幸せな30代の夫婦と、おとなしめで優しい雰囲気の息子。

そんな優良家族が、父親の失業で少しずつ、ほころびを見せていく。

 

「心を燃やすなにか」を探し、

いまだ大人になりきれない30代の父と母。

そりゃそうですよね、30代なんてそんなもんですよ。

 

でも、子から見れば、父と母は絶対的な大人なわけで。

 

本作は少年が

「父と母」が絶対ではなく、「それぞれ、ひとりの男と、女なのだ」と気づき

嫌悪し、失望しながらも

それを認めることで

大人になっていくプロセスを

やさしく、繊細に描いているんです。

 

それが、まあ、いい感じなのですわ。

 

そしてジョー役のエド・オクセンボールド君がまた

ポール・ダノの分身か?!ってほどに

そっくりなのも興味深いのであります。

横顔から鼻のラインとか、似すぎよ(笑)

いいねえ。

 

おなじみ映画.comさんで

本作のレビューを書かせていただいております。

併せてご参考くださいませー。

 

★7/5(金)YEBISU GARDEN CINEMA、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

「ワイルドライフ」公式サイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は、マリア・カラス

2018-12-21 00:43:57 | わ行

この一人称スタイルは、

かなり勇気のいる決断だったと思う。

 

**********************************

 

「私は、マリア・カラス」72点★★★★

 

**********************************

 

名前だけは誰もが知っている

比類なきオペラ歌手、マリア・カラスのドキュメンタリー。

 

トム・ヴォルフ監督は5年にわたるリサーチで

大勢の人に取材をし、素材を集めたそうです。

 

しかし

そうした関係者の証言インタビューは一切使わず

本人のインタビュー映像や未完の自伝、手紙の朗読

(女優ファニー・アルダンによるこの朗読がまた素晴らしい!)という、

一人称スタイルで、この映画をまとめた。

 

それが、実に潔く、効果的なんですね。

 

 

オペラ悲劇も顔負けな波乱の人生を送ったマリア・カラス。

スキャンダルや公演キャンセルなどでマスコミに叩かれもした彼女が

「どういう人だったのか」。

それが、この方法によって自然に感じとれる。

 

 

インタビューに実に正直に答える様子、

常に傍らに犬がいる動物好きな素顔、

オナシス氏への一途な愛と、それ故に、裏切られたときの失望――

 

世紀のディーバを身近な「人」として、感じられるのが

この映画のおもしろさなんです。

 

もちろん

プライベート映像も含め、歌唱の映像もたっぷりで

その歌声の変遷もよくわかる。

 

それにしても稀代のモテ男・オナシス氏にインタビューしてみたくなりましたよ。

「なぜ、あのときジャッキーを選んだのですか?」って。

 

なので、その質問を来週発売の「AERA」12/24発売号でインタビューさせていただいた

トム・ヴォルフ監督にぶつけてみました。

その答えは?

ぜひ、誌面をご覧ください~

 

★12/21(金)から全国で公開。

「私は、マリア・カラス」公式サイト

コメント
この記事をはてなブックマークに追加