じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

テレビドラマ!

2014-03-13 23:57:37 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
気づけば既に3月半ば 月初めは「家路」にどっぷり浸かっていたのね~~今年初のナマ内野さんでした そして、これまた今年初の友人の皆様。終わった後も楽しい時間を過ごして3月のスタートを切ったのですが……その後は体調を崩して←病気ではないんだけど 本調子に戻ったと思ったら仕事に忙殺。例の使えない男性社員が辞めたと思ったらまたもや変なのが送り込まれてきた~~さんざんミスしまくった挙句に自分は悪くないと開き直る、とっくに40を超えたいい大人の男性社員。お詫び行脚に回る上司や若手はブチギレ……当たり前だわ。あと、、、季節柄こどもの受験やら卒業式やらで休まないと行けない人が出てくるので変則勤務が増えるのでね~~まぁお互い様なので“負担”ではないのですが……って、家庭の用事も個人の用事も優劣をつけないで助け合える相手だからそんな風に思えるんですけどね 卒業か~~じいの頃は高校と言えば3月1日が卒業式だったけど最近は週休2日の関係?受験日程の変更の影響??10日前後が卒業式というのも珍しくないみたい この時期、職場でも卒業ネタで盛り上がるけど、じいはあまり覚えていないのよね~~中学時代の定番???よくある「卒業ソング」的な思い出は歌ったことがないから皆無だし、高校の時は大学の合格発表前で進路が決まっていなくて微妙だったし……まぁこれで制服を着てココに来ることもなくなるんだなぁってある種の感慨深さはありましたが 365日24時間、学校にいる時間の方が長かったので(爆!)定番の卒業ソングの代わりもあるにはある……やっぱりアレ…か(苦笑)

さてさて、映画の公開→舞台、他には何かないのかな~~と思っていたらドラマの主演が発表されました 少し前からチラホラ撮影の話が聞こえてきていたのですが、今日やっとこさ正式発表!

フジテレビ開局55周年特別番組 松本清張スペシャル「時間の習俗」

サンスポ スポニチ ザ・テレビジョン オリコンスタイルにも取り上げられています。まさかの犯人役 と密かに期待?していたのですが←清張作品の犯人ってドラマがあるんだもん 刑事役デシタ。。。でも津川さん演じるベテラン刑事との絡みは楽しみ!台本は浅野妙子さん、、、ミセシンとラブジェネか~~まさかの番宣で再放送ありとか???そっちは別にいいやって感じなんだけど(爆!) じい的にはフジテレビというのがね~~さすがにいつぞやの時代劇のような嘆きたくなるような作りにはならないとは思うけど……まぁサスペンスに定評のあるテレ朝がいつぞや放送した「砂の器」も酷かったのでテレビ局云々ではない気もするんだけど、、、でもね~~8chだしなぁ 何はともあれ作品も出演者も期待 4月10日は21時にテレビの前に鎮座できるように頑張らないとっ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家路 完成披露プレミア上映会

2014-02-21 00:29:22 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)


行ってきました~~新宿ピカデリー 映画「家路」の完成披露プレミア上映会!題材が題材なだけに初披露のお祝いで華やかに盛り上がるという感じではなかったのですが、真剣な雰囲気の静かな……いや、真摯さが内側から湧き出る熱さとでもいうのかな~~そういう“盛り上がり”の上映会でした。

舞台挨拶は上映前。松ケン君、内野さん、久保田監督の順で登壇、それぞれの挨拶から始まりました。内野さんは「兄ちゃん役をやりました」と自己紹介……兄ちゃんって 最初は役どころについての質問があって、松ケン君は「ある理由で東京に出て20年ぶりに帰ってくるキャラクターで……後は見ていただければ分かります」と短めに切り上げて内野さんへ。「私はケンちゃん、じゃないか(笑)彼が帰ってくる福島で農業を営む長男で、土地を奪われて家族ともいろいろあって、弟に対しても複雑な思いを持っている男。初めてやるような役で難しかったけどやりがいがあった」と演じられた兄・総一について説明されました。そして続けて役作りについての話になって、松ケン君が農業指導の話を……松ケン君&内野さん→沢田家の人間で農家ということで、農業指導の秋本さんの家を沢田家として撮影に使わせてもらっていたこと、秋本さんの家族がお昼ご飯を作ってくれたりして仲良くさせてもらっていたことを話していて、とても和気藹々とした現場だったということでした。内野さんも横から「蕎麦が美味しかったね」と その地で採れたものをたくさん振る舞ってもらったとおっしゃっていました。内野さんの役作りについては松ケン君とは違うアプローチだったようで……「今回はフィクションなんだけど農家の長男で仮設住まいという方は実際にたくさんいらっしゃって、自分がまず思ったのが福島の悲しみの前にこの役をどうしたらできるだろうかと常に悩んでいた」と内野さん。今回は福島ロケで、土地からもらったものや出会った人たちから受けたもので何とか演じきった、福島に感謝しているとのことでした。

そんな風に話す演じ手の二人について久保田監督に話が振られて、二人の違い を監督の口から披露~~松ケン君は大人で自分とは25歳違うけど話していると同級生か先輩と話しているように感じさせる、全くブレなくてこう決めたらそこから外れないそうで……なるほろ~~確かに話している姿や立ち姿、雰囲気も落ち着いて見えましたね~~それに対して内野さんは……ハハハ 何か動きがあるのよね~~腰から下がチラチラ動くのは気のせい???それを受けてかどうか……は分かりませんが、監督の話も妙に納得!「マサは、、、うっちーは…」と日頃の関係が見え隠れするような呼び方で内野さんの話が始まり「真逆で絶えず悩んで凄く深く考える。揺れながら答えを見出していく」んだそうです。「ケンイチが考えていないわけではないよ」とフォローも忘れず(笑)それで、その違いがまさにそれぞれが演じた役にも通じるところがあるとか……ネタバレはできないので物語の中身は言えないけど、確かにそうかもしれないな~

ベルリン国際映画祭の話もいろいろと出ました。内野さんはこの映画をベルリンに持っていくことを意識していなかったけど一番盛り上がっていたのは監督だったそうで……でも監督は最初からベルリン国際映画祭に出したいと思っていたとか 内野さんはドイツに行くのもこういう映画祭に参加するのも初めてで何もかも新鮮、ドイツ人は生真面目な国民性というか原発に対しても関心がとても高くて凄く集中して観ていた感じだったとおっしゃっていましたね~~そして映画がつまんないと途中でも席を立つ人が結構いてシビアだけどこの映画は「1人か…あ、2人いたか」と……もうぅ~~何を言い出すのぉ~と思わず噴き出してしまいましたが、でもそれは凄いことなんだそうですね~~それだけみんな集中して観ていたということになるんだそうです。監督も「満開満席で夜中の上映もあったけど拍手がとても温かかった。マサはちょっとウルウルっと…」と話題は内野さんの涙へ マスコミに内野さんも涙したと書かれていたことに対して真相 が明らかに!内野さん曰く「自己満足の涙ではなくて改めてこの作品を通して観て、福島の人たちのことを思い出してしまって涙が出た」とのこと。淡々と、でも力がこもった話し方でしたね~~チクッとしたものが滲み出ていたような

上映後には毎回Q&Aがあるそうで、その中の面白いエピソードが監督から紹介されて、松ケン君におんぶされる田中裕子さんの写真……ポスターになっているアレです。それを見た60代の白人男性が「楢山節考を意識されましたか?」と質問したそうで、実は本当に深い質問で観てみると分かる、皆さんが「ここで生きていく」というフレーズをどうとらえるのか凄く楽しみだと……観た後の今なら分かるわ~~なぜ監督がそんな風に言ったのか うん、深い、深すぎて答えが出ない。ただこのシーン、観ているとジワジワ迫ってくるものがあるのよね~~被災地云々を通り越した人間の営みの部分で究極の問題というか……本当に本当に難しいです。。。

充実したベルリン話で盛り上がっているところで一人蚊帳の外にいたのが松ケン君 気持ちは行っていたそうですが……現地の人たちの雰囲気や出てくる質問が楽しみで触れてみたかったと何気にドンヨリ気味 そこに内野さんが「客席から女性が質問した時に松山ケンイチ君は来ないんですか?と言われました。ちょっと不愉快でしたけど(笑)」と松ケン君に直接クレームで意地悪を 松ケン君は「サクラじゃないんですか」と負けじと返していました

フォトセッションではソチにちなんだ パネルが登場。がんばれニッポンだの目指すぞ金メダルヒットだのという文言が……思わず微妙な雰囲気になったのは気のせい…か じい、たまたま今朝ネットで読んだこんな記事が頭を過って苦笑いしてしまいましたが……案の定出たよ~~この質問 今回オリンピックで感じられることはありましたか?という愚問が 内野さん、この映画とはあまり関係ないですけど…と苦笑いというか絶句に近い間というか 「僕は例えば羽生君の、彼も震災の中でいろんな苦労をして立ち上がってきたという話に凄く勇気づけられました。一人一人が重圧の中で頑張っていらっしゃる姿に勇気をもらいました」と頑張って(爆!)答えられていました。更に羽生選手の金メダルまで話を引っ張る司会女性……あまりに腹が立ったから言っちゃうけど、いいかげんそのバカっぷりは止めろと思いましたけどね~~内野さんは「この映画は金メダルとかそういうものではないので」と静かに、でもハッキリおっしゃっていました。味わってみていただきたいということでした。松ケン君も「ここには金メダルヒットと書いてありますが意味がちょっと分からないんですけど」と同様に苦笑い。こちらもたくさんの人たちに観てもらいたいとのこと。五輪選手同様に観ている人を前向きにさせてくれるような作品になっているので是非観に来てくださいと言っていました。

撮影の時はパネルが光るので傾けてほしい云々の注文があったのですが、そのパネルの上から覗く内野さんの指や手つきが可愛かった~ それにフォーカスしているカメラの視線上に自分の席がある時はカメラ目線の内野さんがダイレクトにドーンと それだけで十分に幸せです 写真の後は客席後方の動画用カメラからの撮影 いつも思うんだけど、こういう時の内野さんの手の振り方が面白くて面白くて……普通のバイバイじゃないんですよね~~両手を頭の上に揚げて体も左右に振って、、、24時間テレビのサライの空の振りを想像してもらえると分かりやすいかと……その不慣れさが無性に愛おしいのよね

最後に登壇した3人から締めくくりの挨拶。内野さんは「この映画はオール福島ロケで仮設住宅も本当のものを使わせていただきました。全てが福島そのものの映画です。フィクションですが実際にそういう方もたくさんいらっしゃるという作品なので、等身大のこの世界に入っていろんなことを感じてくださったらいいなと思います」とおっしゃっていました。等身大……全てにおいてという感じでじいは受け止めたのですが、公開前なので詳細は控えます。でもね~~本当に素晴らしい作品でした。確かに重い……でもそれ以上に深いという言葉の方が適しているのかなぁと思ったり。。。監督のおっしゃるように答えのない描き方でした。福島の内側と外側、どちらにも寄っていない、双方に時として厳しいセリフもあって、いろんな角度から味わえる作品でしたね~~自分はどう思うか、どうするか、自分の中身と対話するような側面もあって何とも言葉にならない複雑なものが積み重なりました。。。

それにしても、、、最新の(笑)内野さんですが、妙に日焼けしていたのが気になりました……しかも顔だけ。どーいうこと???
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

WOWOWプライム 映画「家路」の世界

2014-02-03 23:52:22 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
今日は節分 じい家は早々と(爆!)昨日済ませてしまったので←プチ遠出をして夕食を作るのが面倒だったので恵方巻きを買って帰った~ 今夜はおでんを肴にちょいと 一杯。体がポカポカ温まりましたが、今日は温まる必要のないほどの暖かさ 過ごしやすくて良かったのですが、明日は一転!雪の予報でめちゃめちゃ寒いとか……トホホ

封切りまで1ヶ月を切った映画「家路」ですが、1日と3日にWOWOWでナビ番組が放送されました。

希望を紡ぐ物語篇↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 



想いを語る俳優篇↓↓↓

 

 

 



初めて聞いた内野さんの福島弁 新鮮でしたね~~そして、ただ言葉をなぞらえただけではない、役や言葉に対する真摯な姿勢を感じました。“ネイティブ”な方の喋りを聞いたことがないので本当のところは分からないんだけど、空気感の部分で自然に感じられたのよね~~早く全編を通して見てみたいです。想いを語る俳優篇ではメイキング映像が!!!松ケン君が殺されるかと思ったという兄弟喧嘩のシーンも……確かに凄いわ やり直したくないから頑張ったとのこと そうだよね~~顔が泥だらけになってたし。

決して明るく楽しい作品ではないし、現在進行形の題材なので重くて難しい でも今回見た映像を通して感じたこと……どこにでも存在する、起こり得る家族、地域、それぞれの人生の問題。それらは普遍的で誰しも多かれ少なかれ抱えていると思うし、いろいろな意見や選択肢がある。でも、そこに自分ではどうにもできない外からの力によって、本当なら一生する必要がないであろう選択を迫られてしまう……自ら「する」のではなく「せざるを得ない」選択、、、その部分が自分自身の震災に対する気持ちと絡めて重くのしかかってくる、普通とは違う部分なんだろうなぁと。。。そんなこんなの正直な気持ちで作品と対峙したいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE 初日舞台挨拶

2013-12-08 23:41:21 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
ルパコナ映画は昨日が封切り TOHOシネマズ六本木ヒルズの朝イチ上映……9時過ぎに六本木!早すぎる~~頑張りました(笑)初日のお祝いをしないといけないし~~っていうか、アニメ映画の初日舞台挨拶は人生初 まさかこの歳で…という感じだったのですが(笑)楽しい楽しい初日のお祝いになりました。

上映後の初日舞台挨拶、、、最初に高山みなみさんと栗田貫一さんが登壇。ルパコナで一緒にやってきた思い出話に花が咲いて盛り上がってきたところでゲスト声優お二方が呼ばれて……ムフフ~~待ちに待った内野さんが 完成披露試写会の時より髪が短くなってる!断然(笑)今回の方が若く見えてかっこよかったですね~~いつもの内野さん(爆!)で安心したよーな

いつも…の部分は風貌だけでなく 冒頭から「俳優は初…じゃない、声優は初挑戦で」と挨拶。隣にいた栗田さんの「君は俳優だろ」のツッコミ呟きが入ってました 声優は初めての経験で、ルパン三世は小さいころからテレビの前にちょこんと座って見ていたこと、自分はおじいちゃんになってもルパンは軽快に銭形のとっつぁんから逃げているだろうけど45歳になった自分が共演できるのは今しかないと思って引き受けたとのこと。劇中では不二子ちゃんの首にいやらしい爆弾をつけて楽しませてもらったとおっしゃっていましたね~~いやらしいって……最初から何て事を言うんだか(苦笑)

上映前は謎の男と言われ続けたアラン・スミシー 映画のプロモーション活動では……っていうか、またもや内野さん、「この宣伝活動では…」と言ってしまって周りは一瞬??の空気に包まれ 魔女的には慣れている ので、あーあ言っちゃったよ という感じでしたが、司会の石田アナが言い換えてくれたので何とか先へ。興行元から謎の男で言ってくれと言われたそうで、なぜ自分はここにいるのか?といつも思っていたそうです。やっと“ネタバレ”してもいいことになったので今まで言いたかったのであろう内野さんのアラン・スミシー談が炸裂。あまりこういう場で粛々と語る人というのは珍しいのかもしれませんが、じいはそういうのは寧ろ聞きたいのよね~~いい感じのKYさは大好き アラン・スミシーという名前は名無しの権兵衛という意味合いがあるそうで、ハリウッド映画などでは監督が途中で降板したり映画がトラぶったりした時にアラン・スミシーを監督名として使うと説明された内野さん。会場には実際にアラン・スミシーの名が入った映画を見たことのある人がいたみたいです。なるほろ~~知らなかったわ でも今回の映画のアラン・スミシーの役どころと重なるところがあるような気がしたんですよね~~切なさと残酷さみたいなもの 内野さんの話を聞いて何だか勝手にホロッときてしまって……

内野さん、最初は悪役で楽しそうだー!←ヲイヲイ と思ったそうですが、実際は祖国のことを真剣に思っていて祖国のためには若い力が大事と思っている男で本当に惚れ込んだとのこと。なので「最後は死んでしまうのは本当に惜しいです!」と話しっぷりにも一段と力が入り……もし実写版があったらやってみたいなぁとおっしゃっていました。いや~~ん 試写会で見た時から同じことを思っていましたよ~~会場からも大拍手!是非とも~♪絶対に泣ける良い役だと思うわ~~って、、、内野さんがやりたいのはソコじゃない???いやらし~くブランデーをこうやって回して~と実際にそういう仕草をされてました。う……ん、まぁね~~そこも確かに見てみたいわ~~もちろん前がはだけたガウンを着けて でもピュアで祖国のことを思う男に惚れこんでいるというのが真っ直ぐ伝わってきましたよ~

どんな人に見てもらいたいか?という質問では、「どのような人って……見たい人に見てもらえれば……??」という激しく真っ当なお答え 周りもそれはそうですけど~という感じになっていて、こちらもまた何を言い出すんだとハラハラドキドキ、少々頭を抱えてしまいましたが(苦笑)ルパン世代もコナン世代も楽しめて、両方知っている人は一度で二度楽しめる、結局のところアニメ好きの人に見てもらいたいということで良いの…かな。着地して良かった~

ルパン三世vs名探偵コナンの夢の対決にかけた共通の質問も……今回登壇した各キャストにとって夢の対決は何か?皆さん事前にパネルに書いていたのを順番に披露 最初は栗田さんから……いきなりまさかの展開 相棒vs臨場 さすが持ちネタというか水谷豊さんの右京さんにそっくり~~内野さんも「はぁ~そっくり」と目をまん丸くして感心されていました。「あ、これはこれは検視官殿、お元気ですか?」と言われて「俺のとは違うなぁ」と内野さんが返されて……照れながらのセリフだったので100%当時の倉石さんという感じではなかったのですが、まさか聞けるとは思わなかった~~ルパコナは日テレなので局が違うと石田アナは軌道修正に必死でしたが、栗田さんが「裏にあったのでついつい……控室から見えたもので。細かいことが気になるのが僕の悪い癖で」と更に右京さん出現!内野さんは「ありがとうございます」と嬉しそうでした。いや~~じいも貴重な場面に立ち会えて嬉しかった~

内野さんの夢の対決は不二子ちゃんのお風呂シーンvsしずかちゃんのお風呂シーン。またもや思いっきりテレ朝路線 今回の映画で出てきた不二子ちゃんのお風呂シーンを挙げて「凄い悩殺でした」と言いつつ、ドラえもんファンとしてはしずかちゃんのお風呂シーンもマニアックで決着がつかないと……内野さんは僅差でしずかちゃんの方が勝つと……さすがドラキチ!お色気だけでは語れないツボがいろいろあるのよね~~じいもドラえもんで育ったので分かる気がしました

最後はフォトセッション 入場時にコレ↓↓↓を配られて……

  

自己申告で(笑)ルパン世代→赤、コナン世代→青を表にして写真を撮ることになったのですが、舞台挨拶の最初の方で夏菜さんと石田アナが自分たちはどちらも知っている中途半端な世代だから~という話をしていたんですよね~~ある意味じいも微妙な世代というか←本当ですっ!(笑)ルパンの魅力を理解するには子供の年齢だったし、単なる子供向けではないコナンの面白さを楽しんでいた時はもう大人になって突き放して見ていた年齢だったし……うーむ まぁ強いて言うならルパン世代なのかなぁと……話の作り的にはルパン時代のアニメの方で育った気がするので赤い方を掲げてパシャリ キャストの皆さんは客席の中通路センターの方に移動。内野さんは「オトナもコドモも楽しめる」の「オトナも」と書かれたワインボトル型のパネルを渡されて、ラッパ飲みする感じに飲むふりをしてみたり縦に横に持ち替えて遊んでいるような、どうしていいか分からないような……そしたらスタッフの人から「内野さん、横に持ってください」と指導が入っていました キャストのみの撮影の後に客席もいれて撮影。やっぱり冬はルパコナでしょー!という掛け声とともに拳を振り上げて……と、まぁなかなか揃わなかったんですけどね~~テイク2ぐらいで?無事に撮影~~カメラのフラッシュが眩しかったです フラッシュや照明を浴びる経験ってそんなにないので、まぁこういう機会も良かったかなぁと思いましたけどね

映画の中身、、、試写会で1度見て、これは前作のルパコナを見ていないと??な部分が多々あることが判明したので前日の金曜ロードショーで放送していたのを見たのですが……ん? 何か見覚えある~~特に最後の方は確かに見た記憶が 覚えていなかった自分に呆れるやら感心するやらでしたが、今回はちゃんと記憶に留めていったのでラストまでしっかりと理解できました アレはそういうことだったのか~と今更ながらやっと そして、、、今回は仕掛けも結末も分かった上で見たので余裕を持って楽しめましたね~~ツッコミどころもアチコチありましたが良くできたアニメだなぁと思いました。やっぱりアラン・スミシーは切ないわ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE 公開直前スペシャル

2013-12-06 23:42:15 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)




昨日の深夜に放送された「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」公開直前スペシャル 完成披露試写会の模様がチラッと流れた後に今回の映画の詳細予告あり、ルパン&コナンの懐かしい過去映像あり、充実した内容でした。中でもやっぱりインタビューでいろいろなお話を聞けたのが良かったですね~~内容的には他のインタでも触れられたものでしたが、やはり実際に話されている姿を見るのは格別!

声優のご経験は?と聞かれて「ゼロです」と内野さん。その「ゼロ」の言い方がね~~zの発音に拘ってというかお茶目に「zeroです」と何度も その後は真面目に(笑)……いろんなものを声に乗せなくてはいけない、アニメのビジュアルと良いさじ加減で添い遂げないといけない、そういうところが全て一人でやっている俳優だけの時よりも気を遣ったとおっしゃっていました。「添い遂げる」という表現が面白いというか、思わずTWの時の「俺と大地とは仲睦まじい関係だ」の場面を思い出してしまいました でも、アニメを見慣れていると当たり前すぎて忘れてしまいそうになるんですよね~~声優さんのビジュアル的な部分での存在感はすっかり頭にないというか、目の前の2Dのキャラクターが普通に存在しているように見ているので。改めて内野さんの言葉で聞いてみると妙に納得してしまいました

迫力のアクションシーンについて、、、内野さんはコナン世代ではないけど逆にコナンの世界が新鮮で見入ってしまったとのこと。「(コナンは)こんなにいろいろ使える人なんだ」とおっしゃっていました。いろいろな道具を持っているのでドラえもんみたいって…… ルパンとコナン、、、いがみ合っているけどそこはかとない友情があって心憎いところもあって、最後はアクションシーンで大スペクタクル、見応えがあるとおっしゃっていましたね~~オススメのアクションシーンに関する質問もあって「答えていいの?」と確認(笑)そういえば最初にアラン・スミシーについて「深い男です。単なる悪い野郎ではない」とおっしゃっていたな~~思いっきりネタバレ的な ついついポロッと言ってしまう性質だから~~ この質問では飛行場のシーンという答えでしたが「アレをジャンプ台にして、ああなって、こうなって(笑)」と……これはこれで意地悪な答えというか、、、もうぅ~ でも、試写会で見た時につくづく思いましたが、久しぶりに地に足の着いたアクションシーンを見たなぁとは思ったんですよね。もちろん現実には絶対にあり得ない展開なんだけど、最近のアニメはぶっ飛び過ぎていてついていけないところがあるのでね~~

更に、、、ルパン世代を代表して 内野さんがルパン三世の魅力を語る場面も!男の子の悪戯心をルパンが体現してくれているところがあって、悪なんだけど軽快でドジなところもあって、そういうところに憧れる、周りのキャラクター=不二子ちゃんや次元が頼もしいところも魅力的……と、ここまで話して大事な人を忘れていることに気づいた内野さん。「あ、大事な銭形のとっつぁん」と ホントお好きなんですね~~とっつあぁん。

最後にゲスト声優からのメッセージで締めくくり 「泥棒と名探偵、この二人の敵対関係も面白いんですけど、そこはかとなく漂う、何か友情のようなものも見えるし、とても素敵なお話になっています。で、やっぱり映画ですから、大画面にこう凄まじい大スペクタクルが広がるアクションシーンも非常に見もので、僕ら大人でもホントに見入ってしまうような場面がたくさんありますんで、ぜひぜひ楽しみにしてください。見どころと言えば、私はアラン・スミシーですから、謎の男がどう謎なのかそれを確かめに劇場に観に来てください。待ってます」とのこと。ムフフ~~明日の初日、行きますよ~♪いろいろ楽しみがあり過ぎて(笑)すでに萌え萌え~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

零れ落ちそう・・・

2013-12-05 23:35:30 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
今日は朝から祭りすぎて 嬉しい忙しさでバタバタバタバタ ルパコナ映画の宣伝で日テレジャック!朝早くから大変だったのではないかと……ZIP!の頃はまったり気味だったようにも見えましたが しっかりと番宣 枡アナの「(演じているキャラクターが)内野さんや夏菜さんにしか見えなかった」という発言はかなりイラッときましたけどね~~(爆!)でも最後のZIPなサインをしている内野さんが可愛かったので満足デス ただ、、、7時59分→8時の切り替わりだったので録画が一瞬切れてしまったのは不覚 他局でもこの時間の切り替えで録画を失敗しがちだからな~~手動で8時1分までの延長録画にしておくべきだったわ スッキリ!では芸能ニュース絡みのクイズあり。次々と流れる芸能ニュースを見ているだけでも、この中で内野さんはどのくらいご存じなんだろう???と思わず突っ込んでしまいそうになるんだけど、更にクイズとなると……もうぅ~~こっちがハラハラしてしまいました ヒント出されまくりだったけど無事に答えられて良かったわ ヒルナンデス!では着ぐるみコナン君も一緒に登場!間接的に思いっきり弄られてた?感じもあったけど……最後は内野バイバイ も見られました

そしてそして 一番 だったのはPON!でーのトークコーナー。公開アフレコの時にバラエティは苦手なので演じる設定だったら~とおっしゃっていた内野さん。他のバラエティやトーク番組の勧誘でも同じことをおっしゃっていたことがありましたがまさか実現するとは……困ったり焦っている瞬間等々もありましたが、言ったのは自分だから自業自得だし~と意地悪を言ってみたりして(笑)貴重な時間を見ることができて良かったです 今回は「バラエティ慣れした気さくな俳優」という設定。内野さん、一生懸命“演じて”いらっしゃるんだけど、頭に浮かんでいるであろうイメージがズレていたり←何となく一昔前的な、普通の演技なら絶対にあり得ないであろう照れが入っていたり、意外と楽しそうにノリノリでやっていたり、、、その全てに素の部分が垣間見られて内野さんご自身が持つチャーミングさが溢れていましたね~~永久保存しなくちゃ(笑)でも、声優初挑戦のお話をされている時に「体も顔も心も全部に責任を持ってやるのが役者なので」と内野さん。だからこそ声だけというのは難しかったそうなのですが……生身の演技、声だけの演技、それぞれ違いはあっても向き合う姿勢に共通点があって信頼感も そしてかつて自分がテレビで見ていたアニメキャラクターとの共演、現実ではあり得ないアクションへのワクワク感について語る姿も含めて……良い作品になる確信あり!いや、試写会で一足早く見てきましたが、間違いなく……うん、良かった!!

映画サイト等々でもインタが次々にアップされてきていますね~~ 試写会で見たのを思い出しつつ把握できていない部分を予習しつつサラッと読み流し……祭りの1日の最後はドドーンと罪すぎるかっこよさの内野さん



今日の朝日新聞夕刊、モンブランとのタイアップ記事第三弾。インタの方も写真と同じくらい、いやそれ以上に 素敵な内容です。「演劇って最初に台本を読んだ時と最後にでき上がった感じが全然違うというのが理想…(中略)…最後に自分たちが予期してなかったところに着地した時に、あー。面白かったなぁとなる」と内野さん。なるほどね~~最近少しガチガチに観劇している部分があった自分にズッシリくる言葉でしたが、想定外があるからこそ面白いのが舞台なんですよね~~あーでもない、こーでもないと闘った後に残るものがいろいろあるのが生の舞台の魅力だし。最後に手書きのお話が出てきましたが、直筆メッセもそうなのよね~~言葉以上の思いが感じられて嬉しい。最近少なめなのは寂しいなぁ~と敢えて言ってみたりして(苦笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

完成披露試写会@WS

2013-11-18 23:27:12 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
昨日はナポレオン以来の芸劇へ NODA・MAPのmiwaを観てきました。いや~~面白かった!若干 THE 演劇みたいな部分があって一昔前なら「だから苦手なんだよなぁ」と感じたかも???でも今回は大丈夫だったので良かったです じいも少しは成長……したのかどうなのか(笑)観劇後はご一緒した内野友たちとお喋りしながら して楽しい週末~♪だったのですが、、、週明けは一転してドヨヨーン 先週から続いている業務で大忙し。予想したことだったので覚悟して出勤はしたものの、、、なーんか無性にイライラ 原因は全て取引先なんだけど何なんだろうなぁ~~そこの経営者とその周辺、近隣では崇められているようですが実際は……これ以上言うと悪態をつくことになるので自粛 がめついお金儲けをすれば必ず足元をすくわれ……てほしいものだわ~

ところで、先週に逆戻り コナン映画の完成披露試写会翌日のワイドショー 事前情報ではZIPで取り上げられるとのことでしたが、残念ながらサラッとスポットニュース的に流れただけでした。PONもチラッと……やっぱり念には念を入れて良かったわ~~一番詳しかったのはOha4! NEWS LIVEでした。



銭形のとっつぁんっぷりの場面やアラン・スミシー役を引き受けられた理由について答える場面が放送されました。

そして翌日の深夜に放送された「東京暇人」では公開アフレコの様子&ワンショットのコメントあり。声優初挑戦について「楽しい機会になりました」とおっしゃっていました。





この番組はあと3回放送されるので、他バージョン?あるいは違うコメント??が放送されるのかなぁ~~深夜なので全部録画になると思いますが、帰宅する楽しみが増えるので嬉しいですぅ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE 完成披露試写会

2013-11-15 23:14:43 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
改めまして、、、行ってまいりました ルパコナ完成披露試写会。週休の木曜日だったので行けたということもあったのですが(さすがに遠征で立て続けに休んでいるので無理は言えな……言うけど・笑)臨場の時みたく朝から並ぶというのはさすがに 昼過ぎに家を出て日比谷・有楽町辺りでぶらっと遊んでから試写会の会場に行きました。それなりに列はできていたので並ぼうかどうか考えつつ近くの椅子に座っていたらプレス?関係者??らしき人が……。後から分かったことでしたが、コナン原作者の青山剛昌さんだったらしい 舞台挨拶の時に客席でルパン原作者のモンキー・パンチさんと握手された姿を見て「あの人だ!」と思ったので もうぅ~~どんだけ門外漢なの~という感じですよね~~ いや、今回はホント畑違いを実感しました。現役学生が多いわ、アニメファンが多いわ……後ろに並んでいた女子高生は「明らかコナンファンだけじゃないよね。ルパンファンもいそうだよね」と……どっちでもなくてゴメンね~みたいな(苦笑)

舞台上は真ん中に映画のタイトルのパネルが吊るされていて、舞台に向かって左側が赤=ルパン側、右側=コナン側という感じで分かれていました。運良く左側のお席だったので、内野さんはこっち側かな~~と始まる前から期待 そして予感的中!ルパン側のキャラクターを演じたキャスト陣は赤い方、コナン側のキャラクターを演じたキャスト陣は青い方に登場ということで内野さんをバッチリ見ることができました。1週間ぶり~~ じいの中にはまだまだリーが残っているので最初は違和感あり 髪型はリーの時のままで切っていない???そのままセットした感じの最近は珍しい長めの髪……Dark Nightの時に次のお仕事が~とおっしゃっていたのでそれに関係しているのかなぁ 衣装はコーデュロイの黒ジャケットに赤い光沢シャツ、グレーのパンツにエナメルの靴。いつもの如く(笑)やればできるカッチョイイ内野さん……いや、素敵だったんだけど年相応というかご自身でもオジサンとおっしゃっていたけど、そういう年相応はなくてもいいんだけどな~と思ったり……立ち居振る舞いは一番年下に見えるのに(笑)その件は後ほど。

10分遅れのスタート 司会進行は日テレのアナウンサー・枡太一さん。登場の時点から盛り上がっていましたが……じい、日テレは普段見ないので知らないんだわ 隣に座っていた友人と顔を見合わせて「知ってる?」「いや知らない」って 更に??は続き、最初にルパコナのレギュラー声優陣、、、ルパン三世=栗田貫一さん、石川五ェ門=浪川大輔さん、峰不二子=沢城みゆきさん、銭形警部=山寺宏一さん、江戸川コナン=高山みなみさん、毛利蘭=山崎和佳奈さん、毛利小五郎=小山力也さん、怪盗キッド=山口勝平さんが登壇。アニメファンの方々にはホント申し訳ない まさかレギュラーの皆さんが勢揃いするとは思わなかったんです~~これまた友人と、え!え!!えぇ~~!!!みたいな感じになってしまって 周りはすんごい盛り上がり様……いや、それが当たり前なんですよね~~明らかにじいたちの方がオカシイわけで でも、栗田さん、浪川さん、山寺さん、高山さん辺りは大丈夫 どんだけ凄いかちゃんと分かるぅ~~

山寺さんの話の中でも出てきたけど、じいの頭にもやっぱりレジェンドなオリジナルキャストが浮かんでくるんですよね~~ルパン陣営はもちろんコナン陣営も、、、やっぱりじいにおっては毛利小五郎の声は…ねぇ。あれは神だよね~(ダジャレじゃないよっ)というか永遠に○○の声は誰々の声っていうのはあるんですよね。でも目の前にいる皆さんもまた声で演じるプロ!普通に喋っているのに、ふとキャラクターが入っていることがあって気がつくと本当に目の前に存在しているような錯覚に陥いることがありました 信頼関係や良い意味での慣れあいと良いチームワークがあってボケ&ツッコミあり、大騒ぎありのすんごい盛り上がり その昔、ライトなアニメファンだった時期があるので(爆!)じい的には懐かしい雰囲気があったりして まさかこの年になってナマで声優さんたちのステージを見るとは思わなかったけど(笑)思わぬプレゼントになりました

そしてそして!!!このために来たのよ~~待ちに待った内野さんの登壇 ここからは詳しくいきますぅ

ルパンサイドの赤基調の衣装で登場!早速「チームカラーはバッチリですね」と言われて「赤組ですから」と内野さん……運動会ではないんですけどね(笑)そして声優初挑戦について「錚々たる顔ぶれの中になぜ自分がいるんだろうという感じなのですが、小さいころからルパン三世が大好きで小学生の時は夕方とかずっと見ていました。それで偶々こういう企画があってアラン・スミシーという謎の面白い男ということで来たんですけど」と内野さん。更に続けて「ルパン三世は永遠に年を取らないのに、私はどんどん年を取っていって今45歳なんですけど、ここでこのおじさんが呼ばれたからにはこの年で出ないわけにはいかないと思ってこの役を引き受けました」とのこと。おじさんじゃないから~~ と思いつつ今回の姿は……なーんか妙に落ち着いて見えるというか、一応大人の男ということにしておきますが(爆!)いつもの内野さんじゃな~~い、みたいな まぁ腰に手を当ててモゾモゾ、手の甲を掻いてみたりというのは……外見と比例していなかったけど(笑)何か借りてきた猫みたい いつもと勝手が違う感じの“大人しさ”がありましたね~~まぁ見ているこっちもルパコナ好きや映画ファンの中で蚊帳の外だったので若干似ているところもあるよーな

ルパンは憧れの存在ですか?という質問では、少年時代から憧れていて、そのルパンと共演できるのは神のおぼしめしだと思って引き受けたと答えていらっしゃったのですが、一番大好きだったのは銭形警部だったとか もうぅ~~「銭形のとっつぁん、大好きです」と嬉しそうな内野さん。最終的に30分の番組の終わりの25分辺りで捕まえられないのに「ルパーーン!」と追いかけていくところが特に良いそうで……そしたら現役銭形警部役の山寺さんがちゃっかり隣に来ていて……というか内野さんが喋っている時から栗田さんが山寺さんに内野さんの隣に行くように促していて、、、「嬉しいなぁ!せいようにしたんだろう」と内野ネタを入れたちょっかいを 内野さんも「とっつぁんじゃないですか」と笑顔 内野さんが見ていた銭形警部は納谷さんの銭形警部だったので~と言う山寺さんに「全然、まったく変わらなかったので、とっつぁんだなぁと思いました」とおっしゃっていました。「アナログ感が堪らなくて、今は無き刑事さん像で大好きです」と……もうぅ~~どんだけとっつぁんlove なのぉ~

夏菜さんのお話あり、センターブロックの中間付近にいた原作者2名の紹介あり……始まる前に近くに座っていたアニメファンらしき人が小声で話していたのはコレだったのかと さすがだわ~~原作者まで把握できない(だから前述みたいなことになるんだろうけど)壇上のキャスト陣、客席みんなで拍手をしましたが、この時の内野さんは舞台の時みたいに……でもいつになくぎこちなかった気がしましたね~~控えめな感じデシタ。

そしてフォトセッション 今回は撮影の時に持つパネルが2タイプあって、ルパンver.とコナンver.のどちらを採用するかルパンチームコナンチームで争奪戦をすることに 拍手の大きさだの手を挙げてもらってカウンターで数えるだの声優さんたちが盛り上がりまくり~~最後は物まね案まで飛び出して……そりゃあ栗田さんはバッチリだろうけど そして内野さんに「物まねやって。楽屋でやってたじゃない」と無茶振りまで いや~~乗ったらやりそうな内野さん さすがになかったけど見たかったかも~~ハラハラしながら(笑)結局ガチンコじゃんけん対決ということで各キャストが1対1で対戦することになりました。そこで、、、イベント恒例 プチハプニング発生!うっちーな部分が~~

ルパンチームとコナンチーム、それぞれ円陣を組んで皆でオーッと!!!コナンチームはまとまって普通にやっていたのですが、ルパンチームは大人ゆえのフリーダムさでやりたい放題のワチャワチャで円陣も組んでいるんだか組んでいないんだか……それでも何とか円陣らしきものができて皆で手を重ねて……と、その時にとんでもない事態が ルパンレギュラー陣4人の輪の中に入り損ねた内野さん どうにかして入ろうとする、いやそれさえも微妙な立ち位置になっている??挙動不審にウロウロオロオロと……そして4人の輪の後ろから円陣の中央を覗き込んでいる状態になってしまって もうぅ~~何やってるのよぉ~~大丈夫なのぉ~~と心配しながら見ていたら、その状況に気づいた枡アナが「内野さんが入り込めていないので入れてあげて」みたいな感じで言ってくれて……お世話かけてスミマセン

勝負は3勝3敗の接戦!勝負はゲスト声優の内野さんvs夏菜さんで決まることに。ルパンチームが内野さん頑張ってーと応援してくれて「とっつぁ~ん」「不二子ちゃーん」と内野さんも答えていて……あれ、ルパンは???(笑)そして見事に勝利!内野さん、手を高く突き上げて喜んでいらっしゃいました。

最後に栗田さん、高山さん、内野さん、夏菜さんより挨拶あり。内野さんは「初めての声優経験ですがルパンの世界、コナンの世界の入ることができて楽しかったです。私は謎の男ということで多くは語れないけどなぜ謎なのか気にして見てください」とおっしゃっていました。

その謎の男アラン・スミシーですが、公開前でネタバレできないので多くは語れないのですが(笑)いや~~オイシイ役どころ 悔しいけどかっこよくて最後は切ない……何げに泣けます 内野さんが好きそうな役だと思いましたね~~こういうキャラクターだから引き受けたんじゃないのかと突っ込みたくなる程。声の方もバッチリ。最初は素の内野さんの喋りだなぁと思ったけど、やっぱりアラン・スミシーそのもので違和感なく一体化していました。声を聞くだけでキャラクターが立ってくる……プロの声優さんとはまた違う立ち方だけど共通している部分もあって、自然に馴染んでいて良かったです 何かね~~思わず無理なお願いをしてしまいそうになっちゃって……声だけじゃ勿体ないからナマでアラン・スミシーを演じてもらいたいです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1週間ぶりの逢瀬

2013-11-15 01:00:06 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)


今夜はコナン映画の完成披露試写会に行ってきました 詳細は明日改めてまた~♪大人っぽい風貌……と敢えてそういう言い方にしておきます←意味深(笑)内野さんに会えて嬉しかったですぅ 映画も面白くて大満足☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画天国

2013-11-13 11:56:53 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
11日の深夜に放送された映画天国、、、メインは「ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~」の放送だったのですが、その前の映画紹介のコーナーでコメントが流れました。公開アフレコの時に収録されたっぽい 「ルパン世代もコナン世代も楽しめる作品なので見に来てください」という感じで一言二言。長めの予告映像もありましたよ~~いつものコナン映画という感じもありましたが、コナンは何げに面白いのでね~~ 抜きでも(笑)楽しめそう



コメント
この記事をはてなブックマークに追加