海上撮影家が見た上海2

上海で撮影活動をしている海原修平のBlog。「海上」とは上海の逆で、新しい上海という意味。更新は不定期。

上海は6月になれば少しは楽な生活に戻るのかな

2022-05-23 | 写真日記

映像監督のナミから肉や野菜など大量の食料が届く

 

その中にはライチが

 

ウルムチビールとウイスキーが届いた

 

長期ロックダウン明けは、笑えるような事もありそうな予感 私はさらに歳をとっても、この植物のような生き方をしたいな

 

昼からビールを呑みながらブログを更新

毎度ありがたい事に、21日の土曜日に元アシスタントのナミから大量の食料が届いた。WeChatで彼女に送金したが、受け取ってもらえず。その食材の中にライチが一箱入っていたが、これを見ると上海に夏が来たと思わせるフルーツの王様。このライチは好きな人が多いが、食べ過ぎて死んだ人もいるので注意が必要。ここで書くのは面倒なので、ネットで検索してね。

グループチャットに行動制限が1ランク下り、アパートの敷地内であれば自由に行動しても良いよと連絡が来た。これは、住んでいる小区(敷地内)から外に出て自由に移動できないが、それでも自室から敷地内に出る事が出来るだけでも飛び上がるほど嬉しい情報。ところが、なぜかこの日に画像アプリを更新時に過去ダウンロードしたアプリがすべて消滅。VPN設定から始まりChromeを再インストールし、PSやC1などアプリを再インストールし設定から全てやり直し。でも、ロックダウン解放に一歩近づいたので、この面倒を楽しむ事に。明日は、敷地内の公園を歩き回り足の筋肉を鍛えるつもり。

日本のネットニュースの中に気になる記事が。それは、今の子供にラジオを聴かせると、「何を言っているのか聴き取れない子がいる」との事。それと、もっと驚いたのは、「色がついていない画像を見ると吐きそうになる」子供もいるそうだ。この記事→コレ。私なんて、毎日のようにradikoでMBSラジオを聴き、作品画像はモノクロのみ。数年前に銀座で個展をやったが、その時の写真はモノクロのパノラマ画像で、前世紀に録音した上海の街の音を流していたが、幸い会場で吐いた人はいなかった。というより、子供は写真展に来なかったけどね。

この記事にも書いていたが、人間は楽をすると読解力や想像力が落ちるという事は、とてもよくわかる。ラジオが良いのは、話の内容を自分なりにイメージ出来るので想像力が養われる。そんなラジオ番組のお勧めは、ほとんど音楽を使わず話だけで通す関西のMBSラジオは、話が上手い関西人でしか出来ないトーク中心のラジオ局だ。この台本があって無いようなMBSの番組は、絶対に東京では出来ない。

☆こんな今の小学生が大人になり社会を動かすようになると、どんな人間になるのか旧人類には想像もつかない。

☆すでに上海は他都市からの応援部隊が元の省へ戻りつつあり、上海の隔離施設も縮小へ向かっているそうだ。とある上海の小区で感染者が一人出た。その棟の住民全員が、上海から遠く離れた他の市のホテルに隔離。なるほど、逆の発想で上海市内での感染者を減らしているようだ。これは、素晴らしいアイデア。感染者だって、上海の隔離施設よりホテルの方が100倍楽だもんね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

上海は9000ヶ所のPCR検査場を設置

2022-05-21 | 写真日記

自宅の敷地内検査場で

 

地下鉄の一部が運行再開するらしい。また、上海市内に9000ヶ所のPCR検査場を設置という情報が入ってきた。これは、公衆トイレより多い数。私の勝手な推測だが、これはロックダウン解除に向けての準備だろうな。つまり個人のスマホには、個人の健康QRコードが紐付けされているので、定期的にPCR検査を受けさせるという事。例えば、2日に一度検査を受けないと、健康QRコードが黄色になり行動が制限されるようなシステムだろう。まぁ、とりあえずロックダウンが解除されるのであれば何でも良い。私が住む小区は、朝の7時半までにセルフ抗原検査を実施し午後にPCR検査を受ける生活が続いているが、16日に一人感染者が出たのでしばらくはロックダウン解除にならない。でも、今月末で大きく何かが変わりそうなので、それに期待するしかない。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

地方から来た新婚カップル

2022-05-19 | 遠い記憶-上海 オールドレンズ

北外灘で

 

ロックダウン中なので過去の画像から

あきらかに上海人の若いカップルではない純朴な二人。おそらく地方から上海に来た新婚カップルだろう。長年上海に住んでいると、地方から来た人か上海人かすぐに判別出来る。それは、髪型やファッションや顔で判別がつくのだ。

中国は年齢にかかわらず手をつないだり腕を組んで歩く人達は、とても多い。特に老夫婦が、お互いを労るように腕を組んだり手をつないで歩く姿は見ていて微笑ましい。ただ、そのほとんどは女性が男性をリードしている場合がほとんどだけどね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

集合住宅敷地内で感染者が一人感染

2022-05-17 | 写真日記

PCR検査実施日はアパート内の階段やドアや路面も常に消毒

 

 暑い日の防護服着用は相当厳しく同情せざるをえない

 

次は私の番で鼻腔と口腔の両方からサンプル採取 そしてセルフ抗原検査は朝一で済ませるのが日課

 

私のPCR検査履歴は健康QRコードアプリで検査当日中に結果が届く(阴性→陰性 阳性→陽性)

 

ありがたい事に15日に長寧区から冷凍の手羽元と牛肉500gと魚の冷凍が届いた

 

15日に続き16日にも生鮮食材が届いた 海底鍋の元が入っていたので鍋を楽しめって事のようだ

 

一昨日の15日に私が住む集合住宅123棟内で、新型コロナウイルス陽性者(おそらく無症状)が一人見つかった。ロックダウン開始から45日目の事だが、ここまで厳重に管理しても新型コロナウイルスが撲滅出来ないという事がよくわかる。そして、近所の集合住宅でも感染者が二人出たようで、この夫婦は最近禁止された団購(団体購入)の利用者だった。この棟に住む人達31人は、濃厚接触者扱いになる。

宅配や配給の箱は、すべて消毒液がかけられていて、野菜などにも消毒液がかけられている。これは、届いた野菜を洗う時に少し滑りを感じるのでおそらく間違いない。現地の中国人曰く調理前によく洗うべきとの事。届いた食料の箱は中身を取り出したら即廃棄し、食料が入った袋や野菜はよく洗って自衛するしかない。

この感染者が出た棟が今後どうなるのかわからないが、ニュースやチャットの情報だと、世帯全員の部屋内を消毒し冷蔵庫の中身を全部廃棄されられるそうだ。そして、隔離施設に移動させられるとも言われている。これだけは、是が非でも避けたい。

☆ずっと週一度の食材配給だったが、ここ最近は食材の配給ペースが短くなった。昨日のニュースだと、6月には夜明けが見えそう。とりあえず私の場合はビザを更新し、日本に一時帰国できればそれでヨシ。帰国したら、食べ過ぎると体に悪い料理と旨い酒を浴びたーい。

☆上海ロックダウン解除が来月中と報道されたので、新幹線の上海虹橋駅は、一時的に故郷に戻る人が群がっているとの事。そして、料金は正規料金+数百元と言われていた。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本に戻ったら大阪に行きたい

2022-05-15 | 写真日記

国際劇場

 

新世界東映

 

ロックダウン中なので過去の画像から

日本に帰国したら行きたい場所がすでに決まっている。それは、息苦しさを感じない大阪だ。大阪の藤田美術館がリニューアルオープンしたとのニュースが、上海の美術評論家の老師からWeChatに情報が届いた。このブログにリンクしておくが、藤田美術館は中国の美術関係者が相当注目している美術館だという事がよくわかる。それは、中国で修行した日本人の禅僧が日本に持ち帰った天目茶碗のホンモノ(南宋王朝八尾天母茶碗)があるのも理由だが、他の中国で作られた展示品も相当多いので、中国人にとっての藤田美術館は宝の山のような存在なのだ。老師からコロナが終息したら京都・大阪・奈良へ一緒に行こうと2年前から約束しているが、今回は私だけ一足先に藤田美術館へ行ってみようと思っているのだ。

この中国で紹介されている藤田美術館のサイト(中国語)→コレ。このサイトで藤田美術館の事が相当詳しく紹介されている。

☆ここ毎日セルフ抗原検査+PCR検査のW検査が続いていて、昨日はセルフ抗原検査と咽頭と鼻腔の両方からサンプルを取りPCR検査。こんな事は初めてなので、そろそろ夜明けが近づいたような雰囲気。

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする