すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

キヨちゃんあるある

2018-03-30 22:58:41 | うちのキヨちゃん
例えば、家の換気をするのはいいが、絶対開け放しになる。
うっかりすると、戸だけ閉まって鍵が開いてたり、雨戸の内側は戸が引き違いだったり。
先日は留守宅に帰ると、家の中にお土産があってびっくり。戸が開いてたので親戚がルストモ思わず、入れて帰ったのだ。
例えば、一度に乾燥機に入れられない食器。私が水筒などを逆さまに干してあると、夜中乾いた食器を片付けたキヨちゃんが、その水筒などを乾燥機に入れる。
ただし、きっちり組み立てて蓋までして乾燥機に。乾かないから‼
そのくせ、炊飯器はなんとなく組み立て、その上ふんわりなんとなく乗っけただけだったりで、蓋を開けたらバラけて驚く。
例えば、ペットボトルや調味料の蓋もふんわりなんとなく乗っけただけ。うっかりすると、ひっくり返す。
以上、キヨちゃんあるある。キヨちゃんトラップ。
コメント (2)

ちょっとブレイク

2018-03-29 21:39:14 | ひとりごと

今日も当然残業。
ちゃんとアップ出来ないが、ここ最近の癒し。
ヤマガラが、リュウの抜け毛をせっせと集めているのだ。多分巣にするのかな?
忙しいけど、ちょっと癒される。
コメント (2)

お涅槃、そしてデイサービス

2018-03-26 16:03:02 | うちのキヨちゃん
 昨日はお涅槃だった。お寺でご先祖供養をして貰うのだが、大体寺から遠い地域から順に拝んでいくので、寺に近い私たちの地域は最後である。ただ、新仏様は最初午前中にするので、朝拝んでもらって、一旦帰って午後出ていくパターンだ。しかも駐車スペースが無いので、遠い人は送迎バスがあるが、近所は歩いて行っていた。
 しかし、周囲も高齢化したので乗り合わせて運転手が少し離れた場所に車を止めに行くか、当てが無くて出席しない人もいる。いつも日が決まっているので、平日なら身内に新仏が無い場合は私も休まず仕事だが、今回は日曜でもありスイカのおばちゃんが新仏でもあるのでキヨちゃんと出席した。
 さて、そのキヨちゃんだが、当日朝一悶着あった。と言うのも、お涅槃、翌日はデイサービスと続くのに、お通じが無い。下剤を飲むタイミングを間違えたらえらい事だ・・・と、バッチリ時間を逆算して飲んだのだが、時間はバッチリだったが飲んだ薬の量を間違えたようだ。
 朝、風呂の残り湯もあるしお涅槃は10時半までに行けばいいので、どうせならキヨちゃんの洗濯物をしてあげようと思った。いつもは自分でするが、私が休みの時などは私がする事もある。ところが、洗濯物を観てびっくりである。一体どうやって片づけようかとしばしフリーズした。
 とにかく手洗いし、それから洗濯の「60度除菌コース」と言うのを初めて使ってみた。何と2時間以上かかるのだが、流石に漂白したように綺麗になった。
 それから、「自分でした」というトイレ掃除を確認。それは目の十分見えないキヨちゃんが、起きぬけにした掃除である。当然そこもえらい事になっていた。トイレ掃除をして風呂を沸かしてキヨちゃんも私も入浴。このままでお涅槃にはいけない。
 そんなわけで、くりりんのお弁当は作れなかった。
 お涅槃はキヨちゃんを送り届けて車を止めに行った。いつもはお昼に帰るのだが、姉がお弁当を用意してくれたり、お寺のお接待のおうどんがあったりで、そのまま残っていた。
 子供の頃お涅槃はよく理解しておらず、とにかく出店が楽しみだった。昔はアイスクリームやおもちゃ、今ではあり得ないばくち性の高いゲームなどもあったが、子供が少なくなって、昔からある飴やたこ焼き大判焼き、綿あめや花の苗木程度になった。
 ほぼ一日お寺で過ごし、夜は疲れて早くから寝ていた。ま、何の疲れだか・・・。
 さて、今日はキヨちゃんのデイサービス。くりりんを送り出してから、キヨちゃんをデイバスに送り届ける。それから買い物に。しばらく買い物していないので、無いものばかりだ。リュウやくろべえの物まで買っていると、結構重量もあった。
 戻って、キヨちゃんの布団を取り込む。もうそろそろ、私たちの布団も干せる時期だが、洗濯物を軒下に出し始めたばかりなので、次の休みまで待つ事にした。くりりんの花粉症対策。
 リュウのお布団カバーも洗ったので、リュウは清拭だけした。トリミングは休みだし、家で洗うにはまだ寒い。
 キヨちゃんを迎えに行くと、今日ちょっとデイで近所のおばちゃんとトラブルがあったみたいで辛そうだった。理由は分からないが聞く限りちょっと意地悪された感じで、逆らって場の空気を壊してもと辛抱して戻ったようで、その分悔しかったみたいだ。ま、幾つになってもあるもんだねえ。
 ゆっくりした訳ではないが、やはりお休みは必要。明日は仕事を頑張らなきゃ。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)

オリンピック後の世界選手権は波乱

2018-03-24 23:17:07 | ひとりごと
 オリンピックの後の世界フィギュアは荒れる。とにかく合間が無いし、メダリストは忙しい。ピークを二つ持つのも、心身共にきついだろう。
 今回、女子も男子も色々あって、それはそれである意味ドラマがあった。
 女子。オリンピック4位の宮原知子ちゃんには、メドベージェワ欠場のこの大会、メダルを取れるチャンスだと思った。他の選手も有望だが、いつも通りの演技をすれば2位は行くんじゃないかと思っていた。
 しかし、珍しく転倒があったり飛び急いだと解説されていたジャンプで、このままでは無理だな・・・と思っていたら、上位選手が総崩れであらら・・・銅メダル。本人的にはノーミスしたかったろうから、納得のメダルではないかもしれないが、結果オーライ。だって来年の出場枠が!
 そう、樋口新葉ちゃん!SPの出遅れを圧巻の演技で挽回した。素晴らしい007だ。オリンピック候補で最後まで有力な一人だったのに、2枠しかない代表枠に漏れた悔しさ。それをバネにしたとしても、すごく頑張ったと思う。早朝から貰い泣きしそうだった。
 優勝本命だったザキトワは可哀想な位の失敗。多分、本当に調整が難しかったのだと思う。秋田犬に癒されて、また頑張って欲しい。
 そう考えるとオリンピックで銅メダル、今回金メダルのオズモンドは素晴らしい。
 そして男子。オリンピック王者不在の中、リベンジしたかった田中選手は残念な結果だった。
 オリンピック4位だったボーヤン・ジン選手には是非とも頑張って欲しかったのだけど、体調も万全ではなかったとか怪我の後だとかで5回転倒。しかも採点システムが転倒マイナス1点は2回までで、3回4回はマイナス2点、5回目からは3点減点。つまり9点も引かれるのだ。厳しい。また綺麗な4回転を見せて欲しい。
 結構上位選手がしくじったので、密かに30歳のイスラエルのビチェンコ選手にメダルをあげたいと願ったが叶わなかった。
 ゆづ君欠場で繰りあがった友野選手。自己ベストを大幅に伸ばして、フリーは3位の快挙。トータル5位で男子も3枠を死守した。素晴らしい!
 そして昌磨くん。言い訳しない。
 「足の痛みは良くなっていたので、自分の調整不足。」
攻めて攻めて、3回転倒したけれど、後半で踏ん張ってコンビネーションを3回もこなした。疲労困憊といった感じだった。これも、表彰台は無理だと覚悟したが、銀メダルに届いた。
 他の選手もそうだが、本当に怪我や体調をゆっくりこれから直してほしい。本当にお疲れさまでした。
 あ、大好きなミーシャ・ジーはやはり素敵な世界観を見せてくれた。エキシビション出るかな?
 いつか仕事を退職したら、贅沢に連日会場で観戦したいな。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)

ご褒美

2018-03-22 22:00:26 | ひとりごと


くりりんから、結婚5年目の記念に指環を貰った。
二人で出掛けてあれこれ見て回り、なかなかピンと来るものがない中、可愛くて気になりつつスルーしていた。
というのも、予算をかなりオーバーしていたのだ。
「いくらでも出せる訳じゃないけど、妥協もしちゃダメだよ。」
とくりりん。
悩んで悩んで、どう考えても予算の3倍…は、無理だ。
そう考えていたが、結局、くりりんが、
「ここまでなら出せるよ、後自分で出す?」
と提案してくれた。
で、自分でも少し出す事にして、甘えて頼んだのがサイズ直しされて、今日くりりんが貰ってきてくれたのだ。
そして、私が出すはずだった分もくりりんが払ってくれた。
指が太くて不細工なのが残念。
でも、幸せ。
コメント (3)

結局、私が一番体力ないんじゃないのだろうか???

2018-03-21 17:07:27 | ひとりごと
 昨日も残業だった。本当はどんなに遅くても20時には終えたかったのだが(キヨちゃんが・・・ね)、どうしても急ぐ書類が幾つかあって、結局21時前で止めた。と言うのも、残業続きの総務には、
 「遅くても21時以降はしないように。」
と上から話があったと耳にしていたからだ。が、タイムカードを押す時まだ総務は仕事中だった。お疲れ様である。
 まあ、今年度末と言う事もあるが、いつも以上に忙しい。残業手当を申請していけないわけではないのだが、赤字を分かっていて、なかなか出せる人も少ない現状だ。正直、お金は要らないので時間が欲しい。
 休みに仕事をするのはしんどいので、残業してでも休みは休む。と言うか、休みは休みで予定が入る。しかし、今日は買い物もパスして家で過ごした。幸い雨が降ったりやんだりなのと、昨夜があまりに遅くてキヨちゃんも遠慮したのか、何も要求が無かった。
 なので、くりりんを送り出してから掃除だけして、テレビを観ながら研修資料のまとめなどをしていた・・・って、ま、ちょっと仕事。
 お昼からは炬燵で転がって、1時間ほど眠っていたが、その間にキヨちゃんは雨に切れ間に野菜を収穫していた。
 なんだかんだ、キヨちゃんは元気だ。絶対35歳も違う私より断然元気だ。男性のくりりんは別としても、会社の女の子たちも、女の子じゃなくて先輩たちでも、みんなこのハードワークをこなしながら、誰も倒れたりしない。
 「お願い、私にインフルエンザをくれ!」
と半分本気のジョークを言った子がいたが、そうでもしないと休めないと言う事だ。
 結局、私が一番体力ないんじゃないだろうか?集中力も私はあんなに続かない。効率上がらないと思う。
 とりあえず頑張れるだけ頑張ろう。人はどうあれ、自分の中のボーダーもある話である。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

びっくり

2018-03-19 23:00:48 | ひとりごと
今朝、いつものようにヤマガラにひまわりの種をあげにいった。
やるのは塀の上等2ヶ所。ちょうど家の前の餌やり場から、リュウのいる小屋の方を振り返ると、裏山が見える。
裏山と言うか、すぐ目の前で近所のお墓がある。横辺りはキヨちゃんの畑だ。
そのお墓の上になんと牝鹿2頭がこちらを見て、ぴょーんぴょーんと跳ねて行ったのだ。
目撃した話は聞いていたが初めて見た。
いやぁ、びっくり。家のそばだよ。
コメント (3)

スイカのおばちゃんの一周忌

2018-03-17 16:33:33 | ひとりごと
 今日は実母の一周忌とお兄ちゃん(姉の夫)の十七回忌だった。いずれも、もうそんなにか・・・と思う。
 お兄ちゃんが死んだ時、ピンク(ばあやん)はちょっと物忘れは始まっていたけれど元気だったし、スイカのおばちゃん(実母)は正気だった。タワシのナナちゃんはまだ3~4歳で、下の子は赤ちゃんだった。
 父もまだ透析を始める前だったと思う。父はお兄ちゃんを頼りにしていて、一緒に温泉に行こうねって話も果たせないままだった。
 再来年はその父の十三回忌だ。キヨちゃんはその時90歳。
 「そんなには生きられん。母ちゃんの一周忌と父ちゃんの十三回忌を一緒にしてくれ。」
と笑うキヨちゃん。まあ、笑える冗談だから許せるが、もし病気だったら怒る所だ。
 ここ数日、気分がすぐれなくて、庭の花も見落としていた。梅が小さなつぼみをつけたまではちゃんと見ていたのに、今日気付くと満開だった。

   

   

   

 今の私を、父ははがゆい思いで観ているだろうか?叱るだろうか?慰めてくれるだろうか?
 頑張らなくては。とにかく、頑張るしかない。今は・・・。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)

いのち

2018-03-15 21:54:53 | じいとんばあ
 幼い頃、
 おばちゃんが大事に育てたミドリガメ
「カメさん」
 って呼ぶと顔を出した

 子供特有のわがままで 
 欲しがって欲しがって
 おばちゃんは 私にゆずってくれた

 なのに 餌のやりすぎちゃいけないとか
 水をよく換えなきゃいけないとか
 幼い私には分からなくて
 どれほどもしないうちに 死なせてしまった

 小学校の帰り道
 子猫の鳴き声に足をとめた
 排水溝にハマっていた子猫を拾って帰る
 当然 親に叱られて
 泣く泣く 近くの山に枯葉をいっぱい敷きつめて置いてきた

 でも・・・
 当然 次の朝には冷たくなっていて

 思い出せば
 気まぐれや 不注意で
 沢山 沢山 命を奪って来た
 無知や 思い込みで
 沢山 沢山 失って来た

 私は・・・
 いのちの現場にいてはいけない人間なんじゃないだろうか・・・

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (2)

毎度毎度同じ疑問だけれど・・・

2018-03-13 21:54:21 | ひとりごと
 昨日遅くに帰って、仕事が追いつかないので、今朝は1時間早出して、結局家についたのは20時前。年度末と言う事を差っ引いても、することが一杯で追いつかない。一つにはあのインフルエンザで寝込んだ日のしわ寄せが、まだ尾を引いている。
 他の部署も年度末もあるのだろうが、慢性的な人手不足。その日の仕事はこなしても、やるべきデスクワークが残ってしまう・・・というところか。残業しても、どこかは絶対残業していて、
 「私の方が早いんだ。」
と感じながら家路につく。
 郊外から都心に働きに出ているお父さんのように、最近キヨちゃんの寝顔を観て出掛けて寝顔を戻ってみる日がある。どうなんだろう、これって。
 本当に、この業界だけではないのかもしれないが、この状態が続くのは正常ではないと思う。責任感とかモチベーションが続いたとしても、持たないんじゃないかな、身体も心も。
 う~ん。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください。
コメント (3)