じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

食い倒れ(^-^;

2011-09-21 23:56:01 | その他いろいろ


台風でどえりゃー大変で思わず誰かの呪いか(爆)と思ってみたり ま、それはともかくとして、連日の食い倒れ状態だったじい 一昨日はカレーな友人と激辛カレー挑戦にいつものお店へ。次回のチャレンジのために記録(笑) 友人は25倍、じいは35倍を注文 前回と同じく結構余裕で完食 お店が移転して辛さ控えめになった?あるいはじいたちがバージョンアップしたのか??何だか少し拍子抜けしたような気もしますが、、、次回はいよいよ40倍。目標達成が見えてきたかも。ギブアップして戻りませんよーに 昨日は別の友人と某プロ野球球団が定宿にしているホテルでランチビュッフェを堪能 さすがに昔のようにはお腹に詰め込めなくなったけど(お互いに?!笑)たっぷりデザートまで美味しくいただきました

それぞれに会った友人たち・・・箸が転がっても可笑しい年頃からの付き合いで一緒に楽器を奏でていた仲間ですが、じいが復帰するに当たって・・・というだけではないのですがいろいろな話をしました。高いレベルは高いレベルなりにいろいろ難しかったり面倒だったりするみたいね ま、そういうレベルで揉めるのは羨ましいのかな?と思うけど、やっぱり音楽で食べていくわけではないし、そこまでできないよねー的な思いもあったり。。。あるいは地域的に盛んだと、それなりの音楽性を保ちつつ楽しんでやれる団体があったり昔の人脈を活用できるからいいなーと思う反面しがらみが多いから全くのフリーな立場で自由にやる方がのびのびできそうだなーと思ったり・・・と、そんなこんなの話をメインにいろいろと話ができて充実した楽しい時間を過ごせました。

ここのところ親戚だの近所の人だの小学校の同級生の親だの、まぁよそ行きの作り笑顔(笑)と気遣いの日々が続いて限界間近だったので久しぶりに清々しい気分♪楽しかったーー
コメント

荷物を出しました

2011-09-18 23:18:37 | その他いろいろ
今日、家から全て荷物を出し終えました。1歳の時から過ごしたおうち・・・いろんな思い出が詰まった我が家 荷物が全部出て広くなった部屋。柱、窓のサッシ、廊下、階段、畳、、、水拭きしている手からいろんな思い出がヒシヒシと伝わってきました。そして物がない分、朧気に覚えている引越し後数年の幼い日のことも思い出して・・・最後、家を出る時はさすがに泣けて。。。

3人の家の扉を閉めて、思い出たちに別れを告げた。
新たな旅立ち
コメント

Happy Birthday to 内野さん

2011-09-16 06:00:00 | 内野聖陽さん


HAPPY BIRTHDAY to 内野聖陽さん

I do understand for a year...
You are unique, and nobody can ever take your place.
I need you in my life.
With your life and spirit of an actor forever...

The following year will be another wonderfull one for you.

コメント (4)

R25

2011-09-15 23:54:20 | 内野聖陽さん
本日発行のR25 哀しい哉、うちから徒歩圏内の超近場にあるのに~~ どーしても今行ける環境ではないので近所の魔女サマに配布ラックの在り処を伝えてまるっとお任せ 予想通り写真が大きくて素敵だったみたい 実物を手に出来るのは引越しが完了するまでおあずけ……励みに頑張りまっす でも、中身はR25のHPでも読めるので早々に味わってまいりました~~

いきなり冒頭から興奮 「まあなんというか、色っぽいのである。別にそうした仕草をしているわけではない。普通だ。質問に答え、ときに考え、軽くおどけたりもする。まったく芝居がかっているわけではない。なのに…。」いや、その罪なトコは百も承知ですから~~いろんな側面で惹かれて抜け出せない、ホント厄介ですよね~~内野愛

やっぱりこの話から来ますよね~~パンドラⅢの湯田官房長官。めくる手が止まらなくなる資料!内野さんはそれを聞いて「でしょ?」とにっこり……もしかして突き放したような悪戯な笑顔だったのかな~~と思ったりしたのですが 子供っぽくて、そこもまたある意味色っぽいのかも。そんな風な一面があるから観る方も自分なりに作品に向き合いたいな~~と思ってしまうのよね~~やっぱり罪ぢゃ 湯田官房長官、ドラマの公式サイトやテレビ雑誌で少しだけキャラクターが垣間見られる感じですが今回のインタほど多くを語られることがなかったので新鮮 「人間って同じ細胞を持ったヒト科の動物なのに、環境によって全然違うんですよね。それが今回8種類、違う環境・文化の下で育った同じ種の動物が、ある何かをきっかけにひとつの物語に収束していく。そこに、そそられましたねー」と内野さん。何かね~~フィクションの登場人物のリアリティを普通に求めるというのではなくて、本能的、動物的な意味としての人間というか、根源的な生身の生物という部分も含めたヒリヒリしたリアリティみたいなもの?それを感じましたね~~「それを大人の視聴者のみなさんに、どれだけリアリティを持って観てもらうことができるか。もちろんその際、フィクションとしてのダイナミックさを損なってはいけない。“あり得ないじゃん!”という世界のことをやりながら“あるかもね!”“こんなヤツいたら面白い!”って思わせるのが僕らの仕事なんで、そこには気をつけて演じていますね」ともおっしゃっていて、これは今までも役の人生に向き合われる度におっしゃってきたことだと思うんだけど、ただ喜怒哀楽を伝えてくださるだけではなくて、心のメーターが振り切れるほどあーでもない、こーでもないと良くも悪くも葛藤させてくださるんですよね~~内野さんというお人は

そして、、、リアリティのあり方は決してあからさまに時代や世情を意識したものであったり、教訓染みたものであったり、タイムリーな何かを狙ったものではないところがじいは好きなんですよね そういうものたちは「そこはかとなく」感じるものであって、観る者と演じる者が闘いの中でそれぞれに見出して感じるものだと思うし、その余白を楽しんで思いのやり取りができる、、、それが役者・内野聖陽だと思うのよね~~今回の「パンドラⅢ」でも政治家を演じる上で今の政治と絡めた質問に対して「せいぜい話し方とか言葉の使い方が参考になるぐらいですかね。日本にはかつていなかった政治家だと思います。なので、魂レベルでアプローチしたいなっていう(笑)。そんな野心があります。その純粋さゆえの危険さが出るといいなあと思ってるんですけど。それを僕がどう味わって咀嚼してみなさんにお届けするか…役者魂をそそるというか、ある意味興奮する役ですね」とおっしゃっているし。魂レベルでアプローチなんて その前に湯田のキャラクターについても話していらっしゃいますが、あり得ない部分に人間の奥底に実はあるかもしれない真実が見出せそう あぁ~~またもやアレコレ無駄に(笑)引きずって悩みそうですね~~放送後は

後半は内野さんの役者道について、これでもかというほど濃厚な話が盛りだくさん 「“このシーンできなかったら、俺は役者として価値がないぞ”っていうぐらいに自分を追い込んで、勝負を賭けます。賭ければ賭けるほど不安が大きくなって、それだけ落ちて死ぬリスクも恐怖も増します。そんなふうにハードルを高く持っていくかな」とギリギリまで追い込む……以前ちこっとそういう姿に触れた時のことを思い出しましたが、そこまでやる方だからこそ演じられる役を観て「どうしてここまで出来るの?」と魂が震える瞬間に出会えるんだろうな~と思うんですよね そして、、、切ない強さみたいなもの???「“何これ、できるの!?”っていうところに自分を追い込んで“俺できねえ、無理だよ!”っていう俺と“できるぞ、やってみろ!”っていう俺とが戦うことになって(笑)。」……その辺はマゾでご自身に対してはサド……いや、観る者に対してもサドだと思うんですけどぉ~ でもそのひしめき合いに耐え得る強さと繊細さ、好きなのよね~~これまた罪なほどに

終盤の一点豪華主義の話とダムの喩え……これもまた昔から一貫しておっしゃっていることに共通する内容だと思ったけど、可でも不可でもない平均点、あるいは面白みのオール5ではなく、1つだけでいいからコレ!というものに突き進んでいく。これぞまさに落ちる恐怖との戦いでもあると思うんですよね。内野さんは「じゃあ俺にとって“何かひとつ”って何だろうって考えた。僕はもともと“何でもよかった人”だったんです。書道家でも音楽家でも、メディアは問わず、何かを通じて自分の内なるものを外に出したいと思ってました。で、自分でも“何でもいい”っていうのがイヤだったんですね。だからかもしれない。たまたま俳優っていうことに出合っちゃって一番しっくりきて。腰を据えて俳優に取り組み始め、他のことはやりたくないなと思うようになった」とおっしゃっているけど、ホントかっこいいと思いますね~~ な魅力だけではない人間的な魅力、そしてちょぴっと垣間見える気がする マイナスな魅力(苦笑)も含めて……やっぱり好きだな~~内野さんのこと

「来た役をとことんまで面白くするのが使命だと思ってるので。ただ…なんだろな、年齢にとらわれない、身のほど知らずな役者でありたいなとは思いますね。年不相応な、意表を突く仕事をしていきたいなと思ってる。より面白い作り手たちとの出会いができるように自分を高めていきたいなっていうぐらいで、あんまり…」

内野さんらしい“未来”ではないかと。。。その未来に……ずっとずっと見続けていきたいお人ですね~~10年先も20年先もずっと君に恋して……いる、きっと
コメント

パンドラⅢ制作発表

2011-09-15 23:09:44 | 内野聖陽さん
引越し直前につき段ボールの山あいで生息中 聖誕祭以外は魔女生活は控えめに……と一応 思ってはいたのですが我慢の限界!こんなに盛り上がれる出来事が いてもたってもいられなくなったので、じいママのパソを私物化してココに出没~☆

14日に帝国ホテルでパンドラⅢの制作発表が行われたんですね~~WOWOWドラマなのに 結構いろんなところで取り上げられていました(作品を語れない頭の悪いスポーツ紙の記事は無視の方向で

WOWOW
スポニチ
シネマトゥデイ
楽天WOMAN
Cinema Cafe
ザ・テレビジョン
オリコン
まんたんウェブ
ハリウッドチャンネル
ムビコレ(動画)

新内閣の閣僚発表の場を髣髴させるセットでの会見だったようで……第4話まで撮影中か~~なるほろ お馴染みの早撮りかと思っていたのでちょっと意外でした。撮影現場は“静と動”それぞれの熱さがあるのかな~~一筋縄ではいかない複雑な友情関係っぽい鈴木教授と湯田官房長官!内野さん曰く「(江口さんは)男っぽいさらりとした性格なので、気持ち良くやらせていただいています」「江口さんが役で黒ブチメガネをしているので、現場では江口さんと意識せずにインテリな鈴木教授としてやっています」とのこと。そして「でも今回の江口さんの役は非常に嫌な奴で、シニカルでいやみばかりう言うやつなんですよ。わたしの役が彼の奥さんを略奪してしまう複雑な間柄なのでね」と、作品的にもキャラクター的にも興味津々な言葉も その「複雑な間柄」でどんな風に思いのやり取りができるか、どんな人間ドラマを感じさせてもらえるのか、すっごく楽しみですぅ~~

内野さんが演じられる湯田は「2役をやっているようで難しい反面、楽しい。役者冥利に尽きる」という役だそうで……もうぅ~~こんな面白そうな役の人生、内野さんならきっと生きてみたいと思われるだろうな~~と速攻感じます そして今回のパンドラのテーマ→自殺防止の特効薬!どうやらチップらしきものを入れられるっぽい???それに関して会見で「入れてみたいですね。不安や恐怖はできるなら無くしたいですから」とおっしゃっていて……今日発行のR25のインタでも内野さんの役者としての姿勢を語っていらっしゃいますが、そこでの話と共通するものを感じましたね~~R25は別記事でアップしますが、何かこういうことをサラッと&ズバッと言っちゃうところが何か良いな~と惚れてしまい

一人二役といえば永吉さんと傳蔵親分だけど、今回は一人の人間の中に二人の人格という感じ???ジキハイとも違うと思うけど、何かをきっかけにして人格が変わったというか、元来人間が持ち合わせている二面性というか、はたまた人生の中で遭遇する外的要因によっていろんな側面に染まれるというか、、、まぁ実際に放送を見るまでアレコレ言った全ては妄想に過ぎず、なんですけどね~~湯田に出会える日が待ち遠しいです。

ところで、、、写真と動画を見ていて思ったんだけど(苦笑)照明の影or元からそういう色だと思っていたシャツの“コントラスト”……もうぅ~~相変わらずの汗っかきなんだから
コメント

雑誌祭り

2011-09-12 23:54:47 | 内野聖陽さん
今夜は中秋の名月 中秋ね~~確かに風はソコソコ冷たいのは助かりますが熱帯夜なんですけど~~ そして、風流に 月を愛でているのかと思いきや、それどころじゃないのよぉ~~明日の午前勤務を終えたら来週の引越しに向けて普段のじいの定休日を合わせてまるっと1週間+αの休暇に入ります。いよいよ怒涛の大移動、2駅先だけど(笑)それでいろんな準備をしないといけないわ、明日で一旦ネット回線を閉じるので溜めてる観劇記2本(今やらなくてもいいのに一度スイッチが入ったら止められないマイペースB型)……コレは明日の午後時間が取れそうだからその時に回すとして、それよりも聖誕祭の準備がぁ~~ 今夜寝る時間があるのだろうか、、、じい

パンドラⅢ、来ましたね~~雑誌祭り CS放送の情報が充実している雑誌2誌に月刊のテレビ雑誌!風林火山の再放送とシリウスの放送の時を思い出す掲載っぷり。23日はオフィシャルガイドブックで24日は雑誌3冊ね~~引越し直後で究極にバタバタ 本屋までちょっと~なんてとてもじゃないけど許されない状況だとは思うけど、内野的事項でじいの邪魔をするなんぞ恐ろしいことはできまい 2日連続で行ってきまっす 問題はR25なのよね~~あの雑誌のインタは何げに充実しているので期待大 前職の時は会社が入ってる建物の1階に配布ラックがあったので木曜日にはR25とL25を取ってくるのが社員のお約束だったんだけど……今も通勤経路にラックがあるので毎日その前を通っているので楽勝……と思いきや、今回は配布当日に行けない場所にいるので無理なんですよね~~アレ、場所によっては結構すぐになくなるから絶望的 R25公式サイトでも読めるし、スマホのアプリでも当日配信……またもや、スマホ万歳~ でもやっぱり紙で読みたいのでどーにか手を打たなくちゃ。
コメント

砂の器

2011-09-11 23:56:08 | テレビ・映画
3月の震災で放送延期になっていた「砂の器」 今週末にやっとこさ放送!3月の時から楽しみにしていたので2夜連続で付き合ってみたのですが……う~~ん、残念すぎ ってか脚本書いたの誰よ と言いたくなるよーな駄作 この脚本家が書いた映画「ホタル」は好きだったんだけどなぁ~~

何度も映像化されている超有名な作品。やっぱり映画版が良かったな~~じいの大好き……「だった」の過去形…か 今でも嫌いじゃないですが(笑)俳優さんが和賀英良を演じてたのよね~~若くてかっこよかった 原作と違うアレンジや設定が加えられているとはいうものの、一番原作に沿った立体化になっている気がします。ラスト、ピアノ協奏曲「宿命」をバックに全ての真相が語られるところは映像だからこそ成せる演出で心が締め付けられて人間の業を考えずにはいられません。最近ではやっぱ日曜劇場でドラマ化したヤツですよね~~主演のアイドル俳優はともかくとして(ま、同じグループのキ何とかより遥かにマシな演技だったし、その前の「白い影」は不覚にも嵌ったし)世界のケン・ワタナベや先日亡くなられた原田芳雄さんは素晴らしかったですね~~ 描かれた時代設定は全く違うし話の中身はいじりまくりでしたが←今の時代の人権等々の事情的に原作通りの設定は使えないので でもね~~生きることの残酷さ、強さ、哀しさ、、、そういうどうしようもない人間の性という物語の柱はしっかりと表現してあったと思います。

今回のドラマ、事件の背景が弱すぎ そこに至るまでに重く深く静かに積み重ね積み重ね、そして最後にドドーンと……この盛り上がりが全くなくて単なるサスペンス。別に「砂の器」じゃなくてもいいんじゃね?……ってか作品に対する冒涜かいっ みたいな キャストも良い役者陣(主演+α以外を除く)を揃えてるのにそれも活かしきれてない 最後は映画版の踏襲で構わないから、取調室でのやり取りで真相を明かすんじゃなくて、ピアノ協奏曲の演奏をバックに刑事が語るのをやってほしかったのよね~~特にピアノが奏でる主旋律と本浦父子の悲しい物語はもうぅ~~泣けて泣けて 登場人物それぞれが主役になり得る作品、見方や立場変わればで善悪が変わる問題提起のある重層的な話、そして映像化の度に作曲される音楽が示しているように様々な視点で描けると思うけど、、、ここまで薄っぺらい出来なのはいかがなものかと。。。せっかく佐々木蔵之介さんの緩急あるキャラクターの演じっぷりを楽しみにしてたのにな~~ あ、、、指揮はかな~り……以下自粛(苦笑)じい、楽器弾きなのでどんなに上手く演じたとしてもごまかせない……たとえ愛があっても許せない…かな~~さすがに目を覆いましたし~~光王子の時も
コメント (2)

パンドラⅢ公式HPリニューアル

2011-09-09 23:52:02 | 内野聖陽さん
今日は仕事帰りに役所で転居の手続きをしてきました。自分が社会人になってからの転居はお初。窓口のはしごでめんどかった~~ さすが公務員の縦割り行政 自分のテリトリー以外は我関せずでホント公務員って応用力なくて役に立たねーと……おっと、暴言失礼 じい家では新居の世帯主をどちらにするかで本気で議論 こういうある意味どーでもいいことで(笑)揉める家族でアホらしい~とは思うのですが 結局じいということで落ち着きましたが、新居購入の諸々の手続きでもじいの方が先に名前が書かれていることにツッコミを入れたじいママ 一応じいの方が労働人口にカウントされる現役世代なんだから世の中の仕組み的に仕方ないと言い聞かせておきましたが……選挙ハガキの宛名といい個人主義にこだわる自己主張の強い人が揃ってるのよね~~我が家

そういえば、、、ちょっと注目しちゃったニュースがありました。

としまえん、閉園前提で都が買収案…防災公園化(読売新聞) - goo ニュース

君恋で30博と里花が初デートした遊園地 メリーゴーランド→カルーセルエルドラドは機械遺産にも認定された日本最古のメリーゴーランドとして有名です。じい、君恋散歩と称して去年行ってきましたが確かに今時まだこんな施設が残ってるんだ~と思うダサさレトロ感あり、正直儲かってなさそーな雰囲気でしたが 東京都の施策といい、としまえんを運営する西武といい、変な が絡むような胡散臭い話が出てこなければいいな~と思ったりしてて

さてさて、パンドラⅢ もうぅ~~放送開始が待ち遠しくてたまらないのですが、公式サイトがリニューアルされて本格稼動し始めました 予告映像のコーナーにプロモーション映像が追加。いろんな湯田官房長官の姿、表情、そして素敵な声が公開されています 既にアップされている特報映像の短い時間の中でも振り幅の大きいキャラクターだろうな~とワクワクさせる姿に出会えたけど、今回アップされた映像では更に期待を させる表情。声もその場面によって雰囲気が変わっているように感じます。あぁぁ~~天井知らずの悶えまくり~~萌えまくり~~ 既にマジでおかしくなっているので(爆!)どうなってしまうんだか、、、自分。責任の全ては内野さん演じる湯田官房長官なんだからっっっ あぁぁ~~憤死しそうデス

あと、、、スピンオフ・ミニドラマ「序章」が配信されるとのこと。詳細はこちら やったーー見られるよぉ~~しかも聖誕祭の日から配信スタートなんて何という心憎さ いろいろできないことや制約が多くて悲しい思いをしてきたスマホですが、初めてこういう恩恵を受けられますぅ~~ ま、山本耕史君演じる記者・太刀川のスピンオフドラマなので官房長官が出てくるかどうか……あまり期待はしていないのですが、作品を楽しむ上では魅力的な企画なのでこちらも堪能したいと思いま~す
コメント

現実逃避(笑)

2011-09-08 20:23:26 | その他いろいろ
とにかく忙殺の日々です にもかかわらず今日は何も手付かずの腑抜け状態 しかも少し頭が重くて前頭葉が痛いよーな。。。本当は住所変更の件で役所に行かないといけなかったのですが明日に延期。大人しく 心身に正直になってダラダラしていました そういえば、、、年明けの7時間時代劇!他の出演者が次々に発表になっているようですね~~WOWOWの方では「シリウスの道」再放送があったりでパンドラⅢに向けて着々と そのパンドラⅢのオフィシャルガイドの発売日は9月23日に決定。いや~~あれもこれも な幸せが溢れていて贅沢すぎる幸せをかみしめています

ただね~~毎日毎日こうも忙しいと別の方向に意識が飛んでいってしまうというもので(笑) 3月の震災の時の帰宅難民経験&その後の鉄道ダイヤの乱れが大きなきっかけ 同い年の社員の女性が職場近くで家探しを始めてて、今のじいの生息地に住みたいということでいろいろと相談に乗っていました。彼女が今住んでいる場所=実家はじいからすれば都心に近くて羨ましい場所なんだけど確かに職場からは遠いから大変だと思う…… 妹さんとルームシェア予定なんだけど、その社員の女性はマラソンが趣味なので駅から遠くても無問題だけど妹さんは徒歩10分が限界←じいと同じ 、しかもニャンコ 連れだから物件が限られてくるわけで この前は駅の反対側で徒歩3分のペット可の部屋を見つけたと言ってたけど、そこら辺にそんなアパート?マンション??あったっけ とりあえず一通りは揃ってる街で自由気ままな若者の二人暮らし♪ちょっぴりいいな~と羨望の眼差しだったりして

あと、、、来年を目処に客席が見える場所に復帰すべく本腰を入れて準備 どこに入ろうと迷っていた楽団もようやく絞れてきたし。本当は少々活動&練習場所が遠くても本格的にやっている楽団に入るのが自分の音楽性を満たせるのは分かっているのですが、じいは不器用なヤツなので 仕事を普通にやって更に…となると観劇も音楽もというのは心身ともにキツイ 魔女も引退……あり得ないわ~~絶対に そんなわけで市民楽団みたいな地元の団体の1つを本気で検討。もう1つ活動している団体があったのですが、こちらはクラシックは少なめだしローカルな祭りやイベント参加に力を入れていて、こういう自己満足的なのはじい的に嫌でやっぱりちゃんとしたホールで勝負したいので。検討している団体は大人から始めた初心者じゃなくて昔からの経験者が多いみたいだし、しかるべき指導者の演奏指導もあるみたいだし、練習もわりと参加しやすいスケジュールが組んであるし、、、これなら今まで通り劇場の住人メインでもやっていけるかな~と こんなセカンド的な活動希望でわがまま言いたい放題ですが(苦笑)

とりあえず年明けに定期演奏会があるので、その演奏を聴いて練習を見学して指導する人の雰囲気を見てからになると思うけど……HPに去年の演奏会の動画が掲載されていたんだけど正直微妙っちゃ微妙だったしな~~ ま、そこはセカンド的な活動レベルというので目を瞑らないといけない部分ではあるのかな~と。ただ、音楽性が合わない人だと相手が誰でも戦いを挑んでしまう偉そーなヤツなのでね~~音楽に関しては一筋縄ではいきませんから、、、じいは。演奏は指揮者との「闘い」であり「馴れ合い」でありという部分があるし。実際に触れてみてダメなら辞める可能性はありデス。あと、、、本格的に復帰するとなると楽器をメンテに出さないといけないので……来年のいつになるんだか でも、、、いろいろと奮起させる出来事があって違う形で闘う姿勢を磨くのもいいかな~と思っているので、来年中に無事に復帰できれば

コメント (2)

娘関白?!

2011-09-02 23:47:48 | その他いろいろ
今日は激しい天気でした さっきまで日差しがあったと思ったらいきなり土砂降りで、しかも絶対に湿度200%だよ~と思うようなジメジメっぷり。もうぅ~~無駄に重々しいのと中途半端さでイライライライライライラ でも台風本体が来るのはこれからなんですよね~~かなり遠い関東でも午後から風が強くなってきました。明日が雨だと仕事に行くのも憂鬱だなぁ~

じいのイライラの原因、実は他にもありまして……じいママとはそれなりに円満に 引越し準備を進めているのですが、別件でちょっと。。。今回の引越しで少し環境が変わるので、今年中にしないといけない法事を早めにやってしまおうということになったのですが、父方の叔母夫婦の都合に合わせると物凄~くこちらが都合の悪い日になってしまって……じいは内心こちらが呼びたい日に来られないなら来なくていいよと……まぁそういうわけにもいかないけど(苦笑)結局、お寺にお伺いの連絡を入れたら法事は来年だというのが判明 アホなじい家だわ。でも、引っ越す前に食事でも~という話になったらしく……はい、もちろん逃亡します 苦手なのよ~~父方の叔母。そこの娘、つまり従姉妹ですが、じいと年があまり変わらなくて、昔から何かと比較されて競争心をむき出しにされてたのよね~~向こうから一方的に 進学のことでは嫌み…というか何か勘違いしているようなことを言われたし~~言ってるレベルが違うから一緒にしないでくれと今でも思っているんだけど そんなこんなでアレコレ詮索されたくないので一緒に食事なんてあり得ないです じいママもさすがに気を遣ったのか、無理強いはせず……ただね~~諸事情で旧居からの荷出しの後すぐに新居で生活というわけにはいかないので、数日ばかしじいママの実家に泊めてもらうことになってて……こちらは小さい頃から可愛がってもらっている伯父夫婦がいるのでま~だ気が楽なんだけど、それでもやっぱり無邪気な子供ではないので気兼ねなのよね~~で、これまたじいママが気を遣って、昼間は逃亡を勧めてくれて……さすがのじいも申し訳ないな~とは思いつつ、やっぱり親戚付き合いは嫌なので逃亡しまっす そんなわけでさざぽ会の皆様の中で遊んでくれる人は募集中~☆

いろんな苛々が積み重なる中でやっぱりイイ気分にしてくれるのは愛しの君よね こちらに素敵な画像がアップされていますぅ~~明らかに悪そうな方の役柄です……よ…ね ずっと救いようもない悪で絶対に好きにならない悪役を演じてほしいな~と思ってきたんだけど、やっぱり憎みきれなくて好きになっちゃうのよね~~罪だわっ
コメント