Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
2019年 8月の聖伝のミサの予定
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】


8月 聖母の被昇天を祝いましょう。
意向:聖母の汚れなき御心の凱旋のため
実践すべき徳:心の柔和と謙遜
守護の聖人:聖母の汚れ無き御心

愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します

◎2019年 8月の予定
【大阪】聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂(アクセスEG新御堂4階 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 
〒532-0002 (JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分)

  8月2日(初金)教会博士証聖者司教聖アルフォンソ・デ・リグオリ(3級祝日)白
          午後5時半 ロザリオ及び告解
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月3日(初土) 聖母の土曜日(4級)白
          午前10時 ロザリオ及び告解
          午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月11日(主)聖霊降臨後第9主日(2級)緑
          午後5時半 ロザリオ及び告解
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月12日(月) 童貞聖クララ(3級祝日)白
          午前10時 ロザリオ及び告解
          午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月18日(主)聖霊降臨後第10主日(2級)緑
          午後5時半 ロザリオ及び告解
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月19日(月) 証聖者聖ヨハネ・ユード(3級祝日)白
          午前6時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

【東京】東京都文京区本駒込1-12-5 曙町児童会館(地図)「聖なる日本の殉教者巡回聖堂」

  8月4日(主)聖霊降臨後第8主日(2級)緑
          午前10時  ロザリオ及び告解
          午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

  8月5日(月)  雪の聖母の大聖堂の奉献(3級祝日)白
          午前7時 ミサ聖祭

  8月18日(主)  聖霊降臨後第10主日(2級)緑
          午前10時  ロザリオ及び告解
          午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております。

============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい

============

聖ピオ十世会総長のフェレー司教のフランシスコ教皇聖下に対する懇願書

2015年09月30日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど

 アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 聖ピオ十世会総長のフェレー司教様が、教皇フランシスコに懇願書を書きました。英語訳をご紹介いたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

 
mgr fellay supplique dici.org 2

Most Holy Father,

It is with great anxiety that we observe all around us a persistent degradation of marriage and the family, the origin and foundation of all human society. This decay is rapidly accelerating, particularly because of the legalization of the most immoral and depraved sorts of behavior. Today the law of God, even the simply natural law, is being publicly trampled underfoot; the gravest sins are multiplying in a troubling way and cry out to Heaven for vengeance.

Most Holy Father,

We cannot conceal from you the fact that the first part of the Synod dedicated to “Pastoral Challenges of the Family in the Context of Evangelization” greatly alarmed us. From ecclesiastical dignitaries we heard and read statements so contrary to the clear and constant doctrine of the Church concerning the sanctity of marriage, that our souls were deeply disturbed. These men claimed to have your support, and their claims met with no public denial. What worries us even more is that certain of your words give the impression that it might be possible for doctrine to evolve in response to new needs of the Christian people. Our disquiet comes from the fact that in his encyclical Pascendi, Saint Pius X condemned an alteration of dogma that would make it conform to so-called requirements of the present time. Both Pius X and you, Most Holy Father, received the fullness of the authority to teach, sanctify, and govern in obedience to Christ, Who is the head and pastor of the flock at all times and in all places, and whose faithful vicar the Pope must be on this earth. That which has been subject to a solemn condemnation cannot, over time, become an approved pastoral practice.

God, the author of nature, established the stable union of a man and a woman for the purpose of perpetuating the human species. Old Testament revelation teaches us, in the most obvious way, that indissoluble marriage between one man and one woman was established directly by God, and that its essential characteristics were not left by Him to the free choice of men, such that marriage remains under a very special divine protection: “Thou shalt not covet thy neighbor’s wife.” (Exodus 20:17)

The gospels teach us that Jesus Himself, by virtue of his supreme authority, definitively reestablished marriage in its original purity, which the corruption of men had altered: “What therefore God hath joined together, let no man put asunder.” (Matthew 19:6)

Throughout time it has been the glory of the Catholic Church to defend the human and divine reality of marriage against turmoil, despite entreaties, disregarding threats and temptations. Even though corrupt men abandoned her for this reason alone, the Church has always held high the standard of fidelity, purity, and fruitfulness, in short, the standard of genuine conjugal and familial love.

As the second part of this Synod dedicated to the family approaches, in conscience we feel it our duty to express to the Apostolic See the profound anxieties which seize us at the thought of “conclusions” that could be proposed on that occasion, if by some great misfortune there were to be a new attack against the sanctity of marriage and the family, a new weakening of couples and home life. We hope with all our heart that the Synod will on the contrary perform a work of genuine mercy by recalling in its entirety, for the good of souls, the Church’s salutary teaching on the subject of marriage.

We are fully aware, especially in the present context, that people entangled in abnormal marital situations must be welcomed pastorally with compassion, so as to show them the very merciful face of the God of love proclaimed by the Church.

Nevertheless, the law of God, expression of his eternal love for mankind, is in itself the supreme mercy for all periods of history, all persons, and all situations. Therefore we pray that the gospel truth concerning marriage, which the Synod ought to proclaim, may not be skirted in practice by numerous “pastoral exceptions” that would distort its true meaning, or by legislation that would almost unfailingly abolish its real import. On this point we feel obliged to say that, despite reminders concerning the indissolubility of marriage, the canonical changes required by the Moto Proprio Mitis Iudex Dominus Iesus facilitating declarations of nullity will de facto open the door to legal proceedings authorizing “Catholic divorce,” even if goes by another name. These modifications acknowledge contemporary morals without attempting to put them in accord with the divine law. Are we then not to be heart stricken by the fate of children born to these marriages annulled in haste and who cannot but be victims of the “culture of waste”.

In the sixteenth century Pope Clement VII refused to accord Henry VIII of England the divorce he was demanding. Despite much pressure and at the risk of an Anglican schism, the Pope upheld the sublime teaching of Christ and his Church concerning the indissolubility of marriage. Will his decision now be repudiated by a “canonical repentance”?

Throughout the world in recent times, many families have courageously rallied against civil laws that undermine the natural and Christian family and publicly encourage scandalous behavior contrary to the most basic morality. Can the Church abandon those who, sometimes to their own detriment, and always subject to mockery and taunts, wage this necessary but very difficult battle? Such a stance would constitute a disastrous counter-witness, and for these persons it would be a source of disgust and discouragement. Churchmen, on the contrary, by virtue of their very mission, should offer them clear support backed up by solid arguments.

Most Holy Father,

For the honor of Our Lord Jesus Christ, for the consolation of the Church and of all faithful Catholics, for the good of society and of all humanity, in this crucial hour we petition you therefore to let your voice resound throughout the world with a word of truth, clarity, and firmness, in defense of Christian and even merely human marriage, in support of its foundation, namely, the difference and complementarity of the sexes, upholding its exclusivity and indissolubility. With filial piety we beg you to let your voice be heard by all, and that it be accompanied by actions too in support of the Catholic family.

We entrust this humble petition to the patronage of Saint John the Baptist, who underwent martyrdom for having publicly defended the sanctity and exclusivity of marriage, even against a scandalous civil authority in a case of “divorced-and-remarried persons.” And we pray the Precursor give Your Holiness the courage to recall before the whole world the true doctrine concerning natural and Christian marriage.

On the Feast of the Seven Sorrows of Our Lady, September 15, 2015
+Bernard Fellay
Superior General of the Society of Saint Pius X

Supplique au Saint-Père
Supplica al Santo Padre
Inständiges Bittgesuch an den Heiligen Vater
Súplica al Santo Padre
Usilna prośba do Ojca Świętego

コメント

無原罪の聖母の騎士への手紙 第8号―アジア ファチマ100周年に向けて

2015年09月30日 | M.I.(無原罪の聖...
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 シュテーリン神父様からの「無原罪の聖母の騎士への手紙 第8号―アジア」の日本語訳をご紹介いたします。

 神父様は、「無原罪の聖母の騎士」という名前を私たちに黙想することを提案しています。「無原罪の聖母」とは何か、「騎士」とは何か、そして「無原罪の聖母の騎士」とは何か、を順を追って黙想します。

 「無原罪の聖母の騎士」は、無原罪の聖母の唯一の望みを実現させようとそのことだけを望みます。すなわち、霊魂の救いです。霊魂を天国に導くことです。救霊です。

 ファチマの聖母マリア様の言葉がこだまします。「本当に多くの霊魂が、永遠の滅びに行っています。何故なら、彼らのために祈り、犠牲を捧する人が誰もいからです!」と。

 シュテーリン神父様は、最後に、再来年の2017年“ファチマ100周年”の準備のために、聖母マリア様がなさったのと同じ準備をさせようとお考えです。そこで、天使たちの子供たちへの前触れの御出現について黙想させます。

 どうぞお読み下さい。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


無原罪の聖母の騎士への手紙 第8号―アジア


親愛なる無原罪の聖母の騎士の皆さん、

無原罪の聖母の騎士会を設立したとき、聖マキシミリアノ・コルベは、この会を他の信心会や第三会、マリア運動などと比較されたいとは思いませんでした。これらの信心会や団体は、会員に一定の祈りや信心業、具体的な使徒職を義務付けています。無原罪の聖母の騎士会の義務は、他の会より少なくもあり、多くもあります。

少ないというのは、一日に射祷を一回することと不思議のメダイを身に着けること以外に、騎士たちにはほとんど何も義務付けられていないからです。怠っても罪に定められてさえいません。

多いというのは、騎士たちは、いつでもどこでも従うべき大きな理想、新しい生活の法を与えられているからです。カトリック信者は、自分が正確に何者なのか、何者であるべきかということについて、深い理解力を受けています。つまり、個人的に祈るだけでなく、自分自身の救いのみを気にかけている個人主義者でもなく、戦闘の教会のメンバーの一人、私たちの主の弟子の一人でもあり、短い一生のうちに達成すべき非常に特別な任務を受け、イエズス・キリストの王国を拡張するために働きかつ戦う者という理解です。また、イエズス・キリストがその御母を、「キリスト教徒の軍隊の最高司令官」「黙示録の婦人」として任命なさったのであり、御母だけが龍と獣に対抗して立ち向かい、御母だけが「龍の頭を砕」き、「世のすべての異端を滅ぼす」との約束お受けになったのですから、聖母に自分を捧げ、聖母に奉仕する者となり、聖母のご意志を成就させ、聖母の子ども、奴隷、道具、兵士、使徒、軍団兵、騎士となるならば、カトリック信者だけが戦闘の教会で自分の役割と任務を果たすことができるのです。

朝目覚めるとき、皆さんは「私は何者だろうか」と自問します。その答えはこうあるべきです。「カトリック信者であり、無原罪の聖母の騎士である!」。そして、「きょうは何をすべきだろうか」と自問するとき、その答えはこうあるべきです。「私は、この一日のあらゆる小さなことに至るまで聖母の道具であり、だからきょうも、私たちの主の誉れのために、多くの霊魂の救いのために戦う。このようにして、私はわが主のこのご命令を達成しよう。『私があなたたちを愛したように、…あなたたちに模範を示したように、すべてを超えて天主を愛し、互いに愛し合え!』」。この考えが皆さんの霊魂に深くまで入れば入るほど、知性や心、意志、感情に浸透すればするほど、思考や言葉、行動に浸透すればするほど、朝から晩まで影響を与えれば与えるほど、皆さんはどんどん深く無原罪の聖母の騎士になっていくのです!

騎士になるためには、自分の人生の新たな法としてこの素晴らしい考えを受け入れようという意志を持てさえすれば(これが奉献の祈りです)十分です。(できるなら)少なくとも一日に一回はそれを思い出し、少なくとも一日に一回は聖母が霊魂を救う手助けをする聖母の道具として何かをすること、それが射祷一回だけであっても十分です。そうすると、皆さんは少なくとも一日に一回、本当に価値のある永遠のこと、天主をお喜ばせすることをしたことになるのです。少なくとも一日に一回、皆さんは自分の指を聖母に差し出したことになるのです。その小さな手ぶりは聖母に忘れられることはなく、しばしば聖母は、あわれな罪びとをその愛すべき御心に引き寄せて、罪びとに罪をやめさせ、聖性を成長させる機会をお与えになると、私たちの聖コルベは約束します。

しかしながら、無原罪の聖母がその子どもであり騎士である者に、さらにもっとお与えになるのは明らかです。事実、私は、自分の短い人生において、聖母の御手の道具としての役割についてもっともっと理解を深めています。ですから、それについて(これから)もっともっと考えるようになるでしょうし、聖母が人間をまことに幸福にし、サタンの支配から人間を解放するのをもっともっとお助けしようするでしょう。自分が無原罪の聖母の騎士であるとの思いは、何か私の活動の駆動装置、意欲の源のようであり、私の霊魂に隠された潜在能力や力強さ、才能を目覚めさせてくれ、少しずつ私の人生を変えていってくれます。そのうち、心が狭く、自己中心的で、怠慢で、退屈した、無関心なキリスト教徒は、理想に満ち、目に愛の炎を燃やした人間、霊魂の狩人となるのです。これこそがまさに、無原罪の聖母の騎士の歴史であり、その驚くべき成功の秘訣なのです。

1917年から1974年まで、この新しい命の法によって霊感を与えられた何百万もの素朴なカトリック信者が完全に別の人に変わって聖母の熱心な兵士となり、百人以上の福者や聖人、何千人もの英雄的霊魂が東ヨーロッパの無神論的共産主義国家において、天主の権利のために戦って命を捧げました。また、全世界の人々をカトリックの真理へと回心させた数えきれないほどたくさんの聖母の騎士もいました。

皆さんは、ご自分の「新しい名前」である「無原罪の聖母の騎士」という名前について黙想するだけで、この「新しい生活の法」を思い出すでしょう。その中にはすべてのものがあるのですから。

1.中心となる言葉は「無原罪の聖母(インマクラータ)」です。聖母なしではカトリック信者ではありえません。

「無原罪の聖母よ、あなたは何者でいらっしゃるのですか」。この質問を一分間黙想するならば、皆さんの地平は無限に開かれるでしょう。天主の御母、キリストの御母であるという聖母の第一にして主要な特権、それによって天主は天国から地上へこられ、それによって私たちは地上から天国へと戻ること。罪のしみもなく、いとも純粋で、聖寵充ち満てる無原罪の聖母。天主の完全な傑作であり、それに比べればすべての被造物はちりの如きもの。「ああ、無原罪の聖母、天と地の元后」。サタンの頭を踏み砕き、その御心が最後に確実で全面的に勝利する黙示録の女性。そして、「私たちを大変愛してくださる御母」。私たちの拠り所、天主へと至る私たちの道、私たちの希望、私たちの喜び! 地上で頼りになる唯一のもの。その中でイエズスの聖心が輝くマリアの汚れなき御心と、この二つの御心に天主の充満をもって浸透していく愛の炎。聖霊! 無原罪の聖母、いとも聖なる三位一体の御聖櫃、天主が私たちに与えようと望まれるまったくすべてのもの。すべては聖母を通して私たちにやって来ること。

2.第二の言葉は皆さんに関係があります、つまり「騎士」です。私は騎士である。それはどういう意味でしょうか。

まず第一に、それは軍事に関係する用語であり、戦いという現実、危険な敵という現実を示しており、地上で生きることは二つの絶対的に敵対する勢力の間の戦争であり、真理と誤謬、光と闇、愛と憎しみ、幸福と不幸、天国と地獄、まことの教会と偽りの教会、キリストとサタンの間の戦争なのだということを思い出させてくれます。

第二に、騎士とは、単なる兵士よりも更なる存在です。騎士の心は素晴らしい目標で燃え上がっています。そのために戦い、命を捨てる用意があり、戦いの良き理由について納得し、率先して戦い、休息を知りません。騎士は高貴な心、勇敢な心を持っています。騎士は素晴らしいもののために戦い、狭量ではなく、決して怠けることなく、臆病者ではありません。中世の騎士の歴史は、これの良い実例です。

第三に、誰も自分を騎士とするのではなく、長上によって、しばしば王自身によってそう叙任されます。これは大きな特権です。中世には、自分がその名に値することを多くの努力や証拠で証明しなければなりませんでした。ですから、騎士の素晴らしい徳は、勇気と感謝、王に全面的に奉仕すること、あらゆる状況下で信頼されることです。完全であること、誠実であること、度量が大きいこと、寛大であることです。

私とはなんと対照的でしょうか。私はしばしば怠惰であり、怠慢であり、無関心であり、目的も理由もなくあらゆる場所をうろつき、あらゆる種類の幻影の餌食であり、野性的な感情を持ち、宣伝と世論の餌食なのです。ちっぽけな楽しみや面白い体験を探し求めて貴重な時間を浪費し、体と霊魂を駄目にし、多くの偽りの友人たちによって心が荒廃させられるのを許しているのです。

しかし、違う見方や意欲からであっても、天主が私にそうなるよう望まれるもの、天主がマリア様を通して私にそうなるようお求めになるものがあります。それは、私が英雄的に行動するために創造されたという永遠の運命を持ち、立派で、高貴なものとなることです。

3.第三の言葉は、前の二つの言葉を合わせたものです。つまり、「無原罪の聖母の騎士」です!

私は聖母のおかげで存在します。聖母が私をお選びになったという現実の中で、聖母の騎士になることに同意するときでさえ、聖母は私の改心と聖母の呼びかけに応える心を準備してくださいました。

私は聖母のために存在します。私が戦う高貴な理由は、聖母の名誉です。聖母は私を汚れなき御手の道具として、失われた子どもたちを誤謬と罪の牢獄から救うために世に送ってくださり、その結果、聖母は彼らを悪魔の鎖と永遠の破滅から解放してくださるでしょう。私のこの短い人生において、聖母は私にほとんど限界のない任務を与えてくださいます。私の人生の残りの貴重な時間を、無限の報いを勝ち取るために、聖母を通して世を征服するために使うのか、使わないのか、すべては私にかかっているのです。(不滅の霊魂一つ一つは、物質の世界全体以上のものです。)

聖母の素晴らしい望みが私の望みになるべきです。「私に子どもたちを返してください。子どもたちを光そして恩寵に連れていかせてください。でも私には道具としてあなたが必要です。あなたは、小さな祈りを通して子どもたちのところへ行きます。あなたは犠牲を通して子どもたちの霊魂に準備させます。あなたは彼らに近づいて、私の不思議のメダイ、私の言葉、私の忠実な奉仕者たちの言葉を与えます。あなたは彼らに私の奇跡と愛を語ります。すると、私はあなたが私と彼らの間に造った、それらすべての小さな架け橋を使って、彼らを改心させ、彼らを私の子のところへ返すためにやって来るでしょう。」

無原罪の聖母の騎士会が聖伝のカトリック信者の中に再び設立されるのを、天主の御摂理がお許しになったのなら、私たちには新しい自分が与えられるか、あるいは自分を取り戻させてもらえることになるでしょう! 私たちは自分を限定し過ぎていませんか? 私たちは、自分が受けた莫大な宝に対して、もう感謝していないという危険な状態にありませんか? 若者たちは宗教を担わなくなり、この世に満ちあふれた楽しみ、映画やゲーム、面白いことにもっと興味を持っているのではありませんか? 自らを「レジスタンス」として自画自賛しつつ「信仰を保全する」という名で自らの小さな個性や新奇性を褒めたたえているだけの人々と戦うというくだらないことに全時間を費やしてしまい、私たちは霊的な力強さを失いつつあるのではありませんか? 私たちは、自分たちの霊感や見方以外に規則のない状態で、小さな心地よい生活に閉じこもるという危険にあるのではありませんか? 私たちは、自分たちの望むことを行うだけで、「何者にも依存しない」ことが多すぎたり少なすぎたりしつつあるのではありませんか? その結果は、完全に自己を喪失してしまいます。

でも、無原罪の聖母ご自身が私たちを目覚めさせるために来られます。愛する子よ、今こそ来て、私の仕事をしなさい。あなたは、私が誰だか知っており、私に祈り、信仰を保つ人々のうちの残されたごくわずかな人々に属しているのです。あなただけのところに私は訪れることができ、あらゆる時代の中で最悪のこの時代に、私が霊魂たちを救うのを助けてくれるようお願いするのです。ですから、あらゆることやあらゆる人についての不毛なコメントや判断で、あなたの時間を無駄に使わないでください。インターネットで出回っているあらゆる意見や発言を読むことで、時間を無駄に使わないでください。政治のことは政治家に任せ、バチカンとの議論は聖ピオ十世会の長上に任せてください。そしてあなたは、自分のすべき仕事をしてください、と。

自分の不滅の霊魂を救い、他の多くの人々を救うのを助けるという、自分自身を取り戻してください! あなたは私の子であり、私はあなたの母なのですから、私だけがあなたに自分自身の感覚を取り戻させることができ、あなたを守ることができます。そうすれば、あなたは自分自身を緩めることはないでしょう。ですから、私のところへおいでなさい。私にあなたをカルワリオに連れて行かせてください。あなたの冷えた心は、あなたのためにその御血を捧げた私の子へのさらに多くの愛で鼓動するようになるでしょう。おいでなさい。私は、あなたが受けた信仰の驚くべき神秘すべてについて、あなたに黙想させてあげます。おいでなさい。私はあなたを私の道具にしてあげます。そうすれば、あなたの生活はもう一度素晴らしいものになるでしょう。そして、あなたが毎日従事している本当に平凡なことが、あなたが地上でできる最上のこと、不滅の永遠の宝を獲得することの重要な手段となるでしょう。「本当に多くの霊魂が永遠の滅びに行くのです。彼らのために祈ったり、犠牲を捧げたりする人が誰もいないのですから!」

皆さんが聖母の騎士であろうとすればするほど、皆さんは霊魂に平安が、心に喜びが、精神に光が増していくのです! 皆さんは、自分が何者か、自分の目標が何であるべきかという、自分自身をいずれ見つけていることでしょう!

皆さんもお分かりでしょうが、小指を聖母に差し出せば、今度は聖母から本当に信じられないほどの多くのものを受けます。すべての信者が自分を騎士として聖母に捧げれば、聖母はそれらの信者の信仰をさらに深くしてくださり、私たちの主のあの御言葉が私たちの中で実現することになるでしょう。「必要なことは唯一つ、まず天主の国を求めよ、そうすれば、すべて他のものは与えられる。」


2015年9月11日、シンガポールにて、
カール・シュテーリン神父



ファチマ2017年へ向けて


私たち無原罪の聖母の騎士は、無原罪の聖母の騎士会設立100周年と同様に、ファチマの聖母のご出現100周年を記念する準備をしたいと望んでいます。可能な限り多くの霊魂を聖母の足元に連れて行き、聖母の汚れなき御心の凱旋のために、黙示録の女性の龍やその獣に対する勝利のために戦う小さな軍隊にしたいと思います。

無原罪の聖母の騎士として、私たちは、無原罪の聖母の騎士会の会則に従って生きなければなりません。ですから、私たちは、聖母がその道具である聖マキシミリアノ・コルベを通して私たちに行うよう命じられたことを知らなければなりません。そのため、一人一人の騎士は「無原罪の聖母、私たちの理想」という本を読み、黙想すべきです。この本は、騎士会の精神、目的、意味のすべてを説明しています。

ファチマの使徒として、私たちは、人々の救いを確実にするために彼らを私たちの主のもとに連れて行くことができるのと同様に、聖母がファチマで三人の子どもたちに与えられたご要望にお応えし、それを広めるようにしなければなりません。ですから、私たちは、その後の世界へ聖母の素晴らしいメッセージを伝えるために選ばれた三人の生涯やメッセージと同様に、ご出現の正確な歴史と聖母の言葉や行いを知らなければなりません。

まず第一に、ファチマのご出現とは何なのかを定義しなければなりません。

ファチマは、1915年に、一つの前触れで始まります(後述参照)。1916年にルチア、フランシスコ、ヤシンタは、春、夏、秋の3回、天使の出現を受けました。1917年には聖母が5月13日から10月13日まで6回、8月を除いてコバ・ダ・イリアと呼ばれる場所で彼らにご出現になりました。8月のその日には、子どもたちは牢に入れられており、ご出現の場所に行くことができなかったのです。しかし、8月19日に聖母はバリンホスと呼ばれる場所で彼らにご出現になりました。7月13日に聖母は、汚れなき御心への信心を確立するため、またロシアの奉献を求めるため、あと2回来ることを約束されました。1925年12月10日には、聖母はポンテベンドラで、1929年5月13日にはトゥイで、修道女志願者となったルチアにご出現になりました。ヤシンタとシスター・ルチアは、個人的な恩恵のため、他にもご出現を受けました。シスター・ルチアは主と聖母からいくつかの啓示を受けました(ビジョンではなく内的な声のようです)。そのとき主と聖母は、汚れなき御心への信心を実践することについての質問に答えられました。

ファチマの全メッセージを理解したいなら、天使の3回の出現と聖母ご自身の8回のご出現について詳細を知っていなければなりません。聖母のお求めに対する信頼できる答えとしてファチマの子どもたちの生涯や行動を考察するのと同様に、彼らが語った主要な言葉を集めることもまた最重要です。私たちがファチマのメッセージを生かすため、本物のファチマの使徒になるため、子どもたちは、このようにして私たちの案内役になるのです。


1915年

ファチマの歴史には、1915年に興味深い前触れがあります。ルチアの初告解の日、ルチアは教区の教会にあるロザリオの聖母の御像の前でひざまずいていました。「私の霊魂の情熱すべてをもって聖母にお願いするため、私のあわれな心が天主のことのみに向けられるためです。目を御像に向けて、この謙遜の祈りを何度も繰り返していると、聖母がほほ笑まれたように見えました。また、愛にあふれた視線と優しい動きがあり、聖母がそうなさったのだと確信しました。私の心は喜びに満ちあふれ、ほとんど一言も発することができませんでした」。初聖体のあと(ルチアは8歳でした)、家の羊の世話を引き受けました。ある日、3人の少女と一緒に、羊に草を食べさせるために塀で囲まれた牧草地に入っていきました。「お昼ごろ、昼食を食べました。そのあと、仲間と一緒にロザリオを祈ることを提案し、みんな熱心に賛成しました。私たちが祈りを始めるやいなや、目の前で、木々の上の空中に止まっている人物が見えました。雪でできた像のようで、太陽の光でほとんど透明になっていました。『あれは何?』と仲間たちは尋ね、非常に怖がっていました。『分からない』。私たちは、前にいるその像をじっと見ながら祈りを続け、祈りを終えたとき、その像は消えました」。このご出現は2回ありました。のちにルチアは説明しました。「このご出現は私に強い印象を与えましたが、どう説明していいのか分かりません。少しずつ、この印象は弱まっていき、それに続く出来事もありませんでしたから、私はそれを完全に忘れてしまっていたと思います」

これらの無言の天の介入の意味は何でしょうか?

第一の意味。天主が人間の中で偉大なことを成し遂げようとなさるなら、天主の適切でふさわしい道具となるよう、選ばれた人々に準備をさせるのがいつものことです。ルチアは小さな子どもでしたが、しっかりとした常識があり、大変素朴な霊魂でした。しかしルチアは、特別な生活を送るために選ばれたのであり、その生活を送るには英雄的な謙遜と非常に苦しむ用意のある深い愛が要求されるのです。

この特別な任務には特別な恩寵が必要です。聖母のほほ笑みはその最初の段階であり、超自然の世界との圧倒されるような接触でした。そのような「接触」は、霊魂を強く聖化するのです。天使が現れれば、この超自然の世界の素晴らしさを理解させてくれ、それが霊魂に深い「印象」を与え、大変素晴らしいため、人間の言葉では説明できないのです。

第二の意味。これらのご出現のあと、小さなルチアの最初の苦しみが家族からやって来ました。以前は、ルチアは大切な「かわいい子」でした。今は、「幻視すること」、天の秘密を聞く役目が、いかに大きな犠牲を払うことになるのかを学ばなければなりませんでした。それによって得になることはなく、また自分がたたえられたり褒められたりすることはなく、子ども時代を幸せにしてくれるすべてのものを失いました。母や姉妹たちから批判の言葉を聞いて、ルチアは書きました。「人をばかにしたこれらの言葉や動作を私は鋭く感じ取り、今に至るまで抱擁を受ける以外は何も知りませんでした」

私たちのための教訓

これらの言葉のない前触れは、重要な教訓を私たちに示しています。

第一の教訓。大きな出来事が起ころうとしているなら、天主が準備してくださいます。天主は使者や天使、聖人を送って、人々を将来下される恩寵を受け入れられるよう(私たちの心を)開いてくださいます。ルチアにとっては、それは聖なるロザリオの元后のほほ笑み(幼きイエズスの聖テレジアもまた、勝利の聖母のほほ笑みによって癒やされました)と、3回の無言の天使の出現でした。私たちにとっては、それは無原罪の聖母の騎士になるという恩寵であり、私たちに送られた使者は、まず第一に私たちを天の御母に近づけてくれた偉大なマリアの聖人たちです。聖グリニョン・ド・モンフォールは、私たちが自分を聖化するためにどれほどマリア様を必要としているのかを理解させてくれますし、聖マキシミリアノは私たちを聖母の旗の下に連れて行ってくれます。その結果、私たちは天主のご意志を成就させ、王たるキリストの呼びかけにお応えすることができるのです。私たちはまた、大天使聖ミカエルや守護の天使にもっと近づくべきです。彼らは同じような方法で、無言であっても私たちに深い天の「印象」を与えてくれます。

第二の教訓。

天国、天使や聖人たち、天主ご自身は私たちの経験を無限に超えていますから、天主ご自身がこの無限の光に対して私たちに準備をさせなければなりません。多くのプロテスタントに加えて、こんにちの近代主義やカリスマ主義の運動もまた、天主を無限の御稜威として正しく理解することを台無しにするという悲しい貢献をしています。遠く離れたところで出現した天使の前でも、すでに子どもたちが震えているのなら、ほとんど無限の数の天使の創造主である天主ご自身の前では、いったいどうなるでしょうか?

私たちは、イエズスとほとんど仲間のように話すことや、聖母にすてきな美しい母として近づくことに慣れています。私たちは、お二人が私たちよりほんの少しだけ優れたお方でしかないかのように、お二人に不平を言います。

聖ヨハネが天使の前でその威光のために膝をかがめたのなら、聖人たちの出現が人々を地に伏せさせ、目をまともに見る勇気もなかったのなら、この深い敬意を表した振る舞いは私たちのそれといかに違っていることでしょうか。

ですから私たちは、超自然の現実の前で適切に振る舞うようもう一度学ばなければなりません。

第三の教訓。

私たちが天主に近づけば近づくほど、私たちはもっとたくさん苦しまなければなりません。ファチマの子どもたちは、聖母から計り知れない幸せと喜びを受けるでしょう。しかし、彼らは「それに対する支払い」をしなければなりません。私たち「ファチマの使徒」も同じです。私たちが天主に奉仕しようと望めば望むほど、俗人たちは私たちをさらに拒絶するでしょう。一般的に言って、苦しみは私たちが近づいていった人々からやって来ます。聖母に奉仕したいのなら、皆さんのいわゆる友人たちは離れていくでしょう。誤解や屈辱、嘲り、軽蔑に苦しむでしょう。しかしきっと、他の友人たちを得るでしょうし、世が知ることのない慰めを受けるでしょう。


親愛なる無原罪の聖母の騎士、ファチマの使徒の皆さん、私たちは2015年に生きています。

これらの出来事のちょうど100年後、天は2017年の来るべき大きな出来事の準備をしようと望んでおられるのは確実です。これらの教訓を学び、それを私たちの生活に生かすならば、私たちはどれほど良い聖母の汚れなき御手の道具になることでしょうか!
(了)


聖伝のM.I.(Militia Immaculatae 無原罪の聖母の騎士会)についてのまとめ
コメント

聖ピオ十世会 シノドゥスのための特別の祈りの呼びかけ 9月26日から10月5日まで

2015年09月28日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 聖ピオ十世会アジア管区のシュテーリン神父様は、聖ピオ十世会フランス管区の祈りへの呼びかけをアジア管区にも広げることをお望みです。
アジア管区では、今日9月26日から10月5日までの一週間を特別の祈りの期間とします。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


聖ピオ十世会フランス管区長の声明


数日後に家族に関するシノドゥスが始まります。最初の総会で取られた方針や、参加者の発言の数々、この第2総会のための準備文書を見ると、私たちは教会にとっての大きな危険を恐れます。第二バチカン公会議とそれに続いた改革後の信仰の崩壊の次に、今度は教会が常に教えてきた道徳の法に対する挑戦がなされています。ここ数ヶ月の間、警告の声を上げてきた司教らや枢機卿たちもいます。

 このような霊魂と社会との危険に直面しながら、私たちは受け身でいることが出来ません。私たちは天主に、聖なる教会を憐れんで下さるようにこいねがわねばなりません。これが理由により、私は聖ピオ十世会の信徒の方々と会員たちに、9月26日から10月3日の1週間、

-家族で、あるいは、私たちの教会・小聖堂で、教会が悲惨な状況に陥ることから守って下さるように、聖母にロザリオを祈ること。

-更に、出来るところでは、この一週間の一日、祭壇の上に御聖体を顕示して聖週間、あるいは徹夜の祈りをすること。

-この一週間の間、全ての困難に対するため“pro quacumque tribulatione”の集祷文を、その日のミサの集祷文に付け加えること。

-私たちの主がご自分の代理者である教皇を見守り、教皇が教会の敵の勢力のもとに陥らないように、上記の祈りに償いを加えること。


教会のよき子供として、この呼びかけに寛大に答えましょう。聖霊が、シノドゥスの参加者たちを照らし、信仰において教皇を強めて下さいますように。

“Ut Domnun Apostolicum et omnes ecclesiasticos ordines in sancta religione conservare digneris, te rogamus, audi nos..”
願わくは、教皇と教会聖職位階の全てを、私たちの聖なる宗教において維持し給わんことを。我らは御身に懇願し奉る、我らの祈りを聞き給え。-- 諸聖人の連祷より

クリスチャン・ブシャクール神父 
聖ピオ十世会フランス管区長

2015年9月27日

コメント

2015年の残りの聖伝のミサの予定 SSPX Japan Traditional Latin Mass

2015年09月22日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 2015年の残りの聖伝のミサの予定は次の通りです。

 10月の予定は、次の通りです。
 大阪の初土曜日のミサは10月以降、次のように時間が変更になりました:午前11時 => 10時半開始
 大阪の月曜日のミサも、レネー神父様の飛行機の都合で、10月以降午前6時半となりました。
 よろしくお願いいたします。

10月02日(金)大阪 午後05時30分 初金のミサ
10月03日(土)大阪 午前10時30分 初土のミサ
10月04日(主)東京 午前10時30分 聖霊降臨後第19主日
10月05日(月)東京 午前06時15分【!】司祭黙想会に参加するために早朝のミサとなります。ご了承お願いします。

10月25日(主)大阪 午後06時30分 王たるキリストの祝日【!】司祭黙想会のために予定が、最終主日に変更になりました。ご了承お願いします。
10月26日(月)大阪 午前06時30分 



 11月の予定は、次の通りです。(11月については変更がない予定です。)

11月06日(金)大阪 午後05時30分 初金のミサ
11月07日(土)大阪 午前10時30分 初土のミサ
11月08日(主)東京 午前10時30分 聖霊降臨後第24主日
11月09日(月)東京 午前07時00分 

11月15日(主)大阪 午後06時30分 聖霊降臨後第25主日
11月16日(月)大阪 午前06時30分 


 12月の予定は、次の通りです。

12月04日(金)大阪 午後05時30分 初金のミサ
12月05日(土)大阪 午前10時30分 初土のミサ
12月06日(主)東京 午前10時30分 待降節第2主日のミサ
12月07日(月)東京 午前07時00分 

12月13日(主)大阪 午後06時30分 待降節第3主日のミサ
12月14日(月)大阪 午前06時30分 

12月24日(木)大阪 午後06時30分 ミサ聖祭 御降誕祭の前日
12月25日(金)大阪 午前00時   クリスマスの真夜中のミサ、
          午前09時   クリスマスの暁のミサ
          午前10時30分 クリスマスの日中のミサ
12月26日(土)大阪 午前10時30分 最初の殉教者聖ステファノのミサ
12月27日(主)東京 午前10時30分 クリスマスの八日間内の主日のミサ

 来年1月の予定は、次の通りです。

12月31日( 木 )大阪 午後06時30分 聖シルベステルのミサ
01月01日(初金)大阪 午前10時30分 新年の初金のミサ
01月02日(初土)大阪 午前10時30分 新年の初土のミサ
01月03日(主日)東京 午前10時30分 イエズスの聖名の祝日
01月04日( 月 )東京 午前07時00分 

 来年の聖週間は、出来れば、聖ピオ十世会日本での聖週間を期待していたのですが、来年も今年と同じとなる予定です。日本でますます多くの聖伝のミサを捧げることが出来るように、聖母の汚れなき御心にお祈りをお願いいたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


コメント (1)

「主に新しい歌を歌え!」 聖ピオ十世会 聖伝のミサ レネー神父説教 2015年9月13日 SSPX Japan

2015年09月16日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

 愛する兄弟姉妹の皆様、

  レネー神父様が2015年9月13日の主日の聖伝のミサのお説教をご紹介いたします。
天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

「Cantate Domino canticum novum, quia mirabilia fecit Dominus ! 
主に新しい歌を歌え、主は不思議を行い給うた!」




親愛なる兄弟の皆さん、

このきょうのアレルヤ誦の歌詞の中で、私たちは、新しい歌で天主への賛美を歌うよう強く勧められています。このことは、古い歌がすでにあったものの、今は新しくてもっと良い歌うべき歌があるということを暗示しています。最初の歌は創造の歌であって、創造において天主がなされた驚くべきことについて天主を賛美します。新しい歌は贖いの歌であって、贖いにおいて天主がなされたさらに驚くべきことについて天主をより一層賛美します。

実際、天主は人間を創造され、人間を「創造の司祭」として、すべての物質的被造物の頂点に置かれました。天主から来るものは天主に帰るべきです。しかし、天主には私たちが必要ではありませんし、創造の必要もありません。天主は絶対的に完全ですから、天主がまだお持ちでない何かを私たちが捧げることができるでしょうか? 被造物が天主に捧げるものは「賛美」です。たとえば、天主が完全であることを認めること、天主を全善の至高なる源として認めること、天主の知恵や力、善、この最も偉大なる芸術家について証言することです。このように、天主が創造において置かれた美を黙想すれば、すなわち、夕日や虹の素晴らしさから花の繊細さまで、銀河の力強さから小さなコアラの優しさまで、雷の力から鳥の甘い鳴き声まで黙想すれば、人は大声で叫ぶのです。「われらの主よ、天主よ、地に満ち満ちるみ名のその偉大さ。天上にあるその威光」(詩篇8章2節)。「主のすべての御業よ、主を祝せよ、主をほめ、代々にたたえよ」(ダニエル3章57節)。「日と月よ、主をほめよ、輝く星はみな主をほめよ」(詩篇148章3節)。これが「創造の歌」です。

地上での人間のすべての活動は、天主への賛美に向かうべきであり、私たちが天主からお受けした恩恵をすべて、このようにして天主に帰すのです。ですから、修道院で多くの霊魂が天主への賛美のためにその全生涯を奉献するのは良いことです。この奉献生活において、詩篇を歌いながら、まことに天主のために生きるのです。司祭もまた、「聖務日課」によって天主に賛美を捧げます。これが、エデンの園におけるアダムとエバの主な活動でした。そうすることで、人間は天主への感謝という使命を果たし負債を返し、また、永遠の生命に入る準備をします。つまり顔と顔を合わせて天主を黙想できるようにし、人間の言葉で表せない無限にすぐれた方法で天主の素晴らしさを歌うことができるようにするのです。そして、それが永遠の喜び、永遠の至福となるのです。

しかし、この「創造の歌」を忠実に歌うことによって天主に帰る代わりに、人間は罪に落ち、被造物を創造主に帰るために使わずに、被造物に究極の目的を置いたのです。天主を忘れ、究極の目的として地上のものに愛着したため、人間は自分のための富や楽しみ、権力を蓄積することを追い求め、もはや天主に仕えることをしませんでした。罪は地上の生き物に、特に人間に、無秩序、悪を招き入れました。天主は、悪が広がるのに任せたり、悪に最終決定権を持たせたりするつもりはありませんでした。ですから、天主は償いを要求することによって正義の秩序を回復させました。しかし、建て直すよりも破壊することの方が簡単です。堕落することはできた人間ですが、自分で立ち上がることはできませんでした。人間は、天主がお与えくださった霊的な命を殺すことはできましたが、自分で命に帰ることはできませんでした。そのため、天主はその無限の御あわれみによって、すべての創造を合わせたもの以上の美しい御業を考案されました。贖いの御業です。

天主の栄光を回復させるため、堕落した人間、罪深い人間を癒やすため、人間を命に戻すため、天主は世の救い主として御独り子を送り、私たちの罪と全世界の罪の償いを御子に支払わせ、恩寵によってこれらの霊魂を癒やし、私たちを天主の子として養子にしようと決心されました。御托身と贖いほど、素晴らしい天主の愛を証明するものはありうるはずがないのです。「天主は御独り子を与え給うたほどこの世を愛された。それは、彼を信じる人々がみな滅びることなく永遠の命を受けるためである」(ヨハネ3章16節)。「私たちに対する天主の愛はここに現れた。すなわち、天主のその御独り子を世に遣わされた。それは私たちをみ子によって生かすためである」(一ヨハネ4章9節)。「主が私たちのために命を捧げられたことによって、私たちは愛を知った」(一ヨハネ3章16節)。

この驚くべき天主の愛は、罪びとをさげすむことなく、身をかがめて罪びとを罪のみじめさから引き上げて癒やし、天主の子という驚くべき状態に高めてくれます。この愛は「天主の御あわれみ」です。天主は無限にあわれみ深く、私たちを救うために御独り子を送られることによって、その御あわれみを人間に向けることを明らかにされました。私たちが天主の御あわれみを黙想すればするほど、私たちは大声でこう叫ぶはずです。「主の御あわれみを永遠に歌おう」(詩篇88章2節)。これが「贖いの歌」です。これは幼きイエズスの聖テレジアの自伝にある最初の言葉です。聖テレジアは天主の御あわれみを理解していました。「私は自分の命にかけて言う―主のお告げ―。私は、悪人の死ではなく、むしろ、悪人がその道を改めて生きるようにと望む悪人たちよ、生き方を変えよ。なぜ、死を望むのか、イスラエルの家よ」(エゼキエル33章11節)。罪がいかに大きくあろうとも、天主の御あわれみはさらに大きいのです。天主は、罪びとを改心させ、彼を命へと戻すことがおできになるし、そう望まれます。

天主は、この私たちの改心を望まれるだけでなく、罪びとが罪から立ち帰るよう助けてくださいます。どのようにしてでしょうか? まず第一に、天主は罪びとの罪の負債、償いを支払ってくださいました。そうすれば、罪びとの心はそういう恩人に引きつけられます。犯罪者が隣人の家に火をつけたとしましょう。もちろん、彼に家を建て直す資金はありません。彼は投獄されます。さて、誰かがやって来て、家を建て直す代価を支払い、そうすることでこの囚人に自由を得させるとしましょう。この犯罪者はこの恩人に感謝するのではありませんか。私たちは、自分の罪によってこの犯罪者であったのです。天主を賛美しないことによって、被造物を乱用することによって、私たちは支払うことが不可能な負債をこうむっていたのです。キリストが私たちの負債を支払ってくださいました。私たちは永遠にキリストに感謝しなければなりません。天主がこのことを私たちに理解させてくださるとき、天主は私たちの心を引きつけて天主に帰らせてくださるのです。

私たちが攻撃していた天主、その天主の善を、私たちが一旦理解したならば、私たちはマリア・マグダレナのように行動しなければなりません。罪を嘆き、罪の悔い改め、罪を忌み嫌い、「痛悔」によって私たちの罪深い心を砕かなければなりません。罪を忌み嫌わなければ、天主へのまことの愛はありません。罪を忌み嫌わない人は、まことに天主を愛するとどのようにして宣言できるのでしょうか。罪を忌み嫌えば必ず、生活を本当に改めます。つまり過去の罪の悔い改めをし、将来の罪の機会を避け、それを避ける手段を取るのです。祈りや黙想、公教要理の勉強、そして善業を、まことに日常的に行うのです。また、私たちの主イエズス・キリストがあらゆる方法で私たちを助けてくださいます。あらゆる徳の究極の模範として、最初に私たちのために十字架を担われたことから、この悔い改めの道で私たちを励ましてくださるだけでなく、この悔い改めの道で私たちを内的に強めてくださいます。これは「清めの生活」であり、霊的生活の第一段階です。ここで中心となるのは罪を避け、過去の罪を償うことです。そのとき、主を畏れることは、主をお喜ばせしないあらゆることを避けるのに大きな助けとなります。まさに知恵の始めです。このように、マリア・マグダレナのように、天主の愛を理解し、天主へ立ち帰ることを望む罪びとは、罪を嘆きながら強い痛悔の心をもって、また罪とその機会を絶対に避け、それらを避ける手段を取るという固い意志と決意をもって、私たちの主イエズス・キリストのところに行かなければなりません。例えば、テレビが罪の機会であるならば、それを取り除いてください。ためらってはいけません。「またもしその目があなたに罪を犯させるならそれを抜き取れ、片目で天主の国に入るのは、両眼があってゲヘナに投げ込まれるよりもよい。そこではうじは失せず、その火は消えぬ」(マルコ9章46-47節)。

良い告白とまことの悔い改めによって一旦罪から解放されたなら、その霊魂は今や自由に「贖いの歌」を歌います。すなわち、私たちの主イエズス・キリストへの愛から来る徳を実践しようと努め、主をまねて、いつも主のことをもっと知ろうとします。これは「照らしの生活」です。ここでの霊的生活の中心となるのは、黙想することとあらゆる善業を実践することを通して、私たちの主イエズス・キリストをより一層知り、愛することです。これは、もう悔い改めをしないということではありません。それどころか、私たちの主イエズス・キリストを知れば知るほど、愛すれば愛するほど、過去の罪を忌み嫌い、その償いを行い続けるのです。しかし、これらはもっと易しくになります。それはこの霊的生活の第二段階には愛がさらに多くあるからです。ですから、天主の愛はあらゆる徳を行うのを易しくするのです。

この徳と善業の生活において忍耐によって、「一致の生活」へ到達します。霊的生活のこの第三にして最高の段階は以下の通りです。中心となるのは、生活のあらゆる面を愛が統治することによって、私たちの主イエズス・キリストにおいて、いつももっともっと深く天主と一致することです。祈りはさらに単純で深くなり、徳はさらに強く完全になり、正しいことをするよう注意を払うだけでなく、天主の純粋な愛に到達しようとして、動機を純粋にするよう注意を払います。いつものことながら、そのような深い霊的生活はまた、より大きな十字架を担います。そこにおいては、他の多くの人々の改心を得るために、キリストと共に贖いの神秘に入るのです。これが地上における聖人の生活であり、差し迫った天国への準備なのです。

第一のアダムは「創造の歌」を上手に歌い始めましたが、その後、みじめにも堕落し、そのすべての子孫を自分の堕落へと引き込みました。教会の教えによると、第一のアダムは悔い改めて「贖いの歌」を痛切に歌い、新しいアダムが彼、第一のアダムが引き起こしたダメージを癒やし、修復させるのを待ちました。新しいアダムがやって来て、「創造の歌」と「贖いの歌」を最も完全に歌いました。しかし、さらに高貴であることには、彼は永遠のみ言葉として、御父を永遠に賛美する完全な歌なのです。私たちの地上におけるあらゆる歌は、かすかなこだまに過ぎないのです。天の聖人たちになれば、この永遠の歌を聞くことでしょう。これは、聖人たちの永遠の至福となるでしょう。聖人たちはこの永遠のみ言葉、私たちの主イエズス・キリストと一致し、キリストにおいて、キリストと共に、キリストによって御父への賛美を聖霊の燃える火の中で歌うのです。私たちが、この天の聖歌隊、天のオーケストラに入ることが認められますように。そこでは、聖パウロの次の言葉が完全に成就するのです。「キリストのみ言葉をあなたたちの中に豊かに住まわせ、すべての知恵によって教え合い、戒め合い、心の底から、恩寵によって詩の歌と賛美の歌と霊の歌をもって天主をことほげ」(コロサイ3章16節)。

地上において最も喜びに満ちた声でこれらの歌を歌われた童貞聖マリアが、天国で聖母と共にその歌を歌うことのできる恩寵を私たちのために取り成してくださいますように。アーメン。
コメント (4)

聖ピオ十世会 9月13日主日の大阪での聖伝のミサ報告と ロバート・モーリノ司教様の謝罪

2015年09月16日 | トマス小野田神父(SSPX)のひとり言
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 2015年9月13日の大阪における聖伝のミサの報告をご紹介します。

 ところで、つい最近、アメリカ、ウィスコンシン州マディソンのロバート・モーリノ司教様(His Excellency Bishop Robert C. Morlino)が、聖ピオ十世会に反対する発言をしたことに対してお詫びをしました。司教様は、インタビューに答えて、聖ピオ十世会は「善意の内に行動しようとしている極めて良い人々」からなる「一つの別の司祭会」(“another priestly society” made up of “very fine people trying to act in good faith”)であると描写し、聖ピオ十世会は、カトリック教会の一部であると誠実に認めています。





 ロバート・モーリノ司教様が聖伝を守る司教だというわけではありません。時々、聖伝のミサを捧げておられるそうですが。少なくとも誠実な司教様です。この、聖ピオ十世会がカトリックであること、カトリック教会の一部であること、をはっきり認めたその事実に、感謝します。何故なら、事実であり、真理を認めることは善だからです。

 ベネディクト十六世教皇様は、かつてこう書きました
「時として、私たちの生きている社会は、少なくとも一つのグループを必要としているように思えますそれにはいかなる寛容も与えられないグループ、これに反対しては平然と憎しみ投げつけることが出来るグループを。そして、誰であれこのグループに敢えて接近するなら、---- 今回は、それは教皇でした ---- その近づいた人も寛容の権利を失い、彼もまた憎しみとともに、畏れも遠慮もなく取り扱われうるのです。」

 ベネディクト十六世隠退教皇様、私にも次のように言うことを許して下さい。

 隠退教皇聖下、私も、聖ピオ十世会の一員として、その憎しみと不寛容をひしひしと体験してきました。とりわけ一部のカトリックの人々から。この身で体験しました。

 隠退教皇聖下、現代、私たちの生きているこの社会が、いかなる寛容も与えられてはならないものは、カトリックの聖伝です。誰であれ彼らに敢えて近づこうとするものがいるとするなら、どんな人でさえも寛容を受ける権利をまったく失ってしまうようなこと、それは、カトリック教会の昔のままの信仰です。カトリック教会の聖伝の信仰です。

 愛する兄弟姉妹の皆様、ではご報告を紹介いたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


【報告】
アヴェ・マリア・インマクラータ!

9月の主日の御ミサの報告をお送りいたします。

9月13日(日)聖霊降臨後第16主日の歌ミサには17人が、
9月14日(月)聖十字架の称賛の歌ミサには12人が御ミサに与る御恵みを頂きました。デオグラチアス!

13日の主日には御ミサの前に「マリア様の御名」について霊的講話がありました。
講話では、「乙女の名前はマリアであった」という福音書の一節を説明したクレルヴォ―の聖ベルナルドの美しいお説教や、どうしてマリア様は私達を助けて下さるのか?どうして私達はマリア様に依り頼む必要があるのか?また、聖ヨゼフ様のマリア様の御名に対する大きな愛をお話頂きました。
イエズス様が「こどもの様にならなければ天の国には入れぬ」とおっしゃった時の、「こども」とはどんな事なのか、この講話を聞いてよくわかりました。

御ミサでのお説教では詩篇に出てくる「新しい歌」の意味を黙想いたしました。
レネー神父様が仰るように、「私達もキリストにおいて、キリストと共に、キリストによって、御父への賛美を聖霊の燃える火の中で歌い」、「この天の聖歌隊に入ることが認められ」「天国で聖母と共にその歌を歌う事のできる恩寵を」マリア様がとりなしてくださるよう願いたいと思います。

14日は、早朝6時半からの御ミサであったにも関わらず、レネー神父様の御意向で、信徒もそう願っていましたが、「聖十字架の称賛」の歌ミサを捧げることが出来ました。
奉献時には聖歌隊の方々が「Stabat Mater」を、ご聖体拝領時には聖木曜日の聖務日課の一節「O Crux Ave」(Plestrina)をポリフォニーで歌ってくださいました。
東京から来られた方もいらっしゃいましたし、車で朝4時に出発して早朝6時半の御ミサに与られた方もいらっしゃいました。
主日のミサのなのに与られた方が少なかったので残念でした。体調がよくなかったり、御病気で御ミサに与ることができない兄弟姉妹の方々が多くいらっしゃったので残念でしたが、コルベ神父様がニエポカラヌフの病気の修道士の方々の事を「宝」と呼ばれたように、私達も病気や高齢を祈りと共に捧げてくださる兄弟姉妹を「私達の宝」としてこれらの方々の為にも御ミサに与りました。

レネー神父様の素晴らしいお説教を翻訳してくださる方々に感謝しつつお説教のアップをお待ちしています。ひとりでも多くの方々がこのお説教を読んで(聞いて)くださり、多くの御恵みを分かち合ってくださることを願います。

【お便り】
+ Ave Maria Immaculata!

トマス小野田圭志神父様
 童貞聖マリアの聖なる御名の祝日おめでとうございます!
 私のためにお祈りをありがとうございます。
 今月はマリア様のすべての祝日(8日聖母のご誕生、12日マリア様の聖名、15日聖母の7つの御苦しみ、24日贖虜の聖母)と29日大天使聖ミカエルの祝日が偶然にも休みに当たりました。休みには平日よりさらにロザリオの祈りと主のご受難の黙想をしています。
 祝日に仕事が休みになったのは、時が近いのでよく準備をするようにとマリア様が特に祈りに招いてくださっているのだと思います。

 私が与ることのできなかった8月15日や16日のごミサの様子や、シュテーリン神父様の講話をCredidimus Caritatiで視聴できますのでとても嬉しく思います。
 また年間を通して東京や大阪でのごミサやお説教の様子をお知らせくださることを感謝いたします。
 初土曜日の信心について、シュテーリン神父様のお話しに勇気づけられました。私は毎回ごミサに与ることができませんので、告解もご聖体拝領もできず、初土曜日の信心を、本当の意味で行うことができないと思っていました。しかし、毎日罪を痛悔し霊的聖体拝領をします。それによってマリア様への信心を果たすことができるとお聞きして、とても喜んでいます。
 もはや自分が生きるのではなく、マリア様ご自身に生きていただき、一瞬一瞬十字架のイエズス様と一致して生きたいと希望しています。主と聖母のご光栄と自他の救霊のために。

 私は8月15日聖母被昇天の大祝日に無原罪聖母の騎士とならせていただいて以来、毎日幾度となく奉献文を唱えています。残された生涯をマリア様の勝利のために使い尽くしたいです。私のためにお祈りください。


コメント

聖ピオ十世会 レネー神父様による霊的講話 2015年9月13日 「マリアの聖なる御名」について

2015年09月15日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

 愛する兄弟姉妹の皆様、

  レネー神父様が2015年9月13日の主日の聖伝のミサの前に霊的講話をして下さいました「マリアの聖なる御名」についてです。元来は、2015年9月12日の聖母マリアの聖名の祝日になされたお説教でしたが、霊的講話として、大阪でお話し下さいました。

  聖母マリア様の7つの悲しみの主日を記念して愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介します。

 天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

レネー神父様による霊的講話
2015年9月13日の主日 ミサの前
「マリアの聖なる御名」について




 親愛なる兄弟の皆さん、

 「乙女の名はマリアであった」(ルカ1章27節)。福音書のこの簡単な言葉は、美と恩寵に満ちていて私たちに有益です。私はまず、教会博士であるクレルヴォーの修道院長、聖ベルナルドによる福音書のこの言葉についての美しい説教を皆さんにご紹介します。

 「乙女の名はマリアであった、と言われている。この名について少し言わせてほしい。訳せば、この名は海の星を意味しているが、乙女にして母なる御方に大変適しており、星になぞらえられるのは大変ふさわしいことである。星は光を放っても、自身が朽ちることはないが、それと同じように、この乙女は自身の童貞性を害することなく御子を生んだからである。星が放つ光が星の明るさを減じることはないが、それと同じように、御子を生んだことが乙女の童貞性を減じることはないのである。マリアは、ヤコブから出ることになっていた高貴な星(荒野の書[民数記]24章17節)であり、その輝きは今でも全世界を照らし、その光は天においてきらめくだけでなく地獄にまで達し、地の中まで照らす。さらに体よりも精神を一層照らして熱し、善を保護し、悪を恐れさせる。私は言うが、この御方は明るく光り輝く星であり、数々の功徳に輝き、模範によってまばゆく光り、必然的に、この大いなる広い海の上を見下ろしているのである」

 「堅固な地を歩んでいるのではなく、この世の大海の強風と嵐のために行ったり来たりと揺り動かされていることを知っている汝らなら誰であれ、嵐に押しつぶされたくなければ、この星の明るい輝きをしっかり見ておかねばならない。誘惑の暴風が迫っても、艱難の岩にぶつかるときも、その星を見てマリアを呼ぶのだ。高慢、野心、誹謗、嫉妬の波にさらわれそうになれば、その星を見てマリアを呼ぶのだ。怒り、貪欲、肉の誘惑が汝の霊魂という小舟を打つとき、マリアを見よ。罪の大きさが汝を不安にし、良心の醜さが汝を狼狽させ、裁きの恐怖が汝を愕然とさせ、落胆の深み、絶望の淵に引き込まれそうになるならば、マリアを思え」

 「危険なとき、困難に直面したとき、どうしてよいか分からないとき、マリアを思い、マリアを呼ぶのだ。汝の口から、汝の心からマリアが消えぬようにせよ。マリアの祈りによる助けが欠けることのないように、マリアの会話の模範から離れないように(ふさわしい会話を)せよ。マリアに従うならば、道を誤ることはない。マリアに祈るならば、決して絶望することはない。マリアを思うならば、道に迷うことはない。マリアが支え給うならば、汝が滅びることはない。マリアが導き給うならば、汝は疲れることがない。マリアが助け給うならば、汝は最後に安全にふるさと(天国)へ至る。こうして汝は、『乙女の名はマリアであった』と言われているのを、自ら証しするのである」

 なぜマリア様のこの力が私たちを助けてくれるのでしょうか、なぜ私たちはマリア様に依り頼むべきなのでしょうか? それは、私たちの主イエズス・キリストが私たちを罪から救うために来られ、さらに「高慢はあらゆる罪の始め」(集会書10章15節)であるからです。ですから、天主に帰る道はどうしても、謙遜の道になるのです。このため、私たちの主イエズス・キリストは「死ぬまで、十字架上に死ぬまで、自分を卑しくして従われた」(フィリッピ2章8節)のです。しかし、高慢な人々の中には、「私には聖人の助けは必要ない。直接キリストのところへ行くことができる。キリストはまことの天主であるのだから、救うのに十分な力を持っておられる。さらにキリストは私たちの面倒を見てくださる良き羊飼いなのだから、私には誰の助けも必要ない」と言う人々がいます。さて、そのような態度は私たちの主イエズス・キリストを喜ばせはしません。なぜなら、そこには大きな高慢があるからです。祝された私たちの主は言われました。「まことに私は言う。あなたたちが悔い改めて子どものようにならないなら、天の国には入れぬ」(マテオ18章3節)。幼子になるためには、私たちには母が必要です。ですから、主はすべての母の中で最高の方である御母をお与えになりました。「主は[主が愛された]弟子に『これがあなたの母だ』と言われた」(ヨハネ19章27節)。この福音記者は、「主はヨハネに言われた」とは言わず、「主は[主が愛された]弟子に言われた」と言います。なぜなら、イエズスが言われたことは、ただ聖ヨハネにだけでなく、すべての愛された弟子たちに向けられたものだったからです。ですから、「愛された弟子」になりたいのなら、その人は「聖母を自分のもとに引き取」らなければなりませんし、聖母を自分の母としなければなりません。そうすれば、聖母は私たちを「幼子」とされ、それがなければ救われない謙遜を教えてくださるでしょう。なぜなら、「天主はおごる者に逆らい、へりくだる者を恵まれる」(ヤコボ4章6節)からです。

 聖母は他の者よりも高く上げられました。なぜなら、(イエズスの次に)他の誰よりも謙遜だったからです。私たちの主イエズス・キリストが福音書でたたえられたときにはいつでも、聖母は隠れておられました。主が拒絶され、十字架につけられたとき、聖母が来られ、最初に十字架の下におられます。それによって、聖母は私たちの主イエズス・キリストの罪と死に対する勝利に結びつけられ、特に死に対する勝利には被昇天によって結びつけられたのです。聖母には大きな力、霊魂をイエズスのもとに導いて、それにより救いにまで導く力が与えられていました。聖母は、霊魂たちに(天主の)すべてのあわれみの恩寵を分配する「あわれみの御母」なのです。

 傷ついた子どもたちが癒やしと保護を求めて母親のもとに駆け寄るように、罪びとである私たちは皆、聖母のもとに駆け寄りましょう。そうすれば聖母は、私たちの霊魂を清め、どのように祈るのか、どのように罪を嘆くのか、どのように私たちの主イエズス・キリストを信頼するのか、どのようにしてまことに主に忠実になれるのかを、その模範をもって教えてくださいます。マリア・マグダレナはそれ以上で、聖母のそばを離れることがありませんでした。この罪びとは無垢な方に、つまりマリア・マグダレナは童貞の中の童貞であるマリア様に引き寄せられました。ですから、十字架の下に一緒にいたのです。マリア・マグダレナをご自分に引き寄せ、十字架の下まで従わせることによって、童貞聖マリアはマリア・マグダレナの救いを保証したのです。

 童貞聖マリアへの信心は、私たちの時代には特に必要です。映画やビデオ、インターネットの発達と、その結果として避妊から自然に反する悪徳にいたるまでの悪徳の増大を原因として不純が増大している時代、さらには不道徳な人々が「中絶の権利」といったこれらの悪徳の「権利」を主張し、悪徳と徳の「平等」を主張している時代だからです。

 人々は、天使と悪魔の違いを、聖人と堕落者の違いを、聖霊の御業と肉の業の違いを、どうして識別することができないのでしょうか? 盲目がそれほど広がってきている訳では決してありません。ですから、私たちには、すべての人々に徳の美しさを思い起こさせる童貞の中の童貞による優しい光が必要です。その光の前では、悪徳の醜さは恥によって打たれます。童貞聖マリアへの優しい愛とまことの信心を持つ信者は、目の前に常に聖母の模範を置き、聖母を攻撃するあらゆるものを避けるのです。大罪を避けるだけではなく、罪に導くであろうものさえも避けるのです。慎みを実践し、衣服の慎みだけでなく、視線や会話、ふるまいでも慎み深くするのです。慎みについて言えば、慎みのない衣服を持ってはいけません。買ってもいけません。それを買わなければ、持つことはありません。持たなければ、着ることは決してありません。慎みのない衣服を買うとき、すでに慎みのないという罪を犯しているのではありませんか? 最初から罪に抵抗してください。ずっと簡単で、ずっと効果的です。

 聖母への信心は、戒めを守るだけでなく、福音の助言まで守るのに大変力を与えてくれます。主を愛すれば愛するほど、私たちは完全を求めるようになり、福音の助言、つまり清貧、貞潔、従順を実行したくなります。「もし完全になりたいのなら、持ち物を売りに行き、貧しい人々に施しをせよ。そうすれば天に宝を積む。それから私についてくるがよい」(マテオ19章21節)。「処女たちのことについて、私は主の命令を受けなかった。けれども、主のあわれみにより信頼に値する者として私の助言を述べる」(一コリント7章25節)、そしてパウロは主のために処女を捧げてそのままにとどまるよう助言します。「結婚していない女と処女は、体と心を聖とするために主のことを気遣う」(一コリント7章34節)。従順の助言は、私たちの主イエズス・キリストの模範の中の模範によって与えられています。主は「死ぬまで、十字架上に死ぬまで従われ」(フィリッピ2章8節)たのですから。結婚の絆のうちに生きている信者でも、福音の助言を尊重する必要があります。これは世の堕落に対して彼らを守るものとなるでしょう。聖母は、この福音の助言の美しい模範です。童貞の中の童貞であって、ベツレヘムで貧しさの中にあり、お告げから十字架に至るまで天主のみ言葉に従順だったのです。今日、司祭職と修道生活への良きかつ聖なる召命が緊急に必要とされています。第二バチカン公会議によって引き起こされた教会の危機は、多くの修道団体に大変な損害を与えました。修道者の数は大きく減ってしまっており、多くの熱心な召命でキリストの神秘体を再び満たしていく必要があります。彼らは、奉献された童貞たちについて聖シプリアヌスが述べたように、「キリストの群れの最も栄光ある一部分」なのです。

 マリア様の聖なる御名に対する大きな愛、童貞マリアに対する大きな愛を持っている人がいるなら、それは聖ヨゼフです。聖ヨゼフほどマリア様の近くにいた人はいませんでした。聖ヨゼフが愛したほどマリア様を愛した愛はありません。素晴らしく純粋な愛で、大変深いものでした。また、聖ヨゼフほどマリア様から学んだ人はいませんでした。沈黙の中で祈り、私たちの主イエズス・キリストを礼拝し、忍耐をもって貧困や(宿からの)拒絶、エジプトでの避難生活に耐えることを学びました。イエズスを神殿に見いだしたとき、はっきりと謙遜を学びました。聖家族の父でしたが、あえて主を叱ることはなく、主がなぜ(神殿でいなくなるという)そんなことをしたのか聞くことさえしませんでした。聖ヨゼフは話すのをマリア様に任せました。イエズスを神殿で見失ったとき深く悲しむという驚くべき方法で、天主を、私たちの主イエズス・キリストを愛することを学びました。聖ヨゼフと同じようなマリア様への信心を私たちのために取り成してくださるよう、聖ヨゼフに祈りましょう。それにより、聖父と聖子と聖霊と共に永遠に天のふるさとにいることが許されるまで、私たちが、心を尽くし、霊魂を尽くし、力を尽くして私たちの主イエズス・キリストに祈り、主を愛し、主に仕えることができますように。アーメン。

コメント

2015年9月5日初土 聖ピオ十世会 聖伝のミサ SSPX Japan Traditional Latin Mass 

2015年09月15日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 今日は、聖母マリア様の7つの御悲しみの祝日です。マリア様の祝日を記念して、今月の初土曜日(2015年9月5日)の聖母の汚れ無き御心の随意ミサの時にしたお説教をご紹介します。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

2015年9月5日 初土曜日 聖母の汚れ無き御心の随意ミサ
小野田神父説教




 聖母の汚れ無き御心巡回教会にようこそ。今日は、2015年9月5日、9月の初土曜日の聖母の汚れ無き御心の随意ミサを捧げています。今日のこのミサの後に、いつものように公教要理があります。今日は、公教要理で、「原罪について」、原罪の人類の罪は何だったのか。その一体どういう、何を人類は望んだのか。そして人類の罪は、その原罪の罪の重さの度合いはどうなのか。男と女とどちらの、アダムとエヴァとどちらの方が悪かったのか、などを、聖トマス・アクィナスの分析に従って、考察してみたいと思います。

 10月は、10月2日と3日、最初の初金、初土です。そして10月の主日のレネー神父様のミサはですね、司祭の黙想会の為に、11日の代わりに25日に変更になりました。どうぞご注意ください。11月、12月はいつもの通りですが、12月のクリスマスの予定が少し変更になりました。25日の夕方の予定だったのが、24日のクリスマス・イヴから、24日、25日、26日と大阪でミサがあるようになりました。24日のクリスマス・イヴ、そして真夜中のミサ、暁のミサ、午前のミサ、そして26日の土曜日と、ミサがあります。どうぞいらして下さい。

“Adeamus cum fiducia ad thronum gratiae”


 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 今日いつもの通り、初土曜のミサで入祭誦では、「天主の聖寵の玉座に、信頼をもって私たちは近付こう。」と、歌います。天主の聖寵の玉座、つまり、その玉座に近付く一番の方法は、マリア様です。そのマリア様は、マリア様はどうして、私たちの為にこれほど、私たちが御恵みを受ける為に、最も良い手段なのであるか、という事を黙想する事に致します。

 まず第1に、天主様が、マリア様を通して、マリア様の仲介を通して、私たちに御恵みを与えようとした、という事を黙想します。何故マリア様が仲介者となる事ができるのか。次に、マリア様がなさったその功徳とは一体どのようなものか。そして最後に、私たちは結論をとることにします。

 天主様は、イエズス様を、マリア様を通して、私たちに下さる事をお望みになりました。イエズス・キリストが御托身して人間となられて、私たちの間に住み給う、という事を、マリア様を通して、そしてマリア様を通してのみ、与えようとされました。この御托身というのは、全ての御恵みのつくり主であり、全ての御恵みの元である、根源であるイエズス様を、私たちに与える事ですから、つまりマリア様は、「全ての御恵みの根源を受けた」という事を意味します。

 天主様は、昔も今も、そして永遠に変わる事のない方です。そして天主様は、その御望みによってもちろん、マリア様を通さずに御恵みを与える事ができたにもかかわらず、マリア様を通して、そしてマリア様の仲介を通して、マリア様の愛徳を通して、そしてマリア様のその御手を通して、全ての御恵みを私たちに与える事をお望みになりました。天主様がこれをお望みになったので、私たちはそれに従うしかありません。そしてマリア様も、この天主様のお望みの通り、ご自分の手を通して全ての御恵みを与える為に協力しよう、と、望んでおられます。

 一体何故、こういう事があるのでしょうか?イエズス様だけが唯一の仲介者ではないのでしょうか?

 はい、これは私たちがキリスト教の核心に至ると、私たちは、「マリア様がこのように仲介者となった。」と聞いても、全く驚くには至りません。

 何故かというと、「キリスト者の召命」というのは、「イエズス・キリストの贖いの業に参与する」という事にあります。私たち洗礼を受けた者は、「イエズス・キリストと共に、唯一の救い主イエズス・キリストと共に、1つに、1つになり、そしてイエズス・キリストの贖いの業に、救いの業に参加する、参与する」という特別の召命を受けました、召し出しを受けました。

 もちろん私たちは、この世の救いの為にイエズス様と一致して初めて、この救いに協力する事ができます。イエズス様なしには、全く何もできません。しかし私たちは、まず私たち自身の霊魂、そして出来る限り私たちの隣人の霊魂の救霊の為に、この人生が与えられています。この今生きている、この地上での短い人生の間が与えられています。そしてそうする事によって私たちは、「第2のキリスト」とならなければなりません。

 「キリスト者」という事は、「キリスト信者」という事は、「私たちに於いて生きるのは、私たちではなく、キリストが私たちに於いて生きる」という事であって、私たちは霊魂の救霊の為に、イエズス・キリストと共に、贖い主、救い主、第2の救い主、贖い主となる、という特別の高貴な召し出しを受けたのです。

 そしてこれは、このような高い召し出しを受けた、という事は、これは天主様の偉大な無限のあわれみを燦然と輝かす源となるものです。

 もちろん、イエズス様だけが、完全な罪の償いを果たし、完全な贖いをなし、最も完全な救い主です。しかしイエズス様が、私たちもこの救いの業に参与する事をお望みになったので、私たちもその協力者として呼ばれているのです。

 イエズス様だけが、正義によって完璧に罪の負債を支払いしました。そしてそのイエズス様だけが、完全な正義によって、無限の功徳によって、罪の贖いを請求する事ができます。私たちは参与者として、祈りによって、或いは熱心な善業によって、そして生贄を捧げる事によって、私たちの小さな生贄を、イエズス様と共に捧げる事によって、その救いに参与するのです。第2のキリストとなる事ができます。

 これが、キリスト教信者の召命であって、召し出しであって、ここに私たちの人生の核心があります、天主を愛し、隣人を自分の身の如く愛する、核心があります。救霊、天主のより大きな栄光の為の救霊の、という、救霊の御業に参与する、という栄誉です。

 このキリスト者の召し出しの核心が理解できれば、マリア様が特別な召し出しを受けられた、という事を聞いても、驚くには値しません。何故かというとマリア様は、その私たちの救霊の業の贖いに、不変なやり方で参与されたからです。イエズス・キリストを、私たち全てに与える為に、マリア様を必ず通す事を、天主が望まれたからです。

 もしも私たちが第2のキリストとして、小さな救い主として、自分の霊魂と、他の隣人の霊魂の救いの為に協力するとしたら、私たちのその祈りの範囲は、限りがあります。しかしマリア様は、救いの根源であるイエズス様を、マリア様を通して私たちに与えられた方ですから、その贖いの協力の業の範囲は、全てに不変に、時間と場所を超えて、行き渡るものとなります。

 ですから、聖ピオ10世教皇様は、「マリア様とイエズス様の仲介の範囲は同じだけれども、本質的な違いはここにある。」と、説明しています。「イエズス・キリスト様は、決定的な正義によって、全く統合関係によって、罪の贖いを無限に果たした。condignoによって、功徳を受けた。イエズス様の果たした贖いの業は、condignoだ、統合関係にある。全て払い切った。マリア様は、お祈りによって、そして懇願によって、そのマリア様の受けたものは、それにふさわしいものであった。conguoの功徳を受けた。」と、言っています。

 そしてこれだけではありません、第2の点は、マリア様が、マリア様はでは私たちに為に何をなさったか、という事を考えなければなりません。

 確かにマリア様は、イエズス様を受ける事に、「はい。」と、言いました。その「はい。」と、言ったこの論理的な結論は、つまり十字架の苦しみの道の始まりでした。

 黙想会の時に、或いは聖母の被昇天の時に、シュテーリン神父様と一緒に黙想しました。マリア様の奇跡的な妊娠による、御受胎による聖ヨゼフとの関係、或いは、ベトレヘムに行って、救い主の生まれる場所が無かった事、或いはエジプトへの避難、全くお金も道も言葉も分からない外国での避難、逃亡の生活、そして救い主を王が狙っている、というその恐怖、或いはナザレトでの30年間の貧しい生活、貧困の生活、そしてイエズス様を神殿で失ったその悲しみ、或いはイエズス様が公生活に出て、マリア様を離れてしまう時のその生活の苦しさ、そして何よりもまた、イエズス様の御受難を、その目の当たりにしてご覧にならなければならなかったそのご心痛、シメオンの預言が成就して、その霊魂は剣で刺し貫かれました。

 フィリピンでは、水牛という、カラバオというのがいて、とても大人しい動物なのです。それで、それはでもすごく力があって、人間が何十人でも動けないような泥にはまった車でも、そのカラバオは、ヒョイヒョイっと出してしまったりとか。

 アジアのフィリピンにいる水牛は非常に大人しいのですけれども、アメリカにいるバッファローという水牛は非常に獰猛なのだそうです。そしてある時ですね、そういう話を神父様が私にしてくれて、そしてそのアメリカのバッファローは、ライオンが来ても、そのライオンをやっつけると、ライオンが空に上がってしまう、それでライオンが何匹いても、それに勝ってしまうのだそうです。草しか食べないような水牛ですけれども、力がものすごいあるのだそうです。そしてその水牛の群れがある時に、ライオンの群れに襲われて、メスの水牛が子供の水牛と共にライオンに襲われてて、で、ライオンは子供を食べようと、獰猛にこう唸っているのです。するとお母さんの水牛が、この子供を守ろうと、必死にこう守ります。

 動物でも、そうやって子供を守ろうとする本能があって、そして自分がどうなっても、子供さえ、子供だけは失われたくない、と一生懸命、ライオンにさえも立ち向かって戦おうとします、が、マリア様は、ご自分の御子イエズス様を、厳しい十字架、重い十字架を担いで歩まれた時、或いは十字架に釘付けにされた時、或いは非難轟々の屈辱の声を聞いた時、全身傷だらけの御姿を見た時に、罪のない御子イエズス・キリストをご覧になった時に、どれほどご心痛でいっぱいだったでしょうか。しかしマリア様は、イエズス様の罪の贖いの業に参与する為に、全てを捧げられました。

 イエズス様も、御自分の痛みよりも、マリア様のご心痛の方が心配だったに違いありません。自分のお母さんにこれほどの苦しみを与える事ほど、大きな悲しみと苦しみはなかったはずです。そしてマリア様も、そのような御子の、イエズス様のご心痛をよく知っていたが為に、十字架の下でしっかりと佇み、立って、イエズス様を御捧げしていました。

 マリア様は司祭ではありません。何故ならば御聖体を聖変化する事ができないからです。カトリック司祭の本質はここにあります。しかし、マリア様は、イエズス様をこの地上に最初にもたらして、ミサのつくり主である創定者であるイエズス・キリストを、全ての御恵みの根源であるイエズス・キリストを、そして司祭の最高の司祭を、そして十字架の生贄を捧げるその生贄であり、大司祭であるイエズス・キリストを、天主の子羊を、最初にこの地上にもたらした方です。最高司祭の母であります。カトリックの司祭は、天からイエズス様を、聖変化によってこの地上に現存させますが、マリア様はその根源を、この地上に現存させました。司祭は祈って、ミサを立てて、この教区民の為に、或いは全世界のカトリック教会の為に、天主に懇願します。そして天主からの祝福を皆に分配します。マリア様も、そのはるかに優れた方法によって、天主にイエズス様に祈り、そしてイエズス様からの祝福を私たちに与えます、御恵みを与えます。司祭は、イエズス・キリストを聖変化して聖父に捧げます。マリア様も、十字架の下で聖父に御子を、極めて崇高なやり方によって、ご自分の犠牲に合わせて御捧げいたしました。司祭は信徒に、司祭の手のみ、信徒に、跪いた信徒の舌の上に聖体拝領をさせます。マリア様も、マリア様に祈る全ての人々に、無限の功徳によって、イエズス様の無限の功徳から、私たちに全ての御恵みを分配します。

 確かにマリア様は司祭ではありませんが、しかしそれよりも崇高なやり方によって、司祭的な仕事を、私たちの為にされておられます。

 では、私たちは今日、どのような決心を立てたら良いでしょうか。
この入祭誦にあるように、信頼をもって、恵みの、聖寵の玉座であるマリア様の汚れ無き御心に近付く事に致しましょう。マリア様はいつでもどんな時でも、私たちに地上の御恵みを全て分配して下さいます、私たちの為に執り成して下さいます。聖イグナチオがちょうど、私たちにこうするのが良い、と言ったのと同じです。マリア様の所に行くと、マリア様は私たちを連れて、マリア様は私たちと一緒に、イエズス様の元に行きます。そしてイエズス様は、マリア様と一緒に来た私たちを見て、「あぁ、そうかそうか。」と言って、3人で、イエズス様とマリア様と私たちで聖父の元に行きます。それを、イエズス様マリア様と共に来た私たちを見て、聖父はどうして拒否する事ができるでしょうか。

 ポルトガルのある神学者によると、「十字架の上に付けられた時に、右に良い盗賊、左には痛悔しなかった盗賊がたけれども、実は、イエズス様はその2人の盗賊の間にいたけれども、イエズス様とマリア様の間に、この良き盗賊がいた。マリア様がいたから、この盗賊は回心の御恵みを得たのだ。」と、ある神学者は説明しています。もちろんマリア様は、この遠くにいた盗賊の為にも、回心の祈りをしたに違いありませんが、しかしこれは非常に象徴的な事ではないでしょうか。もしもマリア様が、マリア様の近くに行けば、必ずマリア様は私たちの為に、回心の救霊の恵みを勝ち取って下さる、という事を象徴的に表しているようです。

 聖フランシスコ・ザヴェリオも言っていました、「もしもマリア様の、十字架の下にマリア様がいる、という事を説明し忘れると、彼らは回心しない。」と。「しかし、マリア様がいる、という事を言うと、宣教地によって皆回心する。」と。

 では私たちも、聖母の汚れ無き御心に、聖寵の玉座に信頼をもって近付く事に致しましょう。そして第2に、ミサの色んな所を見ると、必ずマリア様の名前が入っています。聖伝のミサに於いては必ずマリア様の名前が、色んな所に散りばめられています。マリア様と共に、御ミサに与り続ける事に致しましょう。

 “Adeamus cum fiducia ad thronum gratiae”

 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。
コメント

明日の9月14 日の大阪でのミサは、午前6 時半から

2015年09月13日 | トマス小野田神父(SSPX)のひとり言
アヴェ・マリア・インマクラータ!


愛する兄弟姉妹の皆様

明日、9月14日月曜日の大阪でのミサ聖祭は、都合上、午前6時半からの開始となりました。よろしくお願いいたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!!

トマス小野田圭志神父
コメント

2014年12月7日 聖ピオ十世会 聖伝のミサ レネー神父様説教 「見よ、天主の小羊を」

2015年09月11日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 イエズス様の人生は、天主に対する「Ecce」の人生でした。

 人間となってこの世に来られるとき、そのマリア様の御胎内に入るその時、「見よ、ご覧ください、私は参ります。御身の御旨を果たす為に。」と、言われました。

 イエズス様は、ヨルダン川にいる時に、洗者聖ヨハネからも言われました、「見よ、天主の子羊を」、「生贄の為に捧げられる天主の子羊を見よ」と。

 これについて、レネー神父様が昨年12月に韓国で素晴らしいお説教をして下さいました。それを日本語でご紹介いたします。どうぞ、イエズス・キリストの御心の神秘の中にお入り下さい。

 天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)



2014年12月7日ソウル/全州(チョンジュ)の説教―見よ、天主の小羊を
レネー神父様説教


 洗者聖ヨハネはあらゆる預言者の中で最も偉大です。なぜなら、彼はキリストの来臨を告げ知らせるだけでなく、その指でキリストを指し示すという役割が与えられたからです。これについて教会は、洗者聖ヨハネの祝日の晩課の聖歌で歌います。では、彼はキリストをどのように言い表したのでしょうか。「見よ、天主の小羊を。見よ、世の罪を除く御者を」(ヨハネ1章29節)。

 この出来事を思い出している使徒聖ヨハネは、洗者聖ヨハネの二人の弟子のうちの一人で、この言葉を聞いて彼のもとを去り、私たちの主イエズス・キリストに従うようになりました。もう一人の使徒は聖アンドレアでした。

 福音書は言います。聖アンドレアが「最初に自分の兄弟シモンに出会って、『メシアに会った』と言った」(ヨハネ1章41節 Invenit hic primum fratrem suum Simonem, et dicit ei: Invenimus Messiam)。この「最初に」という言葉に注意してください。ここから、別の弟子も、後で自分の兄弟に出会ったということが分かるようになります。ですから、この第二の弟子は使徒聖ヨハネ以外の何者でもないことを示しています。なぜなら、使徒たちの中にいた兄弟は二組だけだったからです。兄たちは生計を立てる仕事で忙しくしていた一方、弟たちは預言者である洗者聖ヨハネの言葉を聞いていたのです。ここにいるペトロ、ヤコボ、ヨハネ、アンドレアは最初の四人の使徒たちで、聖書にある使徒たちの名簿のすべてに彼らの名前があります。

 では、洗者聖ヨハネは、のちに獄につながれたとき、なぜ二人の弟子をイエズスに遣わして、こう尋ねさせたのでしょうか。「来るべきお方はあなたですか、それとも他の人を待たねばなりませんか」(マテオ11章3節)。聖ヨハネはイエズスが何者かを知っていました。では、なぜそんな質問をさせたのでしょうか。それは、聖ヨハネが非常に聖なる人であったため、多くの人々が彼、洗者聖ヨハネが多分メシアではないかと思っていたからです(ルカ3章15節)。また、その中には彼にあまりにも執着していた人々がいたため、彼、聖ヨハネであっても、自分のところを去ってキリストに従うようにさせることができないほどだったからです。ですから、聖ヨハネは考えました。たとえ自分が彼らに説明できなくても、キリストご自身なら、自分ができなかったことを成功させてくださるのではないか。キリストに、自らがキリストであると彼らに説明していただこう。そしてこれが、きょうの福音で私たちの主イエズス・キリストがなさることなのです。主はイザヤの予言を述べられます。「主は救いに来られる。その時、盲人は目を開け、耳しいは耳をひらく。その時、足なえはしかのように飛び、おしの舌は喜び叫ぶ」(イザヤ35章4-6節)。

 このように、私たちの主イエズス・キリストは、ご自分がメシアだと証明する二つの基本的な理由を示されました。預言と奇跡です。イザヤによって預言された奇跡を行うことによって、主は固い基礎、不動の岩の上に弟子たちの信仰を打ち立てられました。来臨の前に預言され、また大変多くの奇跡を行った宗教創設者はイエズス・キリストだけです。これは、洗者聖ヨハネが「見よ、天主の小羊を」と指し示した指以上に力強い天主の指(の業)なのです。

 しかし、洗者聖ヨハネの役割は非常に重要でした。実際、私たちの主の最初の来臨はへりくだりの来臨でした。「死ぬまで、十字架上に死ぬまで、自分を卑しくして従われた」(フィリッピ2章8節)とき、メシアであると理解するのは難しかったのです。このへりくだりが洗者聖ヨハネによって預言されたという事実が、私たちの信仰を強めてくれ、私たちは、十字架のいけにえにおける天主の御子、天主の小羊ということを理解できるようになります。実際、このなだめのための無垢な天主の小羊は、天主の御子ご自身以外の何者でもありません。まことの天主であり、まことの人間であって、ご自身を完全な犠牲のいけにえとして捧げることによって、私たちを罪から救うために来られたお方なのです。聖ペトロは美しく書いています。「あなたたちが祖先から受け継いだむなしい生活から贖われたのは、金銀などの朽ちる物によるのではなく、傷もなく汚点(しみ)もない小羊のような、キリストの尊い御血によることをあなたたちは知っている」(ペトロ第一1章18-19節)。

 私たちの主が小羊として、なだめのいけにえになられるだろうということは、旧約ですでに告知されていました。「彼は屠所にひかれる小羊のように、毛を刈る人の前でもだす羊のように、口を開かなかった」(イザヤ53章7節。使徒行録8章32節を見よ)。

 旧約において、犠牲のいけにえに必要とされる特徴は、傷や汚点(しみ)のないこと、無垢(immaculate)であることでした。私たちの主は無垢のいけにえです。聖パウロがヘブライ人への手紙でこう言うように。「聖霊によって、けがれのないご自分を天主に捧げられたキリストの御血が、私たちの良心を死の業から清めて、生きる天主に奉仕させえないであろうか?」(ヘブライ9章14節)。聖母は新しいエバとして、「彼に似合った助け手」(創世記2章18節)であり、十字架の下での無垢ないけにえの霊魂でした。教会の歴史においては、幼きイエズスの聖テレジアのように、多くの人もまた、主と聖母ほど完全に無垢ではなかったものの、無垢である「イエズスの慈悲深い愛へのいけにえ」でした。13歳の若い殉教者だった聖なる童貞アグネスは、このことによって、初期の教会の教父たちに強い印象を与えました。聖アンブロジウスは、聖アグネスの名前それ自体が無垢ないけにえ、天主の小羊になることを彼女に運命づけていた、と言います(「アグネス」の語源「アグヌス」はラテン語で「小羊」の意味です)。

 私は、小羊の特徴をもう一つ挙げてみたいと思います。それは喜び、飛び跳ねるような喜びです。まことのキリスト教徒もまた、聖霊の実であるこの天主の喜びを持たなければなりません。実際、聖パウロは「霊の実は、愛、喜び、平和、忍耐、寛容、親切、善意、柔和、信仰、節度、節制、貞潔である」(ガラツィア5章22-23節)と言っています。

 小羊のさらにもう一つの特徴は、そのやさしさ、柔和であることです。私たちの主イエズス・キリストは「心の柔和なへりくだった者」(マテオ11章29節)です。私たちもまた、この柔和とへりくだりをまねるべきです。それがなければ誰も救われません。なぜなら、「天主はおごる者に逆らい、へりくだる者を恵まれる」(ヤコボ4章6節)からです。

 私たちの主は、主の群れの小羊すべてが主に似た者になるよう望んでおられます。実際、主はペトロに「私の小羊を牧せよ」(ヨハネ21章16節)と言われました。また、「私があなたたちを送るのは、ちょうど狼の中に小羊を送り込むようなものである」(ルカ10章3節)と言われましたが、これは悪に対して悪で報いるのではなく、自分たちの力を信頼するのでもなく、私たちの主イエズス・キリストの恩寵を信頼することなのです。羊を守ること、特に小羊を守ることは、牧者の義務です。牧者は雇人のようであってはなりません。つまり、世が聞きたいことを言ったり、羊が聞かねばならないことを言わなかったり、狼が来たとき逃げてしまったりしてはなりません。「良い牧者は羊のために自分の命を捨てる」(ヨハネ10章11節)のです。

 黙示録において、聖ヨハネは私たちの主イエズス・キリストを小羊として見ました。また、小羊として32回言及しています。「また私は、一方には玉座と四つの動物、また一方には老翁、その間に七つの角(つの)と七つの目のあるほふられたような小羊が立ってうるのを見た。それは全世界に遣わされた天主の七つの霊である」(黙示録5章6節)。小羊としての主は、すべての天使によって礼拝されます。「彼[小羊]が巻物を手にしたとき、四つの動物と二十四人の老翁は小羊の前にひれ伏した彼らはおのおのの竪琴と香に満ちた金の杯を持っていた。香は聖人たちの祈りである」(黙示録5章8節)。「そして、天に、地に、地の下に、海にあるすべての被造物、その中にあるすべてのものが、『玉座に座るお方と小羊に、讃美と誉れと力あれ、代々に』と言うのを聞いた」(黙示録5章13節)。

 主はすべての聖人に至福直観の喜びをお与えになります。「彼らは再び飢えることなく、渇くことなく、太陽にも熱風にも悩まされない。玉座の中にまします小羊は彼らを牧し、命の水の泉に連れていき、天主は彼らの目から涙をすべてぬぐわれる」(黙示録7章16-17節)。

 「彼ら[十四万四千人=天における奉献された霊魂]は女にけがされない童貞であって、小羊の行くところにどこにでもついていく。彼らは天主と小羊のために初穂として人々の中から贖われたのであって、口に偽りなく、天主の玉座の前にいるけがれのない人々である」(黙示録14章4-5節)。

 まことに、「小羊の婚宴に招かれた者は幸いである」(黙示録19章9節)。「自分の服を洗う者は幸いである。彼らは命の木について権利を持ち、門を通って町に入る権利を持つであろう」(黙示録22章14節)。

 この「小羊の婚宴」は、この地上では、聖なるミサにおいて始まります。ミサの中で司祭が天主の小羊をいとも聖なる三位一体に奉献するのは、小羊の無限の完全性を礼拝し、私たちに与えられた驚くべき賜物すべてに感謝し、私たちの過去のすべての罪を償い、私たちの必要とするすべての恩寵を得られるようにするためです。犠牲を奉献したのち、司祭とすべての信者は、良い心構えのうちに、「世の罪を除く天主の小羊」を拝領するでしょう。小羊として、完全な犠牲のいけにえとして、私たちの霊魂の食べ物として、私たちの主イエズス・キリストがご聖体のうちにまことに現存されるという素晴らしい信仰を持ちましょう。主を拝領する準備をするために、いつも霊魂を清く保ちましょう。いつも主をふさわしく拝領し、その後はそれに応じて生活しましょう。ご聖体における私たちの主イエズス・キリストの御体、御血、ご霊魂、天主性を自分の霊魂に拝領したカトリック信者は、この世的な霊魂のように生きることはできません。地上にいるうちからすでに、天国の命、小羊の婚宴の客にふさわしい命を生きなければならないのです。つまりキリストが必ずその人と共に生きておられるのです。

 親愛なる兄弟の皆さん、洗者聖ヨハネが言ったように天主の小羊である私たちの主イエズス・キリストに従いましょう。また、主の徳、清さ、やさしさ、柔和とへりくだり、喜びをまねるようにしましょう。よい告解と聖なる生活をすることによって、小羊の血で私たちの霊魂を清めましょう。そして、聖母とすべての聖人たちと共にいることのできる、この小羊の婚宴を待ち望みましょう。

アメン
コメント

イエズス・キリストの至聖なる聖心の信心の核心:償い

2015年09月11日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 9月の初金曜日に大阪で聖伝のミサを捧げました。その時のお説教をご紹介いたします。

 カトリック教会の教えによると、イエズスの至聖なる聖心への信心の核心は、私たちがイエズス・キリストと共に世の贖いに参与する、ということです。ここにカトリック教会の教えの中核があります。

 聖伝のミサがまさにそれであり、マリア様の御生涯もそれでした。イエズス・キリストの御心の信心の奥深くに入り込みましょう。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


2015年9月4日 初金曜日 至聖なるイエズスの聖心
小野田神父説教




 「私は、私と共に悲しむ者を探したが、それはいなかった。
私を慰める者を探したが、それを見つけなかった。」


 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 愛する兄弟の皆さん、今日、9月の初金です。私たちのイエズス様の嘆きに耳を傾ける事に致しましょう。イエズス様は、共に苦しみを捧げる者を、イエズス様の苦しみを慰める者をお探しでおられます、求めておられます。

 イエズス様はこの事を、フランス革命の100年前、1673年から始まった70回の御出現で、聖マルガリタ・マリア・アラコックに、既にその事を求めていました。イエズス様は、ちょうど物貰いが家の前をノックして、「恵んで欲しい。」私たちの償いと、私たちの愛と、私たちの祈りと犠牲を捧げて欲しい、という事をお願いしつつ、私たちの胸を叩いておられます。しかし、世の多くの人々はそれに冷たい反応をして、或いはドアを閉じたままか、或いは追い払うか、或いは嫌な顔をするか。イエズス様の受けるのは、ただ冷淡や冒瀆、そして無関心だけです。そこでイエズス様は、「少なくともお前は、」と、聖女マルガリタ・マリア・アラコックに、「少なくともお前は、私の心を慰めて欲しい。」「この人類を、これほどまでに愛する心を慰めて欲しい。」と、言われます。

 イエズス様の人生は、「Ecce」「見よ、主よ、ここにおります。」というその言葉で始まり、この言葉で終わる人生でした。この世にいらっしゃる、そのマリア様の御胎内に入るその瞬間、「見よ、ご覧ください、私は参ります。御身の御旨を果たす為に。」と、言われました。イエズス様は、ヨルダン川にいる時に、洗者聖ヨハネからも言われました、「見よ、天主の子羊を。」つまり、「生贄の為に捧げられる天主の子羊を見よ。」そしてポンシオ・ピラトも言います、「Ecce rex. Ecce homo.」「この人を見よ。」

 イエズス様はそして、カトリックの司祭から、ミサのごとに、「天主の子羊を見よ。“Ecce Agnus Dei”」、御聖体を捧げられて、「ここに、イエズス様の天主の子羊、私たちの為に、生贄となった犠牲がおられる、これこそが、真の私たちの罪の償いの生贄である。」と言われます。そしてそれと同時に私たちも、イエズス様の生贄に一致する事を求めておられます。一体何故でしょうか?

 第2の点は、何故かというと、それはイエズス様が私たちに、その神秘体全体として、その苦しみの欠けた所を、私たちが神秘体の、キリストの神秘体の一部として、キリストの苦しみの欠けた所を満たす事を望まれるからです。何故ならば、イエズス様は私たちが、本当の意味でキリスト者となる事をお望みになるからです。何故かというと、聖パウロが言ったように、「私が生きるのは、私ではなく、キリストが私に於いて生きる。」私たちが第2のキリスト、もう一人のキリストとなる事を、お望みであるからです。

 では、キリストとは何でしょうか?つまりキリストとは、「救世主」の事です。イエズス様は、私たちがイエズス様と共に、この世を救う救い主、救いの御業に一致して、協力する事をお望みになるのです。その為にこそ、イエズス様は私たちから罪の償いと、イエズス様の苦しみにますます参与する事をお望みになっておられます。

 イエズス様は、苦しむ為に、苦しみを通してこの世を救う為に、この世に来られました。そして私たちも、キリストと一致する為に、苦しみを通して、イエズス様の救いの御業に参与する事をお望みです。ここに、イエズス様の聖心の信心の核心があります。つまり、償いの精神。「償いの精神によって、私たちの苦しみ、十字架、犠牲、祈りを捧げる。霊魂の救いの為に、天主の光栄の為に、これを償いをもって捧げる。」という事です。

 最後に、マリア様に、私たちの目を向ける事に致しましょう。マリア様は、天使のお告げを受けて、すぐさま、イエズス様と同じ言葉を仰います、「ご覧ください、主の婢女はここにおります。仰せの如く我になれかし。」マリア様こそ、イエズス様と一心同体、そしてご自分の全ての生涯を、償いの為に捧げた方でした、共贖者となられた方でした。そしてマリア様の御取り次ぎによって私たちも、共に贖う、世の罪を共に贖う者となりますように、お祈り致しましょう。

 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 
コメント

聖ピオ十世会 シュテーリン神父様の霊的講話 毎日の黙想・念祷について

2015年09月10日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 8月に聖ピオ十世会アジア管区長のシュテーリン神父様が、大阪でのミサの後に霊的講話をして下さいました。その内容を愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

2015年8月16日 シュテーリン神父様 霊的講話
同時通訳:小野田圭志神父




 皆さんをこうやって、拷問で今苦しめているのは、私の責任ではありません。横にいる人の責任です。(笑)

 普通は、公教要理の勉強をします。問いと問題がある公教要理なのですれども、それを今回する事ができません。そこで、今日は、「黙想の重要さ」と、「その有益さ」について、お話ししたいと思います。

 黙想会に与った人も、この問題について深めて下さい。マリア様は、ファチマに現れて、汚れ無き御心への信心について話しました。

 ファチマのマリア様は、「5つの初土曜日に、御聖体拝領をして、告解をして、そしてロザリオの15の玄義の内のどれかを黙想するならば、そして、しかもそれを償いの精神として行うならば、私はそれに、救霊に必要な恵みを与える。」と、約束しました。

 この汚れ無き御心の信心は、単に初土曜だけに実行するものではありません。シスタールチアは後に、「これはテストだ。つまり、私たちは毎日これをする事ができる。毎日この初土の条件を満たすような生活をして、聖母の汚れ無き御心に対する信心を実践する事ができる。」と、言っています。

 ファチマのマリア様は、このルチアの言葉をご出現の中で確認していると思います。何故かというとマリア様は、「毎日ロザリオを唱えなさい。」と、言ったからです。

 でも、こう反対するかもしれません、「神父様、でも毎日告解に行く事はできません。」

 もちろん、秘跡的に告解の秘跡を受ける事はできませんけれども、告解の秘跡を受ける時の最も確信的な、本質的な事は毎日できます。告解の秘跡とはつまり、「自分の罪を痛悔して、天主からの罪の赦しを得る」という事です。毎晩、私たちが良心の糾明をして、罪の赦しを求めて、そして天主様から罪の赦しを頂く、これです。

 もちろん、毎日ミサ聖祭に与る、というのはカトリック信者にとっての理想です。そして毎日御聖体拝領するのは理想です。例えば、ルフェーブル大司教様は、聖ピオ十世会の第3会の会員は、毎日ミサに与って御聖体拝領する事を求めました。もしも、ミサに与る事ができて、そのミサが近くにあれば、という話です。ルフェーブル大司教様は言葉を続けて、「もしも、肉体的に実際にミサに与る事ができない場合には、霊的に与って、そして黙想しなさい。」と、言いました。「もしも、実際に秘跡的に御聖体拝領できなくとも、霊的に、霊的聖体拝領をしなさい。」と。「1日に1回ずつ。そしてもしもできれば、数回しなさい。」と、ルフェーブル大司教様は言いました。「そしてロザリオの諸玄義を黙想しなさい。」と。そんなに時間がかかる事ではありません。しかし、マリア様の汚れ無き御心に対する信心を、毎日の信心へと連れて行きます。そして私たちを、完璧な祈りの生活に連れて行ってくれます。

 私たちは特に、口祷を強調しすぎて、念祷をなおざりにする、黙想をないがしろにする危険があります。ファチマのマリア様は、「念祷」という祈りの価値を私たちに強調しているように思われます。もちろん、この世界の人々は、口で祈る方が簡単ですので、黙想をするというよりは、口祷をよく実践します。そしてまた口祷でやるのは、容易に数える事ができるので、「私は5連唱えた。」或いは、「連梼を5回唱えた。」と。ところが黙想して、15分黙想するのですけれども、その時雑念に襲われてしまって、終わった後で、「あぁ、何もできなかった。」と、残念に思うかもしれません。そういう訳で、念祷の直接にすぐに、実のある実りというものを見るわけではありません。

 カトリック信者は、聖伝のカトリック信者でも、ひどくこの念祷を、この祈りをなおざりにしています。何故かというと、その重要性を知らないからです。

 危険はどこにあるかというと、私たちが口祷の祈りを、口でお祈りする祈りを唱える事だけに集中してしまうと、遂には、心の中でお祈りする、という事を忘れてしまって、「それを唱えれば良いんだ。」と、なってしまって、そして遂には、オウムのようになってしまうからです。何故かというと、本を持って祈祷書を持って、そこに書かれてある文章を読むだけです。

 しかし、ここで何を言っているのか、相手に何を言っているか、というその内容を考えなければなりません。それは私たちの毎日の生活でも必要です。天主様に対してはもっと必要です。これらの祈祷書に書かれている祈りは、非常に意味が深いのです。しばしば私たちは、その意味を考えずに、注意を払わずに唱えがちです。私たちはそこで、この言っている祈りの意味を、もう一度よく考える事をしなければなりません。

 しかし、その極端なもう1つの例は、ロザリオを唱えながら、「天」「に」「まします」「我らの」「父よ」と言って、こうやって1つ1つこうゆっくり考えながらロザリオをすると、ロザリオを1連終えるのも3時間かかってしまいます。

 そうではなくて、時々、15分位、天にましますの祈りを一部取って、そしてその、「天にまします我らの父よ」とは何か、とか、時々その意味を考えて、念祷します。そうすると、益々それに従って、集中するのが楽になります。

 黙想するのにもっと重要な事がもっとあります。まず黙想する時に、皆さんはご自分を、天主の御前に出でて、そして礼拝する、という事です。自分自身を天主様の御前に投げ出して、そして平伏して額ずいて、天主様の御眼を見つめて、そして天主様から見つめられて、という事を意識する事です。何故かというと、天主様を見る事ができないからです。天主様を、私たちの心の間に思い浮かべなければなりません。例え私たちが天主様を見る事ができなくても、天主様はここにいます。隠れたやり方で、皆さんの心に真に在し給うのです。そして皆さんの目の前に、イエズス様の御傷をまじまじと思い浮かべて、そしてそのイエズス様の御前に自分を置いて下さい。これでもう素晴らしい黙想になります。その時初めて、天主様の玄義が、神秘が、私たちにとっての現実になります。

 私たちにとってしばしば、宗教というのは何かの物であって、何かの方、誰か、ではないからです。祈りについての間違った定義とは、イエズス様の御像や御影の前で、自分の事を考えて、自分の事に一生懸命になる、自分の事ばかり考えて、これです。どうぞやってみて下さい。お祈りの時何をしますか?まず自分の事を考えます。自分の周りにいる人の事を考えます。そして時々天主様に、自分と周りにいる人々についてお願いをする。天主様は空中のどこかにいて、でも現実はあなたです。皆さんの問題であり、皆さんの生活であり、皆さんの事が現実です。でも、この誤りから抜け出さなければなりません。ですから、イエズス様、マリア様を、皆さんの目の前に完全に来て下さるようにお願いして下さい。

 小野田神父は何か習慣があります。お祈りの前に、「天主の御前に出でて、恭しく(うやうやしく)礼拝せん。」と、言います。こんな事を言うのは、聖ピオ十世会の中で、小野田神父だけです。

 ただ問題は、これをただ口先だけで言うだけで、天主の御前に出でて、恭しく礼拝せん。と口先だけで言っていて、本当に御前に出ない、という危険があります。

 そこで、お祈りの始まる前に、実際に本当に考えて、天主の御前に出でて、礼拝しなければなりません。ロザリオの祈りをする時に、そのままですね、「聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。天にまします…」と、言うよりは、そのロザリオの前に、しばらく5分程黙って、黙想して玄義を考えて、それから始めると、ロザリオの価値が、意味が、全く違ってきます。

 まず、このお祈りをする時に、「私だけではない。」と、分かります。そうではなくて天主様、つまり「王の王である天主が、私の前におられて、そしてイエズス様の御傷が私たちの前に現れて、そしてその天主の御稜威に、私たちは額ずいてお願いしているのだ。」という事が理解できます。そこでイエズス様に、「おお、主よ。」本当に個人的に、目と目を合わせて、心を心に合わせて、心を開いて、天主様のその荘厳なる御稜威、そしてその神聖なる全能の御力の輝かしいその前に、それが私たちの心に染み透って、それに感動を受けつつ、お祈りを始めます。

 そして私自身の全く虚しさ、私たちが全く何でもない、という事が、私たちにしみじみと染み渡ります。そして、イエズス様が私たちを赦して、そのイエズス様の密かな玄義の中に入り込んで、それを理解できる事ができるように許して下さる、お知らせてくれる、という事について、本当にびっくりして感嘆しています。「イエズス様の御生涯の中に、その聖心の中に入る」という事が許される、という事に全く驚きます。

 心からイエズス様に感謝します。そしてその信仰の大きな動きによって、その行為によって、「今から黙想する事こそが現実であって、真理であって、他のこの世の出来事は全く夢であって、長続きする本物ではない。今からの事が天主の真理であって、私はこれを固く信じる、これこそが真理だ。」と。そして黙想を始めます。「そしてイエズス様、私は御身のこの神秘によって、御身と全く一致したいと思います。そして他の多くの恵みを願います。」

 これは、この他多くのものをイエズス様に願う、イエズス様にこそ願う、という事は、これは「希望の徳」です。「イエズス様、御身はこれら全ての事を私に教えて下さいました、私に啓示して下さいました。それは私を救いたいと思うからであって、私に永遠の幸せを与える事を望むからです。御身が私を愛して下さっているからです。」「だから私は、御身を愛して応えたい、と思います。今からする祈りが、全く御身への賛美と感謝と礼拝になりますように、御身の聖心に適うものとなる事ができますように、聖心を喜ばせるものとなりますように、その行為となりますように。」その恵みを求めて下さい。その恵みを祈って下さい。

 そしてこの5分間、そういう事を色々考えた後に、ロザリオを取り出して、「我は天地の創造主、全能の父なる天主を信じ、」と、祈った時に、その目の前に、天地の創造主、全能の父なる聖父がこう浮かび上がって来て、この祈りが何か、私たちの機械的なものではなく、現実となって、これが本当の祈りになります。そしてこうすると、そうやって祈ったロザリオは、私たちにとって非常に大切なものになって、最も大切なもの、ただ例外は、ミサ聖祭だけです。

 ルフェーブル大司教様は、よくしばしば、ミサの典礼のテキストというのですか、「この文章に書かれているものを黙想しなさい。」と、勧めました。このミサの間に、このミサで読まれる箇所がこうあって、それをミサの途中にお読みになるのはとても良いことです。

 皆さんは本当にとても良い特権をここで持っています。何故かというと、私がこのここに入って、ここに居たら、何か、神学校にいるかと思いました。何故かというと神学校では、何と言うのでしょうか、クラッパーを使っていますから。ですから、これは共同体がいつも一致して、この典礼に与る事ができるというのはとても良い事です。これはドイツの規律だ、という事ができます。(^^

 そして私たちがミサに与って、そのミサの神秘を深める為には、ミサを黙想して下さい。ミサの1つ、あるいは2つの祈りを取って、それについて考えを深めて下さい、考察して下さい。或いは、ミサについて公教要理が教える所を、それを適用して、この司祭が聖変化させた、聖変化した時に、「あぁ、イエズス様が十字架に付けられた。ミサと十字架の生贄は、同じ生贄だ。」と、理解します。

 どこかのYouTubeで見たのですけれども、ミサをやっている時に、その直後にイエズス様の御受難の場面が同時に、これがこれに対応している、という動画があります。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/stwFRwmhRws?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>



 読む事は大切ですが、ですが読むのみならず、読んでいるこの内容を考えて下さい。

 こう見てみると、色んな黙想のやり方がある、という事が分かります。最も美しいやり方は、黙想会の時に皆さん学びました。そしてもしも黙想会に与って、その貴重な宝を頂いたのでしたらば、これからそれを無視して生活をする、というのは、ちょっとそれの責任があります。

 黙想の実りの1つは、「天主様が、生ける方となって、生き生きとした方となって、私たちの前に現れる。」という事です。「マリア様が、単なるどこかの方ではなくて、生ける方となって、この人間的な、個人的なもの」となる事です。

 例えそれが短いものであっても、毎日黙想する事によって、信仰、希望、愛徳は深められ、強められます。そして黙想する事によって、日々黙想する事によって、イエズス様と親しい緊密な、日々の生活を送る事ができるようになります。常にイエズス様に忠実に、信仰に忠実に生き抜くためには、黙想なしにはほぼ不可能です。そしてもしも私たちが霊的に進歩し、聖徳を目指すならば、必ず黙想が必要です。

 私は、皆さんが一人一人、必ず皆さん全部、皆さん全員が、聖人となる事を望んでいます。ですから、毎日の黙想を決してなおざりになさらないで下さい。一番黙想に相応しいのは、適しているのは、朝です。朝、10分早く起きて、遅いのではなく早く起きて、10分或いは15分、朝黙想して下さい。

 ご清聴ありがとうございました。
コメント

聖ピオ十世会日本 聖伝のミサ シュテーリン神父説教 SSPX JAPAN Traditional Latin Mass

2015年09月10日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

 愛する兄弟姉妹の皆様、

 2015年8月16日(聖霊降臨後第12主日)に大阪での歌ミサの中でシュテーリン神父様がなさった御説教をご紹介いたします。

 ところで、2015年の残りの聖伝のミサの予定は次の通りです。

9月13日(主)大阪 午後06時30分 聖霊降臨後第16主日
9月14日(月)大阪 午前09時30分 

 10月の予定は、次の通りです。大阪の初土曜日のミサは10月以降次のように時間が変更になりました:午前11時 => 10時半開始 よろしくお願いいたします。

10月02日(金)大阪 午後05時30分 初金のミサ
10月03日(土)大阪 午前10時30分 初土のミサ
10月04日(主)東京 午前10時30分 聖霊降臨後第19主日
10月05日(月)東京 午前06時15分【!】

10月25日(主)大阪 午後06時30分 王たるキリストの祝日
10月26日(月)大阪 午前09時30分 



 11月の予定は、次の通りです。(11月については変更がありません。)

11月06日(金)大阪 午後05時30分 初金のミサ
11月07日(土)大阪 午前10時30分 初土のミサ
11月08日(主)東京 午前10時30分 聖霊降臨後第24主日
11月09日(月)東京 午前07時00分 

11月15日(主)大阪 午後06時30分 聖霊降臨後第25主日
11月16日(月)大阪 午前09時30分 

 12月の予定は、次の通りです。

12月04日(金)大阪 午後05時30分 初金のミサ
12月05日(土)大阪 午前10時30分 初土のミサ
12月06日(主)東京 午前10時30分 待降節第2主日のミサ
12月07日(月)東京 午前07時00分 

12月13日(主)大阪 午後06時30分 待降節第3主日のミサ
12月14日(月)大阪 午前09時30分 

12月24日(木)大阪 午後06時30分 ミサ聖祭 御降誕祭の前日
12月25日(金)大阪 午前00時   クリスマスの真夜中のミサ、
          午前09時   クリスマスの暁のミサ
          午前10時30分 クリスマスの日中のミサ
12月26日(土)大阪 午前10時30分 最初の殉教者聖ステファノのミサ
12月27日(主)東京 午前10時30分 クリスマスの八日間内の主日のミサ

 来年1月の予定は、次の通りです。

12月31日( 木 )大阪 午後06時30分 聖シルベステルのミサ
01月01日(初金)大阪 午前10時30分 新年の初金のミサ
01月02日(初土)大阪 午前10時30分 新年の初土のミサ
01月03日(主日)東京 午前10時30分 イエズスの聖名の祝日
01月04日( 月 )東京 午前07時00分 

 来年の聖週間は、出来れば、聖ピオ十世会日本では、初めてのことですが、日本で聖木曜日、聖金曜日、聖土曜日、復活祭を執行したいと思っています。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


2015年8月16日 聖霊降臨後第12主日
シュテーリン神父様御説教
同時通訳:小野田圭志神父






 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 親愛なる兄弟の皆さん、今日は、非常に有名な、素晴らしい善きサマリア人の話を福音で読みました。黙想会の間、天主様の信じられないほどの素晴らしい、憐れみの神秘を黙想しました。イエズス・キリストこそが、善きサマリア人で、私たちは、半死半生の傷を受けた旅人です。イエズス・キリストだけが、私たちを癒し、私たちに世話をしてくれる事ができます。イエズス様のその行為が、非常に目を見張るものである事は、イエズス様が単に、怪我をしたその私たち、傷を負った私たちを治すだけでなく、日に夜に、私たちの世話をして、そして私たちの生活の細かい所まで、詳細に世話を、それに関心をもって、それに注意を払って下さる事です。

 イエズス様は、私たち半死半生の人を癒す為に、告解の秘跡を定めて下さいました。そしてそれによって、私たちを一人ぼっちにして置き去りにせずに、私たちに誰か、私たちを世話する誰かを委ねて、そして私たちの病が、私たちの傷が、きれいに治るまで世話をさせようと思われました。

 告解のみならず、この例え話は、私たちに関する別の観点も、別の側面も意味しています。このイエズス様の例え話は、ある特定の質問に対する、特定の答えである、という事を忘れないで下さい。その特定の質問とは何かというと、「私が永遠の命に至る為には、何をしなければならないのでしょうか? 何をしたら良いのでしょうか?」です。イエズス様のお答えは、有名な、「天主を、心を尽くし、力を尽くし、全てを尽くして愛せ。そして、隣人を我が身の如く愛せ。」です。

 「では、私の隣人とは誰ですか?」これが第2の質問です。「私の隣人を愛する為には、何をすれば良いのでしょうか? 隣人を愛するとは、どんな意味があるのでしょうか? 」そこで、イエズス様はこの例えを話します。イエズス様は、まず最初に、私たちが普通どんな行動をとるのか、という事を見せます。もしも私たちが隣人を見ると、普通どんな事を考えるでしょうか? 私たちは彼らに対して何をするでしょうか?

 皆さん、考えた事がありますか? 私たちの出会う99%の人が、この福音の例えに出るような半死半生の人である、という事を。この部屋を出ると、この御聖堂を出ると、皆さん多くの人々に出会う事でしょう。この出会う、見る人々は、体としては、走ったり、元気であるかもしれません、美しいかもしれません。そしてもしかしたら、服装を見ると、半分裸のようであるかもしれません、現代では。しかし、外見はそうでも、その心は、霊魂は、半死半生です。その霊魂の敵によって、彼らはもう身ぐるみを剥ぎ取られ、そして傷付けられ、暴力を受けて、もう息絶え絶えなのです。

 では、一体どんなものが霊魂を傷付け、破壊し、半死半生にするのでしょうか? それは、不潔、或いは罪、或いは物質主義などです。

 では皆さん、それなら彼らの為に働いて下さい。どうやって、私たちはどんな態度を取るでしょうか? 私たちは彼らを見て、そのまま何もせずに、横を過ぎ去ってしまいます。私たちはほぼ絶対的に、この私たちの見かける人たちの救霊、或いは霊魂、その彼らの永遠の救いについて全く関心がありません、「あぁ、この道にいる男の子や女の子たちと私に、一体何の関わりがあるでしょうか? 全く関係ない。」イエズス様は、「もしもそういう態度であるならば、あなたは救霊する事ができない。」イエズス様は模範を示して、「隣人愛とは、善きサマリア人である事だ。」と。





 まず、サマリア人は、この半死半生の人を見ます。第2に、「この人は助けが必要である。」と認識します。この福音に書かれている事をよくお読みになって下さい。この半死半生の人は、「助けてー!」とは言っていません。この半死半生の怪我を負った犠牲者は、自分が傷を受けてしまっているので、あまりに弱く、助けを呼ぶ事さえもできず、自分がどうして良いかも分かりません。この世のほとんどの人々は、自分たちが霊的に半分死にかけている、という事さえも気が付いていませんし、知りません。ですから、助けを呼び求める事さえもしていません。

 そこでサマリア人は、この人の前に立ち止まります。イエズス様はそこで、憐れみに心を打たれて、憐れみに心を打たれて。

 皆さんこの外に出て、そして新聞を読んで、テレビでニュースを見て、何を思うでしょうか? 大体怒ります。「こいつら悪い奴だ。」と、思います。この世の腐敗や、この世の嘘や、この世の欺瞞、偽りに、義憤を起こします。そしてそのような人がいたら、皆さんは、「悪い奴だ。」と、悪口を言います。或いはこのような悪い人が、皆さんの事を特に侮辱して、そして皆さんに害を与えようとする人がいたとすると、例えばそのような人は、皆さんの仕事を奪ったり、皆さんの地位を奪ったりする人もいます。皆さんの悪口を言ったり、全く嘘をついてこけ落とそうとしたり、皆さんの根も葉もないような讒言をします。そのような時は非常に辛い思いもします。そのような時に、私たちの態度はサマリア人と反対ではないでしょうか?

 サマリア人は、憐れみに心を動かされています。もしも皆さんが、他の隣人たちから害を受けたり、邪魔されたりすると、憐れみの心を持つのは非常に難しくなります。私たちに害を与える人たちを許すのは、本当に難しい事です。イエズス様は私たちに、そのような時に、彼らを半死半生の者だとして、憐れみを持つ事を教えています。ちょうどそれは、お医者さんが病気の人を診ると同じ態度の憐れみです。





 司祭はよく皆さんの話を聞きます。例えば、夫婦の間でケンカが起こって、どっちが悪い、どっちがこうだ、と言う話を時々聞きます。時々、「あぁ神父様、私の夫は本当に天主様の掟を守りませんし、こんな悪い事をしますし、こんな事も言いますし、うんぬん。」と、言います。「はい、奥さん。奥さんの仰る事は本当に正しい。それは正しい、正しいのです。」そして、腹を立てて、本当にあの恨んで辛んで、悪い態度を取ります。しかし、もしもイエズス様のように、この夫を、「肉体的には健康ですが、霊魂的には病を負った、かわいそうな男だ。」と考えてみたらどうでしょう? 「半死半生でもう死にかかっていて、助けを必要としている人だ。」と。そうしたら皆さんは、憐れみに心を打たれる事でしょう。

 サマリア人を見て下さい。半死半生の人を見て、この人を揺さぶり起こして、「さあ!起きろ!さあ、早く起きて立ちあがれ!」とは言いませんでした。私たちの主の優しさ、サマリア人の優しさを見て下さい。サマリア人は、この半死半生の男に、尊敬をもって取り扱います。そしてこのサマリア人は、この怪我を受けた死にかかっている男に、オリーブオイルを付けて、そしてワインを付けて、そして丁寧に優しく看病します。このサマリア人は、彼を宿屋に連れて行って、そして寝ないで一晩中この床の横に付いて、頭を冷やし、そして様子を見て、「何か必要な事がないか。」と、看病します。

 この怪我をしている人は、自分の知らない人です。自分の友達でもありません。しかもこの男は、平和の都市であったエルサレムから、罪の都市であるエリコまで、罪の道を歩んでいた男です。

 もしも皆さんが、この善きサマリア人の愛の行動の一つ一つを詳細にみると、これこそが、愛の、隣人愛である、と分かります。

 そこで、本当に恥ずかしい事ですけれども、私たちは自問自答してみなければなりません。本当にイエズス様が私たちに命じたように、隣人を愛してきた事でしょうか?

 残念ながら、そうではありません。もしも私たちがこの御聖堂を出ると、他の人たちを見ますけれども、それはただ何人いるか、でしかありません。

 これは象徴です。イエズス様がこの善きサマリア人の、肉体にする事を、本当にイエズス様は、私たちの霊魂にして下さっています。もしもイエズス様がその模範を下さるならば、私たちも皆、善きサマリア人たちにならなければなりません。私たちも、周りの人々の、隣人たちの霊魂の世話をしなければなりません。

 これはどんな意味があるのでしょうか? まず、目を開けてみると、「隣人たちがいる」ということに気が付く事です。そして第2に、「この隣人たちが、非常に危険な状態に置かれている」という事を理解する事です。そしてこの御聖堂を出て、通りに出ると、半分裸の様な女性たちが歩いています。どうぞそのような方々に、「慎みのない人々だ。」「もう失われた人々だ。」などと仰らないで下さい。却って善きサマリア人のように、「半分死にかけている霊魂たちだ。」と、思って下さい。そこで憐れみに満ちて近寄って下さい。

 では、「その傷口にオリーブ・オイルを注いで」というのはどういう事でしょうか? 聖ベルナルドは、「サマリア人が付けたこの香油は、これは『祈り』だ。」と、言います。天主様の御恵みだけが、霊魂を癒す事ができます。天主の御恵みは、祈りによって、初めて受ける事ができます。

 どうぞ、文句を言ったり、不平を言ったり、批判するのを止めて下さい。もちろんこの世の中には邪悪があります。皆さんが怒ったり腹を立てたりする度に、皆さんは病気になってしまいますし、年を取ってしまいます。もしもより少なく怒るならば、より長く生きる事ができるでしょう。そしたら、より少なく頭痛が起こる事でしょう。そして皆さんが怒ったところで、私たちの主に良い事を与える訳でもないし、隣人に良い事を与える訳でもないし、自分自身に良い事が起こる訳でもありません。善きサマリア人が憐れみ深かったように、憐れみ深くあって下さい。この周りにいる人たちの為に、この霊魂たちの為に、射祷をたくさん唱えて下さい。

 この怪我を負った人を運んで、宿屋に運ぶ、というのはどういう事でしょうか? これは、この霊魂たちを、イエズス様の聖心の元に連れて行く、という事です。この半分死にかけている霊魂たちの間で、寝ずに看病する、というのはどういう事でしょうか? 夜眠られないような時には、イエズス様の聖心の前に行ってそして、「これらの霊魂を救って下さい。これらの霊魂を助けて下さい、聖心に引き寄せて下さい。」と、夜お祈りする事です。

 これらの霊魂は、皆さんが犠牲を捧げる時に、皆さんがその犠牲を払った時に、彼らには癒しの恵みが与えられます。

 サマリア人はお忙しい人でした。でも忙しかったにもかかわらず、自分のビジネスの為の時間がなくなったにもかかわらず、サマリア人はその病気の死にかかっている人の為に、時間を使いました。皆さんも、私たちの隣人の為にお祈りをする時間をするべきです。「神父様、時間がありません、本当に忙しいのです。」

 では、私たちの本分上の義務を良く果たす事によって、犠牲としてそれを捧げて下さい。「神父様、私はもう疲れているので、ちょっと映画も見ないといけません。」

 もしも、イエズス様が皆さんに求めている様な隣人愛を実践するならば、私たちの生活は、信じられないようなやり方で変わってしまいます。皆さんは、自分自身の利己主義から抜け出して、いつも自分自身の周りを、自分中心で回っていた世界から抜け出す事になります。そして隣人の必要としているものが何であるか、という事に注意深くなります。皆さんの心は憐れみ深くなります。という事は、愛し始めるようになります。そうしたら皆さんの心は、イエズス様の聖心と似通ったものになります。その時初めて皆さんは、天主様の愛の掟を果たす事ができるようになります。

 では、どうやったら良いのでしょうか? それには一つしか手段がありません。イエズス様の仰ったこういう御言葉の全ての裏側に、後ろに、どなたか一人の方をご覧にならなければなりません。イエズス様が、サマリア人の美しい模範を皆さんに見せる時、もちろん御自身の事を描写しています。その第1の目的は、私たちがそのようなサマリア人でならなければならない事を教える為です。そしてもしもイエズス様が、私たちがこのようなものであってもらいたい、という姿を見せる時に、その姿の後ろにはどなたかいらっしゃいます。

 皆さんどなたか良く知っていますね。イエズス様のお母様、インマクラータ無原罪のマリア様です。全ての聖寵の仲介者であるマリア様だけが、私たちの心を変える事ができます。マリア様だけが、私たちをして、天主を愛し、隣人を愛する事ができるように、教えてくれる事ができます。何故かというと、イエズス様が、「お前の全ての力を尽くして、全ての能力を尽くして、全ての霊魂を尽くして、天主を愛せ。」と、言った時に、イエズス様の頭の中には、これを本当に、忠実に実現した一人の方を頭に浮かべていたからです。何故かというと、マリア様だけが、無原罪のマリア様だけが、天主を本当に真実に、全ての力を込めて愛したからです。

 同時に、マリア様が私たちの母として任命された時に、私たちの憐れみの母となりました。憐れみの御母であるマリア様は、その全ての子供たちが傷付いている時、怪我をしている時に、その時に、憐れみに心を打たれるのです。マリア様は、このかわいそうな半死半生の死にかけている霊魂たちが、完全に良くなるまで止まる事はありません。マリア様は、日中もまた夜も、絶えず、いつも助けようと、看病しようと、心を砕いています。マリア様は、「絶えざる御助けの聖母」です。

 マリア様が、皆さんと私のお母様になりましたから、そして良き母は、愛する子供たちに必要なものを、自分の持てるもの全てを与えますから、マリア様だけが、私たちのような冷たい氷の様な心にも、少し暖かいマリア様の天主への愛と、隣人への愛の心を下さる事ができます。でもその為には条件があります。それは、マリア様が私たちの母である、という事を許さなければなりません。マリア様に、母としてそれを願わなければなりません。私たちが子供として、母に願わなければなりません、「お母さん、それを下さい。」と。

 マリア様は、その偉大な聖人の一人に、その特別な御恵み、特別な任務を与えました。マリア様はこの聖人に、全ての心を尽くして、マリア様を通して愛する、天主を愛する事を教えるように命じました。これは、聖ルイ・マリア・グリニョン・ド・モンフォールです。また、マリア様は別の聖人を選びました。そしてこの聖人に、私たちが善きサマリア人であるように、隣人にとってサマリア人であるように教える事ができるようにしました。これが、聖マキシミリアノ・マリア・コルベ神父です。

 そして善きサマリア人とは? そして皆さんが善きサマリア人になる為にはどうやったら良いでしょうか? その為には、「無原罪の聖母の騎士」となる、という事です。

 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

コメント

2015年8月16日 聖ピオ十世会日本 聖伝のミサ(トリエント・ミサ) SSPX Japan Traditional Latin Mass

2015年09月09日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

 愛する兄弟姉妹の皆様、

 いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
 こちらは、マニラの修道院長でありつつも、今年の7月1日付けでマニラの教会の主任司祭の職務を同僚のサア神父様に委任しました。それ以後、フィリピンのマニラ管轄(およびその他)のミッションを視察に回っています。日本と韓国の他にも、香港、イロイロ、ダヴァオ、ジェネラル・サントス、パラワン、レイテ、などに行きました。

 これからバギオや、カガヤン・デ・オロ、カミギン島、ブトゥワンを始め、マレーシアにも行かなくてはなりません。

 9月1日には、レイテ島のマアシンまでデ・ガラレタ司教様のお供をしました。司教様は、堅振の秘蹟を私たちの信徒の方々に授けて下さり、95名が堅振を受けました。

 その他にも、カガヤン・デ・オロでは96名、ダヴァオでは33名、ジェネラル・サントスでは70名、イロイロでは23名、セブでは44名、マニラでは46名が、合計312名が聖伝による堅振を受けました。天主様に感謝!

 日本の大阪では、2015年8月16日(聖霊降臨後第12主日)の朝9時からミサがありました。本来ならお説教は無い予定でしたが、黙想会が終わって盛岡に帰省する方々などがおられたので、シュテーリン神父様からの宿題の霊操最後の黙想のテーマである「天主様の愛」について、帰りの電車の中で黙想する手がかりになればと思ってお話ししました。ご紹介いたします。


天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

2015年8月16日 聖霊降臨後第12主日 
小野田神父説教


 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 今日、事情で、ミサの後にすぐに帰らなければならない方がいらっしゃるので、少しだけ黙想を提案するのを許して下さい。詳しいお説教は、シュテーリン神父様から聞く事に致しましょう。

 私が提案したいのは、今日福音で読んだように、イエズス様が「永遠の命を受ける為には、全てに超えて、天主を愛さなければならない」という事を教えている事です。私たちがここで今生きているのも、今私たちが命を受けているのも、私が持っているもの全て、私が今こう在るのも全て、今こうして考える事ができるのも、こうやって話を聞いているのも、私が今服を持っているのも、今ここでこうしているのも、全て、天主様から頂いたものです。私たちが今持っているもので、天主様から頂いていないものはありません。全てが全て全て、天主様からの特別の御恵みであって、特別の贈り物であって、特別の御恵みです。

 私たちが今こうやって、信仰を持っているのも、生きているのも、そして聖伝のミサに与っているのも、黙想会ができたのも、私たちが素晴らしい管区長様と出会って、そしてそのお話が聞けるのも、全て天主様からの特別のはからいであり、憐れみであり、光であり、御恵みであり、天主様が私たちの為に与えよう、と思っておられるからです。

 そして何故、これほどまで与えて下さったかと言うと、その目的は1つです。何故ならば、天主様は、私たちを愛しておられるからです。何故愛しておられるかというと、私たちに良い点があったという訳ではなくて、ただ単にイエズス様があまりにも良い方で、あまりにも私たちの事を想う、善き御方だったからです。

 愛する人たちを見て下さい。愛する人たちはいつも、愛する人の事を考えて、その相手の為に、自分の持てるものを与えたい、自分の持てる力で何か奉仕したい、何かこう教えたい、何か相手に幸せになってもらいたい、相手がもっともっと喜んで、もっともっと豊かになってもらいたい。自分の持てるものをみんな尽くしても、みんな捧げても、それでも足りない、そうする事が嬉しい。そう思うのではないでしょうか。

 まさに、天主様も私たちを愛するがあまり、私たちが幸せになる事、私たちが天主の命を受ける事を望まれました。私たち、そしてそうする事によって私たちも、イエズス様をお愛し、全てを超えてお愛しし、そしてその愛の交流の中で、永遠に天主と共に愛する事を、天主の中に於いて幸せである事を望まれたからです。

 私たちの創造の目的は、天主を愛し、天主の愛に愛で応えて、そして永遠に幸せである事です。ですから、私たちの最高の掟は、天主を、全てに超えて、全ての心を尽くし、全ての力を尽くして、全ての霊魂を尽くして、お愛し申し上げる事です。私自身よりも、天主を愛する事です。

 そして全ての被造物は、私たちの隣人、友人、その周りにあるものは、天主を愛する為にあるもので、天主へと行く道であります。ですから私たちは、天主様を愛する為に隣人を愛し、そして隣人が天主様を益々愛するように、天主様へと行く為に、隣人の霊魂が救われる為に、隣人がますます天主を愛して、天主にのみ行くように、愛するべきであります。そしてそこを、天主様が望んでおられます。

 「全ては天主を愛し、隣人に於いて隣人が天主を愛するが為に、隣人に於いて天主を愛する。」そしてこれこそ、最大の掟です。

 黙想会の御恵みを、いつも私たちの心に留めておきましょう。その原理と、私たちの原理と、私たちの生活の基礎を、天主様の愛の上に、深く、しっかりと建てる事に致しましょう。そして全ては天主様からの恵み、私たちの出会う日常の全ての出来事は、天主様からの愛の贈り物だ、という事を確信いたしましょう。そして愛の内に、感謝の内に、生きる事に致しましょう。

 マリア様がまさに、そういうご生活をなされました。ですからマリア様の御取り次ぎによって、天に上げられたマリア様の御取り次ぎによって、そのように生きる御恵みを求めましょう。

 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。


コメント

【聖ピオ十世会】 シュテーリン神父様 2015年聖母の被昇天 聖伝のミサのお説教

2015年09月08日 | お説教・霊的講話
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 今日9月8日は、聖母マリア様のお誕生日です。

 さて、2015年8月15日、聖ピオ十世会アジア管区長のシュテーリン神父様が大阪で捧げて下さった聖伝のミサ(トリエント・ミサ、ラテン語のミサ)でのお説教の書き起こしをご紹介します。書き起こしをして区だっさった方には、心から感謝します。

 マリア様の被昇天の神秘が深くよく分かるとても感動的なお説教です。聖母マリアさまのお誕生日に、聖母マリア様が天国に生まれたその祝日のお説教をお読み下さい。

 特にその最後の言葉は、聖母マリア様からの私たちへの熱烈な訴えであり、希望であり、願望であり、望みであるので、私たちの心に訴えてきます。

 どうぞお読み下さい。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)





2015年8月15日 聖母の被昇天の大祝日
シュテーリン神父様御説教
同時通訳:小野田圭志神父

 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 親愛なる信徒の皆さん、今日は、私たちは一緒に、マリア様の偉大なる大勝利を祝う為に集っています。実に、私たちの聖母マリア様の被昇天の玄義は、私たちの主が、聖母に、何をどのように取り扱いたかったか、という事を示しています。天主が全地を、天と地を創り上げた時に、創造した時に、その目の前に傑作が既にありました。それがマリア様です。そしてこの大傑作は、全ての創造の業が終わった時に、最高の地位を占めて、最も偉大な業でなければなりません。そしてマリア様の偉大さを示す為に、天主は、マリア様がこの地上に生きている間、最も酷い、最も苦しい苦しみを耐え忍ぶ事を望まれました。例外は唯一、その御子イエズス・キリストだけでした。

 マリア様は、イエズス・キリストの使命と、その生涯に、最も深く参与しなければなりませんでした。そしてそのマリア様よりも深い参与はなかったほどです。ですから、天主様の感嘆すべき愛の御業を見て下さい。そしてマリア様こそが、その愛の御業に全く深く参与した方です。

 天主は、創造のその始めから、マリア様をその完全に持っていた、その目で見ていた、と申しましたが、悪魔が、創造の御業を、原罪を犯させる事によって破壊した時に、既にマリア様をその復興の対象として、そのマリア様を使う事を望みました。天主の計画はその最初から、勝利を収める女王が、悪魔の力に対して、悪の力に対して勝利を収める事でした。

 どのようにしてこれを実現させようとしたのか、と申しますと、天主御父は、御子の、地上に救い主として来る事ができるかできないかを、マリア様のご意志に、ただ委ねたのです。天主様の計画は、このマリア様を最高のものとして高め、高揚する事でしたが、マリア様は自由でした。全く自由に、それに同意するか、同意しないかができました。

 2つの事を感嘆しなければなりません。まず、天主様の素晴らしいご計画で、そのような存在を創りだそう、と思われた事です。「このマリア様は、天主の敵を全て、粉々に打ち砕くでしょう。」「マリア様は、天主の母となるべきでしょう。」「そして彼女は、御子の救い主の御業に参与して、新しいアダムと共に、新しいエワとならなければならない存在となるでしょう。」「そしてその様な英雄的なご生涯、英雄的な忠実の後に、その御体は、御霊魂と共に、天の栄光を受けるでしょう。」

 私たちは、こう感嘆して言わなければなりません、「おお、天主よ、御身の御業は何と素晴らしい事でしょうか!」何故かというと、マリア様といえども、私たちと同じく無に等しいものであるからです。

 このマリア様を、それほど絶対的に、究極的に、その最高の輝きまで、栄光まで高める事を望んだ天主の御計画は、私たちにも同じような計画を持っています。何故かというと、天主がマリア様を天主の御母と計画したその瞬間、マリア様が私たちの母である、という事も計画されたからです。つまり、マリア様の子供たちの運命は、その究極の行きつく先は、マリア様と同じだ、と言わなければならないからです。例え私たちがもう、マリア様よりはるかに下の存在ではあるけれども、マリア様の栄光に参与する、それに与る事ができる特権を下さったからです。

 「天主の御言葉は、人となって我らの内に住み給えた。」「マリア様を通して我らの内に住み給えた。」と同じ様に、常に、マリア様を通して私たちの霊魂に住み給う事を計画されました。

 天主は同時に、私たちも天主の御子の贖いの御業に参与する事を計画され、望まれました。まず、私たちが贖いの功徳を身に受けて、そして潔められ、新しいアダムとエヴァの子供たちとなる特権を得ます。次に、マリア様がイエズス様を助けて、贖いの業に参与したように、私たちも、マリア様とイエズス様を助けて、霊魂の救いの為に働く事を望まれます。天主の他の子供たちの、霊的な父と母となるように参与するように、招かれています。

 もしも、マリア様がイエズス様に忠実であったように、私たちもマリア様のようにイエズス様に忠実であるならば、私たちにもマリア様に与えられたような、天国の永遠の報いが約束されています。

 「おお、天主様、」私たちは、こう言わなければなりません、「おお、御身の御業は何と感嘆すべきでしょうか!御身の道は何と優れた事でしょうか!」私たちもまた、何でもありません、無に等しいものです。マリア様との違いは、無よりも酷い事です。つまり罪に汚れたものであるからです。天主様は、こんなような罪にまみれた、無以下の私たちをも、天主の御子として、しかも天主の永遠の喜びに参与する事を望まれます。

 では、第2の感嘆すべき点をご覧下さい。マリア様がどうやってそれに、天主の計画に答えたかを見て下さい。これを見ても、私たちは本当に驚くばかりです。マリア様は聖寵に溢れて、そしてその御恵みに満ちて答えました。その答えはあまりにも完璧で、私たちは信じる事がもう出来ないほどの素晴らしさです。

 マリア様は自由でしたから、もちろん「嫌だ、できません。」と、答える事もできました。少なくとも疑ったり、少なくともためらったりする事ができました。天主様は、マリア様が何も理解できなかった事を準備しました。最も聖なる人々でさえも、「え!?そんな事があるだろうか?」と、疑うような事を準備しました。しかしマリア様は、全く完璧に天主の御旨に一致していました。マリア様はいつでも、どこでも、完璧に御旨と同化していました。マリア様に於いては、天主の愛の妨害になるような、いかなる邪魔ものも妨害もありませんでした。ですからマリア様は、全く天主の聖寵によって聖化され、そして天主化されていたのです。「天主的なマリア」とは、聖マリア・グリニョン・ド・モンフォールの言葉です。

 天使が、大天使がマリア様の元にやってきて、「御身は、天主の御母となるでしょう。天と地の元后となるでしょう。」という事を申します。マリア様にとって、もしかしたら非常に普通の事で、このように考える事は普通の事であったかもしれません。つまり、「私が天主の母となる。私が元后となる。私のそれは素晴らしい名誉のチャンスだ。」と。

 マリア様は、ご自分のことを少しも考えませんでした。マリア様は、天主の御旨を果たす事だけに集中していたので、自分の事には一切構いませんでした。

 そしてイエズス様が30歳になって、マリア様の元を離れて旅立って、公生活を始めた時、マリア様の態度は、全く素晴らしいものでした。3年間の公生活の間、イエズス様は見かけ上、マリア様をほぼ拒絶しているかのように見えます。例えば、イエズス様はマリア様の事を、「お母さん、」とは呼ばずに、「女よ、」と呼びます。マリア様が近くにいるにもかかわらず、イエズス様はこんな事を言います、「誰が私の母か。天主の御旨を果たす者が、私の母だ。」マリア様は全く不平を言いません。全て服従します、全て従います。そして最も素晴らしい御業は、マリア様が十字架の下に佇む事です。

 十字架の下で、全てはもう終わってしまった、もうこれで何もかも終わってしまったように思われました。あたかも、イエズス・キリストは大失敗をしたかのようです。イエズス・キリストはこの世を救う為に来たはずなのに、その救うべきお方が殺されてしまって、救われなかったのです。人間的に言えば、十字架の上でイエズス様は、全く破壊し尽されてしまいました。そして弟子の使徒たちは、皆逃げて逃亡してしまいます。そして十字架の下に佇んで留まっていた人たちでさえも、何の事か分からず、理解ができませんでした。皆、信仰を失ってしまいました。

 ただ、例外があります。それが、マリア様です。全世界が皆全て、「全てが終わった!」と、叫んだときに、マリア様は一人、「必ず復活がある。」と信じていました。マリア様は、気絶したり倒れたりしませんでした。十字架の下で、しっかりと立っていました。マリア様は、不平不満を言いませんでした。マリア様は、ためらったり疑ったりもしません。マリア様の確信を、1つも揺るがすものはありませんでした。この英雄的な信仰を、私たち誰もが理解できません。

 希望の徳について言えば、イエズス・キリストの御国が来るという事、イエズス・キリストがこの世を救う、という事について、この全ての人たちは希望を失っていました。何故ならば、キリストは盗賊の間に十字架に付けられて、極悪人として死去されたからです。イエズス様の預言、大勝利の預言、大栄光の預言、そしてこの世を征服する預言、この世を救うという約束、それはもう目の前で、あたかもこれで万事休す、全く終わり尽くしてしまったかのように思えます。もう、希望は絶対的になかったかのように見えます。

 しかしマリア様は、それにもかかわらず希望します。この全く最悪の状況に於いて、「必ず、イエズス・キリストは勝利する。」と、希望していました。

 これこそが、そのマリア様を天国にイエズス様が連れて行かれた理由です。ただ単に、マリア様の御身体が罪の道具となる事がなかったり、或いは罪を犯した事がなかっただけではありません。マリア様がなさった事、そしてどのようになさったか、という事の報いとして、天に上げられたのです。マリア様は、イエズス様と共に、天のいと高き所、もう、被造物がもうこれ以上、上に上がる事ができない最高の高みまで上げられました。被造物がこれ以上下がる事がない深み、苦しみと、悲しみと、この十字架の苦しみの深みの極みまで行った方はなかったからです。

 つまり他の言葉で言い換えると、天主様は、被造物に於けるこの最高の極みまで、極みの頂まで、マリア様を連れて行ったのです。マリア様は、イエズス様に連れて行かれる時に、「主よ、もうやめて下さい。もうこれ以上できません。」と、一言も言った事はありませんでした。マリア様はそこで、最も酷い境遇を忍耐し、そしてそれを捧げたので、最も素晴らしい栄光に参与しなければならない者となったのです。マリア様は、最も謙遜な御方であったので、天主は最も高き栄光に上げられたのです。だからマリア様は、天使たち、全ての天使たちよりも更に上げられました。何故ならば、マリア様は最も、もう全てを超えるような状況に於いて、信仰を保ったからです。

 マリア様は、今まで被造物が受けた報いの全てを合わせても、それでも全然足らないほどの、更に素晴らしい、最高の、被造物がもうこれ以上受ける事ができない、と思えるほどの栄光を受けました。

 マリア様の栄冠、マリア様が天と地の元后である、とはどういう意味でしょうか?例えば元后とか女王様と言うと、「ええ?天国では何かそういう偉い人が、何かこう信号で統治する何か法律を作ったり、何かそういう政治のビジネスがあるのでしょうか?」

 「元后」というのは、「最高の素晴らしさ」という意味です。「マリア様が、最も高い、高きの高みに上がった」という事です。何故ならば、マリア様はその前に、生きている間に、最悪の、更にその最悪を生きたからです。

 だから、この被昇天は、私たちにとって最も必要な祝日の1つです。何故なら、この祝日は、天主様がいかに寛大であるかを示しているからです。皆さんは仰るかも知れません、「イエズス様、天主様、私はそんなに何でこんなに苦しまなければならないのでしょうか?私の周りにいる人は、本当に変な事ばっかり。私は天主様から罰せられている。何で私ばっかりこんなに悪い事が起こっているのでしょう?」その理由は、この被昇天の祝日に隠されています。もしも、天主様が私たちにひどい境遇を許されるなら、最悪の境遇を許されるなら、実は天主様は私たちに、「最高のものを与えたい」というご計画があるからです。

 私たちがどのように酷い境遇に置かれたとしても、更にひどい境遇に置かれた、私たちの御母がいらっしゃる、という事を知って下さい。この同じ母親は私たちにこう言います、「子よ、ご覧。もしも私と一緒にこの苦しみを通るなら、私と一緒に栄光に行く事ができるのよ。」と。

 それから、もう1つ特別な点がこの祝日にはあります。実は、もっともっとこの祝日にはたくさんの点があって、私がもしもその事を皆さんに全部、こう話そう話そうとしたら、明日の朝までこうやって話しても、まだ皆さん座って聞いています。皆さんをまた拷問にかけるのは望みませんので、短くします。

 マリア様は、御体と霊魂によって被昇天を受けました。何故ならば、私たちは人間であって、人間は肉体と霊魂でできているからです。現代、人間の肉体は非常に重要視されてきています。あまりにも肉体を重要視するので、霊魂の事をすっかり忘れています。現代の人々は、肉体に快楽とか楽しみを与える事だけを考えて、あまりにもそれを与えるので、体は病気になって死んでしまうほどです。現代、人々は肉体をあたかも神々のように礼拝しています。これは物質主義です。でも、皆さんよく知っているように、このかわいそうな肉体は病気になりますし、そして年を取りますし、そして遂にはウジ虫の餌になります。

 ところで、肉体の世話をした事がない人もいます。その時間がないからです。興味がないからです。この体は、彼女の知性、そして意志、そしてその霊魂の道具でありました。例えば、マリア様がイエズス様を、夜中にエジプトへと連れて行く時に、その旅路は準備のないものでしたから、マリア様は全く疲れて、汚れて泥で、埃でまみれていました。しかしマリア様は、身体の事を特に気を使っていませんでした。

 ところで現代の人は、この肉体にあまり無理をかけないで、若くしようとして、そして栄養物をやって、としているではないですか。そしてこの現代の人は、肉体に全てのものを与えて、もうちょっと健康でもうちょっと長生きするようにしています。もうちょっとだけ、この美しさと美貌が保たれるように頑張っています。特に女性の方は、年齢を重ねるにつれて問題が生じています。髪の毛が白くなったり落ちたりすると、この人間の終わりに近付いているのだ、という事が見えてきます。そしてこのような人々は、霊魂の事は一切構わず、肉体の事だけを考えて、肉体の事だけ、肉体の保存と美貌だけを考えて、そして遂には、ウジの餌になってしまいます。

 しかし、私たちの望みは、全くそれとは違っています。私たちはいつも若々しくいたい、と思います。年をとったご老人達は、「若かった頃はこうだった。若かった頃は…。」と、いつも、若かった、美しい頃の時代の事を話して、夢見ています。老人の家には、若い人の写真があって、「この、おばあさん、誰ですか?このきれいな人。」と、聞くと、「これは、私がまだ20歳だった頃なの。」

 私たちはいつも、「若くありたい」と、思っています。「美しくありたい」というのは、それは良い望みです。そして「力強くありたい」という事も良い望みです。しかし、このようなこの望みは、1回しか果たす事ができません。それには証拠があります。それは、1人の方が亡くなって、そして最も美しい体で、最も力強く、被造物の中で上げられているからです。

 ルルドで、聖ベルナデッタがマリア様の姿をご覧になった時に、そのマリア様の美しさは、あまりにも美しかったので、ベルナデッタは、そのマリア様の現れたルルドを離れる事ができないほど、離れる事が非常に辛い事でした。それほど美しかったのです。

 ファチマでマリア様を見たルチアに、「マリア様はどういうご様子でしたか?」と尋ねると、マリア様について、「マリア様は光の体を持っていました。」

 このマリア様が、私たちの母です。このお母様であるマリア様は私たちに、「お前たちも、私と同じようになるのよ。」と約束します。「ここにいらっしゃるおばあさんも、若く、美しくなります。永遠に。」「ここにいるおじいさんも、私の子イエズス・キリストのように33歳の最も完成された年齢に戻るでしょう。」

 若さ、力、そして美、それを全てマリア様は皆さんに約束されます。マリア様は、この被昇天の大祝日に、皆さんの前に、そのご自分の美しい肉体と霊魂を見せて、将来皆さんになる事を約束します。しかし、ここに到達する為には、マリア様と共に行かなければなりません。マリア様を真似しなければなりません。マリア様がご自分の体をそのように扱ったようにする時、ですから、私たちがマリア様に属して、マリア様と共にいるという事は、非常に重要で大切です。それは、このお母様が、私たちの全生涯に於いて、いつも、常に、共に、横にいて下さる為です。それは、マリア様が私たちの肉体をどうやって取り扱ったら良いかを、教えて下さる為です。それこそが、マリア様と共にいる事が、この世界にいる、私たちの人間の肉体を神々のように崇めている人たち、天主の敵に対する最高の勝利です。

 「天に、大きなしるしが現れた。」と、ありますが、その「大きなしるし」として、マリア様は私たちの目の前に立っておられます。太陽をまとい、そして月を足に踏み、そして頭には12の星を冠にして立っておられます。マリア様は、この大きなしるしであるマリア様は、皆さんを招待して、招いています、「いらっしゃい。私の子供でありなさい。私の奴隷でありなさい。私の騎士でありなさい。もしもそうであれば、この世で生きている間に、いかなるものも、お前たちの邪魔ものはいないでしょう。」

 今日、皆さん、マリア様の被昇天の深い玄義を理解できたでしょうか。マリア様はこの難しい現代の時代に於いて、単なる希望ではありません。私たちの、最後の希望です。もしもマリア様をお持ちでないならば、私たちは全てを失ってしまいます。もしもマリア様を持って、マリア様と共に、私たちが生きるならば、マリア様は私たちの最高の理想となって、最高の偉大なしるしとなるでしょう。悪魔が、サタンが皆さんの所に近寄って、誘惑しようとする時、誘う時に、マリア様は常にそのサタンの頭を踏み砕くでしょう。マリア様と共に皆さんは、全ての誘惑に打ち勝つでしょう。皆さんはマリア様と共に、天国に行くでしょう。天国で、マリア様は皆さんをお待ちです。

 もう一度申します。マリア様は、今、天国で皆さんをお待ちです。

 聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。



天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


コメント