じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

内野さんメモ

【ウェブ】
インターネットTVガイド
テレ東プラス
マイナビニュース
ザテレビジョン
週刊女性PRIME
産経新聞朝刊
ウェブマガジン「GOODA」

11/9・16 25:10~26:23 NHK総合「どこにもない国」再放送
11/28 日曜劇場「ブラックペアン」DVD&Blu-ray BOX発売

「女信長」放送日決定

2013-02-28 09:55:05 | 映像のお仕事(連ドラ以外の内野さん関係)
番組Pのつぶやきで・・・というかホント遅い時間は勘弁してーーたまたま起きてたから録画予約できたけど 新たな情報なのか、はたまた番宣なのか期待していたのですが、三谷さんが今川義元役で出演というニュースでした いや、別にいいんですけどねーーっていうか、内野さん、天海さんとの組み合わせが続くのね いくらなんでもちょっと(苦笑)という感じもあるのですが、一番の収穫は放送日決定ということでしょうか。4月5、6日21時からの2夜連続。はい、後半はリアルで見られないことが決まったのね おのれナポレオンプレビュー初日 ダブルの楽しみで嬉しいけど、あと1週間前倒しの放送だったらなぁ

今朝のめざまし6時台で取り上げられました。内野光秀のシーンもチラッと。

コメント

サービス残業の風潮はこうして作られていく・・・

2013-02-27 23:23:01 | その他いろいろ
今朝は寝坊してビックリ~ 仕事は遅出だったので助かりましたが……スマホが途中で電源落ち 睡眠解析アプリに付いているアラームが鳴らず、目覚まし時計代わりの前機種も電源落ち、普通の目覚まし時計はセットしていなかった……ってか、どんだけ目覚ましが必要なの?ですが(笑)必要なのよ~~起きないので……しかもスヌーズ機能必須、みたいな それにしても睡眠解析アプリって電源食いなのね~~注意書きにアダプタ接続必須とあったけど本当だったのね そうそう、あと驚いた話がもう1つ。関西在住の友人が旦那さんの転勤で東京に来ることになったんですわ。バタバタいろいろ大変だと思うので勝手に喜ぶわけにはいかないのですが、じいの方は嬉しいというか……近いところに旧友がいるというのは。なーんか心強く思えてね

職場ではまたもや問題勃発。残業をめぐる話が出ていまして 仕事柄、一斉にノー残業デーというのは無理なので、それぞれが週に1回優先的に帰っていい日を決めようと若手社員の一人が言い出したんですよね。発端は無駄な残業を減らそうとしているマネージャーの“独り言”を吹き込まれたその社員。そして彼には日頃から不満に思っていることがあって、別の社員の行動=30分単位で残業が付くのであと数分という時はちょっとした雑務をしているというのが気に入らないという。。。うちの職場は他と比べても忙しさも業績もダントツ 無駄な残業どころか少しは楽させてくださいor特別手当をくださいという状態なんですよね~~直属の上司もキリのいい時間まで数分くらいなら何かテキトーに仕事してていいよと認めてるし。言い出しっぺの若手社員、「こういうセコイ稼ぎ方が嫌だ」と……彼自身は資産運用でかなり稼いでいて月10万とか平気で自由にできるので、正直言ってお金を粗末に扱うところがあるというか玩具と思っている節があってねぇ~~仕事も数字でしか測れない性質というか、だからなんでしょうね~~同じく数字優先で若くして出世したマネージャーに憧れるところがあるみたいで。ビジネスって数字だけでは測れない部分がありますからね~~単なるマネーゲームではない。こういうベンチャー企業的考えって短期的には利益を出せても生き残れるかどうか、、、答えはNOですが。じい、「でもね、残業(代)の考え方は生活や人生によって人それぞれだから不用意に他人が言えることじゃないんだよ」とだけはキッチリと。皆それぞれに背負っている生活だったり人生だったリガありますからね~~不満の矛先になっている社員も苦学したそうだし。

優先的に帰れる人はタイムカードを切ろうという提案もあったんですよね。でも、まだ忙しく仕事をしている時に帰れるかと言うと今の職場の人たちは「優しい」のでそれが出来ないだろうし、皆がそうやって残れば逆に素直に定時に帰る人は薄情者になる。上から強制的に課せられたサービス残業ではなく優しさを利用したサービス残業で更に性質が悪い 仕事以外にやることがないから無給でも職場にいる方がいいと思っている人たちは気にならないんでしょうけどね~~やることがないから長期の休みは要らないと言う人もいるくらいなので。でもじいは拘束されること自体お金が発生していると思っているのでサービス残業はあり得ない、貰うものは貰わないと
コメント

遅ればせながら・・・東京新聞

2013-02-24 13:44:32 | とんび
最近よく眠れなくて……って別にストレス…というか不快感の方ですがそれがないわけではないのですが(爆!)重度のストレスや病気とかではないのでご心配なく どーにもパジャマや布団が合わなくて温度調節がうまく出来なくて寝苦しいんですよね。そんなわけで、職場でも再び睡眠解析アプリが流行っていることもあって久しぶりに設定して就寝 前機種やアンドロイドのバージョン違いがあるので比較していいか分かりませんが、前機種みたく途中で電源が落ちることなく順調に起床まで解析 うん、、、データ的には確かに眠りが浅いらしい 一定以上の音が出ると録音されるようにもなっているのですが、人様に聞かせられないアノ音もありますが(笑)ガサガサ動いている音もかなり。夢も相変わらずよく見るんですよね~~一昨日&昨夜と中高時代の友人たちが出演 焼肉に行くことになったり電話をしていたら途中で友人が寝落ちして切られたり……今夜はどの方面の友人が出てくるの?という感じになっています(笑)

さてさて、今更ですが火曜日の東京新聞。内野友が知らせてくれて助かりました 仕事帰りに駅→家までのコンビニ2軒&駅売りは売り切れ。近くにライバルがいて先を越されたかっ!と疑いたくなるよーな(笑)ちょうど他の用事で車で出かけることがあったので隣駅にあるコンビニで無事にゲット



内容的には既出のインタと共有している……いや、そういう一貫したところが素敵なので 「実はこの男って普遍的な父親像なんじゃないか」とヤスさんのことをおっしゃっている内野さん。見れば見るほどそう思うんですよね~~やることなすこと極端で普通ならしないと思うけど、それって実は言えなくて心に秘めている本音というか、先週の第6話を見ても思ったんだけど(感想が途中だった~)本当は言いたいけど、やりたいけど、言えない&出来ない部分でそれを形にして見せてくれるのがヤスさんという存在なんだな~~だから自分にも心当たりがあって共感できる部分があるんだな~とじいも

放送が半分ちょっと進んでいる中のインタということで旭の進学シーンにも触れて「どの親御さんも、子供自身が思い描いた人生を笑顔で歩んでくれるのが一番と思っているはず。それでも、やっぱり別れはつらいし、寂しいという思いは絶対にあるはず」と……。そしてお父様との思い出にも触れていらっしゃって、お風呂の話は他でも出てきましたが「一緒に風呂に入らなくなった時、おやじは寂しかったのか、うれしかったのかと考えてしまう。交わす言葉の行間というか、父と子の言葉には出せない感じもドラマでは大事にしたい」とおっしゃっていました。あの時親はどうだったのか、今だからこそ思い遣れることがある……そういうところが滲み出ていると思うんですよね。一番近くて、でも突き放している距離感もあるから変にベタベタしていない、それが気持ちよく心に響きますね~~ ヤスと内野さんが似ていないそうで(笑)でも、「小難しいことを考えられないというか、自分が信じたことや痛い思いをしたことしか信じられない」と似ているかも~という話も ホントね~~200%そう思う!!!

最後に「(俳優は役を選べる職業ではないが)何これっていう、自分の引き出しにない役をやってみたい欲望がある…(中略)…今までに演じた思考回路でやれる仕事ではなく、こんなことやったことないという、最初から回路を作り上げる仕事がしてみたい」と期待 な言葉 常に常に新しい方向に、、、それについていく大変だけど果てしない未来に目を向けられるって本当に幸せで素敵なこと。好きになれてよかった~~と心の底から幸せを噛みしめています
コメント

どうしたものかねぇ^^;

2013-02-21 23:49:30 | その他いろいろ
最近きまって明け方に変な夢を見るんですよね~~昨夜は大学時代の友人と炊飯器を買いに行く夢(笑)売り場でお試しにご飯を炊いてくれて試食できるという……大して美味しくないなぁ というところで目が覚めました。その友人と昨夜はLINEでお喋りしたというのもあったんだけどタイムリー に出てくるとは でも、更にタイムリーというか正夢になったんですよね~~今日伯母が来てママンがその話をしたら「ちょうど買い換えようと思ってたところだったのよ」と言ったので買いに行ったという(笑)さすがにご飯は炊いてくれなかった……って当たり前か

帰宅後にママンが話していたんだけど、伯母の孫→じいの従兄の子供ね……ピアノを習っていて伯母が弾いていたピアノを譲ったらしいんだけど、修理が必要で買い換えようかどうしようかって話が出てるとか。ママンは中途半端な大金を出すなら電子ピアノの方がいいんじゃない?って ヲイヲイ、そういうあなたは本物のピアノで習っているでしょ まぁ従兄が本物のピアノじゃないと嫌みたいなので~ということらしいけど、まぁね~~今は小学校低学年だしこれから続けるかどうか分からないなら電子ピアノの方が費用もメンテも楽だし不要になっても処分には困らないだろうし……かくいうじいは電子ピアノ反対派なんですけどね。大人になってから始めるならともかくねぇ~~最近は本物のピアノに近づいてきたとはいってやっぱり……職場でもピアノ歴は長いけど電子ピアノメインだった人がいて、「〇〇さん(=じい)ハノンやりました?何か腕が疲れるんですよね」と言われてハッとしたんですよね~~よほど間違った姿勢で弾かなければ起きないことなので、そういうことなんだな~と

ところで、、、最近なぜか女磨きをいろいろと……暇だからというわけではなく寧ろ忙しくてバタバタなんですけどね~~ パックもほぼ毎日欠かさず 40~50枚が美容液ひたひたの袋に入っているやつで安いから気軽に使えるんですよね。スペシャルなお手入れも大事だけど普段使いにはピッタリ あとは怠け癖との戦い……開封後80日以内に使い切らないといけないらしいんだけどめんどくさいとついつい 8月31日に宿題をやっていた子には難題でっす(笑)あと、ここのところ真剣に悩んでいるのが髪の毛。少し切りすぎたかな~って十分に長いんですけど もう少し長くてもいいかな~と超ロングブームが自分に来てるんですよね。去年の今頃はここまで伸ばすのも人生最後!(大げさだけど年齢も考慮して本気でそう思ってた)かな~りの長さまでいってたんだけど……と言っても最長だった中学時代よりは短かったけど、長すぎて発狂しそうでバサッと切っちゃったんですよね~~まぁ長いと決まったアレンジしかできないし、どーにも垢抜けないし、でももう少し長めがいいなぁと思ったり……うーん 今の仕事では何となく邪魔で束ねていることも多いんだけど、それもダメな気がするのよね。さすがに中高生みたいに毎日とっかえひっかえヘアアクセを変えるのは面倒だしそんな暇はないのでできないけど、あまりに気を遣わなさすぎな気はするので……とりあえず通販サイトとにらめっこ♪今はパーマも取れてきちゃってるので次に行く時には希望の長さまで伸びているはずだしパーマをかけるつもりでいるのではいるのですが、、、目指せ!年不相応!!がモットーなんだけど、こればかりは年齢に見合った大人可愛いロングってないものかしら~と真剣に悩み中デス
コメント

東京・・・かぁ~

2013-02-20 23:30:03 | その他いろいろ
今日は水曜レディースデー 休みが取れたのでやっとこさレミゼ2回目行くぞーと思いきや、いろいろあって(笑)「東京家族」を見ることに じい、小津安二郎監督の「東京物語」は見ていませんが多分ここはオマージュしてるんだろうな~と思われるシーンがあちこちに。あぁこれぞ映画だな~という撮り方だったり演出だったり……懐かしき正統派の映画という感じでした。家族がテーマだけど全く説教臭くないし、どこぞやの脚本家みたいな無責任な地方礼賛もないし、優しさと厳しさと切なさのバランスが絶妙で、しみじみ心に沁みた作品でしたね~~誰が良い悪いではなく、大切な人を思う気持ちや表し方、伝え方はそれぞれ、みんな違ってみんないいということなのかな~と それぞれの人生や世界があって昔のようには戻れないけど昔と変わらない気持ちはあって、したくてもできない現実があって、それが分かっているからこそ相手を思いやる切なさもあって……ふと思い出したのがじいママと兄姉のこと。どこかで見たり触れたりした光景に似ていてなるほどなぁと思い出しました。そして、、、じいもママンと1対1で向き合える今ってある部分では幸せなのかもしれない……~同じだけ誰にも埋められない孤独感もあるんですけどね そうそう、エンディングのクレジットで撮影協力の場所を見ながら思ったこと やっぱり土地の雰囲気は隠せないというか、とんびの設定→確か西の方のどこか架空の場所ということになっていたよーな 見る人が見ればわかってしまうのよね~~瀬戸内海と太平洋の違い 撮影スケジュールや予算の都合があるんだろうなぁと思いつつドラマのあれはちょっといただけないわ~と本物の瀬戸内海の映像を見ながらふと。。。

ところで 映画に行く前にミヤネ屋を見ながら(笑)新聞を見てビックリ!その次の瞬間にテレビで秋田にある国際教養大学の特集やってる~~何だ、このタイミング そこの学長が亡くなったという新聞記事だったのですが、何でも就職率100%で海外の大学並みに猛勉強させられ学内の言語は英語となっ じいの目にはどうしても批判的に映ってしまうのですが(苦笑)就職率と言っても実態はどこまでなのか、公立大学なのに地元に残る学生は少ないとか、数値的実績的結果のために管理教育をする新興私立学校と同じに見えるとか……最近わりとあちこちで取り上げられている学校なので新聞等々で話題になっているのを読むこともあったんだけど、学長の官僚&研究者の東大閥コンプレックスなのかな~ってね。愛知にある全寮制の男子校のこともふと頭に浮かんだけど、隔離された環境で徹底的に自分を追い込むのも良し、自由な環境で自己責任でチャレンジしていくのも良し、語学力や実践力も大切だけどもっと大切なのは自分を持つということだと思うのでね。。。もしじいが受験生なら……やっぱり東京だな やっぱり人と物が集まりそこから吸収するものは超えられないから。

でね~~同じようなことを思っている受験生が親戚にいるんですわ。まさに旭というか 原作に近い感じかな~~野球をやってて、いちおう進学校だから勉強もそれなりで、地元国立と揺れながら実は東京に行きたいと思ってる、みたいな。夏に電話でそんな話があって結局どこを受ける/受けたのか不明だけど、結構ギリギリに連絡してくる家なんですよね~~受験するにしても進学するにしても、いや、進学先によっては住むのはじい家の近所 まぁナーバスな話なのでこちらから聞くわけにもいかないし、かといっていざとなればうちが何かにつけて頼まれるわけで、とりあえず4月は忙しいからじいを駆り出すのは止めてください とママンには宣言しときました。無理無理、絶対に無理っ(笑)
コメント

休み~休み~~!!

2013-02-17 23:53:29 | その他いろいろ
やっとお休み~~ さすがに今週は疲れすぎてヘロヘロです 昨日は身を引きちぎられるような寒さだったし。毎年必ずどうにも耐えられないほど寒い日というのが何日かあったのですが、今の家に引っ越してからはそういうことがなかったんですよね~~でも昨日はギブアップ 疲れが溜っていたこともあって早々に布団に入っちゃいました

今日はシアターオーブにてロックオペラモーツァルトを観劇。発表された時から気になっていた演目ではあったのですが公演期間が短いので行けるかどうか微妙で……ギリギリだったけど無事に行けて良かった~ 惜しむらくは両バージョン観とけばよかったなぁということ。じいの勝手なイメージでアッキー=ヴォルフ、耕史くん=サリエリだったのですが、今回観たのはイメージとは逆のインディゴバージョン。でもとっても良かったので、ルージュバージョンも観たくなる~~1週間は短すぎるっ ナマ耕史くん、実は初めてだったんです~~間近で見たことはあったのですが、その時の状況設定を考慮しても とは思わなかったというか興味がなかったというか(笑)でも今回は気がついたら 4月からの「おのれナポレオン」が楽しみになってきました~~って違うか

でもね~~4月は予定のやりくりにホント困っておりまする 今日ご一緒した友人とも話していたのですが、観たい演目がありすぎて……最優先はもちろん そうなると、、、入れられる日がない 前は平気でマチソワや平日ソワレ観劇をやっていたのですが、最近はどうにも頭も体もきつくて……こんなヘタレではいかん!と思うんですけどね~~仕事的にも前みたいに上司と自分の裁量次第&ある程度自分のペースで仕事できるというわけではないので。ま、今は平日休みがあるのでその時に入れようと思えば入れられるけど……どうしても外したくない演目2つ、できれば3月か6月にしてもらえませんか?と無理なことを言ってみたりして(笑)ま、平日ソワレが濃厚かな~~あるいは無理して連チャンするしかないかな~と
コメント

・・・(--;)

2013-02-15 23:42:40 | その他いろいろ
昨夜は先輩のお母様のお通夜に行ってきました。娘であろうと息子であろうとやはり母親を亡くすというのは……ねぇ ひたすらに重く感じました。今回は普通に 仏式だったのですが、これはこれで地域の慣習やら風習やらが絡んでくるので大変で じい、今住んでいる場所で生まれ育ったわけではないので勝手が違うというか……うーむ 帰宅後、じいママにどんな宗派だった?と聞かれて???どうやらじい家と同じだったみたいで「あなた、お経は何度も聞いてるんだから同じかどうかぐらいは分かるでしょ?」とママンに言われましたが、ホント興味がないものに対してはとことんダメなんだなぁ~と

今日は1週間の中で一番忙しい金曜日、そしてよりによって1日勤務 じいの勝手な予定では雪が降って早めに上がれるはずだったのに2時間半の残業付き……トホホ だいたい寝起きからトホホ~だったんですわ。ろくでもない夢を見てしまいまして……オダジョーと婚約する夢(爆!)しかも偽物の指輪を貰うという そしてママンはいつでも帰ってきていいのよ~と島崎藤村の文庫本にお金を入れて渡してくれ、なぜか子供を負ぶった夏木マリが職場の机の隣にいるという意味不明さ。どうせならもっといい夢みたいよぉ~ それでね~~悪夢というかろくでもないことは更に続き、、、通勤の電車の中で80年代のアイドルの追っかけ?今どきあり得ない格好をした男二人の会話に耳ダンボ 「俺、本命の女の子からチョコ貰いたいよ」「清楚な女の子から貰えたら人生言うことないよ」……男子校の男子トーク なら可愛げもあるけどコレは、、、申し訳ないけど素でキモッと

バレンタインと言えば話が出なかったので今年はなし!と思ったら……ギリギリでお声がかかってワンコイン徴収 相変わらず逆算のできない人たちだな~と だいたい女性が多い職場なんだから人数分を掛けたら義理チョコに見合わない高額になるわけで、どうして一人当たりの金額を決めて人数分で割るという逆算ができないんだろーかと やっぱり出す金額が少額すぎることに抵抗があるみたい。数千円の義理チョコっておかしいでしょ~

今週はとにかく仕事が忙しくてヘロヘロ~~ 女信長の話も書きたいけど明日また
コメント

先の楽しみ

2013-02-13 23:33:10 | その他いろいろ
仕事から帰ってきたらポストにハガキが1枚 学生時代にいた研究室の指導教授が退官されるというのでパーティーをするとな~~ 先日会った友人も専門は違うけど同じ学校でこの教授を知っているのでそういえばそろそろ退官じゃないっけ?と話が出ていたので何というタイミング と思ったのですが……まぁ行くかどうかは微妙(苦笑)他の用事があって事務室に行くことはあっても研究室には顔を出さない薄情な卒業生だし~~実はもう1つ、別件で同じ種のパーティーがもう少し先にあるんだけど、こっちは即決☆参加の方向で動いたのよね 帰属意識の違い、というのは冗談 研究室の指導教授の方はこの人の下で勉強したくて選んだ学校だし、他にもいろいろ良かったな~と思うことはあったし。でもやっぱり思いの強さと深さは違うのかもしれないなぁ

さてさて、今年はなかなかイイ感じに観劇&観劇予定が立っていて幸先良いな~と感じていますが、もう年末の話(笑)一般人には分からない感覚だと思いますが……こんな発表がありました。すぐそこの半島までは来ていてウラヤマ~と思っていたのですが、やっと海を渡ってきました 貴公子&女帝でエドモンとメルセデスですか ファリャ神父に村井パパって……何だかエドモンを陥れる側のイメージなんですけど ヴィルフォールやダングラールは楽しみ~~あと、ハマメグさんのルイザも気になるぅ 絶対に観に行かなくちゃ

そして、、、もっともっと楽しみなのはこちら 女信長の15秒&30秒PRスポットが公開されました。久しぶりに(笑)普通にかっちょいい内野光秀 噂の?お長とのラブシーン、の手前…か いや~~久しぶりにこういうシーンを見たわ 早く放送日が決まってほしいな~~と思いつつ、超短時間のPRスポットを見て、また番組Pの呟きを読んでいて、盛れる限り盛ったという派手派手しさがある感じは正直言って……盛っている段階ではまだまだ 削って何ぼだと思うのでね~~ 何げに素直に喜べない部分もあったりしてね ま、そこら辺は年末に読んだ会報で納得済なのでいいんですけどね(苦笑)
コメント

三連休

2013-02-11 23:55:26 | その他いろいろ
足が筋肉痛~ 昨日は久しぶり……この冬お初かも ぺったんこなブーツを履いていたのですが、長く歩いても痛くはならないけど意外に疲れるんですよね~~余裕がある分かえって足首から下で持ち上げて歩かないといけないところがあって 特にふくらはぎがヘロヘロ~~歩くのが結構つらかったりして(笑)

そんな中、美容院の予約をしていたので行ってきました~~今回はいつものお店 やっぱり落ち着きますね~~担当してくれる人もじいの微妙な変身願望 と譲れない好みを分かってくれているので信頼度抜群、安心してリラックスできました 技術だけじゃなくて雰囲気も含めたサービス提供なのよね~~サロンは。カラーリングとカット、、、いつもより少し短めに切ってもらった、と言っても気付かないかも じい的にはかな~り切ったつもりなんですけどね(笑)久しぶりにストレートっぽく……単にパーマが取れてきただけとも言うけど。また4月辺りにクルクル巻くつもりなので←デート予定の為だけじゃなくて別件の大切な予定の為もあるの♪今回はパーマはかけませんでした。でも思っていた通りに仕上がって大満足でっす

帰りにじいママと待ち合わせてバレンタインのチョコ、、、父用にね 充実した三連休でしたが、ちょいと心が晴れず 前から何となくそうじゃないかな?とは感じていたのですが、職場の先輩のお母様が危ないのでしばらく休むからという連絡がありました。昨日見たとんびのこともあってタイミング的に・・・いろいろとまぁ 親を見送るまでの時間、じい自身も思うところはあるのでいろんなことを考えてしまって。ただ、幸せな人生だったと言った照雲さんの笑顔の後ろにある本当の気持ちを思い遣れるような人でありたいなぁと思っています。
コメント

とんび 第5話

2013-02-10 23:52:56 | とんび
今日は6年ぶりに旧友と再会。6年の溝を優しく埋めるかの如くいろんな話をしました お互いに環境がいろいろと変わっていて、でも昔と変わらない楽しい時間で……今度はもう少し近しく会おうと約束。距離的にも近くなったし~~ 一緒にランチをしたお店、、、穴場の場所にあったんだけどココは使えるぞ~~って、何に?(笑)

帰宅後はもちろん、、、年明けからの日曜日の大事な大事な予定!とんびですぅ~~今日は第5話。あのぉ~~本題 に入る前にちょっとよろしいですかと改まって……さすがにもう限界。本気で殺意が芽生えた……もうね~~責任者を出せ、責任者を という感じです 現代パートのせいで全てが台無しになりました 涙も引っ込んだわ 海雲和尚が書いた手紙→そこに繋げますか 確かに親、自分、そして子供に命と愛のバトンを継いでいくこと、、、ヤスさんも海雲和尚が味わった思いを……その“伏線”になるのは分かりますが、この時点でそこまで言わせるのはおかしくないかい?しかも健介君が差し出したタオル→ヤスさんの嘘の真相を知っていることを匂わせることを当の旭の口から言わせるなんてどうかしてるわ 確かに現代パートの旭は真実を知ってますよ~~でもここで明かすのは早すぎる。しかもヤスさんと旭の物語⇔旭と健介君の物語を安易に結びつけると陳腐になってしまう。こんな分かりやすい展開や演出なんて視聴者をバカにしているとしか思えない。そういうことはティーン向けのアイドルドラマでやってくださいってね 言いたかないけど、どうしても毎回成長した旭を出してそこでのストーリー展開もしないといけない事情でもあるんですか?と嫌みの1つや2つや3つや4つ……ねぇ

ゴメンナサイ いきなり荒れ狂ってしまいましたが、素晴らしかったですね~~1989年の回想シーンが(爆!)考えさせられる問題があちこちに詰まった深くて濃い内容。そんな中でもヤスさんのバカっぷりは大いに炸裂。ナースコールの場面やトランクスで旭に迫る 場面は思わず「バカ…」と吹き出してしまいましたが 体罰の部分は物凄く巧みに描かれていたと思います。今話題になっているので尚更!という部分はあって、確かに絶対的に許されるべきではない側面があるというのはじいもガッテンしているんだけど、それに+αして&別のもっと根源的な部分において考えるべき問題が込められた場面だったと思うんですよね。気軽に善悪、肯定否定を語れることではないし、それぞれの心の中で深く←これ大事 考え続けるべきものだと思うので、じいもこれ以上は触れないけど、いや~~思っていたことをガツンとここまで見せつけられて唸らされました

今回、やっぱり一番もっていったのは柄本さん演じる海雲和尚でしたね~~堪んなかったわ 手紙のシーンは一瞬コーチ!と思ってしまいましたが……スミマセン 手紙はドラマのオリジナルだけど、手紙という形にしたのが良かったと思うんですよね。照雲さんには言葉にしなくてもそこはかとなく伝わるもの、受け止めるものがある。やっぱりどうにもこうにも実の父と息子だから……。原作やもう1つのとんびの方では照雲さんがもっともっと自分の気持ちを語るんですよね~~それはそれで年老いた親のことを考える子供の気持ちがビシバシ伝わってきて泣けるんだけど、それがなくても痛いほど分かるんですよね~~親を看取る子供の気持ちが 敢えて親の元には行かずに仕事にまい進→自分の道を歩こうとする照雲さんとそれを承知する海雲和尚……お互いの深い部分での心の機微、それがヤスさんには分からないというか、それはそれで切ないことではあるんだけど、その分ヤスさんは海雲和尚の傍にいて、でもやっぱり一番核心に触れる「家族だけの瞬間」というのは分かっているから遠慮している部分がある。だからこそ最後の別れのところで旭と二人、病室には入らずに廊下で待っていたんだけど……その遠慮の部分も含めて掬い取った海雲和尚の手紙は素晴らしいと思いました。ヤスさんには言葉という“形”が残るもので伝えるということ、、、その優しさに泣きましたね~~海雲和尚が語ったことは親の愛そのもの。可能な限りの愛情を子供に注ぎ、子供から幸せを貰い、子供にも同じように幸せになってほしいと願い、自分の子供を通してその子供=孫の幸せをも願う。ヤスさん自身、自分は持っていないと思っていた愛情を海雲和尚によって精一杯与えられていたことに気づく、それが照雲さんとは違って手紙という形で……ヤスさんの背中とこぶしによって語られた行間の言葉、、、しびれました

そして旭……全くもうぅ 思春期のふてぶてしさ、こにくったらしさで一杯。何げに懐かしかったですね~~我が思春期を思い出して(笑)海雲和尚のお見舞いにも行かない……でもそれでいいんだと思いましたね~~最後にレギュラーを取った報告をしながらボールを渡す場面、、、じい的には和尚のために自分勝手を承知で部活に没頭してたという“美談”……だけじゃないと思ったんですよね。死んでいくものにとらわれず後を引き継ぐ若い世代は我が道を行けばいい、それでいいんだ、、、海雲和尚の願いであり大きな優しさを象徴するものじゃないのかな~と思いました それもまた親の愛の一部なのかもしれないと。。。そして手紙を受け止めたヤスさんの背中を理解する旭がまた泣かせるんだわ。旭の男としての成長を感じると同時にヤスさんを包む周りの愛の熱さ、大きさが心に沁みこんできてね~~ウルウルと。
コメント