すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

妖怪キヨちゃん健在

2017-01-31 21:28:13 | うちのキヨちゃん
 仕事が月末でもあるのだが、なかなか終わらない。早く行ったり残業したりしているが、なかなかのことではない。
 実は事業所で計画して、実行しなくてはならない事があるのだが、ついつい後回しにしているうちに予定の時期を大幅に過ぎ、今日上から確認があった。言い訳できない、私の怠慢である。
 かと言って、では・・と出来るものでもないので、どうしたものかと考えただけで胃が痛くなった。
 そんな状態で仕事しつつ、明日も明後日も研修があるので、その分仕事しなくては・・・と19時半まで仕事して戻ったら、キヨちゃんは寝室。
 「ただいま・・・。」
のま~が届くかどうかのタイミングで、
 「もう8時が来るじゃないか!」
と一喝された。
 今日は言い返す元気も、謝る(必要はないけど)余裕もなく、そのまま黙って障子を閉めた。
 くりりんはこんな私を、洗濯ものを畳みながら待ってくれている。そして慰めてもくれる。くりりんがいるから、頑張れる・・・かな?

   

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

病人続き

2017-01-30 21:01:20 | ひとりごと
 昨日私はお休みで、友人と出掛けていた。観劇だったので、携帯はオフにしていたし、運転中は携帯を観る事もない。しかも日曜なので仕事がらみの連絡がある事は殆どないはずだった。
 そんなわけで、昨夜遅くなってからラインに気付く。それは担当様が調子悪いと言う内容だった。
 その方は前日会ったばかりで全く変わりなかったのだが、急に状態が変わったらしい。今日受診して検査しているが原因が分からない。しばらく入院して精査となったが、腑に落ちないやら心配やら。
 さらに仕事中にも他の担当様の入院連絡も入った。他にも小さい不調の連絡もあり、何だか・・・な状態だった。
 この季節、体調を崩しやいのだろうが、インフルエンザとか、転倒したとか、あきらかな原因の分かる事で無い話ばかりで、それが気持ち悪い。
 明日は病院巡りだ・・・。


にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キヨちゃんの長い一日

2017-01-28 23:13:42 | うちのキヨちゃん
今日は流石に残業になった。疲れて戻ると、
「今日は辛かった。」
とぼやくキヨちゃん。
てっきり私が遅いので拗ねたのかと思ったが、そうではなかった。
実は数日前、たまたま庭先で通りすがりのご住職にキヨちゃんは出会った。
「土曜午後からこの辺りの檀家さんのお経入れに回ります。」
ご住職はそう言ったらしい。
それでさっそくご近所に電話したものの、不安になったキヨちゃんは、
「すず、確認してくれ。」
とその日の夜私に言った。
そこで私はお寺に電話して、間違いないと確認しておいた。
さて、今朝は朝から準備した。すると、午前中ぽかぽか陽気で日向ぼっこしていたキヨちゃん、またまたご住職に遭遇。
「おはようございます。今日はお昼過ぎから伺います。」
ところが、仏間もちゃんと温めていたのに待てど暮らせどいらっしゃらない。
その内ご近所から、
「キヨちゃんどうなっとんで?」
と電話が続く。
だってだってそう言ったもん‼と言いたいキヨちゃんはオロオロ。
結局いらしたのは五時半だったらしい。
そもそも、たまたま会ったから親切で電話しただけのキヨちゃん、そりゃないぜ!である、
「ほんでも仏さん拝んでもらうんじゃけん、何も言わんと、お茶だして暫く話してもろた。」
文句も言わない健気なキヨちゃん。私なら嫌味の一つも言ったろうに。
しかし、長い一日だったろう。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日から今日の事

2017-01-27 21:54:31 | ひとりごと
 昨日は朝少しだけ早めに出勤してデスクワークと2軒訪問。それから、研修に出かけた。
 研修はお昼から夕方までだが、どれも先生の話がとても分かりやすくいい講義だった。最後の質疑応答で、
 「私たちケアマネは24時間対応ですが・・・。」
というコメントで始まったケアマネさんがいた。正直素直に凄いなあ・・・と感じた。
 本当はそうなんだろうし、そうあるべきなんだろうが、私は出来ていないし出来そうにないし、取り組む自信もない。ますます、自分の立ち位置が見えなくなった。
 17時前に会場を出る時、ラインをチェックすると半時間ほど前にくりりんが滋賀を出ていた。私の後を追いかけるように帰ってくるのだな・・・と思いつつ、高速道路を走って戻った。
 家に帰るとキヨちゃんがカレーを作ってくれていた。これなら、くりりんが食べて戻っても食べずに戻っても対応できる。
 そしてくりりんは20時半頃戻ってきた。ただし、その時私は疲れがどっと出て、居間に転がっている状態で、しばらく動けなかった。遠出していたのはくりりんの方で、しかも3日間雪かきだったので、私が疲れた・・・は悪い気もしたのだが、急に来るのだ、疲れ。
 それから今日は夜会社の遅れ馳せの新年会。なので、仕事も溜まりに溜まっているが、ほぼ残業もせず参加。役員さんは色々頑張ってくれ、若い子たちが「恋ダンス」も踊ってくれ楽しい会だった。ちょっとお店側の段取りの悪さがあったのが残念。くりりんにちょっとだけ、ケーキやお寿司を持ち帰りした。
 さて、明日早く行くか、残業するか今思案中である。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

それから

2017-01-25 19:23:43 | ひとりごと
 午前中にリュウを連れて神社までお札を収めに行った。雪でテンションは高いが、木から落ちてくる雪は怖い臆病者のリュウ。そして、所々凍っている道は、引っ張られると私が怖い。
 しかし、良いお天気だった。

   

 お昼からリュウをトリミングに連れて行き、私は買い物に。今年初のお風呂で、リュウもさっぱり。お布団カバーを洗ってあげていたのでこっちもすっきり。
 明日は出張。少し帰りが遅いかな。
 そしてくりりんも帰ってくる。凍結が怖いから、早めに帰ってと伝えたが、家に帰るとやはりゆっくりしたいだろうな・・・。何時になるんだろう・・・。
 うん、月末だし頑張らなきゃ。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

つんつるてんに凍ってる・・・

2017-01-25 09:24:12 | ひとりごと
 昨日は大雪警報から夜には注意報に変わったが、場所にもよるが積雪自体は思ったほどでは無く安心した。しかし、仕事は相変わらず、行ける場所の方が少なく、
 「言ってもここは道路ぶちだし・・・。」
と思っていた場所でも、場所によってはとても雪が多く、すれ違う車が雪を30センチも車の屋根に乗せていると、流石に心配になった。朝まで雪でそれからは降らないような事を言っていても、やはり時々風雪になったりで。

     

 月末や研修の事を思うと、もう少し回りたいところだが断念。デスクワークもキヨちゃんが心配するので、1時間弱の残業で帰った。どうか、お天気が回復したら、そしてくりりんが戻ったら、頑張って取り戻さなきゃ。
 この積雪でリュウは昨夜も(というか、昨日日中も)玄関だった。くろべえは炬燵から離れない。

     

 さて今日はキヨちゃんのデイサービスの日だったのだが、昨日のうちに代表者から、
 「雪が心配なので中止します。」
とデイに電話があった。今日は晴れるとも聞いていたが、まあ家よりももっと山の人が多いし、心配も当然なので致し方ない。
 そして結果オーライだったのかなと思うのは、積雪はなかったが、今朝は道も庭もつんつるてんに凍っているのだ。

     

 リュウのお散歩はちょっと後回しにして、お庭でおしっことウンチだけしてもらった。庭に行くのもおっかなびっくり。とりあえず、晴れそうなので、今日は自分の小屋に行って貰って、今は散歩待ちである。

   

 少し日が当たったら、散歩がてらお札を神社に持って行こう・・・。
 しかし、寒い・・・。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪警報

2017-01-23 23:05:46 | ひとりごと
 今朝は積雪の中私は出勤。くりりんはお里帰りだった。積雪と言っても、車が出せないほどでは無かったが、滋賀の方はすごい雪だと聞いていたので、キヨちゃんも私も心配だった。
 仕事は仕事で、お約束の所はほとんどキャンセルした。田舎のことなので、山で無い所の方が少ないわけで、積雪や凍結があれば、デイサービスも来られないし、私も訪問出来ない場所が多い。かろうじて、行ける家を4軒ほど回ったが、明日は警報も出ており、今日以上に訪問は難しいだろう。
 そうでなくても月末で、カンファレンスも残っているのだが、研修も残っているのだが・・・と気ばかり焦る。
 くりりんはサービスエリアで休憩するごとにラインをくれ、15時過ぎには実家にたどり着いたようだった。くりりんによると道中はさほどでもなかったが、実家のそばに来ると途端に大雪で、注射スペースの確保が大変だったと言う。帰ってさっそく雪かきだったそうだ。
 私はこんな調子なので、仕事はさっさと終えて帰宅した。リュウも3日続けて玄関で寝ている。今の所、雪は大丈夫そうだが、明け方が心配だ。
 そうそう、キヨちゃんに親友ナースから素敵な服がプレゼントされた。デイの日雪で中止でなければ、この服と私たちのバッグで出掛けられるな。キヨちゃんも大喜びで電話していた。
 さらに、親友ナースからはくりりんにもお祝いを貰ってしまった。親友ナースのご主人の誕生日は知らないし、くりりんから彼女にプレゼントした事もないので、何かお礼しなきゃ・・・。
 さて、そろそろ寝るかな。と言うか、さっきまでついカーペットでうたた寝していた。明日の朝はちゃんと起きられるかな?一人の夜は何だか心細いな。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生前祝い

2017-01-22 21:05:40 | ひとりごと
 今日はくりりんとキヨちゃんの誕生日のお祝いをした。
 朝くりりんはお仕事。明日からは4日間滋賀に帰るのだが、雪が心配だ。くりりんを送り出してから、リュウの散歩がてら近所に配り物をしてきた。その間にキヨちゃんは野菜をたくさん収穫。勿論ヨリちゃん母さんへのお土産だ。運ぶのは無理なので、私が戻ってから畑から運んだ。

     

 少し早めのお昼を済ませて、私は買い物に。本当はくりりんのプレゼントも用意したかったが、結局くりりんのリクエストはあったものの、くりりんも決め切れず、保留状態。なので、ケーキやキヨちゃんの頼まれ物だけ買って帰った。
 夕飯は二人の好きな物を並べた。トンカツ、寿司、茶碗蒸し、しじみ汁。キヨちゃんはいつもよりしっかり食べ、寿司8貫全部と汁、茶碗蒸しをたいらげた。トンカツは、
 「パン粉が入れ歯の間に入る。」
と言う理由で食べなかったが、食べる時もあるので多分お腹いっぱいになったのかもしれない。カツとじにすれば良かったかな?
 
     

 それでも、2時間後のケーキは1個の7割ほどを食べた。

    

 お誕生日おめでとう。また1年よろしくね。幸せとネタを沢山くれる二人に、感謝しつつ。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お正月太りか、中年太りか(そもそも中年か?)

2017-01-21 20:46:53 | ひとりごと
 昨日家に帰ると、くりりんはキヨちゃんから貰ったネルシャツをハンガーにかけていた。初めは帰りに着て帰るので、折り皺を伸ばしているのかと思っていた。すると、くりりんが、
 「これ見て。」
と指差す。何と、袖が2個所ひどい縫製になっている。明らか二度縫いしたような糸や、はみ出している糸。形もおかしい。所謂B級品だ。
 いや、例えばこれがキヨちゃんが安いお店で買ったのならいいのだ。別に高級品がいいわけでもない。キヨちゃんがくれた事が良いのだから。
 ただし、今回はキヨちゃんは「良い物」をあげたつもりでいる。なぜなら、それほど安物は売らない店だし、どうしても言いたかったキヨちゃんは、
 「こうは言われんけど、良い物だ。」
とわざわざ言ってしまっていたのだ(笑)。
 と言う事は、これは困ったである。キヨちゃん的には良い物をあげたつもりだが、良くない物が来ている。店のおばちゃんは悪意が無いのだから、きっと卸のメーカーさんが悪いのだ。大体包装されたものだから、吊り下げものと違って店の人も分からないだろう。
 これは着てしまうと「あれ」って事になるし、着ないのは失礼だ。と言ってケチもつけたくない。けれど、このままでは良くない。
 で、結局くりりんはこっそり仕事帰りに店によって事情を説明。店のおばちゃんも息子さんも、お詫びしてくれて品物を交換してくれた。ただし、同じ色は無く僅かに違うのだが、まあ、キヨちゃんも気付かない程度の差だ。これで、
 「着て帰ります。ありがとう。」
と見せる事が出来る。やれやれ・・・。
 さて、長く体重を計っていなかったが、先日計ってみると2キロほど増えている。(自分なりの)ベスト体重からは3キロオーバーだ。くりりんが、
 「横綱も真っ青だ。」
と笑うのも無理が無い。今までは太ってもすぐ戻っていたが、歳をとると落ちなくなるし、落ちてもやっぱり腹周りが・・・・って感じである。まずいなあ・・・と思うものの、思うだけで食べちゃうしなあ。
 ストレスで胃が痛い事も多いのに、食欲だけはあるし、逆にストレスで過食する事もある。まあ、何より原因は自分に甘い私なのだな。
 とか言いつつ、明日はケーキを食べるのだけど・・・。そう、キヨちゃんとくりりんのお誕生祝いだから。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

くりりんへのプレゼント

2017-01-19 21:17:38 | うちのキヨちゃん
 今日私は研修で徳島市内に出掛けていた。朝は職場に出勤し、デスクワークを少ししてから出て、研修は夕方までなので直帰した。
 家に帰りつくと、食事の前にキヨちゃんがくりりんに誕生プレゼントをくれた。どうやら、今日昼間に町内の店に出掛けたらしい。
 それは外で仕事するくりりんに、厚手の下着とネルシャツだった。プレゼント包装も何もなく、そのままでのプレゼントだったが、くりりんは喜んで、
 「(シャツは)帰りに(滋賀の)着て帰る。」
と話している。
 お店はキヨちゃんが昔からの行きつけだ。私も子供の頃はその店でよくキヨちゃんの服をプレゼントした。趣味を良く分かってくれていて、キヨちゃんの好みのブラウスなどをバッチリ選んでくれるおばちゃんだった。
 確か去年もくりりんへのプレゼントは、キヨちゃんはそこでチョイスし、キヨちゃん目線のプレゼントに、
 「あかん、あかん、今頃の若い衆はそんなんより、こっちの方がええ。」
と選び直してくれたらしい。そのチョイスは流石だった。
 今年、キヨちゃんチョイスに全くおばちゃんの意見が反映されていないのを観て、おばちゃんも歳とったのだな・・・と感じた。
 キヨちゃんも、
 「忘れるらしいわ。今日もくりちゃんの出身を何回も聞いたわ。」
と話していた。
 みんなそうやって歳を重ねていくのだ。キヨちゃんもそう。
 みんな、少しずつ歳を重ねて、忘れたりもしながら、それでも元気で頑張ってくれたらいいな。
 ・・・って、え~!くりりんのプレゼントどうしよう!!

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加