じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

ストレス発散したい

2013-05-31 23:26:12 | その他いろいろ
5月の最終日。夜、ニュースを見ていたらルテ銀閉館のことをやっていました。今日だったんですね~~少々感慨深く…… まぁ今時からすると古い劇場かなぁという感じで観劇するのはあまり好みの劇場ではなかったのですが、こうやって劇場があちこちでなくなっていき、新しくできる劇場はどれもこれも微妙というのはどんなものかなぁと思ってしまいます。

さてさて、今日は朝から嫌~な現場に遭遇 職場最寄駅のエスカレーターで少し前の方にいたミニスカの女性を数段下から覗き行為におよぶオトコ……吐き気が出るほど気持ち悪かったわ 女性は気づかないままで昇りきり、オトコの方も特に深追いするでもなくそのままトイレへ……もしや女子トイレの方へ行ったか???見た感じ知的障害があるようだったけど、まぁ最近はそういう人たちの犯罪行為や責任能力の有無が取りざたされることがありますが、差別云々ではなくて自分の身を守るという意味で“特別視”しないといけないのかなぁ~と思いましたね~~残念だけど

やっとことさ公私共に落ち着いてやりたいことに没頭……のはずだったのが予想外の事態発生 同じ仕事をしていた人が1人辞めることになって じい的には結構ショックだったんですよね~~入社した時の指導係で一番身近ですっごくすっごくお世話になって支えてもらった先輩だったので。自分でも驚いたけど最初に聞いた時は泣きそうになっちゃった 今後、先輩の分を残った人たちで補い合って今の体制のままいくのか、あるいは新しい人を入れるのか、、、それはそれは静かながら揉め返しております。一人、自分中心で勤務を決めたがっている人がいて、じいも内心はかなりキレているんですよね~~決して悪い人ではないけど若さゆえの~&今時の若者&それを生み出した家庭って という部分がいくらなんでもちょっと 自由な身で融通の利きやすいじいとその人で今後どこまでの負担なら大丈夫かという話を二人ですることがあったんだけど、社歴は向こうの方が長いのでそこまで強いことは言えず、でもさすがにコレは許せん と腹に据えかねることがあったので、一番ベテランの先輩に本音と愚痴を暴露。多かれ少なかれ同じように思っていた人は他にもいたので話し合いの時にベテランの先輩がそれとなく説き伏せてはくれたんだけど……どうだろうね~~何だか辞める先輩の心の片隅が見え隠れしたよーな まぁ家庭の事情が大きいというは本当なんだろうけど。何だかな~~今後の話の件を思い出せば思い出すほど腹が立ってくるんだよなぁ~~若いから見えていない部分はあるんだろうけどああいう言い方や考え方はないよなぁと ま、かくいうじいも今年中で辞める予定 なので(爆!)そこら辺の兼ね合いもあって複雑なところなんですけどね~~

そんなこんなでバタバタバタバタ こういう時のストレス発散はピアノ!ってお蝶夫人みたい 幻想即興曲ではなく、ここのところはテンペスト3楽章ですが……繰り返しが多い!!!(笑)(笑)(笑)途中で飽きてきて投げやり~みたいな 集中力が しているみたいで楽譜を見るのが面倒になるんですよね~~まだまだ全然まともに音を取れていないくせに 耳から入れて音を取った方がめんどくないから誰か弾いてくれないかな~と思いっきり怠け癖全開 でも繰り返しが多くても少々厭らしい曲調でもムカつかないのよね~~ベートーベン。これがモーツァルトとなると……どんだけ恨みがあるんだか

もう1つ、、、ストレスが溜まってくると無条件に癒されたくなってしまうのよね~~ということで愛人の出番 ただし海の向こう!みたいな 気がついたら頭に浮かぶキラキラ輝く彼……演じ歌う姿を毎日愛でてはクラクラ~と(笑)その気になれば来月ナマの姿を拝めるチャンスがあるのよね~~今なら間に合うし。職場がこんな混沌としている時に確実に行けるか分からないからな~~しかも行くならダブルヘッダーのマチソワ。それでも会いたい、いや行けないかもしれない、バカバカしい揉め事で自分のやりたいことを犠牲にするのはそれはそれで腹立たしい、どうしよう……激しく迷い中。
コメント

使えなーーい!

2013-05-25 23:50:52 | その他いろいろ
やっとこさ1週間終わりました…… 既に週の初めに何をしたか、何があったか記憶にないわ~ まぁ忙しさの半分はナポレオン舞台が終わるまで待って~と溜め込んでいた諸々なので自業自得なのですが(笑)

でもね~~ここに来て不機嫌なじーいんになる出来事が続出 昨日はアノ使えない男性社員がうちの職場で勤務 ほっっんと使えないのにじいの仕事を手伝おうとするのよね~~ペースを乱されるからミスしそうで怖い。自分だけで完結する業務ならともかく人に迷惑をかけると大変なのでね~~悪いけど、いや全然悪いと思ってないんだけど(爆!)手を出すな!ということで存在を否定するレベルで思いっきり無視。近くにいた若い男の子に「○○さん(=じい)の背中に殺気がみなぎってる~」と突っ込まれてしまいましたが……その男の子も可哀想なんですけどね(苦笑)社内履きが使えない男性社員が履いているのと同じメーカーなのでデザインが似ているんですわ。それでじいの背後に立った時に勘違いされてじいの殺気を浴びてしまうという…… その度に「ゴメンね~」になるんだけど、よりによってろくでもない奴と人違いされるのは迷惑を通り越して侮辱モノよね~と(爆!)

家に帰ったら誰もいなーーい 本来はじいが出るはずだった自治会の集まりからママンがまだ帰っていない……どんだけ長い時間かかってんのよっ 結局帰ってきたのは22時前。まぁ総会の時みたくダラダラの議事進行じゃなくて密度の濃い話だったみたいだけど、聞けば聞くほどじいのイライラはつのる一方 肝心な時に当てにならないママン……まぁ長年地域の集まり系で培ってきた経験があるので言い分には一理あるとは思うけど、なんでそこで引き下がるかなぁ~と 仕事でどうしても帰れなくて任せた手前飲み込んだものは数知れずありましたけどね~~まぁこういうご近所、地域のことには深入りしない、気にしないに限る!なんだけど、ちょっとある提案が上がっていてね~~業者まで呼んでいろいろと話し合いが持たれているのですが、じいはその経緯も業者自体にも不信感満載!地域のことに仕事の姿勢を持ち込むのは典型的な企業戦士のオヤジだよな~と思いつつ、去年の総会の時は仕事モードで追及 少しでも曖昧な部分を見せようものなら「そんなこともできなくてよくこの仕事が務まるもんだ」と上から目線のプレッシャー この業者、じいの勤務先と取引のある会社なので今度職場に担当営業マンが来たら無意味に冷たい態度をとりそう(笑)何も悪いことをしていないのに可哀想 まぁそんなことはしませんが、、、来月もそのことで役員の集まりがあるんですよね~~上がっている提案を前向きに検討するための計画書作り。こんなことで時間を取られるだけでもいい迷惑なのに、自分の意に反することをなんでやらないといけないんだか……申し訳ないけどじい家個人の意見としては覆すつもりですけどね。正直言って今の家はじいには向いていない気がする。もちろん快適は快適なんですけどね~~何か周りと育ちが違う……って鼻持ちならない“そういう”意味じゃなくて 育ってきた住環境的にいろいろと。。。
コメント

イエス☆ブッダ

2013-05-22 23:54:36 | テレビ・映画


今日はさいたま新都心で映画を見てきました~~聖☆おにいさん アニメ映画なんていつ以来だ???そのくらい久しぶりだったのですが、これは劇場版上映決定のニュースを見た時からずっと行きたかったの~~めちゃめちゃ面白かったです 新しいもの好きで浪費家のイエス・キリスト、自分とお金に厳しくTシャツ自作が趣味のブッダ、、、この二人が立川のアパートでバカンスを過ごす話。絶叫マシーン(思いっきりTDLのスプラッシュマウンテンだった)で恐怖を乗り越えて悟りを開くブッダとか、サウナで遭遇したヤクザとイエスの会話とか、クリスマスの話とか、、、真面目な宗教話が笑いネタになっていて大爆笑の連続 まぁ宗教に無頓着な寛容な日本だからこそ出せる作品だと思いましたが……でもこんな風にお互いにツッコミを入れられる関係になればエルサレムの問題その他いろんな紛争がなくなって世界は平和になるんじゃないかなぁと……コレはマジに思ったこと そうそう、あとね~~イエス&ブッダコンビ、何だかじいとママンみたいだな~と どっちがどっちかは……一目瞭然

駅周辺、妙に人が多いなぁと思ったら、今日はミスチルのライヴがあったんですね~~改札のところでチケ譲ってくださいの紙を持った人もいっぱい。FCに入ってれば行けるものなんだよね???そうじゃないと切なすぎて、いや怒りまくるだろうなぁ~と思うわけですが、観劇とは規模も人数も違うのでただただ凄いなぁ~と若干引き気味デシタ

コメント

忙しいけどチャレンジ

2013-05-21 20:14:08 | その他いろいろ


新しい週になりましたが相変わらずの忙しさ…… 心身共に忙しなくて、ひっちゃかめっちゃか何が何だか分からない状態 今週の金曜日は自治会の集まりがあってうちは今年役員なので行かないといけないんだけど、急きょ仕事でどーにも帰れそうにないのでママンに押しつけ……しかも頼んでおいてアレは反対しないとダメだよ~とかそこのところは追及しなさいよ~とかバンバン指令を飛ばし 出ても出なくてもメンドクサーーイ!!!

ところで、先週じいママがピアノレッスンから帰ってきた途端「ちょっとぉ~~アノ曲やることになっちゃった」と80%くらい 意気消沈 先生が手本として弾いてくれた時にどこかで聞いたことがあると思っていたとか……じいが最後に習ったピアノの恩師のところで初めて出た発表会で弾いた曲だわ、、、あれだけ何度も家で弾いてるんだから耳に残ってても不思議じゃないわね~~当時はまだオクターブが届かなかったので端折った音もありましたが(笑)今でも暗譜で弾けました。やっぱりお稽古は大事デス(爆!)相変わらず無駄に明るい……やっぱり好きにはなれないぞ~ そんなじいが今からやってみるか~と思っているのが……フフフ ベートーベン ↑に乗っかっている楽譜です、、、ピアノソナタ第17番。絶海の孤島の(笑)テンペスト~~第3楽章。月光の第3楽章を弾いたことがあればこの位は余裕……のはず 今の鈍った手ではキツイな~~ 楽譜自体は難しくないので々スピードアップしていけば何とかなる……か…な でも、、、どうしてコレをやらなかったんだろう(他の生徒さんが弾いているのを聞いたことがなかったんだろう)と思ったら、、、多分恩師の好みじゃなかったんだろうな~と改めて聞いてみて分かった気がしました。こういう曲調は嫌そうだし~~

もう1つ取り組み中なのがクラウド。今更という感じで完全に出遅れていて恥ずかしいんだけど、データ関係は何とかしないといけないと思ってはいたんですよね~~でもセキュリティのこととか何かあったら怖いな~というのと、複数バックアップがバックアップの基本なのでどの形が一番いいのか模索しているのがあったので踏み切れないでいたんですよね~~とりあえずスマホとPCの適度な←ココ大事!同期化ができればいいなぁと思っているのですが、スマホには職場関係の人の連絡先があるので勝手に紐付けされるのは勘弁なのでね~~それにアンドロイドはいまいちよく分からん!分からなすぎて発狂するぅ~~
コメント

しあわせいっぱい

2013-05-19 23:53:52 | その他いろいろ
週の後半、腹が立つほど忙しくてヘトヘト 儲かってありがたい……なんてことはないない 給料が上がるわけじゃないのでね~~むしろ大して忙しくない部署と同じ待遇なのはどうよ って感じだけど。昨日は土曜勤務だったので半日で終わるはずだったのが気がついたら14時過ぎ……下手したら16時コースか?という感じで仕事の終わりが見えなかったので早く終わって良かった~ 超楽しみな約束があったの~~中高時代の友人2人と そのうち1人は旦那さんの転勤で今春から関西→関東に住むことになったので、こんな風に日常的に会えるなんてホント久しぶり……っていうか学生時代以来かも 年イチの忘年会でor遠征の時は会ってたりはしてたんですけどね~~何か普段な感じが嬉しかったです。もう1人は先月ワインバーで一緒に飲んだくれた友人だったのですが、彼女が教えてくれた別の場所のワインバーというかイタリアンバールみたいな感じのお店へ。ちょっとしたワインセラーがあってそこでボトルを選べたのでフルーティーでさっぱりめの白ワインを1本。今のじい的にはワインと言えばやっぱり……ジュヴレシャンベルタンよね ヒ素入りは勘弁ですが(笑)残念ながらイタリアワインしか置いてなかったので無理だったんですけどね。あとは赤ワインのデキャンタ、食前にサングリアをチコッと……そんなに飲んでない飲んでない(笑)電車に揺られて体が火照って暑くなっちゃったので最寄駅のデッキにあるベンチで休んでから帰りましたが素面で 帰った……はず。帰宅後ソッコー爆睡でしたが もうぅ~~ほっっんと楽しかったです。最近はお酒の席と言えば仕事絡みが多いのでね~~心おきなくリラックスして美味しいお酒を飲める、、、そういう仲の友人がいるって何か凄く幸せ

らりほ~ している間に……愛しの君からメッセージが届いていたんですね~~出遅れて申し訳ないほど素敵すぎる言葉の数々。通常ページと限定ページそれぞれに発信されていてどちらも内野さんらしいな~と噛みしめながら受け止めましたが、限定ページの方は特に……無性に嬉しかったです。やっぱり信頼できるというか、作品や役を通して思いのやり取りをする上で信じていけるお人だなぁと思いました。今回のアクシデントについても、、、あの日感じたことは全て真実だったことを確信しました。そしてじいが舞台が大好きな理由も根拠も思いも全てそこに詰まっていて、内野さんの言葉1つ1つにも反映されている。そうそう、あと朝日新聞夕刊、確か木曜日だったかな~~三谷さんのコラムにもナポレオン絡みの内容が書かれていてこれも素敵でしたよ~♪人生の中でこんな経験、思いをできるなんてこれまた幸せなのね~
コメント (2)

後味悪く・・・

2013-05-13 23:55:45 | 舞台な話
昨日転んでエスカレーターに打ちつけた足が意外に酷かったことが判明 左膝と右太腿がパンパンに腫れて微妙に変形して……る?床に座るのが辛いけどほとんど洋式生活なので大丈夫。でも洋式生活ゆえにベッドに上がる時は結構ハードで寝返りも少々しんどい スカートを履いている方が楽だけど仕事の時はパンツスタイルの方が動きやすいし……時間が薬なのでね~~早く思い通りに動きたいよぉ~

さてさて、千秋楽から一夜明けて……何だかねぇ~な報道ばかり。朝ズバ、やじうま、スッキリ、モーニングバード、ノンストップ、、、局のカラーや局事情に関係なくどこもかしこもまったく その中でまともな発言をしている人もいるにはいたけど(普段はあまり好きではないお天気の良純さんも良いこと言ってて見直した~)作品を観ないで表面的な数字云々でアレコレ無責任に言ってほしくない 街頭インタやネット等他者由来の情報を我が情報として報道するのはホント頭に来る。今回の報道、褒め言葉どころかこの作品に関わった全ての人たちに対する侮辱だと思いますよ。偉そうに報道しているけど、そこで凄い!と絶賛していることはその世界にいる人にとっては出来るor出来ないの問題ではない。むしろそんな低俗なレベルで褒められたり比較されたりしても……ねぇ。そんなものは通り越した更に高い部分で議論・評価してこそ意味があるというものだと思うわ。

珍しく(爆!)めざましがGJなことを発してくれましたね~~まぁいろいろ“背景”を詮索したくはなってしまうのですが、そこで明らかになった三谷さんのコメント自体だけは一番の真実だと思いました。芸劇HPにもコメントが寄せられていましたが、めざましでは更に踏み込んだ?コメントが「宮沢りえさんの頑張り、いくら賞賛しても足りないくらいですが天海さんが1ヶ月の稽古で作り上げたものを宮沢さんが2日でやってのけたわけではありません。宮沢さんの負担を減らすために台本を書き換えました。出番を減らしセリフを削りました。つまり新しい台本を作ったのです。宮沢さんが2日で舞台に立てた陰には、その新しい台本で深夜まで稽古をしたキャストとスタッフの努力があることも忘れないでほしい。」200%その通りだと思います。そして昨日の拍手はこの作品に関わった全ての人への賛辞であり舞台を愛する者たちの愛情表現だから!!!
コメント

祝!おのれナポレオン千秋楽

2013-05-12 23:43:06 | 舞台な話
無事に終わりました~~おのれナポレオン千秋楽 開演前に事件発生!劇場に向かう時に1本早い電車に乗れる!と思ってエスカレーターを駆け上がっていて転んじゃったんですわ 恥ずかしながら疲れが抜けていなかったのか右足がしっかり上がっていなかった……らしい エスカレーター上で危ない!という冷静な頭は働いていたみたいで、すぐに立ち上がりましたが後でトイレに入って確認したら青たんと血たん、帰宅したら左ひざと太腿が張り張り もうぅ~~ナポレオン公演中に2度の負傷、どーなってるのよっ 終演後は友人たちとお疲れ様~なお茶会 賑やかにお喋りして、帰りは近所の内野友が一緒だったので更にお喋りして……でも正直なところ終わった感じがしない 10日に一度リセットされちゃっているのでね~~いつものようにお疲れ様!という駆け抜けた充足感&祭りの後の淋しさ的なものがないような……ちょっと変な気分です

でもでも とても良い千秋楽公演でしたよ~~執念と(マジです!)奇跡の賜物、、、一般発売日に獲得した楽チケ 2階最前列の下手側でしたが、これが意外に大正解!自分の見たいポイントでは何度かマイオペラを使いましたが、全体を突き放して見渡せるし、各キャストの醸し出す空気感が伝わってくるし、何よりも一番の魅力だったのが照明効果を堪能できること 特にラストは話に聞いていた通り、チェス盤の照明になっていて各キャストが駒として立たされ動かされているのが明らかに分かる!それを見ていると何だかホロッと来てしまったんですよね~~あまりにも哀れで切ないのに愛おしくて愛おしくて堪らない それでいてカラッとグサッと通り抜ける冷たさもあって……最後にストンと心に落ちてチェックメイトできて良かったわ

楽ならではのお楽しみが随所に ナポレオン、いつも以上に苛めまくられてました(笑)2回目のお風呂では「先ほどよりもっとも~~っと熱いお風呂に入られます」と言われて我慢度が ナポレオン、唸ってました 肉体訓練では「午前3時にはベッドに入られます」の後で「そして肉体訓練!」といつもより1回多く、それも長めで(爆!)肉体訓練あり さすがの野田ナポレオンも息が上がっちゃって、その後の組閣人事の冒頭でゼーゼーハーハー頑張って喋ってました チェスの場面ではナポレオンが駒を落としてしまってロウ総督が拾ってあげる場面が……。そしたらありがとーという感じでナポレオンがお腹~腰辺り?からお菓子を取り出してロウ総督に渡したんですわ。それを受け取ったロウ総督はモントロンに渡し、モントロンがそれを開封!青い模様?文字??が書かれた袋で中身はどら焼きっぽい もしかしたらプチパンケーキかな?とも思ったのですが、モントロンがナポレオンに食べて!という感じで渡してて……結局そのままチェス盤の横に置かれてしまいましたが 野田さん、もしや隙あらばどこかでやろうと狙って仕込んでいたのかな??? 最後の最後で山本耕史くんがやっちゃってました ヒ素を盛られて死んでいく医学生のヴィクトールを見つめて並ぶ4人、、、そこで噛み噛みになってしまい自ら「もう一度言います!」とやり直してました。

カテコは4回 終わり2回は上手の舞台袖にいらっしゃった?三谷さんを引っ張り出そうという感じになったのですが、プレ初日の時と同様に固辞されたのかな~~姿を見ることはできませんでした。でも各キャスト含めて余計な挨拶や言葉はなくても舞台上に並んだ姿を見ただけで伝わってくるものがあるのでそれだけで十分!良かったよ~~

劇場外にはマスコミが観客にインタすべく待ち構えていて、じいも2回ほど声をかけられましたがもちろんお断り!明らか向こうの方が声をかける相手を間違っているというか、お台場局トコトン嫌いつくしているじいに話しかけるかね?みたいな まぁこのテレビ局に限らず10日以降の報道には不満爆発寸前なんですよね。ちょっと視点がズレてませんか?みたいな……本役と代役を比較する意味もなければダブルキャストとして語るものでもないし、どちらが上というのもない。だからと言って「みんな違ってみんな良い」とも少し違う。チケットだって元々激戦だったんですっ!!!舞台を作った全ての人の誇りと強さと優しさ、それに尽きるのではないかと……あの日舞台側から見た光景と自分の中に沸き起こった思い、、、客席と舞台、そこにいた全員の言葉にならない心の動きが確かに存在していたと声を大にして言いたいですね~~

ところで、、、WOWOWのカメラが入ってたようで、じいが確認できたのは4台(1階の左右と2階の左右)、1階にいた友人曰く後方の真ん中にも1台あったよ~と。別の友人の証言では「記録用のカメラが入りますのでご了承ください」という内容の掲示があったとか。記録用カメラが入った公演は何度か観劇したことがありますが、ここまで大々的にやっていた感じはなかったよーな覚えが。しかもわざわざWOWOWを呼んでというのは……期待していいのかな???千秋楽で日常の公演という感じではないのを「おのれナポレオン」として公開するのは難しいかもしれないけど、今回は事情が事情だし、観られなかった人が大勢いるわけだから特別に!というのはダメですかねぇ~~もちろん天海さんと宮沢さんの件で尾ひれのついた話が流布するのは絶対に嫌だけど、それとは別!本当に観たいと思っている心ある人たちが喜び合える、そんな粋な計らいをぜひぜひお願いしたいです
コメント (2)

おのれナポレオン 4回目

2013-05-12 02:33:19 | 観劇記
5月3日マチネの観劇記です。

初ステージシート しかも今回持っているチケで唯一の下手側……LB列の舞台奥のブロックでの観劇でした。やはりというか当たり前というか決して観やすいお席ではないので普通の観劇には向かないと思いました 複数回観るうちの1回2回なら座ってもいいかな~という感じ。何だかんだ言ってもやっぱり役者さんたちは真正面を向いて喋るし(取り残された感じはないので大丈夫です)立ち位置や振りつけ?仕草??も通常の客席方向メインになっているので。でも、じい的にはステージシートで観るのは結構好みっぽい 普通の客席から真正面で見る顔は誰でも見える顔というか、最終的にOKになった“正式な”ものとして作られた感じがするのですが、サイドや後ろ向きの顔は普段はなかなか見られない顔という感じがして凄~く得をした気分になるんですよね~~行間や完成された未完成のものに触れられた気がして。。。もちろん実力派の役者陣で360度まんべんなく演じられているので変な隙はありませんので誤解なきよう

ホント、、、今まで見られなかったいろんな表情や空気感を感じることができました。20年間の時空を自由自在に行き来するロウ総督……ステージシートからだと後ろ向きになった時の表情や雰囲気が丸分かりなんですよね~~何だか映像を見ているかのようなリアリティとでも言うのかな ガウンを羽織りセントヘレナから20年後の姿に戻る時は特に凄かったですね~~目の前でシューッと体が萎んで老いていくのが如実に分かるんですわ。映像処理なら簡単なことだけど、それを生身の人間が成し得ているわけですからね~~脱帽でした あと、セントヘレナを立ち去るアルヴィーヌを見つめる表情にもゾクッと……ついつい人間的な心が動いてしまった悲哀を漂わせながらも引導を渡すような突き放した冷酷さも秘めているようで、ちょっと某役で見た表情を思い出してしまったのですが 釘付けになってしまいました。そして、ナポレオンとのチェスの試合に負けた後の表情、、、下手側なのでバッチリ見えました 目を潤ませてる?ぐらいの悔しそうな顔をしているんだけど、どこか達観したような清々しさもあって、ナポレオンに対する感情が集約されているように感じましたね~~しかもどことなく可愛らしく思ってしまうところが憎らしい~

・アルヴィーヌ、モントロン、アントンマルキ、冒頭の告白、、、それぞれ違う場所で語っているんだろうけどそこら辺の演技がいい。アントンマルキの今井さんの存在を消しながらも存在感を放っているところは素晴らしかった。

・野田さん、ベッドにつまづいた、チェスのシーンは沖縄言葉風の語尾で「~なのさ」を連発!ナポレオン殺害の真相が語れるところ、、、チェスの駒を実際に動かすように手を動かしていて思わず見入ってしまった。ある意味核の部分を突いているようでゾクッとした。

・天海さんの肉体訓練がますます激しく!「さぁ行きますよ」と半端なく強制(笑)強いっ!怖いっ!!かっこいい!!!

・としゅせきを飲ませるところでベッドに駆け寄るマルシャンと何やらヒソヒソ話をしていて、マルシャンが横目でモントロンをちら見……真犯人を仄めかしているような?!

・内野さん、肝心なところで噛んだ「英雄には英雄にふさわしい死がある」の部分の大事なところで噛んだ挙句にループしちゃって……山本くんに思いっきり食いつかれて突っ込まれてた~~内野さん、舞台奥で笑いを抑えつつ悔し泣きの仕草を。一部始終見られたのは美味しかったけど肝心要のシーンが~~!!!

・ステージシートだと同じ板やヤマ台の上にいるので、役者さんたちの歩く振動がダイレクトに伝わってくるんだけど、ロウ総督だけはほとんどそれがない。終盤にドタバタ走るところはさすがに振動をかんじたけど、それでも他の人たちと比べると大したことがなくて……体つきもけっして小さいわけではないのに(爆!)じい的には振動を感じたかったけど←バカ(笑)それ以上の驚きがあった。凄い!

・今回は倒錯的~☆モントロンの告白をロウ総督が下手側の端で聞いている場面。じいのお席から横を見ると延長線上にロウ総督が座っていて、それだけでも妄想が果てしなく広がる(笑)のに、手だけがチラチラとスポットライトに当たって見えちゃう~~ホント内野さんの手は大好きなのでドキドキしちゃった。

・カテコの時に真正面に来てくれて、この距離での対面は久しぶりだったのでいつになくドキドキ、心の中でキャーッと雄たけびをあげちゃった
コメント

おのれナポレオン 3回目

2013-05-12 02:33:10 | 観劇記
4月21日マチネの観劇記です。

冬に逆戻りの気温でそれはそれは寒い日でしたが、寒くて上等!気合い200%の気温に見合わない薄着(笑)で芸劇に行ってきました。今回はスペシャル観劇 F列センター、、、はい、最前列センターで観てきました そんなわけで若干壊れた部分もあります、、、ご了承ください(笑)

実はまともに真正面から観たのは初めて 当たり前だけどやっぱり真正面からガツンと観るのが一番なようにできているものなんですよね~~舞台って。もちろんいろんな角度から観るのも楽しいけど何だかんだ言ってもやっぱりセンターは観やすい 今回の前に2回観劇していますが、その時には見えなかったものが見えたりしてなるほろ~ と納得。特にラスト、、、全てがナポレオンの壮大な企みがマルシャンによって語られる場面は各キャストの立ち位置がチェスの手になっているんですね~~真ん中にキングのナポレオン、その左右斜め前にクイーンのアルヴィーヌ、ルークのハドソン・ロウ、更に前列にナイトのモントロン、ビショップのアントンマルキ、そして最前線にポーンのマルシャン……照明がチェス盤になっているとか???2階から見るとよく分かるみたいですが、今回センターから観てマルシャンが説明していることが言葉だけではなく視覚的にも入ってきて暴れたくなるほど(笑)ガッテンして唸らされました 迫力ある納得!という感じでしょうか。少しチェスのルールを勉強していった……ってパンフを読んでチラッと他で調べた程度、しかも対局図を見てもさっぱり分からず、理系科目の如く頭が拒否ったので途中で諦めましたが。あれが理解できる&先の先まで手が読める人、、、ホント頭がいいと思うわ

でもね~~ナポレオンも自分と対峙するに相応しい存在としてハドソン・ロウ総督に巡り合えたことは嬉しかったんじゃないかな 結果的には全て計算&企みによる関係性だったけど、やっぱりどーでもいい相手より本気で向き合えるに値する好敵手の方が嵌め甲斐があるというか……。実際、マルシャンを通してナポレオンの「本心」はロウ総督に伝えられ、ロウ総督も自分がチェスの駒で所詮はナポレオンの掌で踊らされていたことを知る……見方を変えればそれさえもナポレオンの計算通りなのかもしれないけど、観ているとそれだけじゃない部分が見え隠れしているのよね~~仕組まれ作られた枠組みの中ではあるんだけど、やっぱりその中にいるのは人間。ナポレオンが「部下はチェスの駒ではないんだ。心があるんだ」みたいなことを言っているけど、企みの中にあってもついつい本心を剥き出しにしてしまう部分ってあると思うんですよね~~ロウ総督の挑発でナポレオンが激昂するところも天才ゆえ 自身をコントロールしている冷静さを持ちつつも本気でしょ?みたいな部分も見えたりして……一種の化学反応???ちょっとナマの舞台に似ているようにも思えたんだけど、、、作り物で全ての道筋が決まっていても思わぬ方向に作用する危険と面白味。ナポレオンの計算でもあり計算外でもあり、そこら辺の微妙さがもどかしくも面白いな~と思いました。

・山本くんがママムーシの芝居の棒読みでツボに入ったらしく吹き出してしまった。

・アルヴィーヌがナポレオンの1日を説明する場面でSキャラ発揮、、、ヘトヘトの野田ナポレオンに「おまたせしました!」と客席サービスっぽく言って(笑)肉体訓練を強要!

・ハドソン・ロウの過去⇔現在の変わり様が更に素晴らしくなっている。あまりの瞬間的な変貌ぶりに客席から笑いが出てくるほど。空気まで入れ替わっていて素晴らしすぎ!!!

ロウ総督、イギリス紳士っぷりがますます していて、一瞬マクヒースな感じがして背中に抱きつきたくなる衝動、、、ゴメンナサイ でも総督の嫌なキャラがますます滲み出ている。アルヴィーヌやモントロンと握手をした後に臭いや感触を拭うべく逐一ハンカチで手を拭く潔癖さは本当に厭らしい(笑)でも後年、皿を売ったりして惨めになっていく姿を高笑う。その笑い方にゾクッとしたわ~~厭らしさ、姑息さ、どことなく哀しさや可愛さも感じた。

・ナポレオンに対する感情、、、お前を守る と言った時のとまどい、自分の与り知らぬところで手紙のやり取りがあったことを悔しがる・・・というよりも恋愛に似た嫉妬のような(笑)そこが何だか可愛い。殺したいほどの愛情と憎悪、実は誰しも思うことではないか、客席をも巻き込んでのナポレオンへの思いを引きずり込んでいるのではないかと思った。
コメント

前楽!

2013-05-11 23:56:45 | その他いろいろ
怒涛のラストスパート、、、今日も懲りずに芸劇へ おのれナポレオン前楽を観てきました。昨日の張り詰めた公演が嘘のようにリラックスした雰囲気になっていて前楽とは思えない、ゆっくりとした普通の時間が流れるような日常的な公演でした。こんな短期間?短時間??でこんなに馴染んできたというのは本当にビックリ こちらも自然すぎるほど自然に普段通りの観劇ができたように思います。カテコは2回目からスタオベ 最後は舞台上のキャスト全員で手をつないで上に高く掲げ……その姿に心が震えました。

開演前に去年の夏以来のお久しぶり~な友人と再会。別の内野な友人を入れて3人でお茶&楽しいお喋りもできて充実した1日になりました。まだまだ意外にいける???前は平日観劇メインだったので平気でやっていたんですけどね~~連日の仕事→観劇の繰り返しは相当疲れますが(苦笑)逆に頭の切り替えスイッチは冴えていたりする気も……と言いつつ今日はちょっとキツイわ~~もう寝るっ!今夜こそゆっくり寝るっ!!朝寝坊してやるっ!!!足もむくみ放題 ストッキングだの靴だの無理したからな~~明日はユルイ格好にしよう。。。

何か終わる気がしないんだけど、泣いても笑ってもラスト1 明日の千秋楽、しっかり観届けてきます
コメント