Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ礼拝し希望し御身を愛します!御身を信ぜぬ人々礼拝せず希望せず愛さぬ人々のために赦しを求めます(天使の祈)

大阪の聖母の汚れなき御心聖堂から集まった教皇聖下来日のための霊的花束(2019年11月17日現在)

2019年11月20日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様!

大阪で集計された教皇聖下来日のための霊的花束をご紹介いたします。

たくさんのお祈りをありがとうございます! 








コメント

Sermon for twenty-third Sunday after Pentecost ー Fr Peter Fortin, FSSPX

2019年11月20日 | お説教・霊的講話
Sermon for twenty-third Sunday after Pentecost (Tokyo, Osaka)
According to the will of God, the father possesses the authority in the family and therefore has the entire responsibility before God and man for his family.
Fr Peter Fortin, FSSPX


“Lord, my daughter has just now died: but come and lay your hand upon her, and she will return to life.”

In this instance in the gospel the life of child is lost and there is chaos and disorder in the home and all seems lost. Misery and discouragement that the child is lost. Imagine the father feeling as if he failed, it’s his fault for the death of the child. He conceived the child and she is lost and appears dead in all the noise of those crying. We don’t read that the man is widower, so we assume the wife or mother is alive and most probably there. It is most commendable, the ruler goes to Our Lord, worships Him and asks Him to come and Our Lord responds and goes immediately. Our Lord says that she is not dead but asleep. The people there are worldly and disrespectful to Our Lord. They are against Him, against Christ in the home of this ruler. Our Lord comes to restore order and gets rid of the worldly people and noise and then He raises the girl by her hand and restores her to the father. We can take this scene and draw much fruit for families, homes and fathers. Our Lord no doubt admired this Ruler as He did many who exhibited great faith. The man makes a request and invitation to Christ and not turned away.

For more than 100 years, the spirit of the world is set to corrupt and destroy Christian society wholly and entirely. In order to do so, they have attacked the Christian family. From that moment, the Faith and the Christian spirit have been disappearing and many souls lost. The family, since 1960’s especially, has been the subject of attack, in married life as well as in the upbringing and education of children. This is why divorce or separations are rampant, and the children are disconnected from parents and as a result disconnected from God. Divorce, contraception, pornography, loss of prayer, ineffective sacramental life have ravaged the family life, it has stifled any growth and the introduction of homosexual unions is the death knell for any sort of future family life possible in society.

What can be done? What can be proposed to rectify this situation? We must resist the modern trend. Archbishop Marcel Lefebvre insisted that to form saintly priests there must first be saintly families, It is a strict duty which each home must make its own to form holy families: to form a family that is united and virtuous, bringing forth good fruit before God and man. A family is likened to a tree. The children are the fruit. A good tree brings forth good fruit and a bad tree, bad fruit. How to make the tree a good tree? A successful Catholic family is one from which the good God can draw forth holy vocations. It is necessary to often to have this thought in mind, and this from the early years until the maturity of the souls entrusted to you.

One must sanctify oneself, as well as one’s spouse, by means of life in common and by the reception of the sacraments. Sanctity is expected of each and everyone. More so for those who have others to depend on them. “Be perfect as My heavenly Father is perfect.” St. Peter writes “be as children in obedience trust in grace for it is written: “You shall be holy, for I am holy”. In order to be holy and bring others to holiness, it is necessary to practice well the duty of state.

According to the will of God, the father possesses the authority in the family and therefore has the entire responsibility before God and man for his family. This is by nature as Adam is the father of humanity. To share in the paternity of God, to produce souls in the image and likeness of God destined to be with Him in heaven for eternity. There are many beautiful examples of what it is to be a man, to be a husband, to be a father in Sacred Scripture but especially in St. Joseph and Our Lord Jesus Christ. We might ask yes of course St. Joseph but why Our Lord? It is He because He is a perfect Son, a perfect reflection of the Father in Heaven. He is the ideal. One might say that the world hates fatherhood because it is an image of God and His Fatherhood for all.

Wherever there is authority there are duties and responsibilities. The Role of the Father is most important for restoration of Society. With it is linked the Fatherhood of a priesthood. Without good Fathers, there cannot be priests. So in order to reinforce the role of the father in the family, I will propose a few qualities that a father must have and also the disorders that should be noted.

Here are a few qualities that a father must possess.
Benefactor – One who means well to all under his care and who will guide and protect and keep order in the home. He must be most approachable always to assist any with their difficulties.
Accountability - The Father of a family must remember that his authority is delegated to him and that therefore he will one day have to render an account of his management. The father of a family is a steward. The family, father himself, wife, children – all belong to God. The Father has grave responsibility to lead all to Him.

Obedience and Submission to God
“The head of all men is Christ” (I Cor. 11:3). Everyone must submit their will to God’s. Most especially the Father as his decisions and actions will affect the entire life of the family for good or bad. How to follow God’s will and His Spirit? It is found with catechism and the sacraments and recourse to the priests. This reference to the Church is willed by God. It can also reassure the wife and the children, and they will know that the decisions are not arbitrary.

Prayer – He must pray for guidance and the holiness of his family. For the souls entrusted to him. What would it be if the souls entrusted to his care are provided for materially only and then lost for eternity. This idea that the father is the one who calls to prayers and takes the initiative in religious ceremonies is even found with the pagans. Prayers, offered together brings order into the home especially if initiated by the father.

Harmony - First and foremost, he must have harmony with God and His Church and secondarily His Wife and children. There is a great importance to live in harmony with his spouse. Without harmony, his efforts will bear little or no fruit. In order to have harmony in the home, it is necessary: to have good communication, unity, admiration, and to be a peacemaker.

For Communication: It is important to speak always to the spouse about projects and the cares of the family. The husband must receive suggestions from and will explain his objectives, bearing always in mind the principle at stake.

In regards to Unity: Mother and Father must share the same spirit in such a way that neither spouse complains against the other especially in front of the children, and that the children thus sense the unity of the parents. Of course, it is up to the husband to make the ultimate decision and to implement the practical means to its realization.

Admiration: The husband must easily praise his wife for her collaboration and good initiatives. By valuing his wife, then, the husband will assure himself of a precious and devoted help. He will leave to his wife a great latitude in the domain that is hers inside the home.

Peacemaker: He must reflect the image of Our Lord. This is why he must handle family conflicts in a calm and just manner. This is a special grace and it even has a special reward – blessed are the peacemakers- for they shall be called children of God. Correction is not an easy task! However, putting order and getting rid of bad habits with kindness and firmness avoids greater conflicts. Cowardice and impatience in corrections make matters far worse. They can be the occasion of coldness, oppositions, and yelling – all sorts of trouble.

Disorders that lead to grave dangers:
The following disorders affect all domains of family life: lack of a schedule, disorder in the house, extended time on phone or internet, a spirit of criticism and of mockery, immodesty in speech, action and dress, dangerous friendships, and idleness.
The father is naturally a leader and must not only pretend to be a good leader but really, he must have qualities and want the good of everyone in the home. He must first lead in prayer, reception of the sacraments, practice of virtue and avoidance of vice. Not only for himself but every member of the family. Nothing can replace a good example of the father. It is necessary that the children see these virtues embodied in the parents in order to practice them in the future.

Let us summarize the qualities of the head of the family which favor obedience from all in family:
Goodness - God the Father is characterized by goodness, a benefactor who will first give good spirit to the family. Such is the primary quality of the head of a family. Goodness allows for those members of the family to open up. Goodness and kindness are not signs of weakness, but of understanding and care for the good of each.
Prudence - The father of a family will regularly practice the virtue of prudence. This virtue consists in looking for good solutions but with mother as well.

Sacrifice A father must sacrifice his selfishness, his comfort zone, and his own interests for his wife and family. “Husbands, love your spouses as Christ also loved the Church” (Eph. 5:25). We know how much Christ loved the Church, to the point of sacrificing Himself for her, even to allowing His Sacred Heart to be pierced.
The father must sacrifice himself. Not pretend. But be the good man expected. The father will take care to remain worthy of the respect of his wife so that she will be proud of him. His work and accomplishments, his attitudes, and of his qualities.
The father must kind and firm. The child must sense that his father loves him and that he does not just favor the child’s wants but truly desires his good. The father must be vigilant and always available for mother and the children.

Let us take a look at the consequences of the faults of the father of the family.
Harshness - If the father is harsh and rough in his authority, not knowing when to listen to his spouse or to his children, he will instill a spirit of questioning and of rebellion. This will cultivate much doubt and distrust in the home. This spirit can destroy the home and lead the loss of faith in the children.

Weakness - If the father is on the other hand, weak making no demands and fleeing responsibility. The wife will attempt to supplement but it will always be lacking. The mother by nature cannot fulfill the role of the father. More often than not if the father shirks responsibility, the sons will lack character, strength of soul, and a sense of responsibility.

Lack of Organization - If the father does not know how to organize, to command precisely, he will always be unhappy because nothing will get done, or what is done will not be done well.

Scandal – Kills the spiritual life of the family. He will lead the souls entrusted to his care to perdition.

Let us look to the ruler in the Gospel. Perform what is expected. Be the one to put things in orders. In all difficulties, trials and struggles have the same reaction as the ruler. Make contact with Christ. You find Christ here. Confess your faith, worship Him, gain His friendship through the sacrament of confession and then bring Him into the Home. You do this by receiving Him in Holy Communion. He will live inside and guide your actions. By doing this it is as if bringing Christ to those members of the family that is sick or dead spiritually. By allowing Him to live in you, then your will becomes his, your actions become his. What is the first thing that our Lord does, “Leave”. These people ridiculed Our Lord. He banishes the worldly spirit, included are all the bad influences and then He touches the child and the home is restored. Our Lord comes to put order, peace, harmony and happiness in the home.
コメント

家庭における父親の責任の重大さについて: ピーター・フォルティン神父様お説教 聖霊降臨後第二十三の主日

2019年11月20日 | お説教・霊的講話
聖霊降臨後第二十三主日の説教(東京・大阪)
聖ピオ十世会司祭 ピーター・フォルティン神父


「主よ、私の娘がいま死にました。でも、あの子の上にあなたの手を伸べに来てくだされば、あの子は生き返ります」(マテオ9章18節)

このとき福音書では、子どものいのちが失われ、家には混乱と無秩序があり、すべてが失われたかのようです。子どもを失ったというみじめさと落胆があります。この父親[会堂司]のことを想像してください。まるで子どもの死に自分に落ち度があるかのように感じているのです。父親がこの子どもをもうけたのに、子どもは失われて、嘆きの声のうちに死んだように見えます。この男が男やもめであるとは書かれていませんから、彼の妻すなわち母親が生きていて、おそらくそこに一緒にいると思われます。賞賛すべきことに、会堂司は主のところに行って、主を礼拝し、主に来てくださるよう頼み、主はそれに応えてすぐに行かれます。主は、娘は死んでおらず眠っているだけだと言われます。そこにいる人々は、この世のことしか考えず、主に対して失礼な態度を取ります。彼らは、この会堂司の家にいるキリストに対して、主に対して反対するのです。主は来て、秩序を回復させ、この世的な人々と騒がしさを追い払い、少女の手を取って起き上がらせ、少女を父親に戻されます。私たちは、この情景を取り上げて、家族や家、父親に対する多くの実を引き出すことができます。主が、素晴らしい信仰を示した多くの人々にそうなさったように、この会堂司をほめられたのは疑いありません。この男はキリストにお願いしてお招きしましたが、見捨てられませんでした。

100年以上にわたって、この世の精神はキリスト教社会を全面的に腐敗させ破壊しようとしてきました。そうするために、彼ら[この世的な人々]はキリスト教の家庭を攻撃しました。そのときから、信仰とキリスト教精神は消えてきており、多くの霊魂が失われました。家庭は、特に1960年代以来、子どもの養育および教育においても、結婚生活においても、攻撃の対象になってきました。こういう訳で、離婚または離別がはびこっており、子どもたちは両親と切り離され、その結果として天主から切り離されているのです。離婚や避妊、ポルノ、祈りの喪失、不十分な秘蹟による生活が家庭生活を荒廃させ、それがあらゆる成長を阻害し、同性愛の結合の導入が、社会におけるあらゆる種類の将来の家庭生活に対して、死を告げる鐘となっているのです。

いったい何ができるでしょうか? この状況を正すために提案できるものは何でしょうか? 私たちは、この現代の傾向に抵抗しなければなりません。マルセル・ルフェーブル大司教は、次のように強く主張しました。聖人のような司祭をつくるためには、まず聖人のような家庭がなければならず、各家庭は、聖なる家庭を作り上げることを自らの厳しい義務とせねばならない。聖なる家族を作り上げることは、一致した、聖徳のある家庭をつくり、天主と人の前で良き実を生み出すことです。家庭は木になぞらえられます。子どもは実です。良き木は良き実を生み、悪い木は悪い実を生みます。木を良き木にするにはどうすればいいでしょうか? うまくいったカトリックの家庭は、良き天主が聖なる召命を引き出すことのおできになる家庭です。この考えをしばしば心に留めておくことが必要であり、皆さんに委ねられた霊魂が幼い年代から成人に至るまで、これが必要です。

人は、配偶者と同様に、自分自身を聖化しなければなりません。それは、共に生活することによって、秘蹟を受けることによってです。聖性はすべての人に求められます。自分に依存している者を持つ人々の場合は、さらにそうです。「わが天の父が完全であるように、あなたたちも完全であれ」(マテオ5章48節)。聖ペトロは、こう書いています。「恩寵にかけよ。従順な子となれ。『私が聖なる者であるから、あなたたちも聖なる者であれ』と書き記されているからである」(ペトロ前書1章13-16節)。自らを聖となし、他の人々を聖性に導くためには、自分の立場に応じた義務をよく果たすことが必要です。

天主のご意志によって、父親は家庭における権威を持っており、それゆえに天主と人の前に自分の家族に対する全面的な責任を負っています。それは、アダムが人類の父であるように、生まれによるものです。それは天主の父性にあずかること、天国で永遠に天主と共にいる運命をもつ、天主の似姿としての霊魂を作ることです。聖書には、男であること、夫であること、父親であることとは何であるかについての多くの美しい例がありますが、特に素晴らしいのは聖ヨゼフと私たちの主イエズス・キリストの例です。私たちは、聖ヨゼフについてはもちろんそうだと思いますが、なぜ私たちの主が?と思うかもしれません。それは、主こそが、完全な子であり、天の御父の完全な生き写しであるからです。主こそが理想なのです。父性が、天主および天主のすべての人に対する父性の似姿であるがゆえに、この世が父性を憎むのだと言えるかもしれません。

権威があるところならどこであれ、義務と責任があります。父親の役割は、社会の回復のためには最も重要です。司祭職の父性は、それと関係しています。良き父親がいなければ、司祭も存在できません。ですから、家庭における父親の役割を強化するために、私は、父親が持たねばならないいくつかの性質を提案するとともに、その逸脱についても注意をひきたいと思います。

次のものが、父親が持たねばならないいくつかの性質です。
支援者―自分の保護のもとにあるすべての人の幸福を望み、家庭内で導き、守り、秩序を維持する人のことです。困難な状態にある者を助けるために、常に最も近づきやすくなければなりません。
報告責任―家庭の父親は、自分の権威は委託されたものであり、それゆえにいつか自分がその権威をどう取り扱ったのかを報告しなければならないということを覚えておかなければなりません。家庭の父親は管理人です。家庭、父親自身、妻、子どもたち、すべては天主の所有物です。父親には、全員を天主へと導くという重い責任があるのです。

天主への従順と服従―「すべての男のかしらはキリストである」(コリント前書11章3節)。誰もが自分の意志を天主に服従させなければなりません。自分の決定や行動が家族の生活全般に良い影響または悪い影響を与えるのですから、父親は特にそうしなければなりません。どのようにして、天主のご意志と天主の霊に従うのでしょうか? その答えは、カテキズムや秘蹟、司祭に頼ることにあります。この教会への委託は、天主のご意志によるものです。それはまた、妻や子どもたちが安心して、その決定が勝手なものではないということを知ることにつながります。

祈り―父親は、指導を願い、また家族の聖化を願って祈らなければなりません。父親に委ねられている霊魂のためにも祈らなければなりません。父親の管理に委ねられた霊魂に物質的なものだけが与えられ、そのため永遠に失われるとするならば、いったい何になるでしょうか。父親が祈りを呼びかける人、宗教的儀式を率先して行う人だというこの考えは、異教徒にさえも見いだされます。共に捧げる祈りは、特に父親が率先して行えば、家庭に秩序をもたらします。

調和―まず第一に、父親は天主およびその教会と調和し、第二に妻および子どもたちと調和していなければなりません。配偶者と調和して生きるということはたいへん重要なことです。調和がなければ、父親の努力はほとんど、あるいはまったく実を結びません。家庭で調和を得るために必要なのは、良き会話や一致、賞賛があること、そして平和をもたらす者であることです。

会話のために:家族に関する計画や世話について、配偶者に常に話すことは重要です。夫は妻からの提案を聞かねばならず、問題となる原則を常に心に留め、自らの目的を説明せねばなりません。

一致について:母親と父親は、特に子どもの前で配偶者が相手に不平を言うことがないように、またそれによって子どもが両親の一致に気づくように、同じ精神を共有しなければなりません。もちろん、最終的決定を下し、その実現への実践的手段を実行するのは、父親次第です。

称賛:夫は、妻の協力や自発的な良き働きに対して躊躇なくほめなければなりません。ですから、妻の価値を認めることによって、夫は自分に貴重で献身的な助けがあることを保証することになるのです。夫は、家庭の中で妻のものである領域においては、妻に大きな自由を任せるのです。

平和をもたらす者:父親は、私たちの主の似姿を反映しなければなりません。これが、父親が家庭内のもめ事を落ち着いた正しい方法で扱わなければならない理由です。これは特別な恩寵であって、それには特別な報いさえあります。「幸いなるかな、平和をもたらす者。彼らは天主の子ととなえられるであろう」。矯正するのは簡単な仕事ではありません! しかしながら、秩序をもたらし、親切に、断固として悪い習慣を取り除くことで、さらに大きなもめ事が防げます。矯正するのに臆病や短気であることは、事態をさらに大きく悪化させます。それは、冷淡や対立、怒鳴り合いのようなあらゆる種類のトラブルの機会となり得ます。

深刻な危険に至る無秩序
次に挙げる無秩序は、家庭生活のあらゆる領域に影響を及ぼします。時間割の欠如、家の中の乱雑さ、電話やインターネットの時間の使い過ぎ、批判やあざけりの精神、話や行いや服装での慎みのなさ、危うい交友関係、怠惰です。
父親はその生まれによってリーダーなのですから、ただ良きリーダーの振りをするのではなく、本当に良きリーダーでなければならず、その資質を持ち、家庭の全員の善を欲しなければなりません。父親は、まず祈りや秘蹟を受けること、そして徳の実践や悪徳を避けることを率先して行わなければなりません。自分のためだけでなく、家族全員のためにそうするのです。父親という良き模範に代わり得るものはありません。子どもが将来、両親に備わるこれらの徳を実践するために、それらを見ておくことが必要です。

家族全員から従順を受けられる家族のかしらとしての資質を要約しておきましょう:
善良さ―天主御父の特徴は善であり、家族に最初に良き精神を与える支援者です。これが、家族のかしらの第一の資質です。善は家族の心を開きます。善と親切は弱さのしるしではなく、理解と各人の善のために世話をすることのしるしです。
賢明さ-家族の父親は賢明の徳を定期的に実践します。この徳はよき解決法を見いだすことにありますが、また母親と共にそれをするのです。

犠牲 父親は、妻と家族のために、自分の自己中心さ、自分の安心できる範囲、そして自分自身の利益を犠牲にしなければなりません。「夫よ、キリストが教会を愛したように妻を愛せよ」(エフェゾ5章25節)。私たちは、キリストがどれほど教会を愛されたのか、すなわち、教会のためにご自分を犠牲にするというところまで、その聖心を槍で刺し貫かれるのをお許しになるまで、教会を愛されたことを知っています。
父親は、自分を犠牲にしなければなりません。うわべだけではありません。求められる良き男であらねばなりません。父親は、妻に尊敬されるにふさわしくあり続けるよう、妻が彼を、彼の仕事と業績を、彼の態度を、彼の資質を誇りに思うよう、気を配るのです。
父親は、親切で固い意志をもたなければなりません。子どもが、父親が自分を愛しており、子どもの求めるものただ与えるのではなく、本当に自分の善を願っているということを感じ取らなければなりません。父親は注意を怠らず、母親と子どもがいつも相談できるようでなければなりません。

無情さ―父親が、自分の権威において無情で乱暴であったり、妻や子どもたちの言うことに耳を貸すことを知らなかったなら、そのような父親は、疑問に思ったり、はむかったりする精神を家庭に入り込ませてしまいます。このことは、家庭の中に多くの疑いや不信を植え付けてしまうでしょう。この精神は、家庭を破壊し、子どもたちを信仰の喪失に至らせるかもしれません。

弱さ―他方で、父親が命令することに弱気だったり、責任を逃れたりするならば、妻はそれを補おうと試みるでしょうが、それでは常に足りないことになります。母親はその生まれによって、父親の役割を果たすことができません。父親が責任を逃れるならば、たいてい息子たちは性格や霊魂の強さ、責任感に欠けるようになるでしょう。

家族をまとめる力の欠如―父親が、家族全体をまとめたり、正しく命じたりする方法を知らないならば、何も行われず、あるいは行われるべきことがうまく行われないため、父親は常に不幸になります。

つまずき―これは家族の霊的生活を駄目にします。父親は、自分の世話に委ねられた霊魂を破滅へと至らせるでしょう。

福音書の会堂司を見てみましょう。求められることを行いましょう。物事に秩序をもたらす人になりましょう。あらゆる困難や試練、闘いにおいて、この会堂司と同じ対応をしましょう。キリストに呼びかけましょう。ここにキリストがおられます。信仰を告白し、キリストを礼拝し、告解の秘蹟によってキリストとの友情関係を得ましょう。それから、キリストを家庭にもたらすのです。聖体拝領でキリストを受けることによって、これを行うのです。キリストが皆さんのうちに生き、皆さんの行動を導いてくださいます。これをおこなうことによって、病気の家族や霊的に死んでいる家族にキリストをもたらすようになるのです。キリストに、皆さんのうちにお住まいになっていただくことによって、皆さんの意志がキリストの意志になり、皆さんの行いがキリストの行いになるのです。主がなさる最初のことは何でしょうか、「下がれ」と言われるのです。これらの人々は主をあざ笑いました。主が、あらゆる悪しき影響を含んでいるこの世の精神を追い払われ、そのあと、子どもに触れられると、家庭は元に戻るのです。主は、秩序、平和、調和、幸福を家庭にもたらすために来られるのです。
コメント

教皇聖下来日のための霊的花束(2019年11月17日現在)

2019年11月20日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

フランシスコ教皇聖下来日のための霊的花束の報告をいたします。

ミサ聖祭 84
聖体拝領 84
霊的聖体拝領 200
十字架の道行 89
ロザリオ(環) 1456
小さき犠牲 146
その他 312




コメント

聖ピオ十世会マニラ修道院の写真を紹介します

2019年11月20日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、
聖ピオ十世会のマニラ修道院の写真です。






















コメント

十二月八日 聖母マリアの無原罪の御孕り(一級祝日)の聖伝のミサのラテン語・日本語対訳テキストをご紹介します。

2019年11月19日 | カトリックとは

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

十二月八日 聖母マリアの無原罪の御孕り(一級祝日) 白

無原罪の御孕りの祝日を祝ったという歴史は、東方教会では六世紀、西方教会では九世紀からのことである。聖アンセルモとベネディクト会、ドゥン・スコトとフランシスコ会は、マリアのこの特権を常に支持して来た。
クレメンテ十一世教皇は、一七○八年に、無原罪の御孕りの信心を、全教会に勧め、一八五四年十二月八日、ピオ九世によって、“聖マリアはアダムの罪の結果を身におびずして懐妊され給うた”ことを、信仰箇条として宣言された。天主の母となるべく予定されたマリアは、一瞬たりともサタンの支配下にはなかった。キリストの功徳の予定によって、聖マリアは、原罪なく、聖霊にみちたものとしてやどられ、この世に生まれ出給うた。
ミサ聖祭: 聖マリアのいと浄きよろこびと心を合わせ、聖マリアを御独子の御托身の神殿となすべく、かくも美しく汚れなくえらび給うた天主に感謝しよう。聖マリアは、天主の上智によって永遠に選び出された。公教会は、聖書が天主の上智について語っていることを、ためらうことなく聖マリアに適用する。聖寵にみちみちたこの「新しきエワ」は、あがない以前のあがないであり、御民のほこりであり、喜びである。聖マリアのこの特権に信仰をもたねばならぬ。その恩寵は、全人類に及ぶものである。

 

die 8 decembris 十二月八日
IN CONCEPTIONE IMMACULATA B. MARIÆ VIRGINIS 聖母マリアの無原罪の御孕り
I classis 一級祝日
Ant. ad Introitum. Is. 61, 10. 入祭文、61ノ10.
Gaudens gaudébo in Dómino, et exsultábit ánima mea in Deo meo : quia índuit me vestiméntis salútis : et induménto iustítiæ circúmdedit me, quasi sponsam ornátam monílibus suis. 私は主において喜びに喜ぶだろう、私の霊魂は私の天主において喜び踊るだろう。何故なら、主は私に救いの服を着せてくださり、正義の衣服によって私を覆ってくださったからだ。その宝石によって飾られた花嫁のように。
Ps. 29, 2 詩篇、29ノ2.
Exaltábo te, Dómine, quóniam suscepísti me : nec delectásti inimícos meos super me. 主よ、私は御身を高く褒めるだろう、御身は私を受け入れてくださったが故に。御身は私の敵どもが私の上に立つことを喜ばれなかったが故に。
V/. Glória Patri. V/. 願わくは聖父と・・・(栄誦)。
Gaudens gaudébo in Dómino, et exsultábit ánima mea in Deo meo : quia índuit me vestiméntis salútis : et induménto iustítiæ circúmdedit me, quasi sponsam ornátam monílibus suis. 私は主において喜びに喜ぶだろう、私の霊魂は私の天主において喜び踊るだろう。何故なら、主は私に救いの服を着せてくださり、正義の衣服によって私を覆ってくださったからだ。その宝石によって飾られた花嫁のように。
Oratio. 集祷文
Deus, qui per immaculátam Vírginis Conceptiónem dignum Fílio tuo habitáculum præparásti : quǽsumus ; ut, qui ex morte eiúsdem Filii tui prævísa eam ab omni labe præservásti, nos quoque mundos eius intercessióne ad te perveníre concédas. Per eúndem Dóminum. 天主よ、御身は、童貞女の無原罪の御孕りを通して、聖子(おんこ)にふさわしい住居を準備し給うた。願わくは、同じ聖子の御死去を予見して、聖母をすべての罪の汚れより防ぎ給うた御身が、聖母のとりつぎによって、我らも潔められ、御身に至るよう恵み給え。その同じわれらの主(…)。
.Léctio libri Sapiéntiæ. 智慧の書の朗読
Prov. 8. 22-35. 箴言、8ノ22-35.     
Dóminus possedit me in inítio viárum suárum, ántequam quidquam fáceret a princípio. Ab ætérno ordináta sum, et ex antíquis, ántequam terra fíeret. Nondum erant abýssi, et ego iam concépta eram : necdum fontes aquárum erúperant : necdum montes gravi mole constíterant : ante colles ego parturiébar : adhuc terram non fécerat et flúmina et cárdines orbis terræ. Quando præparábat cælos, áderam : quando certa lege et gyro vallábat abýssos : quando .thera firmábat sursum et librábat fontes aquárum : quando circúmdabat mari términum suum et legem ponébat aquis, ne transírent fines suos : quando appendébat fundaménta terræ. Cum eo eram cuncta compónens : et delectábar per síngulos dies, ludens coram eo omni témpore : ludens in orbe terrárum : et delíciæ meæ esse cum filiis hóminum. Nunc ergo, filii, audíte me : Beáti, qui custódiunt vias meas. Audíte disciplínam, et estóte sapiéntes, et nolíte abiícere eam. Beátus homo, qui audit me et qui vígilat ad fores meas cotídie, et obsérvat ad postes óstii mei. Qui me invénerit, invéniet vitam et háuriet salútem a Dómino. そのはじめ、創造のはじめより、主は私を有し給うた。永遠より、世の創造以前、太古より、主は私を立て給うた。深淵(ふち)がまだない時に、すでに私は孕された者であった。水の泉がまだほとばしらず、山々がまだその重々しい高さにそびえ立っておらず、数々の丘もまだつくられていない時、私は生まれた。主が、まだ地球をつくり給わず、川の流れもつくり給わず、地の軸もつくり給わず、天をつくり給うた時、私は在った。主が、深淵(ふち)をほって、その則(のり)を定め給うた時、蒼空(あおぞら)をつくり、水をほとばしらせ、海をほり、陸の水に則を定め給うた時、地球の基を置き給うた時、私はすでにそこに在った。私は、すべての秩序を立てるために、主とともに在った。そして、日々、主とともに在り。その御前でたわむれ、地上で遊ぶことが、私の喜びであった。人の子らとともにいることも、私の喜びであった。故に、子らよ、私のいうことを聞け。私の道を守る者は幸せである。私の戒めを聞いて、智(さと)い者となり、上智をすてるな。私の言葉を聞き、私の門前で日々警戒しつつ、私の家の門に立つ者は幸せである。私を見出す者は生命を見出し、主において救いをくみとるであろう。
   
Graduale. Iudith 13, 23. 昇階誦、ユディット書、13ノ
Benedícta es tu. Virgo María, a Dómino, Deo excélso, præ ómnibus muliéribus super terram. 童貞マリアよ、御身はいと高き主なる天主によって、地上の全ての女たちよりも祝福された。
V/. Ibid. 15, 10. Tu glória Ierúsalem, tu lætítia Israël, tu honorificéntia pópuli nostri. V/. ユディット書、15ノ10. 御身はエルサレムの栄光、御身はイスラエルの喜び、御身は私たちの民の名誉。
Allelúia, allelúia. V/. Cant. 4, 7. Tota pulchra es, María : et mácula originális non est in te. Allelúia. アレルヤ、アレルヤ、 V/. 雅歌、4ノ7, マリアよ、御身は全く美しい、且つ、原罪の汚れは御身においては無い。アレルヤ。
+ Sequéntia sancti Evangélii secúndum Lucam. ルカによる聖福音の続誦
Luc. 1, 26-28. ルカ、1ノ28
In illo témpore : Missus est Angelus Gábriël a Deo in civitátem Galilǽæ, cui nomen Názareth, ad Vírginem desponsátam viro, cui nomen erat Ioseph, de domo David, et nomen Vírginis María. Et ingréssus Angelus ad eam, dixit : Ave, grátia plena ; Dóminus tecum : benedícta tu in muliéribus. そのころ、天使ガブリエルは、ガリラヤのナザレトという町の、ダヴィド家のヨゼフといいなづけである、マリアという乙女のもとに、天主からつかわされた。天使はマリアのところに来て、「あなたに挨拶します、恩寵にみちたお方!主はあなたとともにおいでになります。あなたは女の中で祝福された方です」といった。
Credo 信経
Ant. ad Offertorium. Luc. 1, 28. 奉献文、ルカ、1ノ28
Ave, María, grátia plena ; Dóminus tecum : benedícta tu in muliéribus, Allelúia. めでたし、マリアよ、聖寵に満ちみてる方よ、主は御身と共にまします、御身は女の内にて祝せられ給う、アレルヤ。
Secreta 密誦
Salutárem hóstiam, quam in sollemnitáte immaculátæ Conceptiónis beátæ Vírginis Maríæ tibi, Dómine, offérimus, súscipe et præsta : ut, sicut illam tua grátia præveniénte ab omni labe immúnem profitémur ; ita eius intercessióne a culpis ómnibus liberémur. Per Dóminum. 主よ、聖なる童貞マリアの無原罪の御孕りの荘厳な祝日において、われらが御身にささげ奉る救いのいけにえを受け入れ給え。また、御身の聖寵の介入により聖母がすべての汚れより免れ給うことを我らが宣言し奉るごとく、聖母の御取次によって、われらがすべての罪より解放されんことを与え給え。天主として、(…)。
Præfatio de B. Maria Virg. Et te in Conceptióne immaculáta. 序誦 聖母マリアの序誦 (序誦中、「無原罪の御孕りにおいて」とかわる)
VERE dignum et justum est, æquum et salutáre, nos tibi semper, et ubíque grátias ágere: Dómine sancte, Pater omnípotens, ætérne Deus. Et te in Conceptióne immaculáta beáte Maríæ semper Vírginis collaudáre, benedícere et prædicáre. Quæ et Unigénitum tuum Sancti Spíritus obumbratióne concépit: et virginitátis glória permanénte, lumen ætérnum mundo effúdit Jesum Christum Dóminum nostrum. Per quem majestátem tuam laudant Angeli, adórant Dominatiónes, tremunt Potestátes. Cœli, cœlorúmque Virtútes, ac beáta Séraphim, sócia exsultatióne concélebrant. Cum quibus et nostras voces, ut admítti júbeas, deprecámur, súpplici confessióne dicéntes:  Sanctus, ... 聖なる主、全能の父、永遠の天主よ、われらが、いつも、どこにても、主に感謝を捧げ、又、終生童貞なる聖マリアの無原罪の御孕りにおいて、御身をたたえ、祝し、宣言し奉ることは、実にふさわしく正しいことであり、われらの義務と救いである。聖母は、聖霊の能力によって、御独り子を宿し給い、童貞性の光栄を損なうことなく、永遠の光明なるわれらの主イエズス・キリストをこの世に生み給うた。彼によって、天使らは、主のみいずをほめたたえ、主天使は礼拝し、能天使はふるえおののく。天と天の力天使と、福(さいわい)なる熾天使は共に喜び、それをたたえ奉る。願わくは、彼らの声に、われらの声をも交えさせ給え。われらは深く礼拝しつつ、こう歌うであろう。 聖なるかな、…
Ant. ad Communionem. 聖体拝領誦
Gloriósa dicta sunt de te, María : quia fecit tibi magna qui potens est. マリアよ、御身について偉大なことが言われた、何故なら力ある方が御身に偉大なことをなさったからだ。
Postcommunio 聖体拝領後の祈
Sacraménta quæ súmpsimus, Dómine, Deus noster : illíus in nobis culpæ vúlnera réparent ; a qua immaculátam beátæ Maríæ Conceptiónem singuláriter præservásti. Per Dóminum. 主よ、我らの天主よ、我らが受け奉った秘蹟が、われらにおいて、かの罪の傷を修復せんことを。その罪から、御身は、聖マリアの無原罪の御孕りを特別に守り給うればなり。天主として、(…)。

 

コメント

2019年11月17日主日の大阪でのミサの写真

2019年11月19日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

11月17日の大阪での午後のミサの写真をご紹介いたします。










コメント

無原罪の御孕りの大祝日の聖体拝領誦 Gloriósa dícta sunt de te をご紹介いたします

2019年11月18日 | グレゴリオ聖歌
アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様、

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサの聖体拝領誦をご紹介いたします。

Gloriósa dícta sunt de te, María: quia fécit tíbi mágna qui pótens est.
(T.P. Allelúia.)

マリアよ、御身について偉大なことが言われた、何故なら力ある方が御身に偉大なことをなさったからだ。(復活節にはアレルヤをつける)

Glorious things are said of thee, O Mary, for He who is mighty hath done great things unto thee.
(P.T. Alleluia.)



Photo Credit





コメント

無原罪の御孕りの大祝日の奉献文Ave María, grátia plénaをご紹介いたします。

2019年11月18日 | グレゴリオ聖歌
アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様、

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサの奉献文をご紹介いたします。

Ave María, grátia pléna: Dóminus técum:
benedícta tu in muliéribus, allelúia.

めでたし、マリアよ、聖寵に満ちみてる方よ、主は御身と共にまします、
御身は女の内にて祝せられ給う、アレルヤ。

Hail, Mary, full of grace; the Lord is with thee, blessed art thou among women. Alleluia.



Photo Credit








コメント

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサのアレルヤ誦をご紹介いたします。

2019年11月18日 | グレゴリオ聖歌
アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様、

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサのアレルヤ誦をご紹介いたします。


Alleluia, alleluia.
Tóta púlchra es, María: et mácula originális non est in te. Alleluia.

アレルヤ、アレルヤ、
マリアよ、御身は全く美しい、且つ、原罪の汚れは御身においては無い。アレルヤ。

Allelúia, allelúia.
Thou art all fair, O Mary, and there is in thee no stain of original sin. Alelluia.



Photo Credit




コメント

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサの昇階誦 Benedícta es tuをご紹介いたします

2019年11月18日 | グレゴリオ聖歌
アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様、

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサの昇階誦をご紹介いたします。

Benedícta es tu, Vírgo María, a Dómino Déo excélso, prae ómnibus muliéribus super térram.

V. Tu glória Jerúsalem, tu laetítia Israel, tu honorificéntia pópuli nóstri.
童貞マリアよ、御身はいと高き主なる天主によって、地上の全ての女たちよりも祝福された。

V. 御身はエルサレムの栄光、御身はイスラエルの喜び、御身は私たちの民の名誉。

Blessed art thou, O Virgin Mary, by the Lord the most high God above all women upon earth.

V. Thou art the glory of Jerusalem, thou art the joy of Israel, thou art the honour of our people.



Photo Credit



コメント

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサの入祭文 Gáudens gaudébo in Dómino

2019年11月18日 | グレゴリオ聖歌
アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様、

無原罪の御孕りの大祝日(12月8日)の聖伝のミサの入祭文をご紹介いたします。

Gáudens gaudébo in Dómino, et exsultábit ánima méa in Déo méo:
quia índuit me vestiméntis salútis, et induménto justítiae circúmdedit me, quiasi spónsam ornátam monílibus súis.

PS. Exaltábo te, Dómine, quóniam suscepísti me:
nec delectásti inimícos méos super me.

私は主において喜びに喜ぶだろう、私の霊魂は私の天主において喜び踊るだろう。
何故なら、主は私に救いの服を着せてくださり、正義の衣服によって私を覆ってくださったからだ。その宝石によって飾られた花嫁のように。

詩篇:主よ、私は御身を高く褒めるだろう、御身は私を受け入れてくださったが故に。
御身は私の敵どもが私の上に立つことを喜ばれなかったが故に。

I will greatly rejoice in the Lord, and my soul shall be joyful in my God: for He hath clothed me with the garments of salvation, and with the robe of justice He hath covered me, as a bride adorned with her jewels.

I will extol Thee, O Lord, for Thou hast upheld me: and hast not made my enemies to rejoice over me.



Photo Credit

コメント

聖ピオ十世会日本 聖伝のミサ (ラテン語ミサ) SSPX Japan Traditional Latin Mass

2019年11月18日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

2019年11月18日は、フォルティン神父様が東京と大阪で聖伝のミサを捧げてくださいました。天主に感謝!東京では53名が、大阪では30名ほどが聖伝のミサに参加されました。

フォルティン神父様のために、第二献金を寛大にしてくださってありがとうございます。東京では36,415円が、大阪では40,000円が集まりました。

ご報告を頂きましたので、愛する兄弟姉妹の皆様にご紹介いたします。

皆様のしもべは、昨日はマニラでミサ聖祭を捧げておりました。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

【報告】【東京】
Dear Fr Onoda:

今日は、ピーター・フォルティン神父が三たびマニラから来て下さり、聖霊降臨後第23主日のミサをあげてくださいました。

御説教では、今日の福音に登場する娘の父親(会堂司)について、彼の行ったこと、即ちすぐに主のところに行き、主を礼拝し、主に来て下さるようお願いしたことがいかに素晴らしいことであり、家庭の父親の模範となる行動であったかについて説明して頂きました。

また、過去百年間にわたってこの世の精神が特にキリスト者の家庭を攻撃してきたこと、しかしルフェーブル大司教によれば聖人のような司祭がつくられるためには聖人のような家庭が必要不可欠であること、そのためには家庭の父親はどのような資質をもつことが求められているかについて詳細にお話しされました。

今日の第2献金は、マニラの聖ピオ十世会の学校のために集められ、集まった資金はフォーティン神父にお渡ししました。ミサ中の第2献金(マニラの学校のため)として、36,415円集まりました。

今日の東京でのミサの参列者数は下記の通りです。

男: 25人(内、子供5人)
女: 28人(内、子供3人)
計: 53人(内、子供8人)

【報告】【東京】
アヴェ・マリア・インマクラータ!

昨日のごミサでは、フォルティン神父様から家族が聖であること、そして父親の役割がどのようなものであるかを聞くことができました。

小さいときに それまで父親を絶対な存在と受け止めていたのに、ある時突然父親は不完全な存在だと分かり衝撃をうけたことがあったのを覚えています。

ごく小さいときは父親は雲の上にいるような絶対的な存在だったのに、理性が成長してきたあるとき現実が見えるようになって、それが崩れたということだったのかもしれません。そして、そのあともモデルとなる代わりの存在がないままでした。

父親というのはどういう存在かのお話を伺いながら、私の心には生まれて育った家庭でのあれこれのシーンがよみがえってきて、それがどれほど今目の前でカトリック司祭によって話されている家庭の姿と離れていたかを思って少しくるしかったです。

私は日本の明治大正昭和と続く家父長制度を引きずっている大家族のなかで大きくなり、それはカトリックの家庭観とは随分と異なる環境でした。このようなお話を聴く機会もないまま、親たちは必死で家庭を守ろうとしてきたことも思いました。

お説教を聴きながら、自分がカトリック信仰に導かれるまでの内的な苦闘を思いだしていました。内面的にひとりで悪戦苦闘しながら光を求めて生きていたその理由のひとつ、「天主・父のモデルの不在」を見つめる思いでした。

カトリック信仰に巡り合い、天主であるイエズス様のみことばを黙想することを教えられ、その空いてしまった部分が埋められていくように感じられるようになりました。

今、世界中で家庭の崩壊が進むと同様にカトリック教会の崩壊のことも心配されています。それは、カトリック教会が「家庭」の問題を取り上げる時も そこに天主という父のモデルが不在となってしまっていて、代わりに不完全なものに過ぎない友達パパ(平等主義:ヒューマニズム)というまがいものがモデルとされるように、取替られたことによるのかもしれないと、ふと思いました。

悪魔は家庭を攻撃するのが一番よいとわかっているという話も思いだされます。

もし、天主のかわりに人間が取って替えられ(ヒューマニズム)、汚れなき御心のマリア様の代わりに大地の女神や地母神などが置き換えられてしまうようなら、人間はほんとうの孤児(みなしご)になってしまいます。(原爆地の跡地に立つ孤児の写真というのは その象徴なのでしょうか?)

でも、そうなることは決してないと思います、無原罪の御孕りの童貞マリア様がカトリック教会を必ず守ってくだるに違いありません。主任司祭さまの導きに従って、本当の父と母であるイエズスさまとマリアさまにロザリオの祈りと小さな犠牲をお捧げするよう努めたいと思います。

ファチマの聖母 我らのために祈り給え。
秋田の聖母 我らのために祈り給え。
聖マリアの汚れなき御心のうちに。

コメント

2019年11月17日:聖霊降臨後第二十三の主日の聖伝のミサのラテン語・日本語の対訳テキストをご紹介いたします

2019年11月16日 | カトリックとは

ミサ聖祭 : 天主がわれらに対して行い給うたことを見れば、天主の御旨こそ、平和と愛以外の何ものでもないことを知るであろう。典礼暦年の終りは近い、キリストの再臨とその審判の日も近い。われらは、十字架によって、復活をうける。

主は言い給う。「私は、平和の考えを考えるのであり、苦しみの考えではない。あなたたちは私を呼ぶだろう、そうすれば私はあなたたちの祈りを聞き入れよう。そして私はあなたたちの捕囚を全ての場所から元に連れ戻そう。」主は、まだ、裁き主ではない。平和を与える方、救い主だ。本当の平和、永遠の至福を与える方だ。

私たちは祖国(天国)に戻らねばならない。「私たちの国籍は天にあり、そこからこられる救い主イエズス・キリストを待っている。」私たちのこの地上での囚われの身から主は解放してくださる。逐謫の身である私たちは、聖父と聖母とに見えることが出来る!逐謫の時はもうすぐ終わる!天のエルサレムに戻る日は近い!「主よ、願わくは、御民の罪をゆるし給え。われらの弱さにより得た数々の罪の鎖より、御身の優しさを持って解放し給え。」「我は、肉身のよみがえり、終わりなき命を信じ奉る!」

聖パウロに倣おう。聖パウロがしばしば話し、また涙とともに訴えることを聞こう。多くの人は、キリストの十字架の敵として生活している。かれらの行先は亡びである。かれらの天主は自分の腹であり、自分の恥に誇りをおいている。かれらは、この世のことだけにしか興味をもたない。ヒューマニストたちだ。

しかし、私たちは、天主の御憐れみと御恵みにより、十字架に付けられたイエズス・キリストを愛するキリスト教信者だ、私たちは、天からこられる救い主イエズス・キリストを待っている。イエズス・キリストは、私たちの卑しい体を、光栄の体のかたどりに変えられるであろう。「我は、肉身のよみがえり、終わりなき命を信じ奉る!」

聖パウロは、私たちに呼びかけている。「私の慕い愛する兄弟たちよ!私のよろこび!私の冠よ!愛するものよ!」と。本日、書簡において、聖パウロが、キリストの十字架を愛せよとわれらにすすめるのは、キリストへの愛を増せということに他ならない。天国に至ったその時、私たちはこう歌うだろう。「主よ、御身は私たちを苦しめる人々から私たちを解放し給うた。御身は私たちを憎む人々を恥ずかしめ給うた。私たちは代々に御身の聖名に賛美するだろう!」

そうだ。キリスト教信者にとって、死は、復活への待望における眠りだ。キリストの言うとおり「ねむっているのだ」。人々はあざ笑うだろう。しかし、最後の日、イエズスがこの地上にもう一度来られて、私たちは起きあがらせる、永遠の命の為に復活させる。「我は、肉身のよみがえり、終わりなき命を信じ奉る!」



Photo Credit

II Classis 二級祝日
Ant. ad Introitum. Ier. 29,11,12 et 14. 入祭文  エレミア書、29ノ11、12、14
Dicit Dóminus : Ego cógito cogitatiónes pacis, et non afflictiónis : invocábitis me, et ego exáudiam vos : et redúcam captivitátem vestram de cunctis locis. 主は言い給う。私は、平和の考えを考えるのであり、苦しみの考えではない。あなたたちは私を呼ぶだろう、そうすれば私はあなたたちの祈りを聞き入れよう。そして私はあなたたちの捕囚を全ての場所から元に連れ戻そう。
Ps. 84, 2. 詩篇、84ノ2
Benedixísti, Dómine, terram tuam : avertísti captivitátem Iacob. 主よ、御身は、御身の地(主の民)を祝福し給うた。御身はヤコブから捕囚を避けさせ給うた。
V/.Glória Patri. ℣. 願わくは、聖父と・・・・(栄誦)
Dicit Dóminus : Ego cógito cogitatiónes pacis, et non afflictiónis : invocábitis me, et ego exáudiam vos : et redúcam captivitátem vestram de cunctis locis. 主は言い給う。私は、平和の考えを考えるのであり、苦しみの考えではない。あなたたちは私を呼ぶだろう、そうすれば私はあなたたちの祈りを聞き入れよう。そして私はあなたたちの捕囚を全ての場所から元に連れ戻そう。
Oratio. 集祷文
Absólve, quǽsumus, Dómine, tuórum delícta populórum : ut a peccatórum néxibus, quæ pro nostra fragilitáte contráximus, tua benignitáte liberémur. Per Dóminum nostrum. 主よ、願わくは、御民の罪をゆるし給え。われらの弱さにより得た数々の罪の鎖より、御身の優しさを持って解放し給え。天主として・・・・。
Léctio Epístolæ beáti Pauli Apóstoli ad Philippénses. 使徒聖パウロの、フィリッピ人への書簡の朗読
Philipp. 3, 17-21 : 4, 1-3. 3ノ17-21。4ノ1-3
Fratres : Imitatóres mei estóte, et observáte eos, qui ita ámbulant, sicut habétis formam nostram. Multi enim ámbulant, quos sæpe dicébam vobis (nunc autem et flens dico) inimícos Crucis Christi : quorum finis intéritus : quorum Deus venter est : et glória in confusióne ipsórum, qui terréna sápiunt. Nostra autem conversátio in cælis est : unde etiam Salvatórem exspectámus, Dóminum nostrum Iesum Christum, qui reformábit corpus humilitátis nostræ, configurátum córpori claritátis suæ, secúndum operatiónem, qua étiam possit subícere sibi ómnia. Itaque, fratres mei caríssimi et desideratíssimi, gáudium meum et coróna mea : sic state in Dómino, caríssimi. Evódiam rogo et Sýntychen déprecor idípsum sápere in Dómino. Etiam rogo et te, germáne compar, ádiuva illas, quæ mecum laboravérunt in Evangélio cum Cleménte et céteris adiutóribus meis, quorum nómina sunt in libro vitæ. 兄弟たちよ、私に倣え。あなたたちの模範である私たちにしたがって生活している人々を見よ。私がしばしばはなし、いままた涙とともに訴えることであるが、多くの人は、キリストの十字架の敵として生活している。かれらの行先は亡びである。かれらの天主は自分の腹であり、自分の恥に誇りをおいている。かれらは、この世のことだけにしか興味をもたない。しかし、私たちの国籍は天にあり、そこからこられる救い主イエズス・キリストを待っている。かれは、万物を支配下に置く力によって、私たちの卑しい体を、光栄の体のかたどりに変えられるであろう。そこで、私の慕い愛する兄弟たちよ、私のよろこびと冠なる者よ、愛するものよ、主において固く立て。私は、エヴォディアに勧め、シンティケに勧める。主において仲よく生きよ。私のまことの仲間であるシジゴスに頼む。かの女たちを助けよ。いのちの書に名をしるされているクレメンス、その他の協力者と同様に、かの女たちも、福音のために私とともに戦った人々だからである。
Graduale. Ps. 43, 8-9. 昇階誦 詩篇、43ノ8-9
Liberásti nos, Dómine, ex affligéntibus nos : et eos, qui nos odérunt, confudísti. 主よ、御身は私たちを苦しめる人々から私たちを解放し給うた。御身は私たちを憎む人々を恥ずかしめ給うた。
V/. In Deo laudábimur tota die, et in nómine tuo confitébimur in sǽcula. 私たちは天主において一日中賛美されるだろう。そして私たちは代々に御身の聖名に賛美するだろう。
Allelúia, allelúia. V/.Ps, 129, 1-2. アレルヤ、アレルヤ、 ℣.詩篇、129ノ1-2
De profúndis clamávi ad te, Dómine : Dómine, exáudi oratiónem meam. Allelúia. 深い淵から、主よ、私は御身に向かって叫んだ。主よ、私の声を聞き入れ給え。
+ Sequéntia sancti Evangélii secúndum Matthǽum. マテオによる聖福音の続誦
Matth. 9, 18-26. 9ノ18-26
In illo témpore : Loquénte Iesu ad turbas, ecce, princeps unus accéssit et adorábat eum, dicens : Dómine, fília mea modo defúncta est : sed veni, impóne manum tuam super eam, et vivet. Et surgens Iesus sequebátur eum et discípuli eius. Et ecce múlier, quæ sánguinis fluxum patiebátur duódecim annis, accéssit retro et tétigit fímbriam vestiménti eius. Dicébat enim intra se : Si tetígero tantum vestiméntum eius, salva ero. At Iesus convérsus et videns eam, dixit : Confíde, fília, fides tua te salvam fecit. Et salva facta est múlier ex illa hora. Et cum venísset Iesus in domum príncipis, et vidísset tibícines et turbam tumultuántem, dicebat : Recédite : non est enim mórtua puélla, sed dormit. Et deridébant eum. Et cum eiécta esset turba, intrávit et ténuit manum eius. Et surréxit puella. Et éxiit fama hæc in univérsam terram illam. その時、こう話しておいでになると、一人の司が近よってひれ伏し、「私の娘が、いま死にました。ですが、あの子のうえに、あなたの手をのべにおいでくだされば、あの子は、生きかえりましょう」といった。イエズスは立ちあがって、弟子たちをつれて司についていかれた。すると、十二年前から出血症をわずらっていた女が、イエズスのうしろから近づいて、そのお服の房にふれた。そのお服にふれただけで、私はなおるにちがいない、と心にいいきかせていたからである。イエズスは、ふりかえって、かの女を見て、「娘よ、信頼せよ。あなたの信仰があなたを救った」とおおせられた。女は、このときいやされた。さて、司の家についたイエズスが、笛吹きと、さわぐ人々とをみて、「みなさがれ。娘は死んではいない、ねむっているのだ」と、おおせられると、人々はあざ笑った。群衆を追い出してから、イエズスがはいって、娘の手をおとりになると、娘は起きあがった。この噂は、その地方一帯にひろまった。
Credo 信経
Ant. ad Offertorium. Ps. 129, 1-2. 奉献文 詩篇、129ノ1-2
De profúndis clamávi ad te, Dómine : Dómine, exáudi oratiónem meam : de profúndis clamávi ad te. Dómine. 深い淵から、主よ、私は御身に向かって叫んだ。主よ、私の声を聞き入れ給え。深い淵から、主よ、私は御身に向かって叫んだ。
Secreta. 密誦
Pro nostræ servitútis augménto sacrifícium tibi, Dómine, laudis offérimus : ut, quod imméritis contulísti, propítius exsequáris. Per Dóminum nostrum. 主よ、我らの服従の増加ために、われらは御身に讃美のいけにえをささげ奉る。そは、御身が功徳無き我らになさり給いしことを、御身が憐れみ深く完うし給わんためなり。天主として・・・・。
Præfatio de sanctissima Trinitate 序誦  三位一体の序誦
Ant. ad Communionem. Marc. 11, 24. 聖体拝領誦  マルコ、11ノ24
Amen, dico vobis, quidquid orántes pétitis, crédite, quia accipiétis, et fiet vobis. 真に私はあなたたちに言う。あなたたちが祈って願うことは何であれ、あなたたちはそれを受けるだろうと信じよ。そうすればあなたたちにそのようになるだろう。
Postcommunio. 聖体拝領後の祈
Quǽsumus, omnípotens Deus : ut, quos divína tríbuis participatióne gaudére, humánis non sinas subiacére perículis. Per Dóminum. 全能の天主よ、御身は、天主の玄義への参与によりよろこぶを与え給う、願わくは、人間的な危険に陥ることを許し給うなからんことを。天主として・・・・。
コメント

聖母マリアの代わりにパチャママ?!― 祈りと償いの呼びかけ

2019年11月16日 | M.I.(無原罪の聖...
アヴェ・マリア・インマクラータ!

指導司祭の手紙第15号
聖母マリアの代わりにパチャママ?―償いの呼びかけ

愛する無原罪の聖母の騎士の皆さん!

アマゾン・シノドスのあと、聖ピオ十世会総長は祈りと償いを呼びかけました。「最近のアマゾン・シノドスは、恐るべき偶像崇拝の儀式が、かつてない、また信じられない方法で、天主の聖所に侵入した忌まわしい出来事の舞台となりました」。

裸の身ごもった女性の人形がシノドスに持ち込まれました。ローマにある、聖母に奉献された教会の中で、それらはご聖体の前に置かれ、何度も敬われたのです。これらの像は、先住民の神であるパチャママを表しています。


Photo Credit

この冒涜はまた、アマゾン・シノドスに関するカトリック信者に向けた公開書簡の中で、アタナシウス・シュナイダー司教によっても非難されました。


Photo Credit

これら第一戒に反する罪に加えて、これらの行為はとりわけ忌まわしいものでした。すなわち、私たちの母にして元后である聖母への侮辱です。パチャママは、インカの人々によって太陽神の母として礼拝されていたのであり、そのため先住民の異教の「神の母」のようなものです。ですから、シノドスの期間中には、パチャママが一種の聖母の代わりとして使用されたと言うこともできるでしょう。

このシノドスの保護聖人としてマリア―特にラテンアメリカの回心を実現してくださったグアダルーペの聖母―を選んで崇敬する代わりに、パチャママが選ばれ、このように偶像が敬われたのです。行われたさまざまな儀式が偶像崇拝だったという事実は、以下の出来事によって明確に、かつ疑う余地なく証明されています。

ヴェローナのある小教区では、ミッションのための徹夜の祈りの間に、ある司祭がパチャママに対する祈りを読み上げました。その祈りは、「良き母であるパチャママよ、われらをあわれみ給え! われらに恵みを与え給え!」、というものでした。ところが、この祈りは、イタリアの教皇庁宣教事業団「ミッシオ」によって発行されたということが判明したのです。


Photo Credit

シノドス期間中、参加者たちが教会に対して「女性にして母なる顔」を与えることを望んだということが聞かれました。しかし、それは私たちの天の母ではありませんでした。

聖母はすでに第二バチカン公会議においておとしめられています。第二バチカン公会議のとき、すべての恵みの仲介者としてのマリアの教義は、エキュメニズムという黄金の子牛のために犠牲にされました。さらに、もともと草案されていた教令を捨てることによって、聖母の役割は全般的に可能な限り縮小されました。祝せられし童貞は、教父たちを照らすため、「もうぶどう酒がありません」と御子に助けを願うために、公会議の中心にいらっしゃることはなくなりました。

ですから、ローマの高位聖職者たちは、自分たちだけで行動しなければならないようになってしまい、敵の誘惑を受けやすくなってしまったのです。聖母がラ・サレットやファチマで緊急に警告なさった背教の後に、今や偶像崇拝が続いているのです。

無原罪の聖母の騎士会は、私たちの母である聖母のほまれを守るよう特に呼ばれています。そもそも騎士たちのあいさつの呼びかけは、「無原罪の聖母にほまれあれ」であり、元后をお守りすることは騎士としての義務だからです。こういう訳で、私たちはパリャラーニ神父の呼びかけに加わり、特にマリアの汚れなき御心に対する侮辱を償いたいと望みます。

どうすれば、この償いをすることができるでしょうか?

1.私は、来る初土曜日(12月7日)を特別に守り、その日を、この意向で、償いのわざとして捧げるように皆さんに呼びかけます。

その日は、私たちMIの保護聖人の日である無原罪の御孕りの祝日の前日の12月7日に当たります。イエズスとマリアがお望みになったこれらの日々の償いが、今日ほど正確かつ重要であったことはかつてありません。

この信心を、新たな熱意をもって実践しましょう。聖体拝領をお捧げし、毎月聖なる告解に行き、聖なるロザリオを祈り、マリアのそばで15分間ロザリオの玄義を黙想しましょう。また、このすべてを、マリアをお慰めするために、マリアの汚れなき御心に対して犯される罪に対する犠牲と償いの精神をもってお捧げしましょう。


2.ファチマの天使の祈りは、今、かつてないほど重要をもっています。
「わが天主よ、われ信じ、礼拝し、希望し、御身を愛し奉る! われ信ぜぬ人々、礼拝せぬ人々、希望せぬ人々、御身を愛さぬ人々に、御身に御赦しを願い奉る」。
この精神で頻繁にこれを祈り、天使が三人の幼い牧童に言ったことを覚えておきましょう。
「あなたたちができるすべてのことを犠牲とし、それを天主の怒りをかう罪の償いのため、また罪びとの回心のために天主にお捧げしなさい…まず第一に、主があなたたちにお送りになる苦しみを従順に受け入れ、耐え忍びなさい」。

3.ロザリオ
「私たちの戦いは、血肉に対するものではなく、権力と権威、この世の闇の支配者、悪霊に対するものである」(エフェゾ6章12節)。ロザリオこそが、私たちの時代の悪魔的混乱に対する解決法なのです。

聖ヨハネ・ボスコは1862年の被昇天の祝日の前日に一つの夢を見ました。それは、悪魔が大きくて恐ろしい蛇の形を取って彼の前に現れ、その悪魔を打ち負かす唯一の方法は、「めでたし」あるいはロザリオであった、というものです。ですから、ロザリオに忠実に留まり、まさに聖所でのこれらの忌まわしい出来事を償うため、ローマの回心のため、そしてとりわけ教皇のためにロザリオを祈りましょう。

さらに、私は、無原罪の聖母の騎士の皆さん全員に対して、12月8日に無原罪の御孕りに対して自らの奉献を更新することを、心を込めて呼びかけます!

この危機の時代において、私たちは、すべての恵みの仲介者にしてサタンのかしらを踏み砕くお方であるマリアに私たち自身を完全にお委ねしていること、また私たちがマリアのご保護のマントの中でマリアの道具としてマリアのために戦っていることを、再確認したいと望んでいます。

私たちの熱意を深め、よみがえらせるため、私は皆さんがこの祝日のために、小冊子「Consecration to the Immaculate Conception(無原罪の御孕りへの奉献)」を使って13日間の準備をするようお勧めします。私たちは、不思議のメダイの祝日の前日である11月26日にこれを始めます。

MIで行われるこれらのわざを通じて、私たちは聖母をたたえ、その汚れなき御心をお慰めし、御母が侮辱されることに耐えることのできない御子の正義の御怒りをおなだめしたいと望んでいるのです。


Photo Credit

無原罪の聖母をたたえて!

私の司祭としての祝福をもって
カール・シュテーリン神父
2019年11月13日、ワルシャワにて

十十十十十十十 小野田神父から一言 十十十十十十十


シュテーリン神父様の言われる無原罪の御孕りの祝日の準備(不思議のメダイの祝日の前日である11月26日から13日間)のための、小冊子はまだ日本語には翻訳されておりません。
そこで、私たちは、その代わりに、各人が13日間、ファチマの天使の二つの祈りを三回づつ繰り返すことをするようお勧めします。

「わが天主よ、われ、信じ、礼拝し、希望し、御身を愛し奉る。われ、信ぜぬ人々、礼拝せぬ人々、希望せぬ人々、御身を愛さぬ人々のため、御身に御赦しを願い奉る。」

「至聖なる三位一体、聖父と聖子と聖霊よ、我、御身を深く礼拝し奉る。世界中のすべての御聖櫃のうちにましまし給うイエズス・キリストのいとも尊き御体、御血、御霊魂と御神性を、イエズス・キリスト御自身が受け給う侮辱、冒涜、無関心を償うために、御身に捧げ奉る。イエズスの至聖なる聖心とマリアの汚れなき御心の無限の功徳によりて、あわれな罪人の回心を御身に願い奉る。」

12月7日(初土)には、大阪(午前10時30分)と東京(午後6時)で聖伝のミサがあります。
12月8日(聖母の無原罪の御孕り:主日)には、東京でミサ(午前10時30分)があります。

2020年5月3日(夕方)から6日(お昼)まで、秋田の聖母に巡礼を行います。罪の償いのために、悔い改めの精神で行います。多くの愛する兄弟姉妹の皆様のご参加をお願いいたします。
日本における聖ピオ十世会の修道院設立のお恵みを得るため、また、聖ピオ十世会創立50周年を感謝するために秋田巡礼を捧げましょう。

【参考資料】
Bishop Schneider: Pachamama idolatry during Amazon Synod has its roots in Vatican II Council
シュナイダー司教「アマゾン・シノドスの間に行われたパチャママ偶像崇拝は、その根源に第二バチカン公会議がある。」
コメント

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】