ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

セザンヌと過ごした時間

2017-08-31 23:57:38 | さ行

セザンヌってこういう人だったのかー
知らなかった。


「セザンヌと過ごした時間」68点★★★☆


***************************


1852年、南仏プロヴァンス。
少年セザンヌは学校でいじめられていたゾラを助ける。

画家を目指すセザンヌと小説家を目指すゾラは
固い友情で結ばれる。

やがてパリに出て
一足先に小説家の道を歩み始めたゾラ(ギョーム・カネ)を頼って
セザンヌ(ギョーム・ガリエンヌ)が上京してくる。

だが新しいスタイルを目指すセザンヌは
サロンに入選できず、
美術学校への入学を断られ
徐々に荒れた生活を送るようになる――。


***************************


冒頭、小説家と画家、
それぞれの創作に必要な道具を丹念に見せていくシーンが美しい。

ディテールに優れた映画なのだな、と予感させます。


実際、監督は丹念なリサーチをし
15年かけて本作を完成させたそうで

なるほど、幼なじみである二人の男の友情や決裂が
とても入念に描かれてる。


おぼっちゃまだったセザンヌと
貧しい出自のゾラ。

固い友情で結ばれながらも
しかし、破天荒で難しい性格も手伝ってなかなか評価されないセザンヌと
先に売れっ子になったゾラの
男と男の複雑な思いが、細かに表現されています。

最近発見されたセザンヌの「最後の手紙」で
この映画を裏付ける内容が発見されたりと
すごくタイムリーでもあり

セザンヌが愛した
南仏プロヴァンスの風景も美しい。


ただ
芸術家としての二人の内面の苦悩よりも
成功や社会的地位をめぐる
男同士のマウンティング要素が大きい気がして

事実かもしれないけど
好みが分かれるかもなあとは思った。
男性はより理解できるのかな、このへんの感情。

二人が延々とケンカ、和解、ケンカ、和解――を繰り返す様子も
ちょっと単調に感じた。


それでも
ゾラについてはほとんど何も知らなかったので
勉強になったし

セザンヌという人が
毒舌だけど寂しがり屋、
人を不愉快にさせるけど、とってもかまってちゃんな人だったと
改めて知り、絵を見る目が深くなった気がいたします。


★9/2(土)からBunkamura ル・シネマほか全国順次公開。

「セザンヌと過ごした時間」公式サイト
コメント

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

2017-08-24 23:57:56 | は行

ボブ様に会っちゃったもんね~(自慢?←イヤなヤツww)


「ボブという名の猫」74点★★★★


*****************************


ロンドンで路上演奏(バスキング)をして
生計を立てている青年ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)。

彼は麻薬中毒のホームレスで
依存を断ち切ろうと、更正プログラムを受けているが
街の人々は彼に厳しく
日々、満足な食事にもありつけない。

ようやく支援センターの助けで
アパートをあっせんしてもらったその日、
部屋に茶トラの猫(ボブ本人)が迷い込んでくる。

ケガをしている猫を放っておけなかった彼は
猫の世話をすることに。

その先に、思わぬ運命が
待っていることをジェームズはまだ知らなかった――。


*****************************


麻薬中毒だったホームレス青年が
ノラ猫を助けたことで自分が助けられた――という実話を基にした物語。


ジェームズ自身による原作本は
続編合わせて世界で1千万部超のベストセラーとなり
いまやボブは“世界一有名な猫”。

ボブは映画でも自分自身を演じていて
その堂々たる役者ぶりとオーラに感動!ですが

なにより
ボブと出会うことで、人生を踏み出せた若者の物語に
胸打たれる。
「ジェームズえらいな、よくがんばったね」と
声かけてあげたくなる映画なんですね。


ボブと出会う前、
ロンドンの街の人々がホームレスのジェームズに
ものすごく冷たい様子にショックを受けたんですけど
実際、このとおりらしいっす。


そんな状況で、何の支えもないなかで、
どうしたってジェームズは薬物と手を切れない。

でも、迷い込んだ猫を助けたことで
彼の運命が動き出すんです。


ボブを肩に乗せて、路上演奏に行くジェームズは
ものすごく注目されるようなり
いままで、関心を示さなかった人々が
ジェームズを認識してくれるようになった。


「この猫は幸運を呼んでくれたんだ」的な話は
実際よく聞くんですが
でも、それは当然なんだよね。

事実、人は誰かの面倒を見ることで
思いもかけず、自分が立ち直ったりする。

誰かを助けることで
実は自分が助けられている。

誰かがいてくれるだけで、人はがんばれるんだ。

そんな真理が、実話の重みをともなって胸を打つんです。


映画はさらに
彼とガールフレンドの関係から
より「薬物依存」の深い闇もしっかり描いていて、うまい。

プラス、
原作『ボブという名のストリート・キャット』(辰巳出版)もすごくいいので
併せて読むことをおすすめします。

映画には描かれていないけど
ジェームズがもともと“猫スキル”が高い上級者だったこととかがわかって
猫好きとしてより共感でき、納得がいったところが多かった。


そしてボブとジェームズは
この8月にイギリスから一緒に来日。

『AERA』の取材で光栄にも二人に会うことができ
たっぷりお話聞いちゃいました。

掲載は9/4発売号(予定)です。

ぜひ、ボブの美しさと
ジェームズの生き様を誌面で見ていただけるとうれしです。


★8/26(土)から新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国で公開。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」公式サイト
コメント

パターソン

2017-08-23 23:38:08 | は行

久々に懐かしい感じの
ジム・ジャームッシュ!


「パターソン」75点★★★★


***********************


ニュージャージー州パターソン市に住む
バス運転手の“パターソン”(アダム・ドライバー)。

朝6時に起き
隣に眠る妻ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスをし
仕事場へと向かう。

仕事が終わると、まっすぐ家に帰って妻と夕食をとり、
愛犬マーヴィンと散歩に出る。

判で押したような彼の生活に
ある日、ある出来事が――?


***********************


うーん、なんか懐かしい!

この「な~んにも起こらないのにおもしろい!」感は
80年代のジャームッシュ節を思い起こさせます。


まず、主演のアダム・ドライバーが
なんともいい佇まい。

彼は毎朝6時過ぎに妻の隣で目覚め、
シリアルを食べ、バスの運転手の乗務につく。
運転中、
乗客の会話に何気なく耳を傾け、ちょっぴり笑う。

彼が拾う、乗客のドラマの切れ端は、
唯一の趣味らしい詩作に役立っているのだろうか。


そして定時に帰宅し、家で夕食を取り
愛犬を夜の散歩に連れ出し、バーで一杯のビールを飲む。

判で押したような生活の積み重ね。
しかしそのフツーの日常が飽きない!!

そして主人公が小さなノートに書き綴る詩だけが
少しづつ出来上がり、時を進んでいくんですねえ。


なんでもない街の風景が、ジャームッシュの目で
センス良く切り取られ
フツーなのにポエティックで
肩の力が抜けていて、
それでもどこか鋭角さがある。

妻役のゴルシフテ・ファラハニは
「彼女が消えた浜辺」(08年)のあの彼女だし。センスいいなあ。


「ミステリー・トレイン」(89年)以来、28年ぶりの
永瀬正敏氏の出演もあり
とにかく映画がまとう空気が、懐かしく、嬉しいんですよ。


ふと思ったんだけど
主人公パターソンが携帯を持っていない、というのも大きいなと。
バスの乗客も、バーの客も然りで

いまどき“誰もスマホを見てない図”なんて、あり得ないですからね。


だから人と人の間に
昔のような懐かしい距離や会話、空気が現れるんだなと。


そして、いま発売中の週刊朝日(9/1号)
永瀬正敏さんにインタビューをさせていただきまして


記事には入りきらなかったのですが
永瀬さんに聞いたところ
ジャームッシュはスマホ持ってないかも?な感じ。
彼との連絡は大抵、直電(じかに電話)で
メールも、奥さん経由らしい。

なんか、いいなあ!

ということで
記事のほうも、ぜひご一読くださいませ~


★8/26(土)から全国で公開。

「パターソン」公式サイト
コメント

エル ELLE

2017-08-22 20:22:58 | あ行

強烈!
破壊神の如きイザベル・ユペールが凄すぎる・・・。


「エル ELLE」77点★★★★


****************************


ゲーム会社の社長を務めるミシェル(イザベル・ユペール)は
自宅でいきなり覆面をした男に襲われる。

しかしその後、彼女は警察に通報するでもなく、
立ち上がり、淡々と割れたガラスを片付け始める。


翌朝、普段通りに出社した彼女は
若手スタッフたちの仕事に容赦なくダメ出しをする。

どうやら、彼女を敵と思っている人間は
少なくないようだ――。

そんななか、彼女のメールに
ショッキングな画像が届き――?!


****************************


冒頭、ヒロイン・ミシェルが襲われるシーンも強烈だけど
いやあ、それを上回るのが彼女のキャラの強烈さ。


事件を聞いた友人に
「警察に行ったら」と言われても耳もかかさない。

新鋭ゲーム会社の社長として
部下たちの仕事ぶりを
バッサバッサと斬り捨てるし

イマイチな出来の息子に対する
ガッカリ感も本人にダダ漏れ(苦笑)

そんなもんだから
とにかく敵が多い。


しかし、鉄仮面というのだろうか
本人はどこふく風。


そんな彼女に
さらに謎のメールがきて、普通だったら怖い状態なんだけど
犯人を突き止めようとする彼女の行動や
「なぜ、彼女がそんなふうになったのか?!」の謎解きが怖くて

もうどっちが怖いんだかわからない(笑)

このひと、何者なのか――?


その破壊神の如きキャラクターに
飲み込まれそうになりつつ
目が離せないんです。


すくっと立つ、その姿は
「未来よ こんにちは」(16年)
ヒロインの進化形、いや別バージョンでもあると思う。
本当にこの人、こういう役がハマる。

しかもこの映画、
ちょこちょこヤバい笑いが盛り込まれていて
吹き出してしまうんですよ(笑)。

特にミシェルが
気に食わない息子の恋人を徹底的にいじるところがたまらない。
出産した彼女に対する、あのくだりには爆笑・・・(笑)

読めないキャラながら
母親にとっての息子という
歪みがちな感情がリアルに描かれてもいて

「氷の微笑」(92年)のヴァーホーヴェン監督、
さすがいろいろわかってらっしゃると
思うのでした。


★8/25(金)からTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

「エル ELLE」公式サイト
コメント

ワンダーウーマン

2017-08-20 22:21:14 | わ行

Rotteen Tomatoesでも「フレッシュ!」94%だそうで
全世界No.1大ヒット中!


「ワンダーウーマン」67点★★★☆


******************************


ダイアナ(ガル・ガドット)は
外の世界と隔離された
女性だけが暮らす島のプリンセス。

幼いころから叔母(ロビン・ライト)に
最強の戦士になるよう育てられてきた。

ある日、ダイアナは
海に不時着した小型飛行機から
パイロットのスティーブ(クリス・パイン)を救い出す。

彼はダイアナにとって
初めてみる“男性”だった。

スティーブはダイアナに
「外の世界は戦争の真っ最中で、
しかも大変な兵器が生み出されそうなんだ!」と話す。

ダイアナは人類を救うべく
外の世界に行きたいと母(コニー・ニールセン)に申し出るが――?!


******************************


「バットマンVSスーパーマン」
(16年)に登場した
ワンダーウーマン(ガル・ガドット)の物語。

女性だけの島で育ったワンダーウーマンが
最強の戦士となるまでを描き、
「モンスター」(03年)のパティ・ジェンキンス監督だし
期待度、高まる!

実際、
元ミス・イスラエルの美女、ガル・ガドットのアクションはキレがあり
最強の美女戦士の名にふさわしい。

詐欺師や、酔っ払い狙撃手など
数人のポンコツチームで強大な敵に挑むさまは
ローグ・ワン的でもあり。

「男を見たことなかった」彼女が
20世紀初頭のロンドンの街で起こす騒動や
異文化ギャップもおもしろくはある・・・んだけど


うーん、これは期待値が異様に高すぎた。
というか、ワシには
なぜあんなに高評価なのかちょっとわからなかった(苦笑)。


前半、パラダイスのような島から
おてんばなお姫さまが外の世界に出て行こうとするところなんて
ん?「モアナ」?的な(笑)

物語もそんなに入っていけるものではなくて

あと
相手役がクリス・パインっていうのもなー。
いや、別に彼がどうの、というんじゃないんだけど
旬な大作サマームービー!ってところに彼だと
なんとなく「いま感」がないっていうか・・・
勝手なこと言ってすみませんねえ。

本命の敵が
ちょっとわかりにくかったのもあるかも・・・。


実際、最強女子の戦いはスカッとするんですけどね。
今後の活躍に期待です。


★8/25(金)から全国で公開。

「ワンダーウーマン」公式サイト
コメント   トラックバック (2)