Blog of SAKATE

“燐光群”主宰・坂手洋二が150字ブログを始めました。

何がおかしいかわかっていない人が多いのではないか。

2019-08-03 | Weblog

重い障害のあるれいわ新選組の参院議員二人が、障害者が働いている間も介助を受けられるよう制度の見直しを求めていることを巡り、日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は三十一日、「介助制度がないと働けないのか。違うと思う。支援を受けずに働いている人もいる」と疑問を呈したそうな。障害者の就労については「(介助の)公的補助がその人の収入の二倍、三倍になるなら、職業を持つこと以外で自立してもらう方が合理的ではないか」と述べ、補助の財源となる税負担と障害者の収入の「バランスを取るべきだ」国会議員も一般人も公平・平等にすべきだ」とも指摘したという。

なんにもわかっていない! 障害者団体は「問題を理解していない」と批判している。とうぜんだ。

重度の障害があるNPO法人「日本障害者センター」の家平悟事務局長は、松井氏の発言を「障害の状態によって必要な支援が異なることを理解していない」と強く批判。「制度を見直しても、家庭で使える介助サービスを職場でも使えるようにするだけ。財政負担が激増するわけではない」と反論した。とうぜんだ。

 

コメント

本日8/3(土) トークゲストは渡辺弘(彩の国さいたま芸術劇場 事業部長)さん。つかこうへい作『熱海殺人事件 vs 売春捜査官』。

2019-08-03 | Weblog

つかこうへい作『熱海殺人事件 vs 売春捜査官』。

本日は昼夜2ステージ。14時と19時開演。

夜のトークゲストは、渡辺弘(彩の国さいたま芸術劇場 事業部長)さん。

渡辺弘さんは、現在は彩の国さいたま芸術劇場が中心だが、いろいろな劇場で重要な作品を送り出してこられている。この四十年、演劇界の変遷に立ち会ってきた人である。松本市民芸術館や蜷川幸雄氏との仕事でもお世話になった。パラしてしまうと、若き日、燐光群の川中健次郎と七十年代に一緒に舞台に立ったこともある方なのだ!

 

終演後、本公演の前売券をお持ちの方、ご予約の方は、ご入場頂けます。

 

写真は、木下智恵。(撮影・姫田蘭)

 

戦後演劇の金字塔『熱海殺人事件』、 その発展形『売春捜査官』。

二人の「くわえ煙草伝兵衛」が、激突します。

http://rinkogun.com/Atami_vs_Baisyun.html

コメント