東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

長谷川選手9度目の防衛成功

2009-07-15 17:28:26 | 文化・スポーツ
7月14日の夜、神戸ワールド記念体育館が行なわれた長谷川穂積選手の世界タイトルマッチを観戦に行ってきました。長谷川選手や所属ジムの方々が、神戸を本拠地として考え、タイトルマッチをなるべく神戸で開催しようとしてくれていることを大変嬉しく思います。
 長谷川選手の試合は、午後7時過ぎに始まったのですが、試合が始まる頃には会場いっぱいのファンが詰め掛けていました。地元西脇からのバスで多くの方が応援に駆けつけていました。長谷川選手の招待で、神戸市の中学生も観戦に来ていました。私は、長谷川選手を無名の頃から応援し、熱烈なボクシングファンの藤原道廣君や長谷川君と高校の同級生だった久下章君達と一緒に応援しました。



 前回の防衛戦は、1回KOだったのですが、今回はもう少し長引くだろうと予想されていました。挑戦者のネストール・ロチャー(アメリカ)は、世界4位の実力者だと聞いていました。しかし、試合は、今回もあっけなく1回2分28秒のTKO勝ちでした。長谷川選手の強さだけが目立った試合でした。
 試合後のインタビューは、いつもの長谷川選手らしい真面目なコメントが印象的でした。長谷川選手のお父さん、体調をくずされているお母さんもさぞ大喜びだったと思います。本当におめでとうございました。



コメント

国道175号整備促進期成同盟会第49回総会

2009-07-15 17:06:29 | 県議会
 7月14日、西脇ロイヤルホテルで、「一般国道175号整備促進期成同盟会」の第49回総会と「西脇バイパス整備促進協議会」の第16回総会が行なわれました。
 国道175号線は、明石から舞鶴までの約130キロですが、その内、国直轄部分(神戸市玉津から丹波市氷上町)は約59キロです。兵庫県の背骨となる重要な南北道路になります。現在、神戸市の神出バイパス・平野拡幅工事と西脇市の西脇バイパス・西脇北バイパスの工事が急速に進められています。
 西脇バイパスは、高松町から下戸田までの2.1キロのバイパス事業ですが、皆さんご存知のように、現在全長490mのトンネルを一日6mずつ掘り進められています。西脇北バイパスは、下戸田から黒田庄町大伏までの5.2キロのバイパス事業ですが、現在蒲江から黒田庄に抜けるトンネル工事も始まっています。
 西脇北バイパスが通る沿線の津万地区では、区長会を中心に「西脇バイパス整備促進協議会」を15年前に結成し、地元要望を国・県・市に届け、沿線住民として協力体制をとってきました。用地買収についても、困難な中、地元住民と国との間に立って調整されています。現在、西脇北バイパス関係の用地買収は、約85%だそうです。

 期成同盟会総会では、来住西脇市長(同盟会会長)から廣川兵庫国道事務所長に要望書が手渡されました。要望項目の第1は、西脇市黒田庄町から丹波市山南町までの調査区間指定と速やかなルート決定です。西脇北バイパスが平成24年を目途に供用開始がされる予定ですが、その以北のルートがどうなるのかは町の将来にとって大変重要です。調査区間指定に向けて、私も黒田庄町長時代から交渉してきました。今後も、頑張りたいと考えています。
コメント (2)

事務所開放日のお知らせ

2009-07-15 10:11:49 | 事務所からのお知らせ
本格的に夏がきました。暑い日が続きます。

7月の事務所開放日をお知らせします。

7月18日(土)13:00~16:00

東野が事務所で、皆様方の訪問をお待ちしています。

事前に来られる時間を連絡していただけると
うれしいです。(28-6866)

東野としひろ事務所


コメント