すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

思い出話

2015-01-30 22:36:57 | うちのキヨちゃん
 今夜残業して遅めの夕食となった。キヨちゃんのカレーを食べながら、テレビのニュースで雛飾りの話題になった。
 「綺麗な雛人形があったのに、いつまでも置いておくけん、結婚出来んのじゃ言うて焼いてもろうたなあ。あれは父ちゃんが買うたんだったか?」
 「違うよ。じいやんじゃよ。」
 そうなのである。うちには見事な七段飾りのひな人形があった。どこかで豪華な雛人形を見かけた祖父が、負けず嫌いも手伝って私に買ってくれたのだった。
 嬉しくて毎年毎年飾っていたが、家を出てからはお雛祭りどころではなく、いつまでも納屋の箱の中なので、いつかネズミに食われてしまわないかとヒヤヒヤしていた。その内、上に書いたような話もあって、氏神様で焼いてもらったのだった。まあ、今ならどこかに寄付するとか方法はあったのに、勿体ない話ではある。
 「供養して貰ってから、効果あるまでえらい時間かかったよね。」
そう私が言うと、
 「片っぱしから断るけんじゃ。」
とキヨちゃん。さすがに片っぱしからと言うほど、見合い話もなかったが、
 「断って良かっただろうがえ。」
そう切り返すと、
 「ええことあるか。父ちゃんおるうちに結婚せんと。」
ときた。
 そんなバカバカしいやり取りの後、過去の見合い話を引っ張り出しては、あの時はどーだったとかこうだったとか、キヨちゃんが解説し、私が反論すると言う展開に。その内、
 「ほんでも、縁って言うのはどこにあるか分からんもんじゃ。」
 そうしみじみ言うキヨちゃん。これ、この流れは当然私とくりりんに落ちると思いきや、
 「うちと父ちゃんの慣れ染めは・・・。」
と始まった(笑)。
 キヨちゃんと父は所謂職場恋愛である。酒飲みでやんちゃ者のくせにロマンチストの父は、キヨちゃんに洗濯物を頼んで、それにラブレターを忍ばせていたのだ。娘の私が言うのもなんだが、父はとても達筆で文章を書くのも上手い人だった。だから、当然ラブレターは素晴らしかっただろうと想像する。
 「父ちゃん、結婚した時一文無しでな、ミカン箱がテーブルじゃった。」
遠い目をして、嬉しそうに話すものだから、片付けも洗い物も後回しにしてくりりんと話に聞き入った。
 そして、ひとしきり思い出話をしてふと我に返ったキヨちゃん。
 「風呂入る。部屋暖めて。」
と言った。慌てて風呂の準備と洗い物と部屋の暖房と・・・。
 でも、こんな風に父の話をするのも久しぶりだった。くりりんも、
 「お父さんに会ってみたかったな。父にも会わせたかったけど。」
とお互いのお父さんの事を話した。
 「きっと父が生きていて、お父さんがいたら、そして、近くにいたら、僕たちよりもお父さん同士が仲良くなっていたと思うんだ。」
 そうだね。私もそんな気がする。だからこそ、父やお父さんが引き寄せてくれたのじゃないかとも思うのだ。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)

雪が心配・・・

2015-01-29 21:57:39 | ひとりごと
 今日も早くからバタバタと走り回った。新しい担当様の相談など色々と重なる時は重なる。そして、どれも急ぎだったりする。
 病院でのカンファレンスの間に着信2回。折り返すと、急に家族の都合が悪くなってショートステイを使いたいと電話があったらしい。電話を受けてくれたスタッフも心得ていて、部屋の空きは確認して確保してくれていた。後は限度額に収まるかだが、いずれにしても使う以外しかないので、
 「何とかするからお願いします。」
と伝えた。この場合、もし限度額を超えていたら実費が出てしまう。戻ってから確認すると、幸い500円残しでギリギリセーフだった。
 新しい担当様は明日退院する。急いでベッドとかの準備をしたが、問題はお天気である。明日雪が降るらしいとの予報に、業者も私も気が気でない。
 勿論担当様が退院出来ないという事態も困るのだが、担当様は退院できるのに、ベッドが届かないという事態があったら一番困るのだ。そして、もしベッドも届いて担当様も退院できたとしても、今まで暖かな病院にいて、最初の日が雪のような寒い日なんて・・・、心配だ。
 またお母様の相談があった方で、訪問のキャンセルがあった。理由はお父様の体調が悪い。ということは、ご両親とも介護されていると言う事か?
 先日亡くなられた担当様二人の家も訪ねた。どちらも奥さまなり旦那様なりが残され、この後の事が心配である。昨年末に亡くなられた担当様の家はまだ行けていない。年末年始は避けた事と、ご家族が客商売をされているので、タイミングを見ている。
 何度も言うが、早く春になって欲しい。この季節は心配が多い。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント

今夜はこちらで

2015-01-28 22:51:02 | ひとりごと
いつもキヨちゃんと寝るくろべえ。
こちらに来るのは、外に出して~と、入れて~だけだ。
それが、今夜はどちらでもなくここにいる。
今はおなかのうえだ。
忙しくて疲れてるから、何だか嬉しい。
コメント (2)

わっかい先生!

2015-01-27 22:41:06 | うちのキヨちゃん
 今日キヨちゃんは一人で隣町の病院へ行ってきた。普段通院介助は私がしているのだが、今日は予約なしで急に行くと言うのでやむなく・・・である。
 数日前から喉が詰まりやすいと言うので、以前そういう事があった時に耳鼻科で診てもらうと、とても痰が引けたらしいのだ。少し自信もついたのか一人で行けると言うので、バス停までくりりんが仕事の前に送って、そこから一人でバスで行った。
 今日は忙しかったので残業となった私。19時過ぎて戻ってみると、さすがに疲れが出たと見えて、足も痛く夕飯も白和えしか作れなかったと話す。買い物もちょっとだけするつもりが、ついつい買いすぎて荷物も重かったらしい。
 さて、肝心の病院はというと、キヨちゃん的には全く納得がいかなかったらしい。と言うのも、とても若いお医者様で、あれこれ診てはくれたがキヨちゃんの中で信用メーターが触れなかった。
 「間にも拍子も合わんようなわっかい先生じゃったわ(何をやっても間に合わないような、悪く言えばどんくさい、若い先生だった)。」
とは酷い言い草ではある。決して若い先生がダメなわけではなく、今診てもらっている主治医も若いのだから、よっぽど若かったか、余程頼りなさそうだったかだろう。もしくは・・・不細工だったか??
 とにかく検査の結果は特に悪いところは無く(まあ、原因が分からないのが一番キヨちゃんが納得出来なかったのだろうけど)、喉まで原因が無いので内科で胃カメラをしてはと勧められた。
 「明日電話して予約入れて胃カメラしようかな?」
とキヨちゃん。
 「胃カメラはしんどいけん、一人じゃ無理で。」
 私がそう言うと初めは一人で行けると言っていたキヨちゃんも、今日の疲れもあったので、
 「来月の泌尿器科の受診の日に合わせられたら合わせよか。」
と納得した。
 胃カメラの先生、いい人だといいな。とりあえず、話を聞いてくれるDr.だと良いのだけど。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント

今日も色々ありまして・・・

2015-01-26 22:10:21 | ひとりごと
 今日はキヨちゃんはデイサービス。くりりんもキヨちゃんもいない・・・はずだったのだが、くりりんは急にお休みが入った。
 朝、キヨちゃんにお芋の羊羹を持たせてデイバスまで送り、気合を入れて洗濯物をした。それでも今日どうしても連絡しなくてはいけない仕事があって、家事の合間に2本電話を入れた。
 一段落したところで、くりりんにお留守番を頼んで買い物に。金融関係を回って、リュウのお外用の犬小屋を買ってきた。今リュウは屋根のある裏側に犬小屋を置いて寝ており、昼間は庭に長く移動できるようにワイヤーを引いてあるところにつないでいるが、雨降りは出られないし、それよりも雨が降りそうな日の家族が買い物などに出ている日・・・が困るのだ。
 降るかもしれない・・・だけで、庭に出られないのは可哀想だし、出ていてにわか雨も可哀想なので、小屋に入る事を覚えた今、外用も買っておけば、微妙な天気でも出してあげられる。
 お昼を食べてから、くりりんが犬小屋を組み立てる。今日は大降りなので、デビューは明日以降。私はトイレ掃除をしてから、自分でちゃちゃっとカラーリングした。
 本当は美容院に行きたいのだが、東京へ行くまでの休みが月曜ばかりで、直前の休みはあるのだが、何ともそこまで持たせるには白髪が酷くなっていたのだ。
 バタバタしていると職場からメール。入院中の担当様の訃報だった・・・。続くよなあ・・・。
 それからキヨちゃんを迎えに行って、戻ってから夕飯とお弁当のストック作り。普通の春巻きと、この前のクリームコロッケ番の春巻きを作って、ラップして冷凍した。今回はお弁当用に小さい皮を使う。
 台所で忙しくしていると会社から電話。病院のソーシャルワーカーさんから急ぐ用事だと言う。折り返して電話。これが本当に急ぐ用事で、とにかくメモをとって明日何とか確認をとりますから・・・と話した。 夕飯を食べ終わる頃、今度はNHKの制作会社から電話。先日「介護百人一首」のインタビューを受けたが、今日は当日私の句を紹介すると言う話だった。コメントを求められるかもしれないとも言われた。
 収録が3時間で、放送が30分番組二日間なのだから、オンエアに載るかどうかは分からないが、にわかに現実味を帯びてこそばゆい感じがする。キヨちゃんに報告したら、
 「父ちゃん生きとったら喜ぶのに。」
と泣きだしてしまった。というか、
 「まぐれですから・・・。」
とか言いつつ、リハビリの看護師さんにも自慢しているらしいキヨちゃん。大いに親バカである(笑)。
 でも、オンエアされなくても、冊子になったら父も祖父も喜んでくれるだろう。そして、私に詩を書く事を最初に教えてくれた中学時代の恩師に、この本を持って行って渡したいのだが、随分会っていないので、もしかしたら物忘れが進行しているかもしれない。何にせよ、本が届いたらご家族に聞いてみよう。
 さて、明日からは怒涛の月末。研修あり、カンファレンスあり、そして急ぐ相談事あり。大丈夫か?私・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

明日が48時間欲しい・・・

2015-01-25 22:14:19 | ひとりごと
 この土日は仕事だった。他の事業所が休みなので、約束以外はとにかくデスクワークをこなして、何とか月末の仕事を溜めないようにしようと思っていた。
 前にも書いたが、重なる時は妙に重なるので、どうしても忙しくなる。本来の仕事がこの調子なので、掃除などの基本的な事がいつも後回しになる。気にはなるが、段取りも悪くて出来ない。
 前任者は忙しくても、仕事を終えた後(つまり残業後)でも、出来る時は掃除してくれていた。流石に、仕事のサービス残業はしても、残って掃除はしたくないので、ついつい・・・である。
 そんな状態でも、いいお天気に仕事をしていると、ああ、家の掃除や布団干したいな~と、家の出来ていない事も気になる。
 そんなわけで、今日はキヨちゃんの誕生日だが、キヨちゃん自身が山菜おこわを作った。もち米を使いきろうと思ったらしく、1升分くらいのおこわがあって、流石に多いのでキヨちゃんのお友達にお裾わけ。
 キヨちゃんは味が定まらなかったと言っていたが、とても美味しかったのでキヨちゃんも私もおかわりした。くりりんに至っては3杯目も軽くおかわりした。
 誕生日のお祝いは前倒しにしたので、今日は特になくちょっとお酒を飲んだ。だから、明日のデイサービスには芋ようかんを作っておいて、持って行ってもらう予定だ。
 そう、明日はキヨちゃんはデイサービス。そして私は休み。こういうお休みはすごくいい。キヨちゃんの段取りでなくて私のペースで私の仕事が出来る。雨だから困るのだけど、洗濯も普段出来ない大物をしたいし、他にも色々ある。
 ああ、明日が48時間欲しい。
 

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)

病は気から?病になりたがるのは?

2015-01-24 21:09:45 | うちのキヨちゃん
 うちのキヨちゃんは、同年代のお年寄りと比べたら若くて元気なほうだと思う。勿論、白髪や円背や皺は、綺麗になさってる人と比べたらお婆ちゃんだが、それでも若いと思う。
 その自覚があってかどうか、テレビを見ては年下のお年寄りを、
 「歳いっとるの~。」
と言い放つ。
 そのキヨちゃんでも流石に歳を重ねて、昔のようには動けないし、足腰も弱っている。しかし、ご存じのようにストイックにリハビリをしたり、元々山や畑で鍛えているので、私なんかよりよっぽど腹筋もあるのでは・・・と思ってしまう。
 しかし、そのくせキヨちゃんはすぐに病気になりたがる。ちょっと何かあると、
 「病気じゃないか?」
 「ガンじゃないか?」
と心配する。今でこそ大病も患ったが、何しろ風邪すら引いたのを見た事のなかったキヨちゃんである。ちょっと病気にあこがれでもあるんじゃないかとさえ感じる節がある。
 とは言え、やはり年寄りなのだから、不調を訴えると数年前ほど私も笑い飛ばせない。今日も体重が減ったとぼやいては、
 「何で痩せるんだろう。」
 「ご飯がちっとも欲しくない。腹が減らない。」
と続く。
 田舎の年寄りの、
 「飯食ってない。」
は米飯を食べてないという意味で、パンや餅やうどんはカウントされないので、それ自体は心配しない。でも、食欲が無いとか体重が減ったは気になる。
 勿論食欲が無いと言っても、一緒にいる時はまあまあ食べている。元々それほど多くは食べないので、変化は無いと思う。肉や魚のタンパク質をあまり食べようとしないので、これは困るなと思っている。自分で作っても食べないのだ。
 ただ、くりりんが、
 「腹筋とか今までしてなかった運動しているんだから、締まっただけじゃない?」
と言ったので、そうかもしれないなとも思った。
 病は気から。私が根拠もなく心配しても無駄な事。それより変化を見落とさないように、キヨちゃんのぼやきも聞き流さないように気をつけなきゃ。何せ明日で84歳なのだから。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

早起き出来ない・・・

2015-01-23 21:39:53 | ひとりごと
 昨日楽しい時間を過ごしたが、今日は仕事が忙しいのが分かっていたので、初めからお弁当はパスさせてもらっていた。
 少し早めに出勤してデスクワークをして、訪問調査に出て、そのまま研修に向かう予定だった。
 別に遅刻したわけでも、家事が追いつかなかった訳でもないが、イメージとしては6時前の目ざましに颯爽と起きて動き始める気持ちだったのだが、背中は毎朝フリーズして痛むし、身体は重いしで、結局ぐずぐずとくりりんの目覚ましが鳴るまで寝てしまう。
 考えてみたら、初めの頃は5時起きで、くりりんを起こさないように薄暗がりで化粧していたのに、何ともダメになったものだ・・・。
 それでも、とりあえず定時より50分位早く出勤。ちょっと予感はしていたが、休みの後は仕事のメモが怖い。いくつかは確認事項だったり申し送りだったりだが、その中に新規の相談が2軒。あ・・・、間に合うのか?この月末に研修二つに調査もあって、カンファレンスが3つあって、いつものモニタリングと定期訪問・・・。
 とにかく気を取り直してデスクワークをした。申し送りに従って、新規の相談にも電話連絡し訪問の調整。担当様を訪ねてから訪問調査に出た。
 その足で研修に行く。現地入りしてから飛び込みで小さなラーメン屋さんに。優しそうなご夫婦のいい感じのお店で、中華そばはとても美味しかった。
 研修はケアプランの適正化。頑張っているつもりでも、アセスメントから出来ていないと痛感する。これは、これからのプランは勿論、昨日までに作っている原案を見直す必要がある。はぁぁぁぁ・・・。
 戻ってからカンファレンス。これはスムーズに終わったのだが、戻ってみるとまた新規の相談。結局、明日にまわして、記録もざっくりと書いて明日書き直すようにした所で、すでに定時を1時間以上過ぎていた。疲労もあるし、キヨちゃんが待ちくたびれるので、そこで仕事を止めた。
 何とか、仕事をためないでおきたいのは本音だ。溜めてしまうと、どんどん溜まって追いつかなくなる。だから多少ざっくりでも、忘れないうちに記録したりするのが私の方針だ。けど、出来ない日もある・・・。
 う・・・ん、明日頑張る・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント

劇団青年座『をんな善哉』~の、ケーキバイキング

2015-01-22 21:25:58 | ひとりごと
 今日は市民劇場の日だった。いつも一緒に行く友人の一人が、インフルエンザでダウンしたので断念。ちょうどくりりんがお休みになったので、代わりに参加する事になった。
 キヨちゃんは午前中に髪を染めに行くと言うので、送りがてら出発。友人と待ち合わせて市内へ。
 生憎の雨だったが、劇場の駐車場では出入りが面倒なので、そごうの駐車場に止めてまずはお食事に。今日はイタリアンにした。私はリゾットのセット、友人はパスタのセット、くりりんはステーキのセット。

     

 これがボリューミーな上にくりりんが味見しても「濃い」味付け。しかも、付け合わせが何故かきんぴらごぼうにカボチャの煮物で、これまた、
 「白いご飯ください!」
と言いたくなるようなしっかり味。なので、食べきれずくりりんに食べてもらった。
 その後少し化粧品などを買って劇場へ移動。
 今日は青年座の「をんな善哉」であった。大好きな高畑淳子さんの舞台とあって、観る前から期待大だったのだが、期待以上に素敵な舞台だった。笑って、切なくなって、そしてちょっとほろっともした。まさに、高畑淳子劇場っていう感じである。
 勿論他の役者さんも素敵で、特に和菓子職人の繁さんはすごく美味しい役で、
 「しげさ~ん!」
と声をかけたくなるほどだった。
 帰りにパンフレットを買おうとしたら、
 「残り3冊です。」
と聞こえてきた。友人のお土産も欲しかったので、慌てて駆け付けると、
 「残ってますか?」
 「最後の1冊です。」
と言うので、自分の分は諦めてお土産に1冊ゲット。代わりに津嘉山正種さんのCDを購入。劇場を後にしていたら、
 「残り1冊です~。」
と聞こえた気がした。・・・?まじか??
 夕飯は食べて帰ることになっていたが、前々からくりりんとその友人はケーキバイキングを希望していたので、夕飯がわりに立ち寄ることに。この店は以前この友人と行った事があるのだが、遅くまで開いている店が他にない・・・というより、ケーキバイキング自体がほとんどなく、あっても週1とか限定だったりするのだ。しかも遠い場所なので、帰り道にあるこの店にした。
 ワンドリンク付き90分、一人税込1,404円。

   
 

 決して大きなケーキではなかったが、私は6個でリタイヤ。友人が14個、くりりんが15個で十分元は取れた。当たり外れもある店らしいが、私の食べた物は全部美味しかったし、二人のも概ね美味しかったらしい。
 キヨちゃんが心配するので途中で電話をした。今日に限って電話がひっきりなしだったようで、対応に困ったらしい。
 ひとつは病院からで特定疾患の受給者証を今週中に持って来いとの電話らしいが、来てないものは持っていけない。キヨちゃんも届いてないとは説明したらしいが、明日電話しないと。
 更にひとつはNHKらしいと言う事だったが、電話の相手を怪しんだキヨちゃんは慎重に返事をして私の携帯などは教えなかったようだ。
 「何か騙されてるんじゃないのか?」
 勿論キヨちゃんは介護百人一首に入選した事は知っているのだが、それだけ慎重でいてくれた方が安心である。これは戻ってから着信を見て電話。折り返し電話があったが、NHKの制作会社の方で、短歌を読むに至った経緯とか、題材についてなどの取材などだった。
 何だか忙しくなってしまったお休みだったが、楽しい時間を過ごす事が出来た。くりりんもインフルエンザの友人には気の毒だが、そのお陰でいい舞台を観劇出来てとても喜んでいた。
 さて、明日は研修だぞ!

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

こだわりどころの違い

2015-01-21 21:51:53 | うちのキヨちゃん
 うちのキヨちゃんは綺麗好きだし片づけ好きである。だから、私の家事がおおざっぱなのが気に入らない事は多々あるのだ。
 しかし、不思議なことに所謂「こだわりどころ」が分からない。それは、くりりんが言う所の「人それぞれこだわる場所が違う」なのだろうけど、何でだ?と思う事が多い。
 例えば、洗濯物。キヨちゃんは洗濯のハンガーをきちんとビニール袋に入れて、箱の中に片づけないと気が済まない。毎日使うものだから、ビニールに入れなくても籠に入れておけばいいのに・・・と私は思う。勿論、そうやってきちんとしておけば長持ちするかもしれない。
 しかし、そのくせ洗濯竿や小物を干すピッチのついたハンガーなどは、取り込まれずに雨ざらしになる。ここに洗濯物を干すと雨で無くても夜露で濡れてしまう。勿論竿は重いのでキヨちゃんには無理だとしても、小物干しは何でだろう。
 そして鍋。鍋は中も底もとにかく磨かないと気が済まない。クレンザー付きのスチールたわしでピカピカにする。そのくせ、鍋の蓋は蒸気で濡れていようがお構いなしである。そしてせっかく洗った鍋は、乾かしてなくてもそのまま片づけてしまう。
 そして、ブラックホール。きちんと片づけるが見つからないものが多い。ま、この時点で「きちんと」ではないか(笑)。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)