海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。「海上」とは上海の逆で、新しい上海という意味。更新は不定期。

上海で長く続く飲食店

2018-06-19 | 写真日記

 

定西路x新華路

 

私が住んでいる新華路に、毎日人が並んでいる店が一軒だけある。私が上海に住み始めた2003年にも存在していたので、この店の歴史はもっと長いと思う。この秋霞閣は中国料理の店だが、中華饅頭のみ窓口で売っている店。私は並ぶのが嫌いなので、列が空いている時に2度ほど食べた事があるが、それも8年ほど前の事なので味は忘れた。この手の中華饅頭の店はこの店以外にも付近にたくさんあるのだか、毎日必ず人が列を作る店は最近では珍しい。本業のレストランは改装して少しは人が集まっているようで、さらにサンドイッチとカフェの店も併設したが、ライバルが多い分これからどうなるのか。今の上海は、カフェだらけ。何かが流行るとみんなそれに一直線で、そのうちに淘汰が待っている。

数日前、星光撮影器材城から打浦橋路駅まで歩き、日月光中心広場の地下にある丸亀製麺で清湯大盛(素うどん大盛)と天ぷら2種類を食ったのだが、丸亀製麺がオープンした当初のような賑わいはまったくなく客は数えられるほど少ない。新しいもの好きな上海の人達を相手に商売をするのは大変な事。私が今も通っている日本料理屋が一件あるのだが、周辺で大規模な立ち退きがありほとんどの飲食店が店を閉めて今は更地に。で、どうなったかというと、人の流れが大きく変わりその日本料理屋は客が激減。

日本人が上海で飲食店を経営するのは結構大変で、数年で撤退する店も多い。今まで見てきた中で一番悲惨なのは、開店して一月で店を閉めざるを得なかった店が何軒かあった。まぁ、可愛そうだが騙されたとしか言いようがない。でも、当然日本人経営でも長く続いている店はある。それらの多くは、奥さんが上海人だったりで地元の事を知り尽くしている人達がほとんど。飲食に限らず中国人と組んでビジネスをするなら地元民と組むのが一番確実。ただ、その前に組む相手を見極める能力のない日本人は手を出さない方が賢明。それと、情報の裏を取る事もお忘れなく。日本以外の国は、ほとんど性悪説で成り立ってるからね。

今、良いと思っている事が永遠に続く事はないが、その周期が短いのが今の上海。それと、店舗家賃は毎年複利で上がって行くのと、スタッフの賃金も同じように上がっている。出来ては消え、消えては出来るの繰り返しが今の上海だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シェア自転車 上海

2018-06-18 | 写真日記

打浦路付近

 

新華路で

 

広告ペタペタ

 

シェア自転車が当たり前になった上海だが、遠目から見て昼間の歩道にきれいに並んだ自転車を見てびっくり。よく見るとシェア自転車専任のニーチャン(画面中央の黒い服)が、使用済みの自転車を美しく整理して並べている。

この便利なシェア自転車を、私はまだ一度も活用してない。その理由は、急いで移動する理由が無いのと、歩くスピードで物を見ないと被写体を見過ごす事が多いからだ。それと仮に撮りたい風景に出会った時、すぐにシャッターを切れないのがその理由。

中国では様々なブランドのシェア自転車があるが、そのうち生き残るのは体力のある数社になるだろうね。その日も近い。

★トップの画像は、GFX50S+Pentax FA43mm f1.9  他は、X-H1+Meyer Oreston 50mm f1.8

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常州の工場へ

2018-06-17 | 写真日記

 上海から常州まで約1時間10分くらい

 

 常州ニーチャンの車は日産

 

 連結バスが疾走

 

 街の風景を見ながら工業団地へ

 

日本への帰国を前に常州の工場へ行き打ち合わせ。帰国前はいつも慌ただしくドタバタが続く。ネットで済ませる事もできるのだが、さらに具体的な話はやっぱり老板(社長)に会って直接話しをしないとトラブルの元になる。それでも、凡ミスでトラブルが発生するのが今の大陸。

以前は、上海から3時間以上かけて高速道路を飛ばして常州へ行っていたが、最近は積極的に新幹線を利用している。理由は、渋滞がないので時間的にとても楽で、日帰りが可能になった。また、交通費がとても安くて済む。そして、新幹線を降りると、タクシーではなく滴滴(中国版Uber) を呼ぶ。地方のタクシーのほとんどは、車内が汚くて乗りたくないような車が多いが、滴滴は個人所有の車なので清潔感がありドライバーも親切。

私が関わっている大陸の会社は、私の専門分野のカメラの周辺機器の会社のみだが、すべて世界を相手にビジネスをしている会社だ。なので、様々な国のリクエストにも応じなければならない。その中でも、日本が一番煩く要求が厳しい国なので、製造工程も多くなるし当然コストも上がる。(二番目はドイツ) 例えば、ACDCコンバーターはPSE取得条件をクリアした物は値段が2倍に跳ね上がるのだ。まぁ、それは良いとして、今の日本の撮影アクセサリー製造会社は元気が無さすぎる。カメラのシェアだけは世界一だが、その周辺機器は大陸でもさっぱり日本ブランドの名前を聞かなくなったのは、寂しい事限りなし。

昨年イギリスの老舗大型ストロボメーカーが廃業し、今年はドイツの老舗ストロボメーカが続いた。これはある意味時代の流れでもあるが、将来カメラのシャッターがグローバルシャッターに変わる時代が来た時に何が起きるかはメカに詳しい人だったらわかるよね。

この日は、GFX50SとPentax FA43mm f1.9が私の友。

 PentaxレンズのFA43mm f1.9とFA77mm f1.8は、とても好感の持てるレンズ。これらはAF仕様だが、ミラーレスでMFでも使いやすいいレンズ。

★GFX50S+Pentax FA43mm f1.9 Limited

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人が中国の新幹線に乗る時の注意

2018-06-16 | 写真日記

上海虹橋駅

 

以前にもブログで書いたが、外国人が中国新幹線に乗る場合は、事前にチケットを手元に入手しておく事をお勧めする。ネットで予約も出来るが、それをチケットに交換する時にパスポートを持って窓口前で長蛇の列に並ばなければならないからだ。以前より改善されたが、この列に並ぶだけで今でも30分以上時間がかかると思ったほうがよい。一方、中国人は身分証明書を機械で読み取れば、その場でチケットが発券できるのでとても短時間にチケットが手に入る。これは、国際線のイミグレーションでも同じで、中国人は入国手続きが簡単になった。

中国の新幹線に乗る場合、飛行機と同じように荷物のX線検査があり、同じように人も金属探知機を通る事になる。また、春節の時期など火薬検査もあり駅の入口が制限されている場合もあるので、鉄道を利用する場合は、かなり早めに駅へ行く事をお勧めする。そして、日本のように自由に電車ホーム内に入れないシステムになっているので、自分の乗る電車のゲート番号の前で待つことになる。

日本では、最近新幹線の中での事件が多いようだが、こちらでは飛行機と同等の検査があるのでまだ安全かもしれないね。上海の地下鉄は手荷物のX線検査があるが、検査する側もよそ見をしたりスマホを見たりで、これの検査はザルとしか言いようがない。また、荷物検査を無視する人もいて、それに対してお咎め無しなので、上海では新幹線より地下鉄の方が怖い。通常、地下鉄の荷物検査は二人一組だが、これが3人になった時は何か大きなイベントがあるか、何か起きた時だと思ってよい。

私が地下鉄の乗った時、私の周囲にいる人をまず見渡す。そして、自分の勘でやばそうな人や物を見たら、隣の列車に移動することにしている。まぁ、それが当たるかどうかは自信がないが、これが最低限の自己防衛手段だと思っている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森田童子が亡くなっていた

2018-06-13 | 写真日記

youtubeの画像を加工

 

森田童子が亡くなっていたというニュースがネットから流れてきた。彼女は1975年にデビューし1983年に突然引退。素顔や引退後の事など誰も知らない幻のシンガーソングライターだ。1975年当時の私は大学1年生で、彼女の歌詞が聞こえて来そうな写真が撮りたいと思った時期があったくらいファンだった。彼女の歌詞の中には、クスリやカミソリや玉川上水など陰な歌詞が多く学生運動やパクられたという歌詞も出てくる。一言で言えば、孤独。今、youtubeで「友への手紙 森田童子自選集」を聞きながらこのブログを書いているのだが、不思議な事に次々と自分の大学当時の記憶が蘇ってくる。

youtubeに1975年に収録されたNHK「若いこだま」で、森田童子と頭脳警察のPANTAとの噛み合わない対談が聞ける。→コレ

当時のドキュメント夜行三部作→コレ

以下、彼女が残した彼女らしい言葉の一部を抜粋

●昔は、対人恐怖症で親にも顔見知りしていた時期があった 

●部屋を暗くして寝ると頭の中に目が出来てこわい

●人はそれぞれ崇高な孤独を持っていればいい

もし、感動を伝えるとするなら個から個へと伝わるものでしかありえない

 合掌 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加