海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。「海上」とは上海の逆で、新しい上海という意味。更新は不定期。

GFX50RにOTZFOがあれば65mmと90mmと135mmが使える

2020-09-20 | GFX50R+オールドレンズ

OTZFOは便利

 

左からElmarit90mmf2.8・Hektor13.5cmf4.5+16472k・Tele-Elmar135mmf4。GFXのボディに付いているレンズは、Elmar65mm f3.5(ビゾ専用)。Elmarit 90mm f2.8とHektor13.5cmf4.5とTele-Elmar135mmf4はライカM用のレンズだが、鏡胴から前玉を外しOTZFOに取り付ければ、すべてGFXの44x33センサーをカバーしケラレが発生せず使えるレンズ。

OTZFOは、M用ライカビゾシステムで使えるヘリコイドで、ライカMRリング(MマウントをライカRで使えるリング)に、K&F製のライカR-GFXマウントアダプター経由でGFXボディで使用。これらレンズの最短撮影距離は1mから1.5mだが、このOTZFOを使えばさらに近接撮影が出来るので物撮りにも使える。以前、料理の撮影には定番レンズとして使ってきたとても優秀なレンズだ。これら135mmはf値が暗いので敬遠されがちだが、今は感度が自由に変えられるので全く問題ない。特にエルマリート90mm f2.8は、GFXで使うと35mmフルサイズ換算で72mmになるので、とても使いやすい焦点距離になる。

ライカM用の135mmは、もっとも人気がないレンズだ。それは、M型ライカではフレーミングが難しいのが最大の理由だ。私も前世紀に一本持っていたが、ほとんど出番がなかった。ライカM用の古い135mmは、ヘクトールとエルマーとテレエルマーの3種類があり、一番安定した画質を求めるならテレエルマーをお勧めするが、開放でハイエストライト部分の描写がほんのと少し滲むヘクトールは光を感じる描写なので私は好き。

テレエルマー135mm f4のレンズ構成は、ローライフレックスのテレローライSonnarと同じレンズ構成だ。テレローライは使った事がないが、あまりにも不人気だったのは最短撮影距離が2.5mと長く近接する場合ローライナー(クローズアップレンズ)が必要だった事と高価だった事。ただ、そのSonnar135mm f4の描写は文句をつける理由が見当たらないと言われるほど、当時は優秀だったようだ。

ここで紹介したレンズは、どれも人気がなくライカM用のレンズとしてはとても価格が安い。ビゾ用のヘリコイドOTZFOがあれば、デジタルカメラ用として再認識されても良いレンズだと思う。

テレエルマー135mmとヘクトール13.5cmの簡単なテスト撮影→コレ

☆画像は、X-H1+ Super-Takumar50mm f1.4

コメント

オーダーした椅子がやっと到着

2020-09-18 | GFX50R+オールドレンズ

杭州からやっと届いた椅子 Elmarit90mm f2.8(Viso)

 

9年ほど前に上海の郊外にある家具製作所で特注の家具をオーダーし、今でも現役で使っている。今回の引越しを期に椅子を新調する為に色々と探したのだが、以前オーダーした古典スタイルのデスクに合う椅子が見つからず、昔お願いした家具屋に再オーダー。本当は家具屋のオーナーに会い直接オーダーしたかったのだが、その家具屋は家賃高騰の為に上海から杭州へ移転してしまっていたのでネットでオーダー。こちらの特注家具屋は、釘やボルトを使わない昔ながらの作り方で製造してくれる。特注なので、サイズやデザインや塗色も自由なので、自分の部屋にピッタリと合うサイズに仕上がるのが良い。

今世紀初頭、上海では中国アンテークの家具がまだ安かった。アンテーク家具に目をつけたのはイギリス人で、中国の田舎を周り家具を安く買い付けて修復し販売していた時期があった。私もそのイギリス人の店で、租界時代の折畳み出来るテーブルと清時代の椅子など4点ほど買ったが、今でも現役で十分使える優れ物で仮に壊れても修復が可能なところが良い。

こちらのオーダー家具の良いところは、サイズを部屋に合わせる事が出来る事と既製品と比べても値段は意外と安いのが特長。以前、日本の中華料理屋が店を開店する時に、この特注家具屋でテーブルと椅子をオーダーしコンテナで日本に送った事があったが、既製品よりずっと良いと喜ばれたそうだ。欠点はオーダーしてから出来上がるまでの時間がかかる事。特に今年のように梅雨が長かった時期など塗料が乾きにくい時期は避けた方が良い。

☆GFX50RにElmarit 90mm f2.8(VISOアダプター使用) このElmarit90mm f2.8は、50年以上前のレンズだがGFXの44x33センサーで使うと35mmフルサイズ換算で72mmになるのでとても使いやすい。レンズ性能もSummicron90mm f2に負けない素晴らしいレンズ。GFXで使う場合はレンズを鏡胴から外し、ビゾアダプターを使えば44x33センサーでケラレは発生しない。

 

コメント

上海動物園へ 2

2020-09-16 | GFX50R+オールドレンズ

日本から贈られたキリンは剥製に

 

フラミンゴが一番楽しめた

 

約40年前に日本から上海動物園に贈られたキリンが数年後に死亡し、今でも剥製になって園内に大切に保存されている。死亡原因は、客が与えたビニール袋をキリンが食べたのが原因だそうだ。この日は日曜日だったのと天気も良かったので人多過ぎ。本当は象舎の裏に周って寝床にいる象を撮りたかったのだが、今は見学禁止になっていたのは残念。この上海動物園は、動物を見るより緑を楽しむ場所だと思えばとても楽しめる。行くなら平日が絶対にお勧め。

☆新型コロナウイルス問題で世界の航空便がほとんど停止状態だったが、アメリカに動きがあり徐々に解除の方向へ。これはうれしいニュースだ。これに追随し徐々に日本も解除の方向へ向かうだろうが、問題は航空運賃の高さ。数年後、あのコロナウイルスってなんだったんだろうね。と言う日が早く訪れる事を願うだけ。

☆GFX50R+Pentax FA43mm f1.9

 

コメント

上海動物園へ1

2020-09-14 | GFX50R+オールドレンズ

 

 

 

 

年代物の観覧車

 

数年ぶりに上海動物園へ。今の自宅からは、バスで12分ほどで上海動物園に行くことが出来る。日曜日だったので結構人が多く、入園前に健康QRコードを提示しないとチケットゲートへは行けないシステム。上海はもう秋の気配を感じるほど心地良い季節になってきた。ここへ来たのは確か7年ぶりくらいだと思うが、園内は昔とさほど変わってない。驚いたのは、前世紀にあった古い観覧車が今でも現役で動いていた事。上海動物園はかなり広く、動物を見るというより緑を楽しむ場と思えば十分楽しめる場所。入場料は20元(約300円)土日は人が多いのでお勧めしない。

この日はGFX50RとPentax FA43mm f1.9とFA77mm f1.8のみ。これら2本のレンズはGFXの44x33センサーでケラレが発生しない優れ物。

 

コメント

日本ボロ宿紀行 日本はまだまだ廃れてる

2020-09-09 | 写真日記

1975年に私が大学受験で泊まった博多の宿にそっくり

 

新潟県燕市の公楽園

 

 

 

 

 

 

 

Amazonプライム(無料)で偶然見つけた「日本ボロ宿紀行」にハマり連続で観てしまった。ボロ宿好きのマネージャー篠宮春子と売れない歌手の桜庭龍二が、実際にあるボロ宿に泊まり地方営業する全12話。私が地方で遠回りの旅をしている時、時々遭遇するような宿が登場するので観ていて飽きない。そして、主演の深川麻衣と高橋和也のコンビがピッタリとハマっている。こんなドラマをさらりと制作してしまうのがテレ東。「何処も彼処も似たような駅前の風景・・・・・・日本はまだまだ廃れてる・・・・・・ボロ宿・・・・・・愛情を込めてボロ宿と呼ぶのである」から始まるドラマはオモロイよ。

 

コメント