まったり☆てぃ~たいむ

いくら寝ても眠いのは何故?(・ω・*)?

ブラッディ・マンデイ 最終話

2008-12-21 22:26:20 | ドラマ

竜之介を撃ち、Kは教会から出て行く。

そこへ駆けつけた加納たち。

ブラッディ・マンデイの情報が入ったデータを加納に託す竜之介。

「絶対止めろ。頼んだぞ・・・」


局長が法務大臣のところへ。

「仰るとおり、お孫さんの音弥くんと

テロリストとの繋がりはありませんでした。」

そしてKは安斉真子でJと異母兄妹だと。

孫であるJが2年前のテロ未遂事件に深く関わっていたことを知った法務大臣が、

法務大臣という職を利用して、神崎潤という自殺した少年の戸籍とすり替え、

Jの存在を消したらしい。

これって法務大臣は罪に問われないの? 捕まらないの?


音弥が霧島に「結局Kの正体は誰だったんですか?」と聞く。

「安斉真子。君の同級生だ。」

KANZAKIから“K”を消してANZAI。

何それ? 全く意味が分からない・・・(-_-;)

安斉は偽名なの? 普通そんなうまい具合にいかないでしょ?


マヤがKに宝石箱を開くキーを渡す。

宝石箱のタイマーが作動。

5時間後に爆発する。


宗方がビデオ映像の説明をする。

ロシアのクリスマスの惨劇は、ウイルスではなく中性子爆弾だと。

それがブラッディ・マンデイだと言う。

じゃあ、今までのブラッディXって一体なんだったの・・・?

抗ウイルス剤とかさ。


サードアイがアジトに突入するも、既に逃げた後。

またしても逃げられるサードアイ。


藤丸の元に局長が。

「お父さんは敵の組織に侵入し、ウイルステロの奥にある本当の狙いを探っていた。

娘の腎臓を提供する見返りにスパイになれという敵からの接触があり、

お父さんはそれに応じるフリをした。

決して我々を裏切っていた訳ではない。」と伝える。

局長しか知らない事だったらしい。

やっぱり潜入捜査だったのね。良かったよ。

そして藤丸は自分が宝石箱のタイマーを止めると言う。


中性子爆弾は爆発による破壊力を最小限に抑え、

その代わりに強い放射線を撒き散らし、

建物はそのままで人体にだけ影響を及ぼし死に至らしめると宗方。

シュミレーションで爆心地を3ヶ所に絞り込む。

絞り込んでそこじゃなかったらヤバくない?


宝石箱の設置は完了するも、

サードアイは竜之介の情報で予想以上に早く動いていると。

「どうする? J」と真子。

JはプランBをやると言う。


藤丸から音弥に東京から逃げろというメールが届く。

その音弥をJが拉致る。

Jは藤丸に電話し、音弥を助けたければ1人で来いと。

ただし、パソコンは置いてくるようにって。

「ホントに1人で来たんだ~。」

ブラッディ・マンデイは中止にすると言い出すJ。

でもタイマーは作動したままだから、それをファルコンに止めて欲しいと言い、

組織のパソコンを渡す。

やってくれるなら音弥を無事におじいちゃんのところに届けると。


Jから渡されたパソコンからハッキングを開始する藤丸。

それをブルーバードが追う。

ブルーバードがファルコンに攻撃を仕掛けるも、

ファルコンが逃げ切る。

ブルーバードは失敗してJに射殺?される。


テロリストの潜入先を霧島に知らせる藤丸。

タイマーは止めたと。

そしてサードアイが潜入先に踏み込むも、Kは逃げた後。

また逃げられてるし・・・(-_-;)

霧島は藤丸の動きを追うようにと。


真子のところに藤丸が・・・

「これで3度目だね。助けられたの。」

藤丸が言っちゃったの? 何でよ。

全部最初から計画通りだったのか問う藤丸。

それが聞きたかったらしい。

別に電話で聞いたって良くない?

何も危険を冒してまで会わなくたって・・・

藤丸はタイマーを止めて爆発物を使い物にならなくしたと言うが、

それは全く関係なく、真子を殺さないと爆発は止まらないらしい。

真子の脈拍と連動してるって。

だったらタイマーの意味ないじゃん。めんどくさいなぁ~。


藤丸は真子が投げた銃を拾い、真子に向けるも撃つ事が出来ず・・・

銃を真子が拾い、逆に藤丸に向ける。

真子が撃とうとした時に、逆に真子が撃たれる。

駆けつけた霧島が真子を撃ったのだ。

「あたしが死んで悲しい? 嬉しい?」

「俺は悲しいよ・・・」

そうかなぁ~。

父も撃たれ、友達も殺され、妹も殺されかけたのに悲しいかなぁ?

起爆装置を調べるも、既に爆弾は抜き取られた後だった。

なんだよ、それ・・・(-_-;)

真子が死のうが関係ないじゃん。


Jが藤丸に電話をする。

自分が爆発物を取ったと。

「勝ったのは君だ。」と伝えるJ。

歩道橋の上にJの姿を見る藤丸。

追いかけようとするも既に姿は見えなく、メロンソーダが・・・


竜之介は藤丸に自分が死んだら腎臓を遥にやってくれと言っていた。

そして病院にいた遥の目が覚める。

父死んだのね・・・

これからどうやって生活するんだ?

遺族年金とか色々あるだろうけど、あの家で2人で暮らすのか?

まだ未成年の学生なのに?


空港でマヤが電話をしている。

「報酬は受け取りました。」

そんなマヤを見張ってるTET。

生きてたのか・・・

ってかマヤの電話の相手、法務大臣じゃん!!

マヤは法務大臣に雇われてたの?

一体何者なんだよ。

法務大臣も何者?

しかし全然解決してないのに終わっちゃったよ・・・

続編やる気マンマンじゃん?

原作ではどうなってるのかな?

やっぱ読んだ方がいいかな?

全くスッキリしないよぉ~。



#01 #02 #03 #04 #05 #06 #07

#08 #09 #10


コメント (6)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 黒執事 第12話 | トップ | M-1グランプリ 2008 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (お気楽)
2008-12-21 22:51:37
なんか、いろいろ振り回されてバカみたいね・・・。誰がどうつながってるのかサッパリ分からないなんてね・・・。TETは殺してなかったんだから仲間なんじゃないかなぁ・・・?
ホント・・・ (マカ)
2008-12-21 23:33:39
サッパリ分かりませんでした・・・
TETは仲間ですか~。そっか~。確かに。
いつ続きやってくれるのかな?(笑)
おはようございます。 (BROOK)
2008-12-22 07:08:33
う~ん・・・いろいろと伏線を残したまま終わってしまいましたね。

マヤを雇っていたのは、やはり法務大臣なのでしょうか?
思わせぶりなシーンにかなり驚き。


続編、作られそうですよね。
ですが、原作がちょうどこの辺りまでのようです。
出来るとしたら、オリジナルになるかもしれません。
おはようございます (マカ)
2008-12-22 08:12:38
マヤの電話の相手は法務大臣のような・・・
あんな終わりでは納得がいきません。
続編を考えた終わり方な感じがします。

原作はまだこの辺りなんですか~。
じゃ、読んでもスッキリしないかな?
終わったけど終わってなく (ルル)
2008-12-22 13:37:15
>KANZAKIから“K”を消してANZAI。

なにか、、騙されたって
感じですよね~
映画化は困るな~と。
続きは? (マカ)
2008-12-22 19:42:48
なんか有り得ないですよね~(-_-;)
意外と面白く見てたのに、最後にガッカリですよ。
映画化はイヤですね・・・
どうせならドラマで続きをやってくれないと。

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

ブラッディ・マンデイ 最終話 「今夜0時東京壊滅テロ宣言へ!!生死を懸けた終幕へ」 (TVお気楽日誌)
ブラッディ・マンデイの全ての情報が入ったデータを加納(松重豊)に託す高木(田中哲司)。「絶対とめろ。頼んだぞ。」
ブラッディ・マンデイ最終回 (Sweetパラダイス)
どういうことだよ安斎!!Kの正体は安斎真子だった。音弥見られてるよ後ろ!後ろ!嫌~~~~~音弥が口ふさがれてる音弥に萌えてみた藤丸との取引に使われた音弥ちゃんと届けてくれるんでしょうね?藤丸にパソコンで勝てると思ったら大間違いよJに捨てられたK最初から...
徳永えりが神になった夜(ブラッディ・マンデイ#11最終回) (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『ブラッディ・マンデイ』(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! 徳永えりが、Kだったんかい!!!!!裏ボスかよw そんな! バカな! まさか! Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!嘘だと言ってくんちぇ~!!!!!  の続き法務大臣・九条彰彦@竜雷太が、その地位を利用して、数学者・神崎潤こ...
「ブラッディ・マンデイ」第11話(終) (日々“是”精進!)
11(終)ついに姿を現したテロリスト教団の首謀者「K」の正体は、藤丸と同じ新聞部の真子だった。真子は自分を助けに来た藤丸に対し、ためらいもなく銃口を向ける。そして撃ち放った銃弾は、藤丸をかばった竜之介の胸に当たる。Kとマヤはその場を逃げ出し、藤丸と竜之...
ブラッディ・マンデイ(終) (ドラ☆カフェ)
  視聴率は 13.2%・・・前回(9.9)より 「今夜0時東京壊滅テロ宣言!!生死を懸けた終幕へ」
BLOODY MONDAY 第11話(最終話) (MAGI☆の日記)
ブラッディ・マンデイの最終話を見ました。第11話真子は助けに来た藤丸に対し、ためらいもなく銃口を向け、撃ち放った銃弾は藤丸を庇った竜之介の胸へと突き刺さる。「どういうことだよ、安斎!?」「……」「父さん、父さん!!」真子とマヤはその場を逃げ出し、藤丸と竜之介...
「ブラッディ・マンデイ」最終話 ~父の腎臓入りし事を知らぬ少女との聖誕祭~ (混沌と勇気日記。 ~混沌とした情報を伝えし者By精神年齢27歳。~)
ついに姿を現したテロリスト教団の首謀者「K」の正体は、なんと、藤丸(三浦春馬)と同じ新聞部の同級生・真子(徳永えり)だった。真子は、自分を助けに来た藤丸に対し、ためらいもなく銃口を向ける。そして、撃ち放った銃弾は、藤丸をかばった竜之介の胸へと突き刺さる...