じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

まさかの2つ目!

2014-11-27 15:40:25 | 内野聖陽さん
今日は週休日~♪毎年恒例の嫌なこと……インフルの予防接種(笑)ホント注射はダメなんですぅ~~いろいろ伝説を作ってきた子供デシタ 大人だと逃げようと思えば逃げられるけど 会社が全額負担なのでやらないわけにもいかず仕方なく……終わったご褒美はドトールのケーキセット。スタバの方が良かったんだけどな~~近場にあったのはなくなったのよね

しか~し もっともっと大きなご褒美が

2015年4月 Bunkamuraシアターコクーン 「禁断の裸体」に主演

劇場HPにも掲載されています。タイトルからして危険な香り?なのに共演が寺島しのぶさんって……濃厚すぎて嬉しい悲鳴っ ブラジル作品ということは熱そうだなぁ~なんて思うわけですが、、、翻訳劇なんですよね~~またまた異質な味わいを堪能できそうで楽しみです ただね~~演出が……以前、PARCO劇場で観た演目が好みではなかったので心配なのですが、内野さんのこと信じているのできっと!

春に向けて忙しくなるな~~体もお財布も テンション上がってるから大丈夫~~
コメント

俄かでなく俄かであり

2014-11-14 23:58:06 | その他いろいろ
いや~~今朝は寒かった ハイネックやら裏地付きやら暖かそうなものを引っ張り出して……とは言っても11月半ばだからな~~今までが薄着すぎてたのかな そのせいかどうかは分かりませんが……いや、原因は明らかにアレ、、、羽毛布団が暑すぎて明け方目が覚めたら思いっきりはだけていて……やっぱり風邪を引きました 喉が痛いのと耳と鼻の奥が痒いのと、そのせいで頭がポヤーッとする&胸に幕が張った感じの……葛根湯で頑張ったのですがダメだったみたい。でもね~~ちびっ子がうるさくて待ち時間の長いかかりつけの耳鼻科に行くのも面倒。そこで、、、100円で治せる裏技をばっ!それでも治らなかったら観念して病院に行きます。。。

ところで、ここのところ気になる話題の集中するスポーツ方面。ドンピシャタイムリーなのはやっぱりテニスかな 何もかもが凄すぎて圧倒されているATPツアー・ファイナル!縁遠い世界の出来事だと思っていたらまさかのまさか こんな時代が来ることになろうとは!!!じっくり見てられないから結果だけでいいやと言いつつチャンネルを合わせてしまうんですよね~~まぁ翌日があるので最後までは付き合えないけど。でもフェデラー戦は見入っちゃいました。アレは別格というか神……か 速さも動きも流れもとにかく全てが雲の上すぎて トップレベルの世界って言葉を失う程なのね

冬と言えばフィギュア!男子フリーの6分間練習の激突には本当にビックリしました。直後の異常な様子も衝撃的でじいは止めた方が良かった方の意見ですね~~まだ若いしオリンピック翌年だし今後のことを考えると体が一番なわけで……感動≦心配かなぁと それにしても、、、ボーカル解禁の今年はどこもかしこもオペラ座の怪人 日本勢だけで3人って……ファントムのバーゲンセールかっ個々の選手の思い入れがあるのは分かるけど、「やりたい」と「できる」は違うわけでボーカルが付けば尚更!日本人ゆえに舶来の世界観に追いつけなくてイモっぽさが拭えないとか、国内レベルでよくできました&一生懸命頑張りましたで終わっているのとか、表現が浅くてあざとさを隠せないとか、、、 演目的&ナンバー的に好きな身としてはいろいろな破壊工作に湧き上がってくる怒りが沸々と まぁこれはじいの勝手な好みですが、高橋選手や鈴木選手みたいな芸術ともいえる表現ができるスケーターが使ってこそ生きる曲だと思いますけどね~~あ、ついでにリクエストすると映画版じゃなくてロンドンキャスト版で踊られたら鼻血出して倒れると思うぅ~ でも羽生くんの演技だけは体が万全になった時にきちんとした形で見たいなぁ~~まだまだ青いし、じいの好みじゃないけど世界レベルで見ていて変なイライラ感はないので。

そして、、、今年は予想外に 熱狂してしまったプロ野球 ストーブリーグの時期に入ると存在感が空気のようになる……っていうかマネーゲームに参加できない貧乏さんなので派手な話題がないのよね(苦笑)でも今年は……うーむ 古巣復帰ですか。新監督が現役でいて、この人の前に打席に立つのが伝説の男で、海の向こうに渡ったピッチャーやら、あ、新2軍投手コーチもまだ現役だったか~~何か時代を感じてしまうのですが、まぁね~~FAで出て行った時の印象がよろしくないので諸手を挙げて歓迎!という気持ちにはなれないのよね 東日本大震災の時は計画停電の影響を受ける人たちのことを考えないで電気を大量に使うドーム球場で開幕をゴリ押ししようとした讀賣の老●に反旗を翻した時は選手会にエールのメールを送ったけど。ま、戻ってくるものは仕方ない(爆!)監督が横一線で特別扱いはしないと言っているらしいというのが、簡単に復帰はしてほしくないと思う身としてはせめてもの救いというか……とにかく結果を出して快く思っていない声を黙らせるしかないだろうなぁと
コメント

映画!!!

2014-11-09 19:27:52 | 内野聖陽さん
振り幅が大きいのは演じる役以上にご自身のことですよ、まったくもう と嬉しい苦情(笑)一気に浮上しました

2015年公開 映画「罪の余白」に主演

昨日の早朝めざましテレビでもやったっぽい???じいは出勤途中にこのニュースを知ったので未確認なのですが……紙面紹介みたいな感じだったのかな スポーツ報知映画.comに記事あり!オフィシャルサイトには全コメント……かどうかは分からないけど詳しい掲載がありました♪

無性に嬉しくなる一言一言 リハが長いというのは内野さんにとっては嬉しい環境なのではないかと 見る側もそれだけ練られていると思うと期待が膨らむし。そして、、、相変わらずヒリヒリした極限の人間ドラマが好きなんだなぁ~とニンマリ やっぱり内野さんらしさは健在!2015年のいつ頃なのかな?舞台と同時期だと忙しないので少しずらしていただけると助かると勝手なことばかり思っていますが 先の楽しみがまた1つ増えて嬉しいです
コメント (2)

2014-11-06 23:24:25 | 内野聖陽さん
久しぶりのまったりしたオフだったのに、1通の で激震が走りました まさかこんなことって・・・

1日早いバースデープレゼントというにはあまりにも残酷 何かの冗談なのかと……いや、冗談でこんな決意をするお人ではない。手紙を持つ手が震えていたのは気のせいではないし鼓動は強くなるばかり。混乱しすぎて心の整理がつきませんでした……今もついていないけど、後から後から襲ってくるのは寂寞。ひたすらに寂しくて寂しくて堪らないのです。10年、、、もうそんなに経っていたんですね アレコレやっちゃった~ な面は多々(苦笑)あったけど、そんなところも含めて“今時”じゃないところが好きでした。巷に広がるファンサービスなんて要らない、何より内野さんの生の言葉に触れられることが大好きでした。

実は何となく、私自身の勘というか「感」なのかなぁ~~妙に冴えることがあるのですが、最近…と言っても年単位の最近なのですが、何となく思っていた部分はあるんですよね。新しい周りの違和感と古い周りの変化の違和感とでも言うのかな~~自分の中で複雑に思っていることを含めて。それに、発足した時からもしかしたら存在すること自体が異質だったのかもしれない。なくなることで自由になれるのならば……そんなことを考えていると寂しいのになぜかホッとしている部分があるのが自分でも不思議だったりするのですが……私の勝手な思いなので右から左へ流してください

でもやっぱり寂しいです 内野愛は微塵も変わらない。これからもずっとずっと新しい出会いを重ねて思いのやり取りをして闘っていきたい……信じていいですよね?心から信じて応援していきます!!







とはいったものの……うーーん、、、心の整理が


コメント (2)