Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
2018年 8月の聖伝のミサの予定
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】


8月
聖母の被昇天を祝いましょう。
意向:聖母の汚れなき御心の凱旋のため
実践すべき徳:心の柔和と謙遜
守護の聖人:聖母の汚れ無き御心

愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します

◎2018年 8月の予定
【大阪】聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂(アクセス EG新御堂4階 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 〒532-0002
(JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分)

    8月3日(初金)聖霊降臨後の平日(4級)
            午後5時半 ロザリオ及び告解 
            午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月4日(初土)証聖者聖ドミニコ(3級祝日)白
            午前10時 ロザリオ及び告解
            午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月11日(土)~15(水) 聖母小黙想会 (毎日午後) 
            午前10時 ロザリオ及び告解
            午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月17日(金) 証聖者聖ヒヤチント(3級祝日)白
            午後4時半 ロザリオ及び告解 
            午後5時 ミサ聖祭 
            午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月18日(土)聖母の土曜日(4級)白
            午前8時 ミサ聖祭
            午前10時 ロザリオ及び告解
            デ・ガラレタ司教様による堅振式
            午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月22日(水)聖マリアの汚れ無き御心(日本では1級祝日)白
            午後5時半 ロザリオ及び告解 
            午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月31日(金)証聖者聖ライムンド・ノンナート(3級祝日)白
            午後5時半 ロザリオ及び告解 
            午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

【東京】東京都文京区本駒込1-12-5 曙町児童会館(地図) 「聖なる日本の殉教者巡回聖堂」
    8月5日(主) 聖霊降臨後第11主日(2級)緑 
            午前10時  ロザリオ及び告解
            午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月6日(月) 私たちの主イエズス・キリストの御変容(2級祝日)白
            午前7時 ミサ聖祭

    8月19日(主)聖霊降臨後第13主日(2級)緑  
            午前8時 ミサ聖祭
            午前10時  ロザリオ及び告解
            デ・ガラレタ司教様による堅振式
            午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

    8月20日(月) 教会博士大修院長聖ベルナルド(3級祝日)白
            午前7時  ミサ聖祭
            午前7時45分  ミサ聖祭

愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております。

============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい

============

聖霊降臨後第十二主日(二級祝日 典礼色:緑)の固有文をご紹介します

2018年08月09日 | 聖伝のミサの予定

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

聖霊降臨後第十二主日(二級祝日 典礼色:緑)の固有文をご紹介いたします。
ミサ聖祭
本日の典礼では、二つの教えが述べられる。その一つは、われらが自分たちの力では何一つなしえないこと、第二は、天主に奉仕するために聖寵の助力が必要なこと、以上の二つである。
天主の助力によって、われらは、天主の思し召しと掟とを成し遂げるのである。天主の思し召しというのは、天主と隣人とに対する掟に尽きるのである。

 

Dominica Duodecima post Pentecosten 聖霊降臨後第十二の主日
II Classis 二級祝日
Ant. ad Introitum. Ps. 69, 2-3. 入祭文 詩篇69ノ2-3
Deus, in adiutórium meum inténde : Dómine, ad adiuvándum me festína : confundántur et revereántur inimíci mei, qui quærunt ánimam meam. 天主よ、私の助けに下り給え、主よ、私を助けに急ぎ給え、私の生命を狙う敵は、うろたえ、はずかしめられんことを
Ps. ibid., 4. 詩篇 69ノ4
Avertántur retrósum, et erubéscant: qui cógitant mihi mala. 私に対して悪をたくらむ者は、逃げさせられ、はずかしめられんことを。
V/.Glória Patri. V/. 願わくは聖父と・・・(栄誦)。
Deus, in adiutórium meum inténde : Dómine, ad adiuvándum me festína : confundántur et revereántur inimíci mei, qui quærunt ánimam meam. 天主よ、私の助けに下り給え、主よ、私を助けに急ぎ給え、私の生命を狙う敵は、うろたえ、はずかしめられんことを。
Oratio. 集祷文
Omnípotens et miséricors Deus, de cuius múnere venit, ut tibi a fidélibus tuis digne et laudabíliter serviátur : tríbue, quǽsumus, nobis ; ut ad promissiónes tuas sine offensióne currámus. Per Dóminum nostrum. 全能あわれみの天主よ、主の信徒らが、ほまれと威厳をもって奉仕し奉ることは、主の恩寵によるのである。願わくは、途中で迷うことなく、主の約束し給うた善へとわれらを至らせ給え。天主として・・・。
Léctio Epístolæ beáti Pauli Apóstoli ad Corinthios. 使徒聖パウロのコリント人への書簡の朗読。
2. Cor. 3, 4-9. コリント後書 3ノ4-9
Fratres : Fidúciam talem habémus per Christum ad Deum : non quod sufficiéntes simus cogitáre áliquid a nobis, quasi ex nobis : sed sufficiéntia nostra ex Deo est : qui et idóneos nos fecit minístros novi testaménti : non líttera, sed spíritu : líttera enim occídit, spíritus autem vivíficat. Quod si ministrátio mortis, lítteris deformáta in lapídibus, fuit in glória ; ita ut non possent inténdere fili Israël in fáciem Moysi, propter glóriam vultus eius, quæ evacuátur : quómodo non magis ministrátio Spíritus erit in glória ? Nam si ministrátio damnátionis glória est multo magis abúndat ministérium iustítiæ in glória. 兄弟たちよ、これは、キリストによって、私たちが天主のみ前に抱いている確信である。自分自身から出たもののように、何事かを自分に帰する資格を、私たちはもっていない。いや、私たちに資格を与えたのは天主である。天主は私たちに、新しい契約の奉仕者となる資格をお与えになった。この契約は文字ではなく、霊のものである。文字は殺し、霊は生かすものだからである。石に刻まれた死の奉仕も光栄となった。それは空しいものではあったが、イスラエルの子らは、モイゼの顔の光栄をさえ見つめられなかった。それなら、まして霊の奉仕はどれほどの光栄であろうか。罪を定める奉仕が光栄なら、まして義の奉仕は光栄にあふれるばかりであろう。
Graduale. Ps. 33, 2-3. 昇階誦 詩篇 33ノ2-3
Benedícam Dóminum in omni témpore : semper laus eius in ore meo. 絶えず、私は主を祝し奉ることを望み、絶えず主の称讃を歌いまつる。
V/. In Dómino laudábitur ánima mea : áudiant mansuéti, et læténtur. V/. 私の霊魂は、主に誇りを置く、悲しむ者は、それを聞いて喜べ。
Allelúia, allelúia. V/.Ps. 87, 2. アレルヤ、アレルヤ。V/. 詩篇87ノ2
Dómine, Deus salútis meæ, in die clamávi et nocte coram te. Allelúia. 主よ、わが救いの天主よ、昼も夜も、私は主に向かって叫ぶ、アレルヤ。
+ Sequéntia sancti Evangélii secúndum Lucam. ルカによる聖福音の続誦。
Luc. 10, 23-37. ルカ10ノ23-37
In illo témpore : Dixit Iesus discípulis suis : Beáti óculi, qui vident quæ vos videtis. Dico enim vobis, quod multi prophétæ et reges voluérunt vidére quæ vos videtis, et non vidérunt : et audire quæ audítis, et non audiérunt. Et ecce, quidam legisperítus surréxit, tentans illum, et dicens : Magister, quid faciéndo vitam ætérnam possidébo ? At ille dixit ad eum : In lege quid scriptum est ? quómodo legis ? Ille respóndens, dixit : Díliges Dóminum, Deum tuum, ex toto corde tuo, et ex tota ánima tua, et ex ómnibus víribus tuis ; et ex omni mente tua : et próximum tuum sicut teípsum. Dixítque illi : Recte respondísti : hoc fac, et vives. Ille autem volens iustificáre seípsum, dixit ad Iesum : Et quis est meus próximus ? Suscípiens autem Iesus, dixit : Homo quidam descendébat ab Ierúsalem in Iéricho, et íncidit in latrónes, qui étiam despoliavérunt eum : et plagis impósitis abiérunt, semivívo relícto. Accidit autem, ut sacerdos quidam descénderet eádem via : et viso illo præterívit. Simíliter et levíta, cum esset secus locum et vidéret eum, pertránsiit. Samaritánus autem quidam iter fáciens, venit secus eum : et videns eum, misericórdia motus est. Et apprópians, alligávit vulnera eius, infúndens óleum et vinum : et impónens illum in iuméntum suum, duxit in stábulum, et curam eius egit. Et áltera die prótulit duos denários et dedit stabulário, et ait : Curam illíus habe : et quodcúmque supererogáveris, ego cum redíero, reddam tibi. Quis horum trium vidétur tibi próximus fuísse illi, qui íncidit in latrónes ? At lle dixit : Qui fecit misericórdiam in illum. Et ait illi Iesus : Vade, et tu fac simíliter. そのとき、イエズスは、弟子たちの方をふりむき、「あなたたちが見たことを見る目は、しあわせである。私はいう。数多くの預言者や王が、あなたたちの見ていることを見たいと望んだが見られず、あなたたちの聞いていることを聞こうと望んで聞けなかった」と、特におおせられた。すると、ある律法学士が立ち上がり、イエズスをこまらせようとして、「先生、永遠の生命をえるために、私はどうすればよいのですか?」とたずねた。イエズスが、「律法になんとかいてあるか。そこでなにを読んでいるのか?」とおたずねになると、「あなたは、すべての心、すべての霊、すべての力、すべての知恵をあげて、主なる天主を愛せよ。また隣人を自分と同じように愛せよ」とかれは答えた。そこでイエズスは、「よく答えた。そうおこなえ。そうすれば生きるだろう!」とおおせられた。ところがかれは、自ら弁明しようとして、「私の隣人とはだれのことですか?」とたずねたので、イエズスはおおせられた。「イエルザレムからイエリコにくだろうとするある人が、強盗にであった。強盗は、その人の服をはぎ、傷つけ、半死半生にしておいて、去っていった。たまたま、一人の司祭がこの道をくだってきたが、それを見ながら道の反対側を通ってすぎ去ってしまった。またレヴィ人も通りかかったが、それを見てもおなじように道の反対側を通ってすぎ去ってしまった。ところが、旅の途中でそこを通りかかった一人のサマリア人が、それを見てあわれに思い、そばによって油とぶどう酒とを傷口にそそぎ、包帯して、自分のろばにのせ、宿につれて行って介抱した。その翌日、宿の主人に二デナリオをわたして、"この人を看病してください。費用がかさんだら、私が帰るとき払いますから"といった。あなたの考えでは、この三人のうち、強盗にあったその人にとって隣人は誰だと思うか?」とお問いになると、「その人をあわれんだ人です」と答えたので、イエズスは、「あなたもそういうふうにせよ」とおおせられた。
Credo 信経
Ant. ad Offertorium. Exodi 32, 11, 13 et 14. 奉献文 出エジプト32ノ11,13,14
Precátus est Moyses in conspéctu Dómini, Dei sui, et dixit : Quare, Dómine, irascéris in pópulo tuo ? Parce iræ ánimæ tuæ : meménto Abraham, Isaac et Iacob, quibus iurásti dare terram fluéntem lac et mel. Et placátus factus est Dóminus de malignitáte, quam dixit fácere pópulo suo. モイゼは、天主なる主の御前で祈った。なにゆえ、主よ、御民に対して怒り給うか。御怒りを治め給え、乳と蜜の流れる土地を与えようと御身の約束し給うたアブラハム、イザアク、ヤコブを思い出し給え。そこで主は御心を和らげ給い、御民に与えようと思し召した罰を下し給わなかった。
Secreta. 密誦
Hóstias, quǽsumus, Dómine, propítius inténde, quas sacris altáribus exhibémus : ut, nobis indulgéntiam largiéndo, tuo nómini dent honórem. Per Dóminum. 主よ、われらが、聖なる祭壇の上で、御身に捧げるいけにえを、御慈悲をもって受け入れ給え。そして、われらに赦しを下し、同時に、御名の光栄を輝かせ給え。天主として・・・。
Præfatio de sanctissima Trinitate 三位一体の序誦
Ant. ad Communionem. Ps. 103, 13 et 14-15. 聖体拝領誦 詩篇103ノ13,14-15
De fructu óperum tuórum, Dómine, satiábitur terra : ut edúcas panem de terra, et vinum lætíficet cor hóminis : ut exhílaret fáciem in oleo, et panis cor hóminis confírmet. 主よ、地は御業の実で満たされている。主は、パンと、人の心を楽しませるぶどう酒とを地より出し給い、人の顔に喜びを見せる油と、人の心を強めるパンとを出し給う。
Postcommunio. 聖体拝領後の祈
Vivíficet nos, quǽsumus, Dómine, huius participátio sancta mystérii : et páriter nobis expiatiónem tríbuat et múnimen. Per Dóminum nostrum. 主よ、願わくは、聖なる奥義にあずかるわれらを生かし、赦しと保護とを下し給え。天主として・・・。

 

コメント

聖霊降臨後第十一の主日(二級祝日 典礼色:緑)の固有分をご紹介します

2018年08月08日 | 聖伝のミサの予定

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様、
聖霊降臨後第十一の主日(二級祝日 典礼色:緑)の固有分をご紹介いたします。
ミサ聖祭
<入祭文>は、天主の唯一なる教会の偉大さを歌う。天主が唯一にて在すように、天主の民も一つであり、教会も一つである。神秘的なこの事実の原因は、キリストの神秘、すなわち、聖パウロが明らかに語っているその奥義である<書簡>。

Dominica Undecima post Pentecosten 聖霊降臨後第十一の主日
II Classis 二級祝日
Ant. ad Introitum. Ps. 67, 6-7 et 36. 入祭文 詩篇 67ノ6-7,36
Deus in loco sancto suo : Deus qui inhabitáre facit unánimes in domo : ipse dabit virtútem et fortitúdinem plebi suæ. 天主は、その聖所に君臨し給う。かれは(捕らわれ人を)平和の家庭に集め、御民に力と勇気とを与え給う。
Ps. ibid., 2. 詩篇67ノ2
Exsúrgat Deus, et dissipéntur inimíci eius : et fúgiant, qui odérunt eum, a fácie eius. 天主は、起ち給い、その敵は散り、天主を憎む者は御顔の前より逃れ去らんことを。
V/.Glória Patri. 願わくは聖父と・・・(栄誦)。
Deus in loco sancto suo : Deus qui inhabitáre facit unánimes in domo : ipse dabit virtútem et fortitúdinem plebi suæ. 天主は、その聖所に君臨し給う。かれは(捕らわれ人を)平和の家庭に集め、御民に力と勇気とを与え給う。
Oratio. 集祷文
Omnípotens sempitérne Deus, qui, abundántia pietátis tuæ, et merita súpplicum excédis et vota : effúnde super nos misericórdiam tuam ; ut dimíttas quæ consciéntia metuit, et adícias quod orátio non præsúmit. Per Dóminum. 全能永遠の天主よ、御身は、御身に祈り奉る人々の、功徳と望みとにいやまさる無限の慈悲を下し給う。願わくは、われらの良心を恐れさせる罪を赦し給い、われらが敢えてこい願い奉る聖寵を下し、御あわれみをわれらの上に注ぎ給わんことを。天主として・・・。
Léctio Epístolæ beáti Pauli Apóstoli ad Corínthios. 使徒聖パウロのコリント人への書簡の朗読。
1. Cor. 15, 1-10. コリント前書 15ノ1-10
Fratres : Notum vobis fácio Evangélium, quod prædicávi vobis, quod et accepístis, in quo et statis, per quod et salvámini : qua ratione prædicáverim vobis, si tenétis, nisi frustra credidístis. Trádidi enim vobis in primis, quod et accépi : quóniam Christus mortuus est pro peccátis nostris secúndum Scriptúras : et quia sepúltus est, et quia resurréxit tértia die secúndum Scriptúras : et quia visus est Cephæ, et post hoc úndecim. Deinde visus est plus quam quingéntis frátribus simul, ex quibus multi manent usque adhuc, quidam autem dormiérunt. Deinde visus est Iacóbo, deinde Apóstolis ómnibus : novíssime autem ómnium tamquam abortívo, visus est et mihi. Ego enim sum mínimus Apostolórum, qui non sum dignus vocári Apóstolus, quóniam persecútus sum Ecclésiam Dei. Grátia autem Dei sum id quod sum, et grátia eius in me vácua non fuit. 兄弟たちよ、先に私があなたたちに告げ、あなたたちが受けてそれに踏み止まった福音を、私は再びあなたたちに示そう。あなたたちが空しく信じないで、私が伝えたままを守るならば、それによって救われるであろう。私が第一にあなたたちに伝えたことは、私自身受けたことであって、すなわち、キリストが、聖書の録すとおりわれわれの罪のために死に、葬られ、聖書に記す通りに三日目によみがえり、ケファにあらわれ、また十二人にあらわれ給うたことである。次に、五百人以上の兄弟に同時にあらわれ給うた。その中には、死んだ者もあるが、ほとんどは今なお生きている。次にヤコボにあらわれ、それからすべての使徒に、最後には、月足らずのような私にもあらわれ給うた。私は天主の教会を迫害した者であって、使徒と呼ばれる値打ちのない、使徒のうちでもっとも小さい者である。しかし、天主の恩寵によって、私は今の私になった。そして私が受けた恩寵は空しくならなかった。
Graduale. Ps. 27, 7 et 1. 昇階誦 詩篇 27ノ7,1
In Deo sperávit cor meum, et adiútus sum : et reflóruit caro mea, et ex voluntáte mea confitébor illi. 私の心は天主に希望をかけ、こうして私は助けを得る。私の肉は若返った。故に主よ、私は心を尽くして御身をたたえ奉る。
V/. Ad te, Dómine, clamávi : Deus meus, ne síleas, ne discédas a me. V/. 主よ、わが天主よ、御身に叫び奉る。黙し給うな、遠ざかり給うな。
Allelúia, allelúia. V/.Ps. 80, 2-3. Exsultáte Deo, adiutóri nostro, iubiláte Deo Iacob : súmite psalmum iucúndum cum cíthara. Allelúia. アレルヤ、アレルヤ。詩篇 80ノ2-3  われらの力なる天主をたたえ奉れ。喜びの中に、ヤコブの天主をほめよ。竪琴をとって喜びの讃美を歌え、アレルヤ。
+ Sequéntia sancti Evangélii secúndum Marcum. マルコによる聖福音の続誦。
Marc. 7, 31-37. マルコ 7ノ31-37
In illo témpore : Exiens Iesus de fínibus Tyri, venit per Sidónem ad mare Galilǽæ, inter médios fines Decapóleos. Et addúcunt ei surdum et mutum, et deprecabántur eum, ut impónat illi manum. Et apprehéndens eum de turba seórsum, misit dígitos suos in aurículas eius : et éxspuens, tétigit linguam eius : et suspíciens in cælum, ingémuit, et ait illi : Ephphetha, quod est adaperíre. Et statim apértæ sunt aures eius, et solútum est vínculum linguæ eius, et loquebátur recte. Et præcépit illis, ne cui dícerent. Quanto autem eis præcipiébat, tanto magis plus prædicábant : et eo ámplius admirabántur, dicéntes : Bene ómnia fecit : et surdos fecit audíre et mutos loqui. それからイエズスは、ティロの地方を去って、シドンを通り、デカポリ地方の中央を経て、ガリレアの海辺においでになった。人々は、どもりで耳の聞こえない人を連れて来て、按手してくださいと願った。イエズスは、その人ひとりを群衆の中から連れ出し、その耳に指を入れ、またつばをしてその舌にさわり、天を仰いで吐息をつき、その人に「エッファダ!」とおっしゃると・・・それは開けよという意味である・・・その耳はひらけ、すぐ舌のもつれはとけ、正しく話せるようになった。そこでイエズスは、だれにもいうなと人々をいましめられたけれど、いましめられればいましめられるほど、なおさらますます言い広めた。人びとは大いに感嘆して、「あの方はすべてをよくなさった。聞こえない耳を聞こえさせ、啞の口をひらかれた」といった。
Credo 信経
Ant. ad Offertorium. Ps. 29, 2-3. 奉献文 詩篇  29ノ2-3
Exaltábo te, Dómine, quóniam suscepísti me, nec delectásti inimícos meos super me : Dómine, clamávi ad te, et sanásti me. 主よ、私は主をあがめ奉る。主は私を迎えとり、私を、敵の喜びに委ね給わなかった。主よ、私は主に向かって叫び、主は私を癒し給うた。
Secreta. 密誦
Réspice, Dómine, quǽsumus, nostram propítius servitútem : ut, quod offérimus, sit tibi munus accéptum, et sit nostræ fragilitátis subsidium. Per Dóminum. 主よ、願わくは、慈しみの御目を、下僕(しもべ)らの奉仕に下し給え。われらの供え物が嘉せられ、われらの弱さの支えとならんことを。天主として、・・・。
Præfatio 序誦
Præfatio de sanctissima Trinitate 三位一体の序誦
Ant. ad Communionem. Prov. 3, 9-10. 聖体拝領誦 箴言  3ノ9-10
Hónora Dóminum de tua substántia, et de prímitus frugum tuárum : et implebúntur hórrea tua saturitáte, et vino torculária redundábunt. 汝の持ち物によって、主をあがめよ。汝の収穫の初穂を捧げよ。そうすれば、汝の倉は満たされ、汝の酒ぶねは、ぶどう酒であふれるであろう。
Postcommunio. 聖体拝領後の祈
Sentiámus, quǽsumus, Dómine, tui perceptióne sacraménti, subsídium mentis et córporis : ut, in utróque salváti, cæléstis remédii plenitúdine gloriémur. Per Dóminum nostrum. 主よ、秘蹟を拝領し奉るわれらに、霊肉の慰めを知らせ、われらの霊肉を共に救い、天のこの良薬の完き効果によって喜ばせ給え。天主として、・・・。
コメント

【ミサが追加されました】東京では8月12日(主日)午後6時から聖伝のミサがあります。午後6時開始です。

2018年08月06日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

東京でのミサとして8月12日(主日)の分が追加されました!

8月12日(主) 聖霊降臨後第12主日(2級)緑 
         午後5時半 ロザリオ及び告解
         午後6時  ミサ聖祭(歌ミサ)


8月19日(主)聖霊降臨後第13主日(2級)緑  
        午前8時 ミサ聖祭
        午前10時  ロザリオ及び告解
        午前10時半 デ・ガラレタ司教様による堅振式
               ミサ聖祭(歌ミサ)

8月20日(月) 教会博士大修院長聖ベルナルド(3級祝日)白
         午前7時  ミサ聖祭
         午前7時45分  ミサ聖祭

宜しくお願い致します。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

My dearest Brethren!

We will have an ADDITIONAL LATIN MASS on coming Sunday 12 August, 2018
but at 18:00 (6 PM)!

Thank you for your attention!

God bless you.
Fr Onoda

コメント

「ドイツのルルド」と呼ばれる黒い聖母で有名なアルテッティン(Altötting)の巡礼地に、聖ピオ十世会ドイツ管区主催の巡礼で行ってきました

2018年07月31日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、


6月末には司祭叙階25周年を皆で祝ってくださって心から感謝申し上げます。アジア管区長の許可のもと、数日の休暇を頂きドイツに行くことができました。







ドイツではミュンヘンの修道院に滞在し毎年恒例のアルテッティン(Altötting)の巡礼に参加させていただきました。アルテッティンは有名な巡礼地で「ドイツのルルド」とも言われています。聖ピオ十世会ドイツ管区はミュンヘンからバイエルンの心臓でもある黒い聖母の聖地まで約100キロメートルを三日かけて歩く巡礼を組織しています。





ミュンヘンの聖ピオ十世会の修道院




ミュンヘンには美しい歴史的な教会がたくさんあります。その中でも、ミュンヘンのど真ん中に位置するマリエンプラッツ(マリア広場)のすぐ近くにあるテアティン修道会教会(聖カイェタノ教会)は、その美しさで観光スポットの一つとなっています。その聖カイェタノ教会の前の広場で、朝7時から始まる荘厳ミサが捧げられてアルテッティンへの巡礼第一日目が開始します。





今年は、聖ピオ十世会のドイツの神学校で叙階されたばかりのドイツ人司祭ヨハネス・レグレ神父様(Pater Johannes Regele)が司式しました。レグレ神父様は以前は13年間オプス・デイの会員でしたが、新しいミサと第二バチカン公会議の問題のために、オプス・デイを退会して聖ピオ十世会に入会した方です。





第一日目は34キロを歩かなければなりません。朝のミサの感謝の祈りの直後、午前9時から歩き始めました。青年たちでいっぱいでした。先頭は三人で一つのチームが5~6チーム作られ、重い木の十字架を三人で交代しながら担ぎます。















ミュンヘンの市内をまず歩きます。






夜は農地を借りて各自テントで眠ります。巡礼参加者は初日は300名ぐらいで、100名ぐらいの子供たちもいました。子供たちは10キロだけを歩き、子供だけの特別のプログラムがあります。








巡礼者は各自3日分の食糧も用意して参加します。ただし夜は温かいスープが配給されます。臨時の洗面所も作られて顔を洗うことが出来るようになります。テントを持っていない巡礼者には、共同の大きなテントも準備されました。
(続く)

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
コメント

今年、200年ぶりにロシア人がカトリック司祭に叙階されました!今日7月29日にモスクワで新司祭パシクニック神父の初ミサが行われます。

2018年07月29日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

今年は私たちのドイツの神学校ツァイツコーフェンでは6名の聖ピオ十世会の司祭が誕生しました。

その内のもう一人にヴィクトール・パシクニック神父(Pater Victor Pasichnik)がいます。





彼は1982年に共産党時代にモスクワに生まれ、13歳の時ロシア正教で洗礼を受けました。しかし天主の御恵みによってカトリック信仰を見いだし、大学で勉強中に友人によって聖ピオ十世会を通して聖伝のカトリックのミサを知るに至りました。2012年に30歳にして聖ピオ十世会の神学校に入学し、今年叙階されました。

モスクワのロシア人がカトリック司祭に叙階されたのは200年ぶりだそうです。歴史的な瞬間でした。



今日7月28日にモスクワで彼によって初ミサが捧げられます。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)




コメント (1)

【聖ピオ十世会】来たる7月16日(うみの日)には、東京では午前10時半から、大阪では午前8時から、聖伝のミサがあります。ミサの固有文をご紹介いたします。

2018年07月12日 | 聖伝のミサの予定

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 来たる7月16日(うみの日)には、

東京では午前10時半から、
大阪では午前8時から、

聖伝のミサがあります。
午後4時からは、マーチフォーライフもあります。東京カトリック築地教会から出発です。

ミサは、カルメルの聖母のミサを行う予定です。ミサの固有文をご紹介いたします。

【解説】聖マリアの恵みの感謝として、その昔カルメル修道会が行っていた本日の祝日は、ベネディクト十三世教皇によって、一七二六年、全教会の祝日とされた。
 この日と関係のある歴史は、一二五一年七月十六日、聖母マリアによって、カルメル山の聖母修道会の修道服が聖シモン・ストックに渡された史実である。
 多くの信者が、聖母マリアをたたえるために身につけている聖母のスカプラリオは、この修道服をかたどったものである。

die 16 Iulii 7月16日
BEATÆ MARIÆ VIRGINIS DE MONTE CARMEL カルメル山の聖母
Commemoratio 記念
Ant. ad Introitum. 入祭文
Gaudeámus omnes in Dómino, diem festum celebrántes sub honóre beátæ Maríæ Vírginis, de cuius solemnitáte gaudent Angeli et colláudant Fílium Dei. みな、主において喜ぼう。聖マリアの光栄のために、この日を祝おう。盛んなこの祝日を、天使も祝い、われらとともに天主の御子を讃美する。
Ps. 44, 2. 詩篇 44ノ2
Eructávit cor meum verbum bonum ; dico ego opéra mea Regi. 私の心からは、すぐれた讃美がわき出た。私はいう、私の讃美は王のためであると。
V/. Glória Patri. 願わくは、聖父と・・・(栄誦)
Gaudeámus omnes in Dómino, diem festum celebrántes sub honóre beátæ Maríæ Vírginis, de cuius solemnitáte gaudent Angeli et colláudant Fílium Dei. みな、主において喜ぼう。聖マリアの光栄のために、この日を祝おう。盛んなこの祝日を、天使も祝い、われらとともに天主の御子を讃美する。
Oratio. 集禱文
Deus, qui beatíssimæ semper Vírginis et Genetrícis tuæ Maríæ singulári título Carméli órdinem decorásti : concéde propítius ; ut, cuius hódie Commemoratiónem sollémni celebrámus offício, eius muníti præsídiis, ad gáudia sempitérna perveníre mereámur : Qui vivis. カルメル修道会に、終生童貞なる聖母マリアの御名をもつほまれを与え給うた天主よ、願わくは、御あわれみをもって、この祝日を行うわれらを、永遠のよろこびに至らせ給え。聖父なる天主とともに・・・。
Léctio libri Sapiéntiæ. 智慧の書の朗読
Eccli. 24, 23-31. 集会書 24ノ23-31
Ego quasi vitis fructificávi suavitátem odóris : et flores mei fructus honóris et honestátis. Ego mater pulchræ dilectiónis et timóris et agnitiónis et sanctæ spei. In me grátia omnis viæ et veritátis : in me omnis spes vitæ et virtútis. Transíte ad me, omnes qui concupíscitis me, et a generatiónibus meis implémini. Spíritus enim meus super mel dulcis, et heréditas mea super mel et favum. Memória mea in generatiónes sæculórum. Qui edunt me, adhuc esúrient : et qui bibunt me, adhuc sítient. Qui audit me, non confundétur : et qui operántur in me, non peccábunt. Qui elúcidant me, vitam ætérnam habébunt. 私は、葡萄の木のように、芳しい香の花を咲かせた。私の花は、栄光と富との果(み)を結んだ。私はうるわしい愛と、敬畏と、智識と、聖なる希望との母である。私において、聖なる生活と真理とのすべての恩寵があり、生命と徳とのすべての希望がある。私をのぞむ者は、私のもとに来て、私の実に飽かされよ、私の精神は、蜜よりも甘く、私の家督は、蜜の巣よりも香気がある。私の記念は代々に伝えられるであろう。私の甘さを味わう者は、また飢え、私を飲む者は、またかわくであろう。私の言葉を聞く者は、恥をうけないであろう、わたしをさがし求める者は、罪をおかさないであろう。私を光としてうける者は、永遠の生命を有するであろう。
Graduale. 昇階誦
Benedícta et venerábilis es, Virgo María : quæ sine tactu pudóris invénia es Mater Salvatóris. 童貞聖マリアよ、祝された喜ぶべき御者よ、御身の童貞聖の光栄は、汚されることなく、救主の御母となり給うた。
V/. Virgo, Dei Génetrix, quem totus non capit orbis, in tua se clausit víscera factus homo. V/. 童貞にして天主の御母よ、全世界も抱きえない御者は、人間となって御胎にやどり給うた。
Allelúia, allelúia. V/. Per te, Dei Génetrix, nobis est vita pérdita data : quæ de cælo suscepísti prolem, et mundo genuísti Salvatórem. Allelúia. アレルヤ、アレルヤ、V/. 天主の御母よ、失われた生命は、あなたによって再びわれらに返った。御子を天よりうけたあなたは、この世に救主を生み給うた、アレルヤ。
+ Sequéntia sancti Evangélii secúndum Lucam. ルカによる聖福音の続誦
11,27-28. 11ノ27-28
In illo tempore : Loquénte Iesu ad turbas, extóllens vocem quædam múlier de turba, dixit illi : Beátus venter qui te portávit, et úbera quæ suxísti. At ille dixit : Quinímmo beáti, qui áudiunt verbum Dei et custódiunt illud. そのとき、イエズスが、群衆に話し給うとき、そのなかのある女が声をあげ、「幸いなこと、あなたをやどした胎(はら)、あなたが吸った乳房は」といった、しかし彼は、「むしろ、幸いなこと、天主の御言葉を聞いてこれをおこなう人は」とおおせられた。
Ant. ad Offertorium. Ier. 18, 20. 奉献文 エレミア書 18ノ20
Recordáre, Virgo Mater, in conspéctu Dei, ut loquáris pro nobis bona, et ut avértat indignatiónem suam a nobis. 天主の御母よ、主の御前の立ち、われらを憶え給え。天主が、我らへの御怒りをおさめ給うよう、われらのために、一言、とりなし給え。
Secreta 密誦
Sanctífica, Dómine, quǽsumus, obláta libámina : et, beátæ Dei Genetrícis Maríæ salubérrima intercessióne, nobis salutária fore concéde. Per eúndem Dóminum. 主よ、願わくは、われらのささげ奉る供物を聖となし給え。天主の御母、聖マリアの、有力なとりつぎにより、この供物によってわれらに救いを与え給え。天主として、聖霊との一致において、・・・。
Præfatio de B. Maria Virg. 聖母マリアの序誦
Vere dignum et iustum est,æquum et salutáre, nos tibi semper et ubíque grátias ágere : Dómine, sancte Pater, omnípotens ætérne Deus : Et te in commemoratióne beátæ Maríæ semper Vírginiscollaudáre, benedícere et prædicáre.Quæ et Unigénitum tuum Sancti Spíritus obumbratióne concépit :et, virginitátis glória permanénte, lumen ætérnum mundo effúdit,Iesum Christum, Dóminum nostrum. Per quem maiestátem tuam laudant Angeli,adórant Dominatiónes,tremunt Potestátes.Cæli cælorúmque Virtútes ac beáta Séraphimsócia exsultatióne concélebrant.Cum quibus et nostras voces ut admítti iúbeas, deprecámur,súpplici confessióne dicentes. 聖なる主、全能の父、永遠の天主よ、われらが、いつも、どこにても、主に感謝をささげ、また,終世童貞なる聖マリアの記念において、御身をたたえ、祝し、宣言し奉ることは、実にふさわしく正しいことであり、われらの義務と救いである。聖母は、聖霊の能力によって、御独子をやどし給い、童貞性の光栄をそこなうことなく、永遠の光明なるわれらの主イエズス・キリストを、この世に生み給うた。かれによって、天使らは、主のみいずをほめたたえ、主天使は礼拝し、能天使はふるえおののく。天と天の力天使と、福なる熾天使は共によろこび、それをたたえ奉る。願わくは、かれらの声に、われらの声をも交えさせ給え。われらは深く礼拝しつつ、こう歌うであろう。
Ant. ad Communionem. 聖体拝領誦
Regina mundi digníssima, María, Virgo perpétua, intercéde pro nostra pace et salúte, quæ genuísti Christum Dóminum, Salvatórem ómnium. ふさわしき世の元后、終世童貞なるマリア、すべてのものの救主なる主キリストを生み給うた御者よ、われらの平安と救いとのためにとりつぎ給え。
Postcommunio 聖体拝領後の祈
Adiuvet nos, quǽsumus, Dómine, gloriósæ tuæ Genetrícis sempérque Vírginis Maríæ intercéssio veneránda : ut, quos perpétuis cumulávit benefíciis, a cunctis perículis absolútos, sua fáciat pietáte concórdes : Qui vivis. 主よ、願わくは、光栄なる主の御母、終世童貞聖マリアの尊いとりつぎによって、われらを助け給え。また、たえざる恵みで満し給うたわれらを、すべての危険より解放し、御慈悲をもって、われらに一致を保たせ給え。聖父なる天主とともに・・・。
コメント

【聖ピオ十世会】来たる7月15日の主日(聖霊降臨後第8主日)は、午前10時半から東京で、午後6時から大阪で、聖伝のミサがあります。ミサの固有文をご紹介いたします。

2018年07月12日 | 聖伝のミサの予定

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 来たる7月15日の主日(聖霊降臨後第8主日)は、

午前10時半から東京で
午後6時から大阪で

聖伝のミサがあります。ミサの固有文をご紹介いたします。

【解説】聖霊と聖寵とによって、われらは、霊的に復活して天主の子となった。しかしわれらは未だに、たえず悪の方へとさそわれている。故に、天主の恩寵にしたがって生きるためには、たえずキリストによりたのまねばならぬ。主日ごとに信者が教会に集まるのは、より一層天主のあわれみをうけるためである。

我们藉着圣洗而成了天主的子女,向天上永生的道路行进。当我们生活于此下土之时,我们当该奋斗,为制服那在我们心中常冲动着罪恶的倾向(书信)。我们必须不断向基督求援,为能度圣化而对天主绝对孝爱的生活。为这个缘故,我们每周该凭藉结合于祂的圣祭,来恢复我们的勇力。祂赐给我们自己的圣神,指导我们,并使我们常以天主子女孝爱的精神,运用思想和进行活动(书信)。

Introitum(Ps. 47. 10, 11) 进台咏(咏47:10,11) 入祭文  詩篇 47ノ10-11
SUSCEPIMUS, Deus, misericórdiam tuam in médio  templi tui: secúndum nomen tuum, Deus, ita et laus tua in fines terræ:  justítia plena est déxtera tua. Ps. 47. 2. Magnus Dóminus, et laudábilis  nimis: in civitáte Dei nostri, in monte sancto ejus. V. Gloria Patri. 天主啊!我在祢的殿中,默念祢的仁慈。天主啊!祢受的称,正如祢的名,直到地:祢的右手充。——上主至尊至大,在祂的圣城中、在祂的圣山上,大的美。——光荣于父……。 天主よ、主の神殿の中にあって、われらは御あわれみをうけた。主と主の御名との称讃は、地上あまねくひびきわたる。正義は御右手のものである。主は、天主の町、その聖なる山において、偉大なもの、あらゆる称讃に値する御者である。
Oratio  集祷经 集禱文
LARGÍRE nobis, quǽsumus, Dómine, semper  spíritum cogitándi quæ recta sunt, propítius et agéndi: ut, qui sine te esse  non póssumus, secúndum te vívere valeámus. Per Dóminum. 主,求祢恩赐我们,能在祢的默感下常想正理,常行正道;我们既非祢而不能存在,望祢使我们能循着祢的圣意而生活。因我们主……。 主よ、願わくは御慈悲によって、常に正しく考えかつ行う恩寵を与え給え。御者なくして存在しえないわれらが、思召にしたがって生きうるように計らい給え。天主として……。
Epistolae(Rom 8. 12-17) 书信(罗8:12-17) ローマ書 8ノ12-17
FRATRES: Debitóres sumus non carni, ut  secúndum carnem vivámus. Si enim secúndum carnem vixéritis, moriémini: si  autem spíritu facta carnis mortificavéritis, vivétis. Quicúmque enim spíritu  Dei agúntur, ii sunt fílii Dei. Non enim accepístis spíritum servitútis  íterum in timóre, sed accepístis spíritum adoptiónis filiórum in quo  clamámus: Abba (Pater). Ipse enim Spíritus testimónium reddit spirítui nostro  quod sumus fílii Dei. Si autem fílii, et herédes: herédes quidem Dei,  coherédes autem Christi. 弟兄们:我们对于肉体不欠债了,不可再随从肉体而生活。如果你们随从肉体而生活,你们必定要死亡;但是如果你们随从圣神,使肉体的妄动灭亡,你们才得生活。凡受天主圣神指导的人,都是天主的子女。的确,你们并没有领受了奴隶的精神,使你们重陷于恐惧;你们所领受的是义子的精神,它使我们高呼:“阿爸!父呀!”圣神也向我们的心证明我们是天主的子女。但是如果我们是子女,也就是继承者,是天主的继承者,基督的共同继承者。 兄弟たちよ、私たちは負債をおっているが、肉にしたがって生きるための、肉に対する負債をおってはいない。あなたたちが肉にしたがって生きるなら、死に定められており、霊によって体のおこないを殺すなら、あなたたちは生きる。実に天主の霊によって導かれている全ての人、それが天主の子らである。あなたたちは、再び恐れにおちいるために、奴隷の霊を受けたのではなく、養子としての霊を受けた。これによって私たちは「アッバ、父よ」と叫ぶ。霊おんみずから、私たちの霊とともに、私たちが天主の子であることを証認してくださる。私たちが子であるのなら、世つぎでもある。キリストとともに光栄をうけるために、その苦しみをともに受けるなら、私たちは、天主の世つぎであって、キリストとともに世つぎである。
Graduale(Ps 30. 3; 70. 1) 台阶咏(咏30:3;70:1) 昇階誦 詩篇 30ノ3
ESTO mihi in Deum protectórem, et in locum  refúgii, ut salvum me fácias. V. Deus, in te sperávi: Dómine, non confúndar  in ætérnum. 天主啊!求祢做我避难的处所,做搭救我们的保障。——天主啊!我投靠了祢;上主啊!我必永远不蒙羞辱。——阿肋路亚。 天主よ、わたしの保護者、避難所、救主となり給え。V/. 詩篇 70ノ1 天主よ、私は主によりたのみ奉る。主よ、永久に、私がはずかしめられるのをゆるし給うな。
Alleluia!(Ps. 47. 2) 阿肋路亚!(咏47:2) アレルヤ 詩篇 47ノ2
ALLELÚIA, allelúia. V. Magnus Dóminus et laudábilis  valde, in civitáte Dei nostri, in monte sancto ejus. Alleluia. 阿肋路亚,阿肋路亚。上主至尊至大,在祂的圣城中、在祂的圣山上、应受绝大的赞美。阿肋路亚。 アレルヤ、アレルヤ。主は、天主の町、その聖なる山において、偉大なもの、あらゆる称讃に値する御者である、アレルヤ。
Evangelium(Luc 16. 1-9) 福音(路16:1-9) ルカ  16ノ1-9
IN illo témpore: Dixit Jesus discípulis  suis parábolam hanc: Homo quidam erat dives, qui habébat víllicum: et hic  diffamátus est apud illum, quasi dissipásset bona ipsíus. Et vocávit illum et  sit illi: Quid hoc áudio de te? redde ratiónem villicatiónis tuæ:  jam enim non póteris villicáre. Ait autem  víllicus intra se: Quid fáciam, quia Dóminus meus aufert a me villicatiónem?  Fódere non váleo, mendicáre erubésco. Scio quid fáciam, ut, cum amótus fúero  a villicatióne, recípiant me in domos suas. Convocátis itaque síngulis  debitóribus dómini sui, dicébat primo: Quantum debes dómino meo? At ille  dixit: Centum cados ólei. Dixítque illi: Accipe cautiónem tuam: et sede cito,  scribe quinquagínta. Deínde álii dixit: Tu vero quantum debes? Qui ait:  Centum coros trítici. Ait illi: Accipe lítteras tuas, et scribe octogínta. Et  laudávit dóminus víllicum iniquitátis, quia prudénter fecísset: quia fílii  hujus sǽculi prudentióres fíliis lucis in generatióne sua sunt. Et ego vobis  dico: fácite vobis amicos de mammóna iniquitátis: ut, cum defecéritis,  recípiant vos in ætérna tabernácula. 候,耶稣给祂的门徒个比喻说:“有一个富人,他有一个管家,被人在他面前告发说是浪了他的钱财。他叫管家来,:‘我听到了人家你的,究竟是怎么一回事?可把你所手的交出来吧!因从今以后、你不能再做管家了。’管家心中思量:‘那我怎么呢?我的主人撤了我管家的司了。——耕田?却没有力量;乞食?又得羞耻……。我得怎么了!我被撤了管家的司,要叫人接我到他家里去。’于是把欠他主人的债户,一个一个叫来;问第一个说:‘你欠我主人多少?’这人说:‘一百桶油。’管家说:‘拿你的债券,快坐下来写五十。’又问另一个说:‘你欠下多少?’他说‘一百石麦子。’管家的说:‘拿你的债券写下八十。’于是主人称赞这个不义的管家,说他办事精明。因为这世俗之子对于自己的同类,却比光明之子还要精明。”——“我又告诉你们:你们尽可用那不义之财,交结几位朋友吧!好到钱财无用的时候,他们接待你们到永远的帐幕(天堂)里去。” そのとき、イエズスは弟子たちに、次のたとえをいい給うた、「ある金持に、一人の支配人がいた。主人の財産をつかいこんでいるという訴えがあったので、主人はかれをよび、"あなたのことについて聞いたが、あれはなんだ。会計の報告を出しなさい、もうあなたを支配人にしておくわけにはいかないから"といった。支配人は、"さて、主人が私の管理職をうばったらどうしよう。土を耕す?それもできないし、乞食する?それも恥しい。ああそうだ、どうすればよいかがわかった。管理職をやめさせられても、人々がむかえいれてくれる方法が!"と心の中でいった。それから、主人に負債のあるものを一人一人呼んだ。はじめの人に、"あなたは、私の主人にどれだけの負債がありますか?"ときくと、"油百樽です"と答えたので、支配人は、"証書をとり、腰かけて早く五十と書きなさい"と答えた。また、ほかの人に"負債はどれほどですか?"ときくと、"麦百石"と答えたので、かれは"証書をとって八十と書きなさい"といった。ところで、主人はこの不正な支配人のしたことを、巧妙なやり方としてほめた。この世の子らは、自分の仲間に対しては、光の子らよりも巧妙なものである。私はいう。不正の富で友人をつくれ。そうしておけば、金がなくなったとき、その友人か、あなたたちを永遠のすみかにむかえてくれるだろう。
PÓPULUM húmilem salvum fácies, Dómine, et  óculos superbórum humiliábis: quóniam quis Deus præter te, Domine?  上主啊!祢必解救困苦的百姓,贬抑那些目空一切的人。上主啊!除祢以外,谁是天主呢? 主よ、御身はへりくだる民を救い、高ぶる者の目を下げ給う、何故なら、主よ、御身以外の誰が天主であろうか。
Secreta  密祷经 密誦
SÚSCIPE, quǽsumus, Dómine, múnera, quæ tibi  de tua largitáte deférimus: ut hæc sacrosáncta mystéria, grátiæ tuæ operánte  virtúte, et præséntis vitæ nos conversatióne sanctíficent, et ad gáudia  sempitérna perdúcant. Per Dóminum. 主,求祢收纳我们所受自祢的厚惠而复献给祢的礼物;望此神圣的奥迹,在祢圣宠大能的作用下,帮助我们妥度圣善的生活于世,并领导我们到达永远的喜乐于天。因我们主……。 主よ、願わくは、われらが、御身の寛容によって受けた子の賜物をうけいれ給え。恩寵の強力な御業によって、この聖なる奥義がわれらの現在の生活を聖とし、またわれらを終わりなきよろこびに至らせんことを。天主として……。
PRÆFATIO DE SS. TRINITATE  天主圣三的颂谢引 三位一体の序誦
Communionem(Ps. 33. 9) 领主咏(咏33:9) 聖体拝領誦 詩篇 33ノ9
GUSTÁTE et vidéte quóniam suávis est  Dóminus: beátus vir qui sperat in eo. 你要尝试,要瞻望,上主是何等的和蔼。凡投奔祂的人,是有福的。 主はいかに甘美に在すかを、味わい見よ。主によりたのむ者は幸せである。
Postcommunio 领后经 聖体拝領後の祈
SIT nobis, Dómine, reparátio mentis et  córporis cæléste mystérium: ut, cujus exséquimur cultum, sentiámus efféctum.  Per  Dóminum. 主,伏望这天上的奥迹,恢复我们的神形力量,使我们感受到我们所敬行了奥迹的实效。因我们主……。 主よ、この天の奥義によって、われらの身心を新にし、われらがうやうやしく行うことの効果を感じさせ給え。天主として……。




コメント

聖ピオ十世会新総長パリャラーニ神父(当時イタリア管区長)が2011年7月26日に行ったインタビュー

2018年07月12日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 2011年7月26日に行われたパリャラーニ神父様とのインタビューを再掲してご紹介いたします。




 パリャラーニ神父様についての記事は、次もご覧ください。

s聖ピオ十世会 SSPX イタリア管区長ダヴィデ・パリャラーニ神父様とのインタビューその1

聖ピオ十世会 SSPX イタリア管区長ダヴィデ・パリャラーニ神父様とのインタビューその2

聖ピオ十世会 SSPX イタリア管区長ダヴィデ・パリャラーニ神父様とのインタビューその3

【要約】

ダヴィデ・パリャラーニ神父:

【聖ピオ十世会とローマとの神学義論】

 2009年から2011年まで行われた聖ピオ十世会とローマの間で行われた神学上の会談の目的は、具体的な合意に達する事では決してなく、むしろ双方の教義上の立場を記録した、明確で完全な書類を編纂し、さらにそれを教皇様と聖ピオ十世会総長に提出する事だった。

 カトリック教会と聖伝の善の為に、聖ピオ十世会がこのような信仰の証をすることの大切さと、いま何が失われつつあり危険に晒されているのかということを明確にすることができたものであった。

 聖ピオ十世会の意図は、単に、公教会が自分の聖伝をそのまま完全に取り戻すことが出来るように協力する事だけである。聖ピオ十世会には一日で公教会を変える使命もカリスマもない。

 教会法上の正常化があろうとなかろうと、躓きの石であり逆らいの印であり続けるなら、公教会の善の為にゆっくりと働き続ける事は出来る。教会法上の正常化は、御摂理が機が熟していると判断する時にのみ実現するだろう。

 現時点で、正常化が仮にあったとしても、だからといって、カトリック教会の緊急事態が突然なくなるのではない。緊急状態はカトリック教会内に存在し続けるだろう。まさにこの緊急状態のために、今までの聖ピオ十世会の活動が正当化されている。

【聖ピオ十世会以外の保守主義】

カトリック教会の革新的状況について基本的に失望し、不安を感じている信徒或いは司祭たちがいる。

この保守派不満分子は、聖ピオ十世会の行っている信仰の戦いに参加しようと望まず、あるいはこの戦いに伴う重荷や様々な否定的な結果を受けることを望まないが、教会法による聖ピオ十世会の正常化からは何らかの利益を期待している。

彼らは、「評論家」らのように、むしろ功利主義的な観点から興味を持っている。もしも聖ピオ十世会が、自分のためにかなり重要なものを獲得するなら、他の司祭たちも懇願出来る教会法上の前例を作り上げるだろう、と。

この功利主義的な評論家たちの態度は、(1)聖ピオ十世会の立場が、結果としては何か興味深いものを生じさせる事の出来る唯一の信じるに値する立場である事を証明している。

また、(2)もしも教義に優先権---これはカトリック教会が自分の聖伝の回復を可能にする為なのですが---が与えられていなければ、外交的・政治の観点へと必然的に滑り込み、悲劇的に失望的な結果を見るだけだと、立証している。

保守派不平分子らは、一方で聖ピオ十世会を「不従順」だと批判する事により、自分たちの「教会法厳守」を見せびらかそうと努めている。他方では、聖ピオ十世会を批判はしておきながらも、聖ピオ十世会の非妥協的な態度も自分たちの為に何か建設的なものを間接的に手に入れてくれるだろうと期待している。彼らは「成り行きを見ようと離れて付いて行った“sequebatur a longe ut videret finem”」(マテオ26:58)という、功利主義的期待がある。


【聖ピオ十世会の教会法上の状況】

現在聖ピオ十世会が置かれている教会法上の状況は、公教会に蔓延する誤謬に抵抗した結果であり、従って、聖ピオ十世会が教会法上の正常な場所に到る可能性は、私たちに懸かっているのではなく、公教会の復興に向けて聖伝がすることの出来る貢献を聖職位階が受け入れるか否かに懸かっている。

もし私たちが教会法による何らかの正常化に達しないなら、それは単に聖職位階が未だに十分この貢献の切迫した必要性を確信していないという意味になる。

聖ピオ十世会はカトリック教会がその聖伝を取り戻すことができるように、出来る事は何でもやる。

聖伝のミサの最も聖なる典礼様式というものは、それ自体で内在的な価値を持っている。聖伝のミサの典礼様式には、典礼様式自体が持っている天主に対する崇拝(latria)という固有の目的と関係した価値がある。

聖伝のミサに与る人々、聖伝のミサを要求する人の主観的な心情によって典礼様式の価値が決まるのではない。聖伝のミサを求める人々が、パウロ六世の新しいミサに不服だろうがそうでなかろうが、それとは関係なく、聖伝のミサは、何世紀もの歳月を経た典礼様式の価値と、それを執り行う正当性を有している。

【ルフェーブル大司教】

 ルフェーブル大司教様はカトリック教会の聖伝という不滅なものを体現化した。

 当時誤って廃止され禁じられたものとして見做されていた聖伝ミサの執行を公然と一度も止めなかった唯一の高位聖職者が、聖ピオ十世会の創立者だった。彼は、祭壇上に日々現存される正真正銘の生きる宝物を守りそして伝えた。

ルフェーブル大司教について良かれ悪しかれ、語る人は、聖伝を語らずして語る事は出来ない。この聖伝こそが、“ルフェーブル派”などではなく、それどころか、永遠に、カトリック的である。

コメント

聖ピオ十世会日本:聖伝のミサ(ラテン語ミサ、旧典礼のミサ、トリエント・ミサ)7月6日~9日の報告

2018年07月11日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様

 7月6日(初金)、7日(初土)と大阪で聖伝のミサを行いました。西日本では記録的な豪雨のために、ミサ聖祭に与ることを断念せざるを得ない方々もおられました。

 大阪の私たちの聖堂ではミサに来ることが出来る方々が集まり、お祈りをいたしました。大阪では、初金、初土と御聖体降福式を行いました。

 また7月6日には、大阪の私たちの聖堂で婚姻の秘蹟を結ばれた兄弟姉妹に女の子が生まれました。

 7月8日(主日)には、東京で聖伝のミサを執行しました。ミサ直後、司祭退堂の直前に、聖ピオ十世会総会のためのノベナをしました。ノベナとして Veni Creator Spiritusを歌い Sub Tuum Praesidium を唱えました

 ミサ後の感謝の祈りの後、まだ帰らずにいた小さなこどもたちとそのお父さんやお母さんたちに出演をお願いして、マーチフォーライフへの参加を呼びかけるビデオを撮影しました。

 その後、有志の方々と私たちは、Dr.リガヤ・アコスタの講演会〜「いのち」を選ぶために:今、呼びかけられていますを伺いに行きました。

 Dr.リガヤ・アコスタとは、長い間お付き合いをさせていただいて、私がマニラの修道院長になってすぐの2010年10月17日(主日)には、マニラの私たちの教会で主日のミサの後にお話をしていただいたことがあります

 アコスタ先生の話を伺って今回特によく理解したことは、避妊薬というのは猛毒であることです。薬ではなく毒だということ、です。数えきれないほどの副作用をもたらす猛毒であって、体が正常に機能しなくさせる毒だということです。

 9日(月)には11名の方々が朝7時のミサに与ることができました。天主に感謝!

 愛する兄弟姉妹の皆様から頂いたご報告をご紹介いたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

【報告】【大阪】
アヴェ・マリア・インマクラータ!

7月の初金、初土の御ミサに与りました。
記録的な大雨で、全く雨が止まない日が続き、ああ、マリア様がこんなにも悲しまれていて大粒の涙を流されているのかなと思い、特に聖母の汚れ無き御心をお慰めする意向と暴雨のせいで命を失ってしまった方、苦しまれている方の為にお祈りを致しました。
私はベネディクションの時間が特に好きなのですが、2日間ともその機会をあたえてくださりロザリオも唱えて、大変充実した時間を過ごしました。天主様に感謝いたします!!
その素晴らしい提案をしてくださった、小野田神父様に感謝いたします!お説教もマリア様の御心とイエズス様の聖心はどのように一致しているのかというお話で、勉強になりました。
またブロクに記載されたら読みたいと思います。
天主様に感謝いたします。


【報告】【東京】
Dear Fr Onoda:

今日の東京でのミサの参列者数は下記の通りです。

ミサの参列者数
男: 19人(内、子供3人)
女: 22人(内、子供3人)
計: 41人(内、子供6人)

【報告】【東京】
アヴェ・マリア・インマクラータ!

聖霊降臨後第7主日のごミサをありがとうございました。
お説教では、実りとは何か?王とは何か?王に仕えるための畏れとは何か?を黙想いたしました。以下に、その三つを思いだして纏めてみました。

1、私たち洗礼を受けたものが、最後に実らせるものとは、永遠のいのちであること、本当に甘美なものがもたらされなければならない。

2、生きていく途上には、二人の王が君臨している。一方には、バビロンの平地で煙と炎でハッキリしない闇の奥の玉座に獣のような王が座っている。また一方では、エルサレムの小高いところ、澄みきって明白なところにイエズス様が、ご謙遜に立っておられる。そしてバビロンの闇の王は、この世の富や欲望と、地上での名誉を望ませて、傲慢に膨れるように、仕向ける。他方イエズス様は、この世の財産への軽蔑と十字架と苦しみを愛することとご謙遜を教えてくださる。私たちは、このどちらの王に仕えるか、二つに一つだ。

3、イエズス様は、ご自分の王国が広まるよう兵士を送ろうとされる。兵士とは、堅振によってキリストの兵士となるわたしたちのことだ。(イエズス・キリストの)王に仕えるには、、主への畏れがなければならない。主への畏れつまり敬畏は、堅振によって与えられる七つの実りの一番初めの賜物のことである。(七つの賜物は、敬畏、孝愛、知識、剛毅、賢慮、聡明、上智。)この敬畏がなければ上智までたどり着くことができない。
畏れには二つあり、一つは奴隷の畏れでもう一つは子供の畏れ。子供の畏れとは、愛すべき方を悲しませることを畏れる、罪をおかすことを畏れることを言うのであり、この敬畏の賜物は謙遜であることから来る。つまり主への畏れとは謙遜のことである。その謙遜の実りこそが永遠のいのちだ。

お話をお聞きして、8月のデ・ガラレダ司教様さまの堅振式を前に、堅振のことを復習できたように思います。私も二年前にマルレ司教さまから堅振の秘跡を受ける恵みをいただきました。聖ピオ十世会の司教さまから堅振を授けていただけたこと、とてもうれしかったです。

イエズス様とマリア様が侮辱されることを悲しむだけでなく、キリストの兵士としてマリア様のはしためとしてするべきことをしなければと、思うようになりました。今年も多くの方が堅振の恵みを受けることができますようにお祈りいたします。

また、この日は聖ピオ十世会の総会の成功のためにご聖体拝領をして、ノヴェナとして続けていたVeni creator を歌い「聖母の御保護に寄りすがり奉る」の祈りも特別に皆で唱えました。総会が実りあるものとなりますように。

(そして西日本で大きな災害に見舞われている方々のことを心に留めてお祈りしました。)

午後は、イグナチオ教会の岐部ホールで行われたDr.リガヤ・アコスタの講演会に行きました。イグナチオ教会の信徒でいっぱいだろうと思ったのに、主に外国人の信徒たちがあまり多くなくいらっしゃるだけでした。聖ピオ十世会の方は10名ほどだったでしょうか。

お話はとてもよいものでした。いのちを守る運動が今どれほど重要かということがスライドを使って講演されました。避妊や中絶が、“受胎した瞬間から人間であるいのち”を脅かすものであること、そしてそれは女性の身体をどれほど蝕む怖しいものでもあるかということが、科学的にそして温かいやさしい声で説明されました。安全な家族計画の方法も紹介され、胎のなかの命を守ることはカトリックの教えにハッキリ基づいていると証言されました。

その講話の中には、Dr.リガヤ・アコスタの個人的な信仰体験が織り込まれていました。それは、午前中の小野田神父様のお説教をもう一度復習しているような内容でした。

私は昨年のマーチフォーライフへの参加をきっかけに、プロライフのことを知るようになりました。最初は神父様のお話を聞いていても、心のなかで“おそらくプロライフというのは信仰には直接関係ないだろう“と感じました。でも、徐々に考えが変えられました。その下地があったので、Dr.リガヤ・アコスタの奥の深いとても難しいお話が理解できたのだと思います。(そうでなければ博士の言葉が心に入るのをゆるそうとしなかったかもしれません。)

そして驚いたことに、小野田神父様はフィリッピンでDr.リガヤ・アコスタと一緒にいのちのために活動されてきたということが、アコスタ氏自身の口から紹介されました。このすばらしい巡り会わせに感謝いたします。

Dr.リガヤ・アコスタの信仰の回心の話は、実際にキリストの兵士として生きるカトリック信者のお話でした。アコスタ氏は、以前はこの世の王に仕えていたが、ある大きな回心がありそれからはキリストの王の方に仕えるようになられたこと、そしてどんなに苦しいことがあってもイエズス様は守ってくださったし、その苦しみは自分の罪の償いのために当然と思われたということ、・・というようなお話には、とても胸を打たれました。

実際のところ避妊や中絶や結婚そして人口問題などは、特別な教育と知識が必要なものもあります。でも、ごく普通の人間が自分の良心の奥ふかいところからからの呼びかけに耳を澄ませるなら、カトリックの信仰に反しない生き方をせざるを得なくなるでしょう。ということは、これは信仰のことと深く結びついた話なのだと理解いたしました。天主の戒めに反する生き方を選ぼうとするなら、破壊破滅しかないかもしれません、天主がどれほど大変憐れみ深い方であっても、私たちが信仰に反した生き方を続けようとするなら、未来はないかもしれませんから。

この日は、二人の司祭が参加されていました、小野田神父様とニコラス神父様です。ニコラス神父様は少し前に数年のあいだ東京の赤羽教会で司牧してくださっていたとてもよい神父様で、ここでまたお会いできてとてもうれしく思いました。講演の中で博士とのご縁が紹介され、やっぱり素晴らしい神父様だと思いました。この方はアメリカ人の神父様ですが、マーチフォーライフに参加される予定の神父様がたは、ポーランド人やブラジル人やフランス人の神父様達のようです。

日本人のカトリック信者や神父からはほとんど無視されているに等しいプロライフですが、そういうなか菊池大司教様・前田枢機卿様、ジョセフ・チェノットウ教皇大使様がメッセージを出してくださったことは、これから日本の教会にも広まる希望があるように思います。本当の意味で日本にカトリック信仰が復興するためにも、このいのちの運動プロライフがもっと広く伝達されてマーチフォーライフへの参加者が増えることを心からお祈りいたします。

Dr.リガヤ・アコスタの『〜「いのち」を選ぶために:今、呼びかけられています。』に参加できてよかったです。小野田神父様のおかげで、信仰のうえで分からなかったことも、不思議にいろいろなことが結びついてはっきりとしてきていますこと、感謝申し上げます。いつも本当にありがとうございます。



コメント

明日2018年7月8日は、聖霊降臨後第七主日です。聖伝のミサの固有文をご紹介いたします。

2018年07月07日 | 聖伝のミサの予定

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 明日2018年7月8日は、聖霊降臨後第七主日です。聖伝のミサの固有文をご紹介いたします。

二級祝日 緑 
ミサ聖祭
本日の<聖福音>は、良い言葉と徳の実行とをともに生かさねばならぬと教える。「私に向かって、主よ、主よと言う人が皆天国に入るのではない、天に在すわが父の御旨を果たした者だけ入るであろう」と言われている。

Dominica Septima post Pentecosten 聖霊降臨後第七の主日
II Classis 二級祝日
Ant. ad Introitum. Ps. 46, 2. 入祭文 詩篇 46ノ2
Omnes gentes, pláudite mánibus : iubiláte Deo in voce exsultatiónis. すべての民よ、手を打って喜びの声を天主に上げよ。
Ps. ibid., 3. 詩篇46ノ3
Quóniam Dóminus excélsus, terríbilis : Rex magnus super omnem terram. 主は、いと高き御者、恐るべき御者、全地を治める最高の王である。
V/.Glória Patri. 願わくは聖父と……(栄誦)。
Omnes gentes, pláudite mánibus : iubiláte Deo in voce exsultatiónis. すべての民よ、手を打って喜びの声を天主に上げよ。
Oratio. 集祷文
Deus, cuius providéntia in sui dispositióne non fállitur : te súpplices exorámus ; ut nóxia cuncta submóveas, et ómnia nobis profutúra concédas. Per Dóminum. 天主よ、御身の御摂理の御計画は、誤り得ないものである。願わくは、われらより有害なものをすべて遠ざけ、有益なものをすべて与え給わんことを。天主として……。
Léctio Epístolæ beáti Pauli Apóstoli ad Romános. 使徒聖パウロのローマ人への書簡の朗読。
Rom. 6, 19-23. ローマ  6ノ19-23
Fratres : Humánum dico, propter infirmitátem carnis vestræ : sicut enim exhibuístis membra vestra servíre immundítiæ et iniquitáti ad iniquitátem, ita nunc exhibéte membra vestra servíre iustítiæ in sanctificatiónem. Cum enim servi essétis peccáti, líberi fuístis iustítiæ. Quem ergo fructum habuístis tunc in illis, in quibus nunc erubéscitis ? Nam finis illórum mors est. Nunc vero liberáti a peccáto, servi autem facti Deo, habétis fructum vestrum in sanctificatiónem, finem vero vitam ætérnam. Stipéndia enim peccáti mors. Grátia autem Dei vita ætérna, in Christo Iesu, Dómino nostro. 兄弟たちよ、私は、あなたたちの肉の弱さをかえりみて、人間的ないい方で話す。あなたたちは、不法にいたるためにその肢体を不浄と不法の奴隷としたが、今は、聖徳にいたるためにその肢体を正義の奴隷としてささげよ。あなたたちが、罪の奴隷であったときは、正義に対して自由だった。しかし、その時、あなたたちはどんな実を結んだか?思えば恥じ入る実であった。その果ては死だからである。しかし、罪から解放された今、天主の奴隷となって、聖徳の実を結んだ。その果ては永遠の命である。罪の払う報酬は死である。しかし、天主の恵みは、主イエズス・キリストにおける永遠の命である。
Graduale. Ps. 33, 12 et 6. 昇階誦 詩篇 33ノ12,6
Veníte, fílii, audíte me : timórem Dómini docébo vos. 子らよ、来て、私の言葉を聞け、主を畏れ奉ることを、あなたたちに教えよう。
V/. Accédite ad eum, et illuminámini : et fácies vestræ non confundéntur. V/. 彼に近づき奉れ、彼はあなたたちを照らし給うであろう。あなたたちは恥に覆われることがないであろう。
Allelúia, allelúia. V/.Ps. 46, 2. Omnes gentes, pláudite mánibus : iubiláte Deo in voce exsultatiónis. Allelúia. アレルヤ、アレルヤ。V/.(詩篇46ノ2) すべての民よ、手を打って、喜びの声を天主に上げよ、アレルヤ。
+ Sequéntia sancti Evangélii secundum Matthǽum. マテオによる聖福音の続誦。
Matth. 7, 15-21. マテオ  7ノ15-21
In illo témpore : Dixit Iesus discípulis suis : Atténdite a falsis prophétis, qui véniunt ad vos in vestiméntis óvium, intrínsecus autem sunt lupi rapáces : a frúctibus eórum cognoscétis eos. Numquid cólligunt de spinis uvas, aut de tríbulis ficus ? Sic omnis arbor bona fructus bonos facit : mala autem arbor malos fructus facit. Non potest arbor bona malos fructus fácere : neque arbor mala bonos fructus fácere. Omnis arbor, quæ non facit fructum bonum, excidétur et in ignem mittétur. Igitur ex frúctibus eórum cognoscétis eos. Non omnis, qui dicit mihi, Dómine, Dómine, intrábit in regnum cælórum : sed qui facit voluntátem Patris mei, qui in cælis est, ipse intrábit in regnum cælórum. そのとき、イエズスは、弟子らに仰せられた。偽預言者を警戒せよ。かれらは羊の衣をつけてくるが、内は強欲な狼である。実を見れば、かれらがどんなものかがわかる。いばらから、ぶどうをとり、あざみから、無花果をとる人はない。すべてよい木はよい実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ。よい木は悪い実をつけないし、悪い木はよい実をつけることができない。よい実をつけない木は、みな切って火に投げ入れられる。だからあなたたちは、実によってその人を知ることができよう。私にむかって、主よ、主よ、という人がみな天国にはいるのではない、天にまします父のみ旨を果した人だけがはいる。
Credo 信経
Ant. ad Offertorium. Dan. 3,40. 奉献文 ダニエル書  3ノ40
Sicut in holocáustis aríetum et taurórum, et sicut in mílibus agnórum pínguium : sic fiat sacrifícium nostrum in conspéctu tuo hódie, ut pláceat tibi : quia non est confúsio confidéntibus in te, Dómine. 牡羊と牡牛の燔祭(はんさい)のように、また、肥えた何千の羊のいけにえのように、われらのいけにえも、今日御前にのぼり、主に嘉せられんことを。主よ、主に依り頼む者は、恥を受けることがないであろう。
Secreta. 密誦
Deus, qui legálium differéntiam hostiárum unius sacrifícii perfectione sanxísti : accipe sacrifícium a devótis tibi fámulis, et pari benedictióne, sicut múnera Abel, sanctífica ; ut, quod sínguli obtulérunt ad maiestátis tuæ honórem, cunctis profíciat ad salútem. Per Dóminum. 旧(ふる)いいけにえが予(あらかじ)め象(かたど)っていたことを、唯一の完全ないけにえにおいて成就し給うた天主よ、願わくは、信者の捧げるいけにえを受け入れ、アベルの供え物に行い給うたと同じ祝福をもって、これを聖とし、各々の人がみいずの光栄のために捧げたものを、救いに役立つものとならせ給え。天主として……。
Præfatio 序誦
Præfatio de sanctissima Trinitate 三位一体と主日との序誦
Ant. ad Communionem. Ps. 30, 3. 聖体拝領誦 詩篇 30ノ3
Inclína aurem tuam, accélera, ut erípias me. 御耳を傾け、私を救いに急ぎ給え。
Postcommunio. 聖体拝領後の祈
Tua nos, Dómine, medicinális operátio, et a nostris perversitátibus cleménter expédiat, et ad ea, quæ sunt recta, perdúcat. Per Dóminum nostrum. 主よ、御身の効果ある御業によって、われらを邪欲より解き放ち、正義の実行へと導き給え。天主として、聖霊との一致において、御身と共に世々に生き且つ治め給うわれらの主よ、聖子、イエズス・キリストによりて。
コメント

聖ピオ十世会日本の2018年7月の予定: SSPX Japan Schedule for July 2018

2018年06月27日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

聖ピオ十世会日本の7月の予定です。

今年の7月11日から21日まで、聖ピオ十世会の第4回総会が開かれます。

この総会の準備のために、聖ピオ十世会では7月2日から10日までノベナの祈りが捧げられます。ノベナの祈りは、九日間次の祈りをします。
1)Veni creator を歌う
2)Sub tuum praesidium(「聖母の御保護に寄りすがり奉る」)の祈りを唱える。

2018年7月6日(初金)には、総会の準備のために大小斎を捧げます。

【大阪】
7月6日(初金)【聖ピオ十世会では大小斎】
聖霊降臨後の平日(4級) 
午後5時半 ロザリオ及び告解
午後6時 ミサ聖祭【イエズスの聖心の随意ミサ】

7月7日(初土)
証聖者司教聖チリロとメトディオ(3級祝日)白
午前10時  ロザリオ及び告解
午前10時半 ミサ聖祭 【聖母の汚れなき御心の随意ミサ】

7月13日(金) ←日付が変更されました
聖霊降臨後の平日(4級)
午後5時半 ロザリオ及び告解
午後6時 ミサ聖祭【ファチマの聖母を記念して、聖母の汚れなき御心の随意ミサ】

7月14日(土)←日付が変更されました
教会博士証聖者司教聖ボナヴェントゥーラ(3級祝日)白
午前10時  ロザリオ及び告解
午前10時半 ミサ聖祭

7月15日(主)
聖霊降臨後第8主日(2級)緑
午後5時半 ロザリオ及び告解
午後6時 ミサ聖祭

7月16日(月)
聖霊降臨後の平日  
午前8時 ミサ聖祭 ←時間が変更されました【カルメル山の童貞聖母マリアのミサ】

【東京】
7月8日(主)
聖霊降臨後第7主日(2級)緑
午前10時  ロザリオ及び告解
午前10時半 ミサ聖祭

午後の公教要理は「夏休み」として、「Dr.リガヤ・アコスタ 講演会〜「いのち」を選ぶために:今、呼びかけられています」に参加することを予定しております。
日時:2018年7月8日(日)午後2時半 
場所:岐部ホール 404号室※聖イグナチオ教会となり

7月9日(月)
聖霊降臨後の平日(4級)緑
午前7時 ミサ聖祭

7月15日(主)←日付が変更されました
聖霊降臨後第8主日(2級)緑
午前10時  ロザリオ及び告解
午前10時半 ミサ聖祭
ミサ聖祭の後、聖体降福式が特に pro-life のために行います。マーチ・フォー・ライフの前日だからです。
午後2時  堅振の準備のための公教要理
午後4時  主日の晩課


7月16日(月)←日付が変更されました
聖霊降臨後の平日  カルメル山の童貞聖母マリアのミサ
午前10時  ロザリオ及び告解
午前10時半 ミサ聖祭【カルメル山の童貞聖母マリアの記念】

午後2時  生命保護のための講話会
午後3時頃 マーチフォーライフに向けて出発
午後4時  マーチフォーライフ(築地カトリック教会に集合)


コメント

日本での聖伝のミサのご案内【2018】

2018年06月11日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します。

2018年の御ミサのスケジュールをお知らせいたします。

スケジュールについては、やむを得ず予定の変更がある場合があるかもしれません。

いつものように、左のカレンダをクリックして、最新のミサ日程で、ご確認できますが、

修正がある場合は、この『日本での聖伝のミサのご案内【2018】の記事も更新いたしますので、随時どうぞご確認ください。

この記事はスマートフォンでも、【カテゴリ】聖伝のミサの予定 でいつでもご確認できます。

聖ピオ十世会 年間の予定はこちら


【大阪】「聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂」
大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 EG新御堂4階 〒532-0002
(アクセス)JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分(地図

【東京】「聖ピオ十世会 聖なる日本の殉教者巡回聖堂」
東京都文京区本駒込1-12-5 曙町児童会館(地図


**** 6月の予定  ****
 【大阪】
 6月1日(初金)
 童貞聖アンジェラ・メリチア(3級祝日)白
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 6月2日(初土)
 聖母の土曜日(4級)白 殉教者司教聖マルチェリノ、ペトロ、エラスモの記念
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 6月10日(主)
 聖霊降臨後第3主日(2級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 6月11日(月)
 使徒聖バルナバ(3級祝日)赤
 午前6時半 ミサ聖祭

 6月15日(金)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 6月16日(土)
 聖母の土曜日(4級)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 【東京】
 6月3日(主)
 御聖体の荘厳祭 白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 6月4日(月)
 証聖者聖フランシスコ・カラッチョロ(3級祝日)白
 午前7時 ミサ聖祭

 6月17日(主)
 聖霊降臨後第4主日(2級)緑
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 6月18日(月)
 教会博士証聖者助祭シリアの聖エフレム(3級祝日)白
 午前7時 ミサ聖祭


**** 7月の予定  ****
 【大阪】
 7月6日(初金)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 7月7日(初土)
 証聖者司教聖チリロとメトディオ(3級祝日)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 7月13日(金) ←日付が変更されました
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 7月14日(土)←日付が変更されました
 教会博士証聖者司教聖ボナヴェントゥーラ(3級祝日)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 7月15日(主)
 聖霊降臨後第8主日(2級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 7月16日(月)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑  カルメル山の童貞聖母マリアの記念
 午前8時 ミサ聖祭 ←時間が変更されました

 【東京】
 7月8日(主)
 聖霊降臨後第7主日(2級)緑
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 7月9日(月)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午前7時 ミサ聖祭

 7月15日(主)←日付が変更されました
 聖霊降臨後第8主日(2級)緑
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 7月16日(月)←日付が変更されました
 聖霊降臨後の平日(4級)緑  カルメル山の童貞聖母マリアの記念
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭  ←時間が変更されました


**** 8月の予定  ****
 【大阪】
 8月3日(初金)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 8月4日(初土)
 証聖者聖ドミニコ(3級祝日)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 8月17日(金)
 証聖者聖ヒヤチント(3級祝日)白
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 8月18日(土)
 聖母の土曜日(4級)白
 デ・ガラレタ司教様による堅振式
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 8月31日(金)
 証聖者聖ライムンド・ノンナート(3級祝日)白
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 【東京】
 8月5日(主)
 聖霊降臨後第11主日(2級)緑
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 8月6日(月)
 私たちの主イエズス・キリストの御変容(2級祝日)白
 午前7時 ミサ聖祭

 8月19日(主)
 聖霊降臨後第13主日(2級)緑
 デ・ガラレタ司教様による堅振式
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 8月20日(月)
 教会博士大修院長聖ベルナルド(3級祝日)白
 午前7時 ミサ聖祭


**** 9月の予定  ****
 【大阪】
 9月1日(初土)
 聖母の土曜日(4級)白 大修院長聖エジディオの記念
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 9月9日(主)
 聖霊降臨後第16主日(2級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 9月10日(月)
 日本205福殉教者(3級祝日)赤
 午前6時半 ミサ聖祭

 9月14日(金)
 聖なる十字架の称賛(2級祝日)赤
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 9月15日(土)
 童貞聖マリアの7つの御悲しみ(2級祝日)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 【東京】
 9月2日(主)
 聖霊降臨後第15主日(2級)緑
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 9月3日(月)
 証聖者教皇聖ピオ10世 (聖ピオ十世会では1級祝日) 白
 午前7時 ミサ聖祭

 9月16日(主)
 聖霊降臨後第17主日(2級)緑
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 9月17日(月)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午前7時 ミサ聖祭


**** 10月の予定  ****
 【大阪】
 10月5日(初金)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑  殉教者聖プラチドとその伴侶の記念
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 10月6日(初土)
 証聖者聖ブルノ(3級祝日)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 10月14日(主)
 聖霊降臨後第21主日(2級)緑
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 10月15日(月)
 童貞聖テレジア(3級祝日)白
 午前6時半 ミサ聖祭

 10月19日(金)
 証聖者アルカンタラの聖ペトロ(3級祝日)白
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 10月20日(土)
 証聖者ケンティの聖ヨハネ(3級祝日)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 【東京】
 10月7日(主)
 聖霊降臨後第20主日(2級)緑  ロザリオの聖母の記念
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 10月8日(月)
 寡婦聖ビルジッタ(3級祝日)白
 午前7時 ミサ聖祭

 10月21日(主)
 聖霊降臨後第22主日(2級)緑
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 10月22日(月)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午前7時 ミサ聖祭


**** 11月の予定  ****
 【大阪】
 11月2日(初金)
 全ての死せる信徒の記念(1級)黒
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 11月3日(初土)
 聖母の土曜日(4級)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 11月11日(主)
 聖霊降臨後第25主日(2級)緑(御公現後第5主日)
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 11月12日(月)
 殉教者教皇聖マルティノ1世(3級祝日)赤
 午前6時半 ミサ聖祭

 11月16日(金)
 童貞聖ジェルトルード(3級祝日)白
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 11月17日(土)
 証聖者司教奇跡家聖グレゴリオ(3級祝日)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 11月30日(金)
 使徒聖アンドレア(2級祝日)赤
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 【東京】
 11月4日(主)
 聖霊降臨後第24主日(2級)緑(御公現後第4主日)
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 11月5日(月)
 聖霊降臨後の平日(4級)緑
 午前7時 ミサ聖祭

 11月18日(主)
 聖霊降臨後第26主日(2級)緑(御公現後第6主日)
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 11月19日(月)
 寡婦聖エリザベト(3級祝日)白
 午前7時 ミサ聖祭


**** 12月の予定  ****
 【大阪】
 12月1日(初土)
 聖母の土曜日(4級)白
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 12月9日(主)
 待降節第2主日(1級)紫
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 12月10日(月)
 待降節の平日(3級)紫
 午前6時半 ミサ聖祭

 12月14日(金)
 待降節の平日(3級)紫
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 12月15日(土)
 待降節の平日(3級)紫
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 12月21日(金)
 使徒聖トマス(2級祝日)赤
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 12月22日(土)
 待降節の四季の斎日 土曜日(2級)紫
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 12月24日(月)
 平日の主の御降誕の前日(1級)紫
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭

 午後11時 クリスマスキャロル

 12月25日(火)
 主の御降誕(1級祝日、八日間付き)白
 午前0時  ミサ聖祭(真夜中のミサ)

 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭 (あかつきのミサ)


 【東京】
 12月2日(主)
 待降節第1主日(1級)紫
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 12月3日(月)
 証聖者聖フランシスコ・ザビエル (宣教地日本では1級祝日) 白
 午前7時 ミサ聖祭

 12月16日(主)
 待降節第3主日(1級)バラ色(或いは紫)
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 12月17日(月)
 待降節の平日(2級)紫(12月17日から12月23日)
 午前7時 ミサ聖祭

 12月23日(主)
 待降節第4主日(1級)紫
 午前10時  ロザリオ及び告解
 午前10時半 ミサ聖祭

 12月24日(月)
 平日の主の御降誕の前日(1級)紫
 午前7時 ミサ聖祭

 12月25日(火)
 主の御降誕(1級祝日、八日間付き)白
 午後5時半 ロザリオ及び告解
 午後6時 ミサ聖祭 (日中のミサ)
コメント

来たる6月17日(主日)の聖ピオ十世会東京でのミサは、イエズスの至聖なる聖心の荘厳祭です

2018年06月11日 | 聖伝のミサの予定

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、
 来たる6月17日(主日)の聖ピオ十世会東京でのミサは、イエズスの至聖なる聖心の荘厳祭として「イエズスの至聖なる聖心」のミサを行います。

Introitus: Psalmus 32:11,19 Introit: Psalm 32:11,19 入祭文: 詩篇 32:11,19 进台咏(咏32:11,19)
COGITATIÓNES Cordis ejus in generatióne et generatiónem: ut éruat a morte ánimas eórum et alat eos in fame. THE thoughts of His Heart are from generation to generation: To deliver their souls from death, and feed them in famine. 主の聖心の想いは、霊魂を死から奪い取り、飢えるとき養うために、世々にわれらの傍らにとどまり給う。 祂心中的意念代代常存:祂要救我的生命脱离夭亡,并且使我饥馑之日、得到滋养。
Ps. 32:1 Exsultáte, justi, in Dómino, rectos decet collaudátio. Glória Patri et Fílio et Spirítui Sancto. Sicut erat in princípio et nunc et semper et in sǽcula sæculórum. Amen. Ps. 32:1 Rejoice in the Lord, O ye just: praise becometh the upright. Glory be to the Father, and to the Son, and to the Holy Ghost. As it was in the beginning, is now, and ever shall be, world without end. Amen. 詩篇32:1義人らよ、主において喜びおどれ。天主を讃美することは、義人にふさわしいことである。願わくは聖父と聖子と聖霊とに光栄あれ。はじめと同じく、今もいつも、世々に、アメン。 人啊!您们应当凭上主喜悦;因为颂扬原是正直者的事。光荣于父……。
Cogitatiónes Cordis ejus… The thoughts of … 主の聖心の想いは、… 心中的意念代代常存
Collectus Collect 集祷文 集祷经
  DEUS, qui nobis in Corde Fílii tui, nostris vulnerátio peccátis, infinítos dilectiónis thesáuros misericórditer largíri dignáris: concéde, quǽsumus ut illi devótum pietátis nostræ præstántes obséquium, dignæ quoque satisfactiónis exhibeámus offícium. Per eúmdem Dóminum nostrum Jesum Christum Fílium tuum, qui tecum vivit et regnat in unitáte Spíritus Sancti, Deus, per ómnia sǽcula sæculórum. O GOD, Who in the Heart of Thy Son, wounded by our sins, dost mercifully bestow on us infinite treasures of love: grant, we beseech Thee, that whilst we render It the devout homage of our affection, we may also fulfill our duty of worthy satisfaction. Through the same our Lord Jesus Christ, Thy Son, Who liveth and reigneth with Thee in the unity of the Holy Ghost, God, world without end. 天主よ、われらの罪のために傷つけられた御子の聖心において、御身は愛の無限の宝を、御慈悲をもってわれらに与え給う。願わくは、聖心に対して厚き敬虔のつとめを果たさせ、適当なつぐないの奥義をもわれらに行わせ給え。その同じわれらの主イエズス・キリスト、天主として、聖霊との一致において、御身と共に世々に生き且つ治め給う聖子によりて。 天主,祢既在祢圣子由我所受的圣心内,将无限情的宝藏仁慈地赐给,求祢开恩:使我们对于圣心不地献出心的敬礼,且能相称地尽到赔补债务。因我主……。
書簡Epistle エフェゾEphesians 3:8-12,14-19 书信(弗3:8-19)
LÉCTIO Epístolæ beáti Pauli Apóstoli ad Ephésios LESSON from the Epistle of blessed Paul the Apostle to Ephesians 使徒聖パウロのエフェゾ人への書簡の朗読
Fratres: Mihi ómnium sanctórum mínimo data est grátia hæc, in géntibus evangelizáre investi- gábiles divítias Christi: et illumináre omnes, quæ sit dispensátio sacraménti abscónditi a sǽculis in Deo, qui ómnia creávit: ut innotéscat principátibus et potestátibus in cœléstibus per Ecclésiam multifórmis sapiéntia Dei: secúndum præfinitiónem sæculórum, quam fecit in Christo Jesu Dómino nostro, in quo habémus fidúciam et accéssum in confidéntia per fidem ejus. Hujus rei grátia flecto génua mea ad Patrem Dómini nostri Jesu Christi, ex quo omnes patérnitas in cœlis et in terra nominátur: ut det vobis secúndum divítas glóriæ suæ, virtúte corroborári per Spíritum ejus in interiórem hóminem: Christum habitáre per fidem in córdibus vestris: in caritáte radicáti et fundáti: ut possítis comprehéndere cum ómnibus sanctis, quæ sit latitúdo, et longitúdo, et sublímitas et profúndum: scire étiam super- eminéntem sciéntiæ caritátem Christi, ut impleámini in omnem plenitúdinem Dei. Brethren: To me, the least of all the saints, is given this grace, to preach among the Gentiles the unsearchable riches of Christ: and to enlighten all men, that they may see what is the dispensation of the mystery which hath been hidden from eternity in God, Who created all things: that the manifold wisdom of God may be made known to the principalities and powers in heavenly places through the Church, according to the eternal purpose which he made in Christ Jesus our Lord: in Whom we have boldness and access with confidence by the faith of Him. For this cause I bow my knees to the Father of our Lord Jesus Christ, Whom all paternity in heaven and earth is named, that he would grant you according to the riches of His glory, to be strengthened by His Spirit with might unto the inward man, that Christ may dwell by faith in your hearts: that, being rooted and grounded in charity, you may able to comprehend with all the saints, what is the breadth and length, and height and depth: to know also the charity of Christ which surpassed all knowledge, that you may be filled unto all the fullness of God. 兄弟たちよ、私は、すべての聖徒の中で、最も小さい者よりも小さい者であるが、キリストの底知れない富を異邦人に告げ、万物の創造主なる天主のうちに、永遠から隠されていたこの奥義の啓示を表す恩寵を受けた。それは、天主の多種多様の上智を、天の権勢と能力とに、教会によって、いま知らせるためである。それは、われらの主キリスト・イエズスにおいて、天主が企て給うた永遠の計画によるのである。われわれは、彼に対する信仰によって、信頼してあえて天主に近づくことができる。それがために私は、われらの主イエズス・キリストの御父の御前(みまえ)にひざまずこう―[御父から]天と地とのすべての家族が起こったのである―。彼が、その光栄の富にしたがって、その霊によって、あなたたちの内的な人間を力強く固め、また信仰によってキリストがあなたたちの心に住み給うて、あなたたちの根と基(もとい)とを愛に置き、そしてあなたたちに、すべての聖徒とともに、[かの奥義の]広さと長さと高さと深さとを理解させ、計り知ることのできないキリストの愛を知らせ、充ち満てる天主によって満たし給うように祈る。 弟兄:我本是圣徒中最卑小的,天主竟我特恩,使我向外邦人宣基督深不可的富藏,并且把从永远隐藏在造生天地万物的天主内的奥秘划,启示众人。天主依照祂从永所定、而在我主基督耶内完成的划,愿意藉着教会、向天上的权者天神和异能者天神表示祂各式各的智慧。我信了基督,便因着祂坦然无畏地、满怀信心地、到天主台前来。为了这个原因、我在我们主耶稣基督的大父前屈膝。天上地下的一切父权、都是由祂而得名的。我求祂藉着祂光荣的富藏、赏赐你们赖着祂的圣神完全地坚强起来,使你们的内心、成长发展。愿基督藉着信德、居住在你们心中,愿你们在爱德中生根植基,和诸位圣徒一起明了基督的爱如何长、如何阔、如何高、如何深、得以明悉基督的爱远远超过人所意想的限度,而这样你们充满了天主完满无缺的美好。
Graduale : Psalmus 24:8-9 Gradual : Psalm 24:8-9 昇階誦 : 詩篇 24:8-9 .
DULCIS et rectos, Dóminus, propter hoc legem dabit delinquéntibus in via. Díriget mansuétos in judício, docébit mites vias suas. THE Lord is sweet and righteous: therefore He will give a law to sinners in the way. He will guide the mild in judgment: He will teach the meek His ways. 主は、正しくよい御者にてまします、故に主は、直(すぐ)なる道から外れた人々に、救いの法を示し給う。主は、柔和な人々を正義によって導き、へりくだる人々に主の道を教え給う。 主是良善公正的,因此、祂指导罪人走祂的道。——祂引谦虚人走公平的路,将自己的道指示给良善人。
Alleluia : Matthaeus 11:29 Alleluia : Matthew 11:29 アレルヤ誦 : マテオ 11:29 阿肋路亚!(玛11:29)
ALLELÚIA, allelúia. Tóllite jugum meum super vos et díscite a me, quia mitis sum et húmilis Corde, et inveniétis réquiem anímabus vestris. Allelúia ALLELUIA, alleluia. Take my yoke upon you and learn of Me, because I am meek and humble of heart: and you shall find rest to your souls. Alleluia. アレルヤ、アレルヤ。私は、心柔和で謙遜な者ゆえ、私のくびきをとって、私にならえ、そうすれば心の平和を見出すであろう、アレルヤ。 阿肋路亚,阿肋路亚。你们负我的轭吧!向我学习心中的温良和谦逊:你们将获得心中的安息。阿肋路亚。
Evangelium : Ioannes 19:31-37 Gospel : John 19:31-37 聖福音: ヨハネ 19:31-37 福音(若19:31-37)
  In illo témpore: Judǽi (quóniam Parascéve erat), ut non remanérent in cruce córpora sábbato, (erat enim magnus dies ille sábbati), rogavérunt Pilátum ut frangeréntur eórum crura et tolleréntur. Venérunt ergo mílites, et primi quidem fregérunt crura et altérius qui crucifíxus est cum eo. Ad Jesum autem cum veníssent, ut vidérunt eum jam mórtuum, non fregérunt ejus crura: sed unus mílitum láncea latus ejus apéruit, et contínuo exívit sanguis et aqua. Et qui vidit testimónium perhíbuit: et verum est testimónium ejus. Et ille scit quia vera dicit, ut et vos credátis. Facta sunt enim hæc ut Scriptúra implerétur: Os non commninuétis ex eo. Et íterum ália Scriptúra dicit: Vidébunt in quem transfixérunt.  At that time: The Jews (because it was the Parasceve), that the bodies might not remain upon the cross on the Sabbath day (for that was a great Sabbath day) besought Pilate that their legs might be broken, and that they might be taken away. The soldiers therefore came: and they broke the legs of the first, and of other that was crucified with Him. But after they were come to Jesus, when they saw that He was already dead they did not break His legs. But one of the soldiers with a spear opened His side, and immediately there came out blood and water. And he that saw it hath given testimony: and his testimony is true. And he knowth that he saith true, that you may believe. For these things were done that the Scripture might he fulfilled: You shall not break a bone of Him. And again another Scripture saith: They shall look on Him Whom they pierced. そのとき、(用意日だったので)安息日に体を十字架の上に残しておかないように(この安息日は、大いなる日であったから)ユダヤ人は、ピラトに、彼らの脛(はぎ)を折って取り除くように願った。それで、兵隊たちが来て、第一の者と他の者との脛を折った。イエズスのところに来るともはや死んでおられるのを見てその脛を折らなかった。しかし、一人の兵隊が、槍で御脇腹を突いたので、すぐ、血と水とが流れ出た。これを見た者が証明する―この証明は真実である、彼は自分の言葉が真実であると知っている―あなたたちが信じるためである。これらの事が起こったのは、「その骨は一つも折られないであろう」という聖書の言葉が成就されるためであった。また「彼らは、自分らが刺した者を仰ぎ見るであろう」という聖書の言葉もある。 那天正是巴斯挂的预备日。犹太人为使尸体、在安息日、不留在十字架上——因为那安息日是个大节日——,请求比拉多折断他们的腿,把他们拿走。兵士们来了,折断了第一个人的腿,及与耶稣同钉的第二个的。来到耶稣那里,见祂已经死了,就不折断祂的腿;但有一个兵拿枪刺开了祂的肋旁,立刻流出了血和水。那个看见的就作了见证,他的作证是真的;他知道说真话,好使你们也相信。——这件事发生了,使圣经这句话应验:“祂的骨头、你们一根也不要折断。”经上另一处又说:“他们瞻望他们所刺透的人。”
Credo Creed 信経
Offertorium : Psalmus 68:21 Offertory : Psalm 68:21 奉献文 : 詩篇 68:21 奉献咏(咏68:21)
IMPROPÉRIUM exspectávit Cor meum et misériam, et sustínui qui simul mecum contristarétur et non fuit: consolántem quæsívi et non invéni. MY Heart hath expected reproach and misery: and I looked for one that would grieve together with Me, but there was none: and for one that would comfort Me, and I found none. 私の心は、侮りと悩みしか期待できなかった。私は誰かが、共に苦しんでくれると期待していた。しかし誰も苦しんではくれなかった。私は人から慰められるのを待っていたが、慰めてくれる人は一人もなかった。 耻辱和忧闷、折伤了我的心,我指望了有人体恤我,却没有一个;我渴望了有人安慰我,可是寻不着。
Secretum Secret 密誦 密祷
RÉSPICE, quǽsumus, Dómine, ad ineffábilem Cordis dilécti Fílii tui caritátem: ut quod offérimus sit tibi munus accéptum et nostrórum expiátio delictórum. Per eúmdem Dóminum nostrum Jesum Christum Fílium tuum, qui tecum vivit et regnat in unitáte Spíritus Sancti, Deus, per ómnia sǽcula sæculórum. HAVE regard, we beseech Thee, O Lord, to the inexpressible love of the Heart of Thy beloved Son: so that what we offer may be a gift acceptable to Thee, and an expiation for our offenses, Through the same our Lord Jesus Christ, Thy Son, Who liveth and reigneth with Thee in the unity of the Holy Ghost, God, world without end. 主よ、願わくは、愛し給う御子の聖心の、言い尽くせぬ愛をかえりみ、われらの捧げ物を嘉し、われらの罪のつぐないとならせ給え。その同じわれらの主イエズス・キリスト、天主として、聖霊との一致において、御身と共に世々に生き且つ治め給う聖子によりて。 主,求祢顾及祢爱子心中不可名言的圣爱;望我们所献的、成为中悦祢的礼品,并成为补赎我们罪过的代价。因我们主……。
Prefacium Sacratissimi Cordis Iesu The Preface for The Feast of The Sacred Heart 聖心の序誦 耶稣圣心的颂谢引
VERE dignum et justum est, æquum et salutáre, nos tibi semper et ubíque grátias ágere, Dómine sancte, Pater omnípotens, ætérne Deus: Qui Unigénitum tuum in cruce pendéntem láncea mílitis transfígi voluísti: ut apértum Cor, divínæ largitátis sacrárium, torréntes nobis fúnderet miseratiónis et grátiæ, et quod amóre nostri flagráre nunquam déstitit, piis esset réquies et pœniténtibus patéret salútis refúgium. Et ídeo cum Angelis et Archángelis, cum Thronis et Dominatiónibus, cumque omni milítia cœléstis exércitus, hymnum glóriæ tuæ cánimus, sine fine dicéntes: Sanctus... IT is truly meet and just, right and for our salvation, that we should at all times and in all places give thanks to Thee, holy Lord, Father Almighty, eternal God: Whose will it was that Thine only-begotten Son, while hanging on the cross, should be pierced by the soldier’s lance: that the Heart thus opened should, as from a well of divine bounty, pour over us streams of mercy and of grace: and that the Heart which never ceased to burn with love for us, should be for the devout a haven of rest and for the penitent an open refuge of salvation. And therefore with Angels and Archangels, with Thrones and Dominations, and with all the hosts of the heavenly army, we sing a hymn to Thy glory, evermore saying: Holy… 聖なる主、全能の父、永遠の天主よ、われらが、いつも、どこにても、主に感謝を捧げるのは、実にふさわしく正しいことであり、われらの義務と救いである。御身は、十字架にかかり給う御独り子が、一人の兵卒の槍に突き刺されることを許し給うた。それは、天主の御寛仁の聖所であるその開かれた聖心が、われらの上に御あわれみと聖寵との流れを注ぎ、われらに対する愛に燃え続け給うその聖心が、善人の憩いの所となり、痛悔する者の救いの避難所となり給うためであった。故に、天使、大天使と共に、座天使と主天使と共に、また、天の万軍と共に、われらは、きわまりなく、主の御光栄の讃歌を歌い続けよう。聖なるかな、… 主、至圣的父、全能永生的天主,我们时时处处颂谢祢,是正而必的,属于我的,也属我得救的。祢曾欲祢的独子身苦架之,受了兵丁矛的刺透,使此大开了的心即天主博施的圣所、湧泄祢仁慈和恩的激流;也使此无或息燃火的心,对热诚者成安息之所,对忏悔者敞开救之门。为此、我们随同诸位天神、总领天神、上座者和宰制者以及天上万军、合唱光荣祢的圣歌,无穷期地说:圣、圣、圣……。
Communio Ioan. 19:34 Communion : John 19:34 聖体拝領誦 : ヨハネ 19:34 .
UNUS míitem láncea latus ejus apéruit, et contínuo exívit sanguis et aqua. ONE of the soldiers with a spear opened His side, and immediately there came out blood and water. 一人の兵隊が、槍で御脇腹を突いたので、すぐ、血と水とが流れ出た。 有一个兵、拿枪刺开了祂的肋旁,立时流出了血和水。
Postcommunio Postcommunion 聖体拝領後の祈 领后经
PRǼVEANT nobis, Dómine Jesu, divínum tua sancta fervórem: quo dulcíssimi Cordis tui suavitáte percépta, discámus terréna despícere, et amáre cœléstia: Qui vivis et regnas cum Deo Patre, in unitáte Spíritus Sancti, Deus, per ómnia sǽcula sæculórum. MAY Thy holy mysteries, O Lord Jesus, impart to us divine fervor: wherein we may taste the sweetness of Thy most loving Heart, and learn to despise what is earthly and love what is heavenly: Who livest and reignest with God the Father in the unity of Holy Ghost, God, world without end. 主イエズスよ、この聖なる秘蹟によって、われらの厚い信仰心を起こさせ、優しい聖心の甘美さを味わわせ、地上のことを軽んじ、天を愛することを教え給え。聖父なる天主とともに、聖霊との一致において、世々に生き且つ治め給う天主よ。 主、耶稣,祈望祢的圣事、赐给我们神圣的爱火;望我们尝到了祢圣心甘怡的挚爱,因而学得轻看世物、但爱天上之事。祢和天主父……。
コメント

五月七日月曜日には朝7時に東京で聖伝のミサがあります

2018年05月05日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 五月七日月曜日の朝七時から、東京で聖伝のミサがあります。

 よろしくお願いします。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田神父
コメント

2018年4月15日(主)復活後第2主日の聖伝のミサが大阪であります:SSPX JAPAN Traditional Latin Mass in Osaka April 15, 2018

2018年04月15日 | 聖伝のミサの予定
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

4月15日(主) 復活後第2主日(2級)白
         午後5時半 ロザリオ及び告解 
         午後6時 ミサ聖祭

4月16日(月) 平日(4級)白
         午前6時 ミサ聖祭 ← 時間が変更になりました。
【神父様の帰りの飛行機の時間の都合で、ミサは朝6時になりました!】



天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
コメント