江南市議会議員/社民党全国連合常任幹事 山としひろ「パワフル日記」

39歳 人にやさしい政治 
いのち輝く江南をつくります

フランスの若者を見習わなきゃ!

2006年03月27日 | Weblog
 今、フランスの若者たちが元気にデモ活動を展開しています。彼らが反対しているのは、企業は採用後2年以内ならば、26歳未満の若者を解雇理由を示さずに解雇できる「初期雇用契約に関する法律(CPE)」です。
 フランスの若年層の失業率は20%以上ですから、若者たちは解雇が乱発されることに強い懸念を抱いているのです。
 法律への賛否はともかくとして、フランスの若者のエネルギーたるやすごいですね!私たち日本の若者もフランスの若者を見習わないといけないですね。
コメント

荷物の整理

2006年03月24日 | Weblog
 午前中、自分の部屋の荷物を整理していました。懐かしい本、レジュメなどがわんさかでてきました。
 でも、捨てるべきものとしまっておくべきものを区別するのが大変でした。
 いずれにせよ、部屋をきれいにしてこれからに備えようと思います。
コメント

大学院修了

2006年03月21日 | Weblog
 本日、私は立命館大学大学院社会学研究科修士課程を修了します。
 在学中、学内外においてさまざまなことがありましたが、何とか今日を迎えることができました。
 これまで温かく見守ってくれたみなさまに深く感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

 2006年 3月21日   山  登志浩
コメント (1)

京都で過ごした一日②

2006年03月17日 | Weblog
 郵便局で荷物を発送した後、京都タワー下にある京野菜料理屋で友だちと食事をしました。さっぱりとしたメニューが多く、お酒を嗜みながら歓談しました。
 友だちからは私の今後のことに関して「鋭い」質問が次から次に発せられました。「あなたが頭に思い描いている構想は、以前話をした時よりは進歩しているけれど、まだ十分とは言えない」と言われました。私は「う~ん、もっともだ」と思いつつも、次に会う時にはもっと進歩していることを約束しました。

 友だちと別れた後、家路に着くために新幹線(のぞみ、東京行き)に乗車。朝日新聞(朝刊)を一読し終えたところで、ちょっと疲れたなあと感じて、めがねをはずしうたた寝に入りました。

 ところがどっこい、うたた寝ではすまず、えらいことになってしまいました!すぐに熟睡してしまい、気がついたころ時計の針はすでに22:30。なんと、新幹線は静岡県内を走っているではありませんか!?しかし、どうすることもできずに新横浜まで乗ってそこで下車。その後、改札で事情を話し、外に出て始発を待つ羽目に。地下鉄で横浜駅に移動し、駅近くのカラオケボックスにオールで入りました。しかし、部屋が非常に狭くとても気持ちよく眠られるいすではありませんでした。

 まさかこんなかたちで初めて横浜に来ることになるなんて、夢にも思っていませんでした。ちなみに、新幹線で寝過ごしたのはこれがはじめて。
 まあ、たまにはこんな「珍事」もあるもんなんですね。
コメント

京都で過ごした一日①

2006年03月17日 | Weblog
 今日は一日、京都に出かけていました。
 まず、お昼に大学院教授の自宅に伺い、近くのお店で食事をご馳走していただきました。先生に今後のことでいろいろと相談に乗ってもらい、いいアドヴァイスをいただきました。
 4月以降は大学院社会学研究科の「研修生」として、地域レヴェルの人権問題について学びたいと思います。常に勉強していないと、人前で何も話ができないですからね。

 午後2時半過ぎ、大学に行って「研修生」の出願手続きを済ませた後、研究室の私物の片付けに取り掛かりました。あまり研究室に通っていなかったので、ダンボール1箱分に収まりました。

 まあ、ここまでは順調だったんですが、そこからが大変なこと続きに……

 降りしきる雨の中、大学近くの郵便局にダンボールを持ち込もうとしたものの、すでに午後5時で営業が終了していました。仕方なくバスで京都中央郵便局まで重い荷物を持っていこうと決めました。しかし、バス停まで遠く、荷物は重く、雨でビシャビシャになってしまいました。
 そして、やっとの思いで中央郵便局に着いた時、一緒にいた友だちが「そういえば、荷物ってコンビニから送れるんじゃないの?」と言ったのを聞いて、「しまった!!」と思っても後の祭り。
 普段、コンビニを全く利用しないので、コンビニから荷物を発送できることなど全然思いつきませんでした。 
コメント

「カイロ発」には要注意!

2006年03月14日 | Weblog
 主要紙が伝えるイラク関連のニュース。発信元は「カイロ発」が非常に多いですね。朝日新聞を例にとってみても、日本人記者はイラクにいないのではないでしょうか。朝日を読んでいると、「朝日新聞のイラク人助手」うんぬんかんぬんとなっています。
 ですから、主要紙とはいえ、全てを鵜呑みにしてしまうのは危険ではないでしょうか。本当のところ、イラク情勢はどうなっているんでしょうか。
コメント

修士号取得が認められました!

2006年03月11日 | Weblog
 昨日、私が所属する大学院・社会学研究科において、修士号取得可否(大学院修了可否)の発表が行われました。
 私も晴れて修士号取得が認められました。
 修士号取得まで紆余曲折がありましたが、ひとつの区切りをつけることができました。
 これまで私を叱咤激励してくださったみなさまに改めて感謝申し上げます。どうもありがとうございました。
コメント

愛知県内の公立高校一般入試

2006年03月10日 | Weblog
 きのう、今日の2日間にわたり、愛知県内の公立高校一般入試(Bグループ)が行われました。時間の都合で筆記試験問題にまだ目を通せていませんが、私も問題を一通り解いてみたいと思います。もちろん国語、英語、社会は満点狙いです!!
 また、私が現在講師を務めている塾の生徒たちがどれくらい奮闘してくれたか、楽しみなところです。
 
コメント

個人ホームページをリニューアルしています。

2006年03月06日 | Weblog
山 としひろの個人ホームページ 私の個人ホームページ、しばらく更新を休んでいましたが、最近、更新を再開し、徐々にリニューアルしています。
 みなさんにたくさん訪れていただけるよう、今後ともできる限り更新していきます。また、ご意見・ご感想もお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。
コメント

友人・知人との電話で思うこと

2006年03月06日 | Weblog
 このごろ、友人・知人からよく電話がかかってきます。また、こちらからかけることもしばしばです。
 電話で話をしていて思うことは、自分は自分だけで生きているわけではない、ということです。この年齢になれば、「自分さえよければいい」といった短絡的な気持ちからの言動は慎まなければといけない、と考えさせられます。
 何をするにせよ、自分だけでできることには限界がありますし、周りとの信頼関係は大切ですからね。
コメント