じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

内野さんメモ

8月末~10月 『最貧前線』
  8/27~29 神奈川
  9/6~8 豊橋 9/12~15 水戸 9/21~22 上田 9/28~29 新潟
  10/5~13 東京 10/17~20 兵庫 10/26~27 大和

大河ドラマ50の歴史展

2011-05-14 23:48:33 | 風林火山




いや~~今日はめちゃめちゃ濃い1日を過ごしました。超びっくら~な内野的偶然 じい、今日はおフランスの予定があったので、外出ついでに大河ドラマ50展示に行っちゃえ~と思っていたところ、ひょんなことから内野友も同じ日に行くことが分かったので急遽デートが実現 展示を見る前にランチDEお喋り 年末以来の再会でしたが、それはそれはどこまで~~も濃くて深い内野話と観劇話をこれでもか~というくらい果てしなく この~~愛を~~お前にやろ~う~~byバルジャン♪の如く 好きだのお気に入りだのそういう次元じゃないのよね~~まさに愛!同じ内野愛を分かち合う仲だからこそ分かり合える重症の萌えっぷり……うっふん 何か凄く掬われた気がしたな~~感謝☆

歴史展、会場に入ってすぐのところに平幹二朗さん等々大河出演経験者の方々が今回の震災に対してのお見舞いや励ましの言葉(色紙に書かれている)を寄せられていました その後は大河ドラマ50作品が順番に紹介された年表?みたいなのがあって主演キャストの写真が掲載。もちろんじいのお目当ては勘助サマ 「風林火山」のところは↑の写真でした。作品の説明文には「蝉しぐれで好評だった内野聖陽が…」と書かれていました♪そうでしたね~~一気にタイムスリップしちゃいました。風林火山の頃の感覚が昨日のことのように甦り……懐かしかったです。そうそう、この写真は友人と「意外だね~」と言っていたのですが(就職&出世してからの甲冑姿が選ばれるのが普通かな~と思っていたので)汚い姿の方がむしろ好き……というか萌え萌えしちゃうのよね~~勘助サマの魅力をダイレクトに感じられるし でも、、、じいが思わず「第2話ですね」と言ってしまったことには我ながら重症甚だしいな~と(苦笑)

「篤姫」や「利家とまつ」に出てきたお姫様の衣装あり~の、戦国武将たちの甲冑や刀あり~の……あと、じいはやっていないけど自分の顔が大河ドラマの登場人物の誰に似ているか?というのを診断できる顔認証カメラを体験できるお遊びコーナーもありましたね~~気が向いた方はぜひ それと、これは必見 緒形拳さんをリスペクトしたコーナーがありました。風林火山の台本も展示されていて(緒形さんのものは赤い布が目印に付けられていたらしいデス)、そのセリフやシーンで感じられたり気づかれたりしたことなのかなぁ~~色鉛筆で余白のところに書かれていました。やっぱ景虎さんとのやり取りのページ(第46話の関東出兵)が開いて展示されていたんだけど、できたら勘助サマとのやり取りのところは何を書かれていたのか見てみたかったですね~~それと、緒形さんはセリフを覚える時に巻物になっている半紙に自分の筆でセリフを書きながら自分の中に入れていくスタイルを取っていらっしゃったそうです。いいな~~そういうの 単なる文字の羅列じゃないんですよね~~自分で書くことによって血となり肉となっていく……そんな素敵な役者さんと内野さんが競演する機会があったことに改めて嬉しさを感じました。月見酒の場面、本当に本当に素晴らしかったもん

でもね~~実は展示品はそんなになくて、8割以上は映像という感じでした。液晶モニターが会場のあちこちにあって(全部で何台あったんだ?10台以上あったと思うけど??)1モニターにつき2~3作品の一場面が順番に流されています。さすがに50作品一気に流してお目当てに巡り合うまで何十分もかかる なんてことはありませんのでご安心を。そのモニターで流される作品名が最初に出るので、それをヒントに……ってか多分ココを読んでいる人は「風林火山」だと思いますが(笑)ま、今年の年明けにしつこく大河50周年番組をやっていたので今更な感じもなきにしもあらず、かも ま、高精細モニターなので家のテレビより映像はキレイか……な。ちなみに、ネタバレしちゃいますが「風林火山」は第11話の信虎追放の場面です……めちゃめちゃ少しなので暴れないよーに

それよりも!!!唯一の巨大モニターで流される映像、これがメインディッシュですよぉ~~流でもお知らせがあった3D画面で堪能できる勘助サマ しかも、これまたネタバレしちゃいますぅ~~あろうことか最終回の討ち死場面 さすがに痛々しいところまではいかないけど、ここで最終回を選びますか~~ と内心焦りました 号泣するわけにもいかないし(爆!)でもね~~正直なところ3Dじゃなくてもいいかも と思ったり。。。元々あまり好きではないんですよね~~3Dって……見てると酔いそうで しかも内野さん演じる勘助サマだと3Dで飛び出してきたら“いろんな意味で”大変なことになりそうだし ま、ディズニーランドのアトラクションで見るような、とんでもなく飛び出てくることはないので大丈夫なんだけど……以下は贔屓目上等、ヘタレ感想でっす。わざわざ3Dなんてなくたって立体感を感じるように演じるお人だから~~内野さん むしろ3Dが邪魔して空気感を堪能できない気がしちゃった ま、冑や刀の立体感や戦の場面に関しては迫力があるので良かったと思います。

見終わった後、友人は歌舞伎へ、じいは帝劇へ お腹も心も満たされすぎたので、もういいや~ってことで帰……ってはいませんよ おフランスには行ってきましたので(笑)観劇記は後ほど
コメント

知るを楽しむ「歴史に好奇心 戦国大名軍師列伝」

2009-01-23 19:31:53 | 風林火山
今日はプチ散歩を兼ねて市役所に保険&年金の手続きに行ってきました 年金課の窓口のおっさん、社会保険庁の醜態を表わしてるようなやる気のなさ&分かりにくい説明 思わず「声がちいさ~~い」とレスポール王の如く言いたくなってきましたわ 国保課では概算の保険料を聞いて愕然 今までの収入が反映されるから仕方ないけど、毎月給料から天引きされてたので意識してなかったし、その金額を考えると同じくらいなんですが……トホホ~脱税したい気分 こういう公的な手続きを目の当たりにする毎に思うんですよね~~やってらんないなぁって 一切の控除ゼロでたっぷり税金取られて、一部の人に「自由でいいね」「いつまでも一人で勝手やってて」と言われ……その分稼いで取るもの取られてるんだいっ と可愛げないことの一つも言いたくなりますわ……と。ま、中には「転職もいいけど結婚という選択肢はないの?」と露骨に言う人も。じい的には仕事と結婚を天秤にかけること自体が意味不明なんですけどね~~しかもそういうことを言う本人、道ならぬ恋愛をしてて「貴女に言われたくないわ」と スミマセン いきなり愚痴ってしまいました。ちょっとクサクサ した気分だった帰り道、慰めてくれたのが、この子


市役所ネコ……なわけはないか(昨日テレビでアメリカの図書館ネコをやっていたので)思いっきり無視され毛づくろいされてしまったけど、その自由さに……惚れた

スミマセン いきなりグチグチの長い前置きになってしまいました。ここから本題 久しぶりに内野さん絡みの話を……といっても勘助サマの映像絡み。でも、これまた久々の風林火山ネタですね~~昨夜放送の「歴史に好奇心 戦国大名軍師列伝」の第2回で山本勘助が取り上げられていました。勘助の生涯や軍略を追っていく時に大河ドラマの映像が使われてて懐かしの勘助サマが 音声なし、ぼかしが入っていた部分も多々あったんですが、ここまでふんだんに使えるのはさすがNHKま、欲を言うなら「大河ドラマ風林火山より」というテロップが欲しかったなぁ~~何だか安っぽい再現ドラマと同じにされたくないから あと、軍略について晴信と話してる場面として使われたシーン、川中島合戦の時も使われてたけど本当は違うんですよね~~勘助サマの髪があるし。確かこれ、上田原の戦いあたりの場面だったような???じい、この時の撮影は見に行ってるんですよ。扇を持つ向き云々で話し合われてたのをモニターで見てて、結構笑えるやり取りや仕草があったような覚えが

勘助サマの映像、久しぶりに見ましたけど、やっぱり凄いなぁ~~と 義元クンに仕官を断られた場面、後ろ姿だけで、しかもぼかしも入ってたんですけど、もうぅぅ~~その背中だけで悔しさが伝わってきて胸キュン。。。晴信に召し抱えられた時のアノ目 しかも編集が反則ですわ。「啄木鳥戦法が失敗する→責任を感じて自ら出陣する→自分を信じてくれた晴信に対する義があった」という流れの中の回想シーンで再び登場~~もうぅぅ~~ウルウルしちゃうじゃないですか それに、最終回のシーンはどれを見ても胸が苦しくなりますね~~11月半ばから最終回まで、勘助サマの最期を思ってアレコレ思い悩んで勝手に苦しくなっていた頃の思い出が蘇ってきて一気にタイムスリップ それだけ引き込まれてたんだと思いますね~~内野勘助に で、いつものようにこう思っちゃうわけで……凄い役者さんに惚れちゃったなぁ~~自分、と愛はますます深まり

で、、、その愛しの君 どうやら来週「次」のお知らせをしてくださるとか 既にご存知の方々もいらっしゃるアレかな 他にもあるかな~~流グッズもそろそろ?お祭りの予感、楽しみですぅ~~
コメント

好きになって良かったと感じる瞬間

2008-03-12 23:53:30 | 風林火山
今日は会社帰りにお買い物~~ 最近は寄り道する気力もなかったんですけど、内野的用事となれば別 次回の観劇に備えて洋服を1枚新調 まだまだイイ女計画真っ只中なので近々着られなくなる“予定”のものを買うのは気が引けるんですけど……愛しの君に会うのにテキトーな格好はできないし。。。乙女心でございますぅ あと、ブーツもそろそろ暑くなってきたのでパンプスが欲しかったんですけど、これはいいのがなくて断念 こっちは何げに切羽詰った状況なんですよね~~靴不足なので。

数日前からじいの耳には入ってたこと。携帯サイトのNHKストリートに若泉Pの「今だから話せる話」が掲載されてて、内野さんのことが話題に出てました。じい、年明け早々に会員解除しちゃってたんですけど、ど~しても読みたかったので再度契約。詳細は一応有料サイト内なので控えますが……いや~~思わずホロリ 泣けますわ。勘助サマ最期のシーンに臨む内野さんのことが書かれてるんですけど、じい、勝手ながら一緒に13ヶ月間走り抜けられて幸せだったとあらためて実感しました クランクアップを同じ空間でお祝いできたこと、勘助サマを全部脱ぎ捨てられた内野さんに勘助墓でお会いできたこと……マクヒース に恋焦がれてる毎日だったのに、一気に去年にタイムスリップ 本当に本当に幸せ また一つ、内野愛が深まりました

ストリート内の風林火山ページは今月末までの掲載なので、勘助日記や待受等々まだ保存していない方はお急ぎくださいね
コメント (2)

今年1年ありがとう♪

2007-12-31 22:26:37 | 風林火山
今年も残すところ2時間を切りました。テレビでは紅白をやってます Gacktさんのステージ“だけ”はまともに見てました 勘助サマの映像は少しだったけど……ステージを見てると去年のことを思い出します。いるはずのない面影を探して……って、これじゃあどっかの舞台と同じだわ ゲスト審査員の茂木さんが挙動不審でつっこまれてました(笑) 去年も……かなり怪しかった……です…よね、内野さん

今日は午後から掃除&片付けを放棄してじい家のメインテレビ@リビングを占拠 風林火山総集編を堪能しました。家族の白い目は…… 勘助サマへの愛 は止まりません。

久々に汚い勘助サマ。素敵でした~~~ この前お別れした道鬼な勘助サマとは別人。改めて言うのもなんですけど、醸し出す空気も含めてちゃんと年を取ってるところが凄いなぁと思いました まとめて見ると、内野さんが勘助サマの人生を生きていらっしゃるのを実感します。で、じいはやっぱり愛しちゃってたんですね~~勘助サマ 随所で胸キュンでした

総集編、テンポが早かったので原作の小説を読んでる感じ。人間ドラマというよりも作品の面白さが際立つ構成になってたような……ま、それなりに楽しめたので良かったかな ただね~~「そなたはわしの城じゃ」がなかったのとか、勘助サマと宇佐美さんの語らいがなかったのとか、お屋形様と信繁さんの最後の晩餐がなかったりとか……余計な場面をカットして(どこの場面かは……紅白に出るならいいじゃん、とか)入れてほしかったなぁ……あと、おのれおのれおのれ!とか武者震いとか←丁寧語バージョンはありましたけど。多分じいが編集したら勘助サマ名場面集になること必須

2007年締めくくりの記事カテゴリーが風林火山とは嬉しい限りですが……そういよいよ年越しまでカウントダウン間近。2007年も充実した1年でした。1月の風林火山博オープニングイベントに始まり2月の豆まき、3月の長野講演会、7月のホースショー、11月の川中島、合間に観劇したり(レミゼ祭り~~)スタパに行ったり……クランクアップに立ち合えたのと、勘助墓でお会いできたのは大感激。内野愛が益々アップ~~

そして、、、内野さんを通して出会った魔女仲間の皆様、いつもココに来てくださっている読者の皆様、ヘタレじいとお付き合いいただいてありがとうございます 台風が到来する度に励ましてくださった方、内野愛の危機を見守ってくださった方、同じ痛み・萌え心でデジタル&アナログでいっぱいお話した方などなど、本当に素敵な出会いがたくさんありました。感謝感謝の1年、ありがとうですぅ~~~

一般人の友人の皆さん、じいは今年も暴走しまくり、やりたい放題のブログを覗いてくれてありがとう みんながいるからじいらしくいられるし頑張れる 来年も愚行がいっぱいだけどお付き合いくださいな。遠征の際にも……よろしくね(笑)


最後に、、、愛しの君 へ。
13ヶ月間のマラソン、お疲れ様でした。じいも勘助サマと一緒に走り抜けた1年でした。そして、いっぱいいっぱい内野さんの魅力を堪能させていただきました 劇場で会えなかった代わりに舞台ではあり得ないくらい間近で、うっちーの素敵なところを魅せてもらいました。途中、内野愛のマジな危機もあったけど、でも、やっぱり内野愛は健在 来年は劇場でお会いできますね。更に新しい魅力でノックアウトさせてくださいね。
コメント

また会う日まで、とは言うものの…

2007-12-17 23:57:05 | 風林火山
今日は全国津々浦々で 放心状態のオナゴが多々いたとか…… もちろん、じいもご他聞に漏れず。。。仕事はもち 手につかず……ベルばら係長は週末にラーメンの食べ歩きをしたとご機嫌に 話してましたけど、マジにむかつきっ うるさ~~い、朝は静かにしてくれ まったくもって自分勝手な言い分なんですけどね(笑) だって~~~じいは朝から頭を駆け巡るのは勘助サマの最期のシーン ボ~ッと考え事をしていると 浮かんでくるのは伝兵衛&太吉のシーン、そして眼帯&白い花 時間が経つごとに勘助サマの人生を振り返って考え込んだり胸に迫るものがあって……その場限りの派手な演技じゃない、心にズド~ンと伝わってくるものがあるからこそ なんですけどね~~内野さんの演じられるものは全てこんな感じだから、今に始まったことではないと思いつつ、、、やっぱり胸キュン 痛いです。。。

でもね~~最終回を迎えて、じいの12月がやっと動き出した感じ 今までは最終回に向けての覚悟とか心構えが忙しくて他のことは手付かずになってたんですよ ま、それだけじゃなくて、とてもじゃないけど最終回をリピートするなんて今は無理だし、当然感想も書けないし(かな~り待ってくださいね)、そうかといって色男だの教授だの他の内野DVDを見る心のゆとりなんてとてもとても だから何か前向きな ことをやってないと って感じなんですよ

そんなわけで、今日は来年のカレンダーを買ってきたり(会社用の卓上 じい部屋にはもちろん……)クリスマスの飾り を買ってきました。今年こそはツリー を新調しようと思ってたんですが、出遅れたせいで……っていうか、ハロウィンも終わらないうちにクリスマスモードになるのってどうよ?って思うんですけど、納得いくのがなくて大人っぽくワイヤーなツリーもどき を買ってみました。じい部屋のテイストに合わないのか、可愛いもの好きから抜け出せなくてうさこちゃんオーナメントを飾ったのが失敗だったのか…… 本当は暖炉の横に置けるようなデッカイ が欲しいんですけどね~~そんな場所はうちにはありません

他にもやらないといけないことは目白押し 風林火山関連のサイトを保存しないと~~~特に大河公式サイトは例年通りだと1月末には完全に次の大河に移っちゃうので少しずつやっていかないと~~画像のリンクを漏れなく関連付けて保存しないといけないのでかな~り面倒 でもでも~~内野愛 で頑張るっ あと、流の会員限定サイトも1月11日正午までの公開なので、まだ保存してない方はお忘れなく~~ 大河公式の中で、内野さんが「いい出会いをするためには心に準備ができていないといけない」って……だから「待つのではなく、何かアクションを起こさなくてはね。」と。。。仕事に関してもよくおっしゃってますよね~~チャンスがあってもそれを受け止めるだけの力を備えていないといけない、その準備(つまり、、、努力)が大事だって……勘助サマの人生と重ね合わせて語っていらっしゃいましたけど、じいも貪欲に生きていかなくちゃ と身を引き締めましたわ……と、本気の本気 マジにそう思ってるんですけど、もう一人のヘタレな自分が悪魔の?囁き 「たとえ目の前に出会うべく人がいたとしても、すれ違ったりして出会えない気がする。それは寂しいことですよね。何かしら命懸けで求めているものがあるゆえに出会うことができる。」……決して命懸けでは求めてないですけど 出会いのタイミングってありますよね~~“内野地獄”に堕ちるタイミングとか……ね ふと、そんなことまで考えてしまったわけなんですけど……でもさ~~「この1年、応援してくださった皆さんとは本当にいい出会いができたと思っています。だからこそ、いいお別れができそうです。」って~~~内野さん 1年でスッパリお別れできたらどんなに楽なことか……とはっぴ~ な愚痴の一つも言いたくなったりして もちろん、内野さんには一生懸命ついていきますから でも、、、マクヒースを愛せるようになるには少し時間が必要。もう少しだけ、、、勘助サマに浸っていたい。。。
コメント

風林火山 大千秋楽~~~~!!!

2007-12-16 23:38:58 | 風林火山
大号泣

脱力感

胸いっぱい


きっと心にはたくさんのモノ(酸いも甘いも)が詰まってると思うけれど、今はこれだけ書くのが精一杯。

ただ、これだけは言える。
勘助サマは愛に包まれてた。
討死することが切なくて悲しいんじゃない。
懸命に生きて愛した姿があるからこそ、人生の締めくくりに涙が溢れてきた。。。

風林火山チームの皆さんにはもちろんでも、やっぱりじいは……内野勘助サマに

お疲れ様でした。そして……本当に本当にありがとう
コメント (2)

NHKステラ

2007-12-12 23:53:02 | 風林火山
NHKステラの発売日です。さらには大河の公式サイトも更新。もうぅぅ~~泣けてきて読めないっ まだ討死するわけにはいかないので頑張ってまいります。水曜日になったので感想を解禁~~

読まれた方はお分かりだと思いますが、最初の2ページは……号泣ですよね~~ しかも大森脚本よりの抜粋付き 想像力…ん?妄想力 豊かなじいは勘助サマの最期をアレコレ考えて涙ウルウル 「1年間、この瞬間に向けて紡がれてきた物語の最高のフィナーレ。ただ味わうのみ」な~んて文章で締めくくられてますが、、、味わうどころか一緒に討死する覚悟で 「味わう」だけで済むならどんなに楽だか……(笑)

で、ドヨヨ~~ンとしたところでページをめくると内野さんの笑顔 もうぅぅ~~涙と痛みの大元文句の一つや二つや三つや四つ……じゃなくて、大感謝 を言わないといけないところなんでしょうけど……ホント、罪な人でございますぅ インタビューの内容は内野さんらしさ満載 いつの時も変わらない、芯の通った言葉の数々には元気をもらえます 風林火山を一緒に創り上げた“競演者”やスタッフの方々への温かくて熱い思いを述べていらしゃいました。中でも「人との出会い」が一番の宝物だったって……勘助サマの人生とも重ね合わせていらっしゃいましたね~~「勘助が人生に何かを求め続けていた人だからだと思います。だからこそいい出会いがあったわけで、怠惰な人間にはいい出会いはないんじゃないかな、って思いますね」とおっしゃっていたのがじいには響きました。これ、内野さん自身のことだなぁ~~と思うと同時に、自分はどうなんだろうって…… はい、、、ずいぶん怠惰に生きてるので耳が痛かった その昔、「求めよ、そうすれば与えられるであろう…」っていう言葉を送ってくれた先輩がいたんですけど(じいの母校では卒業する時に次に入学する新入生に聖書を入れる袋を送る習慣があったので)ふと思い出してしまいました。じいも「求める人生」を生きなくちゃ……って、、、やっぱり内野愛全開できる今の環境からは抜け出せません

あと、勘助を演じた1年を一言で表すと「生きた。演じた。かな(笑)。愛するということは人を“思う”ことで、僕にとって演技は“人を思うこと”だから、ほぼ愛とイコールなんだけど。」ベガーズの時も「人をどれだけ思えるか。思いのやりとりができるのが大事」っておっしゃってたんですよね~~だから「演じること」を受け止める側も心が疲れる…っていうか大変なんですけどね~~そうですよ だから今も勘助サマの最期を前にして苦しいんだ 贅沢な苦しみなんですけどね~~で、こんな役者さんを好きでいる幸せも感じちゃったりなんて

中とじ特別企画、いい仕事してますよね~~ 若かりし頃の勘助サマ、懐かしい~~素敵~~ 「幻のシーン」を誌上再現した部分は……スミマセン 勘助サマと人生を共に歩んでるせいで既に過去のこと 覚えてないんですよぉぉ~~多分、見直さないと??な場面ばかり あ、でも晴信さんとの入浴シーンは覚えてますっ 労働歌を歌う場面、見たかったなぁ~~ あと、内野さんとGacktさんの対談未掲載部分、二人の会話が一見かみ合ってなさそうな雰囲気があるのにちゃんと成り立ってるところが面白いなぁ~と思いました 演劇と音楽、それぞれの視点をぶつけてのお話を読めるなんて、、、自分のフィールドで力を発揮されている方々だからこそ語れるトコなんだなぁ~~とひたすら感心 でした。

さてさて、、、明日はスタパ さすがに内野晴れ はちょっと難しいかな 極寒の地&思いっきり屋外、炎天下……だった数々のイベントを思えばマシな方 でも、寒さ対策万全、あ~~んど 気合をいれた 格好 で出向いてまいります さんざん悩んだ結果……今のところは花道確保で頑張る予定です。ま、予定は未定。何はともあれできるだけ早く出陣するのみ
コメント

ハッピ~マンデ~♪

2007-12-11 00:31:52 | 風林火山
今夜はM!観劇でした。観劇記はアップ済 観劇予定のある日は仕事、っていうか研修課題ですけど捗りました こんな風に言ってはいけないと思うんですが、一緒に研修を受けているストレス元な同僚が休んでくれたので、自分のペースでできたのもあったので それに、、、研修中に休んでくれると、じいも13日に休みやすくなるし~ でも、じいの部署では役職付きや責任者的立場の人たちが役員たちに呼ばれてる模様 来年にかけて何やら動きがありそう……新たな業務?研修?じいまで話が来るようなことがあったら気合い入れて阻止しなくちゃ ま、シシィなじいを道づれにするツワモノは……いないことを願います 観劇し放題しかとりえのない職場の環境を変えたら……許さない

さてさて、月曜日恒例の勘助日記 今日は豪華な更新でしたね~~内野さんへのインタビューが4つ 内容は雑誌のインタや先日の川中島イベントでおっしゃってたことと同じ。撮影を振り返って「前しかみてなかった。過ぎ去った波はみんな後ろ、振り返る時間はない」って……まさに役の人生を生ききったみたいな感じで内野さんらしいなぁ~とも思うんですけど、、、でもね~~内野さんにとって過ぎ去ったことも見る側のじいたちはこれからなんですから 華麗に次に進まれる内野さんの後ろでまだ勘助サマ~~ 死ぬのは嫌じゃ~~ って苦しい思いと戦ってるんですからね 時々、「そんな演じ方するから~~~責任取ってよぉぉ~~」と言いたくなることも インタの他に通常通りの勘助日記更新 川中島イベントの模様がアップされてました。じい、トークショー会場に張りつけ状態で見れなかったので嬉しかったですぅ~~「勘助役の人……どこ?」って 面白すぎです

贅沢な月曜日は更に続いて、、、今週号のステラが到着です 感想はいつも通り 発売日までお取り置き 内容はかなり豪華なんですけど……今夜読むかどうかは微妙。めちゃめちゃ読みたいんですけど……苦しいんですよね。見たくないシーンがぁぁ 日曜日に勘助サマと討死するまえにじいの心が討死しそうな気がして……
コメント (2)

風林火山 第49回「死闘川中島」

2007-12-09 21:50:32 | 風林火山
最終回の1コ前 でもでもでも、、、

既に号泣しまくりですぅ~~~

決戦に向かう各々のの目の奥に見える覚悟 特にこれが最後の対面になる方々のやり取りを見てると涙が止まりませんでした どこまで“まともな”文が書けるか分かりませんが、今感じていることだけを精一杯。。。ま、今回はツッコミ できる位の「心のゆとり」はあるみたいなので何とかなる……か

今回の上杉軍、勘助サマ のじいには悪魔 にしか見えませんでした 勘助サマの策を見破った宇佐美さんの能力は尊敬しますけど、余裕しゃくしゃく……じゃないとは思うんですけど 政虎には本気でムカついたっ マジ、上から爆弾 を投下したい気分でした 歴史は変えようがないから仕方ないし、主役の敵側という立場としては悪辣に映る方がある意味気分が楽なのでいいんですけど あ、でも宇佐美さんが「ふたとき経っても決着がつかない場合は退陣してください」と言った時の政虎の目には注目でしたね~~一騎打ちを予感させる目 何かを企んでそうな感じが良かったかな、と。。。

本日の勘助サマ、もう見てて辛かったです。じい、忍芽さんみたいに「できたオナゴ」ではないので諸所で行っちゃダメ~~~こんなの嫌だ~~~と泣き崩れてました 心では戦うのが仕事の人なんだから、戦こそ我が人生の人なんだから、歴史は変えられないんだから、大河が終らないと新たな内野さんに会えないんだから(←ここで冷静になってど~する って感じですが…笑)……辛くても覚悟を決めてしっかり見届けないと と思ってるんですけどね~~~人生を振り返るシーンは「お約束」な演出とはいえ泣かずにはいられませんでした。第1話で出てきた「それがしは蒼き月影の如く…」というナレ、第1話冒頭を再現するのかと思いましたけど、似たような映像(雨水の溜まった窪みに映る月影を馬の足が崩すところ)はあったもののベタな構成じゃなくて良かった~~ついでに 爺な勘助サマ@内野さんの朗読も勘助サマの人生が集約されてるのが感じられてとっても良かったですぅ~~ 今の時点で第1話を見ると分かるんですけど、あの時と声も雰囲気も全然違うので。

他にも香坂クンとの別れ、真田&相木殿との別れもありましたね~~不遇続きの勘助サマの人生に降り注ぐ光 を表してるような感じでした。全てを託すことができる香坂クン、勘助サマと深くて太い絆で結ばれた真田さんと相木さん……勘助サマの生きて愛した証 なんだなぁ~~と思って涙涙 しかも、お屋形様の存在が大きかった~なんて言われたらダメ押しじゃないですか 勘助サマ、いい人生だったんだよね って思うとますますダダ泣き~~~ あ、でもノベライズでいいなと思ったシーンがカットされてたのは残念 妻女山に出兵する真田殿が「勘助、また会おう」というところ、外してほしくなかったのに~~っていうか、放送してたら絶対に泣いてたと思うけど。

お討死の信繁さん&諸角さん 信繁さん、あなたはどこまでも「出来た」お人ですよぉぉ~~~~いきなりせがれの話が出た時は「いつの間に結婚してたんかいっ」と思いましたけど(あの年で武田家の次男なら当たり前ですけど)兄上とのやり取りは泣けましたね~~どこまでも真っ直ぐな信繁さんの目の中に垣間見られる死ぬ覚悟……でもお屋形様への真心があるから一点の曇りもない!いい表情だったと思います。そしてお屋形様の方は少しやんちゃな感じがあるというのかな 控えめ・柔らかな雰囲気ではないんですけど大きな器を感じさせるような温かさみたいなものを感じました。大将・家臣を超えた兄と弟の絆……断ち切られる時が目前に迫っていると思うと切なかったなぁ~~

啄木鳥戦法が見破られたことが発覚 妻女山に行った別働隊の知らせがなくて不穏な空気が立ち込める中、お屋形様が「この霧は敵にも有利なのでは?」って……お~~い そういう大事なことはもっと早く言ってよぉぉ~~と言いたくなってしまったんですけど(笑)、そんなことはこの際どうでもいいや 勘助サマはマジ衝撃だったと思いますよ~~そういう気持ちをわざとらしい仕草や露骨に驚愕する表情を出さないのに気持ちが伝わってくるところは凄いな~~って でも、何も策を出さない勘助サマを見たお屋形様が渇っ どこまでも軍師として信頼してるんだろうなぁ~と思わせるところがじい的には嬉しくもあり切なくもあり……だからこそ勘助サマはお屋形様の勝利を信じて自ら討って出るわけだし。。。お屋形様に進言する勘助サマなんですけど、そこには「いざという時は自分自身が行く」という覚悟が感じられるんですよね~~そのことにお屋形様は気づいていないんですけど。。。信繁さん討死の知らせに悲嘆するお屋形様の姿が勘助サマの「覚悟」を決定付けたんでしょうね~~自分が行くって よく「自分の失策の責任を感じて…」と語られることがありますけど、今日見たところではちょっと違うんじゃないかと……勘助サマの中の戦う“遺伝子”(本能?)がそうさせた部分あり、自分の生きる場所であり象徴であり目的であるお屋形様を思うがゆえの行動であり、それが「生きた愛した」勘助サマの人生そのものであり、、、スミマセン 自分で書いててワケが分かんなくなってるんですけど 勘助サマの人生全てが集約されているのがこの戦いであり最期のシーンなのではないかと。。。

そして、、、来週はいよいよ。。。本編であれだけ泣いたのに、予告を見た瞬間に再び涙が止まらなくなって……じいも一緒に撃たれた衝撃 共に討死するつもりだし見届ける覚悟もできている でも、、、正視できるか分かんないなぁ~~感想は……多分、いんや、200%無理っぽい
コメント

細々と捕獲しました

2007-12-05 23:54:55 | 風林火山
今日、同僚と紅白の出場歌手の話をしてたんですけど(発表になってたのね……)その同僚がファンのB'zは噂に上がってたものの出場はなし「もし出てたらずっと見てないといけないところだったよ」な~んて言ってましたけど、、、ステージ上なら捕獲するのも楽じゃないですか、ねぇ 去年はどのタイミングで映るか分からない審査員席のために4時間……あんなに「熱心に」紅白を見た年はなかったですね~~ 今年はGacktさん出場ですが風林絡みの何かはあるのでしょうか???

さてさて、今日はプチプチ 内野さん祭り??? いちおう流サイトで予告された時間には全部予約を入れたんですけど、案の定 「ここはやらんだろう…」と思った番組(時間)で外したところはありましたが、プレマップ&ステラスポット情報を無事にゲット プレマップ、やばいなぁ~~既に泣きモードに入ってしまいました。信繁様~~と絶叫する諸角さんの姿にウルウル ただ、その後に政虎の場面に切り替わった時は思わず頭を抱えました 刀の構え方……違うんだよなぁ~~どうか物語の流れをぶち切るようなことがありませんよ~に。。。今更ながら願うだけです そしてそして 勘助サマが地面に投げ出されて敵が……いや~~~~ しかも宇佐美さんとの心震えるやり取りもあるみたいだし~~クランクアップの日に流れたアノ映像も思い出された辛くて辛くて……最終回翌日から生きていけるかなぁ~~自分

先日見損ねたクリエオープニングの番組の再放送も無事に捕獲。うん、あれは内野さんです 顔の輪郭&あの帽子、間違いないですよね あのニット帽は長野でナマで見てるし←周りのことがあるのはわかりますけど帽子被ったままの方が目立つ気が… 10月公演の「私生活」のポスターもチラリ。写真は違ってましたけど。女性らしさをやたら強調する番組構成は気になりましたけど、同性の働き人としては共感&異論あり。プロデューサーの1人とは意見が合いそう~~なんて思っちゃったりして(どの人かお分かりかな)観劇+αで食事やショッピングも楽しむものなのかぁ~と“新たな”発見 通う…云々を考えると、一般人の感覚とはかけ離れてるのかなぁ~とちょっぴり考え込んでしまいました。でも 来年10月は通いますよぉぉ~~ 席数が少ないので激戦になりそうだけど……内野愛 で乗り切りますよぉぉ~~
コメント