すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

人事異動

2010-09-30 21:51:06 | ひとりごと
 会社に勤めていると人事異動はつきものである。しかし、こんな中途半端な時期のしかも大勢の人事異動は珍しい。
 大体うちの会社はおかしい。人事異動ともなれば引継ぎの問題もあるのに、本当に秘密であり本人に伝わるのも遅ければ、現場に伝わるのは数日前。ひどい時は当日である。
 かつて私が異動になったときも
 「絶対他言無用。」
と念を押された。当時夜勤をしていたのに、急に夜勤できる人間が減るのは現場も困るであろうし、担当様のことも引継ぎしたかったが、夜逃げのように夜勤の合間に荷造りした。それでもこっそり数名には伝えてはいたが、現場は困ったことだろう。
 今回は13名という人数がシャッフルされた。しかも聞いたのが先週(うちにしては早いほうだ)。本人は知っていても、自分以外の異動が分からないのだから、引継ぎしようがない。しかも、事務職同士ならいざ知らず、現場はすぐに動かなければならないので、どちらかが引き継ごうにも会えない。事務職も引き継ぎなしに前任者をヘルパーだ、介護士だに取られると、パソコンや書類を前に呆然とするしかない。
 そして、公休の問題もある。うちの職場は普通の会社と違って基本土日が休みなのはデイサービスと事務所くらいで、後はランダムである。だから前もって希望を出してシフトを組んでもらう。その場合、現場のもの同士でかぶらないように調整するが、異動になるとそれも混乱する。予定があって必要だった休みが、取れなくなることもある。親の通院介助などは何とか入れてもらえるように現場に掛け合う人もいる。
 うちの事務所は二人しかいないこともあって今回は異動はなかった。(ケアマネ自体が限られていることもある)しかし、もしこんなやり方で異動が決まると、自分も困るが私の後の人も恐ろしいことになる。自分の仕事も回らないのに、この上引継ぎなんて考えるとぞっとする。
 みんなが少しでも混乱なく現場に慣れますように・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

膝と腰と左足が~~

2010-09-28 22:48:09 | ひとりごと
 介護職ではないのに、最近身体が辛い。昨日夕方の会議中、じっと座っているだけで、膝・腰、付け根から大腿部がしびれるような痛いような・・・。どこかが障っているのだろうが、多分腰かなと思う。
 今日はキヨちゃんがデイサービスなので、私が留守番。少しだけ朝寝坊。仕事が追いつかないので、主治医意見書の閲覧に1時間半を費やす。(保健センターが隣町なので、それに時間を取られると、その日の仕事が大幅にロスするのと、明日訪問するまでに把握する必要があった)。それから、キヨちゃんに頼まれた薬を取りに行き、苗物や食料品の買出し、車の傷の修理に行った。
 車のメンテナンス中に足腰が辛くなったので、整体にメールしたが生憎いっぱい。
 薬局でゴキブリの薬を買いながら(犬や猫がいるのでホウ酸団子は怖くて使えない。プラスチックに入ったものを、手の届かないところに使う)、いっそバルサンしてしまおうと考える。昔、アパートでして以来なので薬剤師さんに注意を聞く。
 「精密機械は支障があるので、袋に入れてきちんと蓋をしてください。衣類などは煙がかからないほうがいいですね。」
などなど、注意があったが食料品は
 「極端な話、バルサン炊いてる隣でご飯を食べていても死にませんから。」
と言う大胆な台詞。・・・大丈夫なのか?
 とにかくいっぺんにすることはあきらめて、離れにパソコンやリモコン類は移動。テレビやデッキ類は出来るだけビニールで覆った。バルサンを炊いて放置2時間だが、キヨちゃんが帰ってくるのでフライング気味に開放。僅かにゴキブリ3匹とムカデが1匹死んでいた。少ないと効いてないのか不安になる。といって大量に死んでいたら、それはそれでこんなにいたのか・・・と不安になる。はたまた、見えないところで死んでいたら・・と不安になる。
 痛みは首と肩にも広がっている。全部左。薬を塗って寝よう。月末後二日、頑張らなくちゃ。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)   トラックバック (1)

そりゃないよ~

2010-09-27 21:21:57 | ひとりごと
 昨日は頑張って1時間半早く出勤した。その分夜は早く帰れると、頑張って仕事した。仕事量が多いので、本当はもう少し頑張ろうと思ったけれど、キヨちゃんが待っているからと6時半には仕事を終えた。残業1時間。
 大急ぎで着替えて退社。意気揚々と帰るとキヨちゃんが一言。
 「早う出て行っても、結果は同じやないか。」
・・・・。早うもんてきたやん・・・。
 今朝は気持ちが萎えて起きられず。それでも20分早く出社。結局19時半までかかる。まあ、この月末に1時間会議があったのも大きい。
 ああ、明日は休みだけれど、身体休められるかな。


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

ツイッター程度の書き込みに・・・

2010-09-25 23:16:08 | ひとりごと
 しんどい。仕事が追いつかない。今日も頑張ったのだが、きりのいいところまで出来ない。いっそ、一人ならもう少し頑張って二三日精一杯残業すれば、少しは追いつくと思うのだが、待っているキヨちゃんを思うと、なかなか・・・。
 明日はもし起きられたら、早めに出社しよう。残業よりキヨちゃんも喜ぶかも。大丈夫かな・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

寒いから

2010-09-24 21:42:20 | ひとりごと
今日も残業(ToT)
寒くなってきたので、リュウもくろべえも甘えん坊(^-^)
明日も頑張らなきゃ。
コメント (3)

さんまさん、ありがとう!

2010-09-22 22:11:24 | ひとりごと
 今日はデイサービスの監査だった。居宅もいずれあるから、同席して見学しろ・・・とのことだったので、手分けして監査に参加した。
 半日はそれで潰れるので、残業は必至。キヨちゃんには
 「今日も遅くなる。」
と言って出勤した。
 仕事はどんどん忙しくなる。残業は当たり前で、当然手当てなんかない。勤務時間内に出来ないのが悪いのだろうが、どうやっても追いつかない。しかも、相談や新規契約や調査などの仕事に追われて、本来の業務が滞っているくらいだ。
 キヨちゃんが心細がるので、あんまり残業しないようにしても、常に1時間以上は当たり前で、最近は2時間以上になる。でも、少し頑張ってある程度しておかないと、月末なのに絶対に終わらない。いや、頑張っても出来るかどうか恐ろしく不安なのだ。
 20時15分、キヨちゃんから携帯に電話。
 「何時だと思ってるんじゃ!大概にしない!」
と私の言い分も聞かずに、ガチャリ。
 ・・・・。私だって残業なんかしたくないんだよ。残業続きのほかの部署の同僚が
 「家庭崩壊する・・・」
と言っていたのを思いだす。
 どうせ、今急いで仕事をあきらめて帰っても、キヨちゃんは怒ったままだろうからと、21時まで頑張った。結構はかどったけれど、まだ先が見えない・・・・。
 家に着くと、キヨちゃんは少し落ち着いていたけれど、まだ気まずい雰囲気だった。食事をいつもは食卓でするのを、キヨちゃんがテレビを見ているそばで食べた。ちょうど、さんまさんの「ほんまでっかTV」をしていた。
 そのテレビを観ながら、キヨちゃんは大笑い。一緒に笑ったお陰で、気まずさがなくなった。
 ありがとう!さんまさん!
 母ちゃん、ごめんね。私も本当は早く帰りたいよ。でも、仕方ないんだよ・・・・。


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (4)

山猿キヨちゃん

2010-09-20 21:15:19 | うちのキヨちゃん
 うちのキヨちゃんは小さくて身が軽い。以前は雨が降ると
 「今だ!」
と屋根に上って屋根を洗うなんてことをしては、父に叱られていた。
 最近、病気を機に「無理をしない」と決めているキヨちゃんであるが、世間が敬老会をしているこの時期、山の急斜面を登って草刈りときたもんだ。

 
 どこにいるかお分かりだろうか?では、拡大写真を・・・。



 危ないなあと思いつつ、下から声をかけると
 「母ちゃんが上におる時は、何がまくれて(転がり落ちて)くるか分からんのじゃけん、危ないけん、どけ!」
と怒られた。
 やれやれ、どっちがじゃ・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (4)

誰か教えてよ!

2010-09-18 21:27:34 | ひとりごと
 今日はキヨちゃんと父の墓参りの後、私がメンテナンスしてきた。先日から膝の痛みをかばったせいか、腰や足全体が重だるく痛かった。さすがに、整体は堪えた。これは普段の手入れ不足のせいなのだが、ついつい最近仕事も忙しく、滞りがち。
 その後買い物をしていたキヨちゃんを拾って帰る。午後からは親戚の家に行く予定だったので、親戚の分も花を買いに走った。
 戻って洗面台で顔を見てぎょっとした。何故なら目の下が恐ろしいほどの隈だったからである。私は普段薄化粧である。薄化粧で大丈夫な容姿ではないのだが、下手なのと苦手なので、許されるならすっぴんで居たい方だ。そうもいかないので、ちょっぴりするのだが、眉毛とアイシャドーは書いておかないと「ここが目です」と分かって貰えない。
 その薄化粧のアイシャドーが、整体で痛みに顔をしかめたせいか、はたまたうつ伏せで施術してもらったからか、目の下にくっきり移っていたのだ。
 この顔で花屋により帰ってきたのだ。先生は気づかなかったろうか。よもや
 「ひどい疲れた顔だ」
と思ったのではなかろうか。花屋さんはいかに・・・?さながら「薬物常習者」のような顔で、笑顔で買い物したのは怖かったのでは???
 慌てて洗顔し、それから親戚へ。一軒目。なぜか誰もいなかった。婆ちゃんがひとり留守番していたが、物忘れがあるので分からない。この家はいつもオープンで鍵もかかっていないので、とりあえずお供え花を持って家に入った。洗濯機が回っている。子供たちのランドセルや、通学カバンが散乱しカバンの中身が飛び出している。畳み掛けの洗濯物。
 「大丈夫かな・・・。取るものも取らずに出たって感じ。」
 「何かあったろうか・・・。」
キヨちゃんと二人で、まさかと心配した。
 しばらくして子供たちをつれて孫嫁がもどる。どうやら若い方の婆ちゃんは離れた場所の畑に家事の途中で行ったに違いなかった。戻った子供たちに
 「カバン片付けろや。泥棒が入った後みたいやぞ。」
というと家族揃って、からからと笑った。おおらかなもんである。

 次の家も留守だったので、小太郎君と遊んで戻った。大きくなってもまだまだ甘えん坊。


 夜はキヨちゃんと「志村動物園」を見て二人して2時間泣きどおしだった。今夜は特にうちのくろべえやリュウが愛しく感じるな・・・。


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (5)

秋の気配

2010-09-17 22:17:24 | ひとりごと
 今日は走行距離の多い日だった。まず、かずら橋で有名な祖谷の養護老人ホームに認定調査に。午後、隣町の山頂に程近い場所のグループホームと、隣町の病院に認定調査に。それから担当様を回って帰ると、走行距離は80キロを過ぎていた。
 それから、帰ってデスクワークをしようとしてたら、掲示物の交換や撤去の指示が来た。敬老会が明後日ある。いつもなら別の会場だが、今年は私達の事務所がある建物になったのだ。
 お尻に火がついてからのバタバタ。19時半まで壁の掲示物を変えたり、古すぎてはがれなくなった物を薬などではがしていく。シンナー臭でくらくらした。しかも、反って見苦しい有様。明日幕でも張って貰わないと・・・。
 キヨちゃんが心配するので、今日は分かった時点で電話していた。夜は冷えるようになったからか、今夜は鍋焼きうどんだった。こういうものが美味しい季節になった。
 ふとテーブルを見ると、電気屋さんからのDM。それに、キヨちゃんの落書き??



 今日は石川遼くんのお誕生日だろうか?たぶん、

石川遼、ゴルフ、7月17 、19才、すだんじょう(多分、おたんじょうと買いたつもり) 、おめでとう

 と書かれていると思う。キヨちゃんは彼のファンだったのか?何だか、ラブレターの練習みたいで可愛い。
 私も負けてられないなあ・・・。





にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

あなまどい~前進座~

2010-09-16 22:16:39 | ひとりごと
 昨日は前進座の舞台観劇だった。作品は人情もの「あなまどい」である。

 あらすじを簡単に説明する。主人公の関蔵は徒士頭(かちがしら)である父久作と雨宿りをしていた。父久作は厳しいながらも心の優しい人であると、やり取りからうかがえる。
 そこへ足軽の金吾が病の妻を背負って通りかかる。上士に会えば平伏しなければならないのが掟。厳格な久作は「わずかな」時間、それを強いる。その後すぐ金吾の妻のためにかごを呼ぶように関蔵を走らせる。しかし、その間に妻は死んでしまう。
 怒った金吾は久作を切り捨て脱藩。そこから、あだ討ちの長い旅が始まる。新婚の妻を残し、結果実に34年の旅。その間、寝食にも苦労し身をやつしていく。
 一方妻も帰らぬ夫を待ち続け、家禄を預けた親類から生活費を止められながら34年の時間を過ごす。
 この後、様々な出会いや金吾との再会、そして戻ってからの話になるのだが・・・(長いので詳しくは調べてください)。
 あだ討ちは時代劇でもよく扱われるが、ルールは知らなかった。あだ討ちの申し立てが必要なこと、あだ討ちのあだ討ちは許されないことは知っていたが、あだ討ちを申し立て受理された途端、本懐遂げるまでもしくは相手の死が証明されるまで、帰ることが許されないことは知らなかった。だから、そのほとんどはあだ討ちできぬまま、帰宅することも出来ずに生涯を終えるのだという。
 そんな中で、新婚間もない妻を残して、それまで禄をいただいて食べていたのに、野菜を売ったり野宿をしたり物乞いをしたりしながら敵を探す。もはや武士の姿ではない。
 帰る当てのない夫を待ち続ける妻も凄いと思う。再会した時はお互いの顔も分からないほど年老いていた。
 話はこの二人の愛情が軸だが、長い年月を経て「会いたかった」と手を取り合う敵同士の孤独も胸を打つ。他の登場人物の有り様もそれぞれ深い。
 最前列のセンターなどという滅多にない席にあたり、俳優さんの目の中の涙のきらめきやはらりと落ちるさままで見て取れた。そして、34年と言う月日を見事に徐々に老けていく見事さ。見た目だけでなく、人生を通して人格なども変わっていく様が素晴らしい。
 久しぶりに感動した舞台だったので、涙があふれ、スタンディングオベーションで応えた。
この舞台の初演のあと、手をつないで帰るカップルが多かったという。残念!相手がいなかった。皆様、30年以上、誰かを待てますか??

*お昼ご飯。 見た目よりボリュームのあった丼。サラダバーと根菜類の沢山入ったスープがお変わり自由で640円。


*年甲斐もなく買ってしまった20%オフの秋物。



にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (5)