じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

祝!エリザ千秋楽

2005-09-30 23:59:20 | 舞台な話
エリザベートが千秋楽を迎えました。じいは行けなかったけど、午後1時の開演と同時に脳内再生してました 時間を見ながら「今ごろはトート閣下登場かしら」「そろそろ戴冠式?」「夜のボートは終わったかな?」と考えてました

高嶋兄、カテコ後半は車椅子登場だったようですね~~舞台には立てないほどの症状だったみたいで……本当に本当にお疲れ様でした。ゆっくり休んでいただきたい

内野さん、やっぱり今回で終わりなのでしょうか 村井パパや綜馬フランツが再演をほのめかしたとか、そうでないとか……でも、噂されてる時期だったら無理ですよね~~でも、この先、どんな予定になっても、どこまでも追いかけていこう~~♪

祭り終了日の今日、じいは劇団四季「李香蘭」を観にいってきました。感想は明日アップします。多分、相当な辛口になりそうな…… な~~んか、消化不良な気分です こうなったら、明日「秘太刀・馬の骨」の録画を見て自分を慰めるしかないですね~~

そうそう、昨日のアクセス数、過去最高を記録 やっぱりトークショーのレポなのかな 長文を読んでいただいた方、本当にありがとうございました。
コメント

暇すぎる~~~

2005-09-29 23:38:02 | 舞台な話
今日の仕事時間、たったの30分 残りの時間は差し入れのブドウを摘みながら本家サイトの更新をやってました 時折お昼寝 もあったりして…な~んて 明日もこんな感じっぽい……いいのかなぁ、こんな会社 まぁ、「こんな会社」だから観劇には最適なんですけどね~~ 明日は、エリザ千秋楽が気になって仕方ない この期に及んで「行きた~~い」って叫んでるじい。行ける方のレポをお待ちしてます。

今日は山口トート&禅フランツの楽です。山口さん、相変わらず意味不明な挨拶だったとか… 禅さんは真面目に挨拶されてたみたい。さすが皇帝陛下です 次は大千秋楽。高嶋兄、足腰の調子がさらに悪化されてるみたい あと1公演頑張ってくださいね~~ それにしても内野さん、何て話されるんだろう……

トークショーの後遺症、ヤバイです。会社の往復は相変わらず2004年ハイライトCDを聞いてるんですけど、「私が踊る時」が流れると、どうしても水戸黄門が浮かんでくるんですよ しかもジャベールの歌声がかけめぐって久々にレミゼが聞きたくなったりして……12月に大阪レミゼに行くのでレミゼモードになってもいいんですけど、まだ9月 もう少しエリザに浸っていたい

そうそう、帰りに「男優倶楽部」と「TOP STAGE」を立ち読み……男優倶楽部の方は2ページ白黒だし、TOP STAGEの方は舞台レポだし、値段も値段なので、今日は立ち読みだけ でも、舞台写真で結構じいのツボに入ったのがあったんですよね~~迷うなぁ~~やっぱり買っちゃおうかなぁ~~

明日は帰りに劇団四季の「李香蘭」を観にいってきます。ミュー初体験の友人と一緒なんですけど、「何着ていけばいいの~?」との やっぱり観劇って特別なことって思われるのかな その“特別なこと”が今月は10回目のじい 明日は申し訳ないけど、魂は帝劇です 遠くから応援してます
コメント

東京會舘ミュージカルサロン 塩田明弘vs内野聖陽 その2

2005-09-28 23:43:17 | ライブ・コンサート
・ミュージカルとストプレの違い
話が前後しますけど、確かこれが最初の話題だったような……ミュージカルは振り付けがまずあるし、セリフ=歌なので決まったメロディーの中で感情を乗せないといけない制約があること、ストプレは自然に体を動かしたくなるまで何もしなくていいこと等の話がありました。楽器経験者のじいとしては、とても面白い話でした。しかも、日頃、内野さんが「音楽劇としてのミュージカル」と言われていることに繋がるものが垣間見られたようで「へぇ~」なことだらけ。蜷川さんの話も出てましたけど、蜷川さんって群舞の人たちの振り付けを付けないで自分でやれって言うらしいです。できないと灰皿飛ぶのかなぁ・・・

・ボレロの説明
パーカッションの各々の楽器がどの曲に使われているかということで、「最後のダンス」の入りや「プロローグ」、「愛と死の輪舞」やレミゼの曲が出てきました。プロローグの時、塩田さんが亡霊さんたちの振りをやっていらっしゃいました あと、レミゼのガブロッシュの歌も!!
エリザの曲にボレロのリズムが使ってあるんですよ~~ってことで、出てきたのが「私が踊る時」……そう言われて聞いてみると「な~~るほど」と納得。そこで、身近なボレロの例として何と何と 「水戸黄門」の主題歌が出てきて、内野さんが歌ってくださったんですよ「じ~んせい楽ありゃ~~」って その後に東野英治郎さんの「かっかっかっ」っていう笑い方の真似も出てきました。やっぱり歴代黄門様の中では東野さんですよね~~内野さんの水戸黄門、絶対に舞台じゃ聞けない すっごい貴重な体験をしましたわ。でも、明日から「私が踊る時」を聞くと吹きだしてしまいそう(>v<)

・塩田さんの指揮者人生
大道具から演出補助までいろんな裏方を経験すること10年。でもそのおかげで役者さんも視野に入れた幅広い視点で指揮ができるようになったそうです。何か働き方、仕事に対する姿勢を学んだ気がしましたわ。じいは職場で他の人より転々といろんな仕事を担当して時に「便利屋かい?」とキレたこともありましたけど、いろんな経験をするとその分成長できるものなんですよね~~と、ちょいと真面目に聞いていました。
塩田さんのあつぅぅ~~いマエストロっぷりの話で、指揮をしながら歌っているらしくて、綜馬さんに「自分の歌を取られた」みたいなことを言われるほどノリノリな歌いっぷりらしいです

・質問コーナー
塩田さん、エリザの中でやりたい役はルドルフだそうです。そしたら内野さん「俺とキスしたいの?」って……塩田さんは闇広がやりたいからなのでした。ルドルフ対トート、パクルドさんにはサディスティックに、井上くんには「井上芳雄、久しぶりだなぁ~~」って思いながらキスしてる……そうです

内野さんの髪型、ご本人はショートがお好きだそうです。手入れしやすいから……だって ロングの女性は手入れが大変ですよね~って言われると、塩田さんが「トートも髪長いよね」って。なので、舞台袖ではお風呂あがりっぽく上げてうなじを出しているそうです。「俺だけじゃなくって祐さんも…」っておっしゃってました。俺様トートも妖艶トートも一緒なんだぁ~~

凹んだ時はどうやって立ち直るか、内野さんも塩田さんも「放っておいてほしい」そうです。これ、分かりますわ。じいも同じ 優しく慰めてほしいと思うこともあるけど、孤独になりたい時もある。

そうそう、内野さん、中学生の頃、三田寛子さんが好きでFCにも入ってたそうです。「あまり人に言ったことないんですけど」って照れていらっしゃいましたけど、塩田さんがすかさず「ネットとかに書かれるよ」って……はい、その「書いてる人」です


内野さん、失礼ながら言わせていただくと、特別スタイルがいいわけではないし、往年の銀幕スターのような絶対的なオーラは感じなかったんですよ。でも舞台で役を演じられると心に突き刺さるような演技をされる。それって、○○(=役者名)が演じてる××(=役名)じゃなくて、某マンガじゃないけど千の仮面をかぶってその役の人生を生きてて、役としてのオーラを出すことなんですよね、きっと。生意気な言い方ですけど、「この人って本当の役者だ~」と思いましたわ。で、そんな内野さんのファンでいられる自分が幸せでもあり、誇らしくもあり……ほ~~んと、内野さんのファンになって良かった
コメント

東京會舘ミュージカルサロン 塩田明弘vs内野聖陽 その1

2005-09-28 23:04:49 | ライブ・コンサート
東京會舘、行ってきました いや~~めちゃめちゃ楽しかった 諦めてたトークショー、じいに縁をくれた方には本当に感謝です

とりあえず、記憶が新鮮なうちに書きまくってるので読みにくい&長文をお許しください。きちんとまとめたものは本家サイトに近日アップしますので、しばしお待ちを!

ではでは、早速……

入場は4日と多分同じ。「結婚の失敗」をBGMに塩田さんと内野さんがダンスをしながら後ろから登場 その瞬間、会場内の人の上には が浮かんでました。(もちろんじいも!)で、で、で、私の後ろを通って行かれたんですよ。こんなに近くに内野さんがいるなんて~~~きゃぁぁぁ~~~ ハイタッチや握手をしていた人もいましたが、私はあまりに予想外で突然のことだったので茫然自失…… 帰りは登場の時とは別の通路を通っていかれたのでチャンスはなかったし。ちょっと残念だけど、いいです。一瞬だったけど近くにいられたし

お話は内野さんがお茶目なことを言って塩田さんがツッコミを入れる感じで進行。4日と同じみたいに、「トークショーは苦手で……」とおっしゃってました。舞台に立った時に役という仮面を被るなら恥かしくないけど自分を見せるのは苦手って言われて、塩田さんが「じゃぁ、内野聖陽を演じればいいじゃん」って。そしたら、内野さんが「でも、内野聖陽って分からない奴なんですよ」って そんな天然っぷりにじいはますます

・エリザをやるきっかけ
「裸足で散歩」のトークショーに小池氏が来てて「背中の淋しい悪魔をやりたい」って言ってた内野さんに声をかけたとのこと。宙組の姿月トートを見て是非やりたい役だと思ったとおっしゃってました。先週、ビデオで宙組エリザを見て したじいは何かを共有してるようで嬉しかった~~ 初演の雪組の一路トートの話も出たんですけど、内野さん「あれってずいぶん前でしょう?」って爆弾発言

・パーカッション
4日同様、パーカッション奏者と稽古ピアニストの女性二人が登場。内野さん、いろんなパーカッション楽器に興味津々……次々に「これやって」「こっちはどんな感じ?」と興味津々ではしゃぐ内野さん。あれは絶対に素の姿と思いました。子供のような目をしていらっしゃいましたけど、こういう目が大切なんですよね、きっと。その中から素敵な作品の数々が生まれるですね~~
塩田さんが楽器の音に合わせて体と表情で表現してって言って内野さんが体をねじったり素っ頓狂な顔をして表現。可愛いぞ~~~

・レミゼ
ジャベ自殺のシーンで橋を花壇と勘違いしていたこと、対決のシーンの失敗は4日の内容と同じだと思います。前回は歌わなかったそうですけど、今日は「本当はこうなるシーンだったんです」といって「バルジャ~ン~ついに~出会ったな~」って歌ってくれて 内野さんのジャベール、私はCDでしか聞いたことがなかったので超嬉しかった

・最後のダンス
4日のレポにもありましたけど、ドイツ語の完訳の朗読がありました。内野さんの声、素敵すぎます しかも醸し出す雰囲気が、今までのお茶目な内野さんから一転、あの妖艶なトート閣下なんですよ。塩田さんをシシィに見立てて朗読された時の横顔、口元はシシィに迫る時のあの顔だった!!

和風、サンバ等のアレンジで、またまた内野さん、歌ってくれて……塩田さんに「じゃぁ、(あなたが)シシィね」って言って塩田さんがシシィになって 和風のアレンジの時、塩田さんがふすまを開けるような仕草をして膝立ちになってたのが面白かった。この時の内野さん、少しだけ銀ちゃんが入ってました。銀次郎トートって…… サンバの時の内野さんの腰の動き、艶かしかったですよぉぉ~~片手を上に上げてノリノリ~~そしたら塩田さん、「何か黄泉の国が楽しそう。みんなで行こうよ、黄泉の国みたいな感じ?」って。

・HASS
このリズムを皆さんでやりましょうって……楽器を触ってみたい人を募ってて、じいが黙って見てるはずがない(某コンサートで前科あり)内野さんが5人指名してましたけど、それ以上の人数がステージに上がってました。さすがにそこまでずうずうしくはなれなかった……この時内野さんがマエストロをされたんですけど、始まりのところで「いきま~す」みたいなことを言ってて塩田さんに「黙ってていいから」って何度も言われてました。客席の方にも向いてタクトを振っていらっしゃいましたけど、ステージ上をノリノリで動き回ってて……思わず、11月のライブを考えてしまいました。
コメント

暇!暇!暇!

2005-09-27 23:06:27 | その他いろいろ
今日も仕事が少なくて暇~な一日 仕事が少ないから煩悩が になるんだ~~だから無理しても楽に行きたくなるんだ~~ ま、暇なおかげでホームページの更新作業が捗りましたわ。エリザ観劇記、残すはあと3つ分

でもね、今朝は朝イチで なことが……職場のとある若い子に「適齢期で結婚もしないで、彼氏を見つけようともしないで、勝手気ままに生活していいね」みたいなことを言われたんですよ。冗談じゃないですよ そっちの方が親に甘えて家事も何にもしないで、そのくせ口だけは達者で頭でっかちで……この年になって趣味に浸るのって、そ~~んなに悪いことなの いいじゃないですか きちんと稼いで自分で計画を立てて生活してるんですから 彼氏絡みだって、悩んでないわけじゃないんですからね~~

その上、男性上司の頼み事は黙ってやるのに私が仕事を頼むと「めんどくさいからやりたくない」だの「代わりに(じいが)やればいいじゃん」だの口ごたえ 日頃、何も言わないじいのことをなめてるんじゃない って感じですよ。私はかけ引きをした巧妙な喋りはできないので、マジに怒らせるとどん底まで突き落とすくらいのことをドカンと言いますよ ほ~~んと、ムカツク

おっと、愚痴ばかりになってしまってスミマセン 明日は東京會舘のトークショーです。服装、さんざん迷った結果、明日は秋めいた涼しい天気らしいので、お気に入りのスカートとこの前買ったジャケットに決めました。フォーマルなスーツは却下!舞台以外でナマ内野さんに会うのは初めてなのでドキドキしています
コメント

ヘタレの呟き

2005-09-26 20:55:50 | 舞台な話
エリザ、いよいよ今週楽を迎えますね~~じいの魂は未だ帝劇です 今日も午後、時計を見ながら「今ごろ1幕終わりかな?」「そろそろ闇広の時間だわ」な~んて考えてたし かなり重症……

実は昨夜は徹夜だったんですよ 日曜日の昼間に寝すぎちゃって 寝そびれてしまって……で、アホなものを作っちゃいましたわ。それが右の写真にあるトート閣下のメニューアイコン パンフの写真をデジカメで取って、それをphotoshopで加工 画像自体は調整していないので荒いデータなんですけど、これでも背景イメージとアイコンの位置の調整に一苦労……エリザ仕様の 一丁上がり 着メロはもちろんエリザ、待ち受けはバースデーメッセと一緒にアップされてた内野さんの写真を加工(こっちは会員限定ページの写真なので、公表はゴメンナサイ ) 劇場で怪しい携帯を持ってる人がいたら、それはじいかも

最近、仕事が暇なんですよね~~今日も正味2時間位しか仕事していないような……こんな状況なら有給を取ればよかった ここまで暇なら前日に「休む宣言」してもOKな職場だし さすがにこれ以上休めないかもと思って、ずっと前にマチネのチケット、譲っちゃったんですよね……こんなことならもう少し暴走して楽のチケットを確保すればよかったかも まぁ、あれほど通いつめといて「いいかげんにしろ」ですよね~~24日の井上ルドを観てMY楽って決めてたんだし、楽チケに奔走する代わりに東京會舘でけじめをつけようと思ってたんだし。ほ~んと、ヘタレですよね ダメだぁぁ~~
コメント

祭りの終わりが近づく

2005-09-25 21:47:49 | 舞台な話
今日は一歩も家から出ていません 引きこもり生活です…… エリザCDを聞きながら観劇記をまとめてたんですけど、「ホント、終わりなんだなぁ」とシミジミ 祭りの終わりはすぐそこまで来てるんですよね~~今更ながら夏の終わりの寂しさを感じてますわ

エリザだけに心を傾けてる場合ではないですよね 内野さんには次のお仕事が待ってるんだし。ライブにベガーズ……じいもエリザを卒業して次に目を向けないといけない チケット争奪戦も待ってるし、何よりもそのためには仕事を頑張らないと……

でもラスト1週間、「男優倶楽部」でWトートの特集があるみたいだし、東京會舘もあるし……もう少しだけエリザの世界に浸っちゃダメかしら
コメント

エリザベート 9回目

2005-09-24 23:55:14 | 観劇記
本日のソワレ、行ってきました。今日がMY楽……しっかり目に焼きつけてこようといつも以上に必死に観てきました (注!めっちゃ長文になってます。)

一路シシィ:
今日は迫力がありました 「私だけに」、久々に鳥肌が立つくらい心が震えました。最後だからと思って時々オペラグラスで表情を見てたんですけど、少女から女性になっていく変化が表現されていて、ただただ凄いなぁ~って……
「夜のボート」、このシーンってエリザベートの人生を総括しているシーンだと思うんですけど、今日は自分のエリザ観劇も振り返りながら、「エリザベート」という作品とは何だったのか考えてました。シシィのエゴとかトート(死)への愛とか、そういうのもあると思いますけど、それ以上に一人の人間が生きるとはどういうことなのか、そんなことを考えさせる作品ではないのかなぁと……そのうち、本家サイトの方に一筆書きたいなぁと思っています。

井上ルド:
再演版のCDでは聞いていたのですが、今回“伝説の役”を初観劇 「ミュージカル界のプリンス」と言われるのも当然だと思いましたよ。醸し出すオーラが違うんですよね~~ 「闇が広がる」の時も、いつもなら下手から出てくるトート閣下をパパラッチなんですけど、今日ばかりは上手のルドルフの方に目が行ってしまいましたから(内野さん、ごめんなさい~~~ )……しかも、内野トートとのハーモニー、金縛りでした。左手に持っていたオペラを思わず外して舞台に釘付け……それはそれはすっごい衝撃でしたよ 感動で胸が震えましたもん
「ママは僕の鏡だから」、ここで泣いたのは初めてです。母親を乞う気持ちや彼女なら分かってくれるという期待が混じった歌声で胸が苦しくなったんですよね~~しかも、シシィとルドが並ぶと、トート閣下に魅入られた者同士、本当なら分かり合えるはずなのに世の中って不条理だよなぁと感じちゃって……
トート閣下との死の接吻、浦ルド君みたいに官能的というわけでもなく、パクルドさんみたいに追いつめていくキスというわけでもなく、強いて言うならお互いが求めていたキスだったのかなぁといったものでした。掲示板やブログで井上ルドがキスの時に内野トートの胸を掴んでいる情報を見たのですが、まさにその通り あの手が何とも切ないものを心に刻んでくれましたわ。

あらあら、井上ルドの感想が長くなってしまった 忘れてませんよ。大切な大切な内野トート閣下 ゴンドラ登場の時、もちろんパパラッチしてたんですけど、びっくりしちゃいました。お痩せになったみたいでお顔が随分スリムな感じになられてて……歌声にも張りがなかったので心配 「最後のダンス」でも戴冠式の馬車飛び乗りもいつもよりも軽やかさがなかったような……来週の楽までホント、ご自愛くださいね~~~

でも、やっぱり素敵なことに変わりはなしです 今日は孤独に耐える閣下でした。「愛と死の輪舞」では、シシィに恋をしたことで初めて「心」という存在を悟ったような表情でした。そして今まで自分がいかに孤独だったかを感じているような雰囲気でした。「もうぅぅ~~私がずっと傍にいてあげるのにぃぃ」と勘違いな妄想を浮かべたじい……最後までアホです

「最後のダンス」「私が踊る時」では、孤独感の裏っ返しなのか、強がりを表すような不敵な笑みが多かったような……その度に冷たくて突き刺さるような空気が流れるのはさすが内野さん 雑誌のインタビューでトート閣下のことを「相当なふられ坊」っておっしゃってましたけど、今日は「ふられ坊」ぶりが凄かったかな 特に「最後のダンス」の時は、シシィに手を振り払われる度に「ふ~んだ 」って言わんばかりに、やせ我慢してるなぁ~ってのが見ていてちょいと微笑ましくなるような……ちょいと可愛かった

「愛のテーマ」でシシィを迎えるシーン、観るたびに奥深いシーンだなぁと思うんですよね。ある時は温かく、ある時は切なく、ある時はラブラブに……一期一会の舞台の醍醐味だとも思うんですけど、全てはシシィを抱きしめた時の内野トートの表情にあると思うんですよね~~あんなに心に響く表情 どうしてあんな表情ができるんでしょうねぇ~~もう、じいは大破寸前ですよ 今日もシシィが飛び込んできてくれた時にすっごく嬉しそうな顔をしてシシィの体を愛しそうに抱きしめる姿は「良かったねぇ」と思うんですけど、シシィが飛び込んできてくれてもすぐに抱きしめようとしなくて両手が伸びたままになってて戸惑ってる雰囲気もあるし、二人の最後のナンバーが終わった後は結ばれたっていうよりも、お互いが納得して死を与え、受け入れたような感じだし……今回のエリザ、私の見つけたキーワードは「ウン・グランデ・アモーレ」かな

カテコ、盛り上がりました。二人カテコで内野さんが後ろ向きになって小走りな感じで一路さんの手を引っ張って登場。一路さんはいつも通り優雅なお手振り、内野さんは指を開いて ってされてました。で、幕の下がる寸前、下まで覗き込んでバイバイって……もちろん投げキッスもありましたよ~ で、通常ならここで終わりなんですけど、今日は拍手 が止まず、さらに二人カテコ。幕が上がると舞台中央に一路さんが一人立っていらっしゃったんですけど、後ろから両手がウニョ~~って出てきて内野さんが登場 「これで終わりね」みたいなことをおっしゃったようで……で、笑顔で手を振って終了 今日がMY楽で最後だったので嬉しかったぁ~~

さてさて、じいのお祭り月間も終わってしまいました 年始めから今月のために走り続けた日々……まだ馬の骨の最終回と東京會舘が残ってるんですけど、寂しい限り。せめて、せめて、最終週にソワレがあれば行けたのに~~ でも、こんなに通えたんですから感謝しないと。エリザの楽は来週だけど、最後までお身体に気をつけて頑張ってくださいね 夢のような日々を過ごせて本当に本当にありがとうございました。楽しかったぁ~~~
コメント

秘太刀・馬の骨 第5回

2005-09-23 23:43:47 | 秘太刀・馬の骨
『秘太刀・馬の骨』第5回、超面白かった~~ ストーリーも終盤……家老の帯刀は銀次郎の命を狙うし、多喜は子供を連れて屋敷を出るし……最終回、気になるぅ~~~ それにしても帯刀、お饅頭なんですねぇ

今日は素敵なシーン満載 多喜の父親が亡くなって里帰りした多喜が屋敷に戻る途中に杉江のところに連れて行く銀次郎。杉江と多喜の話を縁側で聞いている銀次郎が温かでいいんですよね~~今日の銀次郎、いつものやんちゃっぷりはなくて、ちょいと大人の男の雰囲気 画面の右端にしか映ってないんですけど、醸し出すオーラが凄い

多喜と屋敷を抜け出したところで追っ手に囲まれるところ、ちょいと蝉しぐれ って感じのところはありましたけど、今までのお茶目な銀次郎とは違う真剣な表情にじいは こんなギャップ、ズル~~イ 多喜に「俺の側を離れるな!」って……言われてみたいぞぉ~~~←アホ

半十郎のもとに逃げ込むあたり、二人の間に出来つつある絆が見えてきました。最初の方で「俺の……友の家だ」って言ってたし。言葉には出さないけど、いざという時は助け合って…男の友情 かっこいい

明日はエリザMY楽です。井上ルド初体験。内野トート閣下、見納めかと思うと楽しみなんだけど寂しい……一瞬たりとも見逃さないように目に焼きつけてきます
コメント

魂抜かれた…

2005-09-22 23:06:53 | 内野聖陽さん
今週唯一の出勤日、社会復帰できないまま終わってしまいました 昨日観たエリザの余韻が凄くて……内野トートの表情を思い出す度に切なくなって、油断するとウルウル しちゃうんですよ。傍から見るとまったくもって危険人物 舞台は生き物って言いますけど、良い公演に当たるってのはこんな感じなのかなと……

で、頑張って涙をこらえてたところ、公式サイト更新のことを思い出して……FCから贈った誕生日のお祝いのお花とケーキと一緒に撮影された写真とメッセがアップされてました。あの笑顔にじいは瞬殺 早速画像加工して の待受にしたアホです メッセには「これからもよろしくね」って……文末の「ね」っていうのがツボ。じいをこんなにも切なくさせると同時に笑顔で瞬殺させる内野さん 罪ですよ!!罪!!!

エリザも来週で千秋楽なんですよね~~じいのエリザ観劇もあと1公演。明後日でMY楽なんですよ~~ 井上ルド、今日行った方の感想を読んでると絶賛の声が多数 すっごく楽しみなんですけど、次で最後と思うと寂しくて寂しくて……もしかしたら二度と内野トートに会えないかもしれないし 28日の東京會舘、諦めてたら縁あって行けることになったんですけど、今年最大のお祭りが終わると思うと……辛いなぁ~~

コメント