Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
2018年 10月の聖伝のミサの予定
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】


10月
ロザリオの月です。ロザリオを毎日できれば家族で唱えましょう。
意向:人々がイエズス・キリストを王として愛し従うため
実践すべき徳:沈潜
守護の聖人:聖シモンと聖ユダ・タデオ

愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します

◎2018年 10月の予定
【大阪】聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂(アクセス EG新御堂4階 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 〒532-0002
(JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分)

    10月5日(初金)聖霊降臨後の平日(4級)緑 殉教者聖プラチドとその伴侶の記念
            午後5時半 ロザリオ及び告解 
            午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

    10月6日(初土)証聖者聖ブルノ(3級祝日)白
            午前10時 ロザリオ及び告解
            午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

    10月14日(主)聖霊降臨後第21主日(2級)緑
            午後5時半 ロザリオ及び告解 
            午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

    10月15日(月)童貞聖テレジア(3級祝日)白
            午前6時 ミサ聖祭

    10月19日(金)証聖者アルカンタラの聖ペトロ(3級祝日)白 ←司祭黙想会のためキャンセルとなります、何卒ご了承ください
            午後5時半 ロザリオ及び告解 
            午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

    10月20日(土)証聖者ケンティの聖ヨハネ(3級祝日)白  ←司祭黙想会のためキャンセルとなります、何卒ご了承ください
            午前10時 ロザリオ及び告解
            午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

【東京】東京都文京区本駒込1-12-5 曙町児童会館(地図) 「聖なる日本の殉教者巡回聖堂」
    10月7日(主) 聖霊降臨後第20主日(2級)緑  ロザリオの聖母の記念 
            午前10時  ロザリオ及び告解
            午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

    10月8日(月) 寡婦聖ビルジッタ(3級祝日)白
            午前7時 ミサ聖祭

    10月21日(主) 聖霊降臨後第22主日(2級)緑 
            午前10時  ロザリオ及び告解
            午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

    10月22日(月) 聖霊降臨後の平日(4級)緑
            午前7時 ミサ聖祭

愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております。

============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい

============

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖母の黙想と活動との御生活

2013年07月31日 | カトリックとは
二十五日 聖母の黙想と活動との御生活

   マリアはこの総(すべ)ての事を心に納(おさ)め居たりき。  (ルカ 二 。五一 )

 これは聖マリアの信心に就いて云われた言葉である。
総(すべ)て完(かん)徳(とく)の方には黙想の生活と活動の生活、この二方面が必ず備(そな)わっているものである。我等の主イエズス・キリストは云うまでもなく、その御母、聖マリアの御生涯にも矢張りこの二つの事が明らかに見られる。
先ずキリストに就いて申し上げれば、その三十歳の御年齢までは黙想の御生活であり、後の三年間は活動の御生活で、遂に十字架の道を歩(あゆ)まれ、御父天主に命ぜられ給うた事を悉(ことごと)く成し遂(と)げられた。またこれを聖母の御生涯に見れば、御年齢三歳にしてエルザレムの神殿に捧げられ給うてから、十数年間は黙想の御生活ばかり続いたが、一度天主の御母とならせ給うて後は、活動の御生活もそれに加わって来たのであった。
実に御子イエズスを除(のぞ)いたならば、聖母ほどその御生活の中に、この黙想(もくそう)と活動という完徳への二(に)要素(ようそ)を、よく心得(こころえ)、完全に行い、麗(うるわ)しく調和させ給うた御方は、他に見出されぬであろう。それ故(ゆえ)に聖書にも「聖マリアは此の総ての事を心に納め居たりき」と記(しる)されているのである。
 御子イエズスと別れ給うた後の聖母は、再び黙想と祈祷(いのり)の生活に帰られた。日々その思い廻(めぐ)らし給う所は、悉(ことごと)く天国の事、天主の事、イエズスの事であった。いわば御肉身のみ此の世に預(あず)けて、霊魂では早、天国の生活を営(いとな)まれたようなものである。聖パウロが云った「我等の国籍は天に在(あ)り」との言葉は、聖マリアに於いて完全に実現されたと云ってもよいであろう。
 我等も完(かん)徳(とく)や、天国の永(えい)(ふく)を請(こ)い願うならば、聖母に倣(なら)ってかような黙想の生活と活動の生活とを併(あわ)せ営(いとな)まねばならぬ。黙想は浮世(うきよ)の善悪交々(こもごも)入(い)り交(ま)じれる迷路(めいろ)の中から、天国に至る一筋(ひとすじ)の狭(せま)き道を見出す眼であり、活動はその嶮(けわ)しき道を辿(たど)り行く足である。そしてこの二つを果たす原動力となるものは、篤(あつ)い信仰と、天主及び他人に対する燃(も)える愛の外(ほか)にない。
 聖アウグスチノが「愛せよ,唯(ただ)、愛せよ。さらば他のものは総(すべ)てこれに従わん」と云ったのは道理である。
 我等大多数の者にとっては修道生活は不可能である。然し修道生活も詮(せん)ずる所、黙想と活動、この二つを最も有効に行う為の生活に他ならぬ。
 我等は勿論(もちろん)世間や家庭、職業などから離れる必要はないが、稍(やや)もすれば不足になり勝ちな黙想を怠(おこた)らず、空(むな)しき浮世の事物(じぶつ)に対する執着(しゅうちゃく)や、悪に対する傾向は悉(ことごと)く滅(ほろ)ぼし、各自の心を罪に汚(よご)れぬ聖霊の住み家にするよう勉(つと)めねばならぬ。その為に聖母に従い、その御助けを願って、主イエズス・キリストの御一生を屡々(しばしば)考え愛熱を燃(も)やす必要がある。この点から云えばロザリオの祈祷(いのり)などは最(もっと)も利益になる信心の務(つと)めであろう。黙想と共に、信仰を表(おもて)に現(あらわ)す活動も至って大切である。
「行(おこな)いなき信仰は死したるものなり」と聖ヤコボも云われた。されば我等はよく天主の御恵(おめぐみ)を祈り求め、罪の償(つぐな)いを為(な)し、機会(おり)ある毎(ごと)に善業を行(おこな)い、各自の境遇(きょうぐう)と職業に応じて天主の御光栄(みさかえ)となるように励(はげ)もう。そうすれば必ず天国の永を報(むく)いられる事は疑(うたが)いないのである。

   祈   願

 ああ聖母よ、御身の善(よ)き模範に倣(なら)い、我等が如何(いか)なる境遇(きょうぐう)にありても常に黙想によって天主と語らい、己を潔(きよ)め、天主を愛する為に活動によりて隣人を助け、主の御光栄(みさかえ)を輝かすよう正しき信心の生活を営(いとな)ましめ給わん事を、恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)


============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:良き訓(すす)めの御母

2013年07月30日 | カトリックとは
二 十 四 日 良き訓(すす)めの御母

   彼等皆イエズスの母マリアと共に、心を同じうして
耐え忍びつつ祈祷(いのり)に従事し居たり。       (使徒行録 一 。一四)

 これは主の御昇天後に於ける弟子達の有様を記した言葉である。長い間聖(とうと)い師と仰いで来た天主御子イエズスが、最後の別れを告げられて、カンラン山の上から天にお昇りになり、その懐かしい御姿が雲に遮(さえぎ)られて見えなくなった時弟子達の悲しみはどれほどであったろう! 然しあの思い出深い最後の晩餐(ばんさん)の広間に帰って、主の御母聖マリアと共に一心に祈っている間に、彼等の悲しみは不思議にも和(やわら)いで来た。その時彼等は、聖母が主に代わって新たに彼等の中心、彼等の助け、彼等の慰めになられた事を明らかに悟(さと)った。
 そしてこの聖母に対する信頼は、彼等が聖霊の賜物(たまもの)を受けて、イエズスの御命令通り、万国に別れ行き、万民に布教(ふきょう)するようになっても、少しも変わる事がなかったのである。
 実に聖マリアは、御子の在(いま)さぬ後の弟子達の根拠(こんきょ)として、此の世に残され給うたのであった。故に主の御昇天後、聖母の御立場は今までの隠(かく)れたそれとは全く打って変わり、天主の御母として弟子達は勿論(もちろん)、諸所(しょしょ)の初代教会の信者等にも、公然の尊敬と信頼とを受け給うようになったのである。しかもその尊敬と信頼とはイエズスの聖教(みおしえ)が拡(ひろ)まり行くにつれ、益々深く、厚くなるばかりであった。
 いかに聖霊の降臨(こうりん)を受け、その七つの賜物(たまもの)に強められた篤信(とくしん)の使徒達であっても、やはり人間である以上、時には悩(なや)み、迷い、勇気を落とす事もあったろう。そういう時、彼等が依(よ)り縋(すが)って慰め、勧告(すすめ)、激励(はげまし)の中(うち)でとなえる「良き訓(すす)めの御母」という言葉は、極めて古い頃から伝わったものであると云われている。そして聖母が「良き訓(すす)め」を以て人々をお助けになった事実も、昔から数(かず)限(かぎ)りもなく言い伝えられているのである。
 例えば使徒聖ヤコボはスペイン地方に赴(おもむ)き、イエズスの福音(ふくいん)をのべ伝えつつ、サラゴッサという町に至った時、大いなる艱難(かんなん)と恥辱(はずかしめ)に逢(あ)い、殆(ほとん)ど意気沮喪(そそう)せんとして、遠いユデアに在(いま)し給う聖マリアを心に念じ、御助けを求めた。すると忽ち聖母が目の前に現れ給うて彼を励まし、良き勧告(すすめ)を以て力(ちから)をつけられたと云う話しがある。今も其の町にはその御助けを記念する為に建てられた聖母の御堂が残っているという。
その他、聖マリアが熱烈な不断(ふだん)の御祈祷(おいのり)によって、初代教会に与えられた御慰(おんなぐさ)めや御助けはどれほどあったか知れぬのである。
 この同じ聖母は今日我等の為にも祈り給い、悩みの時には慰めを、迷いの時にはよき勧告を、落胆(らくたん)の時には激励(はげまし)をお与えになる。
否(いな)、今日のみではない、聖マリアは聖子(おんこ)イエズスと共に、総(すべ)ての罪人(つみびと)を救い天国に導く事を念願(ねんがん)として、その御生涯を祈りと苦難と犠牲の内に過ごし給うたお方である故に、永遠の世界に入られてからもなお継続して、世の終りまで御助けを与え給うのである。
故に我等は常々聖ヤコボを始め初代教会の信者の如く厚い信頼を以て聖マリアに祈り、困難の時にその「良き御訓(おんすす)め」を戴くように勉(つと)めよう。
   
   祈   願

 ああ、良き訓(すす)めの御母よ、我等は御身の御跡(みあと)を慕(した)いて完(かん)徳(とく)への道を進まんと志す者なれども、智慧、暗き身の不束(ふつつか)さよりして、時に邪道(じゃどう)に踏(ぶ)み迷い、滅亡(ほろび)の淵(ふち)に陥(おちい)る危険あるを如何(いかん)にせん。
されば御憐(おんあわ)れみを以て常に我等の為に祈り給え。しかして危うき時には御身の「良き訓(すす)め」の光を以て我等の智慧(ちえ)を照らし、苟(いやしく)も正しき道を踏み外す如き憂(うれ)いをなからしめ給わん事を、恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)





============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:十字架の下に立ち給う我等の御母

2013年07月29日 | カトリックとは
二 十 三 日 十字架の下に立ち給う我等の御母

  婦人(おんな)よ、是(これ)汝(なんじ)の子なり・・・子よ、是(これ)汝の母なり、 (ヨハネ一九。二六)

 救い主イエズス・キリストは十字架上の激しい御苦悶(おくるしみ)の中から、御足下(おんあしもと)に立ち給う聖母と最愛の御弟子聖ヨハネとを御覧になって、先ず聖マリアに向かい「婦人(おんな)よ,是(これ)汝の子なり」と宣(のたま)い、次に聖ヨハネに向かい「是(これ)汝(なんじ)の母なり」と仰せになって、御母を御弟子に托(たく)し給うたが、それは叉、同時に、聖ヨハネの如く主キリストを信じ、愛し、且つ之に従い奉る者、即ち聖会の総(すべ)ての信者に対して、聖マリアを霊的の御母として与え給うた御遺言(ごゆいごん)であった。
 前に御父の聖(み)旨(むね)に対し,謙遜(けんそん)に「我は主の婢(つかひめ)なり、仰せの如く我になれかし」と答えて、天主聖子(おんこ)の肉身の御母になられた聖マリアは、今また聖子(おんこ)の御遺言(ごゆいごん)に対しても、従順(じゅうじゅん)に同じ言葉を繰り返して、我等人類の霊魂の母になる事を承諾(しょうだく)されたのである。
 尤(もっと)も、聖母がその二つの使命を受け給うた時の有様は全(まった)く異(こと)なっていた何となれば大天使ガブリエルの口から、天主御子の肉身の御母となる尊(とうと)き御告(おつ)げを受けられた時には、聖心は言い尽くせぬ歓喜(よろこび)に充(み)ち溢(あふ)れていたのに、イエズスの御口から我等人類の霊魂の母となる御遺言(ごゆいごん)を受けられた時には、眼に御子の喩(たと)え難(かた)き御苦悶(おくるしみ)を見、耳に無慈悲(むじひ)な群衆の冷(れい)笑(しょう)嘲罵(ちょうば)を聞き、聖心(みこころ)はかのシメオンに預言せられた如く、悲哀(かなしみ)の鋭(するど)き刃(やいば)で刺(さ)し貫(つらぬ)かれたからである。
 それは兎(と)に角(かく)、聖母は聖子(おんこ)の聖(み)言(ことば)に従い,我等の霊魂の母になり給うた。主の公生活の三年間というもの、聖母は家にあって日々徳の道に精進(しょうじん)されたが、それは期せずして全世界信者の母となり給う準備になった即ち御母は今その優(すぐ)れた御徳の模範(もはん)によって我等に正しき道を示し給い叉、燃えるような慈母(じぼ)の愛を以て日夜不束(ふつつか)なる我等の上を御心配になり、天主の御前(おんまえ)に代願(だいがん)して、悲しめる者には慰めを、悩(なや)める者には勇気を、弱き者には力(ちから)を与え、多くの誘惑(ゆうわく)と罪悪(ざいあく)の淵(ふち)から我等を救い、無事天国なる御父の御許(みもと)に導いて下さるのである。
 その深い御恩を思う時、我等は心から深い感激を覚えずにはいられない。天主は第四誡(かい)を以て、肉身の親への報恩(ほうおん)の為に尊敬(そんけい)を尽(つ)くす事を我等の義務(つとめ)とせられたが、それにもまして有り難いこの霊魂の御母の御恩(ごおん)に報(むく)いる為には、どれほどの尊敬を尽(つ)くすべきであろう。
 叉、聖マリアが聖子(おんこ)の十字架の下(もと)に立って、深い悲哀(かなしみ)に沈(しず)まれている時に、我等の母となられた事を思えば、恰(あたか)も苦労して我等を養育してくれた肉身の親に対する如く、我が霊魂の御母に向かっても熱烈な感謝の情(じょう)を禁じ得ないのである。
 されば我等は聖マリアの孝子(こうし)としてこの聖(とうと)き御母に尊敬と感謝を献(ささ)げる為に、その麗(うるわ)しい御徳に見倣(みなら)って勇ましく世間、肉慾(にくよく)、悪魔と戦い、御助けを仰いで誘惑(ゆうわく)と艱難(かんなん)に打(う)ち克(か)ち、少しでも己(おのれ)の欠点を改(あらた)めて善に進むように努(つと)めよう。もとよりそれは決して容易(ようい)な事ではない。然(しか)し十字架(じゅうじか)の下(もと)にただずみ給う聖母が、天主への愛から最愛の御子(おんこ)を犠牲に供(そな)える苦痛にさえ耐えられた事を思えば、我等も亦、天主と御母とに対する愛を燃(も)やし犠牲を喜ぶ精神を以て勇往(ゆうおう)邁進(まいしん)したならば、必ず如何(いか)なる障害(しょうがい)をも乗り越(こ)し得るに相違ない。
愛と犠牲! 実にこれにもましてとうとい尊敬と感謝の途(みち)は外(ほか)にないのである。

   祈   願

 ああ(かん)仁(じん)なる聖母よ、主は限りなき御哀憐(おんあわれみ)をもって御身を我等の母として与え給へり。
我等は御身の聖(とうと)き御亀鑑(みかがみ)に倣(なら)い,善(よ)き子として孝を尽(つく)さんと決心し、之に必要なる篤(あつ)き愛を与え給わん事を、恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)


============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:公生活に於ける聖母の立場

2013年07月27日 | カトリックとは
二 十 二 日 公生活に於ける聖母の立場

   誰か我が母なるぞ。        (マテオ 一二。四八)

 或る日イエズスが例の如く群衆に聖(とうと)き御教(みおし)えを説き聞かせておいでになると、そこへ何か御用事があったと見えて、聖母や兄弟(親戚の意味)の方々が主を訪ねておいでになった。それと見たある人が「主の母上と御兄弟の方々がお見えになりました」とお取り次ぎすると、イエズスはその人に「誰か我が母、我が兄弟なるぞ」と仰せになり、それから御手を弟子達の方に伸ばして「これぞ我が母、我が兄弟なる。そは誰にもあれ、天に在(ましま)す我が父の聖(み)旨(むね)を行(おこな)う人、即ちこれ我が兄弟、姉妹、母なればなり」と、のたまうたという話しがある。
 「誰か我が母なるぞ」とは一寸(ちょっと)聞くといかにも冷淡(れいたん)な言葉のように聞こえるが、イエズスの真意はもとより他にあった。それは「私の母はどういう方か」と云って、実は聖母が常に天主の思(おぼ)し召しを実行し、限りなくその聖(み)旨(むね)に適(かな)い給う御方である事、その為に救い主の御母と選ばれ給うた事などを暗示(あんじ)されたのであった。
 イエズスはそれから弟子達の方へ御手(みて)を伸ばして「これぞ我が母、我が兄弟なる」と仰せになった。故に、我等も御弟子の中に加わり、聖会の一員となれば、勿体(もったい)なくも主の兄弟となる事が出来る。但しそれには条件がある。
 イエズスの次の聖言に「天に在(ましま)す我が父の聖(み)旨(むね)を行う人、これ我が兄弟、姉妹、母なり」とあるのが即ちそれで、天の御父の聖(み)旨(むね)を行(おこな)わず、罪悪に溺(おぼ)れている者は、名前は信者でも主の兄弟になる事が出来ぬ。全(まった)くイエズスの精神を己(おのれ)に活(い)かす人でなければならぬ。
 それ故,聖会の信者として恥ずかしくない生活をする者は真(しん)に主の兄弟たるの実がある。そしてかかる人々には主の御母が、心から親しい母になって下さるのである。
 さてイエズスが三年の間諸所(しょしょ)の町や邑(むら)を巡(めぐ)って、多くの奇蹟(きせき)を行いながら、悪を誡(いまし)め善を勧(すす)め、福音(ふくいん)をのべ伝え給う間、聖母マリアは心こそいつも御子(おんこ)の御傍(みそば)にあって、熱心な祈りや犠牲を献げ、その布教事業を助けられたが、身は常に遠く主の御許(みもと)を離れておいでになった。それにも拘(かか)わらず人々は屡々(しばしば)主と聖母とを共に考え「福(さいわい)なる哉(かな)、汝(なんじ)をやどしし胎(たい)よ」と聖マリアを讃美(さんび)し参らせたのであるその時主は「寧(むし)ろ福(さいわい)なる哉(かな)、神の御言(おんことば)を聞きて之を守る人よ」と答え給うた。それは、聖マリアが尊(とうと)いのは御自分を生まれたからではない。万事に於いて天主の聖(み)旨(むね)を第一とし、之に従われたから尊(とうと)いのであるという事をお示しになったのである。
我等は幸いにもこの尊(とうと)い御(おん)母(はは)聖マリアをわが母と頼み、その聖なる御子(おんこ)天主なるイエズスをわが兄弟と仰(あお)ぐ事の出来る聖会という大家族の仲間である。故(ゆえ)に御二人を心より愛し奉り、イエズスの御功徳(おんくどく)に頼り聖母の御伝達を願い,天の御父の聖(み)旨(むね)を行って、苟(いやしく)もこの聖なる大家族の家名を恥しめぬように努力せねばならぬ。
そうすればその努力はまた我等の為に立派な功(いさ)勲(おし)となり、死しての後天国に於いて、御父、御母、及び兄君なるキリストを目のあたり仰ぎ見る幸福をもたらすのである。

   祈   願

 ああ、聖マリアよ、御身は最もよく天主の聖旨を行い給いしによりて天主の御母たる高き御位に挙げられ給えり。
 我等も御身の御功徳によりて、常に聖旨に従い掟を守るの恵を与えらるるよう、主の御前に取り次ぎ給わん事を、恭しく天使祝詞三度繰り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖母のイエズスに対する愛

2013年07月26日 | カトリックとは
二 十 一 日 聖母のイエズスに対する愛

   子よ、何故(なぜ)我等にかゝる事を為(な)しゝぞ。     (ルカ 二。 四八)

 イエズスが十二歳になられた時の事である。聖ヨゼフ、聖マリアは過ぎ越(こ)しの祝日に聖(おん)子(こ)をつれてエルザレムの神殿に参拝されたが、帰途彼を見失い、非常に心痛(しんつう)して諸所(しょしょ)方々(ほうぼう)を探(さが)された所、三日目に至ってイエズスが神殿の中で学者の中に坐(ざ)し、彼等と問答しておいでになるのを見つけられた。冒頭(はじめ)に掲(かか)げた「子よ、何故(なぜ)我等にかゝる事を為(な)しゝぞ」とは、聖母がその時仰(おお)せられた言葉である。しかるにそれに対する聖子(おんこ)の御答えはどうであったろうか。それは「我はわが父の家に居るを知らざりしか」というのであった。
この言葉に依(よ)ってイエズスは聖母に、「御父天主の御命令に従うのが最も大切な事である」と教え給うたのであるが、勿論(もちろん)その時神殿(しんでん)にいた律法(りっぽう)学士その他の群衆にはその御意味が解(わか)らなかった。何(な)故(ぜ)かと云えば、彼等はイエズスを単に聖ヨゼフの子と考えていたからである。けれども聖母は、大天使ガブリエルに「彼は偉大にして最(いと)高(たか)き者の子と唱(とな)えられん」と告(つ)げられた時から、常にイエズスを神の御独(おんひとり)子(こ)、御自分の創造(そうぞう)主(しゅ)と認めて、崇(あが)め且つ愛して居られた。尤も聖子(おんこ)の私生活時代には母性愛が著しく現れて居たであろうが、その御福活後、並びに御昇天後には、いよいよイエズスの神性に対する信仰が強くなり、それと共に聖子(おんこ)に注(そそ)がれる愛も、天主に対する熱愛となって、一刻(いっこく)も早く天国に在(ましま)すキリストと一致(いっち)したいと、深く深く望(のぞ)まれたのである。
 あゝ、聖母に於(お)いては、聖子(おんこ)に対する母の愛と、天主に対する被造物(ひぞうぶつ)の愛とが、如何に微(いみ)妙(じ)き調和を示している事であろう!我等もその御亀鑑(おかがみ)に倣(なら)い、天主を愛する為にイエズスを愛し奉らねばならぬ。我等が天主の思(おぼ)し召しに従(したが)いよくその御掟(みおきて)を守るのは、即ち天主に対する愛であって、それだけで既に充分天主に愛せられ、天国の栄福を蒙(こうむ)る事が出来る。然し天主に対する愛の絶頂(ぜっちょう)と云えば、更に一歩を進めて焔々(えんえん)と燃(も)える熱情的の愛でなければならぬが、これは天主が無形のお方であるだけに、一般の人々にとって甚だ難(むずか)しい事である。
所が救い主イエズス・キリストは真(まこと)の天主でありながら、叉、真(まこと)の人として目に見える肉身を具(そな)え、我等と共に住み、或る時は馬槽(うまぶね)の中に愛らしき嬰児(みどりご)となり、或る時は十字架の上に我等を罪より解放し給う有り難き救い主となり、叉、或る時は祭壇(さいだん)の聖(せい)櫃(ひつ)の中に我等の聖(とうと)き糧(かて)とまで謙遜(へりくだ)って我等を待ち侘(わ)び給う。かような主は、無形の天主と異(こと)なって、近寄り易(やす)く愛し易(やす)い。故(ゆえ)にキリストを通(とお)して天主を愛し奉る事は、総(すべ)ての聖人のとられた道であった。
 我等も聖母の大いなる愛に合わせ、諸聖人に倣(なら)って、キリストを通して無限(むげん)の天主を熱烈に愛するよう励(はげ)まねばならぬ。

   祈   願

 あゝ、愛の化身(けしん)にて在(ましま)す聖マリアよ、我等は今日新(あら)たに全霊(ぜんれい)、全身を御身に捧げ奉る。何卒(なにとぞ)、我等の心を聖心(みこころ)に同化(どうか)せしめ給え。さらばこの弱く冷たき我等の心も、聖体の秘蹟(ひせき)に籠(こ)もり給う主イエズス・キリストを通して無限なる天主を一心に慕(した)い奉る熱烈なる愛の炎(ほのお)とならん。
慈愛(いつくしみ)深き御母よ、卑(いや)しき我等の心を奪いて貴(とうと)き御身の聖心(みこころ)を与え給わん事を恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)




============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:養育者としての聖マリア

2013年07月25日 | カトリックとは
二 十 日 養育者としての聖マリア

     イエズスは智慧(ちえ)も齢(よわい)も、神と人とに於(お)ける寵愛(ちょうあい)も、
    次第に弥増(いやま)し居(い)給(たま)えり。        (ルカ 二。 五二)

 これは少年イエズスの御成長の有様を述べた言葉である。一体天主は限りなきお方であるから、聖ヤコボが「神には変更なく回転の影なきなり」と云われた如く、その一切の御性質は常に完全無欠で、増す事も減(へ)る事も、進歩する事も退歩(たいほ)する事もない。唯、永遠より永遠に至るまで些(いささ)かの変化もなく、始終(しじゅう)同一に在(ましま)すが、その他の被造物(ひぞうぶつ)は悉(ことごと)く限りあるもの故、絶えず増減(ぞうげん)進退などの変化を行っているのである。さればイエズスも、天主第二位としては、もとより「回転の影」もないが、人としては矢張(やは)り生まれ、成長し、死する等の変化を受け、幼年期、少年期、青年期、壮年期等を経(へ)て、各時期の人々にそれぞれ模範(もはん)を残し給うたのである。
 聖マリアは幼きイエズスを、決して御自分の為、或は世間の為にはお育てにならなかった。常にひたすら天主の御光栄(みさかえ)と、世の救いと、十字架を目的とし、天主の母たる御自分の貴(とうと)さよりも、むしろ「我は主の婢(つかひめ)なり」との謙遜(けんそん)な御自覚と、犠牲的な母性愛とを以て聖子(おんこ)を養育されたのである。
 今、聖母が聖子(おんこ)に就いて如何なる事をなされたか、少しく黙想して見よう。先ずキリスト御降誕の際には、遠い他郷(たきょう)の、しかも貧しい洞穴(どうけつ)の中で、身を以て聖子(おんこ)を夜風の寒さからお護りになった。次に四十日目には一般ユデアの習慣(しゅうかん)に従って型の如く聖子(おんこ)を聖(せい)殿(でん)に献げ給い、再び御子に受取られたけれど、それは後日(ごじつ)世の救いの為に、最も残酷(ざんこく)な犠牲に献げる為であって、その折りその場に来あわせた老シメオンの「汝の霊魂も剱(つるぎ)にて刺(さ)し貫(つらぬ)かるべし」との預言は、聖子(おんこ)の御死去に至るまで絶(た)えず聖母の御心(みこころ)に響いていたのである。
 そして此の予言にある、霊魂の剱(つるぎ)で刺(さ)し貫(つらぬ)かれるような苦痛の最初は、聖子(おんこ)を悪虐(あくぎゃく)ヘロデの毒手(どくしゅ)から救わん為エジプトにお遁(のが)れになった時であった。途中の御困難は申すに及ばず、エジプトに於いて数年間慕(した)わしい天主の家を離れ、数多(あまた)の偶像(ぐうぞう)教(きょう)信者の中に、聖ヨゼフの御保護と御扶養(ごふよう)を受けつゝ過ごされたのは、どれほど心細(こころぼそ)い事であったか知れない。かように見来(みき)たれば聖母は聖子(おんこ)の為に常に犠牲を献(ささ)げ、尊(とうと)い母性愛と天主への謙遜(けんそん)な信頼を以て多くの艱難(かんなん)をお忍(しの)びになった事がわかる。
 然しかような聖マリアにも喜びが全(まった)くなかった訳ではない。外部的には貧窮(ひんきゅう)その他の苦しみに悩まされ給うたが、内部的には超自然の平和と喜びとを恵まれ給うたのである。そして幼子(おさなご)イエズスを抱(だ)き上げ、そのあどけなき御顔を眺め、誠心(まごころ)から愛し給う時、その聖(み)心(こころ)は全く天上の幸福に満(み)たされ、清い歓喜(よろこび)が渾々(こんこん)と湧(わ)くのであった それはとにかく、右に述べた聖母の御心(おんこころ)がけは、一般子女を養育する者の此の上もない模範(もはん)でなければならぬ。即ち我等は聖マリアに倣(なら)い、子供をわが為、又は世間の為にせず、天主の御光栄(みさかえ)の為に育てる事が大切である。余りに世間の目的の為に育てる時は、往々(おうおう)子供を滅亡(ほろび)に導く恐れがある。
そしてその養育に当たるには、矢張り聖母の如く天主に対する謙遜(けんそん)な信頼と、超自然的犠牲(ぎせい)愛(あい)とを以てする事が必要で、いやしくも子供の愛に溺(おぼ)れてその前途を誤る如き事があってはならぬ。故に我等は常によき御母たる聖マリアに祈って、正しき道を示して戴く為に、その御導きを願うべきである。そうすれば、我等の子女は善良に生(お)い立ち、我等の心にも天主よりの平安と歓喜(よろこび)とが溢(あふ)れることであろう。

   祈   願

 あゝ聖母よ、主の思(おぼ)し召しによりて我等に托(たく)せられたる子供を、日毎御心(みこころ)に叶(かな)う者とならしめ、熱心に主に仕え奉らしむるよう、御慈悲(おんいつくしみ)をもって養育者なる我の弱さを助け給わん事を、恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

キリストの代理者である教皇のみが、普遍的教会を統治する至高の権力を持つという私たちの信仰 その5

2013年07月24日 | 質問に答えて
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 先日、「キリストの代理者である教皇のみが、普遍的教会を統治する至高の権力を持つという私たちの信仰」という文章を掲載しましたが、いくつかご質問をいただきました。それらに対するお答えの続きです。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

【質問】
司教は、異端者になることが出来るのでしょうか?


【お返事】
 司教は、異端者になることが出来るか否かについて答える前に、質問の意味を明確にしておきます。「異端者」には、二種類があります。一つは、本当の(formal)異端者で、異端説であると知りつつも故意に意図的に教会の教導権の教えを拒む者です。もう一つは、内容はそうであるが形だけの(material)異端者で、そのつもりがなくあるいは善意で教会の教えがそうであると誤解していたがために異端説に陥っている異端者です。

 カトリック教会の歴史をひもとくと、残念ながら、内容それ自体は異端であるが、善意で教会の教えがそうであると誤解していたがために、形だけの(material)異端説に陥ってしまったのみか、何回かカトリック教会当局から公式の警告を受けても、それを改めようとせず、当の(formal)異端者であると見なされたケースがいくつかあります。

 たとえば、ネストリウスです。ネストリウスはコンスタンチノープルの総大司教でしたが、428年の4月に司教に聖別されましたが、同年のクリスマスの説教で、聖母マリアは天主の聖母ではないと宣言し、天主が肉体を持つなどあり得ない、人間イエズスが神性にふさわしい者となった、と言い、聖チェレスティノ教皇はすぐにこの教えを排斥しました。

 そこで、司教は、本当の意味の(formal)異端者となることができると答えなければなりません。

【質問】
異端者は有効に公教会を統治出来るのでしょうか?

【お返事】
 すでの指摘したとおり、「異端者」には、二種類があります。一つは、本当の(formal)異端者で、異端説であると知りつつも故意に意図的に教会の教導権の教えを拒む者です。もう一つは、形だけの(material)異端者で、善意で誤解していたがために異端説に陥っている異端者です。

 たとえば司教の場合、この司教よりも上位にある教会当局が公式に複数の警告を出し、その後でも異端説に固執する場合、本当の(formal)異端者となります。そして、教会当局からの正式な裁治権の剥奪が発表されなければなりません。それまでは、異端者となった司教は、教会を統治する権限を持っていると考えられています。司教の場合にはっきりと確認できることは、教会は公式の宣言を持って初めて司教の統治の力(裁治権)を剥奪するということです。


【質問】
教皇は、異端者になることが出来るのでしょうか?


【お返事】
 これは難しい問題です。何故なら、私たちの主イエズス・キリストが聖ペトロに「シモン、シモン、サタンはあなたたちを、麦のようにふるいにかけることができたが、私は、あなたのために、信仰がなくならないようにと祈った」(ルカ22章)と言われたからです。イエズス・キリストの祈りは必ず聞き入れられるはずだからです。

 しかし歴史を見ると、二種類の「異端者」のうち、善意の、あるいは脅されたなどのために不本意で、異端説に荷担することが少数の例において認められます。何故なら、教皇リベリウスは個人的にアリウス説の異端におち、教皇ホノリウスはキリスト単一意志説(モノテリズム)の誤謬におちたと思われているからです。

 ここで、繰り返し注意を喚起すれば、教皇が教皇として異端者となったのではないということです。つまり、教皇が教皇としての教導権を行使しして、全教会にある異端説を信じることを強要したのではないということです。

 教皇リベリウス(351~366年)は、コンスタンティノ大帝によって流罪にされました(355年)が、自由の身となるために、皇帝の要請した半アリウス派の信条に強要されて署名したからです。ただし、教皇は全教会の教導者として署名したのではありません。教皇にはこれを全教会に押しつける意向はありませんでした。

 教皇ホノリウス(625年~638年)は、二通の手紙の中で、「キリストにはひとつの意志あるのみ」と宣言し、これ以上論争を継続することを禁止したことがあります。しかしコンスタンチノープル公会議(680年~681年)は、教皇ホノリウスに異端宣言をしました。ただし、ホノリウスは手紙の中でこの問題の決定をする意図はないと述べ、信仰教義の決定をしたのではありませんでした。また、コンスタンチノーブル公会議の決議は、「教会の頭としての教皇」の教えが誤謬だといったのではありませんでした。教皇レオ二世がこの決議を裁可したのは、教皇ホノリウスが《異端説胎動のきざしがあったのに、これを抹殺するつとめ》をおろそかにしたからであるといっています。(これについては、シーアン司教『護教』(Apologetics and Catholic Doctrine by the Most Rev. M. Sheehan, 1942をご覧ください。)


【質問】
教皇は、公に(publicly)本当の(formal)異端者になることが出来るのでしょうか?

【お返事】
教皇が、公に(publicly)本当の(formal)異端者になる(従って信仰を失う)可能性については、純粋な仮説として考察した神学者たちがいます。特に、聖ロベルト・ベラルミンの仮説が有名ですが、しかし、聖ロベルト・ベラルミン自身「異端的教皇」という可能性については具体的に実現可能であるとは考えていたとは思われません。聖ベラルミンは、具体的に或る教皇が公に異端説に陥ることが出来、教会がどのように又、何時それに気がつくことができるかなどについては全く考察せずに、単に抽象的な神学上の意見としてその可能性を取り上げたに過ぎなかったからです。同じ聖ロベルト・ベラルミンはこの意見を取り上げると同時に、教皇は本当の異端に陥ることが決してできないという意見のほうがより蓋然性があるとしています。

 私たちの主イエズス・キリストの「私は、あなたのために、信仰がなくならないようにと祈った」(ルカ22章)と言われた約束は、教皇の教皇としての公の信仰がなくなることがないという最も根本的な原理です。教皇が、もしも間違うことがあったとしたら、それは個人としての資格でのみのことです。

 それが教皇であれ、誰であれ、本当に(formally)明らかに(notoriously)全教会の前で異端者となるためには、彼は異端であると正当な当局から宣言され、その警告にもかかわらず異端説に固執しなければなりません。しかし、教皇に対してそれをすることは実際上不可能です。何故なら、教皇が教会法に縛られないこと、また、教皇に誰によっても裁かれないこと(Prima Sedes a nemnine iudicetur.)、これらは教会法の根本的原理であるからです。

 従って、教皇は個人としては異端に陥ることがあり得ても、事実上、教皇としての教皇が本当の(formal)異端者となることは不可能であると思われます。


【質問】
異端者の教皇は有効に公教会を統治出来るのでしょうか?

【お返事】
 フランスの聖伝のドミニコ会発行のSel de la terre誌に掲載された研究によると、スアレス(Suarez)は神学者の共通意見によると異端者の教皇であっても教皇職を続けて行使することができると言っています。ビルアルト(Billuart)は、より共通の意見は異端者の教皇でも教皇職を続けて行使することができると主張しています。ビルアルトによると、教会によってはっきりと異端者であると宣言されるまで、明らかな異端者であったとしても教皇職を遂行する権限をキリストによって与えられている、と言います。(Billuart, De Fide, Diss. V, A. III, No 3, ofj. 2)また、ガリグ・ラグランジュ(Garrigou-Lagrange)は、ビルアルトの論に従い、異端者であり、教会の一員でなくなったとしても、教会のかしらであり得ると言います。(De Verbo Incarnato p. 232)これも、個人としての教皇と役職としての教皇とを区別することを基礎としています。

 筆者の個人的な意見としては、ビルアルトやガリグ・ラグランジュは正しいと思います。ユダヤ教は天主によって来たるべきメシアを告げ知らせるために立てられましたが、ユダヤ教の大司祭カイファは、私たちの主イエズス・キリストを信じようとせずかえって主を十字架に渡しました。それにも関わらずカイファは大司祭の地位を失わなかったからです。

「その中の一人で、その年大司祭だったカヤファが、「あなたたちには、何一つわかっていない。一人の人が人民のために死ぬことによって、全国民が亡びないほうが、あなたたちにとってためになることだとは考えないのか」といった。かれは、自分からこういったのではない。この年の大司祭だった彼は、イエズスがこの国民のために、また、ただこの国民のためだけではなく、散っている天主の子らを一つに集めるために死ぬはずだったことを預言したのである。イエズスを殺そうと決めたのは、この日からであった。」(ヨハネ11章)

 イエズス・キリストに対する信仰を持っていなかったにもかかわらず、私たちの主は、カヤファの大司祭としての権威を疑問に付したことがありませんでした。天主の許可によって、邪悪の神秘(mysterium inituitatis)は、正式な天主の大司祭、ユダヤ教の最高権威者としてのカヤファはイエズス・キリストを死刑と定め、イエズス・キリストに従う全ての人々を迫害したのです。聖パウロは、カヤファの後継者である大司祭アナニアに対して言った言葉をとがめられた時、パウロは彼が大司祭だとは知らなかったと言い、脱出の書 (22: 28) を引用して自分の過失を認めています。私がここで言いたいことは、天主は信仰の無い大司祭が、ご自分の民の宗教を有効に統治することを許していた、という事実です。


【質問】
教皇と教会が聖伝の教えに反する事を公布、あるいは宣言する事が可能だと神父様はお考えなのですか?

【お返事】
 まず、はっきり区別しておきますが、教皇が個人的に異端に陥る可能性があることと、教皇が教皇として異端を全教会に信じることを強制することとは別のことです。

 教皇は、個人的な立場で、聖伝の教えに反する事を発表することはできますが(過去にそのような例が少数ありました)、しかし、教皇として、最高の教導権を行使して、全カトリック教会に聖伝の教えに反する事を信じることを強制することは、天主の御摂理によって、できません。


【質問】
ヨハネ二十三世や、パウロ六世、ヨハネ・パウロ二世などは、聖伝の教えに反する事を公布、あるいは宣言したのではないでしょうか?

【お返事】
 ヨハネ二十三世や、パウロ六世、ヨハネ・パウロ二世が行った行為を良く分析してみると、彼らは一度も不可謬権を行使して新しい教えや、聖伝の教えに反する教えを、全教会に信じるように法的に強制する表現を使ったことは一度もありませんでした(もしも、ヨハネ・パウロ二世の回勅 Ordinatio Sacerdotalis で女性が司祭になることができないということが不可謬権の行使でないとするなら)。

 第二バチカン公会議の革新を実践するという悪い模範や乱用はありましたが、それをしなければ救われない、カトリックではない、カトリック信仰ではない、という明らかな定義として発布したこともなければ強制したこともありませんでした。

 第二バチカン公会議の問題は、正に、教会の権威を行使することを避けたことにあります。
第二バチカン公会議の事務総長であるフェリチ枢機卿は、1964年11月16日第123回総会においてこう言っています。
「公会議の文章は公知の一般的な規則によって解釈されなければならない。」すなわち、
「公会議の慣習と本公会議の司牧的目的を鑑みて、この聖なる会議自身が明らかに信仰と道徳に関する事柄を教会によって保持されるべきもの(tenenda)として定義するとみずから明らかに宣言するときにのみ、そう定義する。」
 そして、第二バチカン公会議は、「排斥文」をつけることを避け、信仰と道徳に関する事柄を教会によって保持されるべきものとして定義するとみずから明らかに宣言することをせずに、強制することを避けたのでした。
(これについては、【質問】第二バチカン公会議はどこが特別なのかをご覧ください。)

 同様のことは、新しいミサについても言えます。パウロ六世が1969年に発布した使徒憲章『ミサーレ・ロマーヌム』の最初に印刷されたラテン語原文には、新しいミサを許可することしか言及されていません。

(つづく)


============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖母の御謙遜

2013年07月24日 | カトリックとは
十 九 日 聖母の御謙遜

主は御召使(おんめしつか)いの賤(いや)しきを顧(かえり)み給いたればなり。   (ルカ 一。四八)

 天主は救い主の御母たる高き御位(みくらい)に、身分高き貴婦人(きふじん)を選び給わず、却(かえ)って一(いち)労働者の許嫁(いいなずけ)なる至って身分低き聖マリアをお選びになった。これに就(つ)いての予言は、勿論(もちろん)早くからすべての律法(りっぽう)学士やフアリザイ人達の知る所であったが、実際に待望(たいぼう)の救い主がかように平凡な家庭から出(い)で給はうとは、彼等の夢にも思いがけなかった事であろう。
 然し天主は常に人の意表(いひょう)に出て、世間の富ある、名誉ある、権力(けんりょく)ある、傲慢(ごうまん)なる人々を用(もち)いずに、却(かえ)って、貧(まず)しき,賤(いや)しき、弱き、謙遜(けんそん)なる人々を使ってその思(おぼ)し召(め)しを実現し給うのである。従って、かようにして行われた大事業は、その人々の力(ちから)によるものでなく、天主の御力(おちから)によるものである事が容易(ようい)にさとられる。即ち人々は天主の道具に過ぎず、御(み)光(さ)栄(かえ)は当然天主に帰(き)すべきものである事がわかるのである。
 聖マリアはこの事を深く悟(さと)っておいでになった。されば聖エリザベトに讃美(さんび)された時、直(す)ぐにその讃美(さんび)を天主に帰(き)し「我が魂主を崇(あが)め奉り、我が精神救い主にてまします神によりて喜悦(よろこび)に堪(た)えず」と仰せられた。言い換(か)えれば御自分が救い主の母と選ばれ給うた事よりも、御自分を用いられて天主が救(すく)霊(い)の事業を起こし給う事を喜びとし、感謝せられたのである。之は己(おのれ)を空(むな)しうするもので、誠に謙遜(けんそん)の極地(きょくち)といってもよいではないか。
 更に聖マリアは御自分が他の婦人より天主の御母に選ばれ給うたのは御自分が他の総(すべ)ての婦人より賤(いや)しき為であると信じて居られた。故(ゆえ)に大天使に向かっても「我は主の婢(つかひめ)なり」と答え、聖エリザベトに対しても「主は御召使(おんめしつか)いの賤(いや)しきを顧(かえり)み給いたればなり」と仰せになったのである。
 そして「蓋(けだ)し見よ、今より萬代(よろずよ)までも人、我を幸いなる者と称(たた)えん」と予言された際にも、御自分に就いては少しも誇る色なく、ひたすらかくはかられ給いし天主の御善徳(ごぜんとく)を讃美(さんび)し給うたのであった。その御謙遜(ごけんそん)は実に何と称(たた)えたらよいであろう!
 かゝる聖母を尊敬(そんけい)し、その大いなる幸(さいわい)を祝(ことほ)ぎ奉(まつ)る為には、我等も先ずその深い御謙遜(ごけんそん)に倣(なら)わねばならぬ。謙遜(けんそん)の心なき者がいかに聖マリアを尊敬(そんけい)すると云っても、天主はそれを嘉(よみ)し給わぬに相違ない。
 されば聖人方は皆謙遜(けんそん)の徳を何よりも好(この)み、一切(いっさい)の働きも功(いさおし)も、その徳その奇蹟(きせき)も悉(ことごと)く天主の御光栄(みさかえ)として献(ささ)げ尽(つ)くし、自(みずか)らは少しも誇(ほこ)る事がなかった。「我が神、我が総(すべ)て」という聖フランシスコの言葉は、そういう聖人方の心境(しんきょう)を 言いあらわしたものである。
それに反して罪多く善業(ぜんぎょう)少ない人々にとっては、謙遜(けんそん)は最(もっと)も難事(なんじ)である。かような人々は生来(せいらい)我意(がい)が強く、天主の御光栄(みさかえ)よりも己の栄誉を求めている。従(したが)って他人から軽蔑(けいべつ)や恥(ち)辱(じょく)を受ける事を非常に恐れ、忍耐や心の平安など少しもなく、些細(ささい)な事にも激(げき)し易(やす)い。叉己の功(いさおし)や犠牲は得々(とくとく)と数(かぞ)え立てるが、己の欠点や弱(じゃく)熱(ねつ)には更に留意(りゅうい)せぬ為、益々罪に陥(おちい)り易(やす)い危険がある。斯(か)かる誤りは勿論(もちろん)、謙遜(けんそん)の徳の不足に帰因(きいん)するもので、そういう人はどれほど天主を愛し奉る心があっても、自(おの)ずと自愛心に制(せい)せられて十字架を好(この)まず、いかに聖母を尊敬(そんけい)しても、その御跡(みあと)に倣(なら)って謙遜(けんそん)の徳を求めようとはせぬ。我々はよくよく己を反省して、もっと謙遜(けんそん)を修(おさ)めるように心がけよう。
 何となれば謙(へり)遜(くだ)る人は現世(このよ)では既(すで)に天主の御祝福を受けて、心の平安と楽しさを味(あじ)わい、來(のちの)世(よ)では天国の福(ふく)楽(らく)を蒙(こうむ)る事は疑(うたが)いないからである。

   祈   願

 あゝ謙遜(けんそん)の模範(もはん)なる御母(おんはは)聖マリアよ、子たる我等にも御身の御謙遜(ごけんそん)を伝え給え。謙遜(けんそん)は御身にあやかる最(もっと)も近き道なれば、天主が御身の謙遜(けんそん)をみそなはして御独子(おんひとりご)の御(み)母(はは)たる高き御位(みくらい)を与え給いし如く、我等の賤(いや)しきを顧(かえり)み給いて、それに相応(ふさわ)しき徳を恵み給うよう、御伝達(おんとりつぎ)の程を恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖マリアの信仰の幸福

2013年07月23日 | カトリックとは
十 八 日 聖マリアの信仰の幸福

   福(さいわい)なるかな信ぜし者。     ( ルカ 一。四五 )

 これは聖母御訪問のみぎり,聖エリザベトがその童貞女の、天主の御母にならせ給うた事をお祝い申し上げた言葉であるが、実に真理(しんり)の言(げん)と云わざるをえない。ただに聖母のみならず、我等信者にとっても篤(あつ)い信仰の外(ほか)に、真(まこと)の幸福を与えるものはないのである。
 聖母の信仰は如何に深かったであろうか?大天使ガブリエルが、その救い主の御母になり給う由(よし)を告(つ)げた時、童貞なる聖マリアには、自然の道によらぬ其の御摂理(ごせつり)が、もとより会得(えとく)出来かねた。さればこそ「如何にして此の事あるべきや」と一応のお尋ねがあったのである。そして大天使の答えを聞かれた後も、聖(とうと)き天主の妙(みょう)理(り)はなお尽(ことごと)くは悟(さと)られなかった。けれども聖マリアは確(かた)く信じて少しも疑(うたが)わず、為に天主の御母たる高き聖(み)位(くらい)と、それに伴(ともな)う限りなき幸福(さいわい)を受け給うたのである。
 今天国に於いて明(あき)らかな天主の御光(みひかり)に照らされ給う聖母は、嘗(かつ)て地上で悟(さと)り得(え)ず、唯(ただ)、信ずるの外(ほか)なかったお告(つ)げの一切が、如何にその信仰の通り真実であったかをみそなわして、御自分の為、叉、人類の為、深い感謝と歓喜(かんき)の念に充(み)たされておいでになる事であろう。故(ゆえ)に我等も聖エリザベトと共に聖マリアに「福(さいわい)なる哉(かな)、信じ給いし御者(おんもの)、主より云われし事は悉(ことごと)く成就(じょうじゅ)したればなり」とお喜びを申し上げよう。それにつけても我等の信仰はどうであろう?我等も受洗(じゅせん)の時には小児のように素直(すなお)な信仰を以て、天主からの真理(しんり)と御恵(おんめぐ)みの宝を受けた。そして当時は輝かしい幸福が心に溢(あふ)れていたものである。けれどもその信仰は歳(とし)と共に確(かた)くなり、その幸福感は月と共に増したであろうか。否(いな)、却(かえ)って悪(あく)慾(よく)が起こり、種々の疑惑(うたがい)を生(しょう)じ、誘惑(いざない)に逢(あ)って動揺(どうよう)を来(き)たし、さもなければ、習慣的な冷淡(れいたん)に流れ、信仰の喜びを少しも感ぜぬ事さへ多いのである。
 かくの如く弛(ゆ)緩(る)んだ信仰生活を刷新(さっしん)し、再び活(い)き活(い)きした幸福を取り戻す為にはどうすればよいか。それには先ず自分の信仰を行為(おこない)に移し、善徳(ぜんとく)に励(はげ)む事を要する。何となれば、徳を実際に行うほど、信仰の幸福を味わはせてくれるものは他になく、世間の快楽(たのしみ)に溺(おぼ)れ、罪悪の裡(うち)にしずみながら、信仰の歓喜(よろこび)を味わうなどは、木によって魚(うお)を求めるより難(むずか)しいからである。これを喩(たと)えて見れば、高い山の頂から見晴らす景色の美しさは、登らぬ人でも信じているに相違ないが、本当にその景色の美しさを味わう事は実際にその絶頂(ぜっちょう)を究(きわ)めた人でなければ出来ない。しかもそれは初めに種々の困難を忍び、労を厭(いと)わず嶮(けわ)しい道を辿(たど)って後、初めて許される事である。同様に我等も先(ま)ず其の信仰に従い、浮世の苦しみを忍び、努力して徳を積もう。そうすれば人性の絶頂なる臨終(りんじゅう)に当たって、信仰の幸福を感じ、天国の麗(うるわ)しい眺めを楽しむ事が出来て、自分に対しても「幸いなる哉(かな)信ぜし者、主より云われし事は悉(ことごと)く成就(じょうじゅ)したればなり」と叫び得(え)るに相違ないのである。

   祈   願

 あゝ聖母よ、御身は常に信仰に活(い)き、総(すべ)て主の御旨(みむね)に叶(かな)わんと努(つと)め給えり。我等も御身の御亀鑑(みかがみ)に倣(なら)い、洗礼の時賜(たまわ)りし超(ちょう)自然の生命を益々健(すこ)やかに保(たも)ち、信仰生活をもって多くの功(いさおし)を積(つ)まんと決心し奉る。
何卒(なにとぞ)、我等の為に必要なる聖寵(せいちょう)を、聖子(おんこ)に求め給わん事を恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖マリアの御訪問

2013年07月22日 | カトリックとは
十 七 日 聖マリアの御訪問

  我(われ)何によりて我が主の母の来臨(らいりん)を忝(かたじけな)うしたるぞ。  (ルカ一。 四三)

 聖マリアが大天使の御告(おつ)げを受けさせられた頃、その親戚(しんせき)の聖エリザベトという婦人は老年ながら懐胎(かいたい)して、早(はや)六月目であった。聖母はその由(よし)をお聞きになって、祝い旁々(かたがた)見舞の為、山地のヘブロンという町にあるその家まで、嶮(けわ)しい坂道も厭(いと)わず遙々(はるばる)訪ねておいでになった。そしてエリザベトに逢(あ)い挨拶をお述べになると、その子は喜んで胎内(たいない)に躍(おど)り、エリザベトもまた聖霊(せいれい)に満(み)たされ聖マリアが救い主の母となるべき事を悟(さと)って思わず「我(われ)何によりて我が主の母の来臨(らいりん)を忝(かたじけな)のうしたるぞ!」と歓喜(かんき)の叫びを挙(あ)げたのである。
 これは実に聖母のたぐいなき聖(とうと)い位(くらい)を証明する言葉であった。その中の主とは云うまでもなく、まだ誕生し給わぬ天主聖子(おんこ)、我等の主イエズス・キリストを指(さ)して申し上げたものである。故にエリザベトは聖マリアを天主の御母と呼び(よび)奉(たてま)ったに等(ひと)しい。
 しかして我が公教会に於いても早くから同様に認め、聖母に対し此の名称(なまえ)を用(もち)いたのである。ところが五世紀の頃聖マリアは決して天主の御母ではない。唯(ただ)、人たるキリストの母に過ぎぬと異説(いせつ)を唱(とな)える者が出た。然しこれは大いなる謬(あやま)りである。何となれば我等は霊魂(れいこん)と肉(にく)身(しん)とを合わせたもので、霊魂は直接(ちょくせつ)天主より与えられ、唯(ただ)、肉身だけ母より受けるにも拘(かか)わらず、それを我等の母と呼ぶではないか。そうすれば天主聖(おん)父(ちち)より遣(つか)わされて人性(じんせい)と合わせられた天主聖子(おんこ)に、人たる御肉身だけをお与えになった聖マリアを、天主の御母と呼び奉るに何の不思議もない筈(はず)である。
 あゝ、天主の聖母(おんはは)!何という聖(とうと)い御名(みな)であろう。凡(およ)そ被(ひ)造物(ぞうぶつ)としてこれほど高い地位はない。如何なる天使も大天使も、その能力に於いては聖マリアより遙(はる)かに優れているかも知れぬが、その位から測(はか)れば到底(とうてい)比較にならぬのである。そして聖母のこの地位は、かの大天使のお告(つ)げに「仰せの如く我になれかし」とお答えになった時に、永遠に定(さだ)まったのであった。
 さて孝行(こうこう)な子は己(おのれ)の事よりも母の事を重んじ、その名誉や恥辱(ちじょく)を我が身のそれにもまして、深く喜んだり悲(かな)しんだりするものである。衆人(しゅうじん)の模範(もはん)として世に降(くだ)り給うたイエズスは、もとより孝行の徳に於いても遙(はる)かに他に優(すぐ)れ給うた。しかるにその人一倍(ひといちばい)母(はは)思(おも)いの主に対して、私は主を尊敬するが、聖母は尊敬せぬと云う者があったとしたらどうであろう。其の人を嘉(よみ)し給うどころか、御自分に対する尊敬も真(まこと)の尊敬でないとして必ず御立腹(ごりっぷく)になるに相違(そうい)ない。されば我々はイエズスを愛する為にも、赤(まご)誠(ころ)を尽くして聖母を尊敬(そんけい)讃美(さんび)しよう。  
いかに尊敬讃美しても ― 諸天使諸聖人と心を合わせ、全世界の信者が一致(いっち)して崇(あが)め奉ったとしても、天主の御母たる聖マリアの高き御位に対しては、決してその崇敬(すうけい)が充分(じゅうぶん)と云う事はない。
 次に聖マリアの御訪問は聖エリザベトの家庭にとって大いなる祝福をもたらした。というのは、その時エリザベトの胎内(たいない)にいた幼子(おさなご)は後に主の御布教の準備工作をした洗者(せんじゃ)聖ヨハネであるが、聖母の御挨拶があったばかりで、その瞬間(しゅんかん)から原罪(げんざい)を免(ゆる)される御恵を受けたからである。
 そして聖母が,切に御訪問を待ち望(のぞ)む者を訪(おとず)れて、豊(ゆた)かな御祝福を下し給う事は、今もその時と更に変わりがないのである。
 また当時ナザレトからヘブロンまでは、遠く嶮(けわ)しい山道であったが、聖マリアは少しもお厭(いと)いなくエリザベトの見舞に行かれた。その聖母は今、我等を見舞われるにも、罪の石(いし)塊(ころ)、怠(おこた)りの雑草(ざっそう)、さては冷淡の茨(いばら)などに塞(ふさ)がれた、生来(うまれつき)悪に傾いている嶮(けわ)しい坂道をお通りにならねばならぬ。然しやはりその難儀(なんぎ)にも拘(かか)わらず、大いなる祝福を土産(みやげ)として、快(こころよ)く訪(おとず)れ給うのである。
 聖マリアが我等を御訪問になるのは、我等が御母に奉った僅(わず)かな祈祷(いのり)や尊敬(そんけい)などの功徳(くどく)によるのではない。聖母は唯、御子キリストの為に罪人(つみびと)なる我等を助け救(すく)おうとの思(おぼ)し召しからおいで下さるのである。故に我等は聖エリザベトの如く、深い謙遜(けんそん)を以て「我(われ)何によりて我が主の御母の来臨(らいりん)を忝(かたじけ)のうしたるぞ」と屡々(しばしば)心に感謝し、その御恩に報(むく)いる為に、機会(おり)があれば貧(まず)しき人々、病(や)める人々、不幸なる人々などを見舞い、彼等を慰めよう。そうすればかような訪問は常に我等に大いなる歓喜(かんき)と祝福とをもたらすに相違ない。

   祈   願

 あゝ、慈悲(いつくしみ)深き聖母よ、我等は今まで屡々(しばしば)この拙(つたな)き心に御訪問を忝(かたじけ)のうしたる事を深く感謝し奉る。
 今より後、御身より受けし恵により、御身の望み給う如く人々を助け導き、以て御身の愛に報(むく)いんと決心し、その実行を助け給わん事を恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る

(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖マリアの天主に対する信頼

2013年07月21日 | カトリックとは
十 六 日 聖マリアの天主に対する信頼

  ビドの裔(こ)ヨゼフよ、汝の妻マリアを納(い)るゝ事を  (マテオ 一。二○)

 聖ヨゼフは許嫁(いいなずけ)の妻、聖マリアが、まだ同居前に懐胎(かいたい)された事を知って非常に心を痛められた。それに対し聖マリアは、事情を充分に打ち明けられたら、その疑惑(うたがい)をお解(と)きになる事も容易(たやす)かったであろうが、例の御謙遜(ごけんそん)から一切(いっさい)を天主の御摂理(ごせつり)に委(まか)せて、何事も仰せられなかったのである。
 然しこれ程、厚い聖母の御信頼を、天主が無にし給う筈(はず)はない。間もなく天使を遣(つか)わして聖ヨゼフに救い主の御(おん)やどりを明(あ)かし「汝、其の名をイエズスと名づくべし。そは自(みずか)ら己(おのれ)が民を其の罪より救うべければなり」と告(つ)げしめ給うた此処(ここ)に注意すべきは、聖マリアには大天使ガブリエルを以て、イエズスの神性やその永遠の権威(けんい)までも示されたのに、聖ヨゼフには唯(ただ)その救い主にまします事のみを告(つ)げ、天主の御独子(おんひとりご)なる事は語られなかった点である。
 これは何(なに)故(ゆえ)かと云えば、聖ヨゼフはイエズスの御幼年時代より三十歳頃まで、即ち所謂(いわゆる)私生活時代の主を養い、護り、助ける為に選ばれた方であるから、その天主聖子(おんこ)なる事を知れば,恐懼(きょうく)のあまりなすべき所に迷う恐れがあったからである。
 なお、この機会に一言すれば、天主が聖マリアを聖ヨゼフの許嫁(いいなずけ)と定めてから御子をやどらせ給うたのは、聖母の名誉を保(たも)ち、その御身を聖ヨゼフに護(まも)らしめ給わうとの大御心(おおみこころ)から出たものであった。
 それはとにかく主の使いの御告(おんつ)げを聞いては聖ヨゼフも疑惑(うたがい)を解(と)かない訳にゆかぬ。間もなく聖(み)旨(むね)に従って聖マリアと結婚し、その後は熱心にまかせられた聖母(おんはは)聖子(おんこ)を保護する大任を全(まっと)うせられたのである。
 天主がかように種々(しゅじゅ)聖母の為に摂理(はから)はれたのは、一つには聖マリアの天主御父に対する厚い御信頼をみそなはした為である。それに反してユデア人達はもと天主の選民(せんみん)として、或はエジプト国王の虐待(ぎゃくたい)より救われ、或はシナイ山に於いて十(じゅう)誡(かい)を授(さず)けられ、或はアラビアの砂漠で四十年間マンナを与えられるなど、一方(ひとかた)ならぬ特別の御恵を蒙(こうむ)りながら、信頼の心が薄く,却(かえ)って救い主の御降臨(ごこうりん)を妨(さまた)げるような仕業(しわざ)のみ多かった為、天主は彼等を捨てて救いの外に置き、彼等の考えに相違して、その御独子(おんひとりご)を権力(けんりょく)も富(とみ)も名誉もない貧しき嬰(みどり)児(こ)として此の世に送り、その御成長も御生活も全(まった)く普通の人の通りに計(はか)らい給うた。
 この天主の御摂理(ごせつり)は、実に聖パウロが「ああ天主の判決の悟(さと)り難(かた)さよ、其の道の極(きわ)め難(かた)さよ」と叫んでいる如く、玄妙(げんみょう)にして只々(ただただ)感嘆(かんたん)の外(ほか)はない。されば我等は聖母の信頼とユデア人の不信仰、及びその結果に鑑(かんが)みて、天主に対する信頼を増し、一切(いっさい)をその御手(みて)に委(ゆだ)ね奉るよう努めねばならぬ。それは単に自分に得心(とくしん)の行く場合ばかりではない。
 例えば現世(このよ)で悪人が栄えて善人が衰(おとろ)えるなど、我等の心に深い御摂理の悟(さと)り得ぬ場合にも、なお主の御教(みおし)えの永遠の賞罰(しょうばつ)を堅(かた)く信じ幼子(おさなご)のような心でお委(まか)せするのである。
 この信頼は天国への道、救(たす)霊(かり)の道として最も容易(たやす)いものと云えよう。そして聖母は即ちその道を進み給うた大先(だいせん)達(だつ)であった。
 我等も心してその御跡(みあと)を慕(した)い奉るならば、必ず聖マリアの在(いま)し給う御国(みくに)に到る事は疑いないのである。

   祈   願

 あゝ、我等に天国への近道を示し給いし聖マリアよ、主が我等の意(こころ)に反する境遇(きょうぐう)、病気、災難、霊(れい)の悶(もだ)え等を与え給う時、更に強き信頼と愛とを以て、己を全く天主の御手(みて)に委(ゆだ)ね奉る力(ちから)を得(え)せしめ給わん事を、恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。

(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:童貞聖マリア

2013年07月20日 | カトリックとは
十 五 日 童貞聖マリア

   我が姉妹、我が花嫁よ、汝は封じたる泉の如し。  (雅歌四。一二)

 この詩(うた)はもとより聖マリアを讃美(さんび)した言葉であるが、それにしても「封(ふう)じたる泉」とは、そもそも何を意味するのであろう。我等はこれから少しくそれに就いて黙想(もくそう)しよう。
 まず「封じたる泉(いずみ)」とは聖マリアの永遠の童貞(どうてい)を指(さ)すのである。封じたる泉は浮き世の塵(ちり)に汚(けが)される事がない。いつも水晶を溶(と)かしたように清冽(せいれつ)な水を湛(たた)えている。
その通り聖マリアの童貞も、御一生の間少しの汚れをも混(まじ)へぬ清浄(しょうじょう)なものであった。それは勿論(もちろん)聖母に与えられた聖寵(せいちょう)の豊(ゆた)かさにも依(よ)ろうが、叉、御自分が常に注意して外なる汚れた世間の事物に対し五官も心も封じられ、唯,内なる超自然界にのみ眼を向けられた結果であった。我等も貞潔(ていけつ)の徳を守ろうと思えば、この聖マリアに倣(なら)って己を「封じたる泉」とするより外(ほか)に道がない。
 次に「封じたる泉」とは聖マリアによる天主の御祝福、御恵を意味する。水は始め地下に溜(た)まり、次第に溢(あふ)れて地上に現れ泉となり、これより河川を発して到る所の田や畑を潤(うるお)すが、天主の約束し給うた御祝福も、聖マリアの御先祖方の犠牲や償(つぐな)いによって、漸次(ぜんじ)、豊かになったとは云え、それは恰(あたか)も地下水のように隠(かく)れたものであった。
ところが聖マリアの御徳によっては益々聖寵(せいちょう)充(み)ち溢(あふ)れ、ついに天主の御奇特(おきとく)によりその御独子(おんひとりご)の御母となられるに及んで、封じられた祝福の泉は始めて外に迸(ほとばし)り出(い)で、以来キリストの建て給うた教会を通じて絶えず四方に流れ、人々の霊魂をうるおす事になったのである。故に我等は日毎に主の御恵をかたじけなうしているにつけ、その源(みなもと)であった「封じたる泉」の聖母の御恩に感謝する所がなければならぬ。最後に「封じたる泉」とは聖マリアの御謙遜に名付けられた言葉とも解釈(かいしゃく)せられる。
謙遜(けんそん)の徳は自我(じが)の心を封じて己の栄を求めず、他に従順(じゅうじゅん)であるのが特色である。聖マリアは夙(つと)に童貞の願(がん)を立(たて)ておいでになった、されば突如(とつじょ)大天使ガブリエルが現れて、天主聖子(おんこ)の母となり給う由(よし)を告(つ)げた時には、一方ならず驚かれて「我が夫を知らざるに、如何にして此の事あるべき」と、問い返されたのも道理な次第であろう。
然しその懐胎(かいたい)が天主の全能によるもので、すこしも童貞を損(そこ)なう恐れのない事をお聞きになると一切の不安や私情を封(ふう)じて、天主の御光栄、人類の救霊の為、潔(いさぎよ)く御自分を聖(み)旨(むね)に委(まか)せ「我は主の婢(はしため)なり。仰せの如く我に成(な)れかし」 
とお答えになった。これは聖母の如く謙遜にして我意(がい)を封(ふう)ずる方でなくては到底出来ぬ事である。
 しかも聖マリアの謙遜(けんそん)は唯(ただ)それだけに止(とど)まらなかった。普通の人なら救い主の母になると知れば、その栄誉(ほまれ)を得々(とくとく)と吹聴(ふいちょう)せずには居られない。
 更に「汝の魂も剱(つるぎ)にて刺(さ)し貫(つらぬ)かるべし」という恐ろしいシメオンの予言を聞き、また実際にその通りの苦痛を味わったら、悲愁(かなしみ)のあまり他人に嘆(なげ)かずには居られまい。けれども聖母は栄誉(ほまれ)も悲愁(うれい)も一切(いっさい)を我が胸に封(ふう)じて、何人にも、浄配(じょうはい)の聖ヨゼフにも語(かた)らず、唯、従順(じゅうじゅん)に天主の御摂理(おせつり)に任(まか)せ給うた。これが真(まこと)の謙遜(けんそん)でなくて何であろう。
天主聖子(おんこ)が聖マリアの御胎(ごたい)に肉(ひと)となり給うという、驚天(きょうてん)動地(どうち)の出来事が成就(じょうじゅ)され、従って救(きゅう)霊(れい)の大事業も完成されるに至ったのは、全(まった)く聖母のかような御謙遜(ごけんそん)によるのである。
 我等もキリストを我が胸に宿(やど)そうと望(のぞ)むならば、聖母の如く謙遜に、己(おのれ)を抑(おさ)えて「封じたる泉」とならねばならぬ。そして我意(がい)を封(ふう)ずれば封ずるほど、内なるイエズスの御意志(みこころ)は明らかになり、聖寵(せいちょう)は滾々(こんこん)と泉のように湧(わ)くのである。
真(しん)の謙遜(けんそん)、即ち我を封ずる事と、聖寵(せいちょう)によって聖(み)旨(むね)に従う事、これより完(かん)徳(とく)に達する道はない。聖人方はいづれもこの事をよく心得て実行された。
されば我等も「封(ふう)じたる泉(いずみ)」の聖マリアに謙遜(けんそん)を学(まな)び、己(おのれ)の為を計(はか)らず、唯(ただ)、天主の御光栄(みさかえ)のみを目的として善(ぜん)を行うように努(つと)めよう。

   祈   願

 あゝ、謙遜(けんそん)の鑑(かがみ)なる聖マリアよ、我等は御身(おんみ)の御跡(おんあと)を慕(した)い奉らんと深く望(のぞ)み、今日新(あら)たに我が身も我が霊(たま)も御身に捧げ、清き聖心(みこころ)の中に隠(かく)れて、ひたすら御子イエズスの御光栄(みさかえ)の為にのみすべてを行(おこな)わんと決心し、それに要する御聖寵(ごせいちょう)を恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。


(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:エルサレムの神殿に於ける聖マリア

2013年07月19日 | カトリックとは
十 四 日 エルサレムの神殿に於ける聖マリア

天主の家にて天主に仕(つか)えしなり。  (集会書二四。一四)

これは聖マリアの御年十五歳の頃までの御生活を云いあらわした言葉である此処(ここ)に天主の家と云うのは、勿論(もちろん)エルザレムの聖(せい)殿(でん)であるが、そこに数多(あまた)の少女達が預(あず)けられ育てられて、天主に奉仕するのは、古来(こらい)イスラエルの習慣(しゅうかん)であった。
 聖マリアも三歳の時、此の神殿に於(お)いて天主に献(ささ)げられ給うた。これは誠(まこと)に意味深い事であったが、当時それと悟(さと)る者は恐らく一人(ひとり)もなかったであろう。
 聖マリアは他の少女達と同じく育てられて、祈り働き且(か)つ学(まな)び給うた。然し普通の人と異(こと)なり、救い主に関する予言が、間もなく成就(じょうじゅ)すると聞かれた時には深い喜びを覚えられ、目に救い主を仰ぎ、耳にそのお言葉を聞き、その御傍(おそば)近く仕(つか)え奉る事が出来れば無上の幸福とまで思われたという。
 もとより其の頃は、御自身が救い主の御母と選ばれ給うた事など少しも御存知なく、日毎、聖寵(せいちょう)と共に働き、その聖心(みこころ)を益々麗(うるわ)しき天主の御住居(おすまい)とせられつゝ、只、一心に救い主の御降誕(おこうたん)を待(ま)ち望(のぞ)んでおいでになったのである。
 かように聖マリアは知らず知らず立派な心の準備をされたのであるから、後に大天使ガブリエルが「めでたし、聖寵(せいちょう)充満(みちみ)てるマリア」と申し上げたのも尤(もっと)もな次第である。
 我等も洗礼を受けて成(せい)聖(せい)の聖寵(せいちょう)を蒙(こうむ)って以来、その霊魂(れいこん)は畏(かしこ)くも天主の御住居(おすまい)となった。それは聖パウロが「汝等はその身が神の聖(せい)殿(でん)なる事、叉、神の霊、汝(なんじ)等(ら)の中に住み給う事を知らざるか」と云われた通りである。
 然し我々は果たして洗礼や初(はつ)聖体を受けた当時の純潔(じゅんけつ)を、その儘(まま)、保(たも)っているであろうか?と云うのは、人は長(ちょう)ずるに従い悪(あく)慾(よく)が芽生(めば)え、それにつけ込んで悪魔(あくま)が心に忍び入り、遂に聖霊(せいれい)を追い出して己の住所(すみか)とする事が屡々(しばしば)あるからである。故(ゆえ)に我々は常に神の聖(せい)殿(でん)たる自覚(じかく)を失わず、反省の箒(ほうき)で心の塵(ちり)を掃(は)き清め、敬(けい)虔(けん)を以て主に仕え奉らねばならぬ。それと同時に、親たる人々の心がくべきは、愛するわが子の純潔(じゅんけつ)な魂の聖殿に、悪魔の忍び込まぬよう、よく注意警戒する事である。信者の子供は天主の為に、天国の為に育てる筈(はず)である。  
されば唯(ただ)、体育、知育(ちいく)を果たすを以て足(た)れりとせず、霊魂(れいこん)の教育を重(おも)んずるのが親たる者の第一の義務ではないか。
 その為には子供の愛に溺れず、その欠点を矯(た)め、その犠牲的精神を涵(やし)養(な)い、その意志を強固(きょうこ)に育(そだ)て上(あ)げねばならぬ。子供の教育に就いて何より安全な道は聖会の方針に従う事である。そうすれば聖会は自然の子を洗礼に依(よ)って天主の子とし、親と共に天国に導くであろう。
 但し親は子に対して善(よ)き模範(もはん)を示す為に、宗教の務(つと)めを率先(そっせん)してよく果たし、また天主の事を教え、祈りを習(なら)わせ、常に聖堂に伴(ともな)って行く事が必要である。もしこの実行を妨(さまた)げる様々の誘惑(いざない)が起こるようならば、篤(とく)と熟考(じゅっこう)して見なければならぬ。真実(しんじつ)に子を愛し、その真(まこと)の幸福を請(こ)い願う人なら、どんな支障(ししょう)にも打ち勝てる筈(はず)である。まして子を敬虔(けいけん)な人物に仕立てるのに、自分の時間を惜しむような私情(しじょう)に打ち負かされる事はあるまい。
 我等は少女時代の聖マリアに倣(なら)い、まづ己(おのれ)を天主の聖(せい)殿(でん)とする為に努(つと)めよう。そして自(みずか)ら範(はん)を示して子供をも善(ぜん)に導き、一家を挙(あ)げて天主の聖(せい)殿(でん)としよう。そうすれば聖マリアは喜んで我等と共に住み、豊かな御祝福(ごしゅくふく)を下し給うに相違(そうい)ないのである。

   祈   願

 あゝ聖マリアよ、御身が聖(せい)殿(でん)にて捧げ給いし熱心と愛とを、我等の心にも移し給え。我等は弱き者なれども、自(みずか)ら先(せん)達(だつ)となり、子供等を御身の許(もと)に導き、共に天主の聖(せい)殿(でん)たるに恥(はじ)ざる者となるよう力(ちから)を尽(つく)さんと決心し、その為、御身の御扶助(おんたすけ)を恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。

(天使祝詞 三度)




============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖マリアの御幼年時代

2013年07月18日 | カトリックとは
十 三 日 聖マリアの御幼年時代

女の中にて我が友あるは、茨(いばら)の中に白百合の有るが如し。 (雅歌二。二)

 これは幼き聖マリアを褒(ほ)め称(たた)えた言葉である。聖マリアは天主に永遠の昔より選ばれ、その御独子(おんひとりご)を宿(やど)し奉る大任(たいにん)を授けられた御方(おかた)である。
 楽園にて人(ひと)祖(そ)に救いを約束せられて以来、四千年の永い間、待ち望(のぞ)まれた救い主の御母である。されば夙(つと)に御幼少の頃から、その麗(うるわ)しい数々の御性質を以て、御父聖ヨアキム、御母聖アンナの歓喜(よろこび)のもと、幸福の種であった事は想像するに難(かた)くない。
 然しこの歓喜(よろこび)、この幸福はまだその御一家の内に限られていたのであって、他の人々は昔からの御約束が、今ここに成就(じょうじゅ)され、やがてその幼児(おさなご)によって全世界に驚くべき変化の起こる事などは少しも知らなかったのである。
 唯(ただ)、天使達だけはそれを知っていたので、後に元后(げんこう)と立てられるべきこの姫君の御誕生を喜び、天主にそのお恵みを深く感謝した。中にも大天使ガブリエルの如きは、喜び勇んで既にお告(つ)げの言葉までも考え廻(めぐ)らされた事であろう。
 叉、天主も、罪悪に溺(おぼ)れている人類の中に、この清き御一家をみそなわしては、どれほどの御喜悦(おんよろこび)を以て(もって)御祝福を下し給うたか知れぬのである。我等も聖母の御誕生を、その御両親や天使達と共に、喜び讃(たた)え,主に感謝し奉ろう。
 然し聖ヨアキムと聖アンナは、愛らしい御子をこの上なく愛しみまれたがその後日の痛々しい御悲(おかな)しみなど、夢にも御存知なかった。けれども我々はそれを知っている。叉その御悲しみがなかったならば、我等の救われなかった事も知っている。故(ゆえ)に我等は唯(ただ)その御誕生を喜ぶばかりでなく、この機会に聖母の御恩を深く肝(きも)に銘(めい)ぜねばならぬ。
 さて聖マリアは、まだ御口もまわらぬ頃からその愛らしい御挙動に依って、無言の教訓を垂(た)れ給うた。この聖(とうと)き幼児(おさなご)を見れば、我等の霊魂(れいこん)も天に向かい、天主に対し幼児(おさなご)の如き信頼の心を抱(いだ)かずにはいられない。
 なお、この姫君はまだ世間には知られない者であったが、天に於いては既に認められておいでになった。聖パウロの言(げん)に「我等の国籍は天にあり」とあるが、我等も聖マリアの如く、世間に認められるよりは天に認められるように心がけ、肉身は地上にあっても霊魂は常に天を仰がねばならぬ。即ち、超自然的(ちょうしぜんてき)生活をせねばならぬのである。
 超自然的生活にも快楽(たのしみ)がある。嘗(かつ)てフランシスコ会の或る修道士が「天主は人間が罪を犯(おか)したにより、之を楽園から追い出し給うたが、なお自然の慰安(なぐさめ)と して、美しい星、麗(うるわ)しい花、愛らしい幼児(おさなご)のまなざし、この三つのものを残し給うた」と云った事があるが、幼き聖マリアはこの三つのものを御自分に備えておいでになった。何となれば、天性の無邪気(むじゃき)さを示す愛らしい御まなざしは云うまでもないが、その清らかな聖心(みこころ)は、楽園からこの茨(いばら)の世に移し植えられた白百合(しらゆり)の如く、またその御愛(おんあい)と御恵みは、暗き世を照らす「海の星」の名に背(そむ)かぬからである。
 先に修道士が語った三つのものは、唯(ただ)、自然の快楽(たのしみ)を与えるに過ぎぬが、聖マリアに至っては実に超自然の快楽(たのしみ)のもとである。聖母の御跡(みあと)に従(したが)って生活する者は、天主の愛を深く身に感じ、その子とせられた事を歓(よろこ)ぶ信仰の楽しみ、救い主イエズスが我等に再び恢復(くわいふく)し給うた天国の幸福を期待する希望(のぞみ)の楽しみ、叉、聖霊(せいれい)より賜(たまわ)る聖寵(せいちょう)を用(もち)いて天主の御旨(みむね)を行う愛の楽しみを味わう事が出来る。これらの超自然的快楽(たのしみ)は、自然的快楽(たのしみ)のように強く感じられぬかも知れぬが、最も高尚(こうしょう)にして確(たし)かな快楽(たのしみ)である。

   祈   願

 海の星なる聖マリアよ、我等は真心より御身を愛せんと欲(ほっ)し,叉、他人にも勧(すす)めて御身を切(せつ)に愛せしめんと努(つと)め奉る。
何卒(なにとぞ)、我等をして益々(ますます)天主を慕(した)い奉り、清き楽しみを求めて日々主の聖(み)旨(むね)を行(おこな)わしめ給わん事を、恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。

(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント

聖母の汚れなき御心への奉献更新のため:聖マリアの霊魂の美しさ

2013年07月17日 | カトリックとは
十 二 日 聖マリアの霊魂の美しさ

   汝は悉(ことごと)く麗(うるわ)しくして、少しの汚(けが)れもなし。  (雅歌四。七)

 聖マリアは原罪(げんざい)も自罪(じざい)も、凡(およ)そ罪の汚(けが)れというものを少しも知らぬ清浄(しょうじょう)潔白(けっぱく)な御方であった。右の言葉は実にその御霊魂(ごれいこん)の、清き美しさを讃美(さんび)したもので、その中(うち)、始め「汝は悉(ことごと)く麗(うるわ)しくして」とは、聖母が原罪(げんざい)の汚(けが)れなくやどり給うた事を指(さ)し、後の「少しの汚(けが)れもなし」とは聖母がその御生涯(ごしょうがい)に一つの自罪(じざい)も犯(おか)し給わなかった事を示している。
 無原罪(むげんざい)は総(すべ)ての人類のうち唯(ただ)聖母にのみ与えられた特別のお恵みであるがその自罪に汚されぬ清い御生涯は、聖母が天主の御聖寵(ごせいちょう)を、些(いささ)かも無(む)にせずしてよく用(もち)いられた結果である。
 ああ、原罪なき聖母の御霊魂の美しさはどうであろう! 玲瓏(れいろう)として少しの曇りもないこの宝玉(たま)は、天主の御光(おんひかり)、成(せい)聖(せい)の聖寵(せいちょう)に照り映(は)えて、日光を反射するダイヤモンドよりも燦然(さんぜん)と、五彩(ごさい)の文(あや)に照り輝いているのである。それを目のあたりに見えたならば、誰しも「汝は悉(ことごと)く麗(うるわ)し!」と感嘆(かんたん)の叫びを上げずにはいられぬであろう。
 エワの霊魂も創(つく)られた時は悉(ことごと)く麗(うるわ)しかった。けれども原罪を犯(おか)してその貴重(きちょう)な玉に大いなる瑕(きず)をつけ、我等の汚(けが)れの母となった。
 これに反して聖母はその麗(うるわ)しさを全(まつと)うして、我等の救いの母、清めの母、人類の超自然的生命の母になり給うたのである。
 聖マリアは何(なに)故(ゆえ)に原罪を免(まぬ)れ給うたのであろうか? それはその御胎(ごたい)より生まれ給うた救い主イエズス・キリストの御功徳(おんくどく)によるのであった。我等も原罪(げんざい)の汚(けが)れこそ受けて生まれるものゝ、洗礼に依(よ)って総(すべ)ての罪を赦(ゆる)され、天主の愛子(あいし)となり、三位(さんみ)一体(いったい)の特別な映像(えいぞう)を霊魂に宿(やど)し、信望(しんぼう)愛によって聖霊の神殿(しんでん)となる幸福を得(え)たが、これまた偏(ひとえ)に救い主の御功徳の御陰(おかげ)で、我等の功(いさをし)によるのではない。されば我等はその御恵を感謝すると共に、与えられた聖寵(せいちょう)を守り、徳の芽を伸ばし、花を咲かせ、善(よ)き実(み)を結(むす)ぶ義務があるのである。
 この点に於(お)いて聖マリアほど優(すぐ)れた模範(もはん)は他(ほか)にあるまい。聖母は悉(ことごと)く麗(うるわ)しくましました為に、聖寵(せいちょう)にもたぐいなく富(と)ませ給うたけれど、しかしそれを些(いささ)かも無(む)にせず、一心(いっしん)に励(はげ)み給わなかったならば、謙遜(けんそん)、従順(じゅうじゅん)、忍耐(にんたい)など、あらゆる徳の花を、あれほど美しく、咲かせ給う事は出来なかったであろう。
 実にその御生涯(ごしょうがい)は、御告(おつ)げを受けられた時から、十字架上の主の御死去、御自分の御死去に至るまで、何人(なにびと)にも見られぬ程の苦痛の連続であったが、聖母はそれを悉(ことごと)く天主の聖(み)旨(むね)の儘(まま)に耐(た)え忍(しの)び、豊(ゆた)かな功(いさおし)を積まれた。されば 
その此の世を去られるのと、天国に入り給うのと同時であったのはもとより当然な事である。
 けれども我等は聖母と大いに異(こと)なっている。例え洗礼に罪を赦(ゆる)されても悪(あく)慾(よく)その他の欠点がなお残っている為に、過失(あやまち)に陥(おちい)りやすい者である。
 自分が熱心に行った筈の善行(ぜんこう)中(ちゅう)にさえ、幾多(いくた)不純(ふじゅん)な気持ちを発見するではないか。故(ゆえ)に大抵(たいてい)はその過失(あやまち)の償(つぐな)いを果(は)たし、欠点を鍛(きた)え直し、不純(ふじゅん)な点を清められる為に、煉獄(れんごく)は免(まぬが)れ難(がた)い所であろうが、聖母の示し給うた模範(もはん)に倣(なら)い、日々(ひび)心を励(はげ)まして、天主及び他人に対する愛(あい)徳(とく)を守り、己(おのれ)を全(まった)く主の御手(みて)に委(ゆだ)ねるならば、永遠の幸福を恵まれる日も、必ず早められるに相違ないのである。

   祈   願

 ああ、原罪(げんざい)の汚(けが)れなき至(し)聖(せい)なる御母(おんはは)聖マリアよ、我等は御身の天主より恵まれ給いし豊かなる御聖寵(ごせいちょう)を喜び、主を讃美(さんび)し奉る。
何卒(なにとぞ)、我等をも総(すべ)ての汚(けが)れより潔(きよ)め、以(もっ)て御子(おんこ)に相応(ふさわ)しき住(す)み家(か)となし給わん事を、恭(うやうや)しく天使祝詞(しゅくし)三度繰(く)り返して願い奉る。

(天使祝詞 三度)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA

コメント