江南市議会議員/社民党全国連合常任幹事 山としひろ「パワフル日記」

39歳 人にやさしい政治 
いのち輝く江南をつくります

ソウルの壁画村「ケミマウル」を歩く(7月13日)

2014年07月31日 | Weblog

 最近、堅い話題が多いので、今日はゆる~いお話しを書きます。

 先日から随時、訪韓報告をしていますが、訪韓4日目の7月13日(日)午前中、ソウル市西大門区の壁画村「ケミマウル」を散策しました。

 ケミマウルは普通の観光ガイドブックには掲載されていません。NHK番組「世界ふれあい街歩き」のように、観光客がほとんど足を踏み入れないところです。というのも、私はタクシーで現地に向かいましたが、運転手さんも道に迷ってしまいました。通行人数人に道を尋ねて、やっとたどり着けました。

 ケミマウルは丘や坂の上にある貧民街です。しかし、数年前、西大門区のプロジェクトによって、美大生が民家の壁などに壁画を描き、アートの街へと一変しました。

 確かに、一見するとケミマウルに住む人々の生活の厳しさが容易に想像できます。しかし、街の雰囲気は決して悪いわけではありません。街は経済的要素以外にもアイデア次第で雰囲気が変わり、そこに住む人々の気持ちも変わってくる、そんなことを感じました。 

 私のつたない説明よりも実際の様子を見ていただいた方が良いので、下記の写真をご覧ください。

 

コメント

7月29日(火)のつぶやき

2014年07月30日 | Weblog

おはようございます。今朝は名鉄布袋駅前にて街頭活動を行いました。集団的自衛権の問題点を訴える社民党のビラも配布しました。以前よりもビラの受け取りがよかったです。 pic.twitter.com/Wo9jmhgEus

1 件 リツイートされました

あなたのまちの「先進事例」を募集中 goo.gl/g5exkp

1 件 リツイートされました

コメント

あなたのまちの「先進事例」を募集中

2014年07月29日 | Weblog

 社民党は来年の統一自治体選挙に向けて、「政策集」を作成中です。

 自治体選挙の政策作りにあたっては、社民党が自治体で何をしていくのか、どのような自治を目指すのか、地域で安定した暮らしを再構築するにはどうしたらよいのかなど、地域や暮らしに根付いた視点が大切になります。そこで現在、社民党の自治体議員や地方組織から、先進的な取り組み事例を募っています。

 みなさんからも、「私の住むまちではこんなことをやっているので、全国に広げてほしい」という「先進事例」がありましたら、ぜひ教えてください。

 地域から政治を変えていきましょう!

 ちなみに、私が住む愛知県江南市の先進事例として紹介できるものは、「いこまいCAR(予約便)」事業です。全国各地で巡回バスの運行が広がっていますが、江南市はデマンド式タクシーで交通空白地域の解消と移動の足の確保を図ろうと取り組んでいます。

 市民(義務教育終了年齢以上の市民)であれば、誰でも利用登録できます。利用目的は通勤・通学以外であれば、問われません。前日までに予約をすれば、8時30分から17時まで市内の利用について、タクシー運賃の個人負担が半額(10円未満切り捨て)となります。

 詳しくは江南市のウェブサイトをご覧ください。

 

 ※情報提供はメールにてお願いします。 info@yamatoshihiro.com

  締め切りは8月7日(木)。お名前とご連絡先を明記してください。

 

コメント (2)

7月28日(月)のつぶやき

2014年07月29日 | Weblog

社民党のポスターを批判する不見識 このポスターこそ集団的自衛権の行使の本質だ(猪野 亨) - BLOGOS(ブロゴス) blogos.com/outline/91389/

アンリアルな想定で集団的自衛権の行使容認した政権与党こそ、人の命を軽視しています。

2 件 リツイートされました

コメント (1)

7月27日(日)のつぶやき

2014年07月28日 | Weblog

おはようございます。今日10時から市民文化会館にて、江南市議会としては初の議会報告会を開催します。ぜひご来場ください。
city.konan.lg.jp/gikai/minasan/…

2 件 リツイートされました

昨夜、野白区の納涼盆踊り大会に行ってきました。盆踊りは独特の雰囲気があり、楽しいです。 pic.twitter.com/aD8vset5lZ

1 件 リツイートされました

共同通信社が、社民党の新ポスターについての記事を配信しました。
改めて、私たちの想いを知っていただきたいと思います。 blog.goo.ne.jp/yama-future/e/…

24 件 リツイートされました

自民党系のある江南市議と雑談していたら、「集団的自衛権の行使容認によって、自衛隊の入隊者が減ってくると、徴兵制が導入されるのではないか」「今、自分の子どもが自衛隊に入りたいと言ったら、反対するだろうな」と実に正直な発言。 ⇒ これが集団的自衛権容認の行き着くところです。

13 件 リツイートされました

社民、新ポスターが物議 「自衛官の死」暗示 - 47NEWS(よんななニュース) 47news.jp/CN/201407/CN20… ⇒ 新ポスターに込めた私たちの想いをぜひ理解してください。 blog.goo.ne.jp/yama-future/e/…

6 件 リツイートされました

「自衛官の命」本当に心配するなら…権限と名誉、装備を与えよ(産経新聞) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140726-… 「戦争ができる国」という前提で「服務の宣誓」をしているわけではありません。宣誓をやり直す必要があります。

9 件 リツイートされました

「自衛官の命」本当に心配するなら…権限と名誉、装備を与えよ(産経新聞) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140726-…
社民党は自衛隊員の人権問題に積極的に取り組んできました。www5.sdp.or.jp/comment/2014/0…

4 件 リツイートされました

コメント (3)

初の議会報告会を開催

2014年07月27日 | Weblog

 午前10時から正午まで、江南市民文化会館にて、江南市議会初めての議会報告会を開催しました。約60人の市民の方にご来場いただきました。

 全体会で、議会改革特別委員長が、約10年間の議会の改革の取り組みを報告した後、分科会に移りました。

 私が所属する建設産業委員会の分科会では、江南市の公共交通のあり方、江南市のイベントの方向性の2つのテーマを取り上げました。委員長がそれぞれ概要を説明した後、市民の方からご意見をうかがいました。

 すると、巡回バスやいこまいCAR予約便について多くの意見が出されました。江南市にとって、どのようなに市民の足を確保するのが良いのか、現在のところ、私も議会も報告性がはっきり示せていません。難しい課題ですが、近い将来、解決策を出さなければいけません。

 今日いただいたご意見も参考に、できることからやっていきます。どうもありがとうございました。

 

 

コメント (1)

7月26日(土)のつぶやき

2014年07月27日 | Weblog

ソウル市長と面会(ソウル市役所訪問 その2 7月10日) goo.gl/yaVH9g


コメント

ソウル市長と面会(ソウル市役所訪問 その2 7月10日)

2014年07月26日 | Weblog

 

  朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長と面会

 

 先日のブログに続き、訪韓の報告をさせていただきます。

 7月10日、ソウル市役所を訪問。2つのテーマについてブリーフィングを受けました。そのうちの一つが「ソウル市非正規職員の正規化」について。

 ソウル市でも、多くの人々が非正規雇用で働いており、雇用不安、賃金格差があり、差別されている現実がありました。そこで、朴元淳(パク・ウォンスン)市長は自らの決断によって、非正規職員の正規化を進めてきました。概要は以下の通りです。

 

①2012年5月以降、直接雇用の非正規職員1,369人を正規雇用に転換

・正規職員ではなく、厳密には無期契約職。

・2年以上常時継続的に業務に従事している場合、正規雇用に転換する。

・今後、新規に採用する場合も、常時継続的に業務に従事している場合は、正規雇用の原則と慣行を確立する。

・政府案よりも転換基準・方法を緩和している。

 

 ②間接雇用の非正規職員6,231人をソウル市が直接雇用・正規雇用化(現在進行中)

・掃除、警備、施設物の管理などの単純労務で、民間会社に所属する非正規雇用労働者を対象としている。

・雇用者と使用者が不一致のため、雇用不安が生じている。また、民間会社が間に入って利益を取るので、労働者の賃金が低くなっていた。また、長時間労働で、各種手当も最低レベルであった。

・業者との契約終了時、優先的にソウル市が直接雇用し、一括して正規雇用化を図っている。

・職務給を導入し、賃金の引き上げ、定年保障を行う。

・人件費は増加する分以上に、アウトソーシングにかかるコストを抑制しており、現在のところ、追加的費用がかかっていない。

 

 この問題、日本の地方自治体も同様の問題を抱えています。私も議会質問をたびたび行い、非正規職員の待遇改善を訴えてきました。

 官民問わず、厳しい労働環境が拡がり、格差・貧困で将来を展望できない人々が少なくありません。働く人々を大切にするソウル市の姿勢に大変感銘を受けました。社会の葛藤を解消し、持続可能な発展を目指し、自治体が労働政策でリードしていく動きを作っていきたいです。

 手前が旧ソウル市庁舎(現・中央図書館)、奥のガラス張りの建物が現市庁舎

 市庁舎正面入口

 セウォル号の犠牲者を追悼する祭壇とイエローリボン

 

コメント

7月24日(木)のつぶやき

2014年07月25日 | Weblog

おはようございます。ホテルを出て、今から社民党本部に向かいます。地下鉄で一駅ですから、歩きます。


@SatoMasahisa シンプルな事実として、社民党の「社会民主主義宣言」は自衛隊の存在を違憲としたものではなく、当時のイラク派兵などのあり方を指して「現状明らかに違憲状態」としたもの。事実に基づいた発言を希望します。


票目当ての虚偽。これでは政策論議は成り立たない。 pic.twitter.com/otODMGwcSg


江南市議会初の「報告会」へぜひ goo.gl/t9cxcn

1 件 リツイートされました

コメント (1)

江南市議会初の「報告会」へぜひ

2014年07月24日 | Weblog

 江南市議会として初めてとなる「議会報告会」を、27日(日) 10時から、江南市民文化会館にて開催します。全議員(22人)が出席します。

 議会報告会は議会改革の目玉であり、市民のみなさんと議会の距離を縮める重要な機会です。

 これまで、議員や政党による集会はたくさん開催されてきました。その一方、「議会」という組織が一丸となって活動することはほとんどありませんでした。それゆえ、「議会は普段何をやっているのか」といった議会への不信感が募り、存在意義が問われるようになってきました。

 そこで、江南市議会は、4月から議会基本条例を施行し、議会としての基本姿勢を明らかにしました。議会は市民の代表によって構成されており、市民に対する説明責任を果たす責務、市民の声に耳を傾ける責務があるという趣旨で、報告会を開催します。

 多くの市民のみなさんのご来場をお待ちしています。

 詳細はこちらのチラシをご覧ください。

 

コメント