じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

内野さんメモ

8月末~10月 『最貧前線』
  8/27~29 神奈川
  9/6~8 豊橋 9/12~15 水戸 9/21~22 上田 9/28~29 新潟
  10/5~13 東京 10/17~20 兵庫 10/26~27 大和

明日からGW本番、、、だけど

2010-04-30 23:58:29 | その他いろいろ
世間はすっかり休みモードなのでしょうか 今朝は通勤の道もすれ違う人が心なしか少ないような気がしました(じいはラッシュの波を逆方向に向かうので)ま、大企業や工場を持つメーカー等は長い長い休みなんだろうけど……そんなところの社員が羨ましいような……ま、そういう道には行きたくなかったわけだから今更言ってもね 休みらしいゆっくりとした空気を感じたので忙しくないかな?と思ったら甘かったです 普段よりも5割増の仕事量 しかも、その前までの休みが楽しければ楽しかった程その反動が来るもので、やる気 な気持ちを奮起させるのが結構大変でしたわ。

ただ、今日はちょっとしたイレギュラーなことがあったので気分転換になったような、ならなかったような 他の職種で社員募集の面接があって、職場見学に来ることに 上司が「よほど酷い人じゃなければ採用の方向に持っていくので、ウェルカムな雰囲気で迎えてください」と朝イチで通達。いや、、、あのさ~~一番問題なのは貴方だから それに今回の募集はこの上司と揉めて配置転換になった社員の補充の為だし 心の中でツッコミまくりでした。結局、じいの勤務時間帯には来なかったんだけど……でも、就活中の立場からするとちょっと羨ましいな~と思ったのは本音。ま、そういう風に求められる程の知識や資格を必要とする職種なわけだけど……昨日も友人と「食いっぱぐれない仕事や実学的な資格っていいよね~」みたいな話をしてて、バイト中もそういう仕事をしている人たちを見て「いいな~~自分も今から頑張れば?」なんて妄想を抱いたりしてみたんだけど、普通に考えて(苦笑)じいは生まれ変わって頭の構造を180度変えて勉強し直さないと無理よね~~絵に描いた餅 以上のおバカ妄想でした

でも、、、ウェルカム~♪を装った影響、妙に機嫌が良かった気分屋の上司でしたが、大人らしからぬ失礼な物言いは相変わらず。でも、コレ、思っていたのはじいだけじゃなかったみたいで……というか、じいが今まで経験した職場が生温いから人一倍ガラスの心に(爆!)響くのかと思ってたら、他の人も同じように思っていて、じいは間違っていなかったのね~みたいな 上司が席を外した途端に愚痴大会になってて「まだ入って1ヶ月の○○ちゃん(=じい)にあの言い方はないわ。△△さんへのフォローも邪魔にしかなっていないし、だいたい自分では何もできないじゃん」と皆さんいろいろと じいはそれをふんふん と聞いていただけでしたが、何となく安心したというか……いろいろ慰められたりもしてありがたかったけど、でもね~~負けず嫌いなじいとしては、上司に文句を言わせないように自分に厳しく頑張らないとな~と 何か、、、今日の反動で明日は機嫌が悪いなんてことがないといいんだけどな~~って、こんな無駄な心配をしないといけない気分屋、本当に迷惑よね~~

明日から5月ということで天気予報は花粉予報→紫外線予報へ。花粉症ではないじいにとっては、こっちの方が大問題 街中の風景を見ていると日傘は早い気がするけど、白肌キープ、カラーリングした髪の退色防止のためには日傘なしでは恐ろしくて外出できないわ 前の職場の時も朝の出勤時から日傘を差してたし、会社の玄関から徒歩1分のコンビニに行くのも日傘を差して突っ込みまくられたけど……クローゼットから出しとかなくちゃ~~日傘、日傘

さぁ~~あと1日仕事……と、飲み会があるんです、、、明日 頑張って乗り越えたら5連休が待っているぅ
コメント

充実☆彡

2010-04-29 22:41:43 | その他いろいろ
じいのGW第一弾!二日連続でお出かけ~~ 昨夜は会社の後輩ちゃんと夕食&お茶。以前じいがよく通っていた沖縄料理のお店に行きました。土日は予約がないとまず入れないし、平日も混み混みなので入れても2時間制の繁盛店。料理も美味しくて結構ボリュームなのにそんなに高くなくていいのですが……久しぶりに行ってみたらメニューが減っていて、味もソコソコになっていたのがちょっと それなりに美味しかったんですけどね~~経営者が変わっちゃった ちょっと残念だったかも でも、お喋りは盛り上がり、お互いの仕事の愚痴からヘタレ話までいろいろと……ま、観劇絡みの話はすねに傷を持つもの同士というか、お互いそれぞれに触れてはいけない“地雷”があるので、そこら辺は上手く回避しながら ヅカファンの後輩ちゃんですが、“外の世界の常識”を心得ている子なので、冷静な目で見たツッコミどころ満載のスミレ世界の話が聞けるんですよね~~じいも先月からずっと聞いてみたいことがあったので(爆!)いろいろとレクチャーしてもらいました

今日もデートの約束があったので、ご機嫌で駅に向かっていたら、何だかな~という光景に出くわして……というのが、駅前である議員が演説してたんだけど、他の議員ならまず集まらないような人数が動員されてて不自然にテンションが高い盛り上げ役がいて……裏では巨額の資金が蠢いている新興宗教に傾倒する狂信的な集団を見ているようで背筋に冷たいものが走りましたね~~怖っ ま、 したのはこれだけで、全て何から何まで嬉しい1日でした 日比谷でうっちー友と 鹿児島黒豚のお店でランチを食べました。以前は夜に行ったのですが、その時にランチはお得だよ~と聞いていて……味もボリュームも値段も大満足~ ここまでお腹いっぱいになるとは……程よい満腹感、コラーゲンたっぷり 良性脂質を補給したって感じですわ その後場所を移してお茶に突入~~いろんな方面の濃厚な話をたっぷりと 時には深く、時には真面目に、時には毒々しく(笑) ま、ここのところ話すべき話題があり過ぎて、実際に会って喋らないと伝えきれないことばかりだったのでスッキリですぅ~ 迷っていた愚考/愚行も決定 先々の楽しみが2つもできました アハハ~~頑張って働かなくちゃ

そしてそして、、、帰りの電車の中で飛び込んできた日刊スポーツ掲載情報。ネット配信でいいや~と思っていたら予想外に大きな記事じゃないのよぉ~~



インタは既出の話でしたが(詳細はこちらを参照。やっぱり何度触れても嬉しい言葉の数々)、まさに「人懐っこい」笑顔の受賞写真に惹かれてお買い上げしてしまいました 朝刊掲載だから間に合うかな~と心配していたら、近所の魔女サマから安心情報あり 良かったわ~~

でね~~嬉しい話は更に続き……実は日中すっごい強風だったんですわ。それにもかかわらず、陽の光で乾かすのが好きなじいは飛ばないように工夫して干した……つもりがトップスを1枚思いっきり飛ばしちゃってたんですよね~~じいママには「このおバカ!」とミサエの如くガツンと言われましたが 敷地内で見つからなかったので諦めていたら、夜になってから最近近所に引っ越してきたばかりの、多分学生さん?一度すれ違って挨拶を交わしたことがあるその彼女だと思うんだけど、届けてくれたんですよね~~帰宅後にまたちょっと出てて留守にしてたので玄関に紙袋がかけてあったのですが、「違っていたら申し訳ありませんが、もしかしたらお宅様の洗濯物ではないかと思い…」という手紙と共に、きちんと畳んで袋に入れたカットソーを更に紙袋に入れて……若いのにしっかりしてるじゃないのよ~~お姉さんは感動しちゃったよ 布団叩き、道路沿いに下着を干す、挨拶はしない、騒音を出す、1年くらい前から近所に住むオバチャンとは大違いだわ 明日ちょこっと差し入れを添えてお礼にいっとこ~~っと。
コメント

臨場 第4話「似顔絵」

2010-04-29 01:18:30 | 内野さん映像のお仕事(連ドラ)
3時間遅れでしたが 「臨場」の録画を堪能しました ゲスト出演陣の顔ぶれのせいもあると思うのですが、サスペンスな雰囲気がいつも以上にしていたような気が……特に奥貫薫さん、、、まぁね~~最初から絶対に犯人だと思っていましたが(爆!)期待に反することなく不幸オーラ満載 でもさ、、、一番悪いのは捜査二課の柳井管理官だと思うのですが 結果オーライ、手段を選ばずとは言ってもね~~これまた当然ながらクビになったわけですが(じいの最初の予想では、去年の臨場第8話「黒星」みたいにどっかに飛ばされると思ってたの)立原管理官の見立てでは、密告者にされて人生を狂わされた恨みが動機ということになっていましたが、倉石さんは「彼女は人と関わることを止めた。中西の自殺未遂を利用して柳井に復讐しようとした」と見立てる……一見すると大した変わりはないように見えるような気もするんだけど、、、ここからは勝手な推測。孤独、恨み、復讐、それらの真逆にある感情が存在しているからじゃないかな~~と思ったんですよね。愛情の裏返し、とまでは言わないし、柳井への未練があったとも思えないけど、そこが割り切れない人の気持ちというか、ただならぬ感情があったように感じて それを倉石さんは見抜いていたように思うんですよね~~新宿の路上で書いてもらった似ていない似顔絵、、、あの怖い表情はあゆみの心の中を表したもの?3年前の柳井夫人の顔が浮かんだのはその時と同じ感情が残っていたから?な~んて短絡的に考えるのはちょっと嫌だったりするんだけど、それはともかく、あゆみが連行されていく時に言った「人は誰でも傷を抱えながら生きているんじゃないのか?その傷と一緒に生きるかどうかはあんた次第だったはずだ」という倉石さんの言葉、そして連れて行かれるあゆみの後ろ姿を見送った時の表情。もうぅ~~それが胸にドキュ~~ンと重石がのしかかったような、それでいて前に進める力になるような、そんなものを感じました。単純に 考えれば前の臨場の最終回、過去を背負って生きることとは?復讐とは何ぞや??倉石さんが背負った過去があるからこそ出てきた表情であり言葉であったりするとも考えられるんだけど(もしかしたら自分も紙一重で同じようなことを?みたいな感ことを目が語っていたような気もするし…)、傷と一緒に生きること、、、そこに込められた前向きになれる優しい思い……それがあったからあゆみも「いい人生を送ってくださいと伝えてください」と言えたんじゃないかと。。。負の部分から逆に正の部分を見出していくこと……これはフィクションじゃないと断言してもいいです。じいもそういうことがあったから、な~~んかこのシーンを見ながら思い出しちゃいました

それにしても、、、なかなか突っ込みたくなる場面も結構ありましたわ 冒頭の倉石さん登場シーン、今回はキュウリじゃなくてセロリとは しかも事件現場のフロアに到着した時には完食 結構長かったですよね~~セロリの長さ(笑) しかも葉っぱの部分も……食べちゃったの…ね それと、似顔絵のことで柳井夫人に事情聴取。さすが警官の妻ですね~~任意か強制かちゃんと確認!先週みたいに暴れたりはしません そうそう、あとね~~あゆみさんの昼食ですが、いくら一人になりたいからと言ってあそこでおにぎりを食べるのはどうかと思うんだけど あの通りは新宿駅西口から都庁に向かう通りで、結構人通りはあるし、じいもよく通る道ですが、さすがにあそこに座って物を食べる勇気は……ないですね~~通行人は気にしないだろうけど変に目立って見えるようで恥ずかしいし。ま、その後に出てくる、そんなあゆみを見つめる倉石さんの表情には吸い込まれましたが。。。

そうなんですよ~~あゆみの心を拾うように見つめる倉石さんの雰囲気は素晴らしかった ホテルの従業員の食堂(ですよね?!)で一人でいるあゆみに話しかけた時の存在感が堪らなかったのよね~~あゆみが放つバリア を意識しつつ、撥ね返されつつ、それでも包もう、関わろうとする温かさがあったり、冷静に分析する目線があったり、、、そこに倉石さんらしさを感じました な~~んか、、、会話の行間に漂う言葉にならない空気感が出ていたのがいいな~って。

最後にヘタレな萌え発言を やっぱり似合うのよね~~タンクトップ。特に今回は熱血君が考えてくれたメニューのおかげ胸元の逞しい筋肉に でも、、、それと同じくらい似合ってしまうタオルの首巻き姿……ツッコミどころなのに萌えてしまうのは罪だと思うのですが

来週はお休みなのね~~でも、再来週放送の第5話。いよいよ一クン卒業ですね~~しかも予告を見ていると、お父さん犬…じゃなくてカイ君と倉石さんの絡みが楽しめそうだし でもね~~やっぱりCMの影響って凄いですね~~絶対にあり得ないのに「お前にはまだ早い」とか喋りそうな気がしちゃって
コメント

今年のGWは?

2010-04-28 17:33:20 | その他いろいろ
最近無性にシリウス熱が ターチーに会いたくなってDVDを引っ張り出してきました。最初から最後まで素敵な声でナレーションが入って、その流れに乗っかる辰村さんのいろんな表情を味わえる……さすがに2時間半通しで見ていたら何も出来ないので、どこかで区切らないと!ということで泣く泣く(笑)三分割くらいにして見ましたが、、、原作との違いという点で言いたいことはありつつ、大人向けの深くてほろ苦さの混じった甘さがある味わい深いドラマだな~と。。。でね~~見てて思ったのですが、辰村さんが携帯で話している場所、すぐそこがテアトル銀座だったりするのよね 9月に通うべき場所ですが……別の萌え要素もあって二度おいしい場所……かな

さてさて、今週からGWに入りますね~~去年は除いて、その前までは一番忙しい時期だったので連休なんて最初から無いものという感じだったのですが、今年は土曜日は出勤だけど、その後は日曜日~木曜日まで5連休 暦的にはちょいとズレるけど一応人並みの休みが取れるぅ~~ま、連休明けは地獄を見そうなほど忙しそうだけど(現に今はGW前の駆け込みであり得ないくらい忙しくて)GWはどこかに行くの?なんて聞かれましたが、特に旅行の予定はなく じいママからそれらしき話を振られたのですが、「よりによって人が多くて何をするにも値段が高い時期に……はぁ?」とつれない態度 そんな冷たい娘はフリーダムにあちこちへ じい的4月連休、今夜は後輩ちゃんと の約束、明日はうっちー友と して、5月の連休中は帝劇へ~~ 結局、時間ができる→観劇に走ってしまうところがヘタレだな~とは思うのですが 話題の場所に行ったり、郊外のアウトレットに行ったり、街中に買い物に出たり……そういうことをする代わり、っていうか比較じゃなくて人それぞれの過ごし方なのでねぇ でも、その前に一試練……いえいえ ありがたいお誘いです。バイト先の先輩方が歓迎会を兼ねてどう?と飲み会の話が浮上。よーするに、じいを酔わせてみたいという恐ろしい狙い があるということみたいなのですが、そこら辺のガードは堅いので 実行に移されたら頑張って耐えてきまする……ハ・ハ・ハ あと、、、連休中になるか来月中になるかまだ不明ですが、年明けにママになった元同僚な友人のところへ ベビちゃんに会うのが楽しみです

さ~~て、そろそろ出かける準備を はい、、、そんなわけで「臨場」は録画にて帰宅後に あ、そうだ!公式サイトに可愛いツーショットが 少し先になりますが、お父さん犬でおなじみのカイ君との共演 それだけでニュースになってしまうお犬様なところは凄いと思いますが(笑)、撮影では振り回されたっぽい でもただ一人の人に一途な北海道犬の習性は激しく共感しちゃうな~~なんて 今年の流カレンダーでも犬との絡みがいくつかあった内野さんですが、今回はどんな仕上がりになっているのかワクワクですね~~
コメント

知らなかった^^;

2010-04-27 23:52:33 | その他いろいろ
今朝は焦りました~~ 起きたらいつも家を出る時間の15分前!!!明け方暑くて目が覚めた&肩こりでなかなか眠り復活できなかったせいかも。もうぅ~~冷蔵庫に転がっていた(笑)プチケーキをつまみながら大急ぎで準備して……超短時間で準備できた自分、、、凄い いや、結構慣れているんですけどね~~ただ、今はとりあえず出社して席食するというのができないし、食べないと仕事はできないので栄養補給するための時間をどう確保するかは大問題ですわ それにしても、、、月曜日→火曜日が1週間の正念場 月曜日は早くて20時前、遅いと21時過ぎて帰ることもざらで、翌日は掃除当番があるので早めに行かないといけないし~~ま、近いからやってられるって感じですが、この手の仕事は正社員としては無理だろうな~とつくづく 分野は全然違うのですが前々職の時に身に染みて感じたことですが、仕事自体は充実していて好きでも、人生と身体的な面、それに見合う給料を考えたら社員として長く勤めるには厳しいだろうな~と……今と同じ業種・業界で正社員の口があったら考えてもいいかな~と思う部分はあるけど、そういうことを考えると探す時に変に囚われないようにしよ~っと思います。

先週から 関東エリアではフジテレビのチャンネルαで「ヴォイス~命なき者の声~」の再放送をやっています。月9ってジーンは別として 大抵は興味なしでスルーなのですが、このドラマは何故か毎週リアルタイムで見ていたんですね~~正直言って、山なし、オチなし、意味は……一応あった…か とにかく生温~い展開だし、実際にはあり得ないでしょ~~みたいな設定や流れだったんですが、登場人物のキャラが単純に楽しむには面白かったし、結局皆良い人過ぎて安心して見られる?みたいな感じだったので軽く楽しむにはちょうど良いという それに、こっちは法医学の話なんだけど、法医学教室の学生たちが事件に関わる人たちの話を聞いていくところは、何とな~く倉石さんにも通じるものがあるような気がして……タイトルに使われている“ヴォイス”という言葉、もちろん「臨場」と全く共通するとは思っていないし、手法や視点、分野等々違いはいっぱいあるんだけど、根底にある“思い”には多少は似ているところがあるのかな?と……そんなわけで妙に惹かれてしまうんですよね~~ま、ドラマを見て、別のドラマに思いを馳せるってどうよ?と突っ込みたくなる自分もいたりするんですけどね~~

ところで、あまりにも今更ながらアフォーなことに気づきました 臨場第3話に出てきた警官役、どこかで見たことのある顔だな~とは思っていたのですが、まさかジーンやJIN(←似てるぅ~爆!)でもご一緒だった平山浩行さんだったとは!!!エンディングのクレジットでもそれなりの扱いだったようだし、ほ~~んと今頃何言ってんの?ですよね~~どうやらイチの後釜っぽい まぁこの前の登場シーンでのセリフから思うに、去年の臨場の一クン的なスタンスなのかな~~と思ったり……あまり鑑識?検視??の仕事を良く思っていないような感じだったので。それと、、、ゴセイジャーって実際に放送されている戦隊物だったんですね~~てっきり話の都合上勝手に作った架空の物語だと思ってました 戦隊マニアな方々の話ではあまり評判は芳しくないようですが(笑) さすがテレ朝!戦隊物は昔から日曜日の朝の定番でしたから~~でも、原作ではドラえもんなんですよね~~これまたテレ朝だから無問題ですよね ドラえもん世代のじいとしてはそっちが見たかったかも~~しかもドラキチな内野さんだし
コメント

波乱の週明け

2010-04-26 23:58:43 | その他いろいろ
やっぱり週明けは気構え的&頭の回転的に厳しいですね~~いつも以上に引き締めて仕事に向き合わないとアホな失敗ばかり繰り返してしまいます しかも今週から18時半以降は同じ仕事をやっている先輩は帰ってしまうので一人ポツンと取り残され まぁ元々そういう勤務体系になっていて一人でソコソコできるようになるまでは残ってもらっていたので、これが通常の勤務体系 それに、別の職種の社員の人たちはいるので「一人でこなせなくなったら手伝ってもらえばいいから~」と先輩からのアドバイス。案の定、暫し暇だったのがドドド~ と仕事が舞い込んできてアップアップなじい……アドバイスを参考に、っていうか元来じいの中にある“黒じい”“女王サマなじい”が目覚め、悪魔の依頼~ 立っている者は親だろうと上司だろうと、とにかく誰でも使え!ってことで「放置しまくってるものはよろしくぅ~」と社員さん3人を従えて 仕事を片付けちゃいました。昔から得意技なのぉ~~ムフフ でも、やっぱり一人でこなせるようにならないとね~と落ち込む殊勝な心がけはあるわけで…… あ、でもね~~1つだけ心ときめくことが 先日上司と揉めて異動になった社員の当面の穴埋め要員として、別の職場から交替でヘルプに来ているのですが、大抵は……ね 年齢的にも外見的にも全くアウト・オブ眼中←死語 な種の人たちばかりなのですが、今日来ていた人は珍しく若くて……おぉ!出勤した時にロッカーで「今日来ているのは若い子なのよ~」という話を聞いてはいたのですが、まぁそういうことに興味はないし~~特に期待もしないで出て行ったら普通に若い……と言っても経歴から逆算していくとじいと同じくらいか2つ3つ下くらい???年相応に程よく気が利く&不器用な感じで見た目はじいの浮気以上本命未満のアノ人に似ていて そんなに頻繁には来ないかも~という話だったので次に会えるのはいつだろう……って、別に恋をしちゃいました~♪というわけではないので誤解なきよう 頑張ろー!と励みになる人が職場にいると気分良く仕事ができるからいいな~と思うんですよね 気分屋の上司に振り回されるのもホ~ント迷惑ったらないわけだし~~

ところで、閲覧するには関係ないことなのですが、今週からgooブログの編集画面が変わりました。前よりも使い勝手が良くなったといえばそうなんだけど、接続環境によっては重くなるみたいだし、長文を書いたら上手くスクロールできなくなるんですよね~~多分、Java等々を使いまくっているんだと思うのですが……メールも仕様が変わって使いにくいのなんのって じいはメールソフトで一括受信するのでそんなに影響はないのですが、それでもたま~にメール画面を開くと重くて重くて しかも迷惑メールのフィルターが十分に機能していないらしくて今までは来なかった迷惑メールが大量に受信BOXに入ってきて あまりに腹が立ったのでgoo事務局に問い合わせたら「お手数ですがご自身でアドレスごとに受信拒否設定してくれ」って……はい?!それはそっちの仕事でしょーが!!!と怒り心頭 本気で引越ししたいな~と思っていて、実は某ブログサービスに惹かれていたりするのですが、そこはそこで使い勝手が悪い部分がいろいろあるので、イマイチ踏み切れなくて……どーしたものやら
コメント (2)

改めて…

2010-04-25 23:54:57 | その他いろいろ
今日は爽快に晴れ渡り だったのですが、じいは引きこもり 思いっきりインドアな1日を送ってました そんな中、友人から心癒されるメールを 2日前に二人目のママになった友人ですが、じい周辺では久しぶりの王子誕生。最近は圧倒的に姫誕生が多かったので何だか別のところで勝手にビックリしていたわけなのですが 何はともあれめでたや~めでたや~~ これでベビーラッシュは終わり……よね?他に忘れてない……よね?この調子で季節も先に向かって進んでくれたらいいんだけどな

さて、今日の夕方NHKで井上ひさしさんの追悼番組が放送されていました。縁のゲストということで、山田洋次監督、大竹しのぶさん、阿刀田高さんが出演、渡邊あゆみアナを司会に懐かしい映像を交えて井上さんの功績を振り返るという内容でした。やっぱりこういう番組での渡邊アナの仕切りは良いわね~~日頃からいろんな舞台を観ているらしいし、他ジャンルの芸術にも明るいから中身のある話に持っていってくれるし。しかも、ここでフィクションとリアリティなんて話が出てくるとは思わなかったな~~ますますじいの中で“渡邊株”の株価 ただ、後半の戦争と平和に絡む話はいかにもNHKっぽいイイ子ちゃん的な話の振り方だったのは悔やまれるな~~ 大竹さんは終始かな~りウルウルな感じで話されていました。稽古場や舞台初日で交わされた会話を聞きながら、井上さんの温かいお人柄が伝わってくるようで見ていて胸がいっぱいになってきました

番組では随所に「むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをゆかいに ゆかいなことをまじめに書くこと」という井上さんの座右の銘…ですよね~~その言葉の意味を醸し出していたように思います。特に戯曲を取り上げたところでは「太鼓叩いて笛吹いて」「闇に咲く花」「父と暮らせば」の映像が出てきてて、後ろ2作品はじいも実際に観ているのですが、今回出てきたのは多分初演っぽい 観劇した時のキャストとは違っていたし。今は愉快なオバチャン役といえばこの方!梅沢昌代さんの若かりし日の姿を発見 思わず凄い~~と別の意味の感動が ←ゴメンナサイ でもね~~その登場場面、井上さんが一番伝えたかった核心部分だと思うんでしょね~~そういうシーンだったんですわ。ほんの数分の映像だったのですが、見ていてついウルウルと この作品は実際に観劇した時もダダ泣きしちゃったからな~~この作品を執筆するに当たって井上さんが言葉を大事にされていたというところは嬉しかったです。日頃から大事にされていたそうですが、やっぱりただの話すためのツールじゃなくて話す人の心が込められているものだし。あと、、、取材メモ もチラリと……しかも、実はじい的に一番卒倒モノだった映像があって よりによってソコですか!と

遅筆家としても有名だった井上さん、大竹さんも「1枚、また1枚仕上がっていくのを待つしかない」「役者の顔を書いた紙をビンに貼ってそれを動かしながらイメージする」な~んて話されてて、思わず箱根強羅の時に内野さんも同じようなことをメッセで書かれていたな~なんて思い出しましたが(笑)書斎には20万冊近くの蔵書 いや~~きっとじいにとって片っ端から読みたくなるような本や資料があるんだろうな~と思ったりしたのですが 知識量としてはもちろん、そこに生きた人間の営みまでも拘るからこそ素晴らしい作品が生み出されるんですよね~~だって、、、ココでも何度も書いたけど、セリフ1つだけで何本も論文が書けるくらい奥深いんだもん それに、番組の中で、戦争が終わった後に新しい憲法の話が出てきて、それを聞いて「こんなことが出来るんだ」と驚いた、暗い時代が終わってまさに突き抜けるような青空のように世界が輝いていた、それがね……云々、という話も出てきて、それってまさに井上作品の中のいろんなところに散りばめられていることなんですよね~~戦後の平和、それとは矛盾する動き、でもそれは実は戦艦ミズーリ上で行われたことに繋がる一連の動きから始まっていた……と、語り始めると切りがない、いろ~~んに大事で深いことも孕んでいるわけで。。。

でも、それを「むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをゆかいに ゆかいなことをまじめに」なんですよね~~そして人間への信頼とユーモア 井上作品に触れる度に、ふと思い出すことがあって、すっごく前だと思うんですがロバート・キャパの写真展で、悲惨な戦場のはずなのにそこに生きる人の何気ないひとコマを捕らえた写真の数々が展示されていたことがあったんですわ。その時は分からなかったけど、そういうものだからこそ訴える強いメッセージってあるんだな~~と今更ながら実感することがあります 番組内で、舞台を観て笑いながら泣いているお客さんがいて…という話も出てきましたが、すっごく分かるんですよね~~可笑しくて切ない、でも観終わった後に何故か温か~い気持ちになれるという。。。これからも観て、受け止めて、考え続けていきたい、そんな風に思ったのでした、、、マルッ
コメント

月刊デジタルTVナビ

2010-04-24 18:31:05 | 内野聖陽さん
ここのところバイトから帰って一服ならぬ一睡 というヘタレっぷり全開のじい 何となくだけど仕事の全体が見えてきて、慣れた部分と、逆にその理解量の分だけ基本に立ち返らないと不安になる部分が出てきて……相変わらず毎日何かしら指摘されて凹んで…ということもないんですけどね 今時の シュガーな世代ではないので図太さと可愛げのなさは半端ないので(苦笑)少々のことではへこたれません でも、知らないうちに蝕まれて欝~なんてことにならないように……と、これまた誰も心配してくれないんですけどね~~じい家の面々は特に 来週は楽しみな約束が2つも待っているから、それを励みに頑張るぅ~

今日はTVナビの発売日 なのですが……流ちゃん凡ミスぅ~by牧原静夫@悪エレ 通常の月刊TV naviではなくてデジタルTVナビの方なので要注意でっす ま、じいの苦手なあの人が表紙の方は買わずに済んだから良かった~~でも昨日ネットで次号予告を見ていて載っていなかったのでアレレ?とは思ったんですよね~~しかも先月号にも確か……って、これはJINの龍馬役で賞を貰った時の記事でした。今号の写真、セピア系でめちゃめちゃ渋いんですけど イメージ的にもう少しマッチョで乱雑な感じにしたら欲望という~の雰囲気 なんちゃって妄想してみたり……と、それは置いといて 何となく内野さんが目指していらっしゃる倉石さんなのかな~と

中身は言うまでもなく「臨場」の話なのですが、実際に放送を3回経験してから内野さんの言葉に触れると、前よりもリアルに受け止められたかな~と思うところがいろいろ。「死者サイドに立って、死体の真実の声を聞くということを一番大事にしています…(中略)…死者に対してそこまで想いを寄せる行為がすごいことだと思う」「今回は死者を思うところが出発点の男なので、イマジネーションをふくらませる余地がすごく多くて、(台本を読むのが)特に遅いかも(笑)」とのこと。確かに、、、「“いたこ”すれすれのような検視官にしたい」と内野さんもおっしゃっていて、立原管理官等々に犯人を仄めかす曖昧な言い回しは、いたこかいっ!とツッコミを入れたくなるのですが←スミマセン それはともかくとして 去年の「臨場」も死者がどんな人生を送ったのであれ、一貫して死者の視点に立っていた倉石さんですが、今回はさらにその視点や気持ちが全編を通して溢れているように感じるんですよね~~しかも、それが死者の声だけに止まらず、残された者への思いにまで及ぶことがあって、その部分は見ていて更に深く心に刻まれたり、あるいは受け止めきれずにこぼれ落ちたり浮遊したり……「文字面に書かれていない部分をあれこれ想像することが、役者にとって幸せな時間」と内野さんはおっしゃっていたそうですが、そうやって膨らまされたものが、見る者に届いて更に膨らんで……そういうものを受け止めることが、じいにとっては幸せな時間なのですぅ~~ でね~~最後に「やっぱり横山倉石には負けたくないよね。『敵は横山倉石にあり』みたいなね(笑)」という内野さんの言葉 いや~~ん 思いっきり心を撃ち抜かれました まさに、そういうところにも“せめぎ合い”ってのがあると思うのよね。見ていても100%安心して満足~という感じでもなくて、屋台骨はしっかりしているんだろうけど、まだまだチャレンジしたり改善したりする余地があるのかも?と思えるところがあって……そこがどんな風に変わっていくのか?広がっていくのか?正直まだまだ現段階ではじい的には って思うところもあるけど、それ以上に期待も半端なくあるので、見届けていくしかないなぁ~と思っているワケなのでっす。

それにしても、、、冒頭部分。カメラマンのシャッター音が止まらない→10ページくらいの臨場特集な~んて冗談を飛ばす内野さん もうぅ~~10ページどころじゃなくて丸ごと1冊臨場でも大歓迎 まるっと1冊分のインタ、というのはさすがに悪魔よね~~ヌフッ
コメント

つらつらダラダラ

2010-04-23 20:06:52 | その他いろいろ
三連休明けの勤務 休み明けは、自分がいない間にミスが発覚して迷惑をかけていなかっただろうか? と不安な気持ちを抱えて出勤するのですが、やっぱり今回も…… 完全にじい責任のミスではなかったんですけどね~~でも、先輩方のフォローの仕方に触れながら、自分もそういう大きい器で構えられる“出来るオンナ”になりたいな~と思いました。上司の場合は反面教師だわね~~あんな風にはならないよーにしなくちゃ

今日の帰りに新しく出来た近所のパン屋さんに行ってみました。やっぱりそのお店の味を確かめるにはシンプルなパンを選ぶ方がいいんだけど、どーしてもチョココロネとクリームパンが食べたかったので←本当はメロンパンに惹かれたけどガマンガマン その2つと明日の朝のサンドウィッチをお買い上げ~♪クリームは美味しかったけど、生地はまあまあ……ってところかな たまには買ってもいいお店かな~と。あと、久しぶりに地デジOKのDVD-Rを買いました。内野さん関係以外は見た端から消していくのでディスクはそんなに必要はないんですよね~~でも、「臨場」「JIN」いろいろ溜め込んでいたので今のうちにダビングしておこうと思って……いや~~ビックリです ずいぶん値段が しましたね~~もうブルーレイが主流になりつつあるようで、地デジのテレビとデッキを買っ頃の地デジ対応DVD-Rの値段が、今のブルーレイの値段になっているんですね~~完全デジタル化が軌道に乗る時期まではPCと共に頑張ってもらわないといけないので大事に使わないといけないんだけど、もう1つ、、、アナログ用のDVD-Rがめっきり減っちゃったのよね~~“私的目的として使う為の”某行為をしないといけないという意味では欠かせないディスクなので、生産中止の情報には敏感にアンテナを張っておかなくては!

そうそう、今日は女性ファッション誌の集中発売日でもあるんですよね~~帰りに本屋に寄り道したのですが、う~~ん、今月はお買い上げなしかな~~ 時期的に雑誌の世界は既に夏物!お店も普通に半袖が並ぶ時期なのですが、この寒さでは……とてもとても興味は持てません でも、それを差し引いても買いたいもの、自分でどんなのを着たいのか分からないんですよね~~多分、今流行っているスタイルがじいの好みじゃないってだけだと思うんだけど……でも、花柄プリントの替わり模様…ってあるのか そういう感じのフリフリのがあったら欲しいなぁ アハハ~~いいかげん読む雑誌も行くお店も年齢を考えろって気もするけど、実は先日「じい、まだ20歳過ぎでも現役でいけるかも」な~んておめでたい方向にまっしぐらな出来事があって じいの年齢からして普通に子供を連れていても(それも二人、三人いても)決して早すぎる年齢ではないわけで……それなのにまだ感覚的にはそういう人たちはずっと年上の人って気がする図々しいヤツなのですが(笑)、この前仕事中に会った女性、普通に10歳以上年上だと思っていたら実は自分より年下だったという 他にもそういうことがあって何げに結構衝撃的だったんですよね~~ご学友たちは当然同い年だけどそんな風に感じたことはないし、お姉様な友人方も皆さん絶対に実年齢の方が間違ってる!と思うくらい素敵だし……で、帰ってからじいママに話したら「あら、私だって昔は市松人形みたいに可愛いって兄弟や近所で言われてたのよ。今も元は悪くないからその気になれば…」なんて言い出すし めでたい母娘、長生きするわ ただね~~ここのところ都心で働くことがなくなって、行動範囲が地元+αくらいになって、所帯じみててヤバイぞ~と危機感を感じたりしてて バイトも着心地重視みたいな格好で行くのでね~~要注意だわ

……といいつつ所帯じみた(笑)話を 野菜の値段が急騰 実はあまり実感がなかったのですが、今日久しぶりに行ったスーパーで値札を見てビックリしました キャベツ1玉398円、なす・ピーマン1袋248円 あまり好きではないお店なので最近足が遠のいていたのですが、「野菜高騰中」というポップらしきものまで付けて……正直あまりいい気分ではありませんでした。他の大手スーパーやデパ地下の野菜売り場の涙ぐましいセールを見ていると、企業努力が足りん と一言物申したいような……そういうことは客にアピールすることではないと思うのですが??? ただ、、、それとは別に思うこと。明らかに旬の季節じゃない野菜が出回ることには違和感があります。夏じゃないのにキュウリやトマトを食べる必要はないし、夏に冬野菜を食べなくてもいいと思うのよね。その時その時に実るものを食べればいい……昔からそうやって人は生活してたんだし。そして最近よく報道されている規格外の野菜を出すこと、、、取り立てて言うことじゃないと思うのよね~~むしろそういうことが普通になればいいと思います。じいの祖父母は農業をやっていたので、野菜は畑から取ってくるものだと思ってて、当然ながら家庭で食べるのは市場には出せないような野菜も多かったけど、それでも買うよりよっぽど新鮮で美味しかったし。形や見栄えが違っても質や味は変わらないんだから無駄にすることはないのよね~~傷がついているものだって上手く調理すれば無問題……と言っても、お店で売る場合は隣の畑から取ってきてすぐに食べるのとはワケが違うから難しいとは思うけど。。。値段がどーのこーの騒ぐ前に自分たちの意識を変えた方がいいんじゃないかな~と、そんなことを思うじいなのでした

もう1つ、ふと思ったことをツラツラと 昨日チラッと、そろそろ卒業してもいいかな~という曲があるなんてことを書きましたが、自分でも不思議なくらいに突き放せるようになったんですよね~~あの演目、あの役。じいにとっては舞台的初恋で、夢中になった過去を否定する気はないし、やっぱり姿を見れば胸キュンだし、これからも変わらず大切に宝箱の中に収めておくものなんだけど、心に引っかからなくなったことも確か 矛盾しているかもしれないけど、永遠で心に残り続けるのに引っかからない……これぞまさに初恋って…か それよりも遥かにじいの中でウェイトを占めてきている演目?役??があって、うち1つがBBなんです。作品として衝撃的だったし、あそこまでリアルに心を抉り出されたのは……実は他にもあるから初めてではないんだけど でもね~~もしレイが内野さんじゃなかったら観ていただろうか?こんなに心に響いただろうか?と自問自答する部分もあったりして……これは他の作品にも通じることなんですけどね。ドラマにしても、疑問や物申したい部分があっても内野さんが出演されていなければこんなに真剣に考えただろうかって……そんなことを考えていたら何だか自信がなくなってきちゃって 一番イイ確かめ方は、別の人が演じているのを観て、それでも惹かれたらホントの気持ちなのかも~ということだと思うけど、まぁそんなに都合良くはいかないもので あ、でも1つだけあったわ~~まさに卒業宣言した(笑)演目……ね 別キャストで観て、まぁ正直なところ前ほどの情熱はなくて「もういいや」とも思ったけど、まぁこれは邪な思いは除いて作品として惹かれるものがあるというのが分かったから本物……なの…か それに、 なフィルターでパパラッチしていたことは認めちゃうけど(笑)出演の有無に関係なくちゃんと観ているという確かな気持ちはあるので

いけないとは思うんだけど、一度「この人!」とツボったキャスティングに出会ってしまうと、それを超えるキャストに出会うのって至難の業だと思うんですわ。特に複数キャストを抱える演目で実感することだけど、再演の少ないストプレ等々でもキャストで観に行くことは少なくないので。そういう観方をされたくない某劇団はキャストで売らない路線にしてるようですが、それなら金太郎飴みたいな舞台を見せるんじゃない!と言いたくなるんですけどね~~何だかんだ言っても生身の人間を観に行っているわけですから。それに、やっぱり本物の力がある役者さんが演じるからこそ思いを伝えられて演目が活きてくる、演目が素晴らしいから役者さんの魅力が表に引き出される……どっちがイイとかそういうのではなくて、“相互作用”が上手く働くことが大事なのかな~と、ひとまず自分の中でそういうことにしてみたわけですが。。。お目当ての人が出ていたら何でも肯定的に受け止める、出ていれば何でもいい、あるいは出ているもの/シーンしか見ない、極端な場合だと作品云々は興味がなくてただ姿だけを見られればいい、少なくともこういうことだけはするまい と思うようなことはしていないはずだから、大丈夫だとは思うけど……気持ちが行ったり来たり、まるで振り子のオブジェのようになっていますが、まぁね~~あれこれ考えていても仕方ないことだから真摯に進んでいくのみ ってことなのよね。
コメント

着せ替えるべきか?

2010-04-22 19:12:48 | その他いろいろ
今日はまたもや冷たい雨~ もうぅ~~いや、こんな激しい天気 転んだ件のその後、、、お風呂から上がった後に湿布を貼りまくったので腫れ上がって更に可哀想な状態にはならなかったものの、朝になっても痛みは引かなくて突っ張り感もあって歩くと重くて…… しかも、さすがじいというかマヌケっぷりが判明。右膝と足首はしっかり手当てしてたのに、左膝はアザもなくてスルーしちゃってたのよね そのせいで痛みが してて、特に階段を上がる時に筋肉が突っ張るのか痛みが一気に走る~みたいな 更に、足を庇って動くから腰にも変な負荷がかかって痛いのよね~~満身創痍、、、いや~~ん 明日はバイトが入っているのに~~こんな姿で行ったら確実にネタにされるわ それに何よりも仕事をする上で支障大あり 階段の昇降はない……いや、電車通勤だから駅の階段がぁ~~しかも座りっぱでできる仕事でもないのでねぇ……治ってるといいんだけど~~トホホ

さてさて、放送直後の公式サイトの更新ですが PC向けの方は「検視官室の裏側」と称して美術担当の横山豊さんのインタビューが掲載されていました。刑事監修でおなじみの飯田さんの要望 多分普通に見ていたらスルーしちゃうだろうな~と思いましたが、その部分ってリアリティという意味でも大事だけど、FAXと洗面台、ただの“物”という以上に検視官という仕事の本質を表すものでもあるな~と思いました 携帯サイトの方は特に動きはなく……あのぉ~~Flash待受は前回みたいに毎週更新じゃないっぽい このペースなら今月はポイントが余りそうだから着ボイスをDLしても大丈夫かな

実は、、、ここのところ内野携帯の仕様を変えたくて 今までずぅ~~と使ってきた自作の着うた もちろん内野さんの素敵な歌声なんだけど、そろそろ卒業してもいいかな~という曲もあるので変えたいんですよね。でも、やっぱり内野携帯なので内野さんから離れるわけにはいかないし……出演作の主題歌も考えたんだけど、う~~ん って感じなんですよね タイムリーなのは倉石さんの着ボイス これはちょっと使いにくいのでねぇ~~あと、、、ついでに変えたいのがメニュー画面。一時自作に凝って2バージョン作ったことがあるのですが、あの時は相当役に立たない時間の費やし方をしちゃったのよね それに、当時使っていた機種はシステム構造を把握していたので作りやすかったんだけど、今は機種が変わってるし、中の構造も複雑で??な部分が多いので難しそうだし~~何よりも臨場バージョンを作ろうにも使えるデータが少ないのが大問題。前回のを使うのは嫌だし…… 手を出すのはやめといた方がいいのかも

ところで、、、最初に書いたよーに外を出歩くお天気&体ではなかったのですが、夕方の買い物には行かないわけにもいかないし~~そのついでに 例の記事も読んできました。あまりにツッコミどころ満載、くだらなさ満載で軽く笑い飛ばしちゃったけど、ここ1年くらい?妙に増えた雑音やマスゴミの嗅ぎ回り方、単なる出演ドラマ好調に絡む大人の事情アレコレではない別の“何か”の香りがプンプン 何よりもそういうことにおいて気分が悪いというのはありますなぁ
コメント