Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

中山マリ『あい子の東京日記』〈ひとり語りバージョン〉上演。劇作家大会 2019 上田大会。

2019-08-10 | Weblog

中山マリ『あい子の東京日記』〈ひとり語りバージョン〉、上田で上演します。

劇作家大会 2019 上田大会。〈二本立てスペシャルステージ〉(同時上演 : iaku『仮面夫婦の鏡』)。

中山マリ『あい子の東京日記』〈ひとり語りバージョン〉 構成・演出=坂手洋二

小説家・中山あい子を母に持つ女優・中山マリが、母の小説を織り交ぜながら、二人暮しの日々を振り返る。「中間小説」というジャンルを誕生させ、人気を博した作家・中山あい子。その実の娘である女優・中山マリ本人が、シングルマザーとして自分を産み育ててくれた母を、母のいた世界を、母から見た自分を語り、そのすべてを演じます。母の作品世界が彼女の言葉となって紡ぎ出されます。いま振り返る、二人暮しの日々。

8月16日(金) 19:00-21:00  17日(土) 13:00-15:00

於 : 犀の角

有料2,000円 定員あり 要予約 

会場の「犀の角」は、2016年にオープンした劇場スペースと宿泊施設(ゲストハウス)を併せ持つ交流施設です。旅行者、アーティスト、街の皆さんが交流できる、演劇・音楽等ライブパフォーマンスの拠点として、上田の新たな「顔」となっています。稽古場・レンタルスペースも併設、時間帯によってカフェも営業。「犀の角」という名前は、オーナーの荒井さんがブッダの言葉「犀のようにただ独り歩め。」から引用し名づけたということです。

撮影=姫田蘭。


鴨川てんし一人芝居『生きのこった森の石松』と、二本の一人芝居を、上田に持っていきます。基本は一人芝居の再演なので、既に俳優がそれぞれ一人で稽古してきているのですが、久しぶりに私も参加して稽古しました。二本で7時間、たった三人だけの稽古です。一人芝居はなかなかタフです。(『森の石松』は一人でも立ち回りがあるし、会場の上田映劇は昔ながらの芝居小屋なので大衆演劇的に作り替えています)。『あい子の東京日記』は、劇団新人4人が参加する8分間の劇中劇をカット、完全に中山マリが一人で演じるバージョンに変更しているのが、〈ひとり語りバージョン〉たる所以。シンプルに、語ります。この二本は、これから全国に参上する予定です。既に9月、高松が決まっています。

 

https://jpac2019-ueda.org

コメント

国際演劇協会日本センター編『紛争地域から生まれた演劇』出版

2019-08-10 | Weblog

国際演劇協会日本センターから『紛争地域から生まれた演劇』が出ました。

あまりにも昔に書いたので何を書いたか半分忘れていたが(冗談です)、私は「ユネスコとの繋がりを確認する企画」という文を書いている。国際演劇協会はユネスコ(国連教育科学文化機関)傘下にあるのだ。だから話のマクラが、燐光群が1996年にやはりユネスコ傘下のマケドニア「MOTフェスティバル」に『神々の国の首都』で出たときのことになっている。ユーゴ周辺の紛争がまだ続いている時期だ。

内容はかたいが、賑やかな本である。

 

【書籍刊行のお知らせ】ひつじ書房より、弊センター編『紛争地域から生まれた演劇』(林英樹・曽田修司=責任編集)を上梓いたしました。

2009年に「国際演劇年鑑」の関連企画としてはじめた「紛争地域から生まれた演劇」シリーズ(主に第1回〜第10回の準備期間)および当シリーズで紹介した作家・作品に、さまざまな切り口から再び光を当てた本です。

ひつじ書房のみなさまと、編集中にお世話になったたくさんの方々に深く御礼申し上げます。ひとりでも多くの方に、お手にとってお読みいただけますように。

本書は今月下旬〜末には順次、書店に並ぶ予定です(Amazonの発売日は8月30日を予定、定価3600円+税)。ご希望の方は、お近くの書店までおたずねください。

*ひつじ書房の『紛争地域から生まれた演劇』詳細ページhttp://www.hituzi.co.jp/hituzibooks/ISBN978-4-89476-948-9.htm

===
【内容】
シリア、パレスチナ、イランなど世界の「紛争地域」で、なぜ演劇は創られ、どのように演じられているのか。本書により、私たちは未知の紛争について知り、それが自分たちと直接関わりのある出来事であることを発見し驚愕する。欧米、アフリカ、そしてアジアの各地で。本書は、世界の歴史・文化・宗教・政治が、語り手・演じ手・観客という個人の視点を介して交錯し共鳴する、圧巻の「現代・世界・演劇」探究の書である。

【目次】
◯ まえがき

◯ Part 1 「紛争地域から生まれた演劇」について
・演劇を通して世界と出会うための試み  林英樹
・先にはなにもない!  鴻英良
・無傷な私たちが探すコモン・グラウンド  關智子
・世界とつながる演劇は死なない!  宗重博之
・ユネスコとの繋がりを確認する企画  坂手洋二
・「紛争地域から生まれた演劇」の意義  七字英輔

◯ Part 2-1 戯曲と解説 ——作家・作品とその背景
・『 第三世代 ワーク・イン・プログレス』(ヤエル・ロネン&ザ・カンパニー)
翻訳・解説:新野守広 監修:細田和江
・『包囲された屍体』(カテブ・ヤシン)
翻訳・解説:鵜戸聡
・『イスマイルとイサベル』(ロディ・ヴェラ)
翻訳・解説:珍田真弓

◯ Part 2-2 作家と作品 ——地域・歴史・演劇
・核による災禍に演劇が果たす役割(『ナパジ・ナパジ』) 佐和田敬司
・「名誉」の所在とは?(『修復不能』『ブルカヴァガンザ」) 村山和之
・制約くぐり抜け強権体制批判(『夕食の前に』『白いウサギ、赤いウサギ』)河野孝

◯ Part 3 演出家、作品を語る ——「紛争地域から生まれた演劇」各作品の演出にあたって
・魂に纏うもの(『ヴェールを纏った女たち』) 赤澤ムック
・証言の演劇(『ナパジ・ナパジ』)  和田喜夫
・だから、私はここにいる。その意味を見つけるために。(『Destination』)鈴木アツト
・第三世代について(『第三世代』) 中津留章仁
・俳優、そして演劇の可能性(『3 in 1』)杉山剛志
・アフガニスタン演劇との出会い(『修復不能』)公家義徳
・『包囲された屍体』を演出して(『包囲された屍体』)広田淳一
・『狂人と専門家』はなぜ難解なのか(『狂人と専門家』)伊藤大
・観客はみな、当事者であることから逃れることができない(『イスマイルとイサベル』)立山ひろみ
・世界の縮図としての演劇だとするなら、この演劇の描く世界に希望はあるか(『夕食の前に』)シライケイタ
・隣人を想像してみる、演じてみる(『ジハード』)瀬戸山美咲

◯ Part 4 作家たちからのメッセージ
・スコット・ランキン (翻訳:佐和田敬司)
・プラディット・プラサートーン(トゥア)(翻訳:千徳美穂)
・ヤエル・ロネン(翻訳:新野守広)
・ヤルマー・ホルへ・ジョーフリ= アイヒホルン(翻訳:後藤絢子)
・ロディ・ヴェラ(翻訳:珍田真弓)

◯ Part 5 ITI と「紛争地域から生まれた演劇」
・「紛争地域から生まれた演劇」シリーズはこうして始まった 小田切ようこ
・世界の演劇ネットワークの中の「紛争地域の演劇(Theatre in Conflict Zones)」 曽田修司
・ITI日本センターとその活動について 国際演劇協会日本センター

◯ あとがき
◯ 年表
◯ 本書に登場する国・地域
◯ 執筆者紹介

【編者紹介】
・林英樹(はやし ひでき) 演劇企画団体テラ・アーツ・ファクトリー代表、国際演劇協会日本センター理事、「紛争地域から生まれた演劇」総合プロデューサー。

・曽田修司(そた しゅうじ) 跡見学園女子大学マネジメント学部教授、国際演劇協会日本センター常務理事・事務局長。

■ブックデザイン:中垣デザイン事務所+三好誠
■A5判並製カバー装、468頁
■ISBN 978-4-89476-948-9

 

https://www.facebook.com/itijapan/?__tn__=kCH-R&eid=ARA1epaEl58p6coNLQrtsXS5NOf6FXxWqFgqjGDNWQCI7AdGvc2sV5OKC2NEkke6-SZL2fLL1gOGRTow&hc_ref=ARRH_JpkcUBixYWCIlN4s3KKQogEIhQwr9rtvsvfHttxA8wJxHpzFiyBieoyjdtNUIw&fref=nf&__xts__[0]=68.ARBilz4B2JJ8LvLxcu99ZwyWsYZTbZ5nhtaj3E-6ps2r4Qrtmam80B1swAFDP1GizqjkkboqIeLY_2YeBurf1cgu_W1kQ7nNyk0xLS7G58dtEzcPtx9VfGWVLJA6Bfnl5Xsao9nduOcXDQh_5ZB9ZZlC4uxUd0j8ZRRnsZbj_73QCRHV4k5mJwZKZgELYuBswtscoS5Bx1-Dj3ZsOysKrj0iFjuEgCcVa10X33g_L0xid2_PCRpnqk7rydqVChqxXdiIgbHajpGAV1r_xdlBFEWPaKu4MWNVsAjYFkTVcddyYS-jZ8X7KgILLRU5QB6HZcN3JvNVeACfwdGfn8Q7kj6j4A


コメント