海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。「海上」とは上海の逆で、新しい上海という意味。更新は不定期。

GFX50SとMD Rokkor45mm f2

2017-11-29 | GFX50R+オールドレンズ

MD Rokkor45mm f2+GFX50S

 

GFX50S+MD Rokkor45mm f2 開放 新華路のテーラーで

 

GFX50S+MD Rokkor45mm f2 開放 新華路で

 

GFX50S+MD Rokkor45mm f2 開放 新華路にあるレリーフ

 

旧ミノルタのロッコールレンズは好きなレンズが多いのだが、このロッコール45mm f2はGFXに取り付けても4x3のフルフォーマットを完全にカバーしてくれるのと、GFXで使うと35mmカメラ換算で焦点距離35mmになるのでとても使いやすい画角が得られる。今、日本でロッコール58mm f1.4(4x3をカバー)をOHに出しているのだが、この58mmをGFXの標準レンズにする事にしている。同じ58mmでトプコール58mm f1.4も持っているが、4x3をカバー出来ないのだ。

このMD Rokkor45mm f2は、パンケーキに近いレンズでとてもコンパクトなのと重量も約130gと相当軽い。これは鏡胴の大部分がプラスチックで出来ているからだが、普通このタイプのレンズ構成はテッサータイプが多い中、めずらしくガウスタイプのレンズで開放値もf2と明るいのが良いのと、描写もミノルタらしくギスギスしない軟らかい描写に好感が持てる。

以前のブログで65mm以上のレンズはGFXの4x3をカバーすると書いたが、それは一応の目安でレンズによっては200mmレンズでもカバーしない物もある。それは、鏡胴の造りによってケラレが発生する事があるので必ずテストした方が良い。それと、35mmカメラ用に設計したレンズをフォーマットの大きい44x33で使う事は、元から無理がある事を理解して使う事ね。

本日は、この45mmだけを持ってテスト撮影と65x24のリハビリに出たが、雨がひどくなったので中止し映画館横のスーパーで食料品の買物。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« GFX50S+PC Nikkor28mm f3.5... | トップ | AlipayとWechatpayで現金不要 »

コメントを投稿