Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

憲法九条による世界同時革命

2010-10-31 | Weblog
嫌な雨だが夜には晴れる。台風のせいだかどこもかしこも人が少ない。……「憲法九条の実行こそが世界同時革命に繋がる」(柄谷行人)というのは面白い。でもそれは私たちが子供の頃教えられてきたことだ。「世界同時革命」というフレーズをあてるセンスは久しぶり柄谷節だが、この理念じたいを新鮮に感じてしまうようでは、それこそ現状がよほどおかしなことになってきているという証左のように思われる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台風が来るって

2010-10-30 | Weblog
稽古にせよ、机に向かっているにせよ、あっという間に時間が経つことが多い。やれやれ。……とにかく先にぐいぐい進めるのと、整理をつけてゆくのと、どちらがたいへんともいえないが、確実に駒は進めねばならない。……寒い季節の台風は嫌なものだとあらためて思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒さへの心の準備はまだ

2010-10-29 | Weblog
いやな雨。座高円寺への近道というか、自転車でないとき早く着く方策を考えるがなかなか難しい。交通機関を使えば遠回りを余儀なくされる。……稽古前に佐藤信芸術監督と二階アンリ・ファーブルで話していると、場当たり中の流山児祥氏ふらり現れる。今日は東京乾電池初日でもあり、「なんだか下北沢みたいだ」という話に。『屋根裏』『だるまさんがころんだ』衣裳の大野典子さんは今、流山児組についていて、最寄り駅が同じなので帰路を同行、久しぶりに四方山話。……帰宅後パソコンを開くが、調子が出てきたところで不具合。今日届いた川村毅著『新宿八犬伝・完本』をぱらぱらと捲っているうち回復。気を取り直す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国民にも見せなさい

2010-10-28 | Weblog
「仕分け」をやっている様子をテレビで横目に見る。「仕分け人」が「権力」に乗っかっている様子は相変わらず感じ悪い。確かにカットすべきものはある。でもあのやり方に適していないものだってあるはずだ。見落とさずにやれますか? ……尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオを菅首相と仙谷官房長官が見たという。「報告通りだった」とか言わずに国民にも見せなさい。その上であらためて「極めて慎重な取り扱い」が必要だと思った理由を説明してもらおう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ついこの前まで残暑だったはずだが

2010-10-27 | Weblog
今日から座高円寺地下で稽古。本番が迫ることを痛感。……雨なので自転車をやめて電車。天気予報はあたらないものだな。わざと外しているんじゃないかと思うことがある。……「女の一生」とも謳うだけに、女性中心場面の多い今回。自分で仕込んでいたはずのことなのに、女優陣の生身のやりとりに唸ることしばしば。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒波が来た?

2010-10-27 | Weblog
YORIE登場。在外研修で一年間ニューヨークで研修後帰国、稽古場に顔を出すのはえらく久しぶりだ。向こうで磨いた人形劇のワザを少し披露していただく予定。……森下での稽古も今日が最後。季節の変化がこの町でのあれこれについて記憶中枢を刺激、いろいろなことを思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不義理だらけ

2010-10-25 | Weblog
廣木監督の新作、試写も行けなかったが、ついに公開された。今まで時代劇に縁のなかった監督がこの分野に進出しているようだ。東京国際映画祭が始まっているらしい。芝居も色々やっているらしい。あれもこれも観に行けない。まあそういう時期だ、と思うのだが、今年はこれまでで一番、映画演劇の鑑賞が少ないのではないだろうか。まあじっさい、それどころではないのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正解は「三女を殺す」?

2010-10-24 | Weblog
杉並区内の近隣の小学校で3年生担任の女性教諭が、なぜか算数の授業中「不適切」なクイズを行ったとして、謝罪したり厳重注意を受けたりしているという。中身は「3姉妹の長女が自殺し、次女はその葬儀に来た格好いい男性が好きになった。葬儀後もう一度出会うためにはどうすればいいか」というもの。「正解」は「妹を殺し、葬式をやればまた会える」だという。で、「殺人を肯定している」ことになるんだと。長女の死因を自殺にする必要はないと思うし、その男性が長女だけの知り合いだったら三女の葬式に来るとは限らないので、クイズとしては穴だらけだ。ともあれ、なんだか演劇人が「コミュニケーション教育」とやらで学校で授業を行う機会を増やそうとしているらしいが、「フィクションで遊ぶ」ことは簡単にはさせてもらえないということだ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ベルリンは遠く

2010-10-23 | Weblog
日本で「劇場」の話題が取り沙汰されるたび、ベルリンの劇場たちのことを思い、溜息をついてしまう。この秋は、そのベルリンからマルターラー、タールハイマーという二大演出家が来日公演する。贅沢だ。タールハイマーの方は日本にいない日程なので観られそうにない。残念。……我が新作は、未知の領域に入っている。まあ、そういうものだ。何かわかっていることを表現するのではない。わかっていないことがあるからこそ、やっているのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パズルではないのだけれど

2010-10-22 | Weblog
うんうん唸るが、パズルのピースがもう一つ欠けているというか、ピースの形が違う、という段階が続いていた。しかし見つかった。こんな所に落ちていたのかよ、という感じである。後は進むのみ。……稽古は9時を過ぎてまでになる。森下の夜を寄り道せず帰る。……いろいろ心配していたが、杭州の土田君は無事に帰国の模様。どうやらずいぶん楽しいこともあったらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに電車に乗る

2010-10-21 | Weblog
なんだか寒くなってきた。考えてみるとずっと自転車通勤だったが、今日から森下で稽古。やはり、広いというより、実寸が取れるのは有り難い。諸々未決定だった立ち位置などを決めてゆく。……来月末のインドネシア行きの情報が入る。前後の日程がクリアにならないと。……帰宅後、締切り迫る上海についての原稿を続ける。これを今夜中に終わらせねばなるまい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土田英生氏、中国でジーンズとたたかう

2010-10-20 | Weblog
午前中、椅子届く。やはり長時間だと普通の椅子がいい。……日本共産党の「尖閣諸島は日本の領土です」というカラー刷りビラ。同じ共産党という名なのだ、与党経由ではなく、どうか中国の共産党に直接、その旨伝えてはいかがだろう。……橋下知事は上海に行かなくなったが、今、杭州で日本劇作家を代表して世界劇作家会議に出ている土田英生氏の奮戦を、ぜひ皆さまに知っていただきたい(http://tsuchidapage.seesaa.net/)。案の定、会議は英語ベースのようだ。現役日本劇作家最高の英語力との呼び声高い土田氏ならではの活躍。お疲れ様です。ただ、彼の複数のジーンズのチャックがしょっちゅう壊れている(自然開放する)というのが気になる。ファスナー最上部まで金具を引き上げきった後、ちゃんとカッチリ金具を真下向きにしているだろうか。大丈夫だよな、几帳面な彼だから……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

じりじりと

2010-10-19 | Weblog
午前中、相談電話来る。筋を通すべきところは協力しよう。……日刊スポーツに〈速報〉。[竹下景子主演で世界初! すべてのシーンが3分間という世界演劇史上初の試み。けいこは始まったばかりだが、脚本段階では1シーン3分20秒や4分近いものもあるが「本番までにはきちんと3分にまとめます。ばかばかしさもあるエンターテインメントにできれば」]。うーむ。……CoRichの手塚宏二さんが「演劇岡山県人会」ホームページを立ち上げて下さった(http://play.p1.bindsite.jp/engeki-okayama/)。新しい出会いはいいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭の中を渦巻くいろいろ

2010-10-18 | Weblog
稽古が始まってから外食らしいことをしていない。無料券をもらっていたので一度天下一品に行っただけ。各種の会議も出席できず。稽古場との行き帰りに引きこもった生活。それでもどうやら世界と歴史について考えているのだから不思議だ。……核廃絶に向かうと宣言したオバマ大統領は、ノーベル賞までもらっておいて、なぜ平気で核実験できるのか。……昨日から杭州で世界劇作家会議に出席している土田英生氏は、熱弁を奮っているはず。……京都の劇団が「東京都青少年健全育成条例」をパロっていることを理由に「反社会的である」として東京公演を申し込んだ劇場から使用を拒否されたという。推移を見守りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3分間の発明

2010-10-17 | Weblog
究極の3分間食品「カップヌードル」を初めて見たのは1972年、岡山の卸売りセンターである。東京や大阪から一年遅れでお披露目。マクドナルドやケンタッキーの出店も、東京とはかなり時間差があった。一斉に全国展開するような時代ではなかったのである。それにしても「カップヌードル」調理の仕組みは初期段階からよく考えられていて、感嘆する。……『月が水面に忍び来るがごとく』上演に合わせてソウルから木村典子さんとコ・ヨノクさんが来ているが、会いに行けない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加