東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

「一万人のパッチワーク」

2009-07-21 18:42:22 | 県議会
7月21日、今日は一日中雨模様でした。小・中学校は、すでに夏休みに入っているのですが、学校によっては、「新型インフルエンザ」の休校の補充授業を行なっているところがあります。
 西脇小学校では、補充授業の一部を使い、5・6年生が「一万人のパッチワーク」に取り組んでいます。「一万人のパッチワーク」は、播州織の良さをアピールされている小東風彩先生が中心に熱心に取り組まれています。一万人の作品をつなぐパッチワークですから、出来上がると大変巨大なものになると想像します。また、一万人の協力を得るのも、大変な努力が要ります。小東先生のお誘いで、午前中、授業を見せてもらいに行ってきました。
 最初、体育館で全体説明を受けた後、各クラスでパッチワークを仕上げていきます。小東先生のもとで学ばれている女性の方々が、5年生3クラスを手分けして、指導されていました。子どもたちは、慣れない手つきで、糸と針を使って一生懸命取り組んでいました。




 午後からは、加西市で開かれた「北播磨地域づくり懇話会」に出席しました。この会は、北播磨県民局主催で、北播磨5市1町の市町長、市町議会議長が、県側からは知事も出席し、市町と県との意見交換を行なう大切な会議です。今回のテーマは「交流による北播磨の元気づくり」だったのですが、6人の市町長から地元の課題を含め要望が出されました。議論になったことは、北播磨の地域医療の分担をどう行なうのか、医師の確保を含め、7つある公立病院の経営をどう守るのかでした。
 私は、急速な高齢社会、人口減少社会を迎える中で、一つの市町のことだけを考えるのではなく、北播磨の5市1町が病院経営、消防、JR加古川線の利便性の向上等の共通課題を「広域連合」的な考えで解決すべきことだということを述べました。
コメント

トータス松本『明星』

2009-07-21 08:21:19 | 文化・スポーツ
先日、「ウルフルズ」がグループとしての活動を休止するとの報道を耳にしました。仲の良いグループとして定評でしたので、一人ひとりが次の段階への挑戦するためであるかもしれません。また、再びグループとして活動をする可能性を残し、休止という形をとられたような気がしました。ボーカルのトータス松本君も、すでに俳優として、ソロ歌手として歩んでいるようです。
 本年5月初めに、新曲『明星』に併せたバックの風景や人物を撮影するために、トータス松本君が帰郷しました。私も、トータス松本君が子どもの頃よく遊んだ黒田庄町岡の福谷公園での撮影を見に行きました。そして、先日、トータス松本君のお兄さんから、新曲『明星』のCDと撮影したDVDをいただきました。



新曲『明星』は、これまでのトータス松本君の歩みをさりげなく歌っているような歌詞です。
 「黒いアスファルトの上 赤、青、黄色のチョークで画を描く
 子供らはオレンジ色の夕焼け小焼けを なごり惜しそうに家路を急ぐ
 また明日 
(中略)
 思いがけず流れた涙で自分に気づく
 きのうまでは知らなかった人と抱き合える喜び
 汚れずに生きるのは難しい
 きれいなまま死にたいぜ
 いや 死にたくないぜ
 何もかも 間違いじゃない
 何もかも 無駄じゃない
 たったひとつの輝きになれ
 人はみな一度だけ生きる」



DVDには、トータス松本君の子どもの頃の写真、実家の玄関口での両親、トータス松本君が生まれた大石病院、福谷公園での地元の子ども達、楠丘小学校、黒田庄中学校バレー部、社高校美術部、大阪デザイナー専門学校、タイスケ事務所等が収録されています。



新曲『明星』を聴いていただくと共に、トータス松本君が歩んできたDVDもぜひ見ていただきたいと思います。
コメント