ぽつお番長の映画日記

映画ライター中村千晶(ぽつお)のショートコラム

ライ麦畑で出会ったら

2018-10-28 00:06:19 | ら行

 

これね、中盤からグググッとよくなる。

 

「ライ麦畑で出会ったら」71点★★★★

 

*******************************

 

1969年、アメリカ・ペンシルバニア州。

冴えない高校生ジェイミー(アレックス・ウルフ)は

周囲となじめず、孤独な日々を送っていた。

 

そんなときジェイミーは『ライ麦畑でつかまえて』を読んで感銘を受け、

これを演劇として脚色し、

学内で上演することを思いたつ。

 

が、舞台化には原作者のサリンジャーの許可が必要だった。

 

サリンジャーは隠遁生活を送っており、

その居所を掴むことは困難。

 

しかし、諦めきれないジェイミーは

無謀にもサリンジャーを探す旅に出ることに――?!

 

*******************************

 

冒頭、主人公に感情移入しにくいので

「どうでしょね」と思ったんですが

いやいや、

中盤~後半で、グググッとよくなった。

 

いま現在、自分を探してる人、

そしてかつて、自分を探していた人。

誰もにコツン、とひっかかる青春映画。

 

主人公ジェイミーはオタク気質で、KYで

どうしたって周囲に「うーん・・・・・・」と思われそうな人物なんですが

そんな彼を、なぜか無条件に支える

聡明なヒロイン(ステファニア・オーウェン)がいいし、

隠遁していたサリンジャーに会える?!という思わぬ展開もいい。

 

サリンジャーを単なる“アイコン”とせず、

同時代に生存していた人として描いてるんですよね。

そこがよいなと。

 

そして、人生を模索する主人公にサリンジャーが言う

「自分の物語を書け」というセリフ。

 

全ての若者へのメッセージに感じて、ホロリ、きました。

 

★10/27(土)からヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国で公開。

「ライ麦畑で出会ったら」公式サイト

コメント

ラ・チャナ

2018-07-22 14:15:58 | ら行

 

人間業とは思えない、その超絶ビート!

 

*******************************

 

「ラ・チャナ」69点★★★★

 

*******************************

 

超絶ビートを足で刻み、1985年に来日もした

現在71歳のフラメンコダンサー、ラ・チャナのドキュメンタリー。

 

本人の語りと昔の映像で、その人生を振り返っていくものですが

まず

冒頭からその踊りに圧倒されます。

 

とにかく床に打ち付ける足のビートが早い!細かい!力強い!

手拍子も、ドラムもついてこられない!ってほどで

まるでトランス状態のシャーマンというか、

何か“超えたもの”と繋がっているようにみえる。

 

さらにヒターノ(ジプシー)出身である彼女の人生が波瀾万丈で

これまた圧倒されます。

 

1946年、スペインに生まれた彼女は

幼いころからフラメンコの才能を開花させたんだけど

18歳で結婚、出産。

フラメンコダンサーとしてハリウッドに行ける!というところまでくるんだけど

封建的なヒターノ社会で夫がそれを許さず、

人気絶頂のなかで、無理矢理引退させれてしまうんです。

 

どん底になり、それでもフラメンコをあきらめなかった彼女の強さ。

 

そして、いまもその情熱は衰えず、

なんと、70歳にして舞台に立つことに――?という展開。

 

それにご本人がなんともチャーミングな女性なのだ。

愛犬を猫可愛がりし、

孫がアイスをくれないと本気でムクれたりする(笑)

 

包容力のありそうなパートナーとのおだやかな暮らしぶりもとてもよくて

神がかったような舞台での様子との対比に

より、人間の持つ力のすごさ、「神秘」を感じるのでした。

 

★7/21(土)からヒューマントラストシネマ有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開。

「ラ・チャナ」公式サイト

コメント

レディ・バード

2018-05-30 23:35:37 | ら行

 

ワシ的クリーンヒット作「フランシス・ハ」

グレタ・ガーウィグ初監督作。

 

「レディ・バード」73点★★★★

 

*************************************

 

2002年、カリフォルニア州サクラメントに住む

17歳のクリスティン(シアーシャ・ローナン)は

自分を“レディ・バード”と名付け、周りにもそう呼ばせている。

 

中途半端な地方都市である地元を嫌う彼女は

「文化のあるニューヨークとかニューハンプシャーの大学に行きたい」といい

地元の大学を薦める母親(ローリー・メトカーフ)と大げんかになる。

 

母とことあるごとに衝突しつつも、

学校で好青年ダニー(ルーカス・ヘッジズ)と出会い

さらにクールなバンドの美少年(ティモシー・シャラメ)と出会い

アタシ流青春を謳歌しているかに見えたクリスティンだったが――?!

 

*************************************

 

 

大好き!なグレタ・ガーウィグの

痛みも黒歴史も入った、ユーモア溢れる自伝的青春譚。

 

演じるシアーシャがだんだん

グレタ・ガーウィグ本人に見えてくる!(ホント。笑)ほど

 

まさにグレタ自身の青春の光も黒も切り取った自伝、という感じ。

 

中途半端な地方都市の(まあワシの出身地・神奈川県も似たようなもん。笑)

中流ちょい下な家庭環境にうんざりし

近所の豪邸を見ては

「こんな家に住んでたら人生が変わってたのに」とか妄想する。

 

憧れの、なりたい自分に手が届かないもどかしさ。

モヤモヤする17歳の日々に、共感度満点。

 

それに本作の出色な点は

「娘と母親の、こじれ関係」を絶妙に描いてるところですね。

 

「あなたに、最高の状態になってほしいの」という母親の思いは

「いまのあなたは、まだ本気出してない(出せよコラ)」という

愛でもあるけど、エゴの裏返しでもある。

 

そんな母親の思いを見透かし、衝突を繰り返す主人公に

共感以外の何があろうか!(泣き笑い)

 

笑いもさすがにセンスいいし

(フットボールコーチが演劇部の指導をするシーンには馬鹿ウケ!)

 

「君の名前で~」のティモシー・シャラメも出てる。

 

ただ

すごくすごくよく出来てるけど、近々の作品で

「スウィート17モンスター」

故郷に対する思いなどにシアーシャの「ブルックリン」にもリンクする面があり、

スウィート~の破壊力、ブルックリンの脚本のひだに比べると、

やや全体的にパンチにかけるかな・・・・・・という気がしてしまうのが申し訳ない。

 

いや、でも、初監督作ですからね!

十分、素晴らしいっす。

 

★6/1(金)から全国で公開。

「レディ・バード」公式サイト

コメント

ルイ14世の死

2018-05-27 15:01:44 | ら行

 

異様な映画だ(笑)

 

「ルイ14世の死」70点★★★★

 

**********************************

 

1715年8月。

まもなく72歳になろうという“太陽王”ルイ14世(ジャン=ピエール・レオ―)は

体調を崩していた。

 

左脚の痛みを訴え、次第に食事も摂れなくなり、だんだんと弱っていく。

 

そしてついにベッドに入ったまま

動けなくなってしまった。

 

左脚が壊疽を起こしているのは明らかだが

誰も王の足を切ることはできなかった――。

 

 

**********************************

 

この映画を観たのは

諏訪敦彦監督の「ライオンは今夜死ぬ」つながりだった。

主演のジャン=ピエール・レオ―が諏訪監督に

「この映画で“死にゆく役”をやることになったんだけど、どう演じたらいいか悩んでる」と話したことが

「ライオン~」のヒントになった、と聞いて興味を持ったんです。

 

アルベルト・セラ監督作品を観るのははじめてで

かなり、びっくりした(笑)

 

ひとりの人間が死ぬまでの様子を、ここまで、接近して見ることってあるだろうか。

まるで、自分の親の臨終に立ち会っているような感じ。

 

 

115分のあいだ、ベッドの上からほぼまったく動かない主人公。

ろうそくの明かりのみの、重く暗い王の部屋。

周囲でかしづく人々の、時折ギャグのような行為のさま。

部屋とベッドと人、その細部をとことん、じっと、見つめながら描く。

 

しかし、これが意外にも拷問ではなく

完璧な美術と、完璧な暗闇が

観客を18世紀のヴェルサイユな空間へと容易にトリップさせるんですねえ。

 

部屋のなかで、王のスーハー、という、息づかいが

ヒューヒュー、と荒くなり、静かになっていく。

 

 

異様な空間の中で、消えゆく人の魂の

ほのかな体温と、はかない光を感じる。

そして「なかなか死なないな」となってしまう複雑な気持ち(笑)

 

そしてラスト、いよいよ逝ったあとの衝撃(!)シーンも

静かに破壊力ある。

 

監督は「国王の劇的な死、ではなく、死の陳腐さを描いた」と言っていて

そのとおり

ここにあるのは、回避不能で、誰もがいつか経験する「凡庸な死」。

 

だからこそ、まるで暗闇の底に、ひとり落ちていくような

「死」の孤独を感じて

怖い・・・・・・と改めて思ってしまいました。

 

 ★5/26(土)からシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

「ルイ14世の死」公式サイト

コメント

ラジオ・コバニ

2018-05-09 23:09:17 | ら行

 

明るい兆しと、現実と。

これも良ドキュメンタリー!

 

***********************************

 

「ラジオ・コバニ」73点★★★★

 

***********************************

 

2014年にISに占領され

15年、激しい戦闘の末に解放されたシリア北部の街・コバニで

私設のラジオ局を立ち上げる女子大生ディロバンを追うドキュメンタリー。

 

監督は自身もクルド人であり

オランダに移住したラベー・ドスキー。

(1975年生まれなので、ワシより若いのだ!しかし熟練の香り…ww)

 

そんな彼が、偶然耳にしたラジオでディロバンを知り、

“一目ぼれ”して作り始めた作品なんだそうです。

 

瓦礫だらけのコバニの街で

急ごしらえのラジオ局を作り、放送を始めるディロバンは

 

人々を励ます音楽を流し

難民キャンプに暮らす人々の苦境をインタビューして伝える。

 

その姿勢は完全にジャーナリストであり力強く、凜として美しいんです。

 

さらに監督はディロバンに

「まだ見ぬ我が子に語りかける手紙を書いて」と宿題を出し、

彼女が書いたその手紙がモノローグとして映画全体を貫いている。

 

彼女の言葉は、シンプルで率直で

それがまたこちらの情感を揺さぶるんですねえ。

 

 

復興の息吹がみえることで

銃撃や破壊や悲惨が多いシリアドキュメンタリーのなかでも

この映画には、青空のような、明るい兆しがある。

 

 

でも、だからこそ

瓦礫のなかから掘り出される遺体の生々しさや

ドローンが写す破壊されつくした街の痛々しさが、胸に焼き付きもする。

 

ISとクルド人兵士たちの真剣な戦闘シーンが

なぜか「戦争ごっこ」に見えてしまうのは

彼らが完全に統率や訓練をされていない、いわば素人兵士たちだからなのだと思う。

 

だからこそ彼らが「ふつうの若者」なんだと改めて思うし

そもそも、なぜ、こんなに武器があるのか?! それがいけないんじゃないか?

そのことへの怒りと疑問がふつふつと湧いてきました。

 

それにね

一面、瓦礫の街からの復興の様子は、状況は全然違っても

どうしたって我々に東日本大震災を思い出させると思うんです。

 

ラジオ局が活躍するという点もシンクロしてしまう。

そこにもグッと感じいりました。

 

発売中のAERAで、本作と「ラッカは静かに虐殺されている」(公開中)「カーキ色の記憶」を紹介し

そこから見えてくるものを考える記事を書きました。

ぜひ映画と併せてご一読いただければ!

 

★5/12(土)からアップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開。

「ラジオ・コバニ」公式サイト

コメント