Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
2019年 8月の聖伝のミサの予定
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】


8月 聖母の被昇天を祝いましょう。
意向:聖母の汚れなき御心の凱旋のため
実践すべき徳:心の柔和と謙遜
守護の聖人:聖母の汚れ無き御心

愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します

◎2019年 8月の予定
【大阪】聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂(アクセスEG新御堂4階 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 
〒532-0002 (JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分)

  8月2日(初金)教会博士証聖者司教聖アルフォンソ・デ・リグオリ(3級祝日)白
          午後5時半 ロザリオ及び告解
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月3日(初土) 聖母の土曜日(4級)白
          午前10時 ロザリオ及び告解
          午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月11日(主)聖霊降臨後第9主日(2級)緑
          午後5時半 ロザリオ及び告解
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月12日(月) 童貞聖クララ(3級祝日)白
          午前10時 ロザリオ及び告解
          午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月18日(主)聖霊降臨後第10主日(2級)緑
          午後5時半 ロザリオ及び告解
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月19日(月) 証聖者聖ヨハネ・ユード(3級祝日)白
          午前6時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

【東京】東京都文京区本駒込1-12-5 曙町児童会館(地図)「聖なる日本の殉教者巡回聖堂」

  8月4日(主)聖霊降臨後第8主日(2級)緑
          午前10時  ロザリオ及び告解
          午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月5日(月)  雪の聖母の大聖堂の奉献(3級祝日)白
          午前7時 ミサ聖祭

  8月18日(主)  聖霊降臨後第10主日(2級)緑
          午前10時  ロザリオ及び告解
          午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております。

============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい

============

聖ヨゼフの帯 cingulum Sancti Joseph

2014年05月15日 | トマス小野田神父(SSPX)のひとり言
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、「聖ヨゼフの帯」について改めてご紹介します。
天主様の祝福が豊かにありますように!


Source; “FAVORITE PRAYER TO ST. JOSEPH” TAN BOOKS Imprimatur 1997
出典 同上

聖ヨゼフの帯は、1657年のベルギーのアントワープにおいて、シスター・エリザベトという名の信心深いアウグスチノ会の修道女の奇跡的治癒と共に始まりました。
三年間の重くて痛い病気の後、医者は彼女の治癒の望みをあきらめ、彼女はまもなく死ぬと予測しました。しかしシスター・エリザベトはいつも聖ヨゼフへの信心を持っており、帯を作って聖ヨゼフの名誉において祝別してもらい、それを彼女の腰の周りに着けていました。数日後、彼の御像の前で祈っていると、彼女は突然痛みから解放されました。彼女の回復は奇跡的だとみなされました。
遂にはその帯の信心が広まり、そしてその敬虔な使用を通じて無数の即別な恵みがもたらされました。この帯は身体的病気に対しての救済だけでなく、貞潔の徳を保つ為の霊的助けとして使われました。この信心は1859年の9月19日に典礼聖省によって認可され、教皇ピオ9世によっても祝福され認可されました。

この帯を着ける事による恵みは、1) 聖ヨゼフの特別な御保護、2) 霊魂の清さ、3) 貞潔の恵み、4) 臨終の時までの堅忍、5) 死の時の特別な援助の恵み、です。

この帯は糸もしくは綿で、端に7つの結び目があり、腰の周りに着けねばなりません。それは司祭によって祝別されねばなりません。その帯を着ける者は聖ヨゼフに敬意を表して、日々7回の栄唱と共に「聖ヨゼフに向かいて貞徳を求むる祈」を唱えねばなりません。【7つの結び目と7回の栄唱は、聖ヨゼフの7つの苦しみと喜びとを意味しています。】


聖ヨゼフの帯のための祈り
栄唱 7回
願わくは聖父(ちち)と聖子(子)と聖霊とに栄えあらんことを。▲始めにありし如く、今もいつも世々にいたるまで。

ラテン語版 Latin ver.
Gloria Patri, et Filio, et Spiritui Sancto.
. Sicut erat in principio, et nunc, et semper, et in saecula saeculorum. Amen.

英語版 English ver.
Glory be to the Father, and to the Son, and to the Holy Ghost.
. As it was in the beginning, is now, and ever shall be, world without end. Amen. × 7 times

聖ヨゼフに向かいて貞徳を求むる祈
童貞者の父かつ保護者なる聖ヨゼフ、御身は純潔そのものにましますイエズスと、童貞中の童貞にまします聖マリアとの、忠実なる守護者と選ばれ給えり。願わくは、御身に託せられたる最愛のイエズスとマリアとによりて、われをしてすべての汚れを免れしめ、精神も、心も、身体も、清浄潔白にして、完全なる貞潔を保ちながら、絶えずイエズスとマリアに仕えしめ給わんことを、ひたすらこいねがい奉る。

ラテン語版
Virginum custos et pater, sancte Ioseph, cuius fideli custodiae ipsa Innocentia Christus Iesus et Virgo virginum Maria commissa fuit; te per hoc utrumque carissimum pignus Iesum et Mariam obsecro et obtestor, ut me, ab omni immunditia praeservatum, mente incontaminata, puro corde et casto corpore Iesu et Mariae semper facias castissime famulari. Amen.


O Guardian of virgins, and holy Father St. Joseph, into whose faithful keeping were entrusted Christ Jesus, Innocence itself, and Mary, Virgin of virgins, I pray and beseech thee, by these dear pledges, Jesus and Mary, that, being preserved from all uncleanness, I may with spotless mind, pure heart, and chaste body, ever serve Jesus and Mary most chastely all the days of my life. Amen.


【聖ヨゼフの7つの苦しみと喜び】

1 ああいと潔き御母マリアの浄配、栄えある聖ヨゼフよ、御身のいと清き妻を失ならんと心に思い煩いし時の苦しみはいと大いなるものなりき。されど天使が御託身の玄義を御身に伝えられし時の喜びは、またひとしお大いなりき。この苦しみ、この喜びにより、今も臨終の時も我らの心を潔さ良心の喜びと、イエズス、マリアのうちに自我を滅する尊き御身の心を示し、我らを慰め給え。

2 ああいと幸いなる保護者聖ヨゼフよ、御身は人となり給いし御言葉の潔き養父の位にあげられたれども、御身は幼きイエズスがいと貧しき中に生まれ給うを見て大いに悲しみ給いしが、天使らのたえなる歌声を聴き、その輝ける夜の栄えを見給うや、その悲しみは天的の喜びと変じたり。御身のこの悲しみ、この喜びによりて、我らもまたこの世の歩みを終えたる後、天使らの賛美の歌声を聴き、天的光栄の輝きを受け得んことを願い奉る。

3 ああ御摂理にいと従順なしもべなる、栄えある聖ヨゼフよ、幼きイエズスが割礼にて流されたる尊き御血は御身の心を苦痛もて貫きたれども、イエズスと命名されるや御身の心は喜びに満たされたり。御身のこの苦しみ、この喜びにより、我らをこの世の悪徳より離れしめ、イエズスのいと尊き御名を心から唱えつつ心満たされてこの世を去るを得しめ給え。

4 ああいと忠誠なる聖ヨゼフよ、御身は救世の玄義の成就に身をもって大いなる役を果たされしが、シメオンの預言によりイエズスとマリアが受け給うべき苦難を予知せられ苦しみ給いたれど、数限りなき人々の霊魂がこれによって救わるるとの預言によりて、天的喜びに満たされたり。御身のこの苦しみ、この喜びにより、我らがイエズスの功徳と聖母マリアの御取次ぎにより、終わりなき栄えを得てよみがえる人々のうちに数えられる御恵みをとりなし給わんことを願い奉る。

5 ああ人となり給いし天主の御子のいとも注意深き保護者なる栄えある聖ヨゼフよ、御身はいと高きものの御子を養い給い、これに仕えるために多くの辛酸をなめられたり。わけてもそのエジプトへの逃避はいと苦しきものなりしが、御身が常に天主御自身と共におられし喜び、またエジプト人らの諸々の偶像が地に落とされしを目の当たりに見られし時の安心はいと大いなりき。この御身の辛酸と喜びとによりて、我らが地獄的暴君より免れて、わけても危険なる機会より逃避する事を得しめ、我らの心のうちに地上的執着が落とされ、ひたすらイエズスとマリアに仕え奉りつつ日々の生活を送り、この世を幸いに終わる事を得しめ給え。

6 ああこの地上の天使なる栄えある聖ヨゼフよ、御身は御身の心を天の王に全く捧げられたり。御身がエジプトより戻られる喜びは、アルケラウスに対する憂慮にて不安の闇となりしが、天使は再び御身にイエズスとマリアと共にナザレトにて楽しく住み給う事を約束せられたり。御身のこの苦しみ、この喜びによりて、我らの心を深い恐怖より免れしめ、潔き良心の平和を楽しみ、イエズスとマリアと共につつがなく世を送り、臨終においてはイエズスとマリアの御手に我らの霊魂を捧ぐる事を得しめ給え。

7 ああ全ての徳の鑑なる栄えある聖ヨゼフよ、御身は御身の誤りにあらずして幼きイエズスを見失い、三日の間苦しみもて捜し求められたり。されど神殿の中に博士らに取り巻かれたるイエズスを見出されし時の喜びはいかに大いなりや。御身のこの苦しみ、この喜びにより、我らが大罪を犯しイエズスを失いたりせば、たゆまず彼を捜し求め、遂に再び巡り会えるよう、わけても臨終の時に彼と共にありて天国に至り、御身と共に天主の終わりなき御恵みを賛美し奉るようとりなし給わんことを心から願い奉る。


交唱 イエズスが教えをはじめたりしは三十歳ごろなり、人々、イエズスをヨゼフの子なりと思いたり。(ルカ3:23)

V 聖ヨゼフ、我らの為に祈り給え。
R キリストの御約束に我らをかなわしめ給え。

祈願 天主、御身のかしこき御摂理のうちに祝せられたヨゼフを至聖なるマリアの浄配に選び給いたれば、願わくはこの世の我らの保護者として崇め奉る彼が、我らの天のとりなし手となり給わんことを。 アーメン。

THE SEVEN DOLOURS AND SEVEN JOYS.

i. St. Joseph, pure spouse of most holy Mary, the trouble and anguish of thy heart were great, when, being in sore perplexity, thou wast minded to put away thy stainless spouse: but this joy was inexpressible when the archangel revealed to thee the high mystery of the Incarnation.
By this thy sorrow and thy joy, we pray thee comfort our souls now and in their last pains with the consolation of a well-spent life, and a holy death like unto thine own, with Jesus and Mary at our side.
Pater, Ave, and Gloria.

ii. St. Joseph, Blessed Patriarch, chosen to the office of Father of the Word made Man, the pain was keen that thou didst feel when thou didst see the Infant Jesus born in abject poverty; but thy pain was changed into heavenly joy when thou didst hear the harmony of angel-choirs, and behold the glory of that night when Jesus was born.
By this thy sorrow and thy joy, we pray thee obtain for us, that, when the journey of our life is ended, we too may pass to that blessed land where we shall hear the angel-chants, and rejoice in the bright light of heavenly glory.
Pater, Ave, and Gloria.

iii. St. Joseph, who wast ever most obedient in executing the law of God, thy heart was pierced with pain when the Precious Blood of the Infant Saviour was shed at His Circumcision; but with the Name of Jesus new life and heavenly joy returned to thee.
By this thy sorrow and thy joy, obtain for us, that, being freed in our life from every vice, we too may cheerfully die, with the sweet Name of Jesus in our hearts and on our lips.
Pater, Ave, and Gloria.

iv. St. Joseph, faithful Saint, who wast admitted to take part in the redemption of man; the prophecy of Simeon foretelling the sufferings of Jesus and Mary caused thee a pang like that of death; but at the same time his prediction of the salvation and glorious resurrection of innumerable souls filled thee with a blessed joy.
By this thy sorrow and thy joy, help us with thy prayers to be of the number of those who, by the merits of Jesus and his Virgin Mother, shall be partakers of the resurrection to glory.
Pater, Ave, and Gloria.

v. St. Joseph, watchful Guardian, friend of the Incarnate Son of God, truly thou didst greatly toil to nurture and to serve the Son of the Most High, especially in the flight thou madest with Him unto Egypt; yet didst thou rejoice to have God Himself always with thee, and to see the overthrow of the idols of Egypt.
By this thy sorrow and thy joy, obtain for us grace to keep far out of the reach of the enemy of our souls, by quitting all dangerous occasions, that so no idol of earthly affection may any longer occupy a place in our hearts, but that, being entirely devoted to the service of Jesus and Mary, we may live and die for them alone.
Pater, Ave, and Gloria.

vi. St. Joseph, angel on earth, who didst so wonder to see the King of heaven obedient to thy bidding, the consolation thou hadst at His return was disturbed by the fear of Archelaus, but nevertheless, being reassured by the angel, thou didst go back and dwell happily at Nazareth, in the company of Jesus and of Mary.
By this thy sorrow and thy joy, obtain for us, that, having our hearts freed from idle fears, we may enjoy the peace of a tranquil conscience, dwelling safely with Jesus and Mary, and dying at last between them.
Pater, Ave, and Gloria.

vii. St. Joseph, example of all holy living, when, though without blame, thou didst lose Jesus, the Holy Child, thou didst search for Him for three long days in great sorrow, until with joy unspeakable thou didst find him, who was as thy life to thee, amidst the doctors in this Temple.
By this thy sorrow and thy joy, we pray thee with our whole heart so to interpose always in our behalf, that we may never lose Jesus by mortal sin; and if (which God avert) we are at any time so wretched as to do so, that we pray thee to aid us to seek Him with such ceaseless sorrow until we find Him, particularly in the hour of our death, that we may pass from this life to enjoy Him for ever in heaven, there to sing with thee His divine mercies without end.
Pater, Ave, and Gloria.

Ant. Ipse Jesus erat incipiens quasi annorum triginta, ut putabatur filius Joseph.

V. Ora pro nobis, sancte Joseph.
R. Ut digni efficiamur promissionibus Christi.

Oremus.
Deus, qui ineffabili providentia beatum Joseph sanctissimae Genitricis tuae sponsum eligere dignatus es; praesta quaesumus, ut quem protectorem veneramur in terris, intercessorem habere mereamur in coelis. Qui vivis et regnas in saecula saeculorum. R. Amen.


Ant. Jesus Himself was about thirty years old, being, as was supposed, the son of Joseph.

V. Pray for us, holy Joseph.
R. That we may be made worthy of the promises of Christ.

Let us pray.
O God, who in Thine ineffable providence didst vouchsafe to choose blessed Joseph to be the husband of Thy most holy Mother; grant, we beseech Thee, that we may have him for our intercessor in heaven, whom on earth we venerate as our holy protector. Who livest and reignest world without end. Amen.


============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


毎年恒例の聖ピオ十世会公式秋田巡礼にご参加希望の方々は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAなどを通してお申し込みください。

コメント (9)

天主様に感謝!2014年5月の報告

2014年05月15日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 5月の東京での聖伝のミサの参列者数は下記の通りでした。天主様に感謝します!

ミサの参列者数
男: 14人(内、子供0人)
女: 16人(内、子供2人)
計: 30人(内、子供2人)


 ところで、今年5月1日には、とても不思議な天主の御摂理の業がありました。クチュール神父様が私と一緒に秋田に行く予定だったのですが、突然、沖縄から連絡があり、赤ちゃんが生まれるから洗礼を授けてほしいとのこと。そこで、クチュール神父様が沖縄に行くこととなり、那覇の港の船の上では無かったのですが、沖縄の国土の上で、ちょうど170年後の2014年5月1日、フォルカード神父様がなさった奉献と同じ祈りをクチュール神父様がしました。

「ああマリアの至聖なる御心、全ての心の中にも至って麗しく、いと清く、いと気高き御心よ、善良と柔和と憐れみと愛とのつきぬ泉なる御心、全ての徳の驚くべき至聖所にして、いと優しき鑑なる御心よ、ただイエズスの神聖なる聖心にのみ劣る御心よ、初めて宣教すべきをいとも不肖なれども我に委託されたかの琉球の島々を、この時、我にある限り、また我に属する限り、御身の特別なる御保護のもとに奉献し、置き、宣言し、聖別し奉る。とりわけ、布教が開始され確立し、それがたとえ幾ばかりかであれ、空しき偶像礼拝よりキリスト教信仰に移ったかの島々の住民らのために、たとえごく小さき聖堂にても建設したならば、いかなる遅れもなく、使徒聖座によって、この国全てが、公にまた公式に、特別の御保護の下に置かれるように全てをなすことを宣誓し奉る。
ああ慈悲深き御心よ、神聖なるイエズスの聖心の前に於ていとも力ある御心よ、何人たりともその祈祷の空しかりしことなき御心よ、卑しき我が祈願を軽んじ給はず、みじめなる我が心を一層善に改心せしめ、かくも暗黒に取り囲まれたるこの心の悪を払い給え。謙遜、賢明、上智、剛勇の精神を、かくも多くの困難と、かくも多くの危険との中において、我が為に勝ち取り給え。願わくは、御身の御取り次ぎによりて、全能にして憐れみ深き天主、聖父と聖子と聖霊が、この賤しき道具を使い給うことをかたじけのうさせ給え。そは「強い者を辱しめるため、有る者を空しくするため(コリント前1:27-28)」なり。幾世紀前より暗闇と死と陰に座るこの民を聖なる福音の光と永遠の生命とについに改心させ、導き、辿り着かしめ給え。アメン。」

 さて、秋田巡礼のために、ロザリオの玄義をよく黙想するために巡礼のしおり別冊「ロザリオの信心」を作りました。これは、渡辺吉徳の小冊子「ロザリオの信心」を参考に、これを読みやすく現代語に編集・加筆・訂正し、その他の記事を追加し、カラーの挿絵をたくさん挿入したものです。これを巡礼中に印刷費の1000円でお分けしましたが、まだ、在庫があります。
 ロザリオ800周年、ロザリオ十字軍中、アジア管区でロザリオの年ですので、たくさんのロザリオの黙想の助けになると思います。またメール便で1冊82円、2冊なら164円で日本全国に発送できます。
※ご注文をご希望の方は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAを通してお申し込みください。


============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


毎年恒例の聖ピオ十世会公式秋田巡礼にご参加希望の方々は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAなどを通してお申し込みください。
コメント

大阪で聖伝のミサでは「聖ヨゼフの帯」を皆様にお分けします。また来年の秋田巡礼は・・・

2014年05月08日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 明日から大阪で聖伝のミサがあります。今回は「聖ヨゼフの帯」を皆様にお分けしたいと思っています。

聖ヨゼフの帯

聖ヨゼフの帯は、1657年のベルギーのアントワープにおいて、シスター・エリザベトという名の信心深いアウグスチノ会の修道女の奇跡的治癒と共に始まりました。
三年間の重くて痛い病気の後、医者は彼女の治癒の望みをあきらめ、彼女はまもなく死ぬと予測しました。しかしシスター・エリザベトはいつも聖ヨゼフへの信心を持っており、帯を作って聖ヨゼフの名誉において祝別してもらい、それを彼女の腰の周りに着けていました。数日後、彼の御像の前で祈っていると、彼女は突然痛みから解放されました。彼女の回復は奇跡的だとみなされました。
遂にはその帯の信心が広まり、そしてその敬虔な使用を通じて無数の即別な恵みがもたらされました。この帯は身体的病気に対しての救済だけでなく、貞潔の徳を保つ為の霊的助けとして使われました。この信心は1859年の9月19日に典礼聖省によって認可され、教皇ピオ9世によっても祝福され認可されました。
この帯を着ける事による恵みは、1) 聖ヨゼフの特別な御保護、2) 霊魂の清さ、3) 貞潔の恵み、4) 臨終の時までの堅忍、5) 死の時の特別な援助の恵み、です。

この帯は糸もしくは綿で、端に7つの結び目があり、腰の周りに着けねばなりません。それは司祭によって祝別されねばなりません。その帯を着ける者は聖ヨゼフに敬意を表して、日々7回の栄唱と共に「聖ヨゼフに向かいて貞徳を求むる祈」を唱えねばなりません。【7つの結び目と7回の栄唱は、聖ヨゼフの7つの苦しみと喜びとを意味しています。】

聖ヨゼフに向かいて貞徳を求むる祈
童貞者の父かつ保護者なる聖ヨゼフ、御身は純潔そのものにましますイエズスと、童貞中の童貞にまします聖マリアとの、忠実なる守護者と選ばれ給えり。願わくは、御身に託せられたる最愛のイエズスとマリアとによりて、われをしてすべての汚れを免れしめ、精神も、心も、身体も、清浄潔白にして、完全なる貞潔を保ちながら、絶えずイエズスとマリアに仕えしめ給わんことを、ひたすらこいねがい奉る。


 さて、昨年の秋田巡礼では、夕方のリクリエーションの時間には1931年(昭和6年)に戦前の日本で制作された『日本26聖人』の映画を皆で涙しながら観賞しました。

天主様に感謝します
アヴェ・マリア!愛する兄弟姉妹の皆様、昨日は、夕方のリクリエーションの時間には1931年(昭和6年)に戦前の日本で制作された『日本26聖人』の映画を皆で涙しながら観賞しまし...


 今年は、A Meditation on the Holy Sacrifice of the Mass【ミサ聖祭の黙想】の動画を皆で鑑賞しました。





 また、ルフェーブル大司教様に関するドキュメンタリー映画【1時間30分】の日本語版の試写会もありました。


 来年の秋田巡礼は、秋田の聖母が涙を初めて流されてから40周年にあたる(1975-2015)ので、それを記念して第9回目の聖ピオ十世会公式巡礼を行う予定です。

 また、来年は、元和元年(1615)2月5日【従来2月5日とされてきましたが、一説によると2月5日の "5" の数字が、よく見ると "3" に見えるとのことで、2月3日だという主張もあります】に 高山右近がマニラで熱病で倒れ、63才で生涯を終えて、400周年(1615-2015)です。そこで、ユスト高山右近を称える記念も行う予定です。

 更に、潜伏キリシタンの発見(1865年3月17日)の150周年(1865-2015)です。このお恵みも感謝して、来年の巡礼で記念したいと思います。

 すでに今年の巡礼から「ユスト高山右近を讃う」歌【河合まり子 作詞・鈴木和之作曲】を歌いました。

身は貴(たか)き 城にありとも
道の子は 御国(みくに)求めて
ひたすらに 讃(たと)う 主の御名(みな)
いと 聖き そのいさおし
いざ 讃えん ユスト高山右近

みはたかき しろにありとも
みちのこは みくにもとめて
ひたすらに たとう主のみ名
いときよき そのいさおし  
いざたたえん  ユストたかやまうこん

もののふの みちけわしくも
パライゾを いのりもとめて
はらからに つどうみおしえ
いと 聖き そのいさおし
いざ 讃えん ユスト高山右近

てにつるぎ むねにはクルス
マルチリの こころさだめて
あだびとに むこうおおしさ
いと 聖き そのいさおし
いざ 讃えん ユスト高山右近

あだしよは ゆめにしあれば
とわのさち あおぎのぞみて
とつくにに うたうほぎうた
いと 聖き そのいさおし
いざ 讃えん ユスト高山右近





高山右近の辞世の句

わが魂(アニマ)は、天地万物の御作者(ごさくしゃ)なる御主(おんあるじ)を、 ひたすら慕い奉る。

愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


毎年恒例の聖ピオ十世会公式秋田巡礼は、今年で8回目になりました。ご参加希望の方々は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAなどを通してお申し込みください。

コメント (11)

5/4(日)現在のロザリオの総数は9411環です

2014年05月08日 | ロザリオの十字軍
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

5/4(日)現在のロザリオの総数は、

前回7830環+75環+1476環+30環=9411環です。

*********************************

【報告】

小野田神父

秋田巡礼にとても関心があったのですが、
仕事の関係で参加できずに残念です。

4月のロザリオ数を報告させていただきます。

①御聖堂・教会敷地内ルルド 30環
②移動中のiPhone(教皇様のCD) 32環
③You-Tube動画 13環

計75環

秋田巡礼に参加される方々に
豊かなお恵みがありますように。

【報告】

十アヴェ・マリア!!♪♪

聖母の愛しておられます!!♪♪トマス・マリア小野田圭志主任神父様!♪
もう、書こうと思うだけで、涙が!本当に!!本当に!!素晴らしい!♪非常な御恵みの!♪秋田の聖母マリア様!!♪♪聖ヨゼフ様!!♪♪の御元への巡礼でした!♪
荘厳ミサ!!!♪♪♪真夜中までの御聖体顕示!!!♪♪♪心に、いっぱい思いが感謝が有りますが、聖なるロザリオの十字軍の!!♪♪御報告をさせて頂きます♪

*シスター                   90環
*ヨゼフとマリア               308環
*ヨゼフ・パウロ             90環
*マリア・クリスティーナ・ヨハネ     310環
*マリア・テレジア             20環
*マリア・ベルナデッタ・ヨゼフィーナ   180環
*バルナバ                   63環
*エリザベト                   60環
*幼きイエズスのテレジア        103環
*マリア・クリスティーナ            48環
*マリア                     20環
*マリア・ローザ                28環
*マリア・エリザベト・ベルナデッタ     30環
*マリア・ローザ・デオ・グラチアス     69環
*アンナ                     57環

以上で、1476環です、宜しく御願い致します♪

嬉しい嬉しい非常な御恵みの!♪巡礼の!!♪♪御計画!♪来年も!♪どうぞ宜しく 御願い致します!♪来年も全行程参加!♪の御恵み頂けます様に!♪御祈り御願い 致 します!♪
聖ヨゼフ様の帯!♪楽しみです!♪

御優しい!♪御優しい!♪天主イエズス様!!!♪♪♪
秋田の聖母マリア様!!♪♪
秋田の聖ヨゼフ様!!♪♪

とても有り難い♪クチュール管区長様♪大切な!非常な御恵みの!♪トマス・マリア小野田圭志主任神父様♪遠いポーランドから御出で下さいましたコヴァルスキ神父様を♪感謝致します!♪御護り下さいませ!!

非常な御恵みでした!♪巡礼!!♪♪を感謝致します!!

デオ・グラチアス!!

【報告】
追加です。
十アヴェ・マリア!!♪♪

2日に頂いておりましたメールに書いてありました!見落としていた事が、判明しました(*_*;

*マリア・ルチア・フィロメナ様 30環


============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


毎年恒例の聖ピオ十世会公式秋田巡礼は、今年で8回目になりました。ご参加希望の方々は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAなどを通してお申し込みください。




コメント

聖ピオ十世会日本の第8回公式秋田巡礼は55名が参加しました。天主様に感謝!

2014年05月05日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様

 聖ピオ十世会日本の第8回公式秋田巡礼は55名が参加して明日終わろうとしております。天主様に感謝!マリア様に感謝します。

 秋田巡礼にいらしてくださり私たちにお話をしてくださったジョン・ヴェナリさんに感謝します。

 今日、5月5日は夕方6時のミサから真夜中の0時まで御聖体礼拝があります。御聖体のうちにまことにましまし給う私たちの主イエズス・キリストにカトリック教会のため、日本のため、世界のために祈ります!



 愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


 次は昨年の記事です。
秋田の聖母への巡礼第三日目
アヴェ・マリア!愛する兄弟姉妹の皆様、秋田の聖母のもとに、聖ピオ十世会は第7回目の巡礼をしております。今年は司祭が3名が参加しております。たくさんのお祈りを捧げています。...


秋田巡礼、第四日目

アヴェ・マリア!愛する兄弟姉妹の皆様、今年は、49名の巡礼者の方々がこの巡礼に参加しました。貸切りバスは補助席を使っても満席で、秋田巡礼のためにトヨタのクラウンを購入した方...



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


聖ピオ十世会日本は、毎年恒例の公式秋田巡礼を5月2日から6日まで行います。特に今年の巡礼に、多くの兄弟姉妹の皆様を巡礼にご招待いたします。

今年で8回目になる巡礼ですが、ご参加希望の方々は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAなどを通してお申し込みください。
コメント

レネー神父著 『偽りの反リベラル主義者の錯覚』The pseudo-anti-liberal illusion

2014年05月03日 | カトリックとは
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

5月は聖母マリア様の月です。聖母マリア様にロザリオをたくさん唱えましょう。

さて、大変遅れてしまいましたが、1年前の2013年3月にアジア管区に所属して私たちのために日本に来てくださるレネー神父様が『偽りの反リベラル主義者の錯覚』という文章を書いてくださいました。「我こそは "反リベラルだ"」と言って聖ピオ十世会を批判するような人々が何人かいますが、そのような人たちのいい振り回すいわゆる「反リベラル」なるものが、権威を否定するが故に、実は、リベラルそのものだ、ということをわかりやすく説明してくれています。実は、私もそのような人を何名か身近で見てその現実を知り、全くレネー神父様のおっしゃるとおりだと、頷くばかりです。正しく、彼らの主張は、錯覚であり、幻想であり、現実から乖離した頭の中での話であり、イリュージョンにしか過ぎません。願わくは彼らがみずからを正し、謙遜に聖ピオ十世会にもう一度受け入れられることを請いますように! 聖母の汚れなき御心と聖ヨゼフが彼らのためにこの恩寵を勝ち得てくださいますように! 聖母の汚れなき御心よ、我らのために祈り給え!

 これはすでに長らく前から日本語に翻訳されていたのですが、愛する兄弟姉妹の皆様にお知らせするのが遅れてしまったことを深くお詫びします。またこれを日本語に訳す労を執ってくださった姉妹の一人に心から感謝します。

愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

======偽りの反リベラル主義者の錯覚======


原文はこちら或いはこちらをご覧ください。


偽りの反リベラル主義者の錯覚
The pseudo-anti-liberal illusion



 ある人々が、聖ピオ十世会の長上方に反対してほとんど強迫観念といえるほどの最悪の非難を発表し続けてしばらくたちます。彼らは、自分たちが現実との接触を失ってしまったと気がつかないまま、私が「偽りの反自由主義(反リベラル主義)」と呼ぶ間違いに陥ってしまっています。なぜなら彼らは自分たちが排斥するまさにその問題(リベラル主義)へとみずから陥ってしまっているにも関わらず、反リベラル主義者を装っているからです。それはちょうど聖パウロがこのように書いたそのままです。「他人を是非することによって、あなたは自分をさばいている。他人をさばくあなた自身が、同じことをおこなっているからである」(ローマ二章一節)


教会法的正常化──それ自体は善いことである

 リベラル主義者の概念を──天主と天主の法の権威を拒否する人々──と定義した後に、聖ピオ十世会の指導者たちがリベラル主義者だと結論づけるためには、彼ら[反リベラル主義を装う人々]は必然的に、この指導者たちは天主と天主の法を拒否したと証明する必要が出てきます。が、彼らはフェレー司教様と聖ピオ十世会の指導者たちは、天主と天主の法を拒否したと証明できなかっただけでなく、天主と天主の法に正確に従うためにこそ──ルフェーブル大司教様の模範(ルフェーブル大司教様は常に教皇聖座空位論を拒絶なさいました)にならって──この指導者たちがカトリック教会に執着していると認識できてもいません。カトリック教会は実際には今日のようなありさまですが(キリストが十字架上において外観を損なったように、悲しむべきことに近代主義とリベラル主義によって外観を損なっています)、それにも関わらず、キリストがペトロの岩の上にお建てになり、地獄の門はこれに勝たざるべしとおっしゃったカトリック教会のままなのです。聖トマス・アクィナスは、すべての法は本質的に秩序 ordo rationis であると説明しています。つまり天主の法への服従は、必然的に秩序への愛を暗示することになり、従って天主の教会の内部の秩序のうちにあるべきだという熱望を暗示するのです。教会法的正常化とは、この目的のために他なりません。ですから、この中にリベラル主義的なものはなにもありません。その反対です。


ペトロの後継者への服従ということを区別する

 では、問題はどこにあるのでしょうか? 今日、教会内で職権を持つ人々が、程度の差はさまざまであれリベラル主義に感染しているという事実が原因です。フェレー司教様も聖ピオ十世会のどんな司祭もこれを否定しません。しかし、フェレー司教様と聖ピオ十世会の忠実な司祭たちが、ルフェーブル大司教様の模範にならって、リベラル主義者としてではなく、否、リベラル主義に反対しつつ、十二使徒の後継者としてペトロの後継者に服従することとの間に区別をつけている一方で、フェレー司教様に反対する人々は、感情的になってこのような区別をつけられず、聖アウグスチノのドナトゥス派に反対した教え「善い人々は悪い行為に同意しない限り、教会内において悪い人々と交っても害を被らない」を知らずに邁進しているのです。この悪い人々という言葉は、ラテン語のmaliの翻訳です。リベラル主義者という言葉を悪い人々という言葉に置き換えてみて下さい。リベラル主義は悪ですから、聖アウグスチノの原則は間違いなくフェレー司教様の立場となり、司教様に反対する人々への反論となります。すなわち、カトリック教会において、リベラル主義者たちと交わることは、善い人々が彼らのリベラル主義に同意しない限り、害を被らないのです。

 聖アウグスチノの原則を理解するためには、カルメル神父様がたびたび喚起させていたこと「教会のかしらはキリストである」という偉大な真理を忘れてはなりません。教皇はキリストの代理者にすぎません。教会のメンバーたちとの交わりは、まず第一にキリストとの交わりであるがために、善い人々は悪に同意しない限り害を被ることはありません。そして、ある人々は、キリストが教会のかしらであることを忘れているので、教会の人間的側面だけに注意を払い、キリストの教会で万事を支配されるイエズスの聖心を忘れ、この交わりをとても恐れています。彼らの苦々しい熱心──ルフェーブル大司教様の精神とは正反対の──は、このイエズスの聖心を軽視していると告白しています。彼らのために祈りましょう。

リベラル主義の度合い

 ルフェーブル大司教様がよく指摘していたことは、リベラル主義の度合いは多岐に渡るということです。ある人々はあらゆる法と義務の原則を一つ残らず拒絶しています。このようなリベラル主義者たちには間違いなくまことの信仰がありません。
別の人々は、天主と天主の法、そしてカトリック信仰のすべての真理を認めつつも、自分の置かれた具体的な状況に天主の法と信仰とを充分に適応せずに、あるいは、近代社会において天主の法と信仰との持つ論理的結論を認める勇気を持っていません。そして、これらリベラル主義者たちの中でもリベラルの度合いもまた、多岐に渡るのです。私たちの主が使徒たちに向けた叱責「ああ、信仰薄き者よ!」(マテオ八章二十六節、十七章十六節など)がふさわしいとはいえ、これらの人々にはまだ信仰はあります。ですから、リベラル主義に染まっているすべての人々を、まるで、彼らが全て等しく、恐るべき重罪、すなわち天主との敵対に陥っているかのように、誰彼かまわず非難してはなりません。さらに、リベラル主義者のすべての行為を一つ残らず邪悪であると解釈すべきではありません。十九世紀には、教皇ピオ九世やピ枢機卿のような偉大な反リベラル主義者たちは、リベラル主義を猛然と非難しつつも、デュパンルー枢機卿やモンタランベール伯爵のようなリベラル主義者が行った善いことを賛美するのを恐れませんでした。

眼に見える教会

 その上、フェレー司教様を告発する者たちには驚くべき論理の欠如があります。引用してみましょう。「私たちは眼に見える教会に加わらなければならない、なぜなら眼に見える教会はカトリック教会であるから、と彼ら[聖ピオ十世会の指導者層のこと]は言います。しかし、英国国「教会」は依然としてイギリス中に眼に見えるものです。これはアングリカンをカトリックにするというのでしょうか?」この論拠は聖ピオ十世会の指導者たちが「眼に見えるものなのでカトリック教会です」あるいは「すべての眼に見える教会は、カトリックです」と言った場合に限り有効です。ですが聖ピオ十世会の指導者たちは明らかにそのようなことは言っていません。従ってこの見せかけの反論(「しかし、英国国「教会」は云々」)は単なる詭弁に過ぎません。

 フェレー司教様と聖ピオ十世会の指導者たちが強調して主張している真実は、カトリック教会は、昨日だけでなく今日も、眼に見えるものである、ということです。この教会は、過去にルフェーブル大司教様によって認識された、そして、今日、フェレー司教様と(私たちが一九七〇年の創立からずっと現在もその会員であり、その中において私たちの義務はその "秩序" の中にあることである)聖ピオ十世会によって承認されている、眼に見える、具体的な、ローマの、カトリック教会のことです。この中にはどのようなことであれ、リベラル主義的なものは何もありません。

 今日、フェレー司教様に反対する人々が、この眼に見える、具体的な、ローマ・カトリック教会を拒絶するなら、どれが彼らの教会なのでしょうか? それはどこにあるのでしょうか? 目に見えるものなのですか? さもなくば、権威も義務もない彼らの言う「緩やかな結束」のようなものでしょうか? このような構想にはカトリック的なものは何ひとつありません! こうれが教会についての彼らの考えであるとは思いません。

しかし、彼らの誤りは、次のことであるようです。つまり、教会の一致とは副次的であり、信仰に付け足しの飾りだと考えていることです。まるで信仰を持っているならば、教会の他の成員たちがリベラル主義者である場合、聖職者同士の交わりから免除されるのだといわんばかりです。確かに信仰は純粋なまま固守しなければなりません。なぜなら「信仰がなければ、天主によろこばれることはできない」からです(ヘブライ十d一章六節)。でも、愛徳なしの信仰は無に等しいのです(コリント前書 十三章二節)。これは、聖アウグスチノがたびたび説明したように、交わりの絆を保つために用いるように強いる愛徳であり、「完徳の絆」(コリント三章十四節)です(ディノイア大司教はこのことについて美しい文章を引用していますし、だれにでも非常に多くの類似の文章が簡単に見つかります)。ここに、現実的かつ奇妙な危険があります。それは、聖伝の信仰を守るために、彼らは「信仰のみ sola fide 」という【プロテスタント式の】考えに傾いているのではないか? ということです

 三ヶ月前、私は「いろいろな「教会」とは?」というタイトルの記事の中で、このような文章を書きました。

「(彼らの主張の記事の一つに)このような文章があります。「眼に見える(visible)教会の、この一部分だけが、聖なる、一なる、カトリック(普遍)の、使徒継承の教会です。残りは腐敗している種々のその他いろいろです。すぐに次のような疑問が湧き起こります。カトリック教会とは「眼に見える教会の中の一部分」にすぎないのか、と? そして、これはさらに次のような基本的な別の疑問へと導かれます。つまり、キリストの教会たるカトリック教会と、(それとは別の)眼に見える教会という区別をつけることは正当なことだろうか? と。それどころか、カトリック信仰により、私たちはキリストの教会たるカトリック教会と眼に見える教会との間にある同一性を告白する義務があるのではないのか? その通り! キリストの教会とはカトリック教会であり、この教会は眼に見えるものなのです!
 ルフェーブル大司教様の信仰とはこのようなものでした。


「公会議のローマ」に対する戦い

 「ルフェーブル大司教の信仰を決して理解したことがなかった」人々とは、実のところ、大司教様が信じ、大司教様が晩年を含むその全生涯をお捧げになった、この眼に見える、具体的な、ローマ・カトリック教会を拒絶している人々であると、私には思えます。

 フェレー司教様に対するもう一つの非難は「フェレー司教は自分の権威を、配下の者たちが聖ピオ十世会に入会したときに持っていた指導方向と反対のこと、すなわち、公会議のローマに対する戦いの放棄を彼らに強いている」というものです。初めからこの公会議のローマという表現を明確にしておかなければなりません。つまり、彼らがこの言い方で、公会議の精神、第二バチカン公会議の誤謬とそれらの多様な適用を指しているなら、このような非難は中傷です。すなわち、これは偽りであり、フェレー司教様の評判を深く傷つける重大な攻撃です。

 ローマとの神学的討論に対する聖ピオ十世会の会員の選択は、フェレー司教様が、公会議の新奇なことに反対するカトリック真理の擁護において一切の脆弱を望まなかったということ、そして昨年のまさに初めに、司教様はご自分の最初の原則である「信仰について一切の妥協なし!」を明確に据えていたと教えています。それに続く数ヶ月は、フェレー司教様が聖ピオ十世会を妥協させるだろうと吹聴された偽の予言にも関わらず、司教様はこの原則に忠実であったと証明するのみでした。

 反対に、もしも「公会議のローマ」ということによって、それがカトリック教会の組織であると言うよりも別の教会組織を意味するのならば、このようなことを言う人々は、教会の危機について間違った理解、ルフェーブル大司教様のものとは違う理解をしていると言わねばなりません! いいえ、フェレー司教様は「下劣な父親」ではないどころか、むしろ(一握りの反抗的な子どもたちをも持っている)「忠実な父親」です!


カトリックのローマのために

 次のことを付け加えましょう。これは基本的な論拠ですが、ルフェーブル大司教様の本質的立場とは、反対とう立場ではなく、むしろ、そのためにという立場でした。大司教様はすべての時代のカトリック信仰に完全に忠実であったために、公会議の新奇なことに反対されたのでした。このような態度はまず第一に「そのために」であり、そのつぎに「反対」なのです。このことは、大司教様の有名な宣言の中ではっきりしています。

「私たちは、心の底から全霊を上げてカトリックのローマに、すなわちカトリック信仰の保護者でありこの信仰を維持するために必要な聖伝の保護者である永遠のローマ、知恵と真理の師であるローマによりすがる。私たちは、しかしながら、第二バチカン公会議とそれに由来して公会議後の全ての改革において明らかに現れた公会議新近代主義と新プロテスタント主義の傾向を持つローマに従うのを拒否し、常に拒否した」と。

 しかし、自分たちを一九七〇年代と八〇年代のような近代主義が華々しかった状況に反抗することを第一とした人々は、もはや異なった状況、例えば、明らかな逸脱を正し、典礼と教会の生命をより聖伝に近づけるために戻そうと(不完全ですが現実的に)努力したベネディクト十六世の状況下においてどうやって対処するのかがわかりません。何故なら、彼らは、あらゆる状況下で依然として有効である、優れた肯定的な原則を持たない(あるいは忘れてしまった)ので、自分たちの身の処し方がわからないのです。


的外れな抵抗

 こういった批判の中に、もう一つあまりにも頻発している錯覚が存在します。すなわち、彼らはフェレー司教様への抵抗を、ルフェーブル大司教様の公会議の新奇なことへの抵抗になぞらえているということです。彼らが「公会議の革命と【ローマと聖ピオ十世会の】同意の革命」とが類似していると耳にしますが、この比較はむしろ彼らの立場の愚かさを示しています。それどころか、この二つの比較は、際立って全く違う対照的なものであることがわかります。三つの側面を考えることが出来ます。
第一に、ルフェーブル大司教様は公会議の新奇なことが導入されたのちに抵抗しました。つまり、公会議の後にそして新ミサが導入されたのちにエコンでの事業を開始し、アシジの集会ののちに司教聖別をなさったのです。反対に、この批判の数々がフェレー司教様を攻撃しているのは、いかなる妥協もされる前になされたことです。これらの批判は、将来の妥協が来るだろうとなされましたが、そのようなものは全く起こりませんでした
第二に、原因の規模を考えてみましょう。一方で、まず公会議、新ミサ(そして何一つ見逃されることなく起こった全ての秘跡かかわる典礼全体の改革)、そしてアシジの集会──これらは巨大なスキャンダルであり、何万という霊魂にすさまじい損害をもたらしています。それに対し、彼らは即興で答えたインタビューの中のいくつかの言い回しや、片手で数えることの出来るほんの少数の機会を大問題にして批難しています。この両者は全く正反対の態度であり、このことを理解しない彼らの盲目にただただ驚くしかありません。
第三に、ルフェーブル大司教様は、公会議と典礼改革、アシジの集会の深刻さにも関わらず、パウロ六世の退位もヨハネ・パウロ二世の退位も要求しませんでした。ですが、この批判者たちはフェレー司教様の辞職を要求しています。聖アウグスチノはこう教えています。人を殉教者とするのは苦しみや死ではなく、なによりもまず、その人の大義である、と。つまり、ルフェーブル大司教様には公会議と典礼の新奇さに抵抗する、正当かつふさわしい大義がありましたが、フェレー司教様の批判者たちには、抵抗運動に対してのいかなる釣り合いもありません。これは単なるあからさまな反逆にすぎません。


リベラルな反リベラル主義者

 冒頭で私は「彼らは自分たちが排斥するまさにその問題(リベラル主義)へとみずから陥ってしまっているにも関わらず、反リベラル主義者を装っている」と書きました。正しく、リベラル主義者たちの特徴とは、権威を拒絶すること、教義的真理の権威であれ、天主の法の権威であれ、教会位階の権威であれ、権威の拒絶にあります。「リベラル主義者は、狂信的な独立愛好者である。あらゆる分野で、狂気の沙汰に至るまで独立を促進する」と、ルッセル(Roussel)神父はこのようにリベラル主義者を定義しました。そしてこの定義を、ルフェーブル大司教様は引用しています(『彼らは主の王冠を奪った』十四ページ)。
ところで、見てください。例のご立派な "反リベラル主義者たち" が画策している「独立した細胞(基礎組織)」、すなわち、彼らの間の緩やかな結束、しかも従うべき権威のない結束を! 彼らは従順とは何かを知らないがゆえに、命令の仕方もわからないのです。そして権威とは上から来るので、また彼らは正当な長上たちからみずからを切り離したので、彼らはあらゆる権威を失ってしまったのです。
その反対に、ルフェーブル大司教様は、教会の根幹に良く根付いた生ける枝として、聖ピオ十世会を創立されました。それは、シャリエール司教の教会法的承認によって、従って、権威の正当な線にしっかりと結びつき、まことのカトリック教会のわざとして、創立したからです。これは、私たちを批判する人々の間にあるようにではありませんでした。
ルフェーブル大司教様ご自身、この権威の行使の仕方をご存知でした(たとえば他の例として、聖座空位論者たちを聖ピオ十世会から追放することによって行使しました)。ここにも、一方でルフェーブル大司教様のした正当な抵抗と、他方で、権威の拒絶により、彼らが批判したまさにその間違いへと陥った反逆者たちとの間にある正反対のものを、また見ることとができます。

「父性の模範(これは権威を含む)に頼り、権威的組織そのものによらない」などとうそぶくことには、重大な幻想があります。なぜなら、正しくその権威的組織をきっぱりと拒絶することで、彼らはリベラル主義の典型である権威なしの父性に否応なく転落することになるからです。彼らはこのように言います。「それが矛盾でなかったとするなら、権威なし構造を、しかし父性をもった構造、そう、父性のある構造を目指したい、父性は、不可欠なのだ!」と。
彼らにとって不幸なことには、これは矛盾です! 権威(authority)という言葉はまさしく生み出す者(author)という言葉に由来します。子どもたちを生み出す者ではない父親は、間違いなく父親ではないはずです! 子どもたちの上にまことの権威を持つのを拒否する父親は……リベラル主義者の父親でしょう! 権威なしのまことの父性などというものは存在しないのです。

 彼らはリベラル主義を「なんの規則もない、あるのは自己の意志だけ、という宗教」であると、実にうまく非難します。しかし、それならなぜ、彼らは司祭たちの自由な同盟、なんの規則もない、あるのは彼らのやりたい放題だけという同盟を作っているのでしょうか?

 彼らがみずからを正し、謙遜に聖ピオ十世会にもう一度受け入れられることを請うよう祈りましょう。聖ヨゼフが彼らのためにこの恩寵を勝ち得てくださいますように!

フランソワ・レネー神父



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


聖ピオ十世会日本は、毎年恒例の公式秋田巡礼を5月2日から6日まで行います。特に今年の巡礼に、多くの兄弟姉妹の皆様を巡礼にご招待いたします。

今年で8回目になる巡礼ですが、ご参加希望の方々は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAなどを通してお申し込みください。
コメント

秋田の巡礼の報告と、5/1(木)現在のロザリオの総数報告=7830環

2014年05月03日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

 私たちは秋田に巡礼に来るお恵みを頂き、50余名の方々が参加しています。今回は秋田の巡礼のためだけのためにポーランドからはるばるやって来られた方、アメリカから来られた方、シンガポール(2名)、マレーシア(2名)、オーストラリア(3名)、フィリピン(4名)、また日本の各地(岡山、赤穂、大阪、神戸、和歌山、名古屋、静岡、千葉、東京、埼玉、仙台、山形、秋田など)から参加されています。今回秋田で初めてお目に掛かる方々もおられ、また、懐かしいお顔を拝見する喜びがある方々もあり、嬉しい限りです。

 今日は、午前中は聖伝のミサに三回与り、ジョン・ヴェナリさんとクチュール神父様の講話を聞き、秋田の聖母マリア様の御像の前でロザリオを皆で2環唱えることが出来ました。天主様に感謝します!

 また岩手県の方々も私たちの巡礼に合わせてはるばる来られ、秋田の聖母マリア様のところでお目にかかれ大変うれしく思いました。


5/1(木)現在のロザリオの総数は、前回7708環+29環+93環=7830環です。

*********************************

【報告】

アヴェ・マリア!

トマス小野田神父様
ロザリオの十字軍のご報告をさせていただきます。
4月1日から4月27日22時(日本時間)まで
私と子供あわせて29環でした。

トマス小野田神父様に天主様の祝福が豊かにありますように!
第5次ロザリオの十字軍が成功しますように!

P.S. 枝の主日でいただきました棕櫚の枝を私の不注意で電車に置き忘れてしまい、見つかりません。申し訳ございません。どう償えばよろしいでしょうか。

【お返事】
仕方がありません。今度注意なさって置き忘れのないようにお願いいたします。


【報告】
第五次ロザリオ十字軍の報告 4月分

4月は、93環です。
ロザリオの祈りを、私のようなものにも与えてくださる聖母マリア様に感謝します。

【お返事】
たくさんのロザリオをありがとうございます。



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


聖ピオ十世会日本は、毎年恒例の公式秋田巡礼を5月2日から6日まで行います。特に今年の巡礼に、多くの兄弟姉妹の皆様を巡礼にご招待いたします。

今年で8回目になる巡礼ですが、ご参加希望の方々は、聖ピオ十世会日本 秋田巡礼 SSPXJAPAN PILGRIMAGE TO AKITAなどを通してお申し込みください。
コメント