Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

--このブログを聖マリアの汚れなき御心に捧げます--

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております
2019年 2月の聖伝のミサの予定
【最新情報はこちら、年間予定一覧はこちらをご覧ください。】


2月
意向:日本のため、日本におけるカトリック教会のため
実践すべき徳:天国を得たいという燃えるような望みと希望
守護の聖人:ルルドの聖母

愛する兄弟姉妹の皆様を聖伝のミサ(トリエント・ミサ ラテン語ミサ)にご招待します

◎2019年 2月の予定
【大阪】聖ピオ十世会 聖母の汚れなき御心聖堂(アクセスEG新御堂4階 大阪府大阪市淀川区東三国4丁目10-2 
〒532-0002 (JR「新大阪駅」の東口より徒歩10-15分、地下鉄御堂筋線「東三国駅」より徒歩2-3分)

  2月1日(初金)殉教者司教聖イグナチオ(3級祝日)赤
          午後5時半 ロザリオ及び告解
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  2月2日(初土)童貞聖マリアの御浄め(2級祝日)白
          午前10時 ロザリオ及び告解
          午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ

  2月10日(主)御公現後の第5主日(2級)緑
          午後5時半 ロザリオ及び告解 
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  2月11日(月)無原罪の童貞聖マリアのルルドにおける御出現(3級祝日)白
          午前6時半 ミサ聖祭

  2月15日(金)御公現後の平日(4級)緑
          午後5時半 ロザリオ及び告解 
          午後6時 ミサ聖祭(歌ミサ)

  2月16日(土)聖母の土曜日(4級)白
          午前10時 ロザリオ及び告解
          午前10時半 ミサ聖祭(歌ミサ)

【東京】東京都文京区本駒込1-12-5 曙町児童会館(地図)「聖なる日本の殉教者巡回聖堂」
  2月3日(主) 御公現後の第4主日(2級)緑  ←シュテーリン神父様来日
          午前8時 ミサ聖祭 ← 追加されました
          午前10時  ロザリオ及び告解
          午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

  2月4日(月) 証聖者司教コルシノの聖アンドレア(3級祝日)白
          午前7時 ミサ聖祭
          午前7時45分 ミサ聖祭

  2月17日(主) 七旬節の主日(2級)紫
          午前10時  ロザリオ及び告解
          午前10時半  ミサ聖祭(歌ミサ)

  2月18日(月) 平日(4級)紫
          午前7時 ミサ聖祭

愛する兄弟姉妹の皆様をお待ちしております。

============
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村のランキングです。クリックで応援して下さい

============

聖ピオ五世教皇の勅書「クォー・プリームム」Bulla Quo Primum (1570年7月14日発布)の羅和対訳 Latin - Japanese bilingual

2019年01月23日 | カトリックとは

アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

聖ピオ五世教皇の勅書「クォー・プリームム」Bulla Quo Primum (1570年7月14日発布)の羅和対訳をご紹介いたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

PIUS EPISCOPUS  司教ピオ
SERVUS SERVORUM DEI  天主の僕等の下僕は
AD PERPETUAM REI MEMORIAM  永遠の記念の為に
Quo primum tempore ad Apostolatus apicem assumpti fuimus, ad ea libenter animum, viresque nostras intendimus, et cogitationes omnes direximus, quae ad Ecclesiasticum purum retinendum cultum pertinerent, eaque parare, et Deo ipso adjuvante, omni adhibito studio efficere contendimus. まず最初に、余が使徒職の頂点に上げられるや否や、純粋に保たれるべき教会の祭式に関する事に、喜んで余の精神及び力を注ぎ、全ての思考をそれに向けた。そして、実は、それを準備し、且つ、天主御自身に助けられ、全注意を払って完成する様に力を注いだ。
Cumque inter alia sacri Tridentini Concilii decreta, Nobis statuendum esset de sacris libris, Catechismo, Missali et Breviario edendis atque emendandis:  聖なるトレント公会議の他の勅令の中、余は、聖なる書籍、公教要理、ミサ典礼書、聖務日課書の出版及び改定に就いて裁定するべきであった。
Edito jam, Deo ipso annuente, ad populi eruditionem Catechismo, et ad debitas Deo persolvendas laudes Breviario castigato, omnino, ut Breviario Missale responderet, ut congruum est et conveniens (cum unum in Ecclesia Dei psallendi modum, unum Missae celebrandae ritum esse maxime deceat), necesse jam videbatur, ut, quod reliquum in hac parte esset, de ipso nempe Missali edendo, quam primum cogitaremus. 天主御自身のおかげで、既に民衆を博学たらせる為の公教要理を出版し、天主に返済さるべき負債である賛美の為に、聖務日課書を修正した後、聖務日課書にミサ典礼書が答える様にする為、それは、ふさわしく適しているので、(天主の教会において、唯一の詩篇の唱え方、ミサを捧げるべき唯一の挙行法が最高に望ましいので)この部門で残されたもの、つまり、ミサ典礼書それ自身の出版を出来るだけ早く考えるのが、今後必要であると思われた。
Quare eruditis delectis viris onus hoc demandandum duximus: qui quidem, diligenter collatis omnibus cum vetustis Nostrae Vaticanae Bibliothecae, aliisque undique conquisitis, emendatis atque incorruptis codicibus; necnon veterum consultis ac probatorum auctorum scriptis, qui de sacro eorumdem rituum instituto monumenta Nobis reliquerunt, ad pristinam Missale ipsum sanctorum Patrum normam ac ritum restituerunt. その為にこそ、余は、この仕事を選び抜かれた学識豊かな人達に依頼した。彼等は、ミサ典礼書それ自体を、聖なる教父達の以前の規律、及び、挙式法に、注意深く集められた全て(の文書)を以って、即ち、余のヴァチカン図書館の古文書、そして、他の全ての方面から探し求められた、修正された又は改変されていない法文書を以って、更に、我らに同じ彼等の挙式法の聖なる制定に関して記念を残した古い文書、又、信頼のおける著者の文書を参照して復旧した。
Quod recognitum jam et castigatum, matura adhibita consideratione, ut ex hoc instituto, coeptoque labore, fructus omnes percipiant, Romae quam primum imprimi, atque impressum edi mandavimus: nempe ut sacerdotes intelligant, quibus precibus uti, quos ritus, quasve caeremonias in Missarum celebratione retinere posthac debeant. 熟考した後、全ての人々がこの〔典礼〕の制定及び着手された仕事から、結実をとる事が出来るように、余は、この既に認可され、訂正された〔ミサ典礼書〕が出来るだけ早くローマで印刷され出版されるようにと命じた。実に、それは、司祭等が今後ミサの司式に際して、どの祈りを使用し、どの挙行法を、どの儀式を行うべきか理解する為である。
Ut autem a sacrosancta Romana Ecclesia, ceterarum ecclesiarum matre et magistra, tradita ubique amplectantur omnes et observent, ne in posterum perpetuis futuris temporibus in omnibus Christiani orbis Provinciarum Patriarchalibus, Cathedralibus, Collegiatis et Parochialibus, saecularibus, et quorumvis Ordinum, monasteriorum, tam virorum, quam mulierum, etiam militiarum regularibus, ac sine cura Ecclesiis vel Capellis, in quibus Missa conventualis alta voce cum Choro, aut demissa, celebrari juxta Romanae Ecclesiae ritum consuevit vel debet alias quam juxta Missalis a nobis editi formulam decantetur, aut recitetur, etiamsi eaedem Ecclesiae quovis modo exenptae, Apostolicae Sedis indulto, consuetudine, privilegio, etiam juramento, confirmatione Apostolica, vel aliis quibusvis facultatibus munitae sint; nisi ab ipsa prima institutione a Sede Apostolica adprobata, vel consuetudine, quae, vel ipsa institutio super ducentos annos Missarum celebrandarum in eisdem Ecclesiis assidue observata sit: a quibus, ut praefatam celebrandi constitutionem vel consuetudinem nequaquam auferimus; sic si Missale hoc, quod nunc in lucem edi curavimus, iisdem magis placeret, de Episcopi, vel Praelati. Capitulique universi consensu, ut quibusvis non obstantibus, juxta illud Missas celebrare possint, permittimus; ex aliis vero omnibus Ecclesiis praefatis eorumdem Missalium usum tollendo, illaque penitus et omnio rejiciendo, ac huic Missali nostro nuper editio, nihil unquam addendum, detrahendum, aut immutandum esse decernendo, sub indignationis nostrae poena, hac nostra perpetuo valitura constitutione statuimus et ordinamus. 他の諸教会の母にして教師である、神聖にして侵すべからざるローマ教会によって伝えられたものが、あらゆる所で適応され、全ての人がそれを守るように。今後、未来永劫にわたって、全キリスト教世界〔の教会〕において、諸地方の総大主教の教会において、司教座聖堂において、参事会管理聖堂及び教区教会において、在俗及び男女を問わず如何なる修道院・修道会においても、更に、義勇修道会(仮訳)の教会においてさえも、又、「権利或いは習慣によって、ローマ教会の挙式法に従って合唱隊と共に高い声で或いは低い声で修道院のミサが挙行される」(霊魂を導く)責のない教会又は聖堂において、余によって出版されるミサ典礼式の定式による以外が歌われ、或いは唱えられる事の無いように。〔その事は上記の〕同じ諸教会が、使徒座の許可によって、習慣によって、特権によって、例え宣誓によるものであっても、使徒座の批准によって、如何なる方法で特別許可を備えていてもである。但し、その最初の制定時から、使徒座から承認されている場合、或いは習慣によって、つまり、その同じ教会において〔共通のローマ式とは区別される独自の挙行法による〕ミサ聖祭の施行(の制定)が200年以上不断に見られるような場合を除外する。それら〔の教会〕においては、余は、それらの〔ミサの〕制定、或いは習慣を取り除く事は全く無い。同様に、若し、今、余の注意して上梓したこのミサ典礼書の方が、より彼等の気に入るのならば、司教、或いは高位聖職と、全「教会参事会」との同意をもって、どのような反対があろうとも、余は彼等がこの〔ミサ典礼書〕に従ってミサ聖祭を捧げる事が出来るように許可する。他の上記の全ての諸教会に就いては、余は、彼等の同じ〔独自の〕ミサ典礼書の使用を取り上げ、それ〔の使用〕を根本的、全面的に廃止し、最近出版された余のミサ典礼書には、決して何も付け加える事無く、削除する事無く、変更する事が無いように布告し、余の憤慨と言う刑罰の下に、余の永久に有効なこの法令によって規定し命じる。
Mandantes ac districte omnibus et singulis Ecclesiarum praedictarum Patriarchis, Administratoribus, aliisque personis quacumque Ecclesiastica dignitate fulgentibus, etiamsi Sanctae Romanae Ecclesiae Cardinales, aut cujusvis alterius gradus et praeeminentiae fuerint, illis in virtute sanctae obedientiae praecipientes, ut ceteris omnibus rationibus et ritibus ex aliis Missalibus quantumvis vetustis hactenus observari consuetis, in posterum penitus omissis, ac plane rejectis, Missam juxta ritum, modum, ac normam, quae per Missale hoc a Nobis nunc traditur, de antent ac legant; neque in Missae celebratione alias caelemonias, vel preces, quam quae hoc Missali continentur, addere vel recitare praesumant. 厳しく、全ての、そして個々の上記の諸教会の総大主教、管理聖職者、そして他の如何なる教会位階の尊厳を有する人物であれ、更に、彼等が聖なるローマ教会の枢機卿、或いは、如何なる他の卓越した位階であっとしても、彼等に聖なる従順の名において、他の全てのやり方、及び他のミサ典礼書の挙式法が、例え古く、現在に至るまで習慣化していたとしても、それらを今後完全に除き、全面的に廃止する事によって、今、余によって伝えられるこのミサ典礼書による挙式法、やり方、そして法規に則ってミサ聖祭を歌い、又、読誦し、ミサ聖祭の挙行において、このミサ典礼書に掲載されているもの以外の他の儀式、又は祈りを敢えて追加、又は唱える事の無いようにと命じ規定する。
Atque ut hoc ipsum Missale in Missa decantanda, aut recitanda in quibusvis Ecclesiis absque ullo conscientiae scrupulo, aut aliquarum poenarum, sententiarum et censurarum incursu, posthac omnino sequantur, eoque libere et licite uti possint et valeant, auctoritate Apostoloca, tenore praesentium, etiam perpetuo concedimus et indulgemus.  更に、如何なる教会においても歌ミサ聖祭、或いは読誦ミサ聖祭において、如何なる良心の呵責無しに、或いは他の罰、宣言そして非難を全く課される事無く、今後このミサ典礼書それ自体に、全く従うように、そして、それを自由に合法的に使用する事が可能であり適法であるように、使徒継承の権威を以って、しかも永久のこの〔文面〕を以って、余は承認し認可する。
Neve Praesules, Administratores, Canonici, Capellani et alii quocumque nomine nuncupati Presbyteri saeculares, aut cujusvis Ordinis regulares, ad Missam aliter quam a nobis statutum est, celebrandam teneantur: neque ad Missale hoc immutandum a quolibet cogi et compelli, praesentesve litterae ullo unquam tempore revocari, aut moderari possint, sed firmae semper et validae in suo exsistant robore, similiter statuimus et declaramus. Non obstantibus praemissis, ac constitutionibus, et ordinationibus Apostolicis, ac in Provincialibus et Synodalibus Conciliis editis generalibus, vel specialibus constitutionibus, et ordinationibus, nec non Ecclesiarum praedictarum usu, longissima et immemorabili praescriptione, non tamen supra ducento annos, roborato, statutis et consuetudinibus contrariis quibuscumque. 又、高位聖職者、管理職者、教会参事会員、及び他の全ての如何なる呼称で呼ばれる、在俗又は如何なる修道会員の司祭は、余によって命ぜられたものより他のやり方でミサ聖祭を捧げる事が無いように。又、何によってであろうとも(彼等が)このミサ典礼書を変更すべく強いられ、強制される事無く、又この手紙が決していつの時代でも変更されることの無く、却って〔この手紙が〕常に堅固、且つその適応範囲において有効であるように、同じく余は規定し宣言する。〔上記の事は〕以前の決定、及び憲章、更に使徒座の命令、及び地方の、又、司教区の教会会議において出された一般、或いは特別憲章、及び命令、更に同様に、上記の諸教会におけるいとも長期にわたる、そして(記憶に無い程)昔の命令による、しかし200年以上を超えない確認される使用、如何なる種類のそれに反する規定及び習慣にもかかわらず〔適応する〕。
Volumus autem et eadem auctoritate decernimus, ut post hujus nostrae constitutionis, ac Missalis editionem, qui in Romana adsunt Curia Presbyteri post mensem; qui vero intra montes, post tres; et qui ultra montes incolunt, post sex menses, aut cum primum illis Missale hoc venale propositum fuerit, juxta illud Missam decantare, vel legere teneantur. 余は、同じ権威を以って、この憲章及びこのミサ典礼書を出版後、ローマ内にいる司祭は一ヶ月後、アルプスの手前にいる者は三ヶ月後、アルプスを越した所に住む者は六ヶ月後、或いは、このミサ典礼書が彼等に販売されるや否や、これに従って彼等がミサ聖祭を歌い、或いは読誦するようにと望み又規定する。
Quod ut ubique terrarum incorruptum, ac mendis et erroribus purgatum praeservetur, omnibus in nostro et Sanctae Ecclesiae Romanae Domino mediate, vel immeditate subjecto commorantibus impressoribus, sub amissionis librorum, ac centum ducatorum auri Camerae Apostoliae ipso facto applicandorum: aliis vero in quacumque orbis parte consistentibus, sub excommunicationis latae sententiae, et aliis arbitrari nostri poenis, ne sine nostra vel speciali ad id Apostolici Commissarii in eisdem partibus a nobis constituendi, licentia, ac nisi per eumdem Commissarium eidem impresspri Missalis exemplum, ex quo aliorum imprimendorum ab ipso impressore erit accipienda norma, cum Missali in Urbe secundum magnum impressionem impresso collatum fuisse, et concordare, nec in ullo penitus discrepare prius plena fides facta fuerit, imprimere, vel proponere, vel recipere ullo modo audeant, vel praesumant, auctoritate Apostolica et tenore praesentium similibus inhibemus. 地上の至る所で、〔このミサ典礼書が〕変更されず、誤りと誤謬から潔められ守られるように。余の、そして聖なるローマ教会の直接・間接の権威に服する全ての印刷者達に、その書籍の没収及び金貨200ドゥカを使徒座宝庫に支払う事が、その事実自体により適応される事。他の者達に対して、地上の如何なる場所にいる者でも、判事的破門及び他の自由裁量による罰を加える事を以って、余の特別許可、或いは〔上記の〕同じ場所に余によって設置される使徒座委員による特別許可無しに、又同委員により同じ印刷者にミサ典礼書〔が渡され〕、(そのミサ典礼書から同印刷者自身が他の印刷すべき規準を受け取るだろう)規範版に沿ってローマで印刷されたミサ典礼書と照合され、一致し、如何なる所も相違無いと、先ず最高の証明が為されない限り、如何なるやり方にせよ、敢えて、又は、早まって印刷し、生産し、或いは受納する事を、余は使徒座の権威及び、この同様の内容により禁ずる。
Verum, quia difficile esset praesentes litteras ad quaeque Christiani orbis loca deferri, ac primo quoque tempore in omnium notitiam perferri, illas ad Basilicae Principis Apostolorum, ac Cancellariae Apostolicae, et in acie Campi Florae de more publicari et affigi, ac earumdem litterarum exemplis etiam impressis, ac manu alicujus publici tabellionis subscriptis, nec non sigillo personae in dignitate Ecclesiastica constitutae munitis, eamdem prorsus indubitatam fidem ubique gentium et locorum, haberi praecipimus, quae praesentibus haberetur, si ostenderentur vel exhiberentur. 実に、この手紙が、キリスト教世界に至る所に行き渡るのは難しいので、又最初に全員に知られるのは難しいので、この手紙が「使徒等の頭のバジリカ」及び使徒座法務聖省(仮訳)、更に「花畑(Campus Floræ)」の脇に公示され啓示され、この同じ手紙の印刷された写しには、公証人の手による署名、更に聖会の尊厳ある人物の官印を備え、完全なる疑う余地のない同じ信頼が、民々、所々、至る所で与えられるように余は命ずる。その信頼は示され提示された場合、現に与えられる事になる。
Nulli ergo omnio hominum liceat hanc paginam nostrae permissionis, statuti, ordinationis, mandati, praecepti, concessionis, indulti, declarationis, voluntatis, decreti et inhibitionis infringere, vel ei ausu temeratio contraire. 故に、絶対に誰一人として、余のこの許可、規定、命令、勅令、決定、認可、許可、宣言、意志、政令及び禁止のページに背反し、或いはそれに大胆にも背く事のないように。 
Si quis autem hoc attentare praesumpserit, indignationem omnipotentis Dei, ac beatorum Patri et Pauli Apostolorum ejus se noverit incursurum. もしも、誰かがそれを企てようと敢えてするとしたら、全能の天主〔の憤慨〕及び使徒聖ペトロとパウロの憤激をかうと言う事を覚えよ。
Datum Romae apud S. Petrum, anno Incarnationis Dominicae millesimo quingentesimo septuagesimo, pridie Idus Julii, Pontificatus nostri anno quinto.  ローマにて、聖ペトロの傍らにて、主の御託身より第一千五百七十年目、七月のイドゥス(15日)の前日、余の教皇座の第五年目に与えられる。
CÆSAR GLORIERIUS. 〔副署名〕チェザール・グロリエリウス
H. CUMIN. 以下に記す。
Anno a Nativitate Domini 1570, Indict. 13, die vero 19 mensis Julii, Pontificatus sanctissimi in Christo Patris et D. N. Pii divina providentia Papae V anno ejus quinto, retroscriptae litterae publicatae et affixae fuerunt ad valvas Basilicae Principis Apostolorum, ac Cancellariae Apostolicae, et in acie Campi Florae, ut moris est, per nos Joannem Andream Rogerium et Philibertum Cappuis Cursores.  主の御降誕より第一千五百七十年目の七月十九日に通告する。キリストにおいていとも聖なる父、天主の摂理による、我等の主なる教皇ピオ五世の教皇登位第五年目に、この手紙は慣習通り私達、つまり、執行使ヨハネ・アンドレア・ロジェリオ及びフェリベルト・カプイスにより、「使徒等の頭のバジリカ」の門、聖座法務聖省及び「花畑」の脇に公示され啓示された。
SCIPIO DE OCTAVIANIS, Magister Cursorum. シピオ・デ・オクタヴァニス、一級執行使
コメント

2016年聖母小黙想会 霊的講話【11】 8月13日 シュテーリン神父様「天主に戻る為の道、マリア様」

2019年01月23日 | お説教・霊的講話
2016年8月13日 聖母黙想会 シュテーリン神父様講話【11】
同時通訳:小野田圭志神父


天主に戻る為の道は、3つの部分に分けられています。その「出発」の部分と、そしてそこを辿る「道」と、そして「到達点」です。

出発点は、私たち自身に対する本当の認識です。
道というのは、マリア様です。
マリア様を通して、イエズス様に到達します。

このマリア様のまことの信心で何度も何度も出てくるのは、「究極の目的は、実は、永遠の知恵であるイエズス様自身である」という事です。

マリア様はいつも、その御子イエズス様へと私たちを辿り着かせてくれます。なぜかというと、マリア様の全生涯と全ての愛は、イエズス様に向かっているからです。マリア様は決して自分だけの為に生きた事はありません。いつもイエズス様の為に生きてきました。マリア様は自分の為の事を思った事がありません。マリア様の御出現を見ると、イエズス様の栄光をのみ求めていた事が分かります。どこにおいてもマリア様は、御子へと私たちを導く愛する母として現れています。

マリア様はファチマで、最後の救いの手段として、ご自分の汚れなき御心をお与え下さいました。マリア様の汚れなき御心とは何でしょうか?

ご自分で説明します、「これは、罪人の避難所、拠り所であって、天主へと導く道である」と。

では、マリア様の汚れなき御心に対する信心の本質とは何でしょうか?御聖体拝領、それから告解です。イエズス様の御生涯の深い神秘を黙想する事、償いの精神。ですから、ファチマの中心はイエズス様です。

ルルドでも、それからグアダルーペでも、マリア様は「小さな御聖堂を建てて欲しい」と望みますけれども、その御聖堂の中心はもちろん、イエズス様の祭壇です。

もしもこの黙想会の時で、「イエズス様に戻る唯一の確実な道がある。それがマリア様だ」と理解できたとしたら、それでこの黙想会の目的は達成されました。「いつも、いつもどのような時代でも、聖人たちはマリア様を通して、自分を聖化してきた。特に終末の時代ではそうだ。」

プロテスタントや近代主義者の人々は、「あぁ、イエズス様に行く為にはマリアは必要ではない」と言うかもしれません。もちろん彼らが言うには、「イエズス様に一致しなければならない。なぜかというと、よく知らないものを愛する事ができないから。でもイエズス様は御自分がどなたかを自分で示して下さったので、イエズス様を知るには十分であって、イエズス様を愛するには十分だ。また聖書を見れば、マリア様についてほとんど書かれていないし。」

私はそれに答えて、「もちろん、イエズス様はその啓示のまさにその中心です。もちろんイエズス様は、私たちを真理へと導く道です。この全ての真理はイエズス様から頂きました。それは本当です、もちろん。でも『知識』と言うには区別があります。」

プロテスタントの人が聖書を読んで、この箇所を誰が、どのような預言者が、どの何章何節、というのを暗記しているかもしれません。しかしイエズス様の仰った、「永遠の命とは、すなわち御身と、御身の遣わし給うたイエズス・キリストを知る事にあります」と言ったこの『知識』とは、単に聖書をその読んだだけの「知識」とは区別されます。

そういうプロテスタントの牧師さんはプロテスタントの人はこう言うかもしれません、「もちろんそうだ。しかしそれは霊が私たちに理解させてくれて、霊が私たちに与えられるので、聖書さえあれば理解できる。」それと同じような事を言っているのは、プロテスタントの人と、カリスマ運動の人です。

もちろん、天主様の深い神秘には、霊が必要です、聖霊が必要です。でもこの聖霊というのはどこで一番よく働くのでしょうか?では聖霊は一体、どこに一番よくその自分を現しになるのでしょうか?

聖霊は、その最初の瞬間から最後まで、自分の道具として一番よく使うものがあります。それは、「インマクラータ」であって、「マリア様」です。ですからこれを見ても、「マリア様を通して初めて、深い理解に、真理の理解に達する」と言います。

またもう1つ別の観点から言えば、この地上でマリア様ほどイエズス様を知っている方が他にどこにいるでしょうか?イエズス様は、マリア様が御自分の長上である事を、目上である事をお望みになりました。イエズス様はマリア様の元に服従する事を御望みでした。お母さんに服従する、従う子供は、お母さんに自分の事を全て言います。もしも誰かに特にそれを何か隠す事があったら、完全に服従したとは言えません。

マリア様はその最初の瞬間から聖寵に満たされたものですから、マリア様はその聖寵の満たされによって、イエズス様の神秘とその聖心の深みまで入る事ができました。このマリア様が持っておられたイエズス様に関する知識は、天使たちの知識を遥かに超えたもので、この知識を、お持ちになっていた知識を皆さんに伝えようと思っています。これが、マリア様が私たちの母になる時になさろうとする事です。

母親の役割というのは、子供の教育・養育という事を昨日の晩見ました。マリア様がイエズス様に関するご自分の持っている知識を私たちに教えたい、というのがマリア様の母の心です。ですからマリア様を通して、イエズス様に関してマリア様が持っている全ての知識を学ぶ事ができます。

もしも私たちの宗教に何らかの点で分からないところが、難しいところがあるとしたら、そしたらマリア様の所に謙遜に行って、「お母さん、永遠の知識を教えて下さい」とお願いするしかありません。そうすると、全ての知識を超越する、それを超える知識を私たちに与えて下さるでしょう。

では私たちがそれによって戻る3つのステップに戻ります。

まず、私たち自身に関する知識。そうすると一体、そのいわゆる「人間の尊厳云々…」というものが何か分かります。

そして第2は、私たちがそれへと向かう道に関するもの。

第3番目の知識は、イエズス様に関する知識です。

最初のこの2つの考察については、「まことの信心」の本の中で主に話しています。

第3の知識、イエズス様に関する知識については、グリニョン・ド・モンフォールは別の本を書いて、『永遠の知恵であるイエズス・キリストへの愛』という本を書きました。私が今度、この聖母黙想会を次回、皆さんの為に開く時には、この本の隣にですね、「永遠の知恵に対する愛」のグリニョン・ド・モンフォールの第2巻、ここに別の本が一緒に日本語である事を夢見ています。

では、イエズス様の知識を深める為に、少しの考察をしてみましょう。グリニョン・ド・モンフォールは、「イエズス様を知る為には、イエズス様に近付いて、イエズス様の方に向かって、イエズス様の事を考えなければならない、黙想しなければならない」と言います。去年イグナチオの霊操をしましたけれども、イエズス様の事を深く知るには、イエズス様の御生涯を黙想しなければなりません。イエズス様が何をなさり、何を仰り、何をなさったか、という事を黙想します。特にイエズス様がどうやって苦しまれたか、という事を黙想します。ですからこれについては特別に言う事はありません。

でも、グリニョン・ド・モンフォールは特別なイエズス様へのアプローチの仕方、近付き方を私たちに教えています。イエズス様の質というのですか、それぞれのイエズス様の仰った言葉、イエズス様のなさった行動、態度、あるいはその苦しみで、特別に目を見張るような質、特質があります。それは何でしょうか?

グリニョン・ド・モンフォールは、その「優しさ」“dulce”とか、その「美しさ」という言葉を使います。この“dulce”元々は「甘い」という意味ですけれども、これは「甘美な」という意味ですけれども、どうやったら訳したら良いでしょうか。これは色んな良い性質が合わさったものです。英語では“gentleness”「優しさ」という風に、あるいは「甘美さ」、でも「甘美」と言うと、ちょっと甘いセンチメンタルな感じがするので、「優しさ」と言ったらどうでしょうか。

とても魅力的で、何か人を惹きつけるものがある、という事が「優しさ」で「甘美さ」です。信仰の真理を黙想する時に、この事に注目する事が非常に大切です。多くの人は誤解して、「カトリックの信仰というのは、教義のシステムだけだ」と考えています。「どういう規則のリストがあって、知恵のあるアドバイスがあって、美しい模範があって、何かの物」であってですね、「質ではない」と思っています。カトリックの宗教というのは、何かそういう「物」とか「事」ではなくて、「私たちの主イエズス・キリストという人柄」なのです。その「御人」なのです。

多くのカトリックの聖伝の人たちは、美しい美的な行為だと思っています。何かフォークロアのちょっと美しいダンスの一部であるかのように誤解しています。あるいは美しい儀式。ですからこの天皇陛下の色々な儀式の儀式典長をやるような、そんな感じがしています。もしもその式典がちょっとこの、本当はやるべきなのにちょっと早くやってしまったとか、何か間違ってしまったとしたら、それで全てが台無しになってしまうと思ってしまいます。

もちろん、ミサ典礼は荘厳な儀式ですけれども、それ以上のものです。つまりその儀式を典礼を生かしているのは、「イエズス様」という、生きている、その天主である人が、人間が、その中に、それを生かしているのです。

ですから、イエズス様に近付く為には、イエズス様の言葉をこう何と仰ったかという事を細かく暗記して、というよりは、あるいはイエズス様の教えについて詳しく言葉を立て述べる、というよりは、もっとイエズス様と私のこの緊密な関係にあるのです。つまり、目と目を合わせて、イエズス様の目と私の目がぴったりと合って、そしてその見つめ合っている。ここにイエズス様を深く知る秘訣があります。

イエズス様の前で御聖櫃の前に跪いて、その事を考えて下さい。イエズス様が皆さんの前にいらっしゃって、イエズス様が愛を込めて皆さんを見つめておられる、その愛の眼差しを見て下さい。「イエズス」という本当の存在、現実のイエズス様の前に立ちはだかって下さい。私が皆さんの前にこういるように、イエズス様も本当にいらしています。

イエズス様を見て、一番こう目を見張るような、何かびっくりするような事は何でしょうか?聖書によると、「イエズス様は他の人とは違って区別がされた。」どんな区別があったのでしょうか?

それは、イエズス様の「優しさ」であって、「柔和さ」であって、イエズス様の魅力です。イエズス様を見ると、人々はもう心が奪われてしまって、「あぁ、」それがもうイエズス様に惹きつけられてしまって、それがイエズス様です。

イエズス様は、福音の中にはよくあるのですけれども、「イエズス様の話を聞きたい」とイエズス様の後を付いて行くと、もうその事で夢中になってしまって、食べる事や眠る事や疲れをコロッと忘れてしまった、という事があります。

パンの増加の奇跡があります。何が起こったのでしょうか?いつもの説教があります。荒地にこう行って説教します。こう歩きながら、あるいはこう場所を変えながら、こう説教をします。そうして荒れ野に行くのです。聖書によると、女性や子供を数えずに、男性だけで5000名付いて来ます。夜も昼も。荒れ野には家もなければコンビニもありません。イエズス様は何と仰るでしょうか、弟子、使徒たちに。「彼らに何か食べ物を与えなさい。もう彼らは3日、何も食べずに私の話を聞いている。」

皆さん、何も食べずに72時間、3日間、荒れ野を歩く事ができますか?イエズス様のその御言葉、イエズス様のその優しい態度、イエズス様のその御説教、イエズス様のこの仕草などに惹かれて、イエズス様の後を付いて、3日間何も食べずに行きました。マグネットのようでした。

では、イエズス様のこの柔和さというものがどういう時によく見えるようになったでしょうか?それは、イエズス様が公生活を始める時に、洗者聖ヨハネがこういう風に宣言します。洗者聖ヨハネは、「私は、来たるべき御方を準備する道であって、その声であって、そのこの世の救い主を待ち望む、準備する者である」と言います。その待ちに待ったその救い主、世の待望していた救い主が現れます。ついに洗者聖ヨハネは皆の前に、「この遂に、救い主はこの方だ」と指し示す事ができて、本当に喜びに満たされて、「さぁ、遂にその時がやって来た!」とあります。

洗者聖ヨハネは皆の前に大きな声で、「見よ、この方を!この方が、栄光の王である!この方が、救い主である!さぁ、この方こそが、皆が待望した、本当のメシアだ!皆、控え控えー!」と言う事ができたはずです。ところが、洗者聖ヨハネの口を通してこう言わせました、「見よ、天主の子羊を。」

子羊をご存知ですか?小さな動物で、こう可愛い動物です。でもとても可愛いので、とても魅力的な動物です。私は夏のキャンプを女の子たちの為にやりました。この女の子たちを山の上に連れて行ったり、博物館に連れて行ったり、本当に興味があるようなものすごい物を見せました。ところでこの女の子は、喜びの声をあげて、「あ!羊ちゃんだ!」「羊ちゃんだ!」と叫び出しました。すると「あー!羊がいるー!」と言って羊の方に走って行って、とても喜んでいました。こう羊が草の上に寝そべったり、こう食べたり、ずっとそれを可愛がって、可愛がって、20分、30分、40分、時間が経ちます。「さぁ、早く次の、歴史的な記念碑である教会があるし、あそこの博物館もあるし、もっと別の歴史的社会的価値のあるものも見せますよ。」「でもそんなのはもういいんです、神父様。羊と一緒にいたい」と言っています。
せっかくこの子たちの為にバスをチャーターして、この予約をして、色んな教会も見せて、色々見せようと思っていたのが、女の子たちは羊の前にずっと座って、「その方が良い」と言うのです。ですからその時に思いました、来年はどこにも行かずに、この私たちの修道院の中でキャンプをして、羊を何匹か連れてきて、それでその一週間のキャンプはその羊を触って終わりにしようと思いました。(-_-;)

この「子羊」としてこの世に、イエズス様が最初に提示されました。イエズス様、その「イエズス」というのはその意味は、優しい意味があります。聖ベルナルドは、イエズス様の聖なる聖名が、どれほど優しい甘美なものか、という事を説明したチャンピオンです。聖グリニョン・ド・モンフォールは、「イエズス様の行動、言葉、全てが優しい」と言っています。

イエズス様がまだ子供の時、赤ちゃんの時には、羊飼いたちが自分の寝ている元に来るように呼びました。この羊飼いたちは、この小さな赤ちゃんを見て、あまりにも美しかったので、もう動く事ができないほどでした、見とれてしまって。東の三人の博士たちも遠くからやって来ました。そこで馬小屋に寝かされていた幼子イエズス様を見るのですけれども、その時にはベッドさえもありませんでした。この子供を見て、博士たちは跪いて礼拝します。

イエズス様は御言葉においてもとても優しい方です。このように優しく語った人は、全人類でかつていませんでした。「一体この知恵はどこから来るのだろう?」と人々は言い合っていました。

イエズス様はその御行動においても優しかったのです。人々は何日でもイエズス様の後を付いて行きました。子供たちが特にそうです。子供たちはイエズス様を見ると、イエズス様の所に抱きついて行きました。ちょうど女の子たちが子羊がいたら、「羊ちゃん!」と言ってその周りを囲んだように、子供たちもイエズス様の前に、「イエズス様!」と言って、こうイエズス様の肩に、ここにも、ここにも、ここにも、子供たちでいっぱいでした。すると使徒たちは本当にびっくりして、「あ!」この子供たちを遠ざけます、「シッシッシ!」するとイエズス様は、そのような使徒たちを怒って、「子供たちを私から離してはいけない。天の国はこのような者の為だ」と言いました。この世の捨てられたような人々、かわいそうな惨めな人々、そういう弱い人々の所にイエズス様はいて、とても優しく取り扱いました。

このイエズス様の優しさが最も光り輝いたのは、罪人に対してそうでした。イエズス様がマリア・マグダレナを回心させた時、どのように優しかったか、という事を去年黙想しました。イエズス様は例えで放蕩息子の話をしました。

イエズス様の事を黙想する時には、その「イエズス様の優しさ」という事をいつも頭に入れて下さい。イエズス様のこの優しさ、それ自体、それを考えて下さい。

イエズス様はこの地上にいる時だけ優しくて、地上にいなくなって天国に行ったら優しくなくなった、という事はありません。天国に行っても優しくあり続けます。王の王、栄光の王であるイエズス様は、だからといって私たちから遠く離れているというわけではありません。最も、イエズス様の日々、今でも続くその優しさは、「御聖体」です。この甘美なホスチア、イエズス様がこんな小さなパンになっておられる、子羊よりももっと小さなパンです。こんなにこの弱々しい、か弱いパンです。風が吹いたら本当にパッと飛んでしまうようなホスチアです。水をかければ溶けてしまうホスチアです。こんなにもう壊れやすい、こんなに小さなホスチアに、イエズス様はなってしまいました。

そのようなイエズス様の優しさを、御聖体拝領の時に考えて下さい。「見て、このイエズス様が、私たちの主が、どれほど甘美であるか、来て味わってみよ。」

聖グリニョンド・モンフォールの最期もそうでした、「イエズス様が優しさでいっぱいだ」と言います。1716年、御説教をしながら聖グリニョンド・モンフォールは亡くなります。4月28日に亡くなります。御説教をしながら倒れてしまいます。教会の中でこうちょっと横たわるように運ばれました。教会は人でいっぱいでした。「グリニョンド・モンフォールはもうこれで亡くなってしまう、死んでしまう」と思われました。と、突然、グリニョンド・モンフォールは立ち上がって、でもこの臨終のこの悶えの苦しみだと知ってしまいました。そしてその臨終の悶えの中で立ち上がって、説教台に戻ります。もう一度、信徒の人々に語りかけます。そして「イエズス様がどれほど甘美であるか」という事を語って、震えながら、イエズス様がどれほど甘美であるかという事を話しました。その聖グリニョンド・モンフォールの熱情と、その確信と、その愛に打たれて、多くの人が回心しました。そしてこれを話し終えると、説教台から倒れてしまって、そして亡くなりました。

では、アドバイスをするのを許して下さい。イエズス様の玄義を、神秘を、どうやって黙想したら良いでしょうか?

もちろん聖イグナチオの黙想会、霊操をするのはとても良いのですけれども、それがいつも毎日やる事はできません。皆さん、ですからその代わりに福音書を、聖書を全部というよりは福音書を開いて、そのイエズス様の御生涯の最初から最後まで、どのところでも良いのでご覧になって下さい。

ルフェーブル大司教様が勧めたやり方は、「イエズス様の御生涯を、典礼暦年と合わせて黙想する」という事です。毎週主日には別の福音書があります。教会の典礼に従って、一年を通して、イエズス様の御誕生からその生涯を、全生涯を黙想するという、教会がやっているリズムに従って黙想する、というやり方です。これはイエズス様の神秘の中に深く入る完璧なやり方です。

そして聖グリニョン・ド・モンフォールは、「マリア様を通して、イエズス様の神秘の中に入るのが良い」と言います。このマリア様を通してイエズス様の玄義に行くには、「ロザリオ」が一番良いのです。ロザリオには15の玄義があります。もちろんイエズス様の全ての玄義が含まれているわけではないのですけれども、最も大切な15玄義であって、天国に行くにはこれで十分です。イエズス様の神秘を深く知り、そのイエズス様の御生涯を深く知るに十分な玄義です。15の玄義には信仰の最も重要な玄義が含まれています。私たちの救霊を確実にする為に必要な全ての玄義が入っています。

ですから私たちは、光の玄義については嫌っています。なぜかというと、ロザリオがそれによって破壊されてしまうからです。マリア様は聖ドミニコに現れて、「15玄義」のロザリオを与えて下さいました。マリア様が与えたのは15玄義であって、20玄義でも50玄義でもありませんでした。「喜び」「苦しみ」そして「栄え」です。

『喜びの玄義』これは何を黙想するかというと、イエズス様のいらっしゃる、私たちの元にいらっしゃる事です。私たちの人生の中心、センターは、人間ではなく、この地上ではなくて、イエズス・キリストである、という事です。

喜びの玄義は、私たちの眼差しを、イエズス様にしっかりと結び付けます。喜びの玄義は、私たちの生きている現代の幻想に対する強力な武器になります。なぜかというと、現代人の中心は人間です。そしてこの地上での小さな天国です。あるいはビジネス、いつも自分の周りだけの、自分の喜びや、自分の楽しみや、お金を考えています。服や、休暇や、バケーションや、車や、あるいは自分の美しい髪の毛や、ファッションや、流行や、でも喜びの玄義は、「いや、違う」と言います。

喜びの玄義は、「この世の中心は、イエズス・キリストにある」と教えます。天からやって来た真の天主、そしてどこにいても、イエズス様が来れば聖化される。例えば、お母さんの胎内にいながらも聖化された、洗者聖ヨハネ。

イエズス様は、単なる教義の文字や、その法律や、ルールではなくて、可愛らしい、愛に満ちた、幼い子供として、生きている人間、真の人となった天主、イエズス様の御生涯は、全てその優しさと、柔和と、甘美さに満ちておられた。

聖アウグスティヌスによると、「キリスト教の核心とはこれである。つまり、天主が人となった。それは人が天主となる事ができるように。」

「この世は、最も深い暗闇の中にいる。幸せもなく、本当の喜びもなく、本当の光もなく。しかし突然、光が現れた。眩しい光が、闇に輝いた。そして真理によって、この闇を満たした。意志は強められ、冷たい私たちの心は愛に温められ、その光は私たちの本当の人生の意味を明らかにしてくれる。この光は私たちを魅惑させる。そして私たち自身も光となるようにさせる。ですから、この世の中心というのは、マリア様を通して来られた真の世の光、イエズス・キリストである。」

もしも、喜びの玄義が私たちの眼差しをイエズス様の方に固定させるとすると、『苦しみの玄義』は、私たちがこの世をどのように歩まねばならないか、その道を教えてくれます。この世に生きる、私たちの守るべき掟は、「自分の十字架をとってイエズスに従え」です。

この私たちがこの世で何をするにも、しなければならない事は、「愛する」という事です。皆さんが何をするにも、台所で料理をするにも、家をお掃除するにも、トイレをきれいにするにも、最も大切なのは、「それを愛を込めてする」という事です。「愛する」という事は「自分を忘れる」という事です、「自分の事を忘れる」という事です。ですから「愛する」という事は、「常に誰かの為に苦しむ」という事です。また「私自身も捧げて、この世の救いの為に苦しむ」という事です。

この地上は、私たちの霊魂を地獄に落とそうとしている、一生懸命になっている悪魔の働く場所でもありますから、私たちはその悪魔と戦わなければなりません。「戦う」という事は、「苦しむ」という事でもあります。「悪に対して戦う」、つまり「苦しみ」が待っています。

原罪の傷の残り、あるいは自分の中にある自己愛を綺麗にしなければなりません。これもやはり「戦い」です。

人生の長きに渡る十字架を担いで行くという事で、落胆したり、失望してはいけません。イエズス様は見本を示したのですから、苦しみの玄義は私たちに、苦しみについて失望したり、がっかりして落胆してしまわない動機を与えてくれます。イエズス様は私たちを愛するが為に苦しみを受けたので、私たちは苦しみの玄義によって、愛する事を学びます。この愛する事を学ぶ事によって、愛の掟、最も大切な掟について学びます。

『栄えの玄義』は、私たちの究極の目的を教えてくれます。この栄えの玄義は、この現代の世界の嘘について、この地上こそが究極の目的であって、この地上の楽しみだけしかない、という嘘についての武器を与えてくれます。栄えの玄義は私たちに、「永遠の命こそが究極の目的である」という事を教えて、「私たちの完璧な満足はそこにある」という事を教えます。

これが、私たちの宗教と他の宗教の違いです。他の宗教は、「死」という問題と直面しています。なぜならば、他の宗教には解決策がないからです。他の宗教は、「死にたくない」と思いますが、しかし私たちは、「永遠に天主を愛したい、というそれへの始まりだ」と思っています。

この「復活」というのは幻想ではありません。イエズス様の真の復活がそれを証明しています。そしてこのイエズス様の凱旋に、私たちは将来与るのです。

これを見ると、この「喜び」、「苦しみ」、「栄え」は、「出発点」であるのと、その「道」と、そしてその「到着点」、3つに対応している事が理解できます。

出発点というのは、イエズス様が私たちの元に来られたという事です。

私たちの目はもっとイエズス様の方に注目します。イエズス様は、その優しさと、柔和さ、甘美さによって、私たちをますます引き寄せます。私たちの道は、イエズス様の十字架の道に参与する事です。日々イエズス様の後を、十字架を担って付いて行く事です。

私たちの究極点は、永遠の命であり、これは栄えの玄義です。

この3つの絵で出来ているこの美術品のようなロザリオは、私たちが間違った道に歩む事がないように守ってくれます。そしてこの3つの段階は全て、マリア様を通して、マリア様によって、黙想します。聖グリニョン・ド・モンフォールは言います、「右手には十字架像、左手にはロザリオ」ロザリオというのは、イエズス様に近寄る全ての方法ですけれども、マリア様を通して近寄る方法です。

今、残念ながら日本語訳でこう皆さんに読んでもらう事ができないので、今回はこの30分の間、読む代わりに、ロザリオの喜びの玄義の5つの玄義を黙想する事を提案します。この10回めでたしを唱えるという事よりは、その玄義を黙想する事にして下さい。声を出すのではなくて、もちろんめでたしをこのメロディーのようにバックグラウンドのように心の中で唱える事はできますけれども、この玄義に注目なさって下さい。あるいは新約聖書の聖ルカの福音の最初の2章を黙想する事ができます。
コメント

聖ピオ十世会日本:2019年1月の聖伝のミサ報告 Report on the SSPX Japan Traditional Latin Masses in January 2019

2019年01月20日 | 聖ピオ十世会関連のニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

今回は、大阪では御聖体降福式と「踏み絵の償いの式」を行いました。
過去の一部の人々によって、私たちの先祖の多くがこれに苦しみました。私たちはその一部の人々に代わって、イエズス・キリストが受けた侮辱と冒涜を償いたいと願っています。
天主の御旗である十字架像や天主の御母の御影が、正当な理由もなく、毎年足踏みにされ続け、天主の御旗である十字架が日本であたかも禁止され続けてきたことを償いたいと思います。
アルファでありオメガである、天地を主宰する歴史の主イエズス・キリストが、私たちのつたない愛と真心と償いの行為を顧みてくださいますように!

私たちが十字架を崇めれば崇めるほど、私たちの主イエズス・キリストは、世界中の人々の心を例外なく動かして、私たちの祖国の日章旗 (日の丸)も旭日旗もを名誉あるものとして下さると信じています。

真の天主であるイエズス・キリストを愛する者こそ、真の愛国者であると確信しています。不幸にしてイエズス・キリストを迫害するものは、残念ながら、自分を傷つけて破壊し、長い歴史の観点で日本の福利を阻止するだけに終わってしまうからです。

東京では、3月に2歳になる赤ちゃんミカエル君が洗礼を受けました。今回初めて聖伝のミサに与る方々もいらっしゃりました。大変うれしく思います!
東京でもミサの後に毎年恒例の「踏み絵の償いの式」を行いました。

次回は大阪では2月1日、2日です。
東京では、2月3日(主日)と4日です。2月3日はシュテーリン神父様が来日されます。多くの愛する兄弟姉妹の皆様がいらっしゃることをお願いいたします。

天主様の祝福が豊かにありますように!

トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)

【報告】【大阪】
アヴェ・マリア・インマクラータ!

大阪でのミッションありがとうございました。
13日と、18日、19日の御ミサの報告をお送り致します。

13日主日(聖家族の祝日)のミサには19人が、
18日 ご公現後第一主日の平日のミサには10人、
19日 聖母の土曜日のミサには12に人が御ミサに与るお恵みを頂きました。デオグラチアス!

13日の聖家族の御ミサでは、ワリエ神父様は飛行機の出発のお時間に余裕がなかったにも関わらず、いつものように歌ミサをあげてくださいました。韓国の主日のミサの後に来日下さるという大きな犠牲と愛徳に、感謝いたします。

聖家族が、試練と苦しみの中で、愛徳やすべての徳をつみまれたように、私達の家庭においても一度限りの愛徳ではなく、日常的に、継続的に、忍耐を通して天国へ行くために必要な愛徳を身に付けなければいけないと、お説教を頂きました。

聖家族が天主であり完全な無限の徳をお持ちのイエズス様と、特別な恩寵に溢れていたマリア様、天主の養父に選ばれたヨゼフ様だからと言って、そのご生活が忍耐の無い、安易なものではなかったとお聞きしたときに、30年ほどの聖家族の隠れたご生活を私達はどれほど見習わなければならないかと感じました。

18日(金) ご公現後第一主日が聖家族の祝日に定められてから、その後の平日にこのミサを挙げるように定められたので、大阪ではこの金曜日にご公現後第一主日のミサを挙げることになりました。平日のミサを歌ミサですることは余りないようで、貴重な経験をさせて頂きました。

お説教で、ご公現はイエズス様がご自身が天主である事を公に示されたように、12歳の時、エルザレムの神殿で発見された時も、ヨルダン川で洗礼を受けられた時も、カナの婚宴の時も、ご自分が天主である事を示された事をお聞きしたので、ご公現後の主日のミサ中の福音や固有文に、神殿で見いだされた時や、カナの婚宴の福音の部分などが入っている理由がわかりました。

19日(土)は、聖母の土曜日の歌ミサの後、踏絵への接吻の償いをし、それからご聖体降福式をして頂きました。
お説教では、イエズス様が婚姻と家庭を聖化された事、また聖家族について黙想しました。
聖家族にてとって家庭の中心が天主であるイエズス様であったように、私達も家庭の中心に天主様をおき、30年間聖家族の中でヨゼフ様とマリア様に従われて家庭を聖化されたイエズス様と、勤勉に働き、マリア様とイエズス様を愛されたヨゼフ様と、家長であるヨゼフ様に尊敬をもって従われたマリア様に倣って各々の家庭を小さなベトレヘムとし、私達の家庭も聖化されるよう、マリア様にお祈りしました。

『私達の中心がミサと御聖体であるように』とも、神父様は仰いました。この事を深く黙想したことは、私の家族にとっても大きな慰めとなりました。
御ミサが終わり、口では表す事の出来ない幸福感を味わいながら、私の心に居て下さるイエズス様に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
この二日間頂いた全ての恵みをマリア様を通して感謝します。

至聖なるイエズスの聖心我らを憐み給え
聖母の汚れなき御心よ我らのために祈り給え

【報告】【東京】
Dear Fr Onoda:

今日の東京でのミサの参列者数は下記の通りです。

ミサの参列者数
男: 31人(内、子供7人)
女: 31人(内、子供5人)
計: 62人(内、子供12人)

【報告】【東京】
アヴェ・マリア・インマクラータ!

今日のお説教ありがとうございます。
私は、思い出して味わっているうちに、なぜかわからないけれど、家に帰ったらすぐ雅歌を読みたい、と、思いました。そして、やっぱり雅歌には、ぶどう酒のことがありました。ぶどう酒より まさるもの!と。
天主と人との愛は、ぶどう酒にもまさる味わい・・。
ぶどう酒のとても素晴らしいお話に魅了されたからだと 思いました。
上手く伝えられないのですが、結婚は天主と人との愛の比喩でもあるという表現が、思い出されます。もちろんお話から、伝わってくる結婚の意義とか実際のこととかも、これまで聞いたなかで、いちばんよかったです、だからこそ、雅歌のことを 思い出したのかもしれません。
いつもありがとうございます。

聖マリアの御心のうちに
コメント

御公現後第二主日の聖伝のミサ(ラテン語ミサ、旧典礼のミサ、トリエント・ミサ)の固有文のテキストをご紹介いたします。

2019年01月19日 | カトリックとは

アヴェ・マリア・インマクラータ!
愛する兄弟姉妹の皆様、
明日、2019年1月20日御公現後第二主日(二級祝日 緑)のミサの固有文のテキストをご紹介いたします。

ミサ聖祭
本日のミサの<聖福音>は、天主の御子としてイエズスが、光栄をあらわし給うたことを語る。カナの婚筵のときのイエズスの奇蹟は、物質を超越する御力を示すが、しかし、われらは、この奇蹟がまた、聖体の前表であることを認めねばならぬ。

Dominica Secunda post Epiphaniam 御公現後第二主日
II Classis 二級祝日
Ant. ad Introitum. Ps. 65, 4. 入祭文  詩篇 65ノ4
Omnis terra adóret te, Deus, et psallat tibi : psalmum dicat nómini tuo, Altíssime. 天主よ、全地は御身を礼拝し、御身に詩篇を唱えんことを。いと高きものよ、御身の御名に詩をうたわんことを。
Ps. ibid., 1-2. 詩篇 65ノ1-2
Iubiláte Deo, omnis terra, psalmum dícite nómini eius : date glóriam laudi eius. 全地よ、天主に言祝げ、その御名に詩をうたえ。主の誉れに栄光を与えよ。
V/.Glória Patri. V/. 父と子と聖霊とに・・・(栄唱)
Omnis terra adóret te, Deus, et psallat tibi : psalmum dicat nómini tuo, Altíssime. 天主よ、全地は御身を礼拝し、御身に詩篇を唱えんことを。いと高きものよ、御身の御名に詩をうたわんことを。
Oratio. 集祷文
Omnípotens sempitérne Deus, qui cœléstia simul et terréna moderáris : supplicatiónes pópuli tui cleménter exáudi ; et pacem tuam nostris concéde tempóribus. Per Dóminum. 全能永遠の天主よ、御身は天と地とを同時に統治し給うなり、仁慈もて御身の民の懇願を聞きいれ給え、かつ、われらの時代に御身の平和を与え給え。天主として、聖霊との一致において、御身と共に世々に生きかつ治め給うわれらの主、聖子、イエズス・キリストによりて。
Léctio Epístolæ beáti Páuli Apóstoli ad Romános. 使徒聖パウロの、ローマ人への書簡の朗読。
Rom. 12, 6-16. ローマ 12ノ6-16
Fratres : Habéntes donatiónes secúndum grátiam, quæ data est nobis, differéntes : sive prophétiam secúndum ratiónem fídei, sive ministérium in ministrándo, sive qui docet in doctrína, qui exhortátur in exhortándo, qui tríbuit in simplicitáte, qui præest in sollicitúdine, qui miserétur in hilaritáte. Diléctio sine simulatióne. Odiéntes malum, adhæréntes bono : Caritáte fraternitátis ínvicem diligéntes : Honóre ínvicem præveniéntes : Sollicitúdine non pigri : Spíritu fervéntes : Dómino serviéntes : Spe gaudéntes : In tribulatióne patiéntes : Oratióni instántes : Necessitátibus sanctórum communicántes : Hospitalitátem sectántes. Benedícite persequéntibus vos : benedícite, et nolíte maledícere. Gaudére cum gaudéntibus, flere cum fléntibus : Idípsum ínvicem sentiéntes : Non alta sapiéntes, sed humílibus consentiéntes. 兄弟たちよ、私たちが持っている特能は、われわれに与えられた聖寵にしたがって異なっている。或いは信仰の理にしたがって預言[の特能]を、或いは、聖役をなしつつ聖役を、或いは教えにおいて教える者、ありは勧めつつ勧める者、単純に分配する者、熱心において司る者、喜びにいて慈悲を行う者。愛にはいつわりがないように。悪を憎み、善に愛着せよ。兄弟の愛をもって互いに愛しあい、名誉については互いに譲りあい、勤めについてはゆるがせにせず、熱い心をもって、主の奴隷となれ、希望の喜びをもち、患難に耐え、祈りに倦(う)まず、聖徒の不足を補い、旅人をねんごろに扱え。あなたたちを迫害する人を祝福せよ、祝福して呪うな。喜ぶ人とともに喜び、泣く人とともに泣け。互いに心を一つにせよ。高ぶったことを望まず、低いことに甘んじ、自分を智者だと思うな。
Graduale. Ps. 106, 20-21. 昇階誦 詩編 106ノ20,21
Misit Dóminus verbum suum, et sanávit eos : et erípuit eos de intéritu eórum. 主は御言葉を遣わし、彼らを癒し、彼らをその亡びから救い上げ給うた。
V/. Confiteántur Dómino misericórdiæ eius : et mirabília eius fíliis hóminum. V/. 彼らは、主の御慈悲を、そして、人の子らのための主の不思議な御業を主に告白する。
Allelúia, allelúia. V/. Ps. 148, 2. アレルヤ、アレルヤ V/. 詩篇 148ノ2
Laudáte Dóminum, omnes Angeli eius : laudáte eum, omnes virtútes eius. Allelúia. 主の全ての天使たちよ、主をほめたたえよ、主の全ての能天使らよ、主をほめたたえよ、アレルヤ。
+ Sequéntia sancti Evangélii secundum Joánnem. ヨハネによる聖福音の続誦。
Ioann. 2, 1-11. ヨハネ 2ノ1-11
In illo témpore : Núptiæ factæ sunt in Cana Galilǽæ : et erat Mater Iesu ibi. Vocátus est autem et Iesus, et discípuli eius ad núptias. Et deficiénte vino, dicit Mater Iesu ad eum : Vinum non habent. Et dicit ei Iesus : Quid mihi et tibi est, mulier ? nondum venit hora mea. Dicit Mater eius minístris : Quodcúmque díxerit vobis, fácite. Erant autem ibi lapídeæ hýdriæ sex pósitæ secúndum purificatiónem Iudæórum, capiéntes síngulæ metrétas binas vel ternas. Dicit eis Iesus : Implete hýdrias aqua. Et implevérunt eas usque ad summum. Et dicit eis Iesus : Hauríte nunc, et ferte architriclíno. Et tulérunt. Ut autem gustávit architriclínus aquam vinum fáctam, et non sciébat unde esset, minístri autem sciébant, qui háuserant aquam : vocat sponsum architriclínus, et dicit ei : Omnis homo primum bonum vinum ponit : et cum inebriáti fúerint, tunc id, quod detérius est. Tu autem servásti bonum vinum usque adhuc. Hoc fecit inítium signórum Iesus in Cana Galilǽæ : et manifestávit glóriam suam, et credidérunt in eum discípuli eius. そのとき、ガリレアのカナに婚礼があって、イエズスの母はそこにいた。イエズスも、弟子たちとともに婚礼に招かれた。婚礼のぶどう酒が尽きたので、ぶどう酒がもうなかった。それで、母はイエズスに「彼らにはぶどう酒がありません」と言った。イエズスは「婦人よ、私とあなたとに、それがどうしたというのですか。私の時はまだ来ていない」と言い給うた。母は、下僕たちに「何でも彼が言うとおりにしなさい」と言った。そこには、ユダヤ人の潔めのためにそなえられた、三、四斗入りの石がめ六個があった。イエズスは下僕に「石がめに水を満たせ」と仰せられた。それで彼らは口まで満たした。また「では、汲んで、ふるまい頭(がしら)に持って行け」と仰せられたので、持って行った。ふるまい頭は、ぶどう酒になった水をなめて、―彼はそれがどこから来たかを知らなかったが、汲んだ下僕たちは知っていた―新郎(はなむこ)を呼んで言った、「たいていの人は、まず良いぶどう酒を出し、酔いがまわるころに、劣ったものを出すのに、あなたは、良いぶどう酒を今までとどめておいたのですね」。これは最初の奇蹟であった。イエズスは、これをガレリアのカナで行い、その栄光をあらわし給うた。弟子たちは彼を信じた。
Credo 信経
Ant. ad Offertorium. Ps. 65, 1-2 et 16. 奉献文 詩篇 65ノ1,2,16
Iubiláte Deo, univérsa terra : psalmum dícite nómini eius : veníte et audíte, et narrábo vobis, omnes qui timétis Deum, quanta fecit Dóminus ánimæ meæ, allelúia. 全ての地上よ、天主を喜びたたえよ、その御名に詩をうたえ。天主を畏れ奉る全ての者らよ、来て聞けよ、私はおまえたちに、どれほどのことを主が私たちの霊魂のために行い給うたかを語ろう、アレルヤ。
Secreta. 密誦
Oblata, Dómine, múnera sanctífica : nosque a peccatórum nostrórum máculis emúnda. Per Dóminum nostrum. 主よ、捧げられた供え物を聖化し、そしてわれらを我らの罪らのけがれより浄め給え。天主として、聖霊との一致において、御身とともに世々に・・・。
Praefatio de sanctissima Trinitate 三位一体と主日との序誦
Ant. ad Communionem. Ioann. 2, 7, 8, 9 et 10-11. 聖体拝領誦 ヨハネ2ノ7,8,9,10-11
Dicit Dóminus : Implete hýdrias aqua et ferte architriclíno. Cum gustásset architriclínus aquam vinum factam, dicit sponso : Servásti bonum vinum usque adhuc. Hoc signum fecit Iesus primum coram discípulis suis. 主は「石がめに水を満たし、ふるまい頭(がしら)に持って行け」と仰せられた。ふるまい頭は、ぶどう酒になった水をなめて「あなたは、今まで良いぶどう酒を残しておいたのですね」と新郎に言った。イエズスは、弟子たちの前で、この最初の奇蹟を行い給うたのである。
Postcommunio. 聖体拝領後の祈
Augeátur in nobis, quǽsumus, Dómine, tuæ virtútis operatio : ut divínis vegetáti sacraméntis, ad eórum promíssa capiénda, tuo múnere præparémur. Per Dóminum nostrum. 主よ、願わくは、御力を、われらの上に働かせ給え。こうして、主の聖寵に支えられ、神聖な秘蹟に養われたわれらに、約束のものを下し給え。天主として、聖霊との一致において、御身とともに世々に・・・。

Photo credit

Photo credit: By Giotto di Bondone

コメント

2016年聖母小黙想会 8月14日 シュテーリン神父様 ミサのお説教「聖マキシミリアノ・コルベ神父様に取り次ぎを求める」

2019年01月18日 | お説教・霊的講話
2016年8月14日(主日)聖母黙想会 聖霊降臨後第13主日のミサ
シュテーリン神父説教

同時通訳:小野田圭司神父


聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。

今日、75年前聖マキシミリアノ・コルベ神父様が殉教した、その今日まさにその日です。

今日から10日前、ちょうど一緒に監獄にいた一人の家族の父親が泣いていて、その飢餓室に行くのを苦しんでいて、「もしも自分が死んでしまったら、この家族はどうして生きていくか分からない!食べさせる事ができない!」と言うその父親の代わりに、自分を差し出したのでした。

そこでコルベ神父様は、他の9人の囚人たちと飢餓室に入れられて、自分たちが死ぬまで、何も食べる物もなく、飲む物も与えられませんでした。こうやって一人の囚人の命を助けたばかりか、一緒に死ぬ事になった9人の他の霊魂たちの永遠の命も救う事になりました。なぜかというと、もしもそうでなければ、この9人たちは絶望と、そして呪いと、恨みの内に死んでいた事でしょうから。

ところで、この飢餓室は、コルベ神父様が入った途端、全くその様相を変えてしまいました。なぜかというと、この部屋ではいつも、マリア様に対する聖歌、マリア様に対するお祈りがいつも満ちていたからです。この最後の飢餓室の殉教という事については、皆さんよく知られていますけれども、しかしこれは単に、コルベ神父様の全生涯の冠であって、最後に成し遂げたその事なのです。

このような行為をする事ができる為には、深い信仰がなければなりません。この深い信仰はまず、両親たちから、そしてカトリックの雰囲気に満たされたその自分の祖国から受け取りました。これは、信仰の真理を彼に教える事ができた健全な公教要理だけの話ではありません。そうではなくて、生ける信仰であって、信仰を生きていた家族のおかげです。

もしも皆さんが、そのような信仰の実りをもたらそうと思うのでしたら、信仰を生なければなりません。生ける信仰というのは、イエズス・キリスト様が、皆さんの家庭に生きておられるという事です。イエズス様がいるという事は、家族にとって、家族がミサの神秘、あるいは典礼の神秘、あるいはイエズス様のその玄義の中に深く入るように、霊魂たちを互いに準備する、という事です。

コルベ神父様が最初から聖人の位の高みに達していて、簡単に聖徳を受けたのではなくて、コルベ神父様が最初に与えられたのは、この深い確信でした。

実はコルベ神父様は、子供の時は本当に難しい聞かん坊で、やんちゃで、もうどうしようも手がつけられないような子供でしたが、そのような子供でも、勇敢に聖徳に向かって進んだので、そのような聖人になれたのです。それは私たちに希望を与えてくれます。

聖人たちというのは、天から降ってくるのではなくて、最初はみんな惨めな罪人です。ですから私たちは誰も、「あぁ、このコルベ神様は特別だ。あぁ私にはとてもできない」等と言う事はできません。なぜかというと、誰もが皆同じ状況に置かれてスタートするからです。マリア様だけを除いて例外として、私たちは皆全て、相応しくなく、資格もなく、惨めな罪人なのです。しかしこの最初に必要なのは、深い確信であって、この深い確信は、私は「生ける信仰」と言います。

たとえ自分が弱くて、天主の十戒を守る事ができなくても、天主の掟を守る事ができなくても、しかし彼は、「しかしこれはしなければならない。これこそが道だ」と知っていました、確信していました。

では、私たちの信仰が深まる為には、どうやってそれを養ったら良いでしょうか?

コルベ神父様はどうしたでしょうか。
まず第1に、コルベ神父様は、絶対的な確信を持っていました。その確信は、「イエズス様が、私たちの心に、そしてカトリック教会に、そして御聖櫃の中に真に在し、現存し給う」という確信です。
第2に、「この人生は非常に短くて、この人生の間には戦わなければならない」と確信していました。この戦いというのは、イエズス様の為の戦いであって、悪魔に敵対する戦いです。
第3に、コルベ神父様は、マリア様が私たちの人生において果たす、非常に極めて高い役割について確信していました。これが理由で私たちは、秋田と、この今も聖母の黙想会をしているのです。深い確信を持って、私たちの心の中に、そして頭の中に、そして精神の中に、それを染み通らせて下さい。

私は皆さんが、聖人である皆さんがここに来ているとは期待していません。もしも皆さんが既に聖人の位の地位に達していたら、ここに来る必要はなかったでしょう。

コルベ神父様がこの確信を持ってやった事は、その第2にやった事は、「この確信を実践に移した」という事です。まず、「やるべき事は何か」という事をよく知り、次に、「自分ではそれができない」という事をよく分かりました。

皆さんも同じ事を思っていると思います。私たちがしなければならない事、美しい聖人たちの模範、その高貴な理想、その私たちがなすべき事に比べると、私自身の持っている絶対的な全面的な無能さ、不可能さを前に、その乖離に驚きます。

このジレンマ、この違いの大きさの前に、私たちの態度は2つしかありません。1つは傲慢、もう1つは謙遜です。

傲慢は、「これは私は同意しない。その事はあり得ない。」そこで、「そんな事はあり得ない。私は自分でこの高みに達する事ができる」と思う事です。あるいは、「あぁ、結局私にはそんな事はできない」と弱気になってしまう、「あぁ、私にはとってもできない。あぁ、もうそんなのは遠いこの誰かの話で、私にはダメだ」と言って、がっかりして、落胆して、絶望してしまう事です。皆さんの生活をよく吟味すると、この2つの極端、このやり方がよくたくさん起こっている事に気付くでしょう。

何度私たちはがっかりして、失望してしまった事でしょうか。何度私たちは怒って、「あぁ、できなかった!何だ!」と自分を叱ったでしょうか。この事をコルベ神父様は、「臭い傲慢」「鼻につく傲慢」と言っていました。

ところが、謙遜の態度はこれとは違っています。この謙遜の態度は、このできないものすごい距離があるのを見て、お母さんに行きます。「マリア様は私たちを助ける事ができる」という確信と、「助けたいと思っている」という確信を持って行きます。

この「マリア様に行く」という態度は、コルベ神父様は10歳の時に持っていました。その時に、コルベ神父様のお母さんはこのコルベ神父様について、「あぁ、こんなに悪い餓鬼はもう子供は、もう将来ヤクザになるか」と心配するほどでした。そこでコルベ神父様は子供の心でマリア様の方に行って、そのマリア様が助けてくれるように、マリア様によって良くなるように、と謙遜にお祈りしました。謙遜というのは、謙遜な祈りなしにはあり得ません。

マリア様はこれにどうやって答えるか知っていますか?マリア様はコルベ神父様の子供の頃に、2つの冠を持って現れました。既にマリア様は、コルベ神父様の後の殉教が起こる、という事を予告していました。コルベ神父様に2つの冠を見せたのは、2つの報いであって、戦いと苦しみの報いです。

この世に幻覚を幻想を持ってはいけません。この世にあるのは「戦い」、そしてあるいは「苦しみ」、この2つだからです。しかしこの戦いと苦しみの後には、栄冠が待っている、「永遠の栄冠」が待っている。

コルベ神父様の答えは寛大でした、「私は2つ欲しい。」

こうやって、天主様は私たちを聖人に作り上げるのです。コルベ神父様が「2つ欲しい」と言った時に、「天主の御旨を果たさなければならない」と知っていました。天主の御旨を果たすという事は、「インマクラータの御旨を果たす」という事です。なぜかというと、無原罪の聖母インマクラータは、天主の御旨をいつも必ず果たすからです。

ですから、自分に信頼する、自分を信じるというよりは、「マリア様を信じ、信頼する」という事です。自分の感情とか、あるいは自分の気まぐれな思いつきや、自分の自己利益に従うのではない、という事です。必ずいつも、マリア様の御旨を求めるという事です。これは従順の徳です。この従順の徳なしに聖人にはなれません。

コルベ神父様は従順が何か知っていました。本当の従順が何か。本当の従順とは、「インマクラータを通して、天主に従順である」という事です。天主、そしてインマクラータの御旨というのは、「掟を守る」という事です。「教会の掟を守る、合法的な長上の明確な命令を果たす」という事です。そして「天主が私たちに与えるその状況に従う」という事です。そして自分のやりたい、自分の意思を全て放棄して、マリア様の御旨を、マリア様のお望みを果たす、という事で、非常に喜んでいました。たとえそれが自分にとって高い支払いをしなければならないとしても。

この事を、「愛」と言います。愛というのは、感情的なこう感傷的なフィーリングではなくて、「天主の御旨を果たす」というところにあります。

コルベ神父様は、現代的な私たちが聖人になる為のプログラムを与えています。75年前の話、まだ私たちの両親が生きている時代の話です。つまり現代の私たちの同時代の人です。難しい時代に生きた人です。こうして、コルベ神父様がどうやって生きたのか、そのどれほどマリア様に祈っていたのか、という事を見ながら、私たち自身のものとして、聖人になる事ができます。

もしも皆さん今日の集祷文をご覧になるなら、集祷文の中には、「私たちの信仰・希望・愛を増やして下さい」とあります。これをマキシミリアノ・コルベ神父の生涯の光を照らして、その角度で見ると、コルベ神父様がそれを求めたのみならず、それを実践したと分かります。

コルベ神父様は力強い取次ぎ者でもあります。コルベ神父様が創立した、聖母の「無原罪の聖母の騎士」の会員である、皆さんは全て会員である、という事を知って、コルベ神様はどれほどお喜びになっている事でしょうか。生ける聖母の、無原罪の聖母の騎士として、皆さんがもっと寛大な心でコルベ神父様に求めるならば、きっと喜んで取り次いで下さる事でしょう。この混乱の中において、信仰がますます深まり、成長するでしょう。インマクラータに対する愛も成長するでしょう。そして私たちも全て、永遠の命の冠を頂く事になるでしょう。

聖父と聖子と聖霊との御名によりて、アーメン。
コメント