風に吹かれて

のんびりきままな暮らし 時々山歩き♪ 
 
 
 
 

藤原岳・天狗岳Ⅱ

2010-04-28 12:46:08 | 山遊び ・ 三重県

Photo_38 藤原岳の山頂に立ったら、向こうに見える天狗岩に行ってみたくなった

 

避難小屋から30分。

なんとか行けそうな気がしたのだ。

 

<行ったら帰らなあかんけどね~>

<行ける?>

<行けるんちゃう?  たぶん・・・> 

  

 

Photo_39 Photo_41 Photo_42 

アマナ   キクザキイチゲ?   ショウジョウバカマ

 

 

 

 

 

    避難小屋へ戻ると、人が増えてるぅ~ 

 

    来た時は2組しか居なかったのに

 

 

Photo_43  

 

避難小屋からはカルスト地形なのさ 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg8447_3  

 

 のんびりと歩きましょ

 

 

  

 

  

 

 

Photo_44  

 <ミノコバイモ>

 

東海地区限定のお花だそうです

名前にミノ(美濃)が付いてます。

 

写真を撮っておられた方が教えて下さいました

貴重なお花を見られて良かったです。

ありがとうございました

  

名前を忘れないように、<ミノコバイモ・・・   ミノコバイモ・・・ と呟きながら歩いた 

  

 

Photo_45  

  おっと

 

また、福寿草の群生地です

 

こちらは、まだたくさん咲いてるの~

  

 

 

 Photo_47  

 

Photo_48  

 

 

 

 

 

  

 

Photo_49  

  

 こちらまで来た甲斐がありました

 

 貴重なミノコバイモも見られたし

 

 

 

 

Photo_50  

 

 

  さあ、いよいよ天狗岩に到着や~

 

  

 

 

   

 

Photo_51  

 

 天狗岩  1,165m

 

 藤原岳は1,144mなので、こちらの方がちょっとだけ高いんやね。

 

 

 

 

 

Photo_52  

さっきまでいた藤原岳が見える。

 

    展望抜群 

 

   

 

  

 

Aaaaa_2  

 人が増えてきたので、北側へ下ってみる。

 

 向こうに見えるは、御池岳

 

 鈴鹿7マウンテンの一つです。

  

  

 

 

 

Biwako      あれ~    

  

   よくよく見ましたら

 

     なんと

 

    琵琶湖です

 

写真が分かりにくいですが、琵琶湖が見えるのです

 

三重県と滋賀県の県境だものね

なんか感激でした 

 

 

222222_3  

 

               琵琶湖を見ながら最後のパン休憩 

 

 

 

 

 Photo_54  

 

さて、また避難小屋へと戻ります。

 

団体さんも居るようで、より一層賑わっています

 

福寿草が終盤にもかかわらず、人気の山のようです

 

 

 

 

Photo_55  

エンレイソウなどを観賞しつつ、往路を戻った。

  

 

 

 

 

 

 およそのコースタイム(休憩含む)

 

大貝戸P6:20→避難小屋9:20→9:50藤原岳山頂10:40→避難小屋11:00→11:40天狗岩12:20→14:50大貝戸P

 

およそ8時間半(休憩込み)かかりました。

23,251歩   14.18km

お疲れ様でした

コメント (20)

藤原岳・天狗岳 Ⅰ

2010-04-27 10:01:30 | 山遊び ・ 三重県

4月25日(日)  藤原岳・天狗岩

3時起きして5時に家を出たら、車のフロントガラスが凍っていた

フリースを追加。

寒がりな私は冬用のパンツに履き替えた。

 

藤原岳の福寿草はもう諦めていたのだが、終盤だけどまだ見られるとの情報を得た。

それならばと、行くことにしたのだ。

鈴鹿セブンマウンテンに初チャレンジ 

 

 

 ひとくちメモ

1931年(昭和6年)三岐鉄道三岐線の開業とともに、藤原岳山頂部藤原スキー場がオープンしたそうなのだ。

 今回ブログを書くので色々と調べたら分かって、びっくりである。

 戦時中の一時期は途絶えていたが、1953年(昭和28年)2月に再オープン。

 山荘は食事付きで100人ほどが泊まれ、日曜など多い時は1000人ほどのスキーヤーで賑わったそうだ。

 現在は山荘は無く、避難小屋が建っている。

 

 

 

1_2 さて、大貝戸の表登山口にあるパーキングに着いたのは6時。

        1番乗りなのよ~

 

バナナを食べて身支度を整え、6時20分にスタートする。

私の後ろは立派な休憩所

トイレもあります。

 

 

2_2  

 登山届を書く。

 

 3

  

 

                    まずはシャガがお出迎え

 

                   

 

 

 

2  最初は暗い杉林の中を歩きます。

 

 二合目到着なのね。

 こうやって標識があると、現在地点が良く分かっていいな 

 

  

 

 

Photo_20 Photo_21 Photo_22 Photo_23  

 

 

 

 

 

 

Photo_25  

 

 

お花を愛でながら登ります

 

 

 

 

  

 Photo_26 

 面白いので1合目ずつ登るたびに写真を撮ったので、載せちゃいます

 

  ← こちらは三合目

 

 

 

Photo_27   

 ちょっと広めで明るい四合目

  

 Photo_12  

  

 なんてこたあない五合目

 

 

 

 

Photo_29  

 早いね~。   もう六合目かい

 

 Photo_30  

 

 七合目は相棒ちんで

  

 

 

 

 

 

 

Photo_31  やっとひらけた八合目 

 

 ここは冬季登山道との分岐。

 看板にはなだれへの注意事項も書かれています。

 

 

 

 

登山道はきれいに整備されていて、とても歩きやすい。

ここまで2時間歩いてきたが、まだそれほど疲れを感じないのだ。

 

 

Photo_32 Photo_33 Photo_34  

 

 ミヤマカタバミはまだ

 

 地味だけど良く見るとかわいいネコノメソウ、たくさん咲いてます

 

 

 

 

Photo_36

 

あれ?  あの黄色いのは何かしらん?

 

  

 

        おぇー    

 

 福寿草   福寿草や~ん

 

 

 Photo_38  

   出た~~~    

 やっとお出まし  福寿草

 

 終盤でもなんでもよろしいの

 

    感激~

 

 

 

 Photo_43  

 

 

こんなふうに山を登ってきて、斜面に咲く福寿草の群生を見るのは、私は初めてだ。 

 

 

  

 

 Photo_44  

 はい、九合目、到着

 

 ということは・・・、山頂までもうすぐやね

 

  

 

Photo_47  伊勢湾が見えます

 

 

海とコンビナートの煙突のセット、これが小さい頃から見ている四日市の海の風景です。

  

 

 

 

Photo_48  

 建物が見えてきた。

 

 避難小屋です。

 

 途中でよくお会いした男性2人に「山頂はどこですか?」とお聞きしてるところです

 

 

 

 

Photo_49 避難小屋

 

トイレもあるんだけど、入るのにめちゃ勇気が要ります。

何でだかは、御想像にお任せします。

 

もう少し、なんとか出来ないのかなあ・・・・・

 

 

 

Photo_50

 そうそ、山頂はまだまだ先なのね

 

 遠くに見えるけど、20分位で着くそうだ。

 

 もうひと頑張りやね

 

 

 

  

 

Aaa  

気持ちの良い笹ノ原

 

この辺りが昔スキー場だったのでしょうね

 

スキーを担いで上がったのかな?

 

 

 

 

Bbb  

 さっきまでいた避難小屋(右)と天狗岩(左端)

 

 もうあんなに小さくなってる

 

 朝の寒さがウソのように暖かく、風もない絶好の登山日和となりました

 

   

 

 

Cccs  

 やったー

 

 藤原岳山頂、到着 

 

   とうとう着きました

 

 AM9:50   登山口から3時間半(休憩込み)です。

 9合目までは早かったのだけど、そこからが長かったよぉ~

 

  

Photo_2

やっと着いたぜ~

 

と、言ってます

 

 

 

 

 

Photo_3  

 山頂に上がると

 

   絶景です。

 

 山並みがきれいで 

 言葉がありません。

 

 ただ、黙って眺めます。

  

 

 手前が静ヶ岳、銚子岳。

 その後ろは雨乞岳、綿向山、日本コバと思われます。

 

 

Photo_7  

 

  御在所岳

 

 

 

 

  

Photo_9  

 

 

群馬の皇海山に似た山はなんていう山かしらん??

 

 

Photo_6  

 伊勢湾も見えています。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5   

 

 見えづらいですが

 

雪山は白山のようです。

 

白山の左には伊吹山が見えていました。

 

いつか行ってみたい山が、また増えたね

  

 

 ここで3回目のパン休憩です。

 荷物を軽くするために、今日はパンにしました

 来る時コンビニで買ってきたのでした。

 コンビニのパンって美味しいね

 ミニストップだよ~ん

 写真は撮る余力がなかった~

 

 

 

さて。

これから予定してなかったのですが、天狗岩にも行ってみることにしました

 

レポートが長くなってきました。

お付き合い頂いてありがとうございます

 

アップに失敗すると怖いので、ひとまずここでアップします

天狗岩では新たな感動がありました。

良ろしかったら続きも見て下さいね

 

コメント (12)

モクモクファーム

2010-04-26 15:43:25 | おでかけ

Photo  

 26日(土)

 忍者の里、三重県伊賀市にある「伊賀の里モクモクファーム」に行った

 

http://www.moku-moku.com/ 

 

 

 

 

 

Photo_6 まずは腹ごしらえ

 

だって、急に思い立って11時頃に出かけたんだもの

着いたら、ちょうどお昼なのよね

 

やわらかくて甘い豚肉でした

 

 

”相棒ちんだけ” 地ビール

 

美味しそうだけど  私は運転手

 

 

Photo_7  

じゃあ、豚汁頼んでいいっすか

 

具だくさんのおいしい豚汁は300円

バーべキューはお一人様1575円也。

 

 

 

 

 

 

 

Photo_2  

ちょうど里山桜まつりが開催されていた。

             (4月24日~25日)

園内の里山桜はまだ三分咲きといったところ。

 

「伊賀上野白鳳太鼓」の演奏を楽しむ

 

 

 

Photo_3

 

 

 迫力ある太鼓の音が胸に響きます

  

 

 

 

 

Photo_4  

あの辺の山は、なんじゃろか???

 

山も気になる相棒ちん

 

 

 

   

 

 

 

1  

 太鼓の次は、主役の豚さんのショーが始まった

 

 <それいけ ミニブタ芸  なのだブー

 

 

 

 

 

Photo_8  

  

  お姉さんの言うことをちゃ~んと聞くのよ

 

  

    わっかりました~ 

 

  

 

  

  

ハードル、飛び越えられるかな???

 

    あちゃー    

        ハードル、よけちゃったのねぇ~

 

お姉さんの持ってるエサに向かって、一直線 

 

<だんごくん、今日はなんだか眠いようで、芸に集中出来ないようです

 

そんなにお姉さんを困らせないで~

 

 

 

 

 

Photo_9  

<じゃあ、なんでも出来るおこめちゃんに交代します

 

 

カタカタを上手に出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_10  

 滑り台だって、上手に滑るのよぉ~

 

 

 アタシはなんでも出来る才女なのだブー

 

 

 

 

 

Photo_11  

最後にくす玉を割って、喝采を浴びるおこめちゃん 

 

  おこめちゃん最高っす

 

そして、芸をやる気のないだんごくんにも優しく接するお姉さんも 本日のヒーローです

 

お疲れ様でした

これからも楽しいショーを見せてね

 

   

  

 

 

 

Photo_16   

ショーを終えた豚さんたち

 

 ひしめき合ってすやすやお休みです

 

   頑張ったのだブー

 

 

 

 

 

Photo_17  

 

 Photo_19  

 

 

  

 

 

          子豚ちゃんたちも仲良くねんね

 

 

 

   

 

 

 

 

Photo_12 モクモクファーム内は広く、宿泊施設や温泉もあります

無料の足湯もあるわよ

 

 

Photo_13

  

  

  

  子豚を触って、願い事します

 

 

 

 

 

 

Photo_14 おいしそうなソーセージやハム、地ビール、パンなど、たくさん販売されています。

野菜とお花の直売所もあったので、いろいろと買いました

 

ソフトを食べて帰りました  

 

 

コメント (6)

雲母(キララ)峰 (4月18日)

2010-04-19 19:55:40 | 山遊び ・ 三重県

   4月18日(日)

キララへ行こう

雲母と書いてキララ

北海道のお米と同じ名前やね

雲母峰は鎌ヶ岳の前衛峰で、主峰(888.4m)とⅡ峰(875m)の二つのピークを持った山。 

 

三重県に帰ってきて、第一弾の山登りは雲母峰に決定

登山口の下見までして2回もふられた藤原岳はそろそろ福寿草の見頃も過ぎたようだし、私の体調もイマイチということで、今回は鈴鹿7マウンテンは諦めてキララにお世話になることにした

 

やっと山の神様のOKも出たようだ

 

 

1 快晴の中、水沢方面へと車を走らせる。

 

 水沢町は伊勢茶の産地。

 http://www.suizawa.net/index.html

 

 気持ちの良い茶畑と山桜の美しさに、思わず車を止めた

 

   

宮妻峡方面へと車を走らせると、右に雲母峰、左に入道ヶ岳が見えてくる。

 宮妻荘手前の分岐で右折。

 まもなく樹林帯に入り、雲母橋手前の駐車スペース(数台置けます)に車を止めた。

 家から30分ほどで到着。   

 1時間寝坊したけど、全然問題なかったね

 

 

2 駐車スペース西側に「雲母峰登山道あんない図」があり、「雲母峰登山道」という道標がある。

    車は入っちゃダメよ

 

 9:25 スタート

 

 

3_2  しばらくは舗装された林道をのんびり歩く。

 

 久々の山歩き

 

 やっぱり山はええね~

 

 

4_2  林道から登山道に取り付く。

 杉林の急斜面をジグザグに登って行く。

 

 ちょっとつまんない登山道

 

 

 

5  

 やっと道が開けた~

 

    暑ぅ~

 

 荷物になるのが嫌で付けてきたスパッツが~

  

 

 

6 さて、こんな分岐にさしかった

このまま真っすぐ登って行こうとしたら、相棒が呼びとめた

登山口にあった案内図では、上りと下りはコースが違ってたと言う。

確かに<のぼりコース>と書かれた看板があるのだが、それが指し示す方角がイマイチはっきりしない。

ちょっと自信が無さそうだったけど、左だと思うと言うのでそちらへ向かうことにした。 

ちょっぴり不安を抱えたまま・・・・・ 

  

 

7  

      お~

 

 茶畑の向こうに見えた山桜が見えるやな~い 

 (眺めもいいことだし、こっちで合ってたんや

 

 

  

 

 

う~ん・・・、途中から登山道が分かりづらくなってきた

 

<ねえねえ・・・、なんやおかしくない? この道・・・

<合ってるはずなんやけどな~  まっすぐ行った方が良かったんかな  戻る?>

 

なぬっ     ここまで来たのに

 

 

Photo_28  

 ← こちらが案内図

 

 う~ん・・・、確かにのぼり・くだりに分かれているようにも見えるが、地図が古いのでよく分からない 

 

 

  

 

Photo   

 相棒ちんの<戻る?>発言のあと、もう少しだけ進んでみようということになった。

 するとほどなくして、やっと、安心して歩ける登山道と重なった

  

 なんとか無事に来られて良かった。

 もしも、ガスってたりしたら、もっと分かりにくかっただろう。

   

 今回を教訓にして、これからはもっとちゃんとリサーチしてから来なければいけないと思った。

 

  

 

9_2  

          やっとこ、花の写真を撮る余裕も出来た

 

 Rimg8119  

 

 

 

 

 

 

 

 

  

   

 

 

Photo_10   キララⅡ峰 到着  (11:10)

 

 ここはパラグライダーの離陸場所だそうで、木が伐採されて展望台のような眺めの良さ。

 

 伊勢平野が広がる。

 伊勢湾を航行する大型船も見える

  

セントレア空港も見えるのだそうだ

  

 

Photo_4   

 反対側は、鈴鹿の槍と呼ばれる鎌ヶ岳が真正面に見える

  

 先日は白かったこの山も、もう白くないのね

  

     いつか行くから、待っててね

 

 

Photo_6  

 あたしゃ、悪いけど 先に食べちゃうわよ

 

 お腹がぺこぺこなの

 

 パラグライダーの際に利用するのかな?

 鯉のぼりが数匹、あっちゃこっちゃに泳いでおりました

 

 

Photo_8  

 県(あがた)小学校の皆さんが手作りされた、かわいい山頂プレートが2つありました

 

 一生懸命作ってくれたのでしょうね  ありがとう 

 

 

 

Photo_11 キララの山頂はここから10分ほど先だけど、展望が良くないそうなので、早いけどここでランチにすることとした。

 

群馬から一緒に引っ越してきた<名古屋名物 味噌煮込みうどん>

今日こそちゃん 沈ませないわ

 

 

 

 

 

Photo_12  

 鎌ヶ岳を眺めている時、ふと足元に目をやると、ショウジョウバカマが咲いていた

  

 名前の由来は、花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物)になぞらえ、根生葉の重なりがに似ていることから猩々袴(ショウジョウバカマ)と名付けられたそうだ。

 

 

 

 

 Photo_14

 フデリンドウ(で、いいのかな? ハルリンドウと区別がつきにくい)

  

 

 どんぐりの傘との競演です

 

 

  

 

 

  

 

 

Photo_15   

  

 憧れの鎌ヶ岳をバックに、調子に乗るおっさん

 

   

 

 

   

 

 

12時過ぎたので、そろそろもう一つの山頂・雲母峰へと向かいましょ 

  

 Bbnbnbm

キララⅡ峰から少し下ると、バイケイソウの群落がある。

  

  咲いたらきれいでしょうね

 

 

 

 

Photo_16  

 雲母峰山頂(888.4m)

 

 噂どうり、展望はほとんどない。

 

 1組のパーティが、楽しそうに休憩しておられた

 

 

 

 

Photo_17 Photo_18 Photo_19  

     

 

 

 

  

    キララⅡ峰に戻り、今度はずっと安心できる登山道で下山した

 

休憩を含めたおよそのコースタイム 

 雲母橋P AM9:25→11:10雲母峰Ⅱ峰山頂12:35→12:50雲母峰山頂12:55→14:50雲母橋P

   

 

    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 

 

 

  

Photo_21  

 山桜に誘われて

 

 宮妻峡へと向かう

 

 

 山肌が控えめな桃色に染まっています

 

 

 

 

Photo_23  

 

 

しばし、見とれます

 

 

  

 

 

 

  

 

 

Photo_25  

    宮妻峡

 

 子供の頃、キャンプや遠足などで出かけた、懐かしい場所です。

 何年ぶりだろう?

 

 たぶん、20年以上行ってなかったと思われる。

 

 

GWはたくさんの親子連れで賑わうのでしょうね

 

宮妻峡ヒュッテHP→ http://www.miyaduma-hutte.com/index.html

 

 

Photo_30   

      もみじ谷 

 宮妻峡へと向かう道路の入り口はモミジのトンネルとなる。

 古来、モミジの名所として有名なもみじ谷

  

 奥山に、紅葉ふみわけ鳴く鹿の、声きくときぞ、秋はかなしき 

 

                                 この歌はここで詠まれたという伝説が残っている。

コメント (16)

伊勢型紙

2010-04-01 18:15:25 | 手芸

 

 

 伊勢形紙の教室があるというので、見学に行ってきました。

 先生のご配慮で、体験させていただけることになりました

 彫刻刀の使い方がとても難しいの。

 親指と人差し指で持つのですが、指がくっつかないように持つのがコツだそうです。

 細かいところがちぎれてしまったのですが、先生が魔法のように小さな紙を切ってつないでくれます

 色紙に貼って、こんなにきれいに変身させて下さいました

  

 伊勢形紙は以前から興味があり面白かったのですが、老眼と乱視で段々とぼやけてきてピントが合わなくなってきました。

 帰りの車の運転も最初ぼやけて変な感じ

 続けていくのはちょっと難しそう。。。

 

<伊勢形紙>

着物などの生地を一定の柄や紋様に染色するために使われる形紙の一つ。

最近は図柄の芸術性が評価され、美術工芸品や家具などに使用されることも多い。

三重県鈴鹿市で主に生産されている。

 

 

 

 

 

Photo_2  帰りにデパートに寄りました

 

 <アサヒビアケラー>に14年ぶりに行きました。

 ここのヒレカツランチがお気に入りで、三重県に帰ったら一番に行ってみたいお店でした。

 店内はほとんど変わっていないけど、メニューが全く変わってたの。

 ヒレカツもありません。   残念・・・  

 限定の味わいランチにしました。


 

久しぶりのデパートはかなりパワーアップしていて、浦島太郎状態でした。

どこへ行っても、浦島太郎

10年ひと昔と言いますが、14年も経つと、本当に何もかもが浦島太郎状態

 

未だに、どこか知らない街へ転勤でやってきたよな気分が抜けません。

でも最初は少し戸惑いもありましたが、段々と少しずつ馴染んできたように感じます。

 

 

コメント (8)