すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

昭和歌謡で一家団欒

2016-09-29 21:51:23 | うちのキヨちゃん
 キヨちゃんのストライキ宣言が、どこまで本気か分からなかったが、私は月末で残業必須は間違いない。なので、昨夜は圧力鍋を使ってビーフシチューを作っておいた。
 朝、キヨちゃんにその事を伝えると、
 「良かった~。ほんなら、何もせんでええんか?」
と言うので、
 「出来たらサラダ水菜があるけん、それだけ切っておいて。」
と伝えて出た。
 仕事は月末なので、当然忙しい。それでも会議もあったにしては、19時までには仕事を終えた。作ってあるので、私を待たなくてもキヨちゃんは食事を済ませていると思った。
 家に帰ると、確かにキヨちゃんは食事を済ませていたが、
 「おでんの残りがジャガイモばっかりじゃけん。じゃがいも2個でご飯食べた。何にも欲しくない。」
と嵐を見ている割には不機嫌。確かにジャガイモは残りがちだが、他の食材に比べてちょっと多いし、みんなコンニャクや大根や練り物が好きなのだから仕方ない。それに、おかず作っておいたのに・・・。
 それを言うと、
 「ふたも開けて見てない。」
とはお言葉じゃないか。
 それでも、温めて皿に注いだら、ちゃんと食べられるから困ったもんだ。ストは良いが、作っても注ぐまでしなくちゃならないなら、そもそも残業出来ない。
 食卓に付いた頃、屋上がひどく汚れていたので掃除に困ったと言う話を始めた。なるほど、それで機嫌悪かったのだ。本当にキヨちゃんはよく家を掃除する。私は日々の事も十分出来ないので、私の代になったら家がボロ屋になるんじゃないかと言うキヨちゃんの心配も否めない。
 しかし、休みに出来る事はボツボツしているつもりだが、今日だってほとんど雨である。その雨の合間に掃除をするキヨちゃん。仕事している者には無理な相談だ。
 まあ、黙って聞いていたので、今日は喧嘩にならずに済んだ。私もくりりんも、多分、自分たちの代になったら、ボツボツでも家に事をするだろうとは思うが、キヨちゃんの代にキヨちゃんの思う通りには出来そうにない。
 言うだけ言ったら気が済んだのか、それからは嵐に夢中だった。VS嵐は3人とも楽しめるので団欒にもってこいだ。しかも、今夜は松潤大活躍で、キヨちゃんご満悦だった。
 その後私は台所に。片づけが済んでから、一緒に昭和歌謡を観た。若い頃はそれほど思わなかったが、今聞くとやはり美空ひばりなどは心に響く。おかげで22時近くまで3人でテレビを見てしまった。
 同時進行で、明日の夕飯のおかずを1品だけ作った。明日も月末なので早く帰れるか分からないからだ。
 さて、明日は食べてくれるだろうか???

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

よく降る・・・

2016-09-27 23:04:39 | うちのキヨちゃん
 最近よく雨が降る。天気予報で雨となっていなくても、わずかな降水確率がはまってしまう。しかもちょっと小雨が・・・というより、まあまあな雨が降る。
 雨降りは洗濯物が困る。部屋干しはキヨちゃんが嫌うのだが、そっと自分たちの部屋に干して、除湿機をかけたりしている。
 今日は何故かキヨちゃんの気持ちも雨降りだった。
 残業はそれほどでもなかったし、今日はおでんにするとキヨちゃんは昨日から言っていたし、ついでに甥っ子から、
 「魚釣ったから持って行く。」
と電話もあって、その事もキヨちゃんに伝えていたので、どちらかと言うとご機嫌だろうと思っていた。
 けれど、帰るなり、グズグズ言っては、
 「しんどい。今日は朝からおでん作って、畑におっても気になって何度も鍋を見に来て、畑で何度も転んで。」
と愚痴が出た。
 そして、どうやらその畑にいる時に銀行のセールスレディが来たようで、その事がものすごく情けなかったと言うのだ。
 それが、キヨちゃんのアイドルならともかく、普通の女性の職員であるにもかかわらず、畑で汗だくの時に来たのが辛かったと言う。
 「何ちゃ辛がることないでえ。恥ずかしい事しよらんのに。畑して汗して恥ずかしいんなら止めたらええわ。」
と言った。おそらく、汗だくが恥ずかしかったのではなく、汗だくで働くのが好きなのだが、
 「どうしてそんな無理をするんですか?」
とか、
 「苦労してますね。」
的な事を言われたのではないかと推測。そう言われると急に自分が「可哀想」になったのではないか。
 するなと言ってもするのだし、危険でなければどんどん畑もしてもらっていいと思う。けれど、それで辛くなるのなら止めた方が良い。
 仕舞に、
 「もう母ちゃん明日から一切調理はせん!」
と言い出した。調理ストライキ宣言は何度目だろう。
 「分かった。しんどかったらせんでええ。ほんでも私が仕事から戻ってからになるよ。」
と言った。
 キヨちゃんが調理してくれるのはとてもありがたい。私が戻ってからでは、くりりんはいいとしてもキヨちゃんは待てないかもしれない。しかし、苦痛になるなら止めてもらっていい。心配なのはボケる事だけだ。
 どこまで本気か分からないが、止めるならこっちもそれなりの段取りがいる。全くなあ・・・。
 雨は夜になって雷になった。リュウが怯えるので、さっき玄関に入れた。
 明日も雨かな・・・?



にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

方言チャート

2016-09-26 22:27:18 | ひとりごと
 以前テレビで方言に付いて面白いチャートを紹介していた。2種類あるのだが、イエス、ノーで質問を進めていくと、出身地が分かると言うもの。
 その時も気になってやってみたが、微妙にずれるところもあった。と言うのも、出身県だけの方は、間違いなく徳島県にたどり着くのだが、細かい方になると違ってくる。
 何故なら、徳島県は天気予報でもそうなのだが、北部、南部に分けられるからだ。県南は別に普通に件なんだと思うが、私たち県西部は徳島市内の北部と同じはずが無い。同じ県西部でも方言は微妙に違うからだ。
 それでも、出身地の違うキヨちゃん、くりりん、わたしでやると、
 「へ~、そういう方言を使うんだ~。」
と言う新鮮な驚きがある。
 まあ、地元でするには同じ地域の人間ばかりで盛り上がらないが、他県の人と話をする時には面白いと思う。
 なので、ちょっと紹介。「方言チャート」。

 秋の夜長、お遊びにどうぞ。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)

罰があたったのかな?父ちゃんの涙雨?

2016-09-25 22:15:32 | ひとりごと
 忙しさにかまけて、お彼岸の入りを失念していた。会社の福祉祭りやキヨちゃんの敬老会などが続いていて、中日はキヨちゃんのデイサービス。その日に気付けばデイの後買い物にも行っていたのに、夕方になってキヨちゃんも気が付いた。
 キヨちゃんは神仏の事は欠かさない。父が死んでからは、まだ足もしっかりしていたので、キヨちゃんの足で片道30分かけて毎日墓参りに行っていた。
 お墓に付いては、お盆や彼岸だけでなく、定期的に行っていたので、それほどハナシバが枯れるなんてことはなかった。
 歩いて行く事が難しくなっても、私の休みなどに一緒に車で行っていたが、私もすっかり失念していた。仕事の前や終わってからでは、ちょっと無理なので、お彼岸の終わりの今日になってようやく墓参りが出来た。そう、昨日の花屋さんには今日のお花を買いに行っていたのだ。
 曇り空だったが、降る気配は無く、よほど洗濯物も出して行こうかと思ったが、
 「ぱらっと来たらいかんけん、入れておいたら。」
とキヨちゃんが言うのでそうした。そのくせキヨちゃんはリュウの布団は干している。濡れて困るのは洗濯ものより布団だと思うが、まあ突っ込みもせず出掛けた。
 お墓に着くと、さすがにお盆以来だったので数本草も生えていたり、花が枯れたり、水入れが汚れていたりで、
 「ほんまに父ちゃんごめんよ。」
とキヨちゃんは泣きそうに謝っていた。
 いや、謝るのは私の方で、実際自分のことばかりで全くぬかっていたのだから。
 掃除をして、花を供えていると雨が降り出した。線香も上手く点かないかな・・・と心配したほどだ。
 「父ちゃん、何しよったんぞ、待っちょったんぞ!って言いよるなあ。」
と私が言うと、キヨちゃんも、
 「ほうじゃなあ。」
と頷いた。
 雨にぬれるリュウとリュウの布団。戻ると急いで中に入れた。
 休みにしたい事は山ほどあったが、身体もだるく、朝の墓参りの雨で、何だかモチベーションが下がってしまった。
 なので、昼からはだらだらと横になったりして過ごしたが、雨が上がってからキヨちゃんが榊をとりに行くと言うので同行した。
 夕飯を作る頃には元気を取り戻していたが、明日からの月末、大丈夫かな?実はあんまり良い睡眠が取れていない。良く寝ていると思うのだが、日中眠かったり、朝起きた時に動悸がすることがある。
 今月は忙しい月と比べたら、かなり楽な月だと思うのだが、それでもストレスあるのだろうか?
 毎日父に見守ってとお願いするのに、お彼岸も忘れるような娘ではダメだな・・・。


にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

花屋さんの話

2016-09-24 21:51:37 | ひとりごと
 うちの近所に花屋さんは無い。まあ、田舎なので、食料品店などにお供えの花くらいは売っているが、所謂花屋さんは無い。
 なので、隣町まで行くのだが、そうすると何軒か花屋さんはある。どこが良いかは全部知っているわけではないので分からないが、我が家が主に利用するのは3軒。他の店も買った事はあるが、場所的な便利さなどからこの3軒が主だ。仮にABCとする。
 まずAはいつも食料品を買うスーパーの中にある。なので、便利で良くキヨちゃんはそこで花を買う。ただ、キヨちゃんが言う所の、
 「どんなに買ってもサービスが無い。」
店である。
 次にBであるが、ここはまた違うスーパーの中にあるが、ここはポイント券があって、貯まれば鉢植えなどに換えてくれる。ここも一緒に買い物にでも行けば、キヨちゃんは花を買う。
 そしてCである。実はこの店が一番のお気に入りなのだが、こここそ花屋さんなので、私が車ででも連れていかなければキヨちゃんが行くことはない。しかし、ここは花の綺麗だがサービスも良い。
 なので、キヨちゃんは親戚への贈り物の花などはここから送る。それも花キューピッドでは、相手方の花屋の事が分からないので、そこから直接送ってもらっている。
 さて、その花屋さん、くりりんのファンらしい。と言うか、彼の事を知ってから行くと必ず彼の話になり、
 「ええ人と結婚したなあ~。」
と奥さんが言えば、
 「一度一緒に飲みに行きたいなあ。」
と息子さんが言うという状態だ。
 今日はお供えの花を買いに行ったが、やはりくりりんの話になった。
 「ええ人じゃなあ。家でもあんな感じなん?」
と奥さんが聞いた。
 「そうですねえ。怒った事も殆どないですし。」
そう答えると、
 「まあ、ええなあ。大抵『ええ人じゃなあ。』とこっちがそう思うて言うても、『いやいや、家ではめんどい(難しい)んでよ。』って言う人が多いのに、ほんまにええ人なんじゃなあ~。」
と嬉しそうに行ってくれた。
 そして花を余分に3本もおまけしてくれ、帰りに、
 「道中長いけん、飲みながら行きな。」
とヤクルトを2本くださった。
 帰ってからくりりんに、
 「そう言うといたよ。」
と報告すると、
 「実際そうやしな~。」
と自慢げ。
 まあ、私には十分「良い夫」ではある。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

負けず嫌い

2016-09-23 21:50:03 | うちのキヨちゃん
 うちのキヨちゃんは、別にそれほど見栄っ張りではないし、人と競って高い買い物をするたちでもない。ただ、歳をとると「せらう(焼き餅を焼く)」事があったり、それこそ「負けず嫌い」で、薬の数でも病気でも、
 「自分の方が上(と言うか、病気なら上ではないと思うが)。」
と言いたがる傾向にある。
 キヨちゃんもそう言う点では「負けず嫌い」である。もっとも、例えばデイサービスに行けば絶対女王というか、ボス的な人がいるもので、そう言う人には逆らわないし競わない。
 なので、家で話をしている時など、テレビに出ている苦労話などは、
 「母ちゃんや、もっと苦労した。」
とエピソードを披露してくれる。
 さて、今日は親戚のおじさんが栗の実を届けてくれた。さっそくキヨちゃんはこれを剥いたのだが、栗む気には昔からじいやんが作った小出刃を使っていた。これが去年だったか見つからなかったのだと思う。ナイフでやっていて私が酷く手を切ったので、栗むき専用の「くりくりぼうず」を購入した。
 それが見つかったようで、これで今日は剥いたらしい。それこそじいやんの作った物だから年代物だ。キヨちゃんはそれを自慢したくて、くりりんに、
 「じいやんが作ったんじゃけん。ほれこそ何十年も前からで。うちの宝じゃ。」
と言った。
 こう言う時、くりりんは話を聞いているのだが、リアクションが乏しい。あきらかくりりんを見て話してるな~と思っているが、当のくりりんはそうは思っていない様子。それを「聞いてないな」と感じるキヨちゃん。輪をかけようと、
 「これはなあ、何十年何百年前のものでよ!」
と言い放つ。
 「何百年はないやろう。」
私が突っ込むとくりりんが笑った。
 さらに、テレビで「貧乏」自慢をしていた中で、
 「服をあんまり買ってもらえなかった。」
というエピソードがあり、
 「母ちゃんや、服や全然買うてもろうた事が無い。」
と張り合った。
 大体が、時代が違うのだから、キヨちゃんと一緒にはならないのだが、そんなことはおかまいなしだ。しかし、そう言ったものの、
 「あれ。ほんでも、母ちゃんら服どうしよったんだろう?」
と自分で素朴な疑問を持つ。そして記憶をたどると思い当った事があったようだ。
 実はキヨちゃんのすぐ上の姉は、子供の頃養女に出ている。そこでは「一人っ子」として育てられたので、お姉さんは比較的裕福だったらしい。
 「ほうじゃ。姉さんじゃ。姉さんが服を(お古)みんな送ってくれよったけん、母ちゃんら姉妹何人もおったけど、貧乏な割にいつも身綺麗な格好しとった。」
と思いだしたキヨちゃんは嬉しそうに語った。
 貧乏自慢が、幸せ自慢になったが、それはそれでいいのだ。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント

秋らしくなったので・・・

2016-09-21 21:22:31 | うちのキヨちゃん
 今日はキヨちゃんのデイサービス。昨夜クルミに疲れたが、何とか起きてくりりんのお弁当と、キヨちゃんのおやつを作る事が出来た。

     

 定番のリンゴケーキ(ホットケーキミックスで作る簡単なもの)だが、これ、結構好評なのである。せっかくなのでクルミを入れたかったが、キヨちゃん曰く、
 「入れ歯に入ったら痛い。」
なので、デイバージョンには入れず。自宅用といつも野菜をもらう親戚にはクルミを入れた。
 秋らしきなってきたので、キヨちゃんは洋服選びに困っていた。半袖じゃ寒いし、長袖で今出しているものは気に入らない、云々云々・・・。
 で、結局私のアンサンブルを来て出掛けた。
 キヨちゃんを送り出して、大急ぎで掃除機をかける。お風呂などいつも朝掃除して仕事に行くが、脱衣所の洗濯機の裏などは普段出来ていないので、昨日キヨちゃんから、
 「風呂場凄かったぞ。掃除しといた。」
と言われた。なるほど、カビキラーの臭いがしていたのはそれかあ。娘だから、
 「ごめん、ありがとう。」
で済むが、これ、嫁だったらきついよなあ・・・。というか、娘でもちょっとメンタルによっては効く。
 掃除の後、昨日からの続きのクルミと格闘。お昼はくりりんのお弁当の残り。それからさらに格闘。
 13時半から夕飯の下ごしらえ。圧力鍋ならほったらかしておけるので、具材を炊いたら火を止めて出掛けた。リュウをトリミングに連れていく。それから、一旦戻ってクルミと格闘と夕飯作り。キヨちゃんを迎えに行って、一緒に買い物に出掛ける時にリュウを拾った。
 買い物を終えて戻ったのが17時過ぎ。夕飯はシチューだが、キヨちゃんが総菜を買い足してくれたので、それも一緒に。
 夕飯後から21時ころまでかかって、ようやくクルミとの格闘は終わった。空煎りしたついでに、ポップコーンも作った。

     

 多分今夜はナッツの夢を見るだろう・・・・。

 ところで、キヨちゃんは明日から骨粗鬆症の内服薬を週1回飲むことになった。元々骨粗鬆症があったというよりは、大きな手術をしたので(細い骨にビスを打っているので)、骨が丈夫でないと困るからだ。2年間フォルティオという自己注射を毎日自分でしていた。一昨日最後の注射を終えると、胸に来るものがあったようでキヨちゃんはべそをかいた。
 80過ぎて自己注射を忘れずにするというのは偉かったと思う。
 「偉かったね。良く頑張ったね。」
と背中を撫でた。
 で、明日からは内服だが、この薬は、
①起きてすぐ、コップ一杯の水で飲む。
②飲んで30分は他の飲食はNG.横になってもいけない。
なので、分かるように紙に書いておき、前の晩に机に水と共に用意する事にした。いつでも良いらしいので、VS嵐に合わせて木曜日にした。これなら忘れないだろう。私たちも・・・。
 ただ、初めてで心配なキヨちゃんは、
 「この薬飲んだら、他の薬との副作用は無いのだろうか?」
 「分かった。コップ1杯の水を飲みほしてから、薬飲むんじゃな。」
など変な心配したり、そんなわけないだろうと言う解釈をしたり・・・。
 まあ、慣れれば大丈夫かな。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (5)

指先がぼろぼろの訳

2016-09-20 22:21:50 | ひとりごと
 台風は県西部でも避難勧告が出る状態だったが、この辺りはそれほど風もなく、雨も一時期良く降ったが、問題ない程度だった。
 くりりんは川が増水しているのでお休み。キヨちゃんを任せて出勤。とりあえず、デスクワークをすることに。
 この天気なので、どこのデイもお休み。ヘルパーはほぼ中止なく訪問したようだった。キヨちゃんの所へも、理学療法士さんが時間通りに来たらしい。ただ、病院や診療所は休診のようだった。
 台風が過ぎてから、この感じならまずどこも心配はないと思われたが、一応独居と高齢者二人暮らしの家には電話してみた。1軒を除いて全員連絡が付いた。連絡が付かない1軒が心配ではあるが、この方、まず99%電話に出ない人なので、毎回こう言う時近所の人が心配する。人付き合いをしないと言うのも考えものである。
 仕事は定時に終えて家に戻る。明日私が休みなので、キヨちゃんをデイに送り出してから、台風の後始末はするから、雨の中何かしようとしないでよ~と言って出てきたが、くりりんにも心配なので伝えていた。
 案の定、小雨になったら側溝に溜まった枯葉を箒の柄で突いて水を通したらしい。それで、くりりんが残りの枯葉を掃除したんだそうだ。やれやれ・・・。まあ、想定内。
 夜、親戚筋の人からもらったクルミと格闘した。クルミは大好きなのだが、食べるまでが大変だ。まず、割るのが大変だし、実を取りだすのも大変。
 割れ目を入れてから、少し空煎りして熱い内に取りだすと幾分しやすいが、それでもなかなかだ。蒸した方がいいのかな?レンジかな?とか考えるが、どなたかいい方法を知らないだろうか。3時間以上格闘したが、どれほども出来ず。(割るのは半分くらいくりりんがしてくれたけど・・・)

      

 と言うわけで私の指先はまっ茶でぼろぼろだ。明日キヨちゃんのおやつや、くりりんのお弁当を作る元気あるかな?と言うか、まだ鍋いっぱいある割っただけのクルミを、明日は何とかしなきゃである。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

台風は大丈夫かな?

2016-09-19 21:30:17 | ひとりごと
 今日は仕事。雨は降ったりやんだりだが、それほど台風の来そうな感じはしない。それでも、明日は直撃らしいと、夕方まではそういう情報だったので、学校は休みと決まったらしい。
 なので、デイサービスも明日は中止となった。
 ヘルパーはどうか分からないが、行けない場合に備えて、今日の内に色々段取りしている。
 明日、どんなお天気になるのか分からないが、私は出勤だ。停電でもない限りは、デスクワークと、錠他によっては安否確認かな。あと、もし特養の職員が出勤出来ない場合、そちらの手伝いか・・・。
 キヨちゃんが心細がっているが、おそらく台風ならくりりんが休みだろうから、家はくりりんに任せよう。
 夜の進路図では、ちょっとずれてきている気がする。
 被害が無いと良いな。

にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

観劇と、お買い物と。

2016-09-18 20:51:30 | ひとりごと
 今日は市民劇場の日だった。前回は怪我のあたりだったか、どうしても参加出来ず見逃した「グループる・ぱる」の舞台だ。前回の「片づけたい女たち」が凄く良かったと友人が言っていたので、今日は楽しみだった。
 今日はキヨちゃんの敬老会。近所の人が送り迎えをしてくれるので、安心だったし、雨も朝のうちは降っておらず、後は帰りまでもってくれればなあ・・・と思っていた。
 いつもは化粧はしないキヨちゃんだが、昨日髪も染め、顔も剃ってもらっていた。眉毛が少なく白髪にもなっているので、それだけ書いてくれと言われたが、結局化粧をしてみた。

     

 くりりんは雨で増水し、これは休みだな・・・と、半分以上休みの計画を算段していたが、結局
 「早めに来て。」
との連絡で1番に家を出た。
 くりりんとキヨちゃんを送り出してから出発。まず、デパートで買い物。と言うのも先月ヨリちゃん母さんとキヨちゃんから貰った誕生祝いを、まだ形に出来ていなかったのだ。靴はくりりんが買ってくれると言いつつ、それも一緒に出掛ける事が出来ずにいる。
 色々悩んで、やっぱり秋は心そそられるボルドーのスカートと、キャメルのカットソーにした。

     

 大急ぎで食事して会場へ。次回例会の担当サークルが当たっているので、まず顔合わせ。ただ、私と友人は市内にいるわけではないので、多分当日のバラしくらいしか手伝えないだろうな・・・と考えている。
 芝居は「八百屋のお告げ」。松金よね子さん、岡本麗さん、岡本美也子さんと個性的な女優さんが3人。これは女優3人の独擅場(3人で独擅場は変か・・・)かと思いきや、男性3人の素晴らしかった事!とにかく、物凄く笑った。
 実は昨日までの疲れが出てちょっと寝てしまった所もあるのだが、本当に楽しい舞台だった。DVDを買うつもりだったが、持ち合わせが無く、後でネットで見ることにした。
 ちなみに、独擅場(どくせんじょう)、私は独壇場(どくだんじょう)と思いこんでいた。漢字が似てるから転じて出来た言葉らしい。知らなかった・・・。
 その後、全国うまいもの市で買い物し、家路に。台風の影響は少しずつ出ている。帰りの雨は結構激しかった。
 キヨちゃんは敬老会が凄く楽しかったと観劇しかりだった。地元の小学生の書いたお祝いのカードを見せ、
 「こんな可愛いのくれた。」
と見せてくれたが、何と偶然親友ナースの娘の書いたものだった。男の子が配っていたと言うから本当に偶然だろう。
 それを知るとキヨちゃん感涙。その勢いで親友ナースに電話して感謝を伝えていた。
 キヨちゃんにも私にも良い日だった。
 台風・・・影響ないと良いな。明日からは月後半・・・。


にほんブログ村ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)