海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。「海上」とは上海の逆で、新しい上海という意味。更新は不定期。

上海のレストランに出前一丁が

2019-09-17 | 写真日記

七爺茶擋と言う名の麺屋

 

出前一丁がメニューに

 

香港製造の出前一丁

 

数日前に元アシスタントと一緒に、最近行列が出来ている香港系の七爺茶擋に行ってみた。私は店に並ぶのが嫌いなので、昼食時間を避けて早めに行ったら問題なく入れた。七爺茶擋という名の店は、香港の有名俳優陳小春が関わっている店だそうで、私好みのあっさり系スープ麺。菜単(メニュー)をめくると、香港の麺や私の好きな潮州の米麺に混って、何と日清のインスタントラーメン「出前一丁」に牛肉が乗っている麺が40元(約620円)で出ているのを発見。ちょっと自分の目を疑ったが、調理場を見ると出前一丁の袋詰めが堂々と並んでいたので間違いない。香港では出前一丁が今でも人気があるとは聞いていたが、まさか他の普通の麺と一緒にレストランメニューに乗っているには驚いてしまった。

実は、自宅近くの外資系スーパーで買った日清の出前一丁5袋入りが自宅に置いてあり、一月に一度くらいは食べている。もちろんこれを作る時は卵や野菜を入れて作るのだが、昔ながらのごま油が懐かしいけれど特別美味いと思って食べた事はない。私の場合は、この麺を軽く下茹でして焼きそばにした事もあるが、最近は自宅近くに麺屋がたくさん出来たので、麺は外で食べる事の方が多い。また、日系のラーメン屋も上海にはあるが、ほとんどが豚骨スープなので行かない。

インスタントラーメンの出前一丁が約620円もするのであれば、岡山の「まるまつ」の麺が500円は、恐ろしく安すぎると思わないかぁ。

★このブログを書いた後に、店の前に並んでまで食べるという行為が嫌いな私が、先月に開店と同時に並んで食べた新宿東口ビックロ近くの「はやし田」の醤油ラーメンを思い出してしまった。


 

コメント

花屋の飼猫が子供を

2019-09-15 | 写真日記

花屋の猫親子

 

一月に何度も行く倉庫の隣に花屋があるのだが、久しぶりに行くと雌の黒猫が子供を産んでいた。子猫は一匹しか見当たらないので、他の子猫は貰われたと勝手に推測。この黒猫は確か約一年ほど前に生まれた猫のはずだが、すでに誰かに一発やられてしまったようで、もう母猫になってしまったようだ。この黒猫、普段は私に寄ってこないのだが、この日はずっと私の足にまとわりついて離れなかった。そして、突然植木鉢の隅から現れたのが耳デカすぎ子猫のキジトラ。

上海には野良犬は居ない。今世紀に入ってから飼い犬にはICチップが埋め込まれ管理が厳しいからだ(一説によると二匹目の飼犬は登録しない人も)。でも、猫の野良はけっこう見かけるが、ちゃんと面倒をみる市民も多い。ただ、みんな他人に迷惑をかけないように、こっそりと餌やりをしながら見守っている人達が多いのが今の上海。日本の一地域では、野良猫を捕獲して去勢し元いた場所に放して面倒をみる地域も増えたようだが、大陸ではそこまで進んでないのが現状。私の周りの上海人の女は、ほとんど猫を飼っているし、爬虫類女子も多い。こちらも都会人女は、晩婚が増えた証拠かも知れんな。

★そう言えば、大連路にあるアリババが経営する会員制食品スーパー盒马鮮生では、中型犬くらいならすっぽりと入りそうな専用カートが用意されていたので、ペットを連れたまま店内で買物が出来るようだ。こんなのイイね。

 

コメント

常に災害から自分を守る最低限の機器

2019-09-13 | 写真日記

常時私のバックに入っている物

 

台風災害で千葉が大変な事になっているようだ。被災した人達には怒られるかも知れないが、上海から日本のネットの情報を見る限り、過去あった自然災害の教訓が生かされてないような情報がかなりある。毎年のように自然災害に見舞われている日本だが、昨年の北海道の地震による停電の教訓が生かされてないと思うな。実際に自然災害に被災した人達数人から直接話を聞いた事をまとめたのが以下。

●助け合う事は大事だが、他人に期待しない方が良い。(みんな条件は同じ)

●スマホは情報の受発信の命綱(通話よりSNS)

●スマホ用充電バッテリーは必需品(出来ればソーラー充電タイプLED付き)

● 乾電池タイプのラジオは持っておくべき(最近は音声のみだがTVも受信できるタイプ)

●カセットコンロがとても役に立つ(暖をとる事も出来る)

●最低でも二日分の水と保存食を自宅に用意しておく事(薬もね)

●携帯トイレと防災アルミ毛布は必需品(ウンコも出るからね)

以上が最低限必要な物で、後はそれぞれの環境があるので個々人で考えれば良い。今回のように携帯の基地(アンテナ)が停電や破損した場合にはスマホは役に立たないだろうが、それでもいつでも使えるように常にバッテリー容量は電池切れにしない方が賢明。忘れないで欲しいのだが、スマホのアンテナがまったく立たない場合は携帯を切る事。(スマホは一生懸命電波を探そうとするのでバッテリーの消耗に繋がる)

上の画像は、日本でも上海でも私のバックの中に常時入れて持ち歩いている物。スマホは2台でiphoneはドコモ系の格安simを入れてあり、アンドロイドはソフトバンク系の格安simと中国のsimのディユアルスマホで、例えば日本のどちらかのネットワークがダウンしても片方が使えるかも知れない。バッテリーは、ソーラー充電が出来るタイプ。そして、TV電波も受信出来る乾電池式携帯ラジオだ。

★ソーラータイプの充電バッテーは、通常ACでフル充電しておく事。緊急時に太陽光のみでフル充電するには50時間ほどかかるようだが、光があれば何処でも充電出来るので空っぽになる事はない。私はこの同じタイプのバッテリー(PSE取得商品)を東京の防災袋に入れてある。

★後は、体力を温存しながら救助を待つしかない。

★あんたの用心深さは何処からくるの?と言われる事があるが、カメラマンというのは常に最悪の条件だった場合というのが頭にある。なので、常に予備のカメラや照明機材なども含め、現場で何とか撮影を終えなけらばならないからだ。つまり、それが体に染み付いてしまっているという事だな。

コメント

旅の予約サイト

2019-09-11 | 写真日記

 

私が旅に出る時の予約サイトはHotels.comとBooking.comの2社で、日系の予約サイトはほとんど見ない。理由は使いにくいのと海外の宿に弱いからだ。最近はHotels.comをメインに使っている理由は、10泊すると次からの1泊が無料になるからだ。温泉宿などは夕飯付の宿が多いが、私の場合は朝食のみをセレクトする事にしている。日本の場合、何処の宿に泊まっても夕食のメニューはほとんど同じだと思って良い。刺し身天ぷら肉がメインで、肉なんて地元のブランド牛を売りにしているが、日本の肉であれば何処も美味しい。また、量が多すぎるのも問題。という事で、夕飯は地元の古びた小さな居酒屋で、食べたい物だけオーダーして地酒を呑むのが定番になっている。

宿を選ぶ場合に私が重要視するのは、大きな風呂がある宿を重点的にチョイスする。それは、上海在住時には自宅にバスタブがなく、シャワーしか付いてないからだ。こちらでは、バスタブが無いマンションは結構多いので、ゆっくり足を伸ばせて浸かる大きな風呂は私にとって最高の贅沢なのだ。私が日本でよく泊まる宿は、ドーミーインと三井ガーデンホテルと九州では西鉄系のホテル。どの宿も大きな風呂が完備しているのでとてもリラックスできる。

予約サイトの話にもどるが、Hotels.comもBooking.com関西方面の宿を検索すると、普通の宿にラブホが混じって掲載されているので注意が必要。最近はさすがに18禁と表示されるようになったが、一見してわからない場合も多い。ただ、海外から日本に来る人達には評判が良いようで評価は高い。それは、部屋が広いのも一つの理由。以前、大阪でタクシーに乗った時にドライバーから勧められたのが、ラブホの一人利用だ。最近は旅行者用に出入りが自由な宿も多く、普通のホテルとして利用する日本人も増えているようだが、普通のビジネスホテルよりやや値段が高い設定になっている場合が多い。一発ホテルなんて日本独特の文化なので、海外の人達には区別がつかないのだろうが、インスタばえはするかもね。

旅のサイトに関連しているよく出来た記事を発見したのでリンクしておきます。それは、「海外旅行をはじめからていねいに」というサイト。とてもわかりやすく解説しているので、きっと役に立つと思うよ。

 

 

コメント

雨時々豪雨の上海

2019-09-07 | 写真日記

なんだか楽しそう 

 

 

さすがに年季の入った人は開き直って電話中 

 

昨日は、朝の7時頃に豪雨の音で目が覚めた。台風の影響での豪雨だが、1時間ほど続いたのでちょっと心配になり外へ出てみるとアパート前の路が冠水。先月は私が日本滞在中に、上海市内の一部が冠水し車も相当被害にあったと聞いている。

上海は比較的台風が寄り道しない都市なのだが、数年に一度道路が冠水するほどの大雨が降るので、地下室は危険と上海人に教えられた。上海は元々沼地だった場所なので、旧城内の現在の路は昔は水路だった。それを埋め立てて今の道路となっているので、水捌けは相当悪い地盤。という事もあり上海は地盤沈下が激しい場所も多い。

上海人は長靴を履かない人が多いので、こんな日もスニーカーやパンプスで歩く人が多い。この路でしばらく様子を見ていると、もと来た道に戻る人やつま先立ちで突破する人やオバハンの様に開き直る人もいて様々。でも、こんな日の上海在住の白人達は、当然長靴を履いて外出する人がほとんど。当たり前の事だが、私もこの日はColemanのロング長靴を履いて外に出たので水溜りを歩くのが楽しいくらい快適。以前、この長靴を履いて上海のカメラ屋に行くと、お前は農民か?と言われた事があるが、その後二人で外に出て行くハメになり、彼の新品のナイキがグチャグチャになったので笑ってあげた。

昔の話だが、生まれも育ちも東京の人達は雨や雪用の靴なんて持ってない人が多く、そんな人達と冬に北海道へ取材に行くと平気でパンプスを履いてくる女編集者が結構多かった。で、どうなったかというと、転んで怪我をしなかっただけマシだったが、足はグジョグジョになり地元の人に笑われるハメに。

災害時も含め雨や雪用に、足元に気を使う事はとても大事だと思うよ。

 

コメント