山形弦楽四重奏団 ブログ

演奏会のお知らせ・日々の活動など

山形Q 練習日誌59-vol.1(今井記)

2016-02-09 23:21:49 | 練習日誌
 第58回定期が終わり、本日よりいよいよ、山形Q第59回定期への練習がスタートです!
 
 さて、まずはハイドンから、、、に間違いはありませんが、59回定期のハイドンではありません。いえ、それどころか今日は、定期の曲には全くふれていないのです。では何をしたかと言えば、これまで山形Qが演奏してきた膨大な曲から、これはというものをピックアップして大初見大会を行ったのでした。ご覧下さい、この楽譜の山を。。。
 
 今日はハイドンのop.76から2曲、モーツァルトのハイドンセット全6曲、ベートーヴェンのOp.18から1曲、そしてそれぞれの作品集の中から、アンコールなど抜粋で演奏した事のある楽章もセレクト。Op-18-3の緩徐楽章を終えたところで時間切れとなったのでした。
 
 すべてやった曲とはいえ、随分前に合わせたきりというものもあり、余裕などどこにもなし。すごくさらった跡なんかがあると、あ、そういえばここわかりづらいんだった、、、なんて思っていると案の定落ちる。ようやく復活するもしばらくは演奏の横の流れが滞ることおびただしい。休憩時間にぐったりし、「おい、大丈夫か!?」とメンバーに声をかけられる始末の私でした。いやはや。。。。
 
 しかしこういう初見大会だと、自分のクセが恥ずかしいくらい露呈されます。私の場合、もはやちょっとばかり体裁を調えようとしたところで「何を今更。。。」なのですから、半ば開き直って演奏した方が、たとえ音を派手に間違えても音楽はうまく生きるようです。ダメだった悔しさは今後の糧にしたいと思います。
 
 というわけで大初見大会、これにて閉幕、、、ではありません。一度で終わらず、次回に持ち越し。乞うご期待!?

コメント   この記事についてブログを書く
« 山形弦楽四重奏団第58回定期... | トップ | 山形Q 練習日誌59-vol.2(今... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

練習日誌」カテゴリの最新記事