すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

やさしさがたりない

2011-11-30 21:27:19 | じいとんばあ
 きつい嫁だ がいな嫁だと言われて
 それでも たった一人で介護する
 それは きれいごとじゃ終われない
 表向きの 可愛さだけでは乗り越えられない

 孝行息子はいるけれど
 口は出すけど 手は出さない
 お前に任すの一言で 妻は一人で介護する

 どんなに頑張ったって 病気もする
 どんなに気をつけたって 怪我もする

 自宅で看るって言うたじゃないか
 施設に入れるって言うたじゃないか
 何で連れて来たんぞって言わんばかりの 
 不機嫌な医師の態度
 ここは・・・救急病院じゃないのか
 怪我人や病人は連れてきてはいけないのか

 施設もスタッフが揃わない 育たない 居つかない
 だから 困難事例は敬遠される
 大変な人は 介護できない 
 動かない 騒がない 文句を言わない
 そんな人は大歓迎
 けれど 大変な人だから 家族は苦労するのだ

 やさしさがたりない
 やさしさも 口で言うほど簡単じゃなくて
 当然 自己犠牲も発生する

 だけど・・・
 せめて プロは頑張ろう
 家族っていうだけで プロ以上の苦労をするのは
 当たり前ではないと思う
 だって・・・ 誰を頼ればいいの?


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)