すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

だいこん足の悲哀

2007-08-29 19:09:36 | ひとりごと
 すずしろが大根を意味するからと言って、「大根足」ですと公言しているわけではない。もともとは芝居でいう所の「大根役者」から来ている。私が大根役者であることと、人生に置いての不器用さを兼ね備えた名前である。
 ところが、残念なことに私の足は、その名の通り「大根足」である。長いことつきあってきた足であるから、分かってはいるのだが、実際にフィッティングルームに入るとがっかりすることが多い。太股が入らないとかお尻が入らないとかのレベルではない。ふくらはぎが入らない場合がある。
 いとこには実は美人がいる。オペラ歌手で学生時代はモデルもしていた。その彼女が10年くらい前に、ジーンズをくれたことがあった。まさか私に入るはずもなかったが、当時は一番痩せていた時期で、無理すればはけたのだ。
 そのピッチピチのジーンズで、ある日私は上司のお宅に行くはめになった。正座をし、神妙に話を聞き、ようやく解放されて立ち上がった途端、見事に血の気の引いた足は崩れ、転倒し足首捻挫。そのまま病院に運ばれたのだった。
 去年はスキニージーンズなんてものが流行した。私だってブーツインしてみたいが、それは不可能である。第一ブーツが入らない場合があるのだから・・・。
 さて、お店で買う場合は「恥」をかくことは否めないとしても、必ずはけるものが買える。問題は通販である。そこで初めてサイズを測ってみることにした。
 「渡り幅って何?裾幅は分かる・・・。」
など独り言をいいながら、太股、ふくらはぎ、足首まわり・・・と計ってみた。
 結果は想像以上に私を打ちのめした。カタログのウエストが私の太股にいた・・・。彼女の太股が私のふくらはぎにいた・・・。彼女のふくらはぎが私の足首に・・・。
 「ぎゃー!!」
 絹を引き裂く女の悲鳴。それはうちのめされた「すずしろ」のだいこん足の悲鳴である。

・・・・・。仕事に足も腕も必要なのよ!・・・・BY 心のいいわけ

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (8)   トラックバック (2)

うたた寝・・・

2007-08-28 08:05:03 | ひとりごと
 ゆうべ、ほぼ「同窓会」の写真の整理が終わった。後は住所録をプリントして、郵送するだけ。9月の上旬には送りたいなあ・・・。
 一緒に作業していた幹事のひとり。彼女がほとんどやったようなものだ。何しろ私は不器用者で、あんまり作業がはかどらない。細々したことはほとんど彼女がやってくれた。
 何とかやり終えた達成感と疲れから、彼女は私の部屋でうずくまったままうたた寝していた。そんな彼女を見ながら、私もアルバムを抱えたままうたた寝していた。遠くで「世界陸上」の実況放送を聞きながら・・・。
 さて、今日はお休み。身体も心も休めよう・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (4)

噛みつき魔(バックナンバー)

2007-08-26 23:48:27 | じいとんばあ
 ごはん 気が乗らないと
 スプーンを がぶり
 入れ歯 洗いましょうね
 私の指を がぶり

 あなたは 大きな噛みつき魔
 大きな体で 泣き虫で
 実は とっても 情にもろくて・・・

 なのに すぐに噛みつくの
 上手く言葉が出ないから
 上手く手足が動かないから
 もどかしさを ぶつけるように
 いつも あなたは噛みつくの

 ある日 あなたの上の歯が
 まとめて 4本折れちゃった
 一体 何に噛みついたの?
 あなたは いつになくしおらしく
 あなたは とても反省モードで

 ベテラン介護士の 二の腕に
 くっきり残る あなたの歯形
 まさか 腕の方が固いなんて
 あなたも 思いはしなかったでしょう・・・


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

後少し、もうあと少し

2007-08-25 07:31:30 | ひとりごと
 同窓会の写真の整理は、意外と大変である。大したことをしているわけではないのだが、何しろ量が多く、手間がかかる。仕事を終えてからの作業だから、連日午前様である。
 でも、もう後少しである。出来るだけ早く、みんなに写真を送りたい。だから、もう少し頑張る。
 それが出来たら、打ち上げしなくちゃ。まだ、幹事同士でも「お疲れさま」と伝え会う暇がない。だから、打ち上げしなくっちゃ。
 手紙やメールで「楽しかった」「ありがとう」と連絡が来る。それが嬉しくて作業が苦にならない。
 亡くなった同級生の仏前に写真を供えるという人もいる。子供の頃気づかなかった彼の不器用な優しさに打たれた。
 子供の頃、けんかばかりで、何故か気の合わなかった彼女との再会が心底嬉しかった。
 ほかの学年と比べて、つながりの薄い同級生だけれど、やっぱり「同級生っていいな」って思える。今回のことで、改めて感じた。
 
にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (4)

買ったどぉ~!!

2007-08-23 23:36:02 | ひとりごと
 天からのお恵みの現金を得てから、二週間近くなる。先日ようやく買い物に出た。
 たぶん、こんなに湯水のように現金を使い、ブティックを「はしご」したのは初めてで、おそらくこれからもないだろう。
 そう言えば、ものすごい金額を想像されそうだが、あくまでも庶民の「大金」である。
 今まで、「いいなあ・・・」と思いながらもスルーしていた店で、値札を見てため息だけ残して帰っていた店で、お買い物。しかも、はしご!そして、何より「ちょっとおしゃれ着」を買ったことが嬉しい。
 金額がある程度かかると、スーツだとかのすごく「きばった」服を買わなければならないような気がしていた。普段着は安物で十分。しかし、そうすると「すごく頑張った服」(あくまで庶民の金額ですが)と、「安物」の極端な2種類しかないことになる。だからお出かけしても恥ずかしくない「ちょっとおしゃれ着」「いい普段着」が欲しかったのだ。
 大切に着よう。老けないように努力して、後15年着てやろう!
 そして、がんばろう。がんばって働いて、他のことも頑張って、今度は節約しながら、また買い物できるようにしよう。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
コメント (2)

幼なじみの帰郷

2007-08-21 20:19:02 | ひとりごと
 同窓会が終わって一週間以上たつ。まだ、余韻があるけれど、写真を焼いたり、今から配る段取りもある。
 一つ大きな失敗があった。写真は頑張って撮ってまわったが角度的に悪かったり、撮りきれなかったり、照明が暗くて「赤目」も多い。しかも、集合写真に到っては、お店の人にお願いしたけれど、なんと見事に手ぶれしている・・・。人数が多すぎて画面では分からず、拡大して初めて発覚したのだ。カメラは他の人のもあったので、とにかく焦って探し回る。撮ってくれた人が同じだから、どれも若干ぶれてる。中で一番ましなものを選んだ。

 (見ていてくれる同級生のみなさま、ごめんなさい!!素人の精一杯だから許してね。それから、もう少し待ってね。出来るだけ早く送るから・・・。)

 さて、今回残念ながら同窓会に来られなかった幼なじみが先日帰郷してきた。子供の頃「男子」に電話するなんてなかったのに、平気で電話できるのも不思議である。幼なじみと言っても、卒業以来交流さえなかったのに、「懐かしい」というだけで長電話できてしまうのも不思議だ。
 彼は大阪でケーキ屋さんをしている。田舎の者から見ると、大阪みたいな都会で10年以上店を開いているなんて、すごいことだと思う。中学の頃「はづけ(白菜などの漬け物)が一番美味しい」と言っていた彼が、ケーキ屋さん。自分で投げた石ころを追いかけて谷底へ転落して生死をさまよった彼が、自宅の自分の部屋なのに野良猫に襲われて松葉杖で登校してた彼が・・・。
 何だかすごく嬉しくなったので、お店を紹介しちゃいます。近くの人はケーキを買ってね。

 お店の名前は「モンガトウ」
http://www3.kcn.ne.jp/~m-gateau/right1.htm



にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
コメント (2)

真夜中のホラー(バックナンバー)

2007-08-20 01:50:47 | じいとんばあ
 真夜中の巡回は
 ホラーがいっぱい

 壁を指さし 
 ここから 婆さんがでてくるんじゃ!
 真剣な顔で訴える
 のぞき込んだ私のすぐ後ろを 指さすのはやめて・・・

 ぶつぶつと ひとりごと
 声をかける私に
 なんだ あんたかい さっきまで隣におった白い人は?
 そんな事を 聞かれても・・・

 いない いない ばあ
 探しあてたのは 人様のベッド
 つま先から 他人様の頭がちらり
 もうひとつ いない いない ばあ
 探しあてたのは 人様のベッドの下
 足下をすくう 低い「ねえちゃ~ん」の声

 同じ日に 違う人が 
 同じような 幻覚を見る
 本当に幻覚なの? もしかしたら 何かいるんじゃない?
 からかい半分 どきどき半分

 ま、いっか
 本当に出てきたとしても
 み~んな 知ってる じいとんばあ
 恐いことなんか あるもんか

 そう微笑む私に 一言
 知らない人の 通り道・・・
 その 冗談はいただけない・・・

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ
コメント (4)

脳内メーカー

2007-08-17 12:54:56 | ひとりごと
すずしろの脳内


http://maker.usoko.net/nounai/img/%A4%B9%A4%BA%A4%B7%A4%ED.gif


最近「脳内メーカー」というサイトが流行っているらしい。テレビで紹介されたからちょっと繋がりにくい。
試しにやってみたが、びっくりである。つくづくこのハンドルネームにしてよかったなあ・・・と思った。まさか脳内「愛」しかないなんて、もし本名ならこっぱずかしくて書けないし、真剣に出家を考えるかもしれない。

ちなみに本名の方は実に人間くさかった。「H」と「遊」とがぐるりと一周。真ん中の8割は「友」だった。
仕事とか正義とかなんかないのかなあ・・・と思ったけれど、私らしい気がする。
みなさんの脳内はいかが??ちょっと覗いてみるのも楽しいかも?です。


コメント (5)

茶トラの捨て猫

2007-08-16 22:29:30 | ひとりごと
 会社に茶トラの捨て猫がいた。ものすごく甘えん坊でしかも美形。ダニもノミもいないから、本当に最近まで飼われていたのだろう。野良から生まれた子ならもっと警戒するだろうし・・・。
 うかつにもしゃがみ込むと、ぴょん・・と膝に乗ってくる。おなかがすいているらしく、しきりに自分のしっぽを吸っていた。
 よほど連れて帰って、こっそり庭に放し「あ、だれかが、こんなところに・・・」と家族をあざむいてしまおうか・・・と思ったが、それでもしうちの先輩猫のいじめにあったらかわいそう・・・と思いとどまった。
 同僚に見せるとさっそくバームクーヘンをくれた。むさぼるように食べる。やはりものすごく空腹だったのだろう。どうしていいか分からなかったが、その同僚が夏祭りで「里親」を探すことを思いついた。
 その夜、受付で猫の里親はさっぱり見つからず、ほとんどあきらめていたが、迎えに行ったら、ぎりぎり親切そうな若い家族連れが貰ってくれたらしい。彼女のメールを観ながら心底ほっとした。
 さて翌日、あるブログを覗いたら見覚えのある茶トラの写真・・・。
「夕べ祭りで猫をゲットしました」
と書いてあった。偶然すぎて大爆笑してしまった。
 ごめんなさい。その子は私が拾いました。どうぞ幸せにしてやってください。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)   トラックバック (1)

バースデープレゼント?????

2007-08-15 21:04:31 | ひとりごと
 実は同窓会の翌日は、私の・・・回目の誕生日だった。もうお誕生日がうれしい年でもないけれど、今年は同窓会で楽しくよい記念になった。
 さて、同窓会前日、つまり誕生日の二日前、思わぬ場所からある程度のまとまった現金が出てきた。私はめちゃめちゃ几帳面な方ではないが、一応金銭の出納帳は付けている。小銭ならともかく、合わなければ分かるはずである。
 金額から考えられることと、出納帳に引っかからなかった事を思えば、家賃か他の銀行に入金しようとして取り置きしたまま忘れたかのどちらかだろう。
 父は大変几帳面な男で、私が渡した家賃は「何月分」と封筒にきちんと書いて仕舞っている。念のために聞いてみるが「おそらく貰ってない月はない」との返事だった。
 そこで、金銭出納帳で銀行に振り込んだ記述と、通帳の記帳を1年ほど振り返ってみたが、こちらも合っている。となると、それ以上前のことだから、調べるのも骨だ。大体間違いなく私のお金ではあるのだし、「ま、いっか」ということにした。
 そうか。これはたぶん私へのバースデープレゼントなのだ。同窓会にも10年以上前から着ている服で出掛けたのだ。最近、父や母、祖母、世話になってる叔母たちに服を買ったりしたのに、私は安物しか買ってない。勿論プレゼントは惜しくないし、自分への投資がちょっともったいないと考えるのが、原因なのだけれど・・・。
 神様なのかご先祖なのか、ただの私のうっかりかは分からないけれど、これは間違いなくプレゼントだろう。買うぞ!ちゃんとしたブランドで、久しぶりにお買い物してやるう~!!!!

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (6)