50歳からの海外移住生活

風とカモメの街に暮らして                               

残念な結果(趣味のベリーダンスのこと)

2019-02-19 17:05:28 | 日記
私は、日本にいる時は、ジャズダンスや、ヒップホップなど、ダンスが大好きで、スタジオに
よく通っていたものだ。
運動神経は鈍いけど、ダンスが大好きだった。

でも、何年か前から、足底筋膜炎に悩まされるようになり、足を使う激しいダンスは、出来なくなった。
先日、久々にズンバのクラスに行ってから、足がまた痛み出したので、もう、ズンバのクラスに行くことはないだろうと思う。ズンバは、小刻みに、足を動かすダンスだから、足底筋膜炎には、向いていない。

10年ほど前に、ベリーダンスのクラスがあったので、この町では、大好きなジャズダンスのクラスもないので、ベリーダンスに行き始めた。

このダンスは、ゆるいダンスで、足に負担がかからない。
腹筋を使うので、体形が崩れてきた中高年にも、ピッタリだということで始めた。

最初の頃は、熱心だった先生が、何年か前に離婚してから、次々とボーイフレンドを変えたり、
何やら、ダンスのクラスでも、プライベートの話をすることが多くなり、レッスンが、そっちのけになってきていた。

エクササイズの為に来てるのに、お金と時間を無駄にしているということも、しょっちゅうあった。時には、良いレッスンをして、気持ちの良い汗を流すこともあったが、クラスがドタキャンとか、プライベートな事情で、キャンセルされることが多くなってきた。

クラスがあっても、彼女の新しい恋人のことやら、生活のことやら、話しだすので、この人は、プロとしての意識が全くないなあと感じるようになってきていた。

10年前に、始めた時は、このクラスも新鮮で、生徒も多かったけど、こういう気分に翻弄される先生に嫌気がさしてやめる生徒も増えてきた。

それでも、この町では、他にベリーダンスのクラスなんてないし、私を含め、続けて行ってる人は多かった。

でも、この2月で、とうとう、彼女は、クラスを閉鎖することにしたようだ。
まとまった生徒が集まらなければ、借りている会館の賃料も出ない状況になるからだろう。

もしも、彼女にプロとしての意識があったなら、きっと、クラスは、維持して行けたと思う。

私事だけど、私も夫と喧嘩したりして、動揺することは多い。特にうちの夫は、Bad Temperだから。世間ではモラハラというのだろう。

意外とモラハラの夫というのは、世間では多いようだ。

こちらに住む、私の友人たちの旦那さんも、結構、BadTemperと言うのが多いみたいだ。
それが原因で離婚に至った人たちもいる。

でも、私の年齢になったら、たとえ罵られた後でも、じっくり考えてみたら、良い時もある、我慢する方が得だということ。そして、何よりも一人で暮らすよりも、二人で暮らす方が、経済的に、有利だということ。

喧嘩したら、口を利かないという夫婦もいる。
友人などは、1か月も口をきかなかったというから、驚きだ。

家庭内離婚と言う夫婦もいるようだけど、私には、耐えられないことだと思う。
確かに、喧嘩したら、夫と同じ空間の空気を吸うのさえ、息苦しいという感じがある。
特に,うちは狭い家だから、顔を突き合わせずに生活など出来ない。

いつまでも口をきかないのは耐えられないから、誰かさんも言っておられたが、私も、自分が悪くなくても、謝ってしまいそうだ。

それにしても、プライベートを、仕事に持ってくるのはいかなるものか?
それでは、プロと呼べないだろう。

私も気分が悪くなるようなことや、心配など、山ほどあるけど、仕事の時は、サービス精神で、いっぱいになる。お金を払って来ていただいてるのだ。
まさに、「お客さまは神様です」と昔、三波春夫が言ってたけど、その通りだと思う。

お金をもらっている以上、それに見合うことをしなければ、と思うのだ。

私は、自分がレッスンをする時は、いかに生徒に満足してもらえるか、だけを考えるようにしている。その間、自分のプライベートライフなど、入る余地もないのだ。


にほんブログ村





コメント

老人ホーム!介護職は、移民の人々で成り立っている。

2019-02-06 23:26:48 | 日記
海外に住む人々は、老後を、どちらの国で暮らしたいと考えてるか?

聞くところによると、ロンドンに住む人々の間では、老後は、やはり、日本でという意見が多いようだ。

特に、こっちの老人ホームに入るのなんて、もってのほかと言う人も多いようだ。
私は直接、きいたわけではないので、わからないけど。

第一に、老人ホームで、和食など食べれない生活。

そして、やはり、年取ってから、慣れ親しんだ母国語で話せないことの、しんどさ。


ここに10年以上住んでるけど、親しい友達というのは、イギリス人では、なかなか出来ない。

イギリス人自体が、私などのような東洋人に心を許さないような気がする。

勿論、例外もいる。私の友人のおばあさん(85歳)キャシーは、フレンドリーで、気軽に招いてくれるし、悩みも相談した事がある。

でも彼女は、英語の先生をしていたことがある上、日本びいきなのだ。

他の日本人の友人たちも、私と同様の意見だ。

最近、私に出来た友人は、日系カナダ人で、日本語は、殆ど話せないけど、心は、やはり日本人だと思わされることが、たびたびある。 何となく考え方が日本人だなと思う。
やはり、日本人の遺伝子を持っているからだと思う。

幼少の頃から、カナダで育ったものの、日本人の両親に育てられたからかもしれない。

考え方も、ドライなイギリス人とは、かなりちがう。

今日、偶然に、昔、同じカレッジで、英語を勉強していた日本人の女性と通りすがりに会ったので、「お茶でも飲まない?」と声をかけてみた。

彼女は、現在、老人ホームで夜勤で働く介護職の仕事をしている。

こちらで、猛勉強して、経理の資格も取ったものの、この町では、そういう仕事が結局、見つけられなくて、また介護の仕事に戻ったという。

介護職で働く人々は、殆ど、ルーマニアなど貧しい東欧から来た移民の人々で、ろくに英語も、喋れない人も多いらしい。

イギリス人で介護の仕事をしている人は、わずか3割にも満たないらしい。
イギリス人のお年寄りは、やはり、ネイティブEnglish Speakerに看てもらいたいらしいけど、どうやら、叶わぬ夢のようだ。

それに、EU離脱になったら、それこそ、介護職の人々が、不足して、この国は、大変なことになるのでは?と思う。

日本も移民法が変わって、移民が増えることになりそうだけど、日本語の喋れない移民の人々に介護されることになるお年寄りは、コミュニケーションが出来なくて、やはりイライラするかもしれない。

文化のちがいというのは、いろんな軋轢を、作り出す。
日本も、イギリスと同じような道をたどるのか?
特にお隣の国と、日本は、似てるようで、全く違う考え方、文化、まして、日本の事を嫌いなお隣の国が、どうして、日本の文化に馴染んでいけるのか、と考えたりもする。

郷に入れば郷に習えということわざがあるけど、この国では、モスレムの人達との軋轢が、大きいのだ。バーミンガムと言う大都市では、イギリス人は殆どいなくて、モスレムの人々ばかりだと聞いたことがある。同じ国内でも、まるで別の国にいるようなんだろうと思う。


移民を増やして、日本もイギリスみたいになったら、いろんな問題が出てきそうだ。


にほんブログ村
コメント

フラストレーション

2019-01-30 09:38:08 | 日記
昨日の朝方、見た夢です。

母が出てくる夢ですが、また母には、会えなくて、もどかしい思いをしている夢でした。

私は、旅行先で、ケアハウスから来てる母の滞在する旅館に行くのですが、母のいる部屋が、どこだかわからないので、ケアハウスの担当者に聞いてみるけど、今一つ、ちゃんとした返事をしてくれない。

母に電話しようと、携帯の番号を押すキーボードが、限りなく小さくて、指では押せない。
ペンか何かでないと、押せないような小さな、小さなキーボード。
なんていうことなんだろう!!と、腹が立って仕方ない夢。

そして、母には、とうとう、会えずに、目覚まし時計が鳴り、目が覚めました。
後味の良くない夢でした。

そういえば、デジタルピアノを新しく買い替えてから1年半になります。

最近、ある音 (Middle Cから1オクターブ上のドの音)が、たまに、異様に鋭い音が出るので、一度、見に来てもらおうと思い、購入した楽器店に電話しました。

5年間の保証期間があるので、一度、来てもらおうと思ったのです。

ところが、楽器店に電話すると、不親切な対応?これが当たり前?(日本では考えれない?!)

お店の人は、(この人は、私がデジタルピアノを買った時の担当者)「悪い音がするのを、スマホで録音して、Emailで送って。それから、必要とあれば、エンジニアを向かわせる」と言うのです。

ああ、私の最も苦手とすること!!

スマホで録音は出来るけど、これを、メールで送ろうと、今まで何度もやってみたけど、やり方がわからない!上手く行った試しがない!

Face Bookだったら、録音したものをUPするのは、簡単なんだけどね。

今までは、カメラで録音(録画)して、というやり方の方が上手く行ってました。
スマホは、苦手です。私のスマホは安物なので、容量が少ないから、かもしれません?(~_~;)

それに、ただ、毎回、鋭い音がするわけではないので、なかなかエヴィデンスを録音するのは、至難の技です!

スマホに詳しい友人も、もうすぐ引っ越すので、スマホのこと、いろいろ聞くことも出来なくなりそうです。実の所、彼女が、スカイプも、ラインもセットアップしてくれました。

会いたくても会えない母の夢や、番号が押せないほど小さいキーボードの携帯電話。

こんな夢をみたのは、このようなフラストレーションから、かもしれませんね。(;^_^A

にほんブログ村




コメント (2)

悲しい夢

2019-01-07 17:23:23 | 日記
今朝がた、とても、悲しい夢をみました。

私は、母と一緒に旅行しているのですが、旅館に行っても、母の姿は、見当たらず。
必死で探しまわります。電話もするのですが、電話には誰も出ない。
一体、どこに行ったのだろう?
と悲愴な気分になります。
母は、一体どこなの?
こんなに会いたいのに、会えないなんて、それに、どこに行ったかわからないなんて。
夢の中で、気が狂いそうなくらい、母の事が恋しくてたまりません。
どこに行っても見当たらない。

そして、夢の終わりに、もう、母は、この世に存在しないことを悟ります。
その時のショックときたら、私は泣きわめきます。
私も、同じところに行きたい!!
母に会いたい!と言って泣き叫びます。

そして、夢は覚めました。
夫が、悪夢を見ているのだと思って起こしてくれたのです。

この夢を見た後は、気分が、いつもより落ち込みました。
外は、どんよりとした曇り空。

そうそう、そういえば、犬のボランティアに行ってる飼い主さんが、病院に入院したとのこと。
昨日、散歩に行こうと思ったら、誰もいなくて、犬もいませんでした。
がっかりしましたが、多分、息子さんたちと一緒に犬も連れて散歩してるのかと思いましたが
テキストメッセージをしたところ、飼い主さんの息子さんが、「大変なことになった!ママが倒れて
入院した。」という返信がきました。

別のボランティアの人が犬を預かっているそうです。
私が本来ならば、一番、長い正規のボランティアなんですが。。。

ちょっとショックでした。
今まで、真っ先に、私に知らせてくれたのに。
そんなこと考えても仕方ありませんね。
でも、早く飼い主さんが元通り、元気になってくれることを願います。

私の方も、最近は、仕事が少なくて、つらいです。
夫は今日も仕事がなくて、アプリケーションを書いていました。
一件のアプリケーションを書くのに一日仕事です。
それでも、面接までこぎつけるかどうか?

在宅の翻訳の仕事などもWebで調べてみましたが、何となく怪しい感じの仕事(ブランド品の買い付けの仕事など)が多いので、応募するのは、やめました。

私は、以前、ブランド品の買い付けの仕事したことありますが、ロンドンに行く交通費にもならなくて、おまけに大金をもって歩くので、すごく怖かったのを思い出します。二度とやりたくないです。


クリスマス前にサマーセットに1週間、留守していたので、ゴンキチの事が心配でした。
出かける前に、チキンや、ドッグフードのドライフードを、庭にたくさん置いておきましたが、
果たして、ゴンキチ、サバイバルできるかどうか?
もう、年寄りキツネだし。。

暫くゴンキチの姿を見なかったのですが、餌を置いておくとなくなってるので、何とか生き延びているかと思っていました。

おとといの朝、ゴンキチが向かいの家の庭に横たわったまま動かないので、夫はゴンキチが死んでると思ったそうです。
でも、何時間か後に、私が舌打ちして、「ゴンちゃん」と呼ぶと耳が動き、起き上がりました。
生きてた!生きてくれていた~~!
どれだけ嬉しかったか!?
ゴンキチの存在は、私たちにとって、とても大切な存在だとあらためて気づきました。



お久しぶり~ どこへ行ってたんだよ~?!




にほんブログ村
コメント

信じられない!ドローンがガトウィック空港を襲った!

2018-12-20 22:34:20 | 日記
やっぱり、この国は、disorganizeというか?
仕事から帰って来た夫が、「今、ガトウィック空港が、どうなってるか知ってるか?」と聞く。
何台かのドローンが、空港内に入ったため、Airportが閉鎖されてるという。
ニュースでは、10万人以上の人々が、空港内に閉じ込められて、空港の周りのホテルは、全て満室で
人々が、今もギュウギュウ詰めで、床に座り込んだりしている。

具合の悪い人や、お年寄り、小さな子供のいる人々は、本当に大変だろうと、ため息が出る。
もし、自分が、旅行や、日本に帰国する時、こういう事態になったら、ほとほと、Fed up だろうな。
我慢強く、待ち続ける人々。
ホリデイは、始まったばかりで、多くの人が移動する時期。

よりによって、こういう時期を狙って、空港にドローンを飛ばすなんて、悪質すぎる。
どうやら、テロリストではないらしいが、飛行機の機体に当たったら、大惨事になるとのこと。


イギリスでは、ドローンが、簡単に誰でも買えるらしい。
夫は、以前から、ドローン購入者には、ライセンスを義務づけるとか、もっと、ドローンを売る会社に対して法を、強化するべきだと言ってた。

空港では、飛行機の中に8時間も閉じ込められていた人々もいるらしい。
ドローンが、こんなに簡単に、空港の近くで飛ばせるという事自体も、おかしい。
テロリストの多いこの時代に、政府は、何でもっと早く、こういう事態が起こることを予測できなかったのだろうか?

はあ、とため息が出る。
明日、サマーセットに行く予定だったが、私の体調が良くないので、土曜日に出発することになった。
この事件で、道路が渋滞になるのではと、心配だ。
何が起こるかわからないこの国!




コメント