Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ礼拝し希望し御身を愛します!御身を信ぜぬ人々礼拝せず希望せず愛さぬ人々のために赦しを求めます(天使の祈)

【参考資料】トランプ大統領がマーチ・フォー・ライフに参加してスピーチをしました

2020年01月25日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

トランプ大統領がマーチ・フォー・ライフに参加してスピーチをしました。ご紹介いたします。
日本の政治家たちもプロライフに、家庭を守る運動に、積極的に参加してくださいますように!



WASHINGTON, D.C., January 24, 2020 (LifeSiteNews) – Below is the text of President Donald Trump's address to the 2020 March for Life. This is the first time any U.S. president has attended the march, which is the largest annual human rights demonstration in the world.

REMARKS BY PRESIDENT DONALD TRUMP AT 2020 MARCH FOR LIFE

Thank you very much and thank you, Jeanne. It is my profound honor to be the first president in history to attend the March for Life. [applause] We are here for a very simple reason: to defend the right of every child, born and unborn, to fulfill their God-given potential. [applause]

For 47 years, Americans of all backgrounds have traveled from across the country to stand for life.

And today as President of the United States, I am truly proud to stand with you. [applause]

I want to welcome tens of thousands – this is a tremendous turnout – tens of thousands of high school and college students who took long bus rides to be here in our nation's capital. And to make you feel even better, there are tens of thousands of people outside that we passed on the way in. If anybody would like to give up their spot, we can work it out.

We have a tremendous group of people outside. Thousands and thousands wanted to get in. This is some great success. [applause]

Young people are the heart of the March for Life. And it’s your generation that is making America the pro-family, pro-life nation. [applause]

The life movement is led by strong women, amazing faith leaders, and brave students who carry on the legacy of pioneers before us who fought to raise the conscience of our nation and uphold the rights of our citizens. You embrace mothers with care and compassion. You are empowered by prayer and motivated by your unselfish love. You are grateful and we are so grateful ­­– these are incredible people – to be joined by Secretary Alex Azar and Kellyanne Conway. [applause]

And thanks also to Senators Mike Lee and James Lankford who are here. Thank you, fellas. And Representatives Steve Scalise, Chris Smith, Ralph Abraham, Warren Davidson, Bob Latta, John Joyce, Lloyd Smucker, Brian Fitzpatrick, and Brad Wenstrup. Thank you all. I have to say – and I look at it, and I see it exactly – we have many more politicians in the audience. But if you don't mind, I won’t introduce them all.

All of us here understand an eternal truth: Every child is a precious and sacred gift from God. [applause] Together, we must protect, cherish, and defend the dignity and the sanctity of every human life. [applause]

When we see the image of a baby in the womb, we glimpse the majesty of God's creation. [applause] When we hold a newborn in our arms, we know the endless love that each child brings to a family. When we watch a child grow, we see the splendor that radiates from each human soul. One life changes the world – from my family, and I can tell you, I send love, and I send great, great love – and from the first day in office, I have taken historic action to support America’s families and to protect the unborn. [applause]

And during my first week in office, I reinstated and expanded the Mexico City Policy and we issued a landmark pro-life rule to govern the use of Title X taxpayer funding. I notified Congress that I would veto any legislation that weakens pro-life policy or that encourages the destruction of human life. [applause]

At the United Nations, I made clear that global bureaucrats have no business attacking the sovereignty of nations that protect innocent life. [applause] Unborn children have never had a stronger defender in the White House. [applause]

As the Bible tells us, each person is wonderfully made. [applause]

We have taken decisive action to protect the religious liberty – so important – religious liberty has been under attack all over the world and frankly, very strongly attacked in our nation. You see it better than anyone. But we are stopping it. And we’re taking care of doctors, nurses, teachers, and groups like the Little Sisters of the Poor. [applause]

We are preserving faith-based adoption and to uphold our founding documents, we have appointed 187 federal judges, who apply the Constitution as written, including two phenomenal supreme court justices – Neil Gorsuch and Brett Kavanaugh. [applause]

We are protecting pro-life students’ rights to free speech on college campuses. And if universities want federal taxpayer dollars, then they must uphold your First Amendment right to speak your mind. And if they don't, they pay a very big financial penalty, which they will not be willing to pay. [applause]

Sadly, the far left is working to erase our God-given rights, shut down faith-based charities, ban religious leaders from the public square, and silence Americans who believe in the sanctity of life. They are coming after me because I am fighting for you and we are fighting for those who have no voice. And we will win because we know how to win. [applause] We all know how to win. We all know how to win. You’ve been winning for a long time. You’ve been winning for a long time.

Together, we are the voice for the voiceless. When it comes to abortion – and you know this, you’ve seen what’s happened – Democrats have embraced the most radical and extreme positions taken and seen in this country for years and decades, and you can even say, for centuries.

Nearly every top Democrat in congress now supports taxpayer-funded abortion all the way up until the moment of birth. Last year, lawmakers in New York cheered with delight upon the passage of legislation that would allow a baby to be ripped from the mother's womb right up until delivery.

Then, we had the case of the Democrat governor in the state of Virginia, the commonwealth of Virginia. And we love the commonwealth of Virginia, but what is going on in Virginia? What is going on? The governor stated that he would execute a baby after birth. You remember that.

Senate Democrats even blocked legislation that would give medical care to babies who survive attempted abortions. And that’s why I’ve called on Congress – two of our great senators here, so many of our congressmen here – I called upon them to defend the dignity of life and to pass legislation prohibiting late-term abortion of children who can feel pain in their mother's womb. [applause]

This year, the March for Life is celebrating the 100th anniversary of the 19th amendment, which forever enshrined women's rights to vote in the United States and given by the United States constitution. Such a big event. Today, millions of extraordinary women across America are using the power of their votes to fight for the right and all of their rights as given in the Declaration of Independence – it’s the right to life. [applause]

To all the women here today, your devotion and your leadership uplifts our entire nation and we thank you for that. The tens of thousands of Americans gathered today not only stand for life – it’s really here that they stand for it so proudly together. And I want to thank everybody for that. You stand for life each and every day. You provide housing, education, jobs, and medical care to the women that you serve. You find loving families for children in need of a forever home. You host baby showers for expecting moms. You make – you just make it your life's mission to help spread God's grace.

And to all the moms here today, we celebrate you and we declare that mothers are heroes. [applause] Your strength, devotion, and drive is what powers our nation. Because of you, our country has been blessed with amazing souls who have changed the course of human history.

We cannot know what our citizens yet unborn will achieve. The dreams they will imagine. The masterpieces they will create. The discoveries they will make. But we know this: every life brings love into this world. Every child brings joy to a family. Every person is worth protecting.

And above all, we know that every human soul is divine and every human life, born and unborn, is made in the holy image of Almighty God. [applause]

Together, we will defend this truth all across our magnificent land. We will set free the dreams of our people. And with determined hope, we look forward to all of the blessings that will come from the beauty, talent, purpose, nobility, and grace of every American child.

I want to thank you. This is a very special moment. It’s so great to represent you. I love you all. [applause] And I say with a true passion, thank you, God bless you, and God bless America. Thank you all. Thank you. [applause]
コメント (2)

出生数90万人割れ 少子化加速、明治32年の統計開始から過去最少

2019年12月09日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様!
日本が子宝に恵まれますように!

マリア様、お祈り下さい!
出生数90万人割れ確実 少子化加速、過去最少

赤ちゃんの数は年々減っている
 今年に生まれた赤ちゃんの数が明治32(1899)年の統計開始から初めて90万人割れし、過去最少となるのが確実になったことが6日、厚生労働省への取材で分かった。同省の研究機関はこれまで90万人割れを令和3年と見込んでおり、推計より2年早い。想定を超えて加速する少子化に、政府関係者は「大変厳しい状況だ」とし、社会保障制度などへの影響を懸念した。

 厚労省は今月下旬に出生数や出生率をまとめた「人口動態統計」の年間推計を公表する予定だ。関係者は、今年の出生数が86万人程度にとどまる可能性を示唆している。
 同統計によると、平成30年の出生数(確定)は91万8400人だった。今年1~9月の出生数は速報ベースで、前年同期比より5・6%少ない67万3800人。30年同期値を前年同期値と比べると落ち込みは2・5%減にとどまっており、今年は下落幅が倍になっていた






コメント

たった2%の脳しかなく生まれて来て、数日の生命だと思われていたノア君は、今は七歳です。

2019年12月09日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様!

たった2%の脳しかなく生まれて来て、数日の生命だと思われていたノア君は、今は七歳です。
医者の驚いたことに80%の脳の機能が動いています。
五回も堕胎を勧められた両親は、断固として拒否しました。医者は人間の生命の力と天主の力を誤解していました。
すごいですね。
Boy with ‘no brain’ continues to defy expectations after parents refused abortion five times

A seven-year-old from Cumbria has moved his foot for the first time after undergoing pioneering therapy after his parents rejected pressure from doctors to abort him.

Doctors did not expect Noah Wall, who was born with spina bifida, only 2 per cent of his brain and is paralysed from the waist down, to live more than a few days.

They advised his parents, Shelley and Rob Wall, to consider abortion on five separate occasions. But they refused, and now Noah continues to defy expectations.

But, at the age of three, his brain had grown to a remarkable 80 percent of what it should be and is now nearly fully-functional, leaving medical professionals stunned.

He is now undergoing specialised treatment – designed to alter the way the brain sends messages to his limbs.

“We were offered termination five times,” Rob told documentary, The Boy Without a Brain. “It was never an option for us. To me, we wanted to give Noah that chance of life.”

“To hear his brain’s almost back to normal is beyond belief,” Shelly Wall said. “Rob and I broke down when we heard the news. It was like a dream. I’ve never known anything like it. Even the consultants were in tears. Every time we see the doctors, they just shake their head. They’re just amazed at what he can do.”

Every year, Noah gives out hundreds of Christmas presents to staff and patients at Great North Children’s Hospital in Newcastle – the hospital he was born in. With more therapy, it is hopeful he will one day deliver gifts on foot.

Claire Nicholson, Noah’s consultant neurosurgeon, said in 2016: “He has surprised us through his life so far. He’s completely remarkable.”

She added that Noah teaches the medical profession that “you can’t ever know, doesn’t matter how many statistics you throw at something”.

Noah is just one of many babies who have defied the odds.

Estimates have predicted that 80 percent of unborn babies diagnosed with spina bifida, each year, are aborted. However, pro-life campaigners are hopeful that now the surgery has been made routinely available on the NHS the number of unborn babies terminated each year will fall.




コメント

Mensaje para la “Marcha por la Vida 2019” que se realizará en Tokio

2019年06月05日 | プロライフ
Ave Maria Immaculata!

Estimados hermanos,

Quisiéramos invitarles a todos ustedes para que participen en la “Marcha por la vida 2019”, que se llevará a cabo el día 15 de julio. Este día es también feriado en Japón por celebrarse el “Día del Mar”, por lo que oramos, para que haya una masiva participación.



La marcha comenzará en la Iglesia Católica Tsukiji a las 4 de la tarde y terminará en el Parque Hibiya en Tokio.

Les estamos invitando a ustedes porque muchos de nosotros en Japón no somos conscientes del hecho de que un feto en el vientre de su madre es un ser humano. Esta ignorancia da origen a que muchos bebés inocentes sean asesinados todos los días en Japón.

Así mismo, últimamente en Japón, hemos sido sorprendidos por varias noticias tristes, que nos informan sobre el maltrato e incluso la muerte de niños pequeños a manos de sus padres.

Por otro lado, hace apenas algunas semanas, el día del Domingo de Pascua en Sri Lanka, muchas personas, incluso una japonesa, murieron en ataques terroristas. Nunca permitimos que el terrorismo destruya vidas inocentes.

Ahora mismo en Japón, en el lugar que debería ser el más seguro para un bebé, el vientre de su madre, allí son asesinados y muchas personas no se dan cuenta de este terrible hecho.

Es un hecho en Japón, que miles de bebés son maltratados y asesinados, por sus padres, aunque los medios de comunicación no reporten estas atrocidades.

“La Marcha por la Vida” es la expresión del pedido de ayuda (SOS) de estos niños inocentes, en forma de oración.

Nosotros, en nombre de estas víctimas, de estos niños, oramos, ya que ellos no pueden hacer oír sus propias voces.

Les invitamos a unirse a nosotros en esta “Marcha por la Vida” porque queremos llevar un mensaje de esperanza a las madres embarazadas y a las parejas que tienen niños. Hay muchas personas que han practicado el aborto por ignorancia, pero más tarde se dieron cuenta de la verdad y ahora participan uniéndose en las “Marchas por la Vida” en las diferentes ciudades de todo el mundo, entre ellas tenemos madres, padres, enfermeras y médicos.

Por ejemplo, el doctor Bernard Nathanson, fue un médico que promovió el aborto, pero que, tan pronto como se dio cuenta de que un feto es un ser humano vivo, se convirtió en un activista pro-vida, anti-aborto.

Otro ejemplo reciente, Abby Johnson, quien era empleada de Planned Parenthood y una abierta defensora del aborto, sucedió que un día, tomo conciencia de lo malvado que es el aborto y se convirtió en una activista pro-vida en el 2009. La película "Unplanned (No Planeado)" estrenada a comienzos del 2019, se basa en la real historia de su conversión.

Al participar en la “Marcha por la Vida”, nosotros mostraremos nuestro apoyo a nuestros hermanos y hermanas, afirmamos la verdad de que todos somos débiles y pecadores, y que Dios es misericordioso.

Queremos testificar también sobre la verdad de que no podemos tomar vidas inocentes ya que solo Dios, el Creador, es el Dueño de la Vida. Los bebés no se pueden defender ni resistir ningún ataque que se haga contra ellos, lo que hace que sea muy importante que de les de la debida protección.

Les invitamos a marchar además, porque es un es un hecho médico y científico de que un ser humano comienza a existir en el momento de su concepción, como también la Iglesia Católica lo enseña. Por lo tanto pedimos el respeto de la vida desde el momento mismo de la concepción.

Cuanto más sepamos sobre la existencia del Dios misericordioso y amoroso, que nos da la vida, más estamos obligados a respetar este regalo, que es la vida.

La crianza de los hijos, más aun si son numerosos, demanda mucho sacrificio de parte de los padres, sin embargo nuestra fe católica nos enseña que no debemos limitar ni rechazar, por ninguna razón económica, una vida dada por Dios. Ya que Nuestro Señor nos enseñó que Dios alimenta incluso a las aves del cielo, aquí, Él nos está diciendo que ciertamente cuidará de nosotros si confiamos en Su misericordia. Además, el tener muchos hijos nos dará una felicidad y una alegría que el dinero no podría comprar.

Les invitamos a la “Marcha por la Vida” debido a las palabras de Nuestro Señor Jesucristo Quien nos dijo que en el último Juicio se nos dirá:

"Vengan, benditos de mi Padre, posean el reino preparado para ustedes desde la fundación del mundo. (...) Amen, Yo les digo, lo que hicieron a uno de estos mis hermanos más pequeños, lo hicieron a Mí."

Por estas palabras, sabemos que si defendemos la vida de los bebitos, se nos promete la recompensa eterna del Cielo.

Por el contrario, si no lo hacemos, escucharemos las siguientes palabras de la boca del Juez Supremo:

"Aléjate de mí, maldito, al fuego eterno, que fue preparado para el diablo y sus ángeles. Porque tuve hambre y no me diste de comer; tuve sed y no me diste de beber, era un forastero, y no me recibiste, estuve desnudo, y no me cubriste; estuve enfermo y en la cárcel y no me visitaste. (...) Amen, Yo les digo, lo que no hiciste a uno de estos, tampoco a Mi me lo hiciste”.

Les invitamos a ustedes también por amor a nuestro país ya que el aborto y la anticoncepción son el suicidio de una nación y la vergüenza de un país civilizado. Los niños son el futuro brillante del Japón. Queremos darles a nuestros futuros hijos, nietos y bisnietos como herencia esta hermosa tierra tan bendecida por la naturaleza, un país pacífico y seguro, una la sociedad cortés y ordenada, es decir, nuestra civilización y nuestra riqueza. Porque, no hay futuro sin hijos.

Sin embargo, las estadísticas recientes nos muestran una cruda realidad ya que según ellas el año pasado una población equivalente a una gran ciudad desaparecieron del Japón, lo que indica el estado crítico de su inminente caída. Japón está a punto de desaparecer de la superficie de la tierra, su población está disminuyendo de manera acelerada.

Les invitamos a que la Marcha por la Vida, ya que una sociedad que defiende la vida de los niños también defiende la vida de los ancianos, tal sociedad está construida sobre la cultura de la vida. Una sociedad que desprecia la vida de los más pequeños tomándolos como una carga, tampoco dejara con vida a las personas viejas, discapacitadas o enfermas. Esto es precisamente lo que sucedió bajo el régimen Nazi. Es la cultura de la muerte. Pero nosotros queremos construir la Cultura de la Vida, nuestra sociedad japonesa.

Por lo tanto, ¡únete a nosotros en la “Marcha por la Vida”! Saldremos de la Iglesia Católica Tsukiji a las 4 de la tarde del lunes 15 de julio de 2019, el Día del Mar, y finalizaremos nuestra Marcha en el Parque Hibiya, cruzando la ciudad.

Para nuestros bebitos,

Por las madres y las parejas que tengan sus niños,

Por la posición de la Iglesia Católica respecto a la vida,

Por el día de nuestro juicio,

Por la prosperidad de nuestro país,

Por la construcción de una cultura de vida,

Les invitamos a la Marcha por la Vida.



コメント

レジス・アルノーの「「妊娠中絶後進国」の日本女性に感じる哀れさ」という上からの目線の日本人女性を馬鹿にしている記事を読んで

2018年11月13日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

レジス・アルノーというフランス人男性が「「妊娠中絶後進国」の日本女性に感じる哀れさ」という記事を上からの目線で書いて、日本人女性を馬鹿にしている。その論調はあたかも彼が製薬会社から金をもらって書いたかのようだ。確かに、最も多く「いいね」をつけたコメントは、薬の話をしている。

【日本は「中絶後進国」?】

日本は、第二次世界大戦直後すでにアメリカの占領下のもとに1948年に「妊娠中絶」が合法化した。旧ソ連が世界で初めて1920年に人工妊娠中絶を合法化したのに続いたのが日本だ。フランスは1975年に合法化した。

米民間団体「グローバル・ライフ・キャンペーン(GLC)」「中絶世界報告書」の発表によれば、過去1世紀で10億を超える胎児が母親の胎内で殺された。累計の1位中国で、2位はロシアで、3位は米国、4位はウクライナだ。日本は5位だ。更に言えばベトナムが6位、インドが7位、ルーマニアが8位、韓国が9位、カザフスタンが10位だ。

しかし、堕胎は犯罪だ。何故なら胎内の胎児は立派な人間だからだ。たとえ胎児が目も見えず話すことも出来ないとしても。堕胎は殺人だ。無辜の命を奪う極悪の行為だ。私たちにはこの小さな命を守る義務がある。

1988年にフランスでは世界で最初の経口妊娠中絶薬(アボーション・ピル)と呼ばれる堕胎のための毒薬がフランスの厚生大臣によって認可された。「ミフェプリストン」別名 RU-486だ。きれいなお母さんのお腹の中を、恐ろしい砂漠のような荒地に変化させて赤ちゃんがそこに住めなくする毒薬だ。女性の体にとって健康なものであるはずがない。

最近日本で話題になった避妊ピル(モーニングアフターピル)「ノルレボ錠0.75mg」も同じだ。受精の瞬間から立派な一人の人間だが、この避妊ピルは受精卵が子宮内膜に作用し、お母さんのお腹を荒らして受精卵を着床しにくくして堕胎をさせる毒薬だ。政府が使用を認めたとしても、殺人は殺人だ。

【日本の女性はアジアの発展途上国と比べても後れを取っている?】

レジス・アルノー氏は宣言する。「日本の女性は、現代的な避妊薬の使用に関して多くの先進国に後れを取っている。… 日本の女性はアジアの発展途上国と比べても後れを取っている。2015年の国連の調査によると、タイの女性のピルの使用率は33.7%で日本の女性の1.1%を大きく上回る。云々」

ピルの使用率が低い=後れている、とは誰が決めたのか?製薬会社か?

アメリカのCIAのレポートによると、フランス(人口67,106,161人)では、200,000人がHIV/エイズに罹病している。一万人のフランス人のうち29.8人がこの病気にかかっている。Index Mundiによると、フランスの罹病数は世界で30位だ。
同じレポートによれば、タイ(人口68,414,135人)ではHIV/エイズにかかっている人々は440,000人いる。タイの一万人のうち64人がこの病気にかかっている。Index Mundiによると、タイの罹病数は世界で16位だ。
日本(人口126,451,398人)でHIV/エイズにかかっている人々は28,000人だ。日本人一万人にたった2人だ。

アルノ―氏から日本はHIV/エイズでも、アジアの発展途上国と比べても確かに後れを取っていると言う声が聞こえてくる気がする。(なるほど多くの人がHIV/エイズになれば製薬会社がもうかるだろう。)

HIV/AIDS - people living with HIV/AIDS TOP 100

【日本の女性の美しさ】

日本人は昔から子供を大切にしてきた。母親が自分の子供を愛さないわけがあるだろうか?日本の女性たちは子供を産んで育てるのを幸福だと考えている。

アルノー氏は「フランスの女性と比較して、日本の女性は性と生殖に関する権利に関する限りいまだに縄文時代に暮らしていると言える」と侮辱して挑発しようとする。

フランス人女性は、自分の胎内に宿った別の生命を自分勝手に殺すことを「権利」だと考えているから美しいのか? それは身体障害者や優生学的に劣った者たちの生命を殺害していったナチスと同じ考えだ。ナチスの信奉者がそれほど美しかったのか? それともナチスについて行けない私たちはあまりに大きな暗闇の中にいるので、自分たちが暗闇にいることがわかっていないとでも言うのか?

小さなかけがえのない生命を大切にしない人々こそ、縄文時代以前の野蛮ではないのか。自分たちが遅れているのかを自覚していないのはどちらだろうか。

日本の女性は自然を愛する。日本の女性の中には、お産婆さんのところで自然なお産をしたいという方もいる。麻酔出産だけが良いとは誰が決めたのだ?私の友人のフランスの女性も日本で産婆さんによって自然にお産をすることを選んでそれを喜んでいる。フランス人女性が日本の良さを知って感謝したのだ。

フランス人が日本人に、フランスではそうしているから日本人女性もそうしなければならない、という上からの目線での論理はおかしい。日本人は自分たちが自覚的に自分たちのものとして大切にしているものがあるからだ。

【フランスの人々の美しさ】

私は日本人だ。しかしフランス人の友人たちがいる。確かにフランスの女性の美しさに驚嘆する。しかし、彼女たちの本当の美しさとは彼女たちの信仰と貞潔の美しさだ。フランスに住む私の友人たちは、聖伝のカトリック信仰を守っている。彼女たちはお母さんになると、7~9名の子供たちを産んで幸福な母親となっている。彼女たちはフランスを愛している。子供たちをたくさん育てることは、容易なことではない。自分の自由も子供たちのために犠牲にしなければならないからだ。しかし愛によって、あえて多くの子供を育てることを自ら進んで多くの子供たちの母親となることを望み選んでいる。マスコミに左右されずにより気高い理想のために自分の人生を送っている。

女性だけではない。フランスでは若者たちがいま「生き残った者たち」Survivants というグループを作っている。なぜなら堕胎が女性だけの問題であるとはウソだということに若者たちが気が付いたからだ。堕胎「天国」(地獄?)の現代社会に今生きている私たちはみな「生き残った者たち」だからだ。

フランスの統計では、お母さんのお腹に身ごもった5人のうち一人は、お腹の中で殺されて生まれてくることが出来なかったからだ。もしかしたら私たちもそのうちの一人だったかもしれない。私たちには本当は、お姉さんが、お兄さんが、妹が、弟がいたはずだった。私たちは皆、たまたま中絶されていなかったことという意味での生き残りだからだ。

しかも、もしも私たちが「体外授精」の赤ちゃんだったとしたら、私は生き残ったけれども、その陰で、私の知らない多くの兄弟姉妹たちが殺された、どこかで冷凍されている、何かの変な実験材料の対象になって虐殺されている、という事実に気づいたからだ。マスコミの世論操作から独立して、立ち上がっている気高い青年たちがフランスに多く存在しているのは本当に美しい。

日本では公式の統計によると、2017年に16万4621人の赤ちゃんが、2016年には16万8015人が堕胎された。2017年に生まれた子どもの数(出生数)は94万6060人、2016年の出生数は97万6979人だった。2017年には本当なら16万4621+94万6060=111万0681人生まれるはずだった。2016年には114万4994人が生まれるべきだった。日本では15%が、7人に1人が殺されている。7人のうち6人が生き残って生まれてきたのだ。

フランスでは多くのそしてますます増え続けるイスラム教徒のフランス人たちもいる。彼女たちは堕胎をしない。

フランスでは中絶手術が払い戻されて、無料でできるようになったのかもしれない。フランスでは簡単に避妊薬を得ることができて、血税がそれを支払っているのかもしれない。統計によると、数十年後には、フランスでは第一言語がアラビア語になる、シャリーア(イスラム法)の支配するイスラム共和国になるだろうと読んだことがある。

ワシントン・タイムズによると2057年にはイスラム教徒が多数派になるそうだ。

何故ならフランスに元々いたフランス人たちの出産率は女性一人あたり1.4人だが、フランスのイスラム教の女性は一人あたり3.4から4人の子供を産むからだ。現在、フランスの人口は6800万だが、その内10%はイスラム教の人々だ。

イスラム教徒のフランス人たちは将来、ますます姿を消そうとしている元々のフランス人たちについて何と言うのだろうか?「白人のフランス人女性は、堕胎と避妊をして性と生殖に関する「権利」を謳歌して自由奔放に子供を殺していたから美しかった」と言うのだろうか? それとも「フランス人女性たちは野蛮時代にいた遅れた人々だった、イスラム化したお陰で、彼女たちは堕胎や避妊から守られるようになった」と言うのだろうか?

アルノー氏のいう「自立」というのは、とどのつまり「妊娠しないための薬を安く合法的に簡単に手に入れたい」ということだ。こんなのは自立ではない。何故なら、彼の言っている「自分の運命を自分で決める力」とか「自立」というのは、薬物(避妊薬・麻酔・堕胎の薬)の力にでなにもかも解決しようということだからだ。とどのつまり「自分で」とか「自立」ではなく、女性をより簡単に薬漬けにして薬物に依存させることだ。これでは薬の奴隷ではないか。

もしも本当に美しさというものが、「自立」や「自分の運命を自分で決める力」に由来して、製薬会社のロビー活動によるものでないとしたら、日本人は、フランス人が何をしようと私たち自身の価値を大切にする。

日本人は、日本の将来である自分たちの子供の命を自立して守る、日本の運命を自分で守る、日本を製薬会社に売り飛ばさないことを選ぶべきだろう。

もちろん、お金の誘惑や貞潔に反するものの誘惑の力は大きい。誘惑に負けないように、私たちは天主の聖母、終生童貞なる聖マリアに祈る。

聖母よ、日本の女性たちとフランスの女性たちを守ってください。

聖母よ、日本の女性とフランスの女性たちが、聖母マリア様のように、本当の意味で美しくありますようにお祈り下さい!

聖母よ、お母さんの胎内にいる罪なき小さな命たちを、堕胎という大人の自分勝手な犯罪行為から守ってください!

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
コメント

マーチフォーライフ(March for Life in Tokyo 2018)の写真を、マーチフォーライフのフェイスブックからご紹介いたします。

2018年07月19日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

マーチフォーライフ(March for Life in Tokyo 2018)の写真を、マーチフォーライフのフェイスブックからご紹介いたします。

マーチ出発前の写真


日比谷公園に到着後の写真


一カトリック信者さんの秀逸な記事もご参考下さい。

来年は、より多くの兄弟姉妹のご参加を招待いたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田神父
コメント (1)

マーチフォーライフは、お恵みで大成功でした

2018年07月17日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

こんにちは!

昨日のマーチフォーライフ2018は、多くの方々(昨年の倍ぐらい)の参加があり、喜びと成功のうちに終了しました。



来年も、また、多くの兄弟姉妹の皆様と、ファチマの聖母とともにマーチしたいと思います。





天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田神父
コメント

今日は、ファチマの日、生命尊重の日

2018年07月13日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、
こんばんは!

今日は、ファチマの聖母が子ども達に秘密を教えた日。地獄の火を見せて下さった日。
日本では、1948年の今日から、胎児たちに大戦争が始まった日。


罪の無い胎児たちの生命を守ってください!
マリア様と生命の為に一緒に歩いてください。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田神父
コメント

「マーチフォーライフの歌」やどされた ちいさないのち えがおのきみを 守りたい!

2018年07月12日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 来たる7月16日うみの日には、命のための大行進をいたしましょう。

 マーチフォーライフでは「ファチマの聖母のアヴェ・マリア」を皆で歌うことを提案します。できれば、次の「マーチフォーライフの歌」も同じメロディーで歌いましょう!

 楽譜は次をご覧ください。

やどされた
ちいさないのち
えがおのきみを
守りたい。

アヴェ、アヴェ、アヴェ・マリア

すやすやと
いねむるいのち
おなかのきみを
迎えたい。

アヴェ、アヴェ、アヴェ・マリア

むぼうびの
かよわいいのち
未来のきみを
助けたい。

アヴェ、アヴェ、アヴェ・マリア

生まれ来る
ぼくらのたから
いのちのために
歩きたい。

アヴェ、アヴェ、アヴェ・マリア





↑上の画像をクリックすると楽譜がダウンロード出来ます。



コメント

日本のお母さんたちのお腹の中にいる赤ちゃんたちの命も、どうぞ守ってください。罪のない弱々しい赤ちゃんたちの命を生まれてくるまで守ってください。

2018年07月12日 | プロライフ
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 西日本での豪雨で被災された多くの方々、命を落とされた方々がおられることをニュースで伺い、胸が痛くなります。毎日新聞の11日午後10時現在のまとめによると、死者は13府県で176人になったとのことです。安否不明者は依然として61人あるそうです。命を守るために助け合ったり、美しい実話を聞いて私たちは感動しました。

 同時に、タイの洞窟に閉じ込められたサッカーの少年チームの13人全員が、洞窟から脱出したとのことです。国際ニュースとなって全世界でこの子供たちの救出に注目していました。自然に涙ぐむ感じを覚えました。

 日本のお母さんたちのお腹の中にいる赤ちゃんたちの命も、どうぞ守ってください。罪のない弱々しい赤ちゃんたちの命を生まれてくるまで守ってください。

 あなたにできることがあります。
 いのちのために行動を起こして下さい。
 いのちのために一緒に歩いて下さい。
 いのちのためにファチマのマリア様と一緒に歩いて下さい。
 私たちといっしょに、ファチマの聖母と一緒に、歩いて下さい。

日  時:2018年7月16日(月)海の日:午後4時から
集合場所:築地カトリック教会
歩く場所:佃大橋通り=>新大橋通り=>鍛冶橋通り=>国会通り=>日比谷公園
参  加:誰でも参加できます
行動内容:微笑んでファチマのマリア様とともに歩きます

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)








コメント

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】