じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

予約の期限

2012-08-31 23:42:03 | その他いろいろ


遠くの空が暗かったので今日こそ来る? と思ったのに・・・ ゲリラ雷雨は隣町、極端な時は1駅違いor駅のこっちとあっちで違いますからね~~仕方ないか

実は、、、ときめきの君が会社を辞めることになりまして まぁコイバナの彼の時みたいにじいがアレコレ悩むことは全く何もないのですが(笑)勤務の関係で一緒に働けるのが先週最後だったので今までのお礼を兼ねて一言二言喋っとくんだったかな~と思ったりもしたのですが、来週末に送別会をやることになったんですわ……と言っても別の部署が主体となってやるのでじいたちもお呼ばれ的な立場になってしまうんですよね~~そうなってくると単純に出るor出ないを決めるわけにもいかず うちの部署主催だったら確実に全員出席だったと思うけどそこら辺がね……結局社員2人のみが出席。そのうちの1人、25歳の男の子が「○○さん(=じい)は行かないんですか?行けますよね??まだ間に合いますよ~☆」とけしかける!ちょっかいを出して構ってほしいの半分、本気で誘ってるの半分、全くっっっ めんどくさいけど可愛いヤツめ!!慕ってくれてるのは悪い気はしませんが……最後には「どのくらい前までに○○さんに予約を入れたら大丈夫ですか?」って……決まる時には半年以上、1年先の予約まで入ってますから 舞台だとそのくらい前から思いっきり日付指定で予定が入っちゃうんだも~~ん ←確実に一般人からは引かれる(苦笑)

でも、観劇の予定以外で半年以上先の予定が決まってしまいました 中身の詳しい話は身バレするので言えませんが、それだけの年月が経ったんだな~~としみじみ 純粋な部分だけ取り出せばやりたいという気持ちはあるけど、それだけでは決められないのが大人というものなのよね~~現実的に考えても、、、ね。表面的には華やかで充実しているように見えることでも、その裏は泥仕合的ゴタゴタとそれを超えたトコにある覚悟と配慮と遠慮があって、大人だからこそ感じて理解できる部分もあったりするのでね~~自分の純粋な気持ちだけでは決められないこと、できないことがあるのよね。とにかく一番思うこと、、、お願いだからその日は内野さんの舞台はやらないで たとえあったとしても千秋楽とか絶対に止めて~~と明らかに間違った思考ですが(笑)いや、たとえそうだったとしても今回ばかりはじいらしくない選択 決して冷めたわけではなく、これからも愛を貫くための選択でもあるから。
コメント

「女信長」彦根城ロケ(+追記あり)

2012-08-30 12:44:39 | 内野聖陽さん
今朝は予期せぬ祭り……いや、祭りという気分ではありませんが 内野さんは既にクランクアップされているみたいだし、じい的には過去という感じの気分だったのですが←放送前なのに 年末放送の女信長関係の記事がドドーンと WSでの放送はあったのかな???ダメ元で午後以降のは張ってみようかな

スポーツ各紙はこんな感じ

スポニチ
サンスポ
日刊スポーツ
スポーツ報知
デイリースポーツ

あと、中日新聞東京新聞にもロケの模様が取り上げられています。

じい、原作は読んでいませんが記事を読めば読むほどベルばらだな…と 映像でしか知りませんが嫌いじゃなかったのでね~~天海アンドレ(笑)今も男前のハンサムウーマンのイメージが強いけど(その手の役が多いのはいかがなものかと思うけど)男役の時もヅカ的外見は置いといて、かっこよかったというのは否定できないわ。しかもいつまでもヅカを引きずっていないトコが気持ち良いのよね~~“アレコレ”の事情の違いだろうけど(爆!)

それはともかくとして、信長と言えばひげ!ということで今回の取材でメインの話題になったようですが、「(もとから)生えているみたい」と内野さんがおっしゃったとか ハンサムウーマンとはいえ女性に対して全くもうぅ~~お茶目なんだから ラブシーンもありあり~♪邪な妄想三昧ではありませんよ~~初恋が浅井長政、2番目が明智光秀ですか 内野さん曰く「女社長といけないことをしている感じ」ということでしたが、これまた全く何という喩えなんだか 素直というか何というか、そこら辺の遊び心と真面目なバランスがたまらないのよね~~「逆賊とされる光秀は信長の理解者とされ、内野は「いつものイメージを忘れ、この作品の明智像を楽しんでほしい」(日刊スポーツ)ということですが、日本史嫌いのじいはいつものイメージがないのよね~~ま、一応常識的な範囲内の知識ならあると思いたいけど(笑)どんな光秀に会えるのか楽しみ

物語的にも楽しみではあるのですが、、、しつこいけど(苦笑)フジの時代劇ねぇ 村瀬Pが言うには「フジテレビらしい時代劇」ということで「豪華メンバーによるエンターテインメント性が強い作品群という意味」らしいのですが、実は写真や前に放送された映像を見る限り……ちょっとね 作り物的な違和感があるのが受けつけないトコがあるんですよね~~民放の時代劇、フィルム→ビデオ撮影という時代の流れで厳しい部分はあると思うのよね。その点はやっぱり某公共放送の撮影技術はさすがなんだけど……それは除けても月曜8時枠の経験が長いTBS、12時間時代劇のテレ東……テレ朝がギリギリのボーダーラインかな~~見るに耐え得るのは。そういう意味+αでPの姿勢には正直言ってついていけないところがあって……ま、良い方向に転ぶよーに切に切に願ってますけどね

**************

仕事帰りに買ってきました、東京新聞&東京中日スポーツ↓↓↓内容はweb版で読めますが大きめの記事だったのでお買い上げ~♪やっぱり紙で読むのが好きなもので





そしてそして スターダストHPに内野さんの詳しいコメントが公開 やっぱり一番充実してたわ~~そんでもって……悔しいけど(苦笑)結局は愛しの君の言葉にコロッとやられてしまうという。。。惚れた弱み……いや、そういうのではなくて やっぱり内野さんは内野さんなんだな~~信じていける!と思わせてもらえる言葉に完敗でっす じいも「そう来るか」と思って作品と対峙できるように一般的な方の知識(笑)を深めておかないといけないな~~
コメント

臨場 劇場版

2012-08-29 12:24:09 | 内野さん映像のお仕事(連ドラ)


夏の終わり~ なーんて思わず歌ってしまう今日この頃……ってか、まだまだ残暑が厳しくて、いや厳しすぎて生きているだけで精一杯というのが本当のところだったりするのですが(苦笑)まだきちんと書いていなかったのでね~~つらつらと書いておこうと思います、臨場劇場版の感想。

観たのは全部で5回、、、本当はあと1回倉石さんに会いに行きたかったのですがそれは機会があればまた 正直言って映画というのは何だかな~という気持ちが最初はあったのですが(やっぱり舞台みたく一期一会の思いのやり取りの方がいいので)今回の映画はちょっと違っていたんですよね~~観る度に感じるものが違ってて観劇しているような感じ。ある時は倉石さんが背負ったものの切なさや哀しさだったり、ある時は留美さんや永嶋君、一クンの中に根づこうとしている倉石さんの生き様だったり、またある時は大切な人を失った遺族の真の思いだったり「償う・贖う」ことの意味だったり……その時々の感情や置かれている環境によって少しずつ違う思いのやり取りができた作品だったと思います。おかげでテーマが重いからという理由以上の理由でヘトヘトになってしまいましたが

サスペンス的な部分のみで物語を捉えるなら“普通”だった……かな 2時間モノ、連ドラ、海外サスペンス、刑事物が好きで結構見てたのでね(笑)今どき流行りの展開で言えば、安永教授or仲根管理官、または仲根管理官経由で2年前の事件には波多野進以外に黒幕がいたとか、やっぱり浦部さんが真犯人でやむにやまれぬ事情があったとか……まぁ結局安永教授が犯人ということでキャスティング的にも最初から明らかじゃん!という流れだったわけで、見る側がひょえ~ となるような凝ったストーリーに比べると普通すぎて別にねぇ という感じだったのは本音デス。突っ込みどころも満載だったし~~クライマックスに向けて全キャスト大集合的な派手派手しい終盤とか、最後の最後でホラー映画みたく波多野が復活して襲ってくるところとか、倉石さんが不死身なところとか、何だかターミネーターというかヲイヲイだった252のラストが頭を過ったような

でもね、、、この作品の魅力は謎解きを楽しむ推理物という部分ではないと思うのよね~~見るべきはそこに描かれた人間ドラマ、それも決して気持ちの良いものではなく、そうかといって後味の悪いものでもなく、何とも言えない切なくて哀しくて、でも優しくて、だけど重い、そんな人間の真実をしっかり描き出していると思いました それぞれの登場人物の過去だったり、当時or現在の気持ちは詳しくは明らかにされないんですよね~~連ドラ登場人物に関してはある程度の下地があったりするので慮りやすいけど明確な気持ちを定義づけるような余計なセリフはないし、映画がお初の登場人物に関しては説明がないのでイマイチ不親切なところがあるとは思うんだけど、じいはそれで十分だと思いました。最近は何でも逐一説明しないとすまされない過保護な創作物が多すぎ!世の中がそうなっているところもあるんだろうけど、あーでもない、こーでもないと余白に悩むことを楽しまないと面白くないですからねぇ 決して100%理解することはできない人間の営みや心模様と向き合える素晴らしい作品だと思いました

人の思いや生き様の真実は当人にしか分からないことで、たとえ一番身近な家族であっても100%それを理解することはできない。浦部さん然り、直子さん然り。それはとてつもなく深く悲しいことであり、切なくも温かくもあると思うんですよね。直子さんが倉石さんに話したことは物凄~~く心に響きました……というかここまで残された者の心を表現するとは!!!決して良い子ではなかったこと、家庭崩壊の寸前だったこと、今もまだ残された家族は家族として存在していること、世の中は事件のことは忘れて進んでいるのに前に進めないこと、それでも生きていかなければならない現実、、、「最後の声を聞かせてください。私たちがこれからも生きていけるように」というのは“残された者”のきれいごとではない心の叫びだと思うんですよね。世間がよく口にする「乗り越える」「~の節目」なんてものは通用しないし、これほど無責任で冷たい言葉はないと思うんですよね~~って個人的な思いも含んでいるけれど。だからこそ 大切な人を理不尽に奪われた人の気持ちを一番よく分かっている倉石さんや永嶋君は何も言わなかったのではないかと思ったんです。どんなに言葉を重ねてもそれは全て嘘になってしまうこと、どんなに優しい言葉を投げかけても真に救われることはないこと……そのことを誰よりも分かっているからこそ言わなかった、、、言えなかったのではないかな~~と。「俺の仕事は死者の声を根こそぎ拾うだけだ」とだけ言った倉石さんの姿に彼の生き様と強さ、真の優しさを感じました。

以下、箇条書き。

・仲根管理官もまた刑事魂を持っていると思う。墓地で泣き崩れた直子を見る悔しそうな眼差し、立原が浦部に言った「その男にもまた家族がいる」というセリフが突き刺さる。

・終盤に留美さんたちが捜査一課にくってかかる場面、安永の検視場面で立原さんたちが倉石さんを見つめる視線は、すべてを知っていて検視官としての生き様を貫こうとする倉石さんを認めようとしているように感じる。途中に留美さんが倉石さんに休んでください云々を言うシーン、、、病気のことを知っていたのではないか?永嶋君が留美さんと言い争うところは倉石さんを尊敬しているゆえの焦りや葛藤、愛情の表れなのではないか。

・安永教授と倉石さんの共通点と道を違えたもの、、、人間は神になろうとしてはいけないという戒め、泥臭く生きることができるかどうか。倉石さんが直子に言った「俺は今まで多くの死者の声を聞いてきたが、それで救おうと思ったことは一度もない」というセリフに映し出されているのではないかと思う。

・市毛さん演じる山下医師、病院のあの異様な雰囲気、、、波多野は遺族への謝罪さえも快楽の対象にしているように見えた。それを知っていた上であのような振る舞いだったのか、本当に気づいていなかったのかは分からないが、山下医師たちの無意識の罪があるのではないかと感じた。

・倉石さんは人が背負わなくてもいいものまで背負ってしまうところがある。冒頭の雨のシーンはそれを表現しているように感じた

・償う/贖う……キリスト教的要素がある?劇中に出てくるステンドグラスの絵や羊を持つキリスト像でふと頭に過るものがある。「神は一人子を与えるほどに世人を愛した」(ヨハネ福音書3章)という言葉、、、決してきれいごとではないということ。
コメント

聞いてみたいけれど

2012-08-27 23:50:50 | その他いろいろ
今週も始まりました 今日はお盆休みをずらして取った25歳の男の子の代わりに勤務をすることになったアイツ……そう、33歳の例の男がうちの職場に来たんですわ。日頃の勤務態度&仕事っぷりがあまりにも酷いので先日とうとう社長から直々に“お説教”があって大人しくしていたようですが、人間というもの、大人になるとそうそう変わるものではなく 社歴がそいつより長いけど年下の男の子に相変わらずのタメ口だし、今日からうちの職場に研修で来ることになった新人女性には先輩風を吹かせてるし。でもね~~じいも今日は考えてたんですよ。研修で新入社員が来るというのは知っていたので、そいつがいる時の変な雰囲気になって不快な思いをさせたり先入観を植え付けたりしないように平静を装う&いつもより数倍は我慢する!という覚悟で出勤したんですわ。じいも一応 社会人を○年やってきているし大人だし(苦笑)でも残念ながら無理でした。。。ここまで嫌いぬく人に出会うことも珍しいとは思うのですが、コノ男がまさにそれ。もう末期症状、すべてが嫌で一寸たりとも関わりたくて我慢もできない 一緒に勤務した先輩がわざと両方に話を振って喋らせようとした時も「へ?何ですか??」と半分は素(他の仕事をしていて雑談どころではなかったので)、半分は本気でとぼけてみたりして

それで、その新人の女性なんですけど、社内報の自己紹介欄に趣味=観劇と書かれていたんですわ とりあえず趣味を書かないと!という感じで書いたのか、本気で書いたのかは分かりませんが、もし後者だとするとそれなりに観る人じゃないと観劇とは書かないと思うので……あぁ~~詳しく聞いてみたいぃぃ~~でも聞けない……っていうかカミングアウトはできないぃぃ~~ ま、誰かがじいの話を振ったらオブラートに包みまくったよそ行きの顔(笑)で話そうと思ってはいますが。そうそう、来月の四季観劇のことも社内報に載ってました。演目&劇場紹介、実はじいがイベント係の人に喋ったのとほぼ同じ内容が載ってて……もちろん毒は吐いていませんが(苦笑)未だにテンションが上がる気配がないのよね~~トホホ

ところで、一大決心 という程すごいことではありませんが←じい的にはかなりの頑張りが必要(笑)早寝早起きをすることにしました。まぁ早起きと言っても今は職場が近いので前の会社の時と比べると格段に遅い時間なんですけどね~~遅出勤務もあったりするので。でも早寝に関しては日付が変わる前後には寝ることにしました。ここのところ寝不足&昼夜逆転の日が増えていたせいで心身共にかな~りきつかったんですよね。さすがに自分でヤバイ と自覚症状を感じるほど酷かったのでこのままではいかん!と。ま、一番は夏バテ対策&美容対策というトコもあるのですが、やっぱり太陽と共に生活しないとね~ということで ただ、、、この酷暑は何とかしてほしいけど
コメント

レミゼ新キャスト

2012-08-22 23:40:27 | 舞台な話

郵便局に行くだけが何故か足を延ばして・・・・・・寄り道ついでに買っちゃった☆


今日もそれはそれは暑い1日でした 日当たりが良くて窓が無駄に多い家もいかがなものかと思う程で……いちおう全室遮光カーテン&紫外線防止&断熱仕様レースにしていますがそれでもねぇ~~最近は日没になるとat the end of the day you're another day older~♪と歌ってしまうという(笑)ホント生き延びた~という感じの毎日です

そのナンバーの元演目、レミゼの2013年公演のキャストが本日発表されましたね~~全キャストオーディションと書いてありましたが何か?と突っ込みたくなる……まぁいつものことなのでね(苦笑)それにしても、、、4ヶ月帝劇+地方公演にしたら少なすぎやしませんか~~ いろんな意味で追加キャストが発表されることを強く強く願いますわ

バルはどう考えても(爆!)選択肢は1つでしょ~~現状だとね 去年のブロードウェイミュージカルコンサートで生歌を堪能させていただきましたが、その歌唱力と表現力に 虜になっちゃったので期待は天井知らずの 楽しみでっす ジャベは毎回思うけど外れがなさそうなトコを持ってくるのよね~~どっちも興味があるので観たい!欲を言うならKENTROさんのジャベはもう1回観たかったけど、今度はテナ役なのね~~これはこれで楽しみでっす。アンジョも当然一択なのよね(爆!)マリウスは確実に約一名避けるの決定だし……ってか場合によってはこれまた一択 新キャストの方は歌手のようですがミューにはどうなんでしょうねぇ あと、、、これまた大きな問題 ファンテとエポ。ファンテも約一名……(苦笑)本命狙いは和音さんなんですけどね~~前の時がイマイチだったので。役によって があるんですよね~~マリー@ルドルフは素晴らしかった 進化/深化してることを期待したいんですけどね。エポ、、、玲奈ちゃんがね~~どうなんだかという感じで最近ついつい避けてしまっているところがあるのですが、昆夏美ちゃんは未知数。どっちにも転びそうなのでとにかく一度観てみないことには あ、声優キャストはあり得ないわ

そんなこんなで結局戦略に乗せられているじい 毎回何かしら愚痴愚痴言いつつ性懲りもなく行ってるわけですが、3回くらいか???間違ってよく行ったとしても1ヶ月に1回というとこかな(笑)ま、キャストスケジュールにもよりますが。
コメント

女子会&寄り道

2012-08-19 23:58:37 | その他いろいろ
今日は前の会社の人たちと新宿でランチ&お茶~♪食欲に負けて写真を撮り忘れてしまいましたが、ベトナム料理を食べました。ご飯物+麺類+飲み物or生春巻のランチセット セットだからハーフサイズだろうし平気平気~と甘く見ていたら油断ならないボリュームで終盤はちょっと頑張って食べないと という感じ。でも全部美味しかったので大満足~~パクチー嫌いの人にはオススメできませんが(苦笑)大丈夫な人にはぜひぜひ行ってほしいですね~~ 日本人向けにアレンジはしてありますが、無理しない範囲で味わえる夏向きのお店でっす。

今日会ったのは一番仲の良い元同僚な友人(姫ちゃんと一緒にうちにも遊びに来てくれたアノ彼女)と、違う部署の係長だった先輩社員の女性と3人で懐かしい話&近況その他いろいろ楽しいお喋り三昧。その女性とは勤務している当時は仕事的にもそんなに絡みはなかったので、せいぜい飲み会で少し喋る程度だったけど、仕事を離れてから何となく緩く繋がってた~~という感じだったのですが、、、実はその女性が仕切っていた部署は劇場の住人的にはちょっとオイシイ仕事をしていた部署だったので行きたかった……というのは嘘ですよ~~めちゃめちゃハードで専門的に学ぶ&経験がないとできない仕事だから到底無理 今は長年培ってきた技術と知識を活かしてフリーで働いているとのこと。ハンサムウーマン!かっこよくて憧れます でも今はそれぞれ違う環境にいても同じフルタイムで働いてきた者同士だから変な遠慮や価値観の違いがないから職場(元職場…か)の人間同士でもホント心から楽しいお喋りだったんですよね~~今の職場は否応なく家庭環境や経済観念が入り込んできて変な遠慮や苛々があるので 今度は秋に、、、今回予定が合わなかった人たちも誘って楽しい時間が過ごせるといいな~と思っています その頃にはじいもちゃんと働いているといいんだけど(笑)

17時過ぎにお開き~~その後じいはこんなところへ



日本橋三越で開催されているエリザベート展に行ってきました もうね~~つくづく自分は病気だなと 馴染み深い人名や地名、エピソードや説明の言葉の数々……逐一反応しちゃうのよね~~そして繋げたら思いっきり歌詞になって頭の中を回りまくるエリザのナンバー シシィの美貌の秘密の説明文とか思いっきり心の中でリヒテンシュタインになりきって歌ってたわ ま、さすがに見えてはいけない抽象的な存在の人は思い出しませんでしたが(笑)

展示の中身は所詮デパートでやっている催し物というか、複製品や本物を写した写真の展示も多くて、まぁよほど好きじゃないと行かないだろうな~という程度の内容でしたね~~グッズ売り場はいかにも帝劇に並びそうなものだったし。でもヴィンターハルターの肖像画←国立新美術館に観に行ったな~(遠い目・笑)で着けてるあの髪飾りの本物が見られたのは嬉しかったです ダイヤモンドが輝いていて綺麗でしたが、ブリリアントカットならもっと光るんだろうな~とか思いながら見てしまったり 銀で刺繍された結婚式の時のドレスをマントに仕立て直したものもあって、所々錆びているところが本物の銀だな~と妙に説得力があったり……そうそう、脅威のウェスト50センチ~♪愛用のコルセット&ベルトの展示があったのですが、聞いてはいたけどホント凄いのね~~競輪やスピードスケートの選手の片足太もも……か

まぁね~~つくづく綺麗な人だったんだなと思いました。じい、シシィみたいな女性は嫌いじゃないです。この国にも彷彿させるプリンセスがいる気がしますけどね~~人の払った税金で生活してるくせに働かない税金泥棒とか思ったりするのでね、、、自分の国のことじゃないから他人事として捉えられて、無責任に好きといえる部分はあるのかもしれませんが、シシィみたく我が道を行く潔いワガママって大好きなの~ ただ、じいの一番はシシィじゃないんですよね。やっぱりマリー・アントワネットが一番好きなんですよね。思い続けてきた長さが違うし……10年に満たないのと25年超では仕方ないか ま、そもそも好きの質が違うしアントワネットに妄想は浮かばないし(笑)でもこの二人を並べて面白いな~と思っていることがあるんですよね。時代は違うけどハプスブルグ繋がりの二人、、、シシィはウィーンの宮廷生活が窮屈で逃げ出し、アントワネットはフランスの宮廷生活が窮屈でウィーンの自由さを懐かしんだ。ヴェルサイユってどんだけ~という感じですが何かクスッとこみ上げるものがあるのよね
コメント

お盆休み終わった

2012-08-16 23:56:53 | その他いろいろ


お盆休み終了~☆今日から仕事です 木曜日はじいの定休日なので本当は今日まで休みだったんですけどね~~年下の先輩から「明治座に観劇に行くのと仕事とどっちがいい?」と言われて……どうやら先輩の家族がチケットを貰ったらしくて、自分は興味ないから行きたいならあげるし、行かないならネタとして(爆!)自分が行ってくると……はい、お金を稼ぐ方を選びました 明治座という時点で申し訳ないけどテンション激落ちなので(苦笑)でも、休み中に韓国に行った人から美容パックのお土産を貰ってご機嫌~~やっぱり働きに行って良かった

今日は送り盆。京都では五山の送り火があったようですが、今年は特に思いを馳せてしまうわけで……もちろん、、、ね お盆が終わると秋を意識……できないですよね~~この酷暑 でもお店にはもう秋物が並び始めています。さすがにまだ買う気にはなれませんが、もう9月に入ったら残暑が厳しくてもあまりに夏夏した格好は恥ずかしくなるので雑誌でも買って買うものを考えとかないと!うざったくなった髪も何とかしたいんですよね~~この前行った時に担当の美容師さんにもう少し短くしてパーマをかけたら雰囲気変わるかも と薦められたんだけど、さすがにそれは短い という感じだったので、それなりに長くしてイメチェン?を試みてみようかと思ったり……特に何の予定もないのでウキウキはしないんですけどね(笑)

そうそう、今日の朝日新聞朝刊に「原爆劇、未完のリレー 長崎が舞台「母と暮せば」」という記事がありました。井上ひさしさんが数年前に長崎での講演で「母と暮せば」という戯曲を書こうとしていたことを語っていて、その意志を市川森一さんが継ごうとしていたことが書かれていて……じいは申し訳ないけど市川森一さんは苦手だったんですよね~~でも井上さんが書こうとされていた「母と暮せば」は観たかったな~~広島の原爆を描いた「父と暮せば」と対比して味わいたかったし。そういえば去年の今頃だったのよね~~「父と暮せば」を観たのは。きっとまた違った切り口で考えさせられたんだろうな~~と思うとつくづく惜しい方を亡くしたな~~もっともっと作品を観たかったな~~と残念な気持ちになってしまいまいます。最後に遺作となった「組曲虐殺」からの引用、、、「あとにつづくものを信じて走れ 井上さんから市川さんへの思いのリレーは未完のままだ。」ということで締めくくってありましたが、戯曲に限らず大切にして受け継いでいかないといけない事実や気持ちってあると思うんですよね~~今年は“土地の問題”に隠れてというか、乗じてというか、どさくさに紛れてというか、暑い日本の夏の話はどこかに行っちゃってますが、、、ただ思うことは一人ひとりの人間ならなんでもないことでも国がちらついてくると嫌な感情が湧き出てくるのよね~~他国のみならず自国に対してもね←ココ大事
コメント

お盆休み真っ最中!

2012-08-13 23:52:05 | その他いろいろ
お盆ですね~~帰省する/している人たちも結構いるんだろうな~~と 実は帰省できる懐かしい場所があること、迎えてくれる人たちがいることが少し羨ましくもあり、その分だけどうしようもない孤独感や寂しさを感じることもあり……いや、毎日親元に帰ってる奴が何を言ってるという感じですけどね(苦笑)そこら辺の切ない気持ちは同年代の人たちよりも10年20年先をいっているんだろうし、今は分からなくてもいいことなのでね。で、ふと思い出したのがこんな本。


親が死ぬまでにしたい55のこと (Earth star books)

親孝行実行委員会
泰文堂


離れて暮らす親と一緒に過ごせる時間を割り出したもので、現在親が60歳で80歳まで生きるとして(=20年)、帰省するのはお正月とお盆の3日ずつ(=6日間)、その1日で睡眠やプライベート以外で一緒にいる時間(=11時間)の仮定からはじき出したもので日数に換算すると55日間。こんな風に具体的な数字で突きつけられると結構ズッシリ来るというか……一緒に過ごす時間は笑顔の時間ばかりではないことも多いのでね~~後から考えればそれもまた幸せな時間だったと言えるかもしれないけどそれも何かね~~それぞれができる時にいい時間を過ごせたらな~と願うわけなのです

なんて殊勝な ことを言いつつ、じいはそそくさとお出かけ 内野な友人と を満喫してきました。何食べたい?と少し前に聞かれた時に頭に浮かんだのがフレンチ。夏だからサッパリが良いけどちゃんと食べたー!という感じのものがいいし~~と思って浮かんだのがそれだったのですが、いろんなお店の選択肢の中にフレンチが入っていたのでこれにしよう ということになり……結構昔からあるお店らしいのですが、そこでランチをいただきました。その後別の場所に移動してお茶も堪能~☆美味しいものを食べて、楽しいお喋りをして、溜め込んでいた“いろんな”話もできて充実した1日。これぞ正しき休日の過ごし方だわ~
コメント

2012年東京湾大華火祭

2012-08-12 19:47:28 | その他いろいろ

音は入れてません・・・ゴメンナサイ


昨夜は東京湾大華火祭に行ってきました 写真はホント大変なので←素人が手を出すとろくなことがない あっさり動画にしちゃいました。

わざわざ観覧席を応募するのも面倒だし、空に上がるものはどこでも見られるわけで(笑)かぶりついて見る必要はないので早朝から参戦しなくていいし~~しかも昨日は午前中仕事があったし……ということで仕事が終わってからいそいそと出かけてきました。打ち上げ開始1時間前から急きょ観覧エリアの一部を無料開放してくれたのでそちらへ……歩いた~~疲れた~~ 足腰がヘロヘロで帰りは右足首周辺が思いっきり悲鳴を上げてました。春先 に捻挫した時の後遺症も重なってきつかったわ~~浴衣に下駄を履いて行った人たちを尊敬しちゃいますね~~ってか夜景が綺麗なホテルのラウンジやタワーマンションじゃなくて野原で見るのは分かってるんだから着飾っても仕方ないだろうに と思うのは若くなくなった証拠……か 男女限らずはんなりと大人っぽく着ている人たちを見ると憧れるけど確実にじい的には物足りないのよね(笑)でも、キャバ嬢やAKBの真似にしか見えないバカっぽさ全開で下品なのはちょっとね~~でもラブリ~なのに品があって素直に可愛い という感じの着方をしている子も何人かいたので、目指すのはそれ?とそれこそ年甲斐もなく(苦笑)

花火の方ですが、メイン会場に比べると遠くで上がってる~~って感じでしたが十分に楽しめました 雨が心配だったけど晴れ女2人が出かけたのでね~~これまた根拠のない自信があったりして 途中ちょっとだけ降ったけど無事に1時間20分堪能できたので良かったわ~~ ま、色合いが足りないだの小さいけどこんなものでしょーだの好き勝手お喋りしながら見てましたが……物心ついた時に見てたのが三尺玉がフツーに上がる花火大会だったのでコレは仕方ない 都会の夜景を見ながらの花火もそれはそれで素敵でしたよん♪
コメント

数日のよろず話

2012-08-10 23:56:38 | その他いろいろ
ここのところ昔ながらの夏 という感じ……何だか20年くらい前?のお盆明けの気候に似ている気がします。日中はそれなりに暑い……と言っても殺人的なアノ酷暑ではないし朝晩は気温 なので身体的には楽に過ごせています 今週はまぁいろんなことがありまして……親の年を考えると当たり前のことなのですが、親戚関係で絡みが出てくると言えば“慶び”の方ではないんですよね。じい家でもママンの健診が引っかかりましたが無罪放免でホッとしたのですが、ダークホースがいた!!!近所に住む伯父なのですが、真面目と真面目の間にもう1つ真面目を挟んだような健康管理っぷりの人が週明けにいきなり入院・手術しまして 一般人には と思うようなオペがチャチャチャっと済んで日常に戻るのも早いのね~~医学の進歩というのは凄いわ。病院までは少し遠いのでママンが毎日伯母を連れてお見舞いに行っていますが ババ2人にも無理しないように気をつけてもらわないと

それはそうと世の中はオリンピックですね~~ スポーツには興味ない……ってか、職場の付き合いでいくつかスポーツ染みたことをやった時にじいはつくづく運動体質じゃないんだなーと そんなわけで積極的な興味はないのですが、惰性でテレビを見ている延長で気がついたら見入ってしまって寝不足気味。某プロ野球チームのファンらしく(笑)勝ってないと関心がなくなるゲンキンな奴なのでメダルの可能性がある試合しか見ませんが でも、唯一の例外が新体操。一昔前に比べたら強くなったフェアリージャパンですが←こんなネーミングもなかったし ま、最近は一番夢中だった頃みたいに必死に見ていないんですけどね~~今なら競技会に行き放題の環境だしテレビもあちこちで中継をやっている良い世の中になったのに皮肉的というか……だってつまんないんだもん!!!単なるアクロバット競技に成り下がってるし、演技に芸術性や個性がない。手具操作や体の動きが雑なのに減点されない。これなら体操やシンクロの方がよっぽどか割り切ってスポーツとして見られるので楽しいし、芸術スポーツという面が活かされているのは今ではフィギュアスケートくらいではないかと。でも、久しぶりに見てやっぱりブルガリアの演技は好きだなーって思いました。昔みたいに個性がないのは残念だけど、無駄な動きがなくて綺麗 旧ソ連、東欧諸国が崩壊してコーチ陣が世界各国で活躍するようになってスペインやイタリア、旧ソ連だった国々が台頭してくるようになった時期から高難度の技が決まればいいみたいな流れになったのよね。コスチュームも含めて今の新体操は嫌いだわ~~こんなんならサーカスで十分

ところで、じいパソが調子 4ヶ月前の症状再び!ハードディスクの起動がイマイチ良くなくて……BIOSを初期化して騙し騙し立ち上げていたのですが、めんどくなってOSを入れ直してみたら前は改善されたのに今回は微妙 完全にクラッシュしたなら諦めもつくのですが、今出ているノートパソコンの最新モデルとイイ勝負ができるくらいの能力はあるのでね~~もう少し頑張ってほしいというのが本音。修理に出すにしても保証期間は過ぎているので考えるところ。今買い換えるとしたらwindows7ラストのハイエンドモデル(デスクトップ)が欲しいけどwindows8が見えているこのタイミングと費用……今のパソを買った頃の半分以下ですが 無条件に買いまーす!とは言えないんですよね。あるいはとりあえず使うという意味でノートパソコン……もちろん最新のハイエンドモデルしか選択肢はありませんが(苦笑)持ち歩く予定は全くないのでね~~やっぱりデスクトップの方がいろんな面で上だから未練たらたら。少し前にブルーレイドライブを増設しようと思ってお店に行った時にPCコーナーを見ていたら販売員の人に話しかけられたんだけど、値段のことばかり言われたんですよね~~今なら安くてそれなりの機能が付いている云々。。。いや、廉価版専門の子会社や海外メーカーは初めから選択肢にないし、ソコソコの中途半端な機能やスペックなんて興味ないし、せっかく買うなら良い物を買って長く使う主義なので そんなわけでいつ何が起きてもいいようにパソ本体には保存しないようにしています。ブルーレイドライブも見送りかな~~もしかしたら遠くない時期→→→近いうちに(爆!)買い換えるかもしれないので。消費税が8%になるまでには確実に(笑)

デジタルな話ついでに、、、先日聞いたマンガのような悲劇をば パート勤務の20代の女性が仕事帰りに電車でスマホをいじっていたところ、隣に座っていた女子高生が駅で降りる時に肩に掛け直したカバンがスマホに当たってしまってそのまま女性の顔面に激突 女子高生は振り返ってちら見しただけで謝るでもなく電車を降りたとか 激突した場所がこれまた運が悪くて右瞼の上で後で腫れ上がって大変だったそうですが、スマホはそのまま落下してケース、裏蓋、電池、本体と散らばったところに乗ってきたおじいさんが本体を思いっきり踏んでしまって基盤が剥き出しの状態に そのおじいさんは全部拾って「大丈夫か?」と言ってくれたのでさすがに責めるわけにもいかず……そりゃそうだ~~このおじいさんも運が悪かったのであって一番悪いのは女子高生 ま、その女性は女子高生相手に追及しても自力で弁償できないし~~と諦めたそうで ショックを引きずってショップに駆け込んだら落下は水没と同じく補償の対象にならないとか。しかもスマホケースってハードカバーって意外に脆いそうですね~~可愛いのがいっぱい出てるから心惹かれるけど不器用なじいのことだから壊すor傷つけそうだと思って買わなかったのよね~~なるほろ 結局、高い修理代を出して古い機種を直すより新しい方を買った方がいいということで夏モデルのギャラクシーを買う羽目になったとのこと。実は少し前から機種変のことで相談されてたんですよね~~今持っているスマホがAndroid4.0にバージョンアップしないことが決定&グローバルモデルでワンセグ等々がないのでそろそろ替えたいから何が良いと思います?と言われて……じいの選択肢は世界での経験値があるギャラかペリアの2択かな~~という感じだったんですけどね。ま、その女性は韓流ファンだからいろんな意味で良い選択だったんじゃないかな~と。

でもね~~話していて思ったんだけど、やっぱり普通にケータイが日常にある時代に育った子たちとは違うなと(苦笑)パソの使いこなしでは負けないけど、こういう流行もの は「使いこなしている気になっている」だけで実際にはなかなか アプリに関しても検索したり試したりするのがホントめんどくさくて 既に自分の頭だけでは考えつかないような便利なことがいろいろできるんだろうなーと思うんですけどね。でもこのまま乗り遅れるのは悔しいので少しずつ頑張ってみようかと。手始めにスケジュール管理から……今更という感じですが笑わないでくださいね~~手帳もろくに使えなくて放置状態。大抵のことは頭に入ってるし、公私共に大事なことはメモ書きで全然OKなのですが、少しずつ努力することが大事……そういう問題じゃないけど(笑)200%必要ないけどラブリ~満載と高機能の両方が共存できるように、、、目指せ!スマホ女子
コメント