すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

うるしかなあ・・・

2010-08-31 22:38:48 | うちのキヨちゃん
 昨日キヨちゃんは定期受診に行った。この前、県立病院からの紹介状は持参済みだ。薬を減らしてもらう相談もしてくるように、言っておいた。
 ところが、帰ってくると
 「先生に言われるまで気がつかなんだ。」
と胸を見せた。



 山仕事や畑仕事で一日何度もシャワーを浴びるのに、気がつかなかったのだ。前日の夜か当日の朝に何かあったのだろう。
 筋になって赤く腫れ、膿を持っている。先生は一応軟膏を出してくれたが、早いうちに皮膚科にいかなくては。
 本人は痛くも痒くもないが、ただ汗がしみて痛いらしい。う~ん。全く次々と。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)

ああ、精神的に・・・

2010-08-30 22:08:36 | ひとりごと
 担当様が怪我をされた。見た目で分かりにくいし、認知症のあるご本人に自覚症状はない。しかし重傷である。ショートステイ中の出来事で、スタッフも気づいてすぐ行動を起こしてくれていたが、ご家族にしてみれば
 「何故、今まで気づかなかった。」
となる。当然のお気持ちであり、お詫びする以外にない。
 怪我をすることや事故は気をつけていても起こることがある。それを仕方ないと言ってしまってはいけないが、避けられない場合も確かにある。けれど、事故そのものよりも「いつ」「なぜ」が分からないのは困る。
 今日は他からもあった。今まで長く利用されてて、クレームなど一度もなかったご家族だ。私の稚拙なケアプランにも、ほとんど何も言われなかった。ヘルパーの家事援助に対してのクレームであった。もしかしたら、今まで少しずつ我慢なさっていたのかもしれない。やわらかい口調に辛らつな言葉が紛れ込んでいた。
 どちらも、誠心誠意お詫びして今後気をつけるしかないのだが、こういう時、会社の存在が益々自分を追い詰める。
 「大口(資金の多い)の入所者が死んで惜しい。」
 「月の途中で解約されて、払い戻すのが惜しい。」
 「(私達の働きが少なく)人件費が多くて赤字だ。」
 「入院の長い人や、集金がなかなか出来ない入所者は出て行ってもらう。」
etc,etc,etc////////////////
直接耳にしていないのがせめてもである。人づてに聞いても吐き気がした。ボランティアではないのだから、資金は当然必要である。しかし、あのすてきなお年寄りたちを「金」としか見えないのかと思うと、何故こんな奴の下で働いているのかと思う。
 私腹を肥やしているのは明らかで、彼らが辞めればいいのだ。彼らが無駄をなくせばお年よりはもっと住みやすいのだ。親の介護で休みを取る職員が、嫌味を言われず働きやすいのだ。
 天誅・・・。まだ天誅は与えられないのか。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (5)

川本喜八郎さんの訃報

2010-08-29 08:25:23 | ひとりごと
 人形作家の川本喜八郎さんが亡くなった。私が彼の人形を知ったのは「三国志」だった。作品の面白さと、当時若手だった紳助・竜助の起用。彼らがストーリーテーラーとなって、分かりやすく解説をしていたこともあり、子供でも大人でも楽しめる作品になっていた。
 作品の核はやはり人形である。川本喜八郎さんの人形は本当に美しく、動けば息をしているようだった。操者の技術もさることながら、同じ人形でありながら見事に喜怒哀楽を感じさせた。
 中でも、諸葛孔明の存在感は秀逸だ。諸葛孔明のイメージはもはや彼の人形と森本レオさんの声以外に考えられない。三国志の場合、主人公の劉備の人間性もすばらしいが、周囲のキャラクターが個性的で魅力がある。関羽の雄雄しさや張飛のニューモラスでありながら豪傑ぶり。そし悪役・敵役も魅力的に作られている。
 一度、彼の人形を使っての地方巡業が候補に挙がっていた。是非とも見たいと思ったが、叶わなかった。いつか、生で彼の人形を見てみたい。きっと「恋」をしてしまうだろう。
 ご冥福を、お祈りします。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

少しは秋の風?

2010-08-27 21:08:36 | ひとりごと
 まだまだ暑い日が続いているが、朝晩は少し涼しくなってきた。日も少しずつ短くなってきている。秋が近付いているのだろうか。
 リュウの毛換えが忙しい。冬毛の綿毛がようやく抜けたと思ったら、もう夏毛が抜け始めている。綿毛のゴミも鬱陶しいが、夏毛もやはり鬱陶しい。まだまだ夏の装いでいいと思うのだが、暑さで衣替えするわけじゃなく季節でするのだろうか?
 でも、朝晩涼しくなったせいで、二匹ともくつろぎモードである。私もまったりとしたいが、まだまだ気ばかり焦る。ストレスはなかなか無くならない物だな。

*電話を蹴落としてくつろぐくろべえ


*大あくびのリュウ



にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (4)

覚悟はしていても・・・

2010-08-26 21:36:20 | ひとりごと
 今日、同僚のお母様が他界されたとの連絡が入った。闘病中とは聞いていたが、急逝である。ある程度の期限は切られていたそうだが、まさかこんなに早いとは周囲はおろか、ご家族も思っていなかった。
 お盆には外泊していたらしい。昨夜も話が出来ていたというが、早朝に亡くなったという話だった。まだ、歳も若い方である。
 父の時のことを思った。きっと、彼女も長い長い一日を過ごしたのだろう。やることは沢山ある。目まぐるしく時間は過ぎるのに、何時までたっても終わらない。疲労していることもよく分からない状態。
 親が先に行くのは正しい順序である。病気を持っていればある程度の覚悟もある。それでも、やはりやりきれない。
 どうか、彼女とご家族が一日も早く心穏やかな日常に戻れますように。
 故人のご冥福をお祈りします。                       合掌

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント

ほっとする光景

2010-08-25 22:03:06 | ひとりごと
 先日、炎天下介護保険の認定調査に回った。そんな中で、とても素敵な場所があった。
 山の中の一軒家なのだが、切り立った場所にあり心地よい風が吹いている。庭には何本か大きな木があり、庭は快適に涼しかった。
 お部屋でご家族立会いの下、認定調査をしていると、ヤマガラが2羽勝手口あたりを飛んでいた。
 「ああ、餌がないって催促してるんよ。」
とおばあちゃん。
 それでも外へ出ないもんだから、今度は部屋の中までやってきた。
 「よう知っとるけん、じいちゃん呼びに来る。じいちゃんの頭の上に止まるんで。」
とおばあちゃんが言う。照れくさそうにおじいちゃんが笑う。
 「(禿げてるから)滑るんじゃけどな。」
とお嫁さんが突っ込みを入れる。
 仲がいい素敵な家族である。優しさが家にも庭にも溢れていた。
 庭に出ると、木々に鈴なりにヤマガラ。ここで2回も卵を孵したと言う。最近はヤマガラが呼ぶのか、シジュウガラやスズメも餌を貰いに来るらしい。
 暑い日だったけれど、なんだかほっと一息ついた。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)

アヤパン退社?

2010-08-24 21:27:08 | ひとりごと
 今朝目覚ましテレビで高島彩さんが年内でフジテレビを退社されるとの報告を見た。すごく残念である。理由の真意は解らないが、よくよくの決心だろう。
 はじめて彼女を見たとき、若いのに物怖じせずに先輩相手にしっかりとしたコメントをしている姿に好感を覚えた。
 目覚ましテレビでも7年になるらしい。そうかもしれない。そのくらい前に、彼女をはじめて見たのだ。
 女子アナはたくさんいる。でも、彼女のような逸材はなかなかいないと思う。
 これから、普通の女の子になるのか、フリーになるのか、奥さんになるのか。何にしても彼女のこれからに期待したい。
 お疲れ様でした。あと少し、頑張ってください。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (4)

にわか雨

2010-08-23 16:21:55 | ひとりごと
 今日はキヨちゃんはデイサービス。だから、お休みを貰っていたので連休だった。今日は昨日の夕立が効いて、朝は秋のような涼しさだった。
 しかし、キヨちゃんを送り出すとまた猛暑がやってきた。気になっていた拭き掃除をすると、額からぽたぽた汗が落ちた。ついでに体重も落ちてくれればいいが、そうは問屋が卸さない。
 今日は餃子を作る。こうやって休みのときに作り置きしておくと、何もないときに便利である。いつものように60個作る予定だったが、いかんせんいつも目分量なので、今日はアンのほうが足りず、皮が20枚くらい余ってしまった。
 親友ナースにメールをすると、今日はメンテナンスしているという。この歳で赤ちゃんの世話はやはり堪えるらしい。家に整体の先生が来ていた。後から電話があり、
 「餃子かあ・・・いいなあ。うちもミンチあるけん餃子にしよっかな。」
と言っていた。
 午後洗濯物を取り込むと、今日もゴロゴロと雷の音。昨日停電はしなかったが、どこかに落ちたらしい大きな音がしていた。今日私の家から上はヒューズが飛んでいると、交換に来ていた人が言っていた。
 大慌てで戸締りし(昨日はタイミングが悪く、雨が吹きこんだのだ)、キヨちゃんを車で迎えに行った。デイバスが着くところから雨では歩くのが困るからだ。みんなも気にしてくれていたようで、バスの中で
 「良かったなあ、すずちゃん来とる。」
と口々に言っていたそうだ。ありがたい話である。
 そうしていると親友ナースから電話。
 「餃子つくるつもりで、用意してたら皮だけなくて。買いに行ったらないの。残ったのもらっていい?」
と言うので、取りに来てもらった。ついでに、作ったものも10個ほどおすそわけ。合わせたら、何とか間に合うだろう。
 さて、いいお湿りだった。今から私も餃子を焼こう。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。


コメント (2)

ガラポン抽選会

2010-08-22 15:38:58 | ひとりごと
 今日は愛車の定期点検。車屋さんに車を預け、代車でお買い物へ。食料品は後回しにして、生活用品を買いに行ったが、いつも行く店の前に長蛇の列。昨日と今日の二日間、ガラポン抽選会があったのだ。
 一等は旅行。二等がDVDプレイヤー。三等が肉。四等が米・・・。後、ジュースだ何だと10等くらいまであって、空クジなし。500円一枚の補助券10枚で一回抽選。つまり5000円で一回引けるというもの。
 これが開店前から列になっていた。私はくじ運がないので当たるはずもないが、キヨちゃんは過去に自転車と洗濯機を当てたことがある。あ、牛肉も。だからキヨちゃんに行って貰えばよかったのだが、この炎天下出かける事も嫌だったらしく留守番していた。
 まあ、それでよかったのだ。こんな炎天下この列にキヨちゃんを並ばせるわけにはいかなかった。他で用事を済ませるうちに列も減るだろうと思っていたが、甘かった。行列は全く減らない。やめようかな・・・と思っていたが、
 「あ、私やめるからすずちゃん使って。」
と偶然居合わせた友人や知人が次々と券をくれ、もったいないので並んでいた。
 店の中に入るまでに20分。もはや修行である。私より遥かに年上の方が並んでいた。熱中症にならないか心配だった。
 そのうち店の方から
 「すいません。品数が限られてますので、無くなる可能性があります。」
とのコメント。空クジなしだけど、品物がなくなるのは想定外。並んだ結果おしまいになるかも・・・と、それはそれで馬鹿らしいなと思いつつ、ここまで並んだのだから・・・と、頑張った。
 ガラポンにたどり着くまでに30分以上かかった。貰った分が半分以上あって、10回抽選。目の前にはほとんどの商品は残っていた。さては、残らないと困るので「残念賞」の数を増やしたらしい。見事に全部ポケットティッシュ!!!

 おまけのお茶の美味しかったこと。
 それから車屋さんに車を取りに。点検のお礼に貰った粗品のほうが大きい(笑)。

 食料品を買って帰り、炎天下リュウに水浴びさせる。餃子の材料を買ってきたけれど、今日は暑くて作りたくない。明日にして、今日はキヨちゃんご所望の焼肉にしよう。
 しっかし、暑い・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください。


コメント (5)

元気の元

2010-08-20 22:13:28 | じいとんばあ
 うたた寝する あなたにそっと声をかける
 目覚めたら 真っ先に手を握る
 「若いってええなあ」
 目覚めの一言 齢95歳

 目がよう見えん
 そばに来て 横に座って
 真横から じっと見つめて満面の笑顔
 齢94歳

 ヘルパーさんに 
 他にして欲しいことありますか
 そうやなあ 足さすって欲しいんじゃ
 あ・・・それは 無理ですね~
 齢92歳

 おじいちゃんたちはみんな元気
 色気もなけりゃ 元気も出ない
 ほんのちょっぴり エッチでいい
 いつまでも 元気でいてください

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (4)