じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

内野さんメモ

8月末~10月 『最貧前線』
  8/27~29 神奈川
  9/6~8 豊橋 9/12~15 水戸 9/21~22 上田 9/28~29 新潟
  10/5~13 東京 10/17~20 兵庫 10/26~27 大和

メアド教えて

2005-11-30 22:53:45 | その他いろいろ
昨夜は、今までほったらかしにしてた本家サイトに載せるメタルライブの完全レポを執筆してて……新たな内野さんを思い出して してたんですけど、合間に東宝HPやファンの方のブログを見てると、やっぱり現実を受け入れられない自分がいて…… じいと同様、CDを聞いて涙されている方々もいらっしゃる様子。頑張って乗り越えましょうね~~そして次に向けて前進ですよぉぉ~~

今日、給湯室の片付けをしているところを彼が通りかかって、じいに「今度メアド教えて~」って……いつでも相談できるし~だって 何を相談するんかい なんですけど 別に教えるのは構わないんですけどね 以前のじいみたいに、彼に振り回されるような悩みは考えないようにしてるし。それにしてもこの展開って……(・_・) ん?
コメント

卒業しないと!!

2005-11-29 22:41:32 | 舞台な話
昨日から食欲はあるのに消化機能が伴ってなくて“つわり”な状態 経験したことないから分かりませんけど…… で、出るべきモノも出てくれなくて微熱は出るし……もしかして“新トートショック”か な~んて思いましたけど、原因が判明 深くは追求しないでくださいませ <(_ _)>

昨夜は黄泉の国の友人と新トートさんについて語りました。切ない閣下が好みの私たち……「内野さん」「祐さんor祐サマ」と言ってるんですけど、昨日は開口一番「ヤツはダメよね~」でした^^; 5月エリザは行くかどうかは、やっぱり微妙 9月の祐サマトートを笑い飛ばした私たち、今回は祐サマをS席にしてみる?なんて話もしましたけど、やっぱり情熱が向かない……

卒業しないといけないことは分かっているんですよ。内野さんは次に向かってどんどん進まれる方だし、その分だけ更なる魅力を放ってくださる方だから……9月にあれだけメロメロ させてもらったし、ライブではセクシー&ロックな「最後のダンス」を聴かせていただいて できたし。あの時は、舞台上ならシシィに向けられる誘惑の視線が客席に向けられてて、じいは壊れちゃうかと思いましたから。卒業しないと……でも、東宝のHPを見てると、今までいた人がいなくなってる現実を突きつけられてるようで辛くなるし、エリザCDを聴いてると、「もう私のトート閣下(私物化スミマセン…)には会えないのかぁ~」と思ってウルウルしてくるし

ダメダメ、こんなんじゃ 次に向かってファイトです 立ち止まってる暇はない 頑張れ、自分

そうそう、金曜日に彼と に行った時のこと。同僚に二人で歩いてる姿を目撃されて「そういうことだったんだ~」って……お~~い、そういうことって何もありませんから いろいろ聞かれたけど、話をそらしてごまかしましたよ じいの内向的な性格が恨めしく思いましたわ 女ってコワイなぁ~
コメント

エリザベート 来年5月上演決定

2005-11-28 21:24:58 | 舞台な話
噂されてたエリザ、ついに来ましたね~~

5月3日~28日 日生劇場にて『エリザベート』上演決定

で、やっぱり注目は新トート閣下の武田真治さん 内野トート閣下は卒業なんですね~~ エリザの5月再演とメタルマクベスが噂されてた時から覚悟はしてたんですけど、やっぱりキャストスケジュールとか見てると内野さんのお名前がないので寂しい……

ベガーズの顔寄せの時に高嶋兄がおっしゃってましたけど2代目ってどうしても初代と比べられるから難しいって……真似てもいけないし超えないといけないしで大変ですよね じいもできるだけまっさらな眼で見ようとは思うんですけど、でもやっぱり……ってことで、午後からは仕事にならず、いろ~んなことを考えてました。以下、オフレコ^^;
武田真治さん、申し訳ないけどじいは苦手なんです。弱々しいイメージしかなくって……最近は茶髪にされて悪っぽい感じの役も見ましたけど、トートよりもむしろルキーニ?!あの一路シシィを誘惑するんですからナヨっとした閣下は御遠慮いただきたいような^^; じいを萌え~させてくださるのかは微妙かな?!実は、このキャスティングを見た瞬間、“爆笑閣下”の方がマシかも、とか超失礼なことを思ってしまったもので。歌は何だかんだいってもやっぱり上手いし、包み込むような大きさがあるんですよね~~(外見だけじゃなくって…)だから、武田トートには俺様トートでもなくって、じいのトート閣下でもない、新しい閣下を期待したい……けど、やっぱり期待してないような……

失礼致しました。でも、チケット争奪戦、大変そうですね~~微妙だなぁ~とか言いつつ、やっぱり見たいような……じいはメタルマクベス中心に動くので、今年のエリザの時のような愚行はしない予定。仕事も忙しい時期だし、メタルマクベスは相当無理をしてでも行くつもりなのでエリザのための有給は取りません 席どこでもいいし1回ずつでいいやな~んて、超なめた態度(ゴメンナサイ) はぁ……でもぉぉ……意欲は9月エリザの20%

ま、いろいろ書いちゃいましたけど、エリザという作品が好きなのか、トート閣下が好きなのか……午後からずっと考えてて、トート閣下も好きですけど、やっぱり作品そのものも好きなんだなぁ~って
コメント

異国の丘

2005-11-27 22:06:07 | 観劇記
劇団四季の『異国の丘』を観てきました。四季劇場「秋」だったので浜松町に行ったんですけど、オフィス街が近いってことでリクルートスーツの学生がたくさんいました。シワのないスーツに傷のついていないカバンと靴……まだ3年生っぽかったような……頑張れ、若者よ

さてさて、今日は2ヶ月ぶりの観劇。やっぱり劇場の空気はいいですね~~日常の憂い事を一気に忘れられますから。ただ、やっぱり思いました……じいは四季、苦手なのかも

今回は、9月に観た『李香蘭』みたいな不自然さもなかったし、ダンスはニューヨークのシーンがほとんどだったので違和感なく楽しめました 第1幕最後、船上で九重と愛玲が自分の思い、愛する人への思いを歌うところ、船の先だけセットが作られてて、後ろは絶壁状態で切れているのが丸見えだったのはちょっと……最後の方はスモークが焚かれたので上手く隠されたんですけど、ちょいと笑ってしまいましたけど

作品全体の流れは良かった 日本内部の対立構造と中国との関係、日ソの複雑な外交、アメリカの思惑……何層にも折り重なり入り組んだ当時の情勢がちゃんと描かれていたと思います。あと、九重と愛玲のストーリーと日中の工作活動のストーリーがうまく絡んでいたので、『李香蘭』の時のように歴史事項の羅列になっていなくて、一つの作品として成り立っていると思いました。第2幕、老兵が遺書を先に帰国できることになった人に伝えるシーン、『李香蘭』の時に特攻兵が遺書を次々に読み上げる場面の演出とそっくりだったので、ちょいと と思いましたけど、不覚にもじいは今回、泣いてしまいました 家族への思いの後、「赤とんぼ」や「ふるさと」がBGMに流れたら胸に響きますわ……

ラスト、最後までソ連の言いなりにならなかった九重に友人の神田が「日本に帰るためなら嘘も許される」と文書に署名するよう説得するんですけど、それに応じず殺されちゃうんですよね~~神田も自殺しちゃうし、捕虜を監視していた憲兵ナターシャの複雑な思いが最後の最後で出てきちゃうし……戦争が残したいろんな思いがずっしり残って重い気持ちになりましたけど、作品としては良かったと思います。最後に歌われた「明日への祈り」、登場人物たちが頭の中でフィードバックしちゃってまたまたホロリ……

ってことで、良かった~ で終わりたいところなんですけど、スミマセン やっぱり毒を吐きたい……

主役の九重秀隆、実は石丸幹二さんにお会いしたかったんですけど(オペラ座の怪人でほんのちょっとだけ したもので……浮気じゃないですからね~~ )今日演じられた下村尊則さんも素敵でした。四季の男性(退団された方も含めて)ってノーブルな役を演じられると罪なんですよね~~ 四季の歌い方に合ってるのかもしれないですね。ただ、その歌い方、発声法のせいで、演技が大○になってるってところもあるんですよ。特に女性の方々……感情が全然伝わってこないし、音程が狂わないのはいいけど個性がなくて平坦で、なのにバズーカに歌われるから聞いている方は疲れてくる……オペラ座やレミゼみたいに全編歌で展開するんならまだマシだと思うんですけど、もう少し何とかならないものかと ただ、歌が素晴らしいだけでもダメだと思うんですよね。役の気持ちが伝わってこないと……第2幕の遺書の場面で泣いちゃったって書きましたけど、登場人物の思いがじいの心に響いたわけではなかった。最近の家庭の事情でじいを取り巻いてる家族への思いとオーバーラップしたから泣いたんですよね……はっきり言っちゃいますけど、レミゼの時に号泣した時の涙とは違います あの時はバルジャンの気持ち、コゼットの思い、キリスト教における愛のオーラが伝わってきたから泣いたんですよね~~

じいは、エリザやレミゼ、オペラ座のように、全編歌のミュージカルに慣れているので、セリフが多くなってくると、突然歌いだす不自然さがちょっと……ミュージカルに演劇性を求めすぎるのが間違ってるのかもしれないけど、やっぱりちゃんと演技してほしいなぁ~~

さあさあ、毒はこのくらいにして……アドベント(降誕節)が始まりました。今日からクリスマス仕様のデザインに変更で~~す。もう少しで12月。じいの観劇もラストスパート 来月はレミゼ 大阪遠征が待ってる
コメント

女の一代記

2005-11-26 23:50:28 | テレビ・映画
『女の一代記』シリーズを見終わりました。いきなりですけどちょいと苦言 このシリーズ、2話、3話と進むにつれて、正直キャストが微妙に……特に杉村春子さんの回は演劇に関わる人々を演じるんだからもう少し練り上げた配役ができなかったものかと…… 中の人のイメージが強すぎる役者、タレント、歌手は勘弁してほしかった

ま、 なことはこれくらいにしておいて……

昨日の越路吹雪さんの回はさすがに歌手の人生、歌満載のお話でした。歌が入るドラマって、その部分でストーリーの流れが途切れてしまうし、歌と演じている人が一体化していないと感じることが多かったんですけど、今回はそんな違和感は感じませんでした。天海祐希さん、さすがにステージ慣れしていらっしゃるというか……マイク使いも自然だし、大舞台に負けないくらいの存在感があるし 素敵でした。

このドラマ、じいの妄想 な場所がいっぱい出てきました。帝劇も出てきたし……でも、何といっても日生劇場でしょ 1970年に越路さんのリサイタルが開かれたってことでドラマ中も映ってましたけど、皆さまのご想像通り、じいの頭は1月に旅立ってしまいました ベガーズで通うのはここかぁ~~ステージと客席の位置関係はどうなってるのかなぁ~~とドラマはそっちのけ。挙句の果てにはステージ映さなくていいから客席見せろ~~とか思ってしまったアホ

そうそう、松下由樹さんが演じられていた岩谷時子さん、恥ずかしながらじいは知らなかったんですよ ホント、凄い曲の訳詞や作詞を手がけられているんですね~~ミュージカルの訳詞も数々あるけど、何といってもレミゼ 見終わったあとレミゼのパンフとCDをチェックしちゃいましたよ 大阪レミゼのチケットにもしっかり「訳詞 岩谷時子」って書いてあった…… あと、「ブラッドブラザーズ」の訳詞も岩谷さんなんですね~~このミュージカル、じいが初めて観た本格的なミュージカル 当時 だった柴田恭兵さん見たさに行ってしまいました^^;

第3話、杉村春子さんの回、文学座の歩みがとってもよく分かりました。内野さんに してなかったら見てなかっただろうなぁ~なんて思ってしまいましたけど 「女の一生」の中に出てきたセリフ、「誰かが選んだのではない、自分が選んだ道ですもの。間違いだと分かったら、その間違いを直さなくちゃ」……確か、内野さんのインタビューの中にも出てきたんですよね。(どのインタだったか忘れちゃった)すっごく力強い言葉だなぁ~って……このシリーズで出てきた女性たちって“世間一般的には”どうなの?っていう生き方なのかもしれないけど、じいは憧れます。「恋に溺れてはダメ」「男は芸の肥やしよ」なんて堂々と言える生き方をしたいなぁ~なんて でも、ドラマの3人の女性、見かけは強いけど内面は可愛かったり儚かったり……片一方だけではダメなんですよね、きっと。「どちらが本当の杉村春子なんですか?」っていう大地喜和子@ソニンの問いに「どちらも杉村春子なのよ」との答え、心に響きました
コメント

彼との再会に乾杯!

2005-11-25 23:37:58 | その他いろいろ
行ってまいりました。コイバナの彼との 昨日、お店はお互い考えとこうねってことだったんですけど、ネットとかで探してたら元カノ(元同僚なんですけど)の送別会とかで行ったことがある店だけは思いっきり避けて選択 最寄駅の和風創作居酒屋に行きました。個室っぽく仕切られていたので寛げました。今回は楽しかった 向こうから誘ってきたって“強み”もあったし

まず言っちゃいますけど、何もありませんでしたので念のため でも、それは彼の気持ち云々だけじゃなくって、じいの方も微妙だったんですよね。以前のじいは彼一辺倒だったけど、今は仕事に趣味に気持ちが分散してるし、家庭の心配事もあるし、って感じで、今すぐどうのこうのなりたいっていうのはないんですよね。彼のことはやっぱり好きですよ 今日は一緒に話してて楽しかったし、ドキドキするような緊張感はないんですけど居心地は良かったし。多分、つかず離れずの関係を続けるうちに結論が出てくるのかなぁ~なんて思ってて……

彼の転職の事情は判明 うちの会社にもそんなに長くはいるつもりはないって…… 最初は私がいる部署の仕事を本気で取り組むつもりだったみたいですけど、やっぱり無理っぽいとのこと。まぁ、分かる気はしますわ。うちの課長と上手くやっていくのはきつそうなのは一目瞭然だし 研修の話もあったらしいんですけど、彼と一緒ならいいかも~~と超勝手なことを思ってしまったじいなのでした

会社にいる時でも、もし辞めてたとしても、いつでも連絡くれれば話は聞くからって……遠慮しないでいいからねって言ってましたけど、5月に彼が辞めてから連絡しなかったのは遠慮ってわけじゃなかったんですけどね これでもいろいろと悩んでたわけだし。ただ、彼の性格から考えて本音だと思うんですよ。ま、これを のかけ引きに上手に使えるほど大人なオンナではないんですけど。

そうそう、ブチキレたこと&大爆笑なネタ ブチキレたのは元カノの話が出たこと。もちろん彼はじいの気持ちは知らないから悪気はないけど、1週間前に飲んだんだよ~って……元カノ、じいも知ってる元同僚なので「○○さん、元気でした?」なんて聞きましたけど顔が引きつってたかもしれない

大爆笑だったのは、彼のあまりに大きすぎる勘違い じいの携帯の待受画面、内野さんのバースデーメッセの時の写真なんですけど、彼に話しかけられた時に、ちょうど を開いてたので、彼がその画面を見たらしいんですよ。で、彼氏だと思い込んでたって( ̄▽ ̄;) かっこいいけど彼氏?って……そりゃあカッコイイですよ。でも、普通の彼氏がバラ持ってケーキの前で写真に写りませんから もう、おそれおおいことを言い出すんだから ま、内野さんのこと、名前を言っても知らなかったので無理ないですけど……

何はともあれ、今日は楽しかった 彼と話してて、自分の生き方を大事にしないといけないって元気づけられました。最近、家庭の事情で将来のことを思い悩んでたじいはとっても嬉しかった
コメント

メッセ更新

2005-11-24 23:49:04 | 内野聖陽さん
今夜は『女の一代記』の第1話、瀬戸内寂聴さんの半生を描いたドラマを見てました 宮沢りえ、艶やかで素敵だった~~ エンディングで寂聴さんのお声を聞いてたら、ちょいとウルウルきちゃいました。激しい、厳しい、でもまっすぐな生き方の上に存在している現在に力強さを感じちゃって……善悪、自分がそうしたいかどうかは別にして素敵だなぁ と思いました。某ドラマのヒロインとは大違い キャスト的には明日の天海祐希に興味があるんですけど、やっぱり最大のお目当ては第3話の杉村春子さん 何といっても文学座の看板女優ですから 内野さんのお話の中でも度々登場する杉村さん……絶対見るのだぁぁ~~

今日、内野さんのメッセが更新されてました ライブの時に背景に描かれてたドクロの絵と思しき絵を内野さんが描かれてて……これを描かれている時のお茶目な内野さんを想像しちゃって微笑んでしまいました ワンドリンクじゃなくてスリードリンクマストでっていう嘘の提案、じいはのりますよ きっと公園でお泊り決定になると思うけど ライブでのステージと客席との一体感、喜んでくださって嬉しいです 是非またやっていただきたいなぁ~~

彼との……っていうか、 ですけど、明日行ってきます。もう、まったく気合い入ってないの…… 気持ちが冷めてるとかじゃないんですけどね(笑)
コメント

ヘタレなお買物

2005-11-23 23:28:08 | その他いろいろ
今日は都内をぶらぶら~~ 以前、ここに書いたことがありますけど、じいは地域限定キティにはまっていたんですよ。都内に各地の限定キティを置いてる店があるんですけど、久しぶりに覗いてきました いやぁ~~暫く見ないうちに新作がたくさん 沖縄ハブバージョンとか、じいには絶対に許せないのもありました

そこで、『ガラスの仮面』の劇中劇「二人の王女」バージョンを発見 ガラスの仮面って、夜中にテレビ東京でやアニメをやってるんですよね。昨日は翌日が休みだったので夜更かしして見てたんですけど、ちょうど「二人の王女」のオーディションの場面でした。マヤちゃんを見てると思うんですよね~~内野さんのこと 演じる役のオーラを出して役の人生を生きてて……昨夜もマヤちゃんが役作りをしている場面でのセリフを聞きながら、内野さんもこんな風に考えてるのかなぁ~なんて 『ガラスの仮面』、じいは原作も持ってて好きなマンガだし、内野さんにつながるし(←バカ)……って勝手な思い込みで二人の王女バージョンをお買い上げ~♪ そういえば、武田信玄キティもあるんですよね。再来年の大河ドラマってことで山本勘助キティなんてどうでしょう

その後、洋服のお店にも吸収 ベロア素材のキャミ、胸元が大きく開いてるモヘアニット+キャミのセット、レース付きのハイネックをお買い上げ~♪最近、毎朝の洋服選びが楽しいんですよね おしゃれにも気合いが入るし。悔しいけど彼が大きな理由なのかもしれない……ま、1月のベガーズも大きな大きな理由ですよ。あ、でもステージサイドは汚い格好じゃないとダメなのかしら

そうそう、ここでもバカ炸裂 服を買った人にネックレスをプレゼント だったんですけど、5種類から選べたんですよ。喋々・曲線っぽいモチーフ・花・クロスとあと1種類(スミマセン、忘れました) だったんですけど、じいはクロスにしました。クリスマスも近いしクロスは持ってないし……と、ここまではまともな理由なんですけど、最後に過ぎったのは、「トート閣下もクロス持ってた 」だったのでした
コメント (2)

ベガーズオペラ 顔寄せ

2005-11-22 21:49:25 | 内野聖陽さん
昨日、ベガーズの出演者顔寄せの情報が配信されたみたいですね。遅ればせながらじいも先ほど拝見 個性的な役者さんがたくさん 各々から発せられる言葉に力がみなぎっていて素敵な舞台になりそう 期待はますます です

村井パパ(エリザの影響でついついこう呼んでしまう )がイイ感じにみんなを支えていてカンパニーのまとめ役になってくれそう ただ、結構毒舌をはいていらっしゃったような…… あと、橋本さとしさん、「出ずっぱりの役で~」って話から「出とちりはないと思います」って それは禁句ですよぉぉ~~

内野さん、お色気ビームを振りまく追いはぎ役っておっしゃってて……高嶋兄に「普段からそうですから」ってつっこまれてしきりに否定されてましたけど……ふりまいてますよ、 なオーラ トート閣下のような役は言うまでもないですけど、銀次郎や教授のような明るい役の時も無駄すぎるほどメロメロさせる雰囲気を醸し出してますから……罪ですよ!!罪!!!

さてさて、じいのコイバナなんですけど……彼、本気で に誘ってるみたい。まぁ、まんざらでもない相手に誘われるのは悪い気はしないけど、素直じゃないじいの性格+「そうはいっても話だけでしょ?!真に受けるほど若くもないわよ」で、正直なところ話半分くらいに思ってたんですけど、彼が「いつにする?」って聞いてきて じいと彼の間に特別なことがあるわけじゃなくてグチ混じりの話を聞いてほしいって感じですけど。あ~~あ、いつにしよう……あまり先延ばししても感じ悪いし
コメント

誘われた

2005-11-21 23:24:44 | その他いろいろ
寒くなってきましたね~~ 先々週まで着てた薄手のコートで出勤したら寒くて寒くて……明日からは真冬のコートにしないと

今日は1週間ぶりの出勤。役職の皆さまに休んでいた間の経過報告をして溜まってた仕事を片付けて、とバタバタした1日でした。彼、来てました。半年ぶりの再会 会社に着くまではちょいとドキドキしてたんですけど、彼を目の前にすると「な~んだ、全然ドキドキしないじゃん」って感じで……ま、何だかんだ言っても、職場に な人がいると心が潤うものですね 身だしなみにも気を遣うし。

彼が戻ってきた経緯は??です。女性陣の噂話や情報を収集すると、どうやら、家庭の事情で転職先の会社を辞めた とか、次の会社のつなぎって感じで戻ってきたから長くいない とか……真相は??なんですけどねぇ~

で、午後の休憩時間のこと。じいの机まで彼が来て「今度 or でのどう?」って 挨拶代わりにって感じでもなかったし、話を聞いてほしいみたいなことも言ってたし。まぁ、いちおう(?)好きな相手に言われたんだから、じいもまんざらではないんですけど、な~~んか、ねぇ…… 向うからわざわざ話しかけてきたところをみると、彼が辞める前に二人で したのは楽しくなかったわけではないってことなのかもしれないけれど。さてさて、どうなるのでしょうねぇ~~
コメント