すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

いよいよ今年もあと少し

2010-12-30 22:28:03 | ひとりごと
 昨日は会社で大掃除をした。昨年は二人とも年末ぎりぎりまで担当様の用事があったためか、掃除も窓拭き程度しか出来ず、資料の片付けは出来ずじまいだった。
 今年は昨日が二人出勤で担当様との約束もない日だったので、一昨日から少し始めていた大掃除を本腰を入れてやった。
 公用車を洗って、まず外回りの掃除から始めた。気になったのがツバメの巣。いくつもあって、毎年帰ってきては「リフォーム」して使っている。しかし、一度は壁も洗いたい。
 「来年は新築してもらおうか。」
とこの巣も落として洗った。高い位置に藁に粘土をうまく絡めてあるので、なかなか崩れない。同僚が塀に登って水で流しながら棒擦りで落とした。
 ツバメの巣は突起物の上に作る場合が多い。それを台にして上に乗せていくのだ。建物の壁にはそういう突起物が多く、格好のベースになる。彼女が洗っている間に、次のターゲットのある台所の窓を閉めに中に入った。
 ところが入ってみると私の机の上に雨が!!!そう、突起物は換気扇の換気口だったのだ。洗った水が入り込んで、換気扇から雨となって降り注いでいた。慌てて窓に向かってバッテンマークを作る。
 時既に遅し。書類もカバンも水浸しである。幸い捺印をいただいたものなどの書類は無事だったので、被害はほとんどなかったが、余計な仕事が増えた。
 その後は昨年出来なかった分も頑張った。途中私がカンファレンスに出た間に彼女が残りの書類を片付けてくれ、来客のある私が定時で終えた後、拭き掃除まで彼女がしてくれたようだ。
 私は今日残りの仕事と掃除の残りをした。年末雪が降るというので、一人暮らしのおばあちゃんの家族に電話。雪で家族が帰れない場合、そして大雪だとヘルパーも行けない場合を想定して、どうするか相談した。結局おばあちゃんで何とかなる食材を明日ヘルパーがとどけることになった。
 明日は彼女が出勤して一通り掃除してくれる予定。何とか会社での1年が終わった。う~ん、明日はキヨちゃんと買い物だが、雪は大丈夫か???

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
 


 
コメント (5)

間に合うかな?

2010-12-28 22:17:08 | ひとりごと
 仕事は後二日ある。忙しくて年末の買い物にも行ってなければ、大掃除もまだ済んでいない。
 実は前にしようとして頓挫した家のリフォームを、来年からすることになったのだ。だから、少しずつ大掃除だけでなくて片付けているのだ。
 思い切って処分できるものは処分して、すっきりと生活したい。う~ん、しかし間に合うのか?とにかくダンボールに引越しするみたいにちょっとずつ梱包する。
 明日は会社でも大掃除をしよう。まだお約束もデスクワークもあるけれど、何とか目処は立った。あと少しがんばろう!!

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
 

コメント (2)

やっぱり見ごたえあった全日本フィギュア

2010-12-26 22:15:40 | ひとりごと
 全日本フィギュアを見終えた。昨日から感動しっぱなしだ。
 まず、浅田真央ちゃんの復活が嬉しい。昨日のSPでは完全復活とはいかないものの、今までの苦労を見ている1ファンとしては、その姿に涙が出た。
 村上選手の勢いも素晴らしい。そして、若手に混ざって20代最後のクリスマスを最終グループに残る健闘を見せた村主選手も素晴らしかった。
 残念ながら鈴木選手は及ばなかったが、四大陸までにはきっとまたいい演技を取り戻してくれると思う。
 そして圧巻の安藤美姫選手のフリープログラム。モロゾフコーチが泣くんじゃないかと思ってしまった(振り向いた顔がそんな感じだったから)。
 男子も感動が一杯だった。グランプリシリーズでハプニングがあったので、完全な状態ではなかったはずだが、高橋選手のフリーには感涙した。小塚選手のSPも圧巻だった。初制覇も素晴らしい。まあ、逃げ切りという感じでフリーはちょっと残念だったので世界選手権が楽しみだ。織田選手も安定していた4回転が今回不発だったので、是非4-3-3が観たい。
 明日はエキシビション。仕事をちゃちゃっと片付けて帰ってこよっと。

*こんな写真が出てきた。昔はこんなに雪が降ってたのね。私とじいやん。




にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

クリスマス・イブ

2010-12-24 22:38:25 | ひとりごと
 世間はクリスマス・イブである。本当はすごく忙しいので、まだまだ仕事が追いつかないが、今日からフィギュアスケートは全日本フィギュアだし、ケーキも買っていたので19時前で仕事を終えた。


 普段は翌日仕事がある場合は飲酒しないが、今夜は少しワインを飲んだ。って、クリスマスメニューがあるわけではない。おでんで一杯(笑)。ケーキは父にもお供えし、キヨちゃんと少しずつ食べた。キヨちゃんはイチゴがすっぱいと、イチゴは私にくれた。またリュウがおねだりするので、少しクリームを鼻につけてやった。
 みんなはどんなクリスマスをしているのだろう。サンタさんは来ただろうか?ま、家には子供の頃からサンタさんは来なかったのだけど・・・。
 明日も仕事だぞ!年内に大変なおじいちゃん、おばあちゃんの問題は解決しますように!!!

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (4)

キヨちゃんマイブーム

2010-12-22 22:53:58 | うちのキヨちゃん
 今キヨちゃんがお気に入りの人がいる。それはものまねタレントの青木隆治さんである。最近はテレビにひっきりなしに出ているので、すっかりファンになってしまった。
 まず歌唱力が素晴らしい。そしてキヨちゃん好みの綺麗な顔をしている。もちろん、キヨちゃんが分かるのは「美空ひばり」のものまねだけで、他の歌手は似てるのかどうかも分からない。それでも「歌が上手い」事は分かるので、出演している時はかぶりつきだ。
 昨日はものまねのトーナメントがあった。キヨちゃんは私が残業して戻るとチャンネルを見つけられず、一回戦を見逃していた。なので、キヨちゃんは頑張って決勝戦まで見た。
 決勝はキヨちゃんも知ってる「まいけ~るさん」だったので、まあ、分かったかな??残念ながら負けてしまったけれど、コロッケさんや優勝した原口さんのものまねにも親子で爆笑だった。
 今年もあと少し、こうやってキヨちゃんと年末まで笑っていたいな。

にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (3)

大掃除大掃除

2010-12-20 15:52:40 | ひとりごと
 今日は冷蔵庫と神仏と電灯、エアコンの掃除をした。冷蔵庫は食品が入る場所であるのに、何だってこんなに汚いのだ・・・・。掃除が終わったら「ビフォー・アフター」の写真を見比べたい気分になったが、余りにビフォーが汚いのでとてもアップできず・・・。
 まいどさんにアルコールで拭くといいと聞いていたので、今年は拭いた後にアルコールで拭きなおしした。お陰ですごく達成感がある。冷蔵庫は食材を気をつけて見ているつもりだったが、やはり奥から忘れられていた漬物などが出てきた。冷凍庫はあろうことか、キヨちゃんがドアを閉め忘れ・・・というか、入れる方向が悪く閉まらない状態になっていた。一体いつからだったのか、結構な食材が解凍されていた。刻みねぎやしょうが、冷凍バナナは諦めた。他のものは目を瞑って再凍結。
 仏壇はキヨちゃんが前日に掃除していたのだが、身内に不幸があったので神様は私の担当。掃除していてふと仏壇の天井は埃があることに気がつく。そう、キヨちゃんの身長では見えない届かない。エアコンは脚立に登ってみて見なかった事にしたかったと思った。科学雑巾みたいなもので、ちゃちゃっとはしているのだが、台所のものは油がやはり舞うのかどろどろだった。当然冷蔵庫の天井も同じである。
 電灯は外すのも肩が凝る。拭いて戻すのも肩が凝る。すごく嫌いな場所である。
 ついでにバカになってしまったアコーディオンカーテンを取り外したが、ネジ穴かドライバーかがバカになっていてなかなか外れず、これまた肩が凝った。
 さて、今夜はもうひとりのばあやんの「たつみ法要」今からお風呂に入って出かけよう。


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)

キヨちゃん最新作

2010-12-19 19:58:46 | ひとりごと
奇跡的にサイズが合ってる。どうやって注ぐつもりなんか…。
コメント

オペラ座の怪人

2010-12-18 22:22:14 | ひとりごと
 昨夜「オペラ座の怪人」の映画のテレビ放送があった。この映画は劇場に見に行った作品だ。当時はまだ、年に1本や2本は映画を見に行けたのかな?
 吹き替えの映画の場合、歌の部分はそのままで台詞だけ日本語と言うパターンがあるが、これはミュージカルでほとんどが歌である。だから、劇団四季の俳優人で吹き替えが行われていた。
 オリジナルの歌声も素晴らしかったけれど、吹き替えの歌もとても素晴らしかった。ミュージカルや洋画に全く興味のないキヨちゃんも、劇中の歌声に
 「すごいなあ、あんな綺麗な声でよう歌えるなあ。す~っとするなあ。」
と言っていた。衝撃的な場面までに寝てくれたので、怖くて眠れないなんて事にはならずに済んだ・・・って子供か(笑)。
 オペラ座の怪人は好きで古いものもテレビで見たことがある。確か私が知ってるだけでも3本はあったと思う。1本は全く原作とは違って、現代のバレエ団が舞台でミステリーと言うかホラーだったような・・・。後二つは今回の映画の解釈と近いものと、ファントムが支配人の隠し子だという設定で、支配人が彼を最後に殺すという切ないものだった。
 シャンデリアのくだりも、主人公の少女がファントムのお陰でソロを歌う事で嫉妬を買い、何か仕掛けられたので、それに激怒して・・・だったような・・・。曖昧な記憶だ。
 う~ん、見比べたくなった。もちろん映像美は言うまでもなく最新作が一番素晴らしい。どなたか、古い映画の事知りません????


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)

手紙

2010-12-16 22:36:57 | ひとりごと
 年末の大掃除をしていて、今年は思い切って手紙を処分する事にした。もちろん全部処分するわけではないが、何しろ子供の頃から手紙は捨てられなくて恐ろしい量になっている。今はメールが主流だが、昔は手紙がほとんどだったのだから。
 それぞれに思い出があるので、どうしても思い切れなかったのだが、ひとつひとつ読み返しながら「ゴミ」に出すのは悲しいので、本当はダメなのだが庭先で燃やした。手紙を燃やすなんて、失恋した手紙を燃やして以来か。一体どれほど昔の話だ。
 手紙を読みながら色んな思い出がよぎってきた。メールと違ってこちらの履歴がないので、相手の手紙の意味が分からないものもあった。
 「すずちゃんも色々大変だったのね。」
って私に何があったのだ?過ぎてしまうと忘れてしまうものだ。また、若いときの「恋ばな」にも
 「えっと、この時彼女はどの彼だったっけ?」
としばらく考える。
 ものすごくまめに手紙のやり取りをしていた、「文通相手」。会った事もないそういうお友達が何人かいた。いつどういう事情で疎遠になったのか思い出せない。住所が変わったとか、不幸ごとがあって年賀を出せなかったのを最後だったり、忙しさにかまけてなど色々だろうが、みんなどうしているのだろう。
 小学校6年生の頃、友達の家の畑に風船が飛んできていた。引っ込み思案の友人は返事が出せず、私が代わりに書いた。相手は愛媛県の小学1年生で、全校生徒で唯一人返事が来たと喜んでくれ、それから彼女が短大生になるまで手紙だけの付き合いがあった。
 東京に家族で引っ越すという手紙を最後に、文通は終わってしまったが彼女もいい「おばさん」になってるだろうな。
 こんな調子で大掃除・・・終わらないかも・・・。


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (4)

親子漫才

2010-12-14 18:38:06 | うちのキヨちゃん
 うちのキヨちゃんは先月銀行に行った。記帳してもらう事と、定期預金が満期になったとの連絡があったので、聞きに行ったらしい。お正月もあるし、ある程度のお金を引き出したいと考えたようだが、当然銀行のお姉さんは
 「定期預金を崩すのはもったいないですよ。普通預金から用意されますか。」
と言ったようだ。
 勿論キヨちゃんがそのままの台詞を覚えているわけではない。
 「定期崩すのは惜しいけん、赤い通帳持って来いって言うた。」
という具合である。また郵便局でも用事があったので、この時期年寄りが通帳と印鑑を持ち歩いて、大声で金額なぞを話したらいかに田舎でも「狙い目」になりかねない。そこで私が休みに同行した。
 銀行の窓口に着くなりお目当ての「お姉さん」の前に行き
 「はい、○○です!」
と大声で名乗る。しばしの沈黙の後、お姉さんは困ったような顔になる。当然である。いかに田舎といえどもキヨちゃんがどれほどの有名人だと言うのだ。しかも、用件を言わねば分かるまい。
 「母さん、用件いわな。」
 「うちゃあ、この前、この人と話した。」
お姉さん更に困る。
 「申し訳ございません。お顔は覚えておりますが、用件を忘れてしまいました。」
・・・。お姉さんは悪くないのよ。
 キヨちゃんは笑いながら
 「ああ、ほうじゃわなあ。この前な、定期が満期になったっていうたけんど、崩すのは惜しいけん、赤い通帳持って来いっていうけん持ってきたんよ。」
 「ああ、そうでしたね。では拝借します。」
 通帳を見せて確認してもらう。
 「急ぎはせんのじゃけどな、○万円くらい下ろしたいんじゃ。」
お姉さんは用紙を用意してくれる。キヨちゃんは教えられたとおりに記入する。そこで私が預かっていた印鑑を出す。
 お姉さんは
 「それでは○万円後用意させてもらいますね。」
と手続きしようとすると
 「いやいや、急がんのじゃ。預かっておいて。」
?????さらにお姉さんも????
 「はい。お預かりはしますが(銀行だから)。」
 「ほな、預かっといてな。」
????
 「母さん、今お金下ろすんじゃないん?」
 「うん、急がん。」
 「ほんなら、何しに来たんで。」
 「赤い通帳もってこいって言うたけん。」
 「ほりゃ、下ろすというたけんやろ。ほな、今日はお金いらんのじゃな。」
 「うん。」
 「なんのこっちゃ、訳分からんわ。」
 こんな親子漫才を繰り広げ、奥の職員さんまで笑いをかみ殺しているのが分かった。お陰で肝心の
 「すいません。お騒がせしました。」
を言い忘れ、物凄く失礼な親子に無駄な時間を使われた事件になってしまった。
 年末ボケ収め・・・・だといいなあ。


にほんブログ村 介護ブログ 介護職へここをクリックしてお立ち寄りください
コメント (2)