すずしろ日誌

介護をテーマにした詩集(じいとんばあ)と、天然な母を題材にしたエッセイ(うちのキヨちゃん)です。ひとりごとも・・・。

久しぶりの憧れのDr.との再会。

2020-10-21 15:38:51 | うちのキヨちゃん
 うちのキヨちゃんの主治医は松山市内にいる。と言うのも、キヨちゃんの後縦靭帯骨化症の執刀医だからで、手術のあと数年で松山の実家の病院を継がれたからだ。
 常に通うのは無理なので、年に数回診てもらい、後はかかりつけ医に診てもらっていたが、このコロナ騒ぎで1年近くご無沙汰していた。
 しかし、リハビリの指示書も書いてもらわなくてはならず、今日くりりんも休みを取ってくれ、3人で松山に出かけた。
 久しぶりに先生に会えるキヨちゃんは遠足状態で、おやつや飲み物も車に準備。高速を使って2時間半、早かったらもう少し早くつく計算だが、キヨちゃん的には5時間ほどかかると思っていた。
 朝早い時間に食欲のないキヨちゃんには、途中コンビニでおにぎりを買い、車中で朝ご飯と内服をしてもらった。病院到着は10時。患者さんは多かったものの、コロナ対策か診察はどの方も短めで、キヨちゃんの順番もすぐに来た。もう、顔を見るなり涙ぐむキヨちゃん。会いたくて会いたくて仕方なかったDr.である。先生と会うだけで元気を貰える、こんな先生に巡り合えたのはキヨちゃんはラッキーである。
 「お元気そうで良かった。お元気でいることは訪問看護の看護師さんから報告を貰っていたから知ってたけど、お変わりないですか?」
 「実は先生、コロナのステイホーム自粛のストレスもあって、ちょっとお酒過ぎまして、肝臓が引っ掛かり、今禁酒中です。」
と先生の問いに私が小声で答えた。
 笑いながら、
 「ようけお酒飲んでたのかな?」
そう聞くDr.だが、キヨちゃんは多分胸いっぱいで聞こえていなかった。
 それから触診。
 「確かに反応は少しずつ進行しているようだけど、まだまだ大丈夫。また時々でいいから顔見せに来てね。」
先生は笑顔でそう言ってくださった。
 良かった。これでしばらく元気でいられる。
 本当は帰りに近医でインフルエンザ予防接種もしたかったのだが、うっかりしていたのとキヨちゃんも疲れていたので日延べすることにした。ただ・・・、ワクチンが品切れになる不安はある・・・。しかし、私ももう休みがないので、どうにもならない。
 まあ、なるようになるか・・・。

介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください

コメント

お祭り前夜

2020-10-18 21:27:21 | うちのキヨちゃん
 明日はこの地域の秋祭りだ。私もくりりんも仕事で参加出来ないから、キヨちゃんだけ送り届ける。とは言え、子供も地元におらず、他所から来てもらっていたここ数年、更にコロナのせいもあり、今年は相撲もない。
 いつもお祭りはキヨちゃんが山菜おこわなど作っていたが、めっきり台所に立たなくなった。
 今日は前夜なので、寿司でも食べようかと話していたら、思いがけず、ご近所さんから里芋入のばら寿司を頂いた。更に親戚から甘酒も頂いた。ありがたい話である。
 さて、くろべえはホルモン注射を週一回に変更したものの、受診のタイミングご合わなくなるから、ドクターに相談して、日曜ごとに行くことになった。
 なので、午前中受診して、夜は簡単にサラダ巻きといなり寿司にしたが、頂いたばら寿司もあるから、寿司三昧だ。なんだかんだ2合以上の米を3人で食べた計算。(勿論キヨちゃんは3分の1食べるはずも無いから、私とくりりんの胃袋だ)
 お祭りだから少しだけマグロの赤身を食べたが、くろべえも一切れ食べられた。食欲があるのは嬉しい。
 さっきチーズケーキが焼けたので、今から切ってお供えしなきゃ。


   
コメント (5)

キヨちゃん、女子会。

2020-10-17 23:41:07 | うちのキヨちゃん
 田舎で暮らしていると、年老いた親の行く末について、どの家庭でも遭遇する問題がある。
 地元で就職している家族がいれば、跡取りが一緒に暮らしている場合もあるが、田舎で仕事が無ければ、親元を離れて就職し、その土地で家庭を持つ事も多い。
 その場合、親が歳をとると選択肢を悩む事になる。
 私の場合は父の病気の事もあり、跡取りでもあり、仕事を辞めて地元に戻った。そして今に至る。そうやって、途中で退職して戻る場合もあれば、一人暮らしの親を時々訪問しながら、定年退職後などに親元に戻る家族もある。
 または、一人暮らしの親を心配し、子供たちの家に来てもらうと言う選択肢もある。
 また、親の状態によっては施設入所と言う選択肢もある。勿論、認知症や傷害などで十分介護が必要な人の場合もあれば、そこまでではないが、独居では不安であり、軽費老人ホームなど集団で見守りのある施設を選ぶ場合もある。
 そして、施設に入る場合も、住み慣れた地元の施設なのか、はたまた子供たちの近くの施設なのか、悩む所でもある。

 近所のおばさんが、今月他県に引っ越すことになった。それこそ、結婚以来ずっと地元にいた人だが、子供さんのいる所へ行く事になった。
 「ずっとここで暮らせると思っていたけど、歳を取ったら子供の言う事も聞かな。」
と涙ぐみながらおばさんは言った。
 そんなわけで、今日はキヨちゃんに女子会をセッティングした。今、地元の施設も面会は制限されているのだが、蜜を避けるように「いきいきサロン」での面会は許可が出たので、お友達も含め3人で少しだけ話をして貰った。
 とは言え、キヨちゃんも他のおばちゃんも歩行器レベルなので、軽自動車で一度に運べずピストン輸送だった。事務所の人が早くから暖房も入れてお湯も沸かしてくれていたので、お茶を入れて3人水入らずで話をして貰った。その間私は会社でデスクワークをして時間を潰した。
 本当は話つきないのだろうが、1時間ほどして迎えに行った。声掛けしてからまたピストン輸送。滞在時間は1時間半ほどだったが、笑ったり泣いたりしながら色んな話をしたようだった。
 キヨちゃんがもう一人のお友達に、
 「〇〇ちゃんはどこにも行かんとってよ。うちが死んでからならええけど、生きとるうちにおらんなったりせんとってよ。」
と言った。
 別れは寂しいものである。しかし、家族にしても色々悩んで一番の方法を考えているはずだ。
 コロナが早く終息すればいい。そうすれば県外であってももっと簡単に行き来できるようになる。
 「コロナが治まったら、またおばちゃんも家にも戻るし、母ちゃんも会いに行けるよ。」
車の中でそう励ましたが、キヨちゃんもおばちゃんたちも年々年老いる。いつまでもはアクティブに動けない。お友達にも姉妹にも親類にも、数沢山合わせてあげたいと思っているのだが・・・・。

介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください


コメント

惜しい!

2020-10-15 19:43:20 | うちのキヨちゃん
 今日は父の十三回忌だった。昨日半日休みを貰い準備したが、コロナ禍なので、家族だけでお寺でした。
 父はくろべえが大好きで、くろべえも父の事が大好きだった。父の散歩に私が付き添えば、くろべえも付いてきていた。
 父が死んでしまうと、毎日父を探すようにベッドで泣いていた。
 そう考えてみても、くろべえは長生きだ。今日法事の後通院したが、点滴は継続しなくてはならないと言われた。
 キヨちゃんとの攻防も大変で、毎日のように脱走されては、訪問した人に探してくれたりとご迷惑をおかけしている。
 なので、今日はハーネスとリードを買ってきた。昼間はキヨちゃんが間に合わないので、繋いで貰おう。
 ところで、キヨちゃんの何にでも名前や日付を書く癖だが、ちょっと惜しかった。



まあキヨちゃんらしい(笑)
コメント (2)

くろべえの困りごと

2020-10-13 21:48:38 | うちのキヨちゃん
 今朝は早く出勤の日だった。珍しくキヨちゃんが起きていると思ったら、昨夜眠れなかったらしい。何でも、回復したくろべえが、鳴いてはキヨちゃんの出窓に上り、出窓に置いてある写真立てや卓上カレンダーなどを落とし、窓を開けろと催促したらしい。そう、ここから脱走できると知っているのだ。
 さらに困ったのは、寒くなって炬燵を出したので、くろべえは今猫ベッドではなく炬燵で寝ている。それ自体はいいのだが、痩せている上に布団に引っかかって、おむつが抜けてしまうのだ。で、おむつをしていない状態で、座布団(しかも仏さまの)に排せつする・・・。
 そこで、とりあえず介護服を買ってみることにした。イメージとしては良い感じだったのだが、痩せっぽっちではあるが大人なので、サイズが合わない。

     

 こんな風になるはずだったのだが、サイズの小さいものは子猫用だったので、流石に尺が短かった。しかも、地味だとキヨちゃんに文句を言われる。
で、結局とりあえずは、オムツのマジックテープ部分をガムテープで止めると言う方法でしのぐことにした。残念ながら買ったばかりの服は無駄に・・・。
 何とか太ってくれたら安心なんだけどなあ・・・。

介護ブログ 介護職へ ここをクリックしてお立ち寄りください

コメント (2)