Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ礼拝し希望し御身を愛します!御身を信ぜぬ人々礼拝せず希望せず愛さぬ人々のために赦しを求めます(天使の祈)

2013年10月13日、カンザス・シティでのフェレー司教の説教の抜粋(その2)

2014年01月30日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

いかがお過ごしでいらっしゃいますか? フェレー司教様のお説教の続きをお知らせしようと思いつつ、こんなにも遅れてしまったことをお赦しください。

 ニュースによると、フランシスコ教皇はローマ教皇庁(Curia)改革のために顧問として八名の枢機卿を選んで「枢密院」のようなものを創設したそうですが、その内で最も信頼を置き、八名の枢機卿の内の「主席」のような枢機卿が、マラダリアガ枢機卿だそうです。この枢機卿の発言を見ると、彼がオープンな近代主義者であることがわかりカトリック教会の行く末が思いやられます。

 私たちは、カトリック教会のために、教皇様のために、枢機卿・司教たちのために、たくさん祈らなければなりません。特にロザリオの祈りを多く捧げましょう。私たちはすべてが天主に依存しているかのように祈り、同時にすべてが私たちの努力と知恵に依存しているかのように、私たちにできる範囲の善を行わなければなりません。

 それでは、二〇一三年十月十三日、カンザス・シティでのフェレー司教の説教よりの抜粋(その2)をご紹介します。この日本語訳をしてくださった方に心から感謝します。

愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


*****


原文はこちら

二〇一三年十月十三日、カンザス・シティでのフェレー司教の説教よりの抜粋(その2)

フェレー司教



 教皇フランシスコの、問題ある言葉をもう一つの引用する。

教皇フランシスコ「ある人が、完全な確信をもって天主に出会ったと言い、不確実さのかけらもないと言うのなら、これは良いとは言えません。私にとって、これは重要な鍵です。ある人があらゆる疑問に対して答えを持っているなら──それは、天主がその人とともにないという証拠です。つまり、その人は自分のために宗教を利用している偽預言者だ、ということです。モイゼのような天主の民の偉大な指導者たちは、常に疑いの余地を持っています。」

 フェレー司教はこれに答えて叫ぶ。「教皇は、いったいどんな福音書を持っているのでしょうか? このようなことを述べるとは、教皇はいったいどんな聖書を使っているのでしょうか? 酷いことです。福音と、また、カトリック信仰と、これがどのような関係があるというのでしょうか? これは純然たる近代主義です。親愛なる兄弟姉妹の皆さん、私たちの目の前には、正真正銘の近代主義者がいます……」

「教会当局に、人々が立ち上がって[私たちがこのような新しい教えを受け入れることは]『断じてありえない!』と言うために、これ以上どれほどの時間が必要でしょうか? 私はこのことが起こることを心から希望し、祈ります。しかし、これは教会内に巨大な分裂をもたらすことを意味します。」

 フランシスコは、また、自分は超近代主義者のイエズス会士、マルティニ枢機卿(すでに他界)の大変に尊敬していると私たちに告げている。マルティニ枢機卿は、教会内で、全体革命をおこすことを呼びかける一冊の本を書いた。「これが、フランシスコ教皇が欲していることです。教皇は、彼のような考えを持つ八人の枢機卿を、教会を"改革"するための助け手として選びました!」

 フランシスコ教皇は「この方向に向かって、ほとんど何も行われなかった」と主張しているとフェレー司教は述べる。これは驚くべき発言である、と司教は指摘する。なぜならエキュメニズムは教会へ無数の破壊を導入し、カトリック国家を背教へと導いたからだ。「にも関わらず、現教皇は『この方向に向かって、ほとんど何も行われなかった、ほとんど無に等しい』と、…そして『けれどもこれを実行するための謙遜と熱望を私は抱いている!』と述べているのです」

聖伝の教えとロザリオにしがみつこう!

 フェレー司教は説教の要約としてこのように述べる。「教会に影を落としている神秘は、これほど巨大だったことはかつてありません! 私たちは大変困難な時代を目前にしています。いかなる幻想も抱いてはなりません。はっきりとした唯一の解決法、それは私たちが所有しているものにしがみつくことです。かじりついででもそれを保ち、なくさないことです……」

「聖ピオ十世教皇は、すべてのカトリック信者の本質は、過去から離れないことであると言っています。この意味では、全カトリック信者は聖伝の信者なのです! 現教皇はこれと正反対のことを述べています。『過去を忘れ、自らを未来の不確実性へと投げ込め』と」

「間違いなく、私たちはマリアのけがれなき御心を必要とします。私たちが経験していることは、まさに、ファチマの秘密です。私たちがしなければならないことは、すなわち、祈りに祈りを重ね、償いに償いを重ねることです。マリアのけがれなき御心に祈ることは、この困難な時代に私たちに与えられた確かな手段です。そしてロザリオの祈りです」

「確信して下さい、次のロザリオ十字軍の開始はそれほど遠くはありません。ロザリオを手に取りましょう……毎日祈りましょう。私たちは信仰にとって大変危険な時代に生きており、聖母から約束され、聖母から賜ったこの天的な防護の道具を必要とします。とにかくロザリオを祈りましょう! 聖母と天主と親密な関係のうちに成長しましょう!
(Source : Catholic Family News/sspx.org – 10/18/13)



============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい


============
사랑하올 형제 자매 여러분,
한국성비오10세회(SSPX)
임시 웹 사이트를 소개합니다.
SSPX KOREA


コメント (3)

8周年、感謝します

2014年01月22日 | トマス小野田神父(SSPX)のひとり言
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様

このブログも、1月21日で8周年を迎えました。天主様に感謝します。愛する兄弟姉妹の皆様の応援とお祈りに感謝します。

これからもよろしくお願いいたします。天主様の祝福が豊かにありますように!!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
コメント (13)

2月の聖伝ミサの予定

2014年01月19日 | トマス小野田神父(SSPX)のひとり言
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

2月は、
大阪14日(金)、15日(土)、
東京16日(主日)の予定です。月曜は残念ですが、例外で、朝のミサはありません。

宜しくお願いいたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!!
トマス小野田圭志神父
コメント

グレゴリオ聖歌に親しむ会 1月の練習日が変更になりました。

2014年01月10日 | トマス小野田神父(SSPX)のひとり言
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 明日、1月11日(土)に予定されていた練習が、都合により、1月12日(主日)の午後6時からに変更になりました。ご迷惑をおかけしますが、ご理解をお願いいたします。

 天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
コメント

早速、今年の元旦から第四次ロザリオの十字軍が起動しました。

2014年01月02日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 新年の喜びを申し上げます。新年も愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!

 早速、今年の元旦から第四次ロザリオの十字軍が起動しました。日本からは五万環のロザリオの祈りを集計したいと願っています。愛する兄弟姉妹の皆様のご協力をお願い申し上げます。

 こちらは、12月29日に大阪で主日のミサを捧げることが出来て天主に深く感謝します。これについては、次の【お便り】をご覧ください。

 また、神学校へ入学して以来始めて、年末年始を実家で父母と過ごすお恵みを頂きました。新年早々、大変に多くのお恵みをいただき、天主に深く感謝します。

 新2014年も愛する兄弟姉妹の皆様のお祈りとご支援とをよろしくお願いいたします。

 愛する兄弟姉妹の皆様の上に天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

--------------------------------------------


【お便り】
アヴェ・マリア!
神父様、大阪でのボーナスミサをありがとうございましたm(__)m
29日 主日には23人の方が御ミサに与るお恵みを頂きました。デオグラチアス!!
2013年に頂いた多くのお恵みに感謝いたします!!
来年は、新年からロザリオ十字軍も発動されたので特にロザリオをもっと祈ってマリア様の御保護とお取り次ぎを願おうとの決心をいたしました(^0^)/
天主様に感謝!
マリア様に感謝!
ヨゼフ様に感謝!
聖ピオ十世会の神父様方に感謝!いたしますm(__)m


コメント (1)

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】