ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

レ・ミゼラブル

2020-02-28 23:00:00 | ら行

あの「レミゼ」とは違います。

本年度のカンヌであの「パラサイト 半地下の家族」と争った作品。

必見す。

 

「レ・ミゼラブル」79点★★★★

 

***************************************

 

かつて、ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」の舞台となった

パリ郊外の街モンフェルメイユ。

 

いまはアフリカ系移民が多く住み、

ギャングのにらみ合いや犯罪が多発する

危険地帯と化していた。

 

この街に新しく赴任してきた警官スティファン(ダミアン・ボナール)は

まるでアフリカのような青空市場が建ち並ぶ様子を目にし、

パトロール初日から、さまざまな洗礼を受ける。

 

そんななかでスティファンと、ベテラン相棒たちは

街の少年がサーカスのライオンの子を盗んだ事件に出くわす。

 

ささいないたずらに思えたそれは

思いもかけない事態へと発展していき――?!

 

***************************************

 

これは、マジでえぐられるなあ・・・・・・!

 

タイトルのレミゼが、やや紛らわしいのが難点かなと思ったけれど

なぜ、そのタイトルなのかの意味もちゃんとわかるし

なにより

見たあとに、世界が確実に変わって見える。

こういう映画に出会うことは、本当に貴重です。

 

 

舞台は、かつて「レ・ミゼラブル」に描かれ、

いまはアフリカ系移民が多く住む、パリ郊外モンフェルメイユ。

その街に新しく赴任してきた警官スティファンと、子どもたちのある一日が描かれる。

 

映画は主に

スティファンの目線で描かれるので

観客は彼と一緒に

「え?パリ近くにこんな場所があるの?

「え?どういうルールで回ってるんですか、ここ?

と驚きながら、話に入っていけるんですね。

 

監督のラジ・リ氏は、実際にこの地区の出身で

この場所にずっとカメラを向け続けてきたそう

 

ほぼたった1日の出来事を

緊迫とスリルを保ちつつ、一筆で描ききった

その技の見事さは、驚嘆に値します!

 

ライオンの子を盗むという

些細に思えるいたずら一つにも深い意味がある。

 

盗んだ子たちの属するイスラム社会ではライオンは強さの象徴で、

飼いならされるものではないけれど、

一方で、ライオンの子をサーカスで飼育する

ロマ(ジプシー)にとっては生活の糧であり

息子同様の存在。

 

しかもロマの人々は、アフリカ系移民からは「下」に見られ

差別されているんですね・・・・・・

 

 

さまざまな宗教、文化を背景にする人々が混濁する場所の

複雑さ、共存の難しさを感じながら

 

観客は

その事情を気にしつつ、なんとか場を納めようとする

警官スティファンと、同僚たちに多少なりとも感情移入していくと思う。

しかし、彼らは、そこである事態を引き起こしてしまうんですね。

 

ラスト近くには、一瞬

「ここで終わればきれいなのに・・・・・・」的な瞬間が訪れるんですが

そこを監督は、ズサッと斬る。

緊迫と怒涛の終わり方は、

この街を、この現実を知る監督だからこその、きつい平手打ちに感じました。

「そんな、きれいなもんじゃねえんだぞ」という。

 

 

そして

おなじみ「AERA」の「いま観るシネマ」でラジ・リ監督に

インタビューさせていただきました。

 

本当に、これすべて実話、なんだそう。

え?あれも?と驚くワシに、監督は証拠写真を見せてくれたりもして(笑)。

 

地域が国が、世界が抱える問題に対して

行動も起こしていると聞き、感嘆しました。

 

インタビューは「AERA」3/2発売号に掲載されると思いますので

映画と合わせて、ぜひ!

 

★2/28(金)新宿武蔵野館、Bunamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。

「レ・ミゼラブル」公式サイト

コメント (2)

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

2020-02-27 23:54:57 | ら行

コレ、おすすめ!

なだけに、ちょっとわかりにくい邦題が惜しい!(苦笑)

 

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」76点★★★★

 

************************************

 

フィンランドの首都ヘルシンキで

長年、小さな美術店を営んできた

老美術商オラヴィ(ヘイッキ・ノウシアイネン)。

 

しかし最近は絵画もネットで売買される時代。

経営もかんばしくなく、そろそろ店を畳もうかと思っていた。

 

そんなとき、オラヴィは近所のオークションハウスでの下見会で

一枚の肖像画に目を奪われる。

 

サインがなく、出どころもわからないその絵は

隅に追いやられていたが

オラヴィは長年のカンで

「埋もれた名作かもしれない」と調査をはじめる。

 

だが、そんなとき疎遠だった娘から

問題児の孫(アモス・ブロテルス)を預かることになり――?!

 

************************************

 

 

オークションや美術商が題材の映画って

大抵おもしろいんですよ。

ミステリー度高いし、ドキドキワクワク。

パッと思いつくのは

「鑑定士と顔のない依頼人」(13年)とかね。

 

 

で、本作はまず、北欧フィンランド発、という

舞台設定も興味深い。

 

ヘルシンキの街の、それこそ"半地下”のような空間にある小さな美術店。

外を走るトラムの光と、店の暗闇、

この光と影の使い方がうまくて、

これだけで何かが起こりそうなスリルを感じる。

 

店主である老美術商オラヴィは

ネット販売に押され、そろそろ店を畳もうかと思っている。

しかしそんなある日、彼は一枚の絵画に魅了されるんですね。

 

それと同時にオラヴィは、ある理由から疎遠だった娘の息子、つまり孫を

職業体験で預からねばならなくなる。

肖像画の来歴を調べるのに精一杯なのに―ー!

 

 

しかし、この孫が

"いまどきの若者”に見えて、意外に商才があるんですわ(笑)。

で、オラヴィも「あれ?コイツ、使える?」となり、

孫の助けを借りながら、絵の来歴を調べていく。

 

そして二人は、この絵がロシアの有名画家

レーピンのものではないか?と検討をつけていく――という展開。

 

この祖父と孫のバディがおもしろく

そこに、名画を競り落とせるか?のオークションのスリルが重なっていくんです。

 

しかし、もし、これを競り落とせたとしても

「バンザイ!」で、物語は終わらない。

そこがミソ。

 

この話が包むのは

たとえ美や芸術に関わる仕事でも

お人好しでは生き残れない「資本主義社会」の厳しさ、

 

我が子を顧みなかった父親の後悔、

親子の確執――

 

それらが深みを持って描かれるのが

二重に三重に、おもしろいんですね。

 

 

主人公が美術館で孫に見せる絵画があって

老人と幼女が手を繋ぐ

フィンランドの画家ヒューゴ・シンベリの

「Old Man and Child」という作品なのですが

 

この絵が、実に象徴的。

 

去りゆくものは、次世代になにかを遺す。

それこそが、世代を超えて継がれゆく「美術品」の価値を表す

暗喩なのかも、と思いました。

 

タイトルの「ラスト・ディール」は

最後の大勝負、賭け、という意味合い。

 

うーん、もうちょっと「名画の謎」的な

ワクワクを煽る邦題でもよかったのではないかな~と思ったのですが

じゃあつけてみろ!と言われると難しいもんですね(笑)。

 

★2/28(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

「ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像」公式サイト

コメント

淪落の人

2020-02-01 16:09:47 | ら行

ちょっと「最強のふたり」を思わせるビジュアル。

実際、監督が街で目にした風景なのだそう。

 

「淪落の人」72点★★★★

 

*********************************

 

仕事中の事故で

半身不随になってしまったチョンウィン(アンソニー・ウォン)は

妻とは離婚し、一人息子とも離れて暮らし、

人生半ば投げたように、日々を過ごしていた。

 

そんな彼のもとに

フィリピン人のエヴリン(クリセル・コンサンジ)が

住み込みの家政婦として雇われる。

 

はじめは言葉が通じず、イライラするチョンウィンだったが

エヴリンもまた、つらい事情を背負っていることを知り、

次第に、彼女と心を通わせていく――。

 

*********************************

 

観ながら、なんとも優しい感情が溢れ出くる

いい作品でした。

 

淪落とは、落ちぶれることの意味だけど

監督は白居易の『琵琶行』の一節から

「どん底にいる二人でも、縁あって出会ったのなら

縁を大切にすべきでは」との意味を込めたそう。

 

まさに

車椅子生活になり

「なんで、オレが?」と人生半ば投げている主人公と

(香港スター、アンソニー・ウォンがいい感じの枯れ具合!)

夢を諦めたフィリピン人家政婦の縁は、そんな感じで

 

自分も大変な主人公が、彼女を助けよう、と動き出す展開に

こんなことあり得ない、と思いつつも

でも本当にそうだろうか。

いや、あってほしい、と思えるんですね。

 

それを促すまなざしの確かさに

実は監督のお母さんが事故で

車椅子生活となった経験があると知って

なるほど、と納得しました。

 

アンソニー・ウォンが脚本に共鳴して

ノーギャラで出演していたり

 

家政婦が車椅子の後ろに乗り、街を駆け抜ける

印象的なシーンのモデルになった人たちもいるそうで

 

まだまだ、世界は捨てたものでないのかもしれない、と

思ったりした。

 

そういえば

「AERA」でアンソニー・ウォンさんにインタビューさせていただいたのですが

フランス版、米国版ともに

「最強のふたり」を観た、とおっしゃっていた。

モデルになったふたりも、

もしかしたら、観ていたのかもしれない。

そう思おうと、なんだかいいなー。

 

アンソニー・ウォンさんのインタビューは

AERAdot.でも読むことができますので

ぜひ映画と併せてお楽しみいただければ!

 

★2/1(土)から新宿武蔵野館ほか全国順次公開

「淪落の人」公式サイト

コメント

リチャード・ジュエル

2020-01-13 00:57:58 | ら行

クリント・イーストウッド監督は、まだまだ走る!

 

「リチャード・ジュエル」71点★★★★

 

********************************

 

1996年。オリンピック開催に沸く米・アトランタ。

 

リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)は

警官になることを目指してきた純真な若者。

 

だが、強すぎる正義感はしばしば周囲との軋轢も起こし、

いまはオリンピックの野外フェス会場の警備員として働いていた。

 

その夜、リチャードは会場で

怪しいリュックサックを見つける。

 

「爆発物かもしれない!」と率先して市民を避難させた彼は

結果的に多くの人々の命を救い

リチャードはヒーローとして人気者になる。

 

だが、そんな彼があろうことか

「容疑者」となってしまい――?!

 

********************************

 

クリント・イーストウッド監督が

1996年に起きたアトランタ爆破事件を描いた作品です。

 

「ハドソン川の奇跡」(16年)

など、割と最近ニュースになった実話を基にすることも多い監督。

 

今回は、1996年、アトランタ・オリンピックの最中に起きた

爆発テロ事件が題材に。

 

テロを最小限に食い止め、一躍ヒーローとなった純真な青年が

一転、犯人扱いされ

実はいまもその汚名が完全に注げていない・・・・・・という事実を知り

「真実を伝えなければ!」と筆を、いやカメラを取ったそうです。

 

 

イーストウッド監督にしては

若干、光りきれていないところも残している感じなんですが

実際の出来事が教える教訓を、とにかく「誠実」に伝えていて

いま、大事な作品だと思いました。

 

というのは

純真で正義感の強いリチャードが、犯人にされていく様が

あまりに昨今の風潮、たとえばSNSでの炎上にそっくりで

 

誰かを「血祭り」にし、生贄にしようとするメディアや大衆の恐ろしさが

20年以上たった現在、より加速している!ってことを

いやでも感じずにいられないから。

 

無理やり犯罪のストーリーを考え、リチャードをハメようとするFBIにイラだちつつ、

同時に、正義感や忠誠心が裏目に出そうな

リチャードの言動や行動にもハラハラ。

 

そんな彼を助けることになる弁護士ワトソン役の

サム・ロックウェルが実によい!

そう、「スリー・ビルボード」(18年)のあのいや~な巡査役で

アカデミー助演男優賞を獲ったあの人です。いや~ナイス。

いい人か悪い人かわかりにくい「あや(綾)」の加減といい

ちょっとスティーヴ・カレルを思わせるよね。

 

さらにリチャードの母役

キャシー・ベイツもさすがの存在感。

 

と、脇を固めるキャストも手堅く

リチャードの運命はいかに?!と魅せるんですが

 

色気を武器にネタをとる女性記者など

もうひと押し、ふた押し、書き込んでほしいキャラやエピソードがあったかな、と。

 

でも、なによりこの作品は

リチャード・ジュエル本人に、捧げられるべきもので

その意義は十二分に果たしてはいるなあと。

 

89歳のレジェンド、

まだまだ走り続けてほしい!

 

★1/17(金)から全国で公開。

「リチャード・ジュエル」公式サイト

コメント (2)

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋

2020-01-03 19:53:41 | ら行

「50/50 フィフティ・フィフティ」監督、やっぱりうま~い!

 

「ロング・ショット  僕と彼女のありえない恋」76点★★★★

 

***********************************

 

フレッド(セス・ローゲン)は

アブナイ潜入取材もこなすジャーナリスト。

しかし、まっすぐ過ぎる性格が災いし、

現在は失職中だ。

 

いっぽう、アメリカの国務長官として活躍する

シャーロット(シャーリーズ・セロン)は

才色兼備でパワフルなスーパーウーマン。

 

国民の好感度も高く、

ついに次期大統領選に出馬することになる。

 

ある日、二人はパーティーで偶然出会い、

ひょんなことから

フレッドがシャーロットの選挙のスピーチ原稿を書くことになり――?!

 

***********************************

 

大統領候補のカンペキ女史と

失職中のダメ~な男が

まさかの恋人同士に?というお話。

 

「50/50 フィフティ・フィフティ」(11年)のジョナサン・レヴィン監督作で

ただのラブコメではなく

次期大統領候補とジャーナリストという設定からも

社会背景に根ざした皮肉やジョークが効いており、

 

清濁併せのまにゃならない

大人のしょっぱさなども描かれ(大人はつらいよ。泣)

ひだが深いんです。

 

 

まずなんたって

シャーリーズ・セロンの完璧な美しさ!

 

対するセス・ローゲンのキャラクターも

下品&おバカ方面だけに行かず(失礼!)

潔癖な正義感の持ち主という、奥行きがある。

 

次期大統領候補がクラブでキメる?とか

さすがにあり得ないっしょ?!(笑)な展開も

無理矢理ではなく、自然な笑いでOKにしてくれて

 

そんななかで

あり得ない!なカップルの行く末が、だんだん

あってよし!いや、こうあってほしい!となっていく。

 

 

いちカップルの話に収まらない広がりが

なかなかにおもしろい作品でした。

 

映画初め、初笑いによろしいかと。

 

ちなみにタイトル「ロング・ショット」は

「あり得ない大穴」的な意味らしいです。

 

★1/3(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」公式サイト

コメント