Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

国際ペン・日本ペンクラブ共同声明 「ミャンマーにおける表現の自由を求め、日本のジャーナリスト、北角裕樹氏の即時釈放を強く求める。」

2021-04-21 | Weblog

国際ペン・日本ペンクラブも共同声明を出しました。

「ミャンマーにおける表現の自由を求め、日本のジャーナリスト、北角裕樹氏の即時釈放を強く求める。」

ミャンマー在住の日本人ジャーナリスト、北角裕樹氏は自宅で治安当局に逮捕された。
彼はヤンゴンの悪名高いインセイン刑務所に移送されたと伝えられている。
我々は、ミャンマー軍に対し、自国民に対する暴力行為を直ちに停止し、拘束されている平和的な抗議者を即時かつ無条件に刑務所から釈放するよう求める。
我々は、表現の自由を求め、ビルマの国内外のジャーナリストや記者の保護を求める。
我々は、日本政府及び国際社会に対し、北角氏の安全を確保するために直ちに行動をとるよう求める。

 2021年4月19日
国際ペン 日本ペンクラブ

 

PEN International & The Japan P.E.N. Club joint statement
“Call for the freedom of expression in Myanmar and strongly demand the Immediate Release of Japanese journailist,Mr. Yuuki Kitazumi”

Mr.Yuuki Kitazumi, a Japanese journalist living in Myanmar, was arrested at his home by security authorities.
He was reported to have been transferred to the notorious Insein prison in Yangon prison.
We called on Myanmar’s armed forces to immediately stop the violent acts against its own people and to release all detained peaceful protesters from the prison immediately and unconditionally.
We call for freedom of expression and demand the protection of local and international journalists and reporters in Myanmar.
We urge Japanese government and International Communities to take immediate action to ensure the safety of Mr.Kitazumi.

    April 19th,2021

PEN International       The Japan P.E.N.Club

 

https://japanpen.or.jp/jointstatement20210419/

 

コメント

三度目の緊急事態宣言は、また劇場を閉めろというのか そして通勤時間を変えられない者の運賃だけ値上げするというのか

2021-04-21 | Weblog

三度目の緊急事態宣言が取り沙汰されている。「劇場」部門では今のところ映画館のことしか言っていないが、どうやらまたオールジャンルで「劇場を閉めろ」と言い出しかねない気配である。

映画館や劇場が閉まっていれば「人が集まる目的は減少する」という理屈だそうだ。どの口が言うのかと思う吉村知事は、イソジンと共に去ってほしい。政府も首長たちも、これまでの自分たちの失策をいっさい棚に上げている。あまりに厚顔だ。

緊急事態のくせに、休業については相変わらず法的根拠のない「要請」であろう。

二言目には「自粛の要請」というが、自粛とは本来は自分で判断するものであり、要請されてすることではない。結局、かつての戦時下の「隣組」よろしく、国の感染対策じたいが同調圧力に期待するものだ。私権制限が常態化し、感染者への差別と攻撃に満ちた社会では、言葉の意味の無化が進みすぎている。言葉を扱う職種の者たちは、もっと怒るべきだ。

いちど「補償」を正当なものと認めたら、庶民に骨までしゃぶられると警戒しているらしい日本国家は、「支援」「協力金」で恩着せがましく「特例の施し」をしてやっているという姿勢を崩していない。昨日発表された文化に対する第三次補正予算のArt for the Future(略称AFFだそうな)も、より弱っている人の所に届きやすい立て付けではないと私たち現場人は四ヶ月間言い続けてきたが、根本的には変えられていない。

私たちは、法律なんて少ない方がいい、と考えがちであるが、憲法が様々な施策の実行において無化されてしまっている状況である今、国を縛る取り決め、国民に対する責任から逃れさせないための法律は、逆に必要なのかもしれない、と思ってしまう。

説明責任を果たさない政治家、嘘をついた者たちは当然のこととして役職を追われるべきだし、不正で失職した議員は遡って給与返済することを決めるべきだ。

そして、「緊急事態」には、防衛費削減を認める仕組みを作るべきだ。一年前にもコロナ対策で「ステルス戦闘機とイージス艦購入の先送り」した韓国を、見習えばいい。

緊急事態で苦しんでいるのは「国民」である。「国家体制の危機」を逃れることばかり優先する現政権の考え方は、おかしい。

入管法の改悪だって、結局、国家の無自覚、無根拠な警戒心の発露である。もっと社会全体が関心を持ち、法律のあり方を正しくするよう注視すべきである。

 

そして国土交通省は、鉄道乗車料金について、需要に応じる時間帯などで価格を変える「ダイナミックプライシング」(何がダイナミックだ。横文字で言ったらもっともらしく響くとでも思っているらしい)という名の「弱い者いじめの値上げ」を検討しているという。

感染防止とか分散乗車とか言っているが、通勤通学時間を変えられない弱者の運賃だけ値上げするというのか。本気で、真面目に、考えているのか。

そもそも「値段が高けりゃ乗車時刻を変えるだろう」というのは、あまりにも自分本位で、乗客の都合・利便をまったく考えていない。

 

マスコミは、ただ情報を垂れ流さず、問題点が明確になる報道をしてほしい。今日一日の紙面だけで、ましな時代なら一年ぶん紛糾するくらいのトンデモ事案ばかりではないか。ただ紹介するなら現状追随と同じだ。新聞を読んだら血圧が上がる、というのは、まったく、今のことだ。

そして、真っ先に国を批判しているべき野党は、いったい何をしているのだろう。在野だから実行力はないんだもん、というところで、長らく胡座をかきすぎていないか。

コメント

そういえばずいぶん長い間、ハンバーガーを食べていない

2021-04-21 | Weblog

訪米した首相は大統領との会談でなぜ出されたハンバーガーを食べなかったのだろうと思ったら、大統領との夕食会を申しこんで断られていたのではないかとも、聞いた。写真を見ると付け合わせも何もなく、ただハンバーガーだけが皿に置かれているのが異様だというのは、頷ける。そもそも二十分の会談では食べる隙がなかったのだろう。どうでもいいけど。とにかく食べ物は大切にしてほしい。

台湾に対する関心なんかあったとは思えないのにいろいろ言っていたが、戦争のタネを増やしているとしか思えない政策を止めていただかなければならない。十万人超の大規模な軍事演習を企画して、中国を徴発しているのは日米の側である。

コロナについては、ファイバーに電話するなら日本からでもできるだろうというのも、誰もが思うこと。オリンピックを本当にやる気のある国だったら、とっくにワクチン摂取率で金メダルをとっているはず。やらない理由、うまくいかない原因を、自分で作り出している。なんのためにやるオリンピックだったのか。

今度の訪米で、首相はさらにオリンピックやる自信がなくなってきたのではないかと思うが、美談と苦労話の好きな日本人は池江選手にほだされて、巷はオリンピック賛成派が増えているという。そういう問題じゃないのにな、と思う。

 

 

コメント

ARTS for the future ! 事業 募集要項発表

2021-04-20 | Weblog

昨年末から言わていた、文化庁第三次補正予算 ARTS for the future ! 事業の募集要項が発表されました。

私もまだ詳細は見ていませんが、自分の事業に心当たりのある方は、見てください。

 

文化庁ホームページ

https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20210326_01.html

 

募集要項

https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/pdf/20210326_02.pdf

 

コメント

図書除菌機

2021-04-20 | Weblog

近くの区立図書館で発見した、図書除菌機。

コロナ期なので間接接触も気になる、という方。

図書館で本を借りて読むのにも、誰が触った本かわからないから触れない、あるいは、古本は触れないから読めない、と思われている方。

そういう方が、身近にいました。

そういう皆さんには、この機械の存在は、朗報です、ということになるのかな……。

コロナ期だけのものなのかどうかは、わかりませんが……。

コメント

コンプソンズの二十代

2021-04-19 | Weblog

私が今、二十代の人たちの劇団でなるべく欠かさず観ているのは、コンプソンズ。

彼らももうすぐ二十代でなくなってしまう。時の経つのは早いものだ。

皇室のことなど取り上げた「アイコ、セブンティーン」を観たときは、この世代でこういうのをやってくれる連中がいるんだ、と嬉しかった。

最新作は、劇小劇場で見た。二階の搬入口を使っていた。

下北沢の街、小劇場の世界を描いた劇。彼らが生まれる前からここで芝居をやっている私は、本当に旧世代になってしまったな、と、感慨深い。

ユーモアに回収していく部分もあるふだんに比べて、じりじりとした気持ちを隠さない。これからどこに向かうのだろう。

 

コメント

東京に来ないでと言われても

2021-04-19 | Weblog

私はもう東京にいるのです。

 

 

コメント

清水邦夫『楽屋』に出てくる三好十郎『斬られの仙太』

2021-04-18 | Weblog

新国立劇場で三好十郎作『斬られの仙太』上演中である。

多くの人が『斬られの仙太』の名前を知っているのは、日本戯曲史上最多上演回数を誇る(らしい)清水邦夫作『楽屋』の中で、登場人物の一人がその一場面をなぞってみたりするからである。しかしどんな話なのかを知っている人も少ないのではないか。

『楽屋』を観た多くの人が、『斬られの仙太』を大衆演劇の演目と勘違いしてしまうのだが、『斬られの仙太』は、新劇の範疇であろう。

清水さんがお亡くなりになったまさのそのときに『斬られの仙太』がものすごく久しぶりに上演中であるということは、偶然にしてもできすぎている。

 

新国立劇場版『斬られの仙太』は、幾らか刈り込んでいても四時間二十分の大作だが、それは少しは停滞する場面はあるものの、すっきりも見られるようになっている。

その進行のテンポに貢献もしているが、印象的なのは、舞台造形である。

ほぼ全面の八百屋舞台(傾斜している)のことは誰もが言及するが、じつは、舞台最前部の蹴込み部分が土手状になっていて、そこも人が立てるようになっていて、そのすぐ奥はいったん人が隠れられるように低くなっている。この立体構造が、使い出があるし、効果的なのだ。

で、この方式は、私が『バートルビーズ』で開発したものと同様だ。この形状は、じつは「遠近法マジック」が使えるのだが、『斬られの仙太』では、その使い方はしていない。劇場が大きいこともあるが、新劇なので不条理感は追究しなくていいということもあるのだろう。

 

それにしても新国立劇場の今期のシリーズ名(?)らしい「人を思うちから」というフレーズ、センスないし(寒気がするレベルの人もいるだろう)、宣伝のやり方としてもひどくはないか。だって、ポスターに、タイトルよりも遥かに大きな字で書かれているのである。

そりゃ劇の中に思いやりの心もあるだろう。だが、他に多くの視点がある。時代と人間を冷徹に見る目もある。それが社会性というものだ。なにもかも「人を思うちから」にまとめられてしまった日には、ださすぎるし、現実を見る目が曇る。

観てよかったとは思うのだが、歴史の中で『斬られの仙太』という戯曲がどう位置づけられているのか、描かれている課題は、戯曲の中ではどういうもので、それを現在上演するときにはどう認識しあるいはどう転じたのか、といったことが、求められて然るべきるという気はするのである。

コメント

朝四時からのお通夜

2021-04-18 | Weblog

昨日深夜のことである。

たまたま打ち合わせが長引いて夜中にこの間一緒に仕事というかトラブル解決をしている某君と電話でずっと話していた。これはそもそも遅い時間からの電話だったが、あまりに遅くなっていた。まあ、それでも必要な話だった。だいたい話は終わった。

そこに割り込んでくる電話があった。

誰からかと思うと、そんなにちゃんと話したことはまだない、有名な俳優の名が表示されているのである。Facebook友達ではあるから、Messengerだ。

時刻を観ると、しかし、朝四時である。深夜というのは嘘で、もう早朝である。

朝四時の急襲である。

某君にことわって切り、かかってきた電話に出た。

その俳優氏は、多少は酒も入っているのだろうが、口跡は相変わらず鮮やかで、ハイテンションである。考えてみると今日本でいちばんハイテンションな俳優のような気がする。

こちらもハイテンションになる。一杯くらいしか飲んでいないのだけど。しかも何時間も前にである。

話は面白い。

だが、しかし、朝四時である。

だからこそ面白いのかもしれない。

どうやら、初めてちゃんと話したような気がしない。お互いにである。

俳優氏は、言いたいことがいっぱいあるのである。

こちらも話しているうちに元気になる。

 

楽しく話し、朝五時になる前には電話を切らせてもらったが、さて。

まるで現実の出来事のような気がしない。

その俳優氏の「なりすまし」であることは、まあ、あり得ない。だって、真似しがたいハイテンションである。

なんだかまるで、本当のことじゃないみたいな時間が過ぎていったのである。

 

その人は、もちろん、私が書いた清水邦夫さんの訃報を見て、電話をかけてきたのである。

ああ、これは、お通夜なんだ、と当たり前に思った。

 

書かなくてはならないものがいっぱいある。

さらに増えていく。

それでも今夜もZoom会議だった。みんなもやることがあるのに会議に出てくれている。ありがたい。

 

しかし、さすがに限界である。

書かなくてはならないものが増えていく。

とにかく書いていくだけである。

書かねばならないし、書きたいはずだ。

 

私は書く。そうだ。ハイテンションをいただいたのだ。

 

 

 

 

コメント

若松武史さんが亡くなられてしまった

2021-04-17 | Weblog

若松武史さんも亡くなられてしまった。

天井桟敷という劇団は、他の劇団に比べてほんとうに特異だった。

十代の頃、寺山修司さんに憧れていたのだと思う。じつは映画『草迷宮』のオーディションを受けて最終面接(だと思う)までいったが、通ったのは三上博史さんだった。完成した映画を観て(傑作だ)、こんな恐ろしいものに出なくて助かったと思った。すごいのである。若松さんはこの映画や『さらば箱舟』も印象的だが、なにしろ映画は『サード』だろう。あの映画で彼は天井桟敷らしいことはまったくしないのに、圧倒的に映画のリアリティーを引き揚げていた。あの洗濯物の場面のぼそっとした喋り方は、忘れられない。

その後私が音響のスタッフをしていたとき、客席で観る体力がないからと、寺山さんが調光室でオペをする私の隣で芝居を観たことがある。お亡くなりになる一年くらい前のはずだ。その直前にもお話ししたことがあって、私は寺山さんに名前を憶えられていたことじたいに感動したはずである。

若松さんは天井桟敷のスターであった。武勇伝はよそから山のように聞いた。じっさいにお目にかかると穏やかな大人の方だった。

私の書いた戯曲に主演で出てくれたこともある。流山児★事務所創立20周年記念公演ファイナル、日本・インドネシアコラボレーション企画Vol.1『戦場のピクニック・コンダクタ』というやつだ。

オリジナルの『ピクニック・コンダクタ』は、もともと1991年に燐光群で上演したもので、大友良英さんが生演奏をしてくれて、巻上公一さんと私が主演だった。もともと音楽劇の要素はあったが、それを大幅に改訂したのである。タイトルは、『戦場のピクニック』と『ピクニック・コンダクタ』を掛け合わせたもので、インドネシアのミュージシャンも入った。

演出は流山児祥さん、音楽・生演奏は、Yennu Ariendra (インドネシア)+KONTA 、Muhammad Arif Purwanto(インドネシア) 。出演は、若松武史さんの他に、KONTA、塩野谷正幸、ヒロインは美加理、といった豪華キャストである。そして、青年劇場の代表を退いたばかりの瓜生正美さんが特別出演、当時八十歳だというのに、かつて軍隊で覚えのある匍匐前進まで披露してくださった。

若松さんが自分のせりふを喋ってくれるだけで嬉しかった。肉体の速度と内面の巡りのズレのようなものが、彼の持ち味だった。

ラストシーンのせりふは今も覚えている。

「いま、音楽がはじまる」だ。

 

https://www.ryuzanji.com/r-pic.html

 

コメント

清水邦夫さんご逝去

2021-04-16 | Weblog
劇作家の清水邦夫さんが、4月15日午後零時46分、亡くなられました。
死因は老衰ということです。
葬儀告別式は近親者のみにてとりおこないます。
喪主はなく、ご遺族の希望により香典、献花などはご辞退されるということです。
 
清水邦夫さんの名前を初めて憶えたのは、映画『竜馬暗殺』。
高校時代、ポスターを部屋の壁にずっと貼っていた。
じつは倉敷で自主上映したのである。
そこに「脚本 清水邦夫」とあるその人と、その後、出会い、親しくお話をさせていただくようになるとは、その頃は想像もしていなかった。
 
戯曲集『ぼくらが非情の大河をくだるとき』は、ボロボロになるまで読んだ。
 
『楽屋』は、おそらく、日本でもっとも上演されている戯曲だろうと思う。
 
私が岸田戯曲賞候補となって、二度めに選んでいただいた時のことは、忘れられない。
また、劇作家協会では、創設時から、いろいろなお話しをさせていただいた。先輩たちの中でも、独特の感受性で、本当に素敵だった。
一緒に審査員等をしたときの意見は、百パーセント合致した。そんな人は後にも先にもいない。
清水さんの存在そのものに、励まされた。
感謝しかない。
 
私の『屋根裏』の文庫版の解説を書いてくださるはずが、その頃から体調を崩された。
お話しできない時間が長かったことも、残念でならない。
 
これほど個性、文体が、くっきりとしている劇作家は、もうこの国にはいないのではないかと思う。
 
ご冥福をお祈りします。
 
 
コメント

うなぎ男疑惑

2021-04-16 | Weblog

エイプリルフールに週に一度特上うなぎを食べると書いてしまったため、私のもとにはうなぎ情報が寄せられてくるのである。

シナリオライター・劇作家の伴一彦さんが送ってくださった。

 

うなぎ男疑惑が晴れる日は来るのか?!

自分が誘引しているだけなのだが!

 

うなぎ蒲焼きに顔認証されるのは私のせいではないぞ!

コメント

トーンポリシング

2021-04-16 | Weblog

どうしても、思い出せないコトバがあって、悶々とするときがある。

今日は、「トーンポリシング」。

どういう意味かは、調べてみてね。

 

とは言わず、説明すると、

「何かに対して怒りと共に意見を表明することに対して、怒っている態度だけを取り出して批判して、話の内容を聞こうとしないこと」

という意味ではないかな。

友人の新聞人は、「発言内容よりも発言様態を槍玉にあげることですかね」と返してきた。

そう。それが、トーンポリシング。

 

怒り、というか、強く言わなければならない場面は、人間にはどうしても、あるかもしれない。

その全てを、強く言ったことだけをとりあげて、「ハラスメント体質がある」として、非難をかわせるとは、思わない方がいい。

 

コメント

マクドナルドに並ぶ人たちはみんな身を屈めている卯月の昼時

2021-04-15 | Weblog

マクドナルドに並ぶ人たちはみんな身を屈めている卯月の昼時

コメント

文学座アトリエは、絵になる

2021-04-14 | Weblog

夕方、文学座アトリエへ。

多くの新進演出家を輩出している文学座だが、女性新人が多い。

クォーター制とかの意識の問題でなく、実力なのだろうと思う。

また一人、新人。

水野玲子さん演出の「SEVEN・セブン」。

さいきん燐光群にもよく出ていただいている鬼頭典子さん。昔に私が文学座に書き下ろした「みみず」に出演の山崎美貴さん、他に、高橋紀恵、、頼経明子、梅村綾子、柴田美波、といった皆さん。
作:ポーラ・シズマー、キャサリン・フィロウ, ゲイル・クリーゲル、キャロル・K・マック、ルース・マーグラフ、アナ・ディヴィエール・スミス、スーザン・ヤンコヴィッツ

 

それにしても、夕景の文学座アトリエは、絵になるなあ、と、久しぶりにおうかがいして思うのであった。

 

コメント