じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

祭り前夜

2007-02-28 23:47:44 | その他いろいろ
じい、ここのところ急性重症うっちー病を発症 内野さんの話題満載~~だし、勘助サマにゾッコン だし……って感じで仕方ないんですけど、昔はできなかった“内野さんの掛け持ち”も平気でやっちゃうようになって、いろ~~んな内野さんを見て「たまんないなぁ~~」って悶えて 昨日は風林火山の第1話を見たんですけど、ちょいと先まで話が進んだ段階で見直してみると、今更ながら伏線を発見したりして面白いです しかも勘助サマがミツに会ってから変わっているのがすっごく分かるんですよ その場面だけ取り出して様になるような派手な演技じゃなくて、ず~~っと見てると気がついたら引き込まれてて気持ちが伝わってきて、さすが!内野さん って感じで。。。もう、大声で叫びたいですね 「好きだ~~~~」って

↑こんな感じで↑らりほ~しているうちにも……明日から3月です。内野さんの1ヶ月限定ブログがスタート 祭りは果てしなく~~じいの病気も果てしなく~~ ただし浮かれてばかりもいられないのですわ HDDがとうとう満タン寸前 ガラスの仮面、ミセシン、金八、風林火山……1クール分溜まってるのもあるから早くダビングしないと かな~り膨大 ちょいとウンザリ……か
コメント

千の風になって

2007-02-27 20:36:00 | その他いろいろ
今日は会社でちょいと人事を巡るゴタゴタあり。明日の我が身 防衛しないと!って感じです。しかも、研修で人手がないから業務量を抑えないといけないのに、上司の算段が外れて大量に仕事が舞い込み……明日からそれなりに忙しくなりそう そういうわけで、どんよりした 気分で帰宅です

こんなじいを癒してくれるのは言うまでもなく内野さん 昨夜は久々に教授に密会 でした。綺麗な内野さん(爆!)は久しぶり~~あのドラマは、やっぱり自分のコイバナと重ね合わせて見てしまいます。教授は極端なキャラクターだけど、リアリティがあったんだなぁ~と今更ながら感心しちゃいました。今夜は一転!汚い、じゃなくて ワイルドな内野勘助かな~~なんて。。。って、ちょいと待った予定だと、「昨日の敵は今日の友 」DVDと風林火山サントラが届くはずでは???パソで確認したら配送予定が3月1日。。。ちゃんと発売日前に予約したのに~~ この2日はきっと長いです。。。トホホ

ところで 最近テレビを見てると、いろ~んなところで「千の風になって」が特集されてる気が……歌い手の秋川雅史さんも注目されてるし。でもね、じい的にはゴメンナサイ なんですよね~~言葉も歌も綺麗すぎて心に入ってこない。すっごく嘘っぽく感じてしまうんです。もっともっと時が経ったら共感できるのかもしれないけれど。。。「人は皆生きるためにもがいて罪を背負う」「世に苦しみの炎消えないが、どんな闇夜もやがて朝が…」ちょっと視点はずれてしまうかもしれないけど、ダーティーな部分を認めてもらわないと癒されないこともあるのかな~~ってね

何か、今日は思いつくままツラツラと書いてしまいました さ~~て、身の回りのことを済ませて密会だ

*********

帰ってから“予定外に”お届け物あり ウィーンエリザ本公演のチケットが来てました。今年初の大阪遠征 楽しみになってきたぞぉ~
コメント (3)

読売新聞「ヨリモ」特集

2007-02-26 20:26:48 | 内野聖陽さん
大河に便乗 スカパーで「おんな風林火山」が始まりました。じいはリアルタイムでの記憶はあるような、ないような……綺麗な着物を着たお姫様が出てくる&主題歌(原曲はダイアナ・ロスですよね)だけ覚えてる程度 いや~~ツッコミどころ満載で大爆笑(≧▽≦)// さすが大映ドラマです あ、もちろん勘助サマは出てきません そもそも始まりが勘助サマの命日~ですので。。。

今週も素敵なスタートが切れました 読売新聞朝刊のヨリモ特集~~内野さんのめちゃめちゃ素敵な写真が載ってますよぉぉ この笑顔、じいの萌えツボ直撃 朝、紙面を開いた瞬間、「きゃ~~~」って……速攻フニャフニャ状態でした 去年12月、じいの前に現れた内野さんもこんな感じだった、かな

失礼しました マジメに内容について。。。「あかね空」やそれに関連して1ヶ月限定ブログをされること等が紹介されてました。「役と暮らす」をテーマに語られるそうです。内野節に酔わされそうですね~~ 今回の記事にも「(自分のことを)決めつけたくない……もっと先へ、もっと億へ、欲望に拍車をかけて生きていこうと心がけています」「(かん酒で眠ろうとしても)この男だったら何を飲むかなと考えるのが好き」って。。。まさに“役と暮らす”というか、演じる役を生きているというか……どこぞやのマンガの主人公にもいましたけど、実際にいるんですからね~~もう、ファンはたまりません

月曜日はもう一つ「勘助日記」更新で~~す 今回は絵巻等で描かれている“本物の山本勘助”の映像の後に我らが勘助サマ登場 「似てないっ」って叫ぶ 内野さん、お茶目でした
コメント

風林火山 第8回「奇襲!海ノ口」

2007-02-25 23:59:52 | 風林火山
今日の風林火山はこれにつきますよね。

今日のいくさ、最高やったわ~~

ホント、めちゃめちゃ面白かったです。この時代、当然ながら飛行機や戦車、兵器があるわけではなく、まさに人海戦術というか、人が体を張って戦ってたんだなぁ~っていうのが良く分かりました。でも、合戦の場面を見ていて、これだけの人を動かして思い通りに勝利を収めたらいい気分なんだろうなぁ~って 勘助サマが軍師になりたかった気持ちがちょっとだけ分かったような気がしました。

で、その勘助サマなんですけど、前半は大活躍~~ 自分の作戦が上手くいった時の満足げな表情、水瓶に耳を当てて地下の敵の様子が分かった時のキラキラとした目、すんごいかっこよかったです あと、いくさのことで頭がいっぱい、夜も城の見取り図を見ながら考え込む勘助サマに酔っ払った平蔵が絡むところ、しょうがないなぁ~うるさいなぁ~って感じで払いのける手 に異常に執着してしまったじいは変かしら でもぉ~~膝枕は羨ましいですよね 頭に乗せた手もこれまたうらやましいぃぃぃ~~~ きっと同じように叫んだ魔女様が多々いらっしゃったことと思います

美瑠姫も凛とした可愛さがありました 何となく「秘太刀・馬の骨」の多喜ちゃんに似てた感じがしたんですけど。。。夜にやぐらで武田勢の動きを監視する勘助サマのところにやってくるシーン、姫を見る勘助サマの優しい表情がとっても良かったです。目の表情だけでその場の空気まで変えてしまう内野さん……やっぱり凄い役者さんですわ~~しかも 厳しい表情が続く中で垣間見せる優しい表情や笑顔はいっそう罪なのですよ。。。

勘助サマの策がヒットする度に悔しい表情を見せる信虎……いや~~魔女的な恨みが9割方入ってますけど、爽快でございました 晴信ちゃんに奇襲をかけられたのは……ま、仕方ないですかな しんがりが晴信だと判明した時の勘助サマの表情は圧巻でした。怖い表情の中に相手の力を認める気持ちが伝わってきて……やっぱり運命で結ばれてる二人なんですよね。早く“良い絆”を結んでほしいなぁ~~と思いますね。それにしても、晴信の前に敵が現れた時の剣の抜き方、あの優雅な手の構えはいかがなものかと思いますよ~~歌舞伎とかなら美しい所作だと思いますけど。それを助ける板垣……かっこよすぎ あんな守役、じいにも欲しいです

来週は由布姫が出てくるみたいですね(挨拶程度のようですが)しかも、勘助サマが再び不遇な環境に 予告を見ただけで胸が痛くなってしまって……抱きしめてあげたくなってしまいます。ラストの緊迫感といい目が離せません
コメント   トラックバック (1)

両手に男!

2007-02-25 23:33:23 | その他いろいろ
風林火山の感想は別記事にて。今日は今年初のテニス に行ってきました。午後3時~5時の2時間、さすがに後半は寒くなってきましたし、約2ヶ月のブランクがあったので、ゼーハー息切れが凄かったんですけど、体を動かしてスッキリ気分爽快

今回のメンバー、それはそれは濃いの何のって……ベルばら係長に長渕命の元上司、そしてじいの3人 黄泉の帝王と現世の皇帝に愛を請われて尚、わが道を行くっていう設定(絶対にあり得ない)なら大歓迎ですけど、今回の3人は……二度は勘弁願いたいです ごはんをおごってもらったのは良かったけど

プレイの方は相変わらず。フェンス越えが3回…… 人に当てたのは……あ、なかった 上達した??って、それは冗談ですけど(笑) コーチ@元上司曰く、正面を向いて打ってしまう&打点が定まっていないからラケットの面が正面に向いてなくて振る勢いで何となく打ってる、とのこと。う~~ん、難しいです しかも、元上司が言ってることを聞いてはいるけれど、一方で「あ、宗方コーチも同じこと言ってた」って妄想劇場開幕~となるんですよね~~そもそも、テニスを始めたのは「エースをねらえ」がきっかけだったし 申し訳ないことでごいっす

帰り道、ベルばら係長と途中まで一緒の電車だったんですけど、可哀想なくらい一生懸命話しかけてくるんですよね~~ベルばら係長はじいのホントの学歴&経歴を知ってるので、専門的な話とかいろいろ。私が一言、舞台の話を切り出してあげればいいんでしょうけどね~~
コメント (4)

月刊TVnavi

2007-02-25 01:49:15 | 内野聖陽さん
本日、今年お初の土曜出勤 忙しくはないんですよ。でも、うちは会社カレンダーであらかじめ土曜出勤を決められてるので、仕事が忙しくても休みだったり、暇でも出勤だったり……経営陣=仕事時間が長いのは美徳だと思ってる人たちなので ま、私もわがまま放題してるから偉そうなことは言えないけど(その分仕事はしてる…つもり)もうちょっと役員連中には賢くなって欲しいものです。。。

さてさて、今日はテレビナビの発売日。帰りに地元の本屋に寄ったらなくて 予定外にハシゴすること3軒目でようやくゲット 近所の大きい書店(専門書~マンガまでそこそこ揃ってる)がなくなってしまったので不便になりましたわ

表紙は松潤、巻頭ページもジャニだらけで見ていると恥ずかしくなってきますわ。綺麗な少年には昔から興味なしだし。で、肝心の内野さんのインタビューはカラー2ページで黒シャツ(もち、開襟)に黒革ジャケ、ジーンズの内野さん 完璧にかっこいいわけじゃなくて、どことなく「微妙さ」が漂ってるところが内野さんらしくて好きです←褒めてます 魔女の皆様は分かりますよね 内容は「あかね空」について。出演しようと思った理由、二役演じたこと等など、他の場でおっしゃってたことと大体同じでした。あかね空のテーマ=家族愛について、内野さんらしさ全開で、今日もじいは唸らせていただきました~~言葉じりだけ捕らえて都合のいいように言ったり書いたりできるとは思うけれど、そこに込められた内野さんが伝えようとしていることは内野ファンには理解できてるはず 雑音なんて入る余地はありません。。。

今週は内野的話題に事欠かず、好きだ~~ と盛り上がってるうちに次の風林火山はすぐそこに 軍師デビューの元気な勘助サマが楽しみです

そうそう、大物の魔女誕生 都はるみさんのブログが面白いです。「勘流」「勘助さま」……嵌まり方も思考回路もうっちー病の典型的初期症状
コメント

ニッポン放送「ラジオビバリー昼ズ」&アスパラクラブ後半

2007-02-23 23:41:48 | 内野聖陽さん
今日のじい、最高にご機嫌 きっと魔女の皆様も同じ気持ちではないかと。。。

まずはニッポン放送のビバリー昼ズ出演
聞けない方もいらっしゃったと思うので、つたないながらレポを…… こちらへ

危惧された地雷もなく、素敵な内容でした。魔女的にはおなじみの内容もありましたけど、勘助サマで新たに堕ちた方々には内野さんの魅力が十分に伝わったのではないかなぁ~って思います。カッコイイだけじゃないのよ~って感じで 内野さんの声や喋り方、大好きだわ~~ すんごく心地良くて。。。しかも、声を聞いてるだけで仕草とか表情が分かるような気がして←うっちー病重症者

アスパラクラブのサイトの方はインタビューの後編。これまた素晴らしくて 新聞の記事を読んだ印象とはちょっと違うと感じたところもあったけれど、まとめた文章じゃなくて一問一答だったので、より近く内野さんの言葉に触れたような気がしました もう、ね~~全てが役者魂全開なんですよ プライベートにも二言三言触れられてましたけど、打ち消すわけでもなく、前面に出すわけでもなく、“演じること”に覆われた感じで。。。「守りには入りたくない」「破壊願望が強い」「ぎりぎりのところで演じている方がいいものが生まれる」……「役者は演じて何ぼのもの」とおっしゃった内野さんは健在。さらには

「結果的に作品を通じて訴えることはあっても、メッセージ性を目指して演じると表現が陳腐になると思います。」

じいが内野さんが演じられるものに対して抱いていた思いそのもの……武者震いするのぉ~~ってのは冗談です マジ、身震いがするほどの感情が湧き出てきました。

もう、泣けてきちゃうくらい好きで好きでたまりません ホント、内野地獄に堕ちて良かった。。。
コメント (12)

オール讀物

2007-02-22 21:10:55 | 内野聖陽さん
今日は一日仕事をしました(当たり前ですけど…)…とはいっても、業務の流れ的に隙々になることもあるので、空いてる時は風林ノベライズで復習してたんですけど……ちょいと用事があって(←仕事で!)テニスのコーチな元上司のところに行ったら、「見て見て~」と言われて見せられたのは春合宿の練習メニュー エクセルとか使ってカタカタやってたから忙しいのかなぁ~と思ったら……やっぱりヘタレ部署だ

今朝の朝日新聞の投稿欄を読んでたら「風林火山」について書かれた投稿が~~ 内容的には感想にしか見えないので、なぜ一般の投稿欄に載ってるのか??なんですけど。。。ま、それはいいんですけど、第5話の兄者との別れのシーンが挙げられてて、内野さんが演じられる勘助サマだから人間の内面が表現できるってべた褒め ウフフ~~自分のことのように嬉しくなってしまいます 朝から気分爽快~~

更に、今日は「オール讀物」の発売日 内野さん絡みじゃないと100%買わない文芸誌ですけど とっても中身のある話でした 内野さん、いきなりネタバレ ヲイヲイ…って感じでスタート前半は江戸の長屋暮らしの文化に関することで、京都と江戸の違いとか、近すぎる距離で生活をしてたから「だれの目にも見えてるけど見えない約束」が不可欠だった江戸暮らしがあったこととか……いや~~かなり面白かったです。

あと、良かったのが「職人」の話。昔の職人は儲け<良い仕事をして褒められるのが誇りであり心意気だったとのこと。“変わり者のバカ”ってのが素晴らしいことだったんですね~~で、内野さんが「役者バカになりたい」って 山本一力さん、「なってる、大丈夫だ(笑)」とするど~~い一言さすが作家さんです。。。内野さんは、最初、職人は注文されたものを的確に作るってイメージがあったみたいで、俳優=職人という意見には賛同できなかったそうです。でも、山本さん曰く、職人はどんな注文でもこなせることも大事だけど「それと同時に、相手はこう言ってるけども、俺がつくりたいものはこれなんだと、それを技で見せて、相手はそれに対してぐうの音も出ない。これはやっぱり職人じゃなきゃできないこと」って……以下は魔女じいの内野愛に満ちた発言なので悪しからず これこそ内野さんじゃないですか~~ 後の方で最近は台詞で説明しようとしていることが多すぎるって話が出てくるんですけど、「役者が見事に演じてくれたら、台詞なんかひと言もなくたって泣いちゃう(by山本さん)」ってのは納得ですわ 雰囲気だけで伝わってくる→心をわしづかみってことですからね~~で、こういうことができちゃうお方なんですよ、内野さんは たまりませんなぁ 今では“貴重”な職人技に触れられる私たち……「台詞に引っ張られない観客」って信じてもらってるってことですよね ほ~~んと幸せ者なんだなぁ とシミジミ感じてしまいました。

そしてそして 今日はまだまだ止まりませんよ~~インタビュー祭り

2月23日 朝日新聞アスパラクラブサイト更新
3月6日 週刊女性
3月22日 婦人公論

そしてそして 2月26日 読売新聞朝刊「ヨリモ」特集に紹介記事が掲載&読売新聞サイト「ヨリモ」にて3月1日から1ヶ月限定で「内野聖陽 special BLOG」が開始 内野さんがブログって 早速コメントしないとっ TBしないとっ……な~~んて、そういうのはやっぱりない…か 勘助日記もあるし、ずぅ~~とほったらかしになってる(爆!)会員限定のアレもあるし、忙しそうですね~~何となく“行き当たりばったり”みたいな感じもありますけど。。。とにかく、お体には気をつけていただきたいです

フフフ~~ここのところ、内野さん満載で嬉しいですぅ 明日はラジオ出演。。。一部、不機嫌なジーィンにするような雑音も入ってきてるんですけど でも、じいはきっと大丈夫。確かな気持ちがあるから
コメント

勘助サマ4連発

2007-02-21 21:10:38 | 内野聖陽さん
今日1日、完全な社内無職状態 午前中はベルばら係長に呼ばれて会議という名の雑談を繰り広げ、っていうか、係長の暇つぶしの相手をさせられた感じだったんですけどね~~早くもGW中の仕事の話が出てて、代休ありの休日出勤の可能性大って言われ まぁ、一番の山場時期なので覚悟はしてましたけど。。。ま、観劇予定もないし、代休は6月~のレミゼ祭りの時に使えばいいし~~と相変わらずの愚考が頭を駆け巡ってました その後は、同僚に貸した「あかね空」原作も戻ってこないので(あと少しで読破するらしい…)レミゼのキャスト表を見ながら計画を立てたり、本家サイトの更新をやってみたり……やっぱり、最上位レベルの photoshop は使いやすいわ~~(家のは element)おかげで、溜めに溜めてた観劇記はコンプリート 風林火山サイトも整理して何とか最新状態に 喉に引っかかってた小骨の状態だったので気分爽快~~ 気が向いたらのぞいてみてくださいませ

帰宅したらステラ定期購読の特典図書カードが届いていました。スタジオパーク内で売られている別の図書カ&テレカと並べてウットリ~~ 素敵だわ~~勘助サマ

そうそう、今日のミセシン……じいが一番好きな6話でした 姑や小姑の場面は相変わらず気分悪っ だし、楽しい思い出があればこれから何もなくても生きていける~~なんてのはじい的にはあり得ないことだけど(毎日が欲望の塊 全力で楽しく生きていたいので)二人のデート の場面は好きなんですよね~~妄想全開して あと、「話してごらん」って覗き込むところも好き で、待ってました~~「駆け落ちしよう、ローマへ!」 何度聞いても笑える。。。
コメント

好きになってよかった

2007-02-20 06:37:43 | 内野聖陽さん
おはようございます 今朝のアスパラクラブ@朝日新聞の内野さんインタビュー記事を読んで幸せいっぱいのじいでございます

写真はネットのと同じ。じい的には微妙なんですけど それは置いておいて、内容が素晴らしい~~ 前半は大河の話、中盤以降は役者としての経歴や「あかね空」のことが書かれてるんですけど、「あかね空」について「家族のきずなが大事という脚本のメッセージにひかれた」と内野さん。でも、映画→私生活を投影されることには抵抗があるとか 「家族ができたことは守っていく基盤ができたといえる。でもそれは役者にとってもろ刃の剣。攻めの姿勢で、もっと自分を変えて更なるイメージへ持って行きたい」って……いつぞやのメッセでおっしゃってたことと同じですよね~~役者・内野聖陽!じい、本当に本当に好きになってよかった~~ と思いました。辛いこともいっぱいだけど、頑張ってついていこうって……

きゃは~~今朝は素敵なスタートが切れました。ではでは、仕事に行ってきま~す って、今日は仕事、あるのか??私。。。
コメント (4)