じいの徒然日記

内野聖陽さんにfall in loveしたじいのおバカな毎日を綴った日記

内野さんメモ

8月末~10月 『最貧前線』
  8/27~29 神奈川
  9/6~8 豊橋 9/12~15 水戸 9/21~22 上田 9/28~29 新潟
  10/5~13 東京 10/17~20 兵庫 10/26~27 大和

全国制覇!

2007-08-30 23:45:20 | その他いろいろ
その日は突然やってきました 「あと一つ」を探すのは難しい……長期戦になるかも と覚悟をしてた矢先、朝寄ったコンビニでお目当てのパンダを発見~~ かなりの数が並んでたんですけど、いきなり一番前にあるじゃないですか~~まるでじいのお買い上げの手を待っていたかのよう そんなわけで……


都道府県生茶パンダ全48種類、コンプリートですぅ~~

名産を手にしつつ、ご当地に関係する衣装をまとってるのがツボに入ってしまいました やっぱり一押しは山梨県 でも、埼玉県もかな~りGJ だと思います。ちょっと分かりにくいかもしれないんですけど、水着&ゴーグル姿なんですよ。何故か???そう、ウォーターボーイな学校があるから 細かい。。。

北海道・東北地方関東地方甲信越・東海地方
関西地方中国・四国地方九州・沖縄地方


さてさて、ベガーズも動き始めましたね~~流、今回もやっぱり1公演だけなのでしょうか 内野さんらしい といえばそうなのかもしれないけど、1人1公演確保した後はもうちょっと何かあってもいいような 主役なんだしぃ~~ あと……大阪はどうなったのか?もちろん行く気満々 2泊ぐらいは覚悟してるんですけど日程が決まらないことには 3月はともかく2月は仕事もそれなりに忙しい予定。賄賂&イイ子ちゃんで恩を売っとかないといけないので早く発表してくれ~~
コメント (2)

「あと一つ!」が大変

2007-08-29 21:14:01 | その他いろいろ
今日は涼しかったですぅ~~仕事はソコソコ 午前中はボヘ~ッとしながら働いて、午後からはネットカフェ&観劇記執筆でした

1ヶ月くらい前だったかな 都道府県生茶パンダ全48種類を集めるかも宣言をしたと思うんですけど、「かも」じゃなくて実行してました コレクション癖&限定モノ大好き には勝てませんでした。。。でも、予想通りの売れ行き。職場近くのコンビにではお盆前に早々となくなってしまいました。その時点で集まってたのが20個ちょっと。さすがにコンプは難しいだろうなぁ~と諦めていたんですけど、たまたま入った会社最寄り駅のコンビニに溢れるように並んでる生茶を発見 更に、じい家近所のコンビニ(前述のと同じコンビニ店)にも残っていることが判明。その日から1日2本ずつ買い続け、時には4本くらい買って職場の冷蔵庫を占拠し、やっとのことであと一つというところまできました。

でもね~~「あと一つ」を見つけるのは難しいんですよね。欲しいのは限られた1つだけ ですから。コンプできたあかつきには写真と共に勝手に報告いたしますぅ~ その時には家に持って帰るって同僚にも約束してるし。去年の生茶パンダと合わせて60個余り。。。大量のパンダは見目悪く気味悪いんだそうです 確かに、、、自分で見てもやり過ぎ感ありだわ はぁ~~~求む 愛知県生茶パンダよ~~

そういえば……今日はM!のナビザ抽選の発表だったんですよね。トホホ~ 見事に落選。新ナビザは厳しいです。土日公演しか申し込まなかったせいもあるんだろうなぁ~~でも、平日5時45分に帝劇 はさすがにキツイ なんでM!の開演時間は早いんだろう。。。ま、その代わりに超嬉しいことがあったのでご機嫌です 大きな励ましと元気パワーを貰いました
コメント

昔話を思い出す

2007-08-28 23:55:16 | その他いろいろ
今夜は皆既月食 でも、じい地域は夕方から雷雨でナマで見ることは叶わず……8時過ぎに雨が止んで雲の切れ間から月がチラリ まだ欠けてる形跡があるような 雲がかかっていたせいなのかもしれませんが 天体ショーは楽しめませんでしたが、雨のおかげで涼しい風が部屋に入ってくるので過ごしやすいです ちなみに。。。月食もいいんですけど、ちょいと地味 な気がして……いつか皆既日食ってのを見てみたいですね~~昼なのに薄暗いなんて、神秘的で興味あるなぁ~~

今朝、いつものように会社で朝食を食べながら新聞を読んでたら、「LUNA SEA 一夜限りの再結成コンサート@東京ドーム」の全面広告が 何かやるっていうのはエンタメニュースで読んでましたけど、こういうことだったんですね~~めちゃめちゃプレミアチケになりそう 考えただけで恐ろしいです。じい、一時期…といってもほんの数ヶ月ですけど アルバムを買ったり歌番組を録画したりして“にわかファン”をやってたことがあるんですよ。きっかけは……これまた昔の男 ボーカルやってるあのナルシストさんがソロ活動をやってる時に嵌まってしまって 最初は嫌いだったんですけど気がついたら惹かれてた みたいな感じになってて……(現実の恋愛でも嫌いor興味ない→もしかしたら好きかも ってのが多いんですよね~~)今でも思い出すのが、当時メニコンのCMをやってて、大学の生協にポスターがあったんですよ。どーしても欲しくておねだりしにいったら( のためなら臆せず行動できるところは変わってない…か)「ポスターはダメだけど代わりにこれ上げる」って言って非売品の販促カレンダーを2冊貰ったんですわ 1冊は一緒に嵌まってた友人に上げたんですけど、今ならプレミアが……つかないだろうなぁ そもそもどこにしまいこんでるのかも??捨ててはないはずなんですけどね~~ま、過去の男は捨て去るのみっ ですかな

さ~~て、この数日間、まぁいろいろとありましたけど、生きてればいろんなことがあるもの……何でも嫌なことが起きる度に思うことですけど、じいって何気に図太い っていうか、「私は私だけのもの」精神が体に刻まれてるというか……これ、多分昔のことが大きく影響してるんだと思います。もう20年くらい前の話ですけど学生時代にイジメを受けた経験があるんですけど、その時の“後遺症”っていうのかな、無駄な心配や考え事をしてしまうこともあるんですけど、同時に、何があってもそれは狭い世界でのこと、世界は広いんだから自分が芯を持ってやっていれば間違いはない、ちゃんと見ていてくれる人はいる、だから私は私でいいんだ と思える図太い心を身につけちゃったんですよね~ 実際その通りだって分かったし。当時、じいの言動一つ一つを“監視”して何か隙があれば糾弾していた人たちがいましたけど、おかげで強くなれましたわ。くだらない言いがかりは気にしない~~言うこと聞かない~~全て、この私が決めるって感じでやってきたわけで……今も監視の目をヒシヒシと感じてますけど、そんなことで言うことをきくような奴ではありませんから
コメント

無駄に疲れた一日

2007-08-27 22:27:07 | その他いろいろ
少々夏バテ気味…… 昨日昼過ぎまで爆睡→夜寝られない という典型的な逆転生活を送ってしまって寝不足だから、なんですけどね~~ 今夜は早く寝なければ←多分無理っぽい

今日は月曜日恒例 ステラ到着に勘助日記更新。ステラは姫だらけ 華やかなんですけど、どことなく緊迫感が漂っているような そんな中、内野さんの“姫分析”のお話は面白かったです。詳細は発売前なので控えますが、水曜日はぜひぜひ本屋さんへ

勘助日記は川中島合戦のロケ。坊主うっちーがどど~んと登場 やる気満々 意気込みが伝わってくるようです。ロケの模様は内野さんが兜を被って準備している場面(土スタで流された映像と同じかと…)と、勘助サマが馬に乗って敵陣に打ち込んでいく場面。そこまでは凛々しくて素敵~~ といつも通りの萌え萌え なんですけど、最後の方は兜が脱げてて剃髪した頭が晒されてて、馬を降りて敵に囲まれながら戦ってるじゃないですか~~これってもしや 坊主頭を背景に「次週つづく…」とありましたけど、ま、ネタバレ映像ってことはないですよね…… でも、ほんのちょっとの映像だけで思わず目を逸らしてしまって はぁ~~~耐えないといけないのに~~見届けないといけないのに~~~12月までには強くならなくては

**********

じい本棚には、内野さんや舞台に関する本以外の本も詰まっています(当たり前ですが)今日はふと、こんな本を思い出しました。今のようにネットやブログが普及する前の話ですが、同じことは今現在にも当てはまると思います。何でも言える自由な世界に見えて実は見えない規制やタブーがある。そして誰かから弾圧されたのではなく、予め自己規制することがいかに危ういことなのか、考えていただきたいと思います。私は負けたくない。。。自分にも他人にも正直でいたいのです。

言論の不自由―朝日新聞「みる・きく・はなす」はいま 十年の記録
朝日新聞社会部
径書房

このアイテムの詳細を見る



そして、更に思い出したある人たちのこと。

某雑誌の編集長をされていた方……ひょんなことから教えを請う機会があったのですが、「自分が書いた記事に対する批判は山のように来ていた。でも、自分は信念を持って書いたし、何ら疚しいことはない。だからきちんとした手紙に関しては全て自筆にて返事を書いた」と話していました。私の目標です。

某学校で教壇に立つ先生……学校批判や生徒間のトラブルを回避するために某巨大掲示板について「あんなもの、なくなればいいのに」と言っていました。子供を保護する&日頃の仕事を考えれば分からなくもないけれど、くさいものに蓋をして終わらせていいのでしょうか。情報社会の現在、メディアリテラシーは大人も子供も学ぶべきことだと思います。

それにしても、、、今日のじいの心に響いた@ステラは、於琴姫でもリツでもなく、共感できる由布姫でもなく、三条夫人の言葉でした

「さようなことで取り乱してどないする?」
コメント (6)

風林火山 第34回「真田の本懐」

2007-08-26 23:55:02 | 風林火山
今夜は続けて映画版「蝉しぐれ」を見てしまったので、こんな時間になってしまいました。映画館でも見たんですけど(前売り1000円に乗せられて…)感想は同じですね~~染さん綺麗すぎっ 時折○根なセリフ 文四郎のキャラには合ってない気がします。緒形パパはさすがでしたね 別れのシーンは子役でよかった~~何度見ても泣けます で、これを見ると、じいの文四郎サマに会いたくなるんですけど、心にズッシリ引きずること間違いなしなので止めときます

それよりも……今は勘助サマが第一 本日の風林火山でございますぅ~~甲斐に、っていうか、陣中の信濃に、なんですけど、勘助サマが戻ってきました みんなに温かく迎えられて、じいはとっても嬉しかったです。抱きつく太吉、GJ 振り払ったとはいえ、まんざらでもない勘助サマの表情が可愛かったです。で、お屋形様の待つ陣中へ こざっぱり綺麗な勘助サマになってました もうちょっと汚い勘助サマ を見ていたかった気もしますが…… でも~~勘助サマ、老けメイク&鬘のせい かなり“爺”な姿になってたような。。。雰囲気も周囲の人々を包み込むような余裕ある感じに変わっていたように感じました。でも、決して枯れているわけではなくて根底には熱いモノを持ってる雰囲気でもあるんですよね~~野心が消えないのが勘助サマらしさですから そうそう、廊下を歩く勘助サマ、両手で髭をチョンチョン 髪の毛を整えて~という姿、何気にカワイイ。。。

勘助サマに「お帰りなさ~い」と武田家臣団。小山田さんは素直じゃない喜び方でしたけど、これまた屈折した愛情……ということで(笑) お屋形様との会話を聞いていると、二人の間には言葉以上の繋がりが見えてくるんですよ。空気で対話しているとでもいうのかな、そういうものを作り出せる内野さん&亀治郎さんには脱帽でございますぅ~~ 更に更に……景虎について語る勘助サマ すっごく挑戦的で熱いものを感じさせる目なんですよ 好敵手!やってやるぞ~~って感じ。吸い込まれちゃいました~~~

馬場さんや駒井クンから砥石攻めや真田殿のことを聞いた勘助サマ。駒井クンの意味深な表情……そっとお屋形様の意向を伝えているような 見過ごせないイイ表情 で、勘助サマは真田殿のところに向かうんですけど、相木殿のハッタリは笑っちゃいました 勘助サマ曰く「威張られても困る」って……ホント、その通りでございます 半ば自暴自棄になってる真田殿には“秘策”を伝授……か みんなが無理だっていう諜略を「調子良く」は成すんですけど、その時の勘助サマの手 内野動きっぽく感じたのは気のせい じい的にはかな~りツボ しかも、まぁこれだけ次から次へと良く喋る喋る この調子良さ(実は既に先を読んでいたっぽいことが後に判明するんですけど)を聞いてると「ヤマカン」の語源が勘助サマだったことが納得できるような???

勘助サマの提案を元にお屋形様に相談する真田殿。海野家の祖は目が見えなかった、武田家次男の龍芳に海野家の姫を嫁がせる……等々の件(くだり)を聞きながら、勘助サマの思いに触れたような気がしました。もちろん、情だけで真田殿のために勘助サマが動いているわけではなく、真田殿自身が優れた武将だから なんだと思いますけど、決して表には出ない勘助サマの優しさを感じましたね~~

そして真田家が本懐を遂げる方向に動き始め……ここで本日のMVP 的素晴らしいものを見せてくださったのが常田隆永を演じた橋本じゅんさん カッコイイ~~~真面目~~~(爆!) 登場するだけで熱くなります 説得のために訪ねてきた忍芽&源佐衛門(←蝉で子供時代の文四郎を演じた子ですよね~~今回もイイ感じでした)に「素直に喜べん」って大声。ちょいとローラっぽい感じもしましたけど(思わずモヒカン頭の幻影が見えたような)必死の説得&真田殿を思う二人の気持ちに触れてウルウルな目 でも「わしの心を謀りにきたか~」って二人を殺そうとする。。。元真田家家臣の深井さんが止めに入りましたけど、本当は殺す気はなかったんじゃないかな~~って思うんですよね。悔しいけど全てを理解してるような表情……合間合間で熱い涙を流している辺り、まさにそんな心の表れだったんじゃないかな~~ その後、真田殿が来て結局説得に応じる。真田殿の「常田殿→隆永」という呼びかけの変化も泣かせますけど、隆永さんの表情もすんごく素敵でした。あ~~あ、じゅんさんの出番はこれで終わり 勘助サマとの絡み、見たかったなぁ~~思わず魔女的ツボに入って笑ってしまいそうではあるけど

忍芽さん&源左衛門に真田殿の落雷 真田ファミリーの家族愛を感じる場面でした。そして、それを見つめる勘助サマの目。。。すっごく温かかったです。今回は不思議なことに切なさみたいなものは感じませんでしたね~~老け老け勘助サマになったせい…か ちょいと心配??勘助サマらしくない???

でも~~予告を見ると、そんな心配は吹っ飛びます。久々に ダークな勘助サマ 「鬼になりまする」なんて言ってましたけど、今回ばかりはじいが代わりに鬼になってあげるって感じです 出てきたんかい あの女っ 見るだけで気分悪いです。。。次回は女の戦い 三条夫人、マジ怖い~~~由布姫には頑張ってほしいですね~~どうやら「戦い」はドラマ外にも及んでいるような。。。
コメント (2)   トラックバック (1)

風林火山な話題に笑ったり怒ったり…

2007-08-25 23:56:33 | 風林火山
今日は仕事もないのに土曜出勤 会社カレンダーで決められたものだから仕方ないとはいえ……よく分からない一日 本家サイトの執筆活動が進みました 夕食は同僚と沖縄ダイニングバーへ 行きつけの沖縄料理店なんですけど、こういう暑さの時には最高ですね~~骨まで丸ごと食べられる塩焼きのソーキでコラーゲンたっぷり 泡盛入りのカクテルも悪酔いの心配がないのでグビグビ 長生きできるのが分かる気がします。

新潟では今日から謙信公祭りがスタート Gacktさんが鎧姿で白馬に乗ってパレードに参加されたそうです。早速スポーツ新聞のサイトにアップされてるとは……さすがですね。ちょっぴり嫉妬…なんちゃって 人出も凄かったみたいです。遠征されたファンの皆様、お疲れ様でした~~ 間近で見て大興奮……うん、分かります、分かりますよぉぉ~~

土スタの方では8月上旬の川中島ロケの模様が放送されました。これまたGackt謙信メイン 確かに一騎打ちの場面は信越地方のニュースでも既に紹介されているので仕方ない…か。ま、それは置いておいて、猛暑日が続く中での撮影、本当に大変だったみたいで でも、迫力あるシーンが期待できそうなので、とても楽しみです。勘助サマの甲冑姿、素敵~~ 兜が幾分余裕があるように見えたのは坊主だから 内野さん、「本当に実際、450年近く前に死闘が繰り広げられた。その土地のオーラを感じ取りながら、この川中島最終決戦を撮ることができて、僕にとっても感慨深くて、とてもいい撮影になったと思います」とおっしゃっていました。ちょっと抜け殻っぽい雰囲気 勘助サマ最期のシーンも撮影されたそうですし、ホント、感慨深さも一入といった感じだったのでは?と、勝手に想像してしまいました。それに、その土地に行ってみて感じるオーラってのは凄いと思うし(じいも川中島に行った時に実感)でも、スタジオ撮影はまだまだ続いているし、まだまだ感傷に浸ってる場合じゃないわ 頑張って応援しなくてはっ

最後は、、、じいの逆鱗に触れた出来事。心にしまっとこうと思ったんですけど、耐え忍ぶって言葉が一番似合わない奴なので、やっぱり言っちゃおう TVnaviの紺野まひるさんのインタビューに大激怒 改めて紹介したくないほど思い出すのも嫌な文章なので、内容を知りたい方は本屋さんへ でも、わざわざ不快な気分になる必要もないと思うので敢えてオススメはいたしません もう~~こんなに空気の読めない人だとは思いませんでしたよっ 内野さんとのエピでわざわざあのことを出しますか~~~それをいちいちインタで喋りますか~~~共演者や日頃から繋がりのある方々が話題にするなら一万歩譲って許せますけど……っていうか、そういう方々は店頭に並ぶような雑誌のインタなんぞで話題にしないですよ それなのに、ちょっと出の人に言われたくない こんなこと、言いたくないけれど、すみれの世界の“普通”に不信感 とまで思ってしまいます。。。ここのところ、あちらの世界の常識(?)絡みで悶々とした気分だったので、ますます「火に油を注ぐ」状態になってしまったような ま、地雷な話題だけでなくって、役作りについても、じいが考えていた於琴姫とは違ってて、自分が一番嫌いなタイプの女性像を話してたので益々 あ~~あ、勘助サマとのやりとりを楽しみにしてたのに、、、心ない一言で全てがパ~~ どんなに素晴らしく演じられたとしても(他の出演を見る限りでは、そこまで期待できそうにないですけど!)マイナスの印象は拭えません。今からでもキャスト変更してくれないかなぁ~~それがダメなら、さっさと消えてくれ

明日は都内を放浪の予定。10年くらい使ってる某ブランドの財布の小銭入れ部分に穴が開いちゃって 円高の時代、海外で買ったものなのでお直しに出すのは微妙な金額。でも、新調するには先立つものが多すぎるし~~~とりあえずどんな型があるかいろいろと見てくるつもりです。あるいは、9月の山梨行き(今年4回目 今回は梨狩りの予定)が決まりそうなので、甲府印伝にしようかな~と思ったり。。。
コメント (4)

ふたりっ子DVD

2007-08-24 23:58:11 | 内野聖陽さん
来年の舞台が続々と発表されています。11月にオープンのシアタークリエでは2008年4~6月にレベッカが上演決定 キャストはクンツェ&リーヴァイ作品経験者だらけ。良くも悪くも外すことはないと思うけど(MAみたいなオリジナル作品じゃないし…)拭いきれない微妙な空気 ま、劇場的な興味もあるので1回は行くと思いますけど

今日は朝から超ワガママな不機嫌。。。火曜日からやってる他部署のヘルプ業務、面白い内容の本が読めていいわ~~と思ってたんですけど、読み進めていくうちに同じ内容の文章が続いたり、じい的に「それってどうよ?」と思う内容 飽きてくるしウンザリするし、、、でも一応は仕事だから耐えてたんですよ。そしたら要領の良い某同僚は「私、データの整理とか別にやることがあるので」って上手にイチ抜けた って感じ。でも実際にやってることは読書だったりプライベートなデータの整理だったり 更には隣の席の新人ちゃんとお喋り~~ま、「空いた時間にやっといて」的な仕事なので責められないのかもしれないけど……逆に、自分が仕事をしてて、じいが暇にしてたらあからさまにイヤミ言い放題 じいも大人気ないと思いつつ不穏なオーラを漂わせておりました

さてさて、今日はふたりっ子DVD-BOX1が到着 本当は昨日届いてたんですけど再配達時間に間に合わなくて……当日配達の受付が18時〆切りなんて郵政公社以上の殿様商売 まったくサービスがなっていません、飛脚はっ ふたりっ子、じいはスカパーで放送されたものを持っているので必要ないと言われると反論の余地なしなんですけど、特典映像&流特典に負けました 流特典は“期待通りの”……でした 特典映像は14分で、脚本家の大石さん・演出の長沖さん・マナカナちゃんが出演。内野さんは映像でのコメントでした。出てきた瞬間、「あなたは誰~」状態 森山さんとは別人なのは当たり前~~最新の 坊主うっちーとも別人 まぁ、この変身っぷりがたまらないんですけど、さすがです、内野さん 森山さんのキャラについてお話される時の表情、じいは役のことや演じることについて話される時の内野さんが大好きなんですよね~~深く掘り下げて考えていらっしゃるのが分かるし、演じることが本当に好きなんだな~~って伝わってくるから 大石さんへのメッセは微妙な距離感あり マナカナちゃんにドラえもんの書き方を教えてあげた内野兄 勘助サマの時も未だ書いていらっしゃる……んですよ…ね せっかくの機会なので週末に第1話から見直そうかな~~そんでもって、見る度に考え事 リアルタイムで見てたのに何故内野さんに堕ちなかったのか???今となっては不思議……ま、好きになるタイミングってのは、ちょっとしたボタンの掛け違いみたいなモノなんだと思いますけどね。。。

今日は他にも要チェックな話題あり。会員限定のアレが更新~~またまたタイムラグありですが汚い+カッコイイ=萌え な内野勘助が拝めます ステラこぼれ話も更新 川中島ロケの模様第2弾がアップされています。三太刀七太刀の直接対決の写真があるんですけど、Gackt謙信、どう見ても西洋の騎士 馬も衣装も妙に舶来っぽい雰囲気なのは気のせい 実際の映像は照明等々の関係もあるので印象が変わるかもしれないですけど。

で、その川中島ロケの話は明日の土スタで取り上げられるそうですのでお忘れなく~~ 明日から越後では謙信公祭りがスタート。Gacktさんも参加されるそうなので、ファンの方々は続々と新潟入りなのかしら 内野さんの時と違って「見守ってあげなくちゃ」「盛り上げてあげなくちゃ」というのは必要ないと思いますけど、こういうイベント参加は珍しいっていう点は似てる 近くで見られるといいですね

じいは土曜出勤 こんな暇なのに予め決まってる出勤日だからって理由だけで行くなんて。。。虚しいでございますぅ
コメント

暇!暇!暇!

2007-08-22 23:49:22 | その他いろいろ
毎日暑いですねぇ~~ 関東地方は電力供給が追いつかず冷房や電気を切ったり、工場のラインがストップしたところがあったとか。。。そんな世の中に申し訳ないというか、じいは今日も社内無職~~~“暇つぶし道具”を持って行ってなかったのでPCのプライベートフォルダに保存してある過去BBS等を見ながら時折ウトウト こんな状況なのに土曜日は出勤日になってるんですよね~~仕事もないし会社にいるだけで電力を使ってるんだから休みにしちゃえばいいのに……ま、頭の悪い古狸な役員連中には何を言っても無駄なんですけどね

あ~~~あ、明日は何しよう。。。ちょいと仕事が入ってるみたいなのでお呼びがかかりそうな気はしますが、風林火山ノベライズ(時間が取れなくて読んでない)と本家サイトのデータを入れたメモリカードは持っていっとかなくちゃ
コメント (3)

物思いに耽る……残暑!

2007-08-22 00:22:41 | その他いろいろ
社内無職の時期がやって来ました~~ 仕事のピーク(って言うほどじゃなかったんですけど)も一段落。今日は大した仕事もなくボヘ~~ とネットカフェか??と思ったら、気の利く ベルばら係長が他部署のヘルプを持ち込んできたんですよね~~でも、これが結構楽しくて その部署、大学で使うような専門書や文芸、映画、演劇 の本に絡む仕事をしてるところなんですけど、役得 映画や社会学関係の本を読めることになったんですわ(一番は演劇関係の本を読んでいたかったんですけど) ベルばら係長は「○○さん(=じい)は結構こういうのは好きでしょ?」なんて言ってましたけど……確かに、学生時代に論文を書く時にお世話になった専門書に近い感じだったけれど、何か誤解してるような 係長は、じいの本当の経歴を知ってる&本性を知らなくて一応堅物(?)真面目で通ってる(笑)からそんな風に言ったのかも 読んだ中で特に印象に残った部分 騒動を巻き起こしたという(じいは生まれてなかったので知らない…)「愛のコリーダ」の映画について。じいの「ご学友」の方々はアノ授業を思い出すかもしれませんが それとは関係ないです。日本人の性表現の話から始まって、映画に描かれた男女の姿などなど。。。「男の優しさは女性を手に入れたいゆえに出てくるものだけど、それが本当の気持ちになっていくこともある」な~~んて書いてあって、魔女生活&実生活を振り返って妙に納得 あと、映画に出てくる吉蔵という男は人生を楽しみつくすことに一生懸命で……なんて件(くだり)もあって思わず 人生を楽しむことに長けてた色男ってのが19世紀のイギリスに……いませんでしたっけ?

それにしても。。。暇になると考えなくてもいいことまで何気に真剣に 考え込んでしまうんですよね~~ふと転職のことを考えてみたり…なんて あとは家のことですかな。。。じいもいい加減それなりの責任を負う年になったので考えないといけないことがいっぱい 生活の基盤を築いている地も捨てられず、かといって生まれ育った地も捨てられず……とある友人に心の内を漏らしたことはありますけど、気持ちは言葉にして相手に伝えることが大事なんですね~~休み中にじいママと話し合い。少しだけスタート地点に向かったって感じ その時のアドバイスには感謝 でございますぅ~

あとは、、、昨日の記事に関連してもう一つ駆け巡った某ニュースの件かな 敢えて具体的には書きませんのでお察しいただければと思います。じいがあれこれ言える立場ではないのは重々承知の上なんですけど。。。渦中の手紙&いろ~~んな意見を見てきましたけど、自分としては複雑、っていうか、無理矢理押し込んでるものを思い出させるんですよね。考えてはいけない、考える必要がないことなんですけど やっぱりあちらを応援している方々とは永遠に分かりえない部分があるような気がします。片方のファンの幸せがもう一方のファンの苦悩をもたらしている(←双方お互いに……ね)わけでループ状態は続く。。。だから、やって来た「結果」は当然ながら当の本人が決めたことですけど、いろんな意味で運命であり、当然の結果であり、もしかしたら多くが丸く収まる合意点だったのかもしれない。。。
コメント (5)

風林火山 第33回「勘助捕らわる」

2007-08-21 23:59:25 | 風林火山
遅ればせながら風林火山の感想でございますぅ~~今回は中身の濃ゆ~~~~~~い対決シーン満載 勘助サマ宇佐美さん、勘助サマ景虎のやり取りはしびれました 詳細は後に回すとして……

太郎、、、後の武田義信ですけど元服しましたね 傳役の飯富さんは感慨無量な表情。「それがしは戦場では猛将と言われているけど本当は臆病者。だけど若君のためなら甲斐を強国にすべく戦える」と自分の気持ちを吐露するんですよね~~晴信さんが飯富さんを傳役にしたのはさすがだと思いましたね~~飯富さん自身の人間としての魅力が現れている言葉です でもぉぉ~~太郎クン 勘助サマがいなくても武田家は大丈夫ってのは禁句 ですよ~~お屋形様の怒りだけでなく、勘助サマ のじいの逆鱗にも触れた…か 原作では太郎クン=正室の子供ということで勘助は嫌っていたという記載があるんですけど、じいも思わず「こいつ、気に入らん」と思ってしまいました ま、そうは言っても可哀想な最期なんですよね~~聡明だったゆえに晴信さんと対立することになるし、飯富さんもそのせいで悲惨な運命を辿っちゃうわけですから。これまた聡明な信繁さんが生きていたら運命が変わってたかも~~なんて言われてますけどね。。。

太郎クンのことはこのくらいにして、勘助サマですよ もう~~囚われの身になって大変なことになってる~~まさかここでは死なないでしょ(そんなことになったら風林火山が終わっちゃう)って分かっていてもハラハラドキドキでした。お屋形様、早く助けてあげて~~~ってマジにお願いなんてしてみたりして ま、最後はお屋形様が心憎い救出劇」を繰り広げてくれるんですけど、お北様に諭される晴信さん、一息子に戻ったオロオロな表情だったのが可愛かったです

で、ピンチの勘助サマ 宇佐美さんに「酒でも飲まぬか、道安……いや、山本勘助!」と言われて軍師対決スタート 静かな、でも根底に熱いマグマを感じるような凄いやり取りでした。いいですね~~お互いに「演じること」の火花を散らせるなんて……これぞ役の雰囲気まで醸し出せる力のある役者だからこそ成り立つシーンだと思いました 勘助サマと宇佐美さん、敵同士な立場なんですけど、単純明快取っ組み合いの喧嘩(…は、しないですよね)とかあからさまな対決姿勢は見せない。二人ともある程度年を重ねているので、達観している部分があるというのは共通してると思うんですよね~~敵なんだけど認めていて、お互いの立場を超えたところで客観的な目で「この戦いは面白い」「自分も関わる価値がある」と楽しんでいるような感じにも見えるんですわ でもね~~そうは言っても根っこの部分は違う。。。後の勘助サマと景虎の対決シーンでも分かることですけど、勘助サマは人間の善悪の営みに関わる中での達観、宇佐美さんは人間の営みを超えた上での達観(一般的に「達観」というと後者の方か?)ではないかなぁ~~と感じました。それに、勘助サマの方が熱い内面を隠し切れてない……そんなところにお茶目さを感じるんですけどね

宇佐美さんは景虎に仕えることになり、勘助サマは捕らえられるぅぅ~~景虎にいっそうの怒りです 勘助サマを酷い目にあわせるなんて……超個人的な恨みですけど許せないっ でもね~~矛盾してるかもしれないけど、獄中の勘助サマ、何か……イイ お屋形様に思いを馳せて寝転んでいる姿、アップ映像は罪 口元&はだけた胸に萌え萌えしちゃったんですけど 悪女ですよね~~可哀想な勘助サマがお気に入りなんて その後の逆立ち……正直なところ意味不明 格子越しにニョキッと出てきたきちゃない足はツボだったんですけど、、、あそこで「姫様~~」はもっと意味不明。由布姫との絆&雪 を絡ませたかったのか???必要ないと思うんですけどね~~~取って付けたような演出は ま、由布姫の「自分が勘助を助けたい」というセリフは全国の魔女の心を代弁していたかと

勘助サマ 景虎の対決、既にこの時点で景虎への怒り by じいは沸点に達してたんですよ。出てくる度に肩に力が入るセリフ回し&棒読み寸前の喋り方にウンザリ、更に喋ってる内容も←こちらは演じてる人に罪はないけれど 正しいことを言ってるのは分かるけど納得できないなぁって感じてて……しかも、勘助サマは凄いオーラで言葉を投げかけてるのに、それを受ける景虎のオーラ&器が物足りないんですよ。ここでもうちょっとこうしてくれたらなぁ~~と思うことが多々。特に対立する両者の意見のぶつかり合いの時に、景虎は勘助サマに背中を向けてることが多かったんですけど、その背中からは何も感じず まぁね~~背中で語れるってのは役者を本業にしてる人の中でだってそうそういるわけじゃないんですよね。まして、景虎の中の人は、本業じゃないんだし、それなりに健闘してるとは思うんですけど。。。でもね~~酷だとは思うけれど、ついついレベルの高いものを求めてしまうんですわ。。。だからと言って「他のこの人ならっ」という人は思い浮かばないので偉そうなことはいえないと思うんですけど、もうちょっと内面から雰囲気や心が溢れる人とのやり取りだったら凄いシーンになるのになぁ~と、ふと考えてしまいました あ、でもね~~一つだけ な表情@景虎を発見「一杯の酒で良いのか?」っていったところの表情は良かったです 神仏一筋 な景虎の一瞬の驚き&迷い が垣間見えたような……もしかしてこの瞬間なのかなぁ~~勘助サマの存在を認めるようになったのは???

ま、景虎 の話はこれくらいにしときます。そんなことよりも……勘助サマの言葉は心に沁みましたね~~ 「それがし、神仏に救われたことはござりませぬ。それがしは人を好んでござりまする。人の醜さ、狡さ、弱さ、儚さ、憎しみ、迷い、偽り、虚しい欲深さも好んでござりまする……(中略)……それがしは、さようなものに救われて参りました」ふと、獄中のマクヒースの場面を髣髴させるような感じ 勘助サマが発する一言一言がズッシリと心にのしかかってくるんですよね~~これまでの勘助サマの歩んできた人生も感じたし、自分の経験なんぞ思い出したりなんかして。。。綺麗事だけでは救われない 敢えて負の面に手をあてられることで救われることもあると思うから 勘助サマと景虎、内野さんが「異文化同士だから対立するのも無理ない」みたいなことを話されてましたけど、ホント、どこまでも分かり合えないし戦うことになるのは当然だなぁ~~と納得してしまいました まぁ、じいは勘助サマ だから愚かで虚しくても人間的な武田勢の方の意見に賛同…かな 勘助サマへの を除いたとしても、聖人君子や勧善懲悪のヒーローよりもダメダメな部分もあるキャラの方が説得力があるので好きなんですけどね……って、これ、内野さんが演じられる役に共通する、、、ってことは……やっぱりヘタレですね

さてさて、来週は真田殿メインの話みたいですね。忍芽さん大活躍 ランディとローラのやり取りもありそう…か……な
コメント (3)