風に吹かれて

のんびりきままな暮らし 時々山歩き♪ 
 
 
 
 

乗鞍岳

2010-10-29 22:49:28 | 山遊び ・ 長野県

10月16日(土)   乗鞍岳

                         ずい分前になってしまいました

                         10月16日(土)の乗鞍岳のレポートです。

 

乗鞍岳は、相棒ちんは初めて。

私は子供のころに家族旅行で行ったきり。

その頃は畳平までマイカーで行けたそうだ。

8月でも結構残雪があり、スキー板を担いで登る人もいたとのこと。

私は寒いから車から降りるのやだ~~~  とぐずったらしく、それでもなんとか車から降りてレストハウスまでは行ったけど、山はひとつも登らないで帰ったそうです

  

 

1_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

さて、今回は。。。

あかんだな駐車場に6時頃到着し、6時半のシャトルバスで畳平へ。

 

お天気は良いのだけど、めちゃんこ さぶ~~~~~い

 

?じゅうねんぶりに来ても、やっぱり さぶ~~~~~い 

 

 

 

Ike  

   鶴ヶ池

 

  

写真では暖かそうに見えますが、冷たい風がビュンビュン吹いてます

 

  

  

 

 

 

 Photo_20

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

    まずは大黒岳へと向かいます。   10分で登れる

   

 

 

 

Photo

 

 

  大黒岳 (2772m)

 

いきなり絶景で、驚きです

 

槍ヶ岳穂高連峰

 

今夏行った穂高ロープウエイの展望台もすぐそこに見えています。

 

 

 

 

 

3  

 

 強風を忘れて、しばらく展望を楽しんだ

 

 

 

 

 

   

 

 

 

Photo_2  

続いて  富士見岳(2817m)

 

 

 風がづよすぎるぅ~~~

 

マジでへたってます

残念ながらこの時は、富士山はご機嫌ななめでした

 

  

  

Photo_4

 

  

 

あの尖がってるのが、剣が峰

 

  

 

 早く行こうよ

 

 

  

 

  

 

 

 

2_2  

 

 

 

  雪だぁ~

 

 

 

 

  

   

 

 

 

 

Photo_36  

 

 高天ヶ原乗鞍エコーライン

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_5  

 

 肩の小屋まで来ました。

 

 

 

 

 

 

 

1111111  

 

 トイレ休憩を挟んで、また登ります

 

  高山病にならないように、大きく息を吸いました

 

 

 

  

 

 

 

Photo_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    振り返ると     肩の小屋   摩利支天岳   北アルプス

 

 

 

Photo_8  

 

  ごもっとも

 

 

 

 

Photo_9  

 

おっしゃる通り

 

石ゴロゴロで疲れます

 

 

休み休み登ります。

 

  

 

 

 

Photo_11   

 

 蚕玉岳(2979m)

 

 

 剣が峰まであと少し。 

 

 

 

   

 

  

 

Photo_12  

 

眼下には火山湖の 権現池

 

 

 

  

 

  

 

 

 

Photo_13  

 

  頂上小屋

 

 

 

 

  

 

 

Photo_14

 山バッジ、買いました

 

登頂証明カード付きとはいえ、1000円は・・・、今までで最高額です

 

秋バージョンの紫色を購入。

 

 

 

  

 

Photo_15  

   剣が峰山頂 3026m 

 

  

          着いた~

 

 

  

  

  

 

Photo_16  

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

           9月に登った御嶽山が目の前に      

 

 

 

Photo_17

 

 

       

 

 

 

  

 

 

 

       ↑    

  

 

 

      真ん中の白いのが摩利支天岳コロナ観測所である。

 

      

 

 

Photo_18  

 

 風を遮られる場所を探して、ランチにします

  

 遠くに見えるは、八ヶ岳?

 

 

   

 

                 

    Photo_21  

 

ランチ休憩の間に、あら不思議

 

風がおさまってきました。

 

360℃の大展望を楽しむ

  

 

 

 

 

 

 

Photo_23  

   

 

剣が峰をバックにポーズをとるおっさん

  

 そろそろ下山するわよ

 

 

 

 

 

 

Photo_24  

肩の小屋が見えてきた。

 

 

もう我慢できないの~

 

お先に トイレ行ってきま~す

 

  私・・・、冷え症なのよ~

 

 

  

 

Photo_25  

 摩利支天岳 2872m 

 

 

 コロナ観測所の中には、入ってはいけません

 

 

 

 

 

Photo_26  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

          さっきまでいた剣が峰です。

 

 

 

Photo_29  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              

  

                  畳平   北アルプス

 

 

 

Photo_31  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   畳平に戻ってきました。 

 

           夏は高山植物のお花畑だったのでしょうね

 

  

 夏の乗鞍岳はこちら            お花畑がとってもきれいです

 (山の師匠・しんぷるライフ@山歩きさんのレポートです  勝手にすみません

 

 

 

 

Photo_32  

 

朝は閑散としていた畳平だったが、帰りは観光客で賑わっていた。

   

魔王岳 2760mにたくさんの人が登っているのが見える

 

 

 

 

Photo_33  

 

 レストハウス前に出来たシャトルバスの列に並ぶと、運良く10分程度で乗ることが出来た

 

 

 

 

  

 

 

Photo_34  

 

バスの中から紅葉を眺めながら降りてきた

 

 

あかんだな駐車場付近も紅葉がきれいでした  →

 

 

 

 

 

平湯温泉に浸かって帰ろうと準備はしてきたのだったが、やっぱりあの夏の悪夢が忘れられず   

そのまま帰宅した

 

 

 

<コースタイム>

 

あかんだな駐車場6:30(シャトルバス)→畳平7:45→大黒岳8:25→富士見岳9:15→蚕玉岳10:40→

11:00剣が峰12:20→摩利支天岳14:00→14:40畳平 

シャトルバスにてあかんだな駐車場15:45

 

                    のりくら観光協会はこちら

 

 <おまけ>

 

Photo  帰りに高山のなか卯で晩御飯を食べました。

 なか卯は初めてです

 

 私がトイレに行く時、券売機で注文してた男性が、私がトイレから出てきたら、もうカレーを半分食べ終わっていました

 

     早っ

 

私たちのお料理も、席について5分もしないうちに運ばれてきました。

 

よく観察してみると

 

券売機でボタンを押します

      ↓

調理場に「なになに入ります!」みたいな音声が流れます。

      ↓

お客さんが席に着く前にもう調理は始まります

 

凄い    素晴らしい  このシステム

 

 

そして、お客さんはおひとりさまの男性が多く、あっという間に召し上がって帰られます

 

ちょっとしたカルチャーショックを受けた夜でした

  

 

Photo_2  

 

私の注文した牛カルビ焼き肉丼セットも、キムチが乗っかってておいしかったです

 

 

 

     おしまい

コメント (8)

馬場家住宅と牛伏寺 (山旅2日目)

2010-10-28 14:49:44 | 旅行記

1 10月24日(日)         一応、結婚記念日  

馬場家住宅と牛伏寺

                               1日目のレポはこちら  

今日も朝から食欲旺盛だ

家では朝は少しか食べないのに、どうして旅行だとこんなに食べられるのか?  不思議だ

 

花豆・きんぴらごぼう・おでん・目玉焼き・茄子の煮物・鮭のホイル蒸し・味付け海苔・お漬物・味噌汁・梅?(甘くて美味しかった)

健康的な朝ごはんで、とっても美味しかった

 

 

 

2  

 

 散歩に行ってきま~す

 

       ← 旅館の玄関

 

 

 

 

3  

 

旅館の門には、こんなレトロな看板がありました。

 

 

 

   

 

 

 

4  

  

 温泉街の案内図

 

 以前は6件の宿があったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

8  

今は営業していないお宿、「山二旅館」

 

建物もまだしっかりしていて、閉めてるのがもったいないようなお宿だ。

 

 

 

 

7 こちらの「秀明荘」はもう随分前に閉館したと思われる。

 

  

 

6  

 

 

 

 秀明荘から坂を上って行くと、「山上旅館」

 

 

 

 

8_2  少し離れた場所にあるのが、「薬師平茜宿」

 崖の湯温泉の中では一番大きな旅館です。

 

 他には高ボッチに行く際に「群上閣」というお宿を通りました。

 駐車場にはバイクがたくさん並んでいました。

 

 

 

 

両親の旅行の下見もかねていたので、ホテルホッピングのようなお散歩となりました

 

展望台や若山貴志子の碑などにも歩いて行ってみようと思いましたが、道が途中で分からなくなって引き返したのでした。

宿の方に聞いてみると、今は木が多い茂って展望できなくなったそうです。

 

 

 

 

5 宿に戻ると2匹の猫がお出迎え

たまさんへのお土産に1枚

 

崖の湯温泉には猫がたくさんいます。

捨て猫がかわいそうで、旅館のおじさんもエサをあげるのだとおっしゃっていました。

優しいおじさんです

 

この日は宿泊客は私たちだけだったので、居たいだけいつまででも居ていいとおっしゃって下さったので、また温泉に浸かったりして、10時半過ぎまでのんびりさせていただいた

 

田舎の親戚の家に泊まりに来たような、そんな気分になる温かいお宿でした

また行ってみたいな~

 

 

 

9  

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

  

 

 

            帰り道に絶景ポイントがあるのを知りました。

              温泉街から歩いても行けそうです。

 

   葱畑の向こうにそびえるアルプスの山々は、何度見ても見飽きることはありません

 

 

 

                                   

 

  

 

 ちょこっと観光スタート 

 

  

Photo     馬場家住宅 (入館料300円)

 

 江戸時代末期の長野県西南部を代表する民家建築として、平成8年(1996年)に重要文化財に指定されたそうだ。

 

  

 

  Photo_2 

 

懸魚 (げぎょ) 初めて知りました →

 

懸魚は、主に神社仏閣の屋根に取り付けられた妻飾りのこと。

もとは魚の形をしていて、鯱(シャチ)と同様、火事を封じるおまじないと言われている。

民家に見られるのは明治以降のものだそう。

 

→ この懸魚は、S45年、母屋の改修の際に取り替えられたそうだ。

 

 

 

Photo_3  

 あと、印象に残ったものは、こちらの殿様のお部屋です。

 立派なお部屋です

 

 殿様の部屋の畳にはヘリが付いています。

 

 

 

Photo_4   

 こちらは使用人の部屋

 畳にへりがありません。

  

 そんなことからも殿様と使用人との差をつけていたそうです。

 

  

 

 

Photo_5  

胡桃が日光浴していた

 

 

 

 

 

   

 

 

Rimg14930  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rimg14935  

 馬場家の前にもアルプスの山々が

 

  

 栗がたくさん実っていました。

 

 

 

 

 

      続いて、牛伏寺 へ                            

 

             

 

 

Photo_7  

  

 

 牛伏と聞くと、行ってみたくなります

 

 群馬の牛伏山の牛と勝負だわよ

 

 

 

 

 

 

 

 大きさは群馬に負けてますが、ピカピカ光ってきれいな牛です

 

         2頭、いらっしゃいます

 

 

 

Photo_8  

 

   牛伏寺

 

寺伝では聖徳太子が42歳の時に自ら刻んだ観音像を本尊として鉢伏山に安置したのが始まりという。

寺名については、756年天平勝宝7年)、からもたらされた大般若経600巻を善光寺へ奉納する途中、経典を運んでいた2頭のが倒れたことから「牛伏寺」の名が付いたという。

参道途中に建つ牛堂には2頭の牛が祀られている。

 

 

 

Photo_9 3_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

  

 

 

Photo_10  

 新そばで やってます 

 

    看板に誘われて入ってみた

  

  牛伏寺の旧参道入り口にある坂口茶屋

   

 相棒ちんは盛り蕎麦の大盛り。

 

 

 

Photo_13  

そして馬肉のモツ煮

 

馬肉のモツは初めて食べたけど、全く臭みがなくて軟らかく美味しかった

 

 

 

 

 

Photo_14  

 私は天ぷらそば。

 

 の天ぷら、初めて食べたけど美味しいね

 

 茹で卵がついてました

 

 

 

Photo_16  

 蕎麦を待つ間、お漬物がやってきました。

 

 瓜の漬けもの。

 お味噌を付けると美味しいのに、相棒ちんは食べられませんでした

 

 

 

 

Photo_17 

このあと、直売所でめちゃ安の野菜を買いこんで帰りました

 

      ぷっぷくぷ~

 

          途中、ちと渋滞  

 

コメント (10)

高ボッチ山・鉢伏山(山旅1日目)

2010-10-27 14:18:30 | 山遊び ・ 長野県

  10月23日(土)  高ボッチ山・鉢伏山

 

今日は以前より気になってた山、長野県・塩尻市の高ボッチ山・鉢伏山に行くことにした。

車で山頂近くまで行ける楽チンな高山である

                             高ボッチ高原の情報はこちら

 

 

今夜は神経痛に効くという崖の湯温泉に1泊する。

私の母が膝痛で悩んでいるので、下見してこようと思ったのだ。

                          

 

  

 

Photo_2今日は簡単に登れる山ということで、7時過ぎに自宅を出発

 

SAでのんびり五平餅なんぞ食べていたら、なんと! 

 

    渋滞や~ん

 

ほどほどに早く行かんとあかんのやね

 

まっ・・・、渋滞と言っても大した渋滞でもないけどね

 

   

 

 

222_2 

 塩尻ICで降りて、今夜宿泊する崖ノ湯温泉を通り、高ボッチ高原へ。

 

 アルプス連峰パノラマ展望台に着いたのは、11時40分頃だった。

 

 ここは北アルプス・中央アルプス・南アルプス・八ヶ岳・富士山など、日本の3000m峰のほとんどが見渡せる

 しかも車で来られる

  

 

Photo_3

  

山歩きをされる方には簡単に来られ過ぎて、物足りないかも?

 

私たちはこういう楽チンが大好きだ~ 

 

広い展望台のパーキング(トイレあり) → 

 

 

 

 

 Photo_5  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

     ススキ野原を5分も登れば、高ボッチ山頂

                         一六四四・九 米

 

 眼下には諏訪湖

 その向こうには、八ヶ岳と富士山、南アルプス

 

 

  

 

Photo_7  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

         久しぶりに見る八ヶ岳連峰に感激

  

 

 

  

Photo_6

 

北アルプスをバックにランチ 

 

時折、太陽が雲に隠れると、寒~い

 

相棒ちんも縮こまるぅ~

 

  

 

Photo_9  

 今日はカップ麺のパスタで、茹で汁でカップスープを作った。

 

 明太子ともうひとつはクリームパスタで、お味はとってもおいしいけど、寒いからすぐに冷たくなってしまいます

  

  

 

 

 

 

 

Photo_10  

 先週登った乗鞍岳が見える。

 

 今年の夏は猛暑を逃れ、いろんな高山へと逃げ込んだ。

 

 おかげでだいぶ山名が分かるようになりました

 

 

 

  

 

Photo_11  

 

 

さて、そろそろ高ボッチ山とさよならして、向かいの山、鉢伏山へ行こう

 

      車で・・・・・

 

 

 

  

 

                                     

 

  

 

Photo_13  鉢伏山への林道は狭く、所々で対向するのが困難な場所があります。

 

 相棒ちんの車は車幅が広いので、ホントに大変でした

 

 やっと駐車場に到着。

 駐車料金は500円。

 

 ←  駐車場より。  池の向こうは御嶽山。

 

 

 

 

 Photo_14  

 

 

こちらもススキ野原のなだらかな遊歩道となっている。

 

 

 

 

  

 

 

Photo_15  

 最初に現れた小さな丘の上に登ると、目の前が美ヶ原だった

 

 この角度で見るのは初めてで、面白い

 

 

 

  

 

 

 

Photo_17  

 

いよいよ山頂へと向かいます。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

Photo_18  

 おっと    ここですか

 

   鉢伏山頂上 1928m

 

 美ヶ原が後ろに見えています。

 

   

 

 

  

 Photo_21  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

  この先に展望台があるので、てっきりあそこが山頂だと思ってしまった。

 

         展望台へと行ってみよう

 

  

  

 

 

Photo_22  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

    富士山もまだ頑張って、その勇姿を見せてくれました

 

    本当に美しい姿      日本の誇りですね

 

  

 

 

Photo_23  

富士山に感動したところで、またまた休憩タイム

 

珈琲を淹れて、蒸かしてきたお芋さんをいただきます

 

峠の釜めしに付いてるお漬物の入れ物、結構便利です

お塩を入れてきました

 

山でさつま芋がこんなにおいしいとは

 

  

 

 

Photo_24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                  相棒ちんの自信の写真だそうです    ↑    穂高連峰と槍ヶ岳

 

                

 

 

Photo_25  

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 名残惜しいけど、鉢伏山ともバイバイ

 

 前鉢伏山もあるそうなので、そちらに向かう。

 

 美ヶ原の右手に顔を出してるのは、浅間山

 

          浅間山を見るのも、久しぶり~     感無量

 

  

 

 

Photo_26  

前鉢伏山頂   1836m

 

    一応来ましたけど・・・・・

 

時間がない場合は来なくてもいいかも

アルプスなど見えますけど、それまででもう充分でしたからね

 

  

 

 

  

Photo_27 駐車場に戻ってきました。

 

これから今夜のお宿、崖ノ湯温泉へと向かいます。

 

狭い林道、注意をしながら下ります。

途中、動くものがあり、一瞬熊かとびっくりしましたが、鹿でした

山の中に駆け上がり、しばらく私たちを観察してるのでカメラを向けた途端、踵を返して山の中へと消えて行きました。

 

あとで宿の方に伺ったのですが、ここ鉢伏山や高ボッチ山も熊が出るので警戒が必要のようです

 

 

<コースタイム>   (休憩含む)

 

高ボッチ高原・アルプス連峰展望台11:45→12:05高ボッチ山13:25→13:40アルプス連峰展望台

 

         車で移動  (約15分)

 

鉢伏山駐車場14:00→14:30鉢伏山頂→14:33展望台15:20→15:50前鉢伏山頂15:53→16:05鉢伏山駐車場 

 

                                                                                                          

 

 

Rrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr      崖の湯温泉

         

   神経痛なら崖へ行け!

  

 崖ノ湯温泉は、鎌倉時代に起きた崖崩れの断層より沸いたと伝えられる鉢伏山(はちぶせやま)山ろくの温泉地です。

崖の湯」の名はこの言い伝えから呼ばれるようになりました。

明治時代の初めに、傷ついた猿がこの湯で治療していたところを発見されて以来、湯治場として利用されてきた温泉です。

リュウマチや神経痛に効能があり、「神経痛なら崖へ行け」と地元では言われています。
松本市・塩尻市二つの市にまたがる温泉地で、松本に4軒、塩尻に2軒の宿があります。

   

 

今夜のお宿は、旅館 ・ 山七

若山牧水の夫人・貴志子が昭和28年から晩年まで、1年の半分ほどをここに逗留し、いくつもの歌を詠んだという。

貴志子が泊まった旧館の建物は、現在は利用していないがそのまま残されている。
 

1泊2食付き(税込・入湯税込み 部屋にバス・トイレなし)で7500円でした (予算に応じて、8500円・10500円もあります)

 

 

Onnsenn  

 

 客室への廊下は、改装されたようで明るい

 共同のトイレもとってもきれいだった。

 

  

 

 

 Photo_2  

 

お部屋も広くて、少々散らかしても大丈夫

 

         かなりか・・・

 

               こたつ、ありました

 

 

 

Photo_4 晩御飯は鶏団子の一人鍋・きのこのホイル蒸し・里芋の鶏あんこまんじゅう(私命名)・豚肉のニンニク焼き・海老フライ・茶碗蒸し・お吸い物・漬物でした

 

私が命名しました里芋の鶏あんこまんじゅう里芋のおまんじゅうの中に鶏肉が入っていてとても美味しかったです

あんかけにしてありまして、このあんもとっても美味しいの

あんまりおいしいので、茶碗蒸しやきのこのホイル蒸しにかけて食べました。

豚肉のニンニク焼きは見た目地味ですけど、ニンニクが効いてて美味しかったです

  

 

温泉は無色透明で、泉質は明ばん泉

露天風呂はなく内湯のみですが、程良い温度で、肌がすべすべになりました

 

                                      2日目に続く。。。

コメント (8)

曾爾高原(二本ボソ・倶留尊山・亀山)

2010-10-12 17:25:57 | 山遊び ・ 三重県

 10月11日(日)

 曾爾高原(そにこうげん)~二本ボソ・倶留尊山(くろそやま)・亀山

 

鈴鹿山脈の一つ、霊仙山へ行こうと準備していたが、朝起きて空を見上げたら、鈴鹿山脈の山頂付近は雲に覆われていた

霊仙山は山ヒルが多く発生するそうで、今は微妙な時期。。。

まだいるかもしれない

いろいろ悩んだ挙句・・・・・・・。

昨晩、ススキの一番きれいな時期にはちと早いんじゃない?と却下した、奈良県の曾爾高原へと行き先変更した。

 

 

自宅から1時間半ほどで到着  

第一駐車場に駐車する。

駐車料金は600円。

  

Photo_2 

   わぁお

  

   きれいやね~

 

 箱根の仙石原のような、ススキ野原の壮大な風景が広がっていた。

  

  

   

 

22azami_2

  

 

  ↑  アザミがあんまりかわいいので、見入ってしまいました

 

  

 

 

 

 

4hiroba  

 

 亀池の隣のお弁当広場(勝手に名付けました

 

  

 

 

5_2  

 

お弁当広場の奥から、斜面を登ります。

 

階段が付いていて登りやすい

 

駐車場に着いた時は寒くて、冬のパンツを履いて来なかったことを後悔したが、なんのなんの。。。

暑ぅ~

  

 

  

 

6_3  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜面を登りきり亀山峠に到着

 

眼下には草紅葉が始まった亀池とお弁当広場。

その向こうには群馬の荒船山のような雰囲気を持った鎧岳・兜岳見える。 (写真右から、鎧岳・兜岳・国見山・住塚山だそうです)

 

 

 

  7  

 

 

 

亀山峠より南に向かって稜線を登って行く。

  

 

 

  

 

Photo_43

 

  

 二本ボソ・倶留尊山への登山口がある。

 

  

 そこから少し登ると、小屋が見えてきた

 

 

  

 

 

    なんと!

 

その先、二本ボソ・倶留尊山へ向かうには、500円入山料が必要だ

大人2人で1000円

 

はっ    払いますとも

 

 

 

Photo_4  

  おっと

 

 二本ボソ、とうちゃ~く

 

 入山料1000円をお支払いしてすぐに、山頂です 

 あとで分かったのだが、二本ボソから先の倶留尊山頂上部は私有地だそうで、環境整備の為の協力金として、入山料を徴収しているそうだ。

  

二本ボソ頂上と書かれた板の向こうには、これから登る倶留尊山が見えている

その向こうには伊勢湾

 

  

 

Photo_6  

北側を見ると、まるで群馬の西上州のようなのどかな風景が広がっていた。

池ノ平高原というのだそう。 

 

どこかで聞いたような・・・

 

稲含山とか小沢岳などに登った時のような風景だ。

懐かしい、この感じ

 

また群馬が恋しくなる

 

 

 

Photo_7  ここから先は、たまにこんなロープもあったりする。

 登山道は狭く、粘土質のような土で滑る

 その土が登山靴の溝を埋めてしまい、岩や木の根っこで滑るのだ

 登りで転んだのは、とっても珍しい。

 腕を強打した

 

 

Photo_9

 

  

 

歩くのに難儀し展望もない登山道に、つい1000円の入山料への愚痴がこぼれるのである

 

 

  

 

 

Photo_12  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 倶留尊山   1037・3m

 

                難儀したけど、やっと着きました    

 

 日本三百名山なのに、ちょっとお粗末な山頂標識である         

                                  

  

 

 

  倶留尊山…室生火山群の最高峰。  東西に断崖を連ねて池ノ平を見下ろし、南にススキ穂

            そよぐ曾爾高原を裾野とする。

            東に大洞山、西に大岩峰鎧岳・兜岳を望む関西屈指の景勝地として評価が高い。

 

 

 

Photo_14 さっきまでいた二本ボソが見えている

 

ここからの展望が良いだけで、あとは、木々の合間から覗き見るだけ 

 

ここでランチにするのを躊躇われたが、疲れたので休むことにした。

しかも、ここ・・・、火気厳禁

 

入山料をお支払いする時に、注意書きが書かれていた。

 

カップ麺にするつもりだったがお湯を沸かせないので、オニギリ・沢庵・魚肉ソーセージだけのランチである。

 

 

 

 

Photo_15  

この辺の山はさっぱり分かんないので、本を見てお勉強

 

周囲の山々が分かるようになってきて、自分が登った山が見えたりなんかすると、楽しいのだけど。。。

 

 

 

Photo_17  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、亀山峠に戻り、稜線の先の一番高いところ・亀山へと向かいます。

 

 

 

Photo_18  

 亀山、到着

        849m

 

  

 あつ~

 

    木陰なし~

 

  

 

 

Photo_20 イセ愛山会の皆さんの手作りの山頂標識がありました。

 

三重県に亀山市(シャープとローソクで有名)がありますが、同じ名前。

関連があるのかは不明

 

 

 

 

Photo_22  

  やっとこラーメンが食べられました

 

 珈琲も淹れて、のんびりします

 

Photo_24  

 

 

 

 

 

 

 

 Rimg14205  

 

 さあ、そろそろ帰らねば・・・。

 

 あれが(矢印)後古光山かな?と、言ってます

 その向こうが古光山のようです。

 

 

 

 

Photo_26 Photo_28  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

 

 

 

Photo_33   

 亀池に戻ってきた。

 

 あんまりきれいなので、一周してみようか。。。

  

 池の周辺には灯籠が設置されている。

 9月下旬から10月中旬まで、「曾爾高原 山灯り」として、灯籠が灯るそうだ。(詳細はこちら

 

 

 

 

Photo_34  

 ほとんど水のない池の中に、白いものがたくさん点々と見える。

 

 ウメバチソウのようだ。

 

Rimg14209_2  

 

 

 

 

Photo_36  

 

 大きな竜胆、みっけ

 

 

 

 

Photo_37  

 

3yellow_2  

 

 

 

 

 

 

 

Photo_39  

 

 

 

紅葉も始まっている。

 

 

 

 

 

Photo_41  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

Photo_42  

 

 

何かに見送られるように

 

 

  曾爾高原をあとにした

 

 

 

  

 

 

<コースタイム> (休憩を含みます) 

 

曾爾高原駐車場9:10→亀池9:30→亀山峠9:50→二本ボソ10:30→11:10倶留尊山12:40→13:30亀山14:30→14:50亀池15:15→15:20駐車場

コメント (4)

木曽駒ヶ岳・宝剣岳 

2010-10-02 21:56:19 | 山遊び ・ 長野県

  9月26日(日)   木曽駒ヶ岳・宝剣岳

 

高山植物の宝庫 そして紅葉の美しい千畳敷カール

そのどちらも見たいけど、何より優先したいのがお天気だ。

出来れば大混雑も避けたい。

次の休みは相棒ちんは仕事だぜ

 

そんなこんなを考慮して、やっと行ける日が来た

 

 

前日の土曜は準備に充てた。

早めに寝たのに、相棒ちん、珍しく一睡も出来なかった

寝付きが悪かったようで、仕事のこと考えちゃったらしい

私は家と車中とで5時間ほど眠れた。

夜の高速じゃ、怖くて運転も変われないし~

 

 

 1

菅の台バスセンターに6時に到着

 

<始発は6時12分ですよ!> と言われ、慌てて準備した

 

  なんや~    行列してる

 

そんなに慌てることなかったわ

でも行列のわりに、案外早くバスに乗ることが出来た

 

駐車場は、この時点で3分の1ほど埋まっていた。

 

 

 

 

4  

 ロープウェイ乗りまして、やってきました

  千畳敷カール

 

 これが噂の

 

 思ってたよりも広くなかった

 写真で見ると凄い広そうに見えるもんね

  

 

 

 紅葉は思ってたより進んでおらず、ほんの少し色づき始めたところだ

 と・・・、こうして書いてる間に、どんどん紅葉は進んでいるのだろうな。。。

 

  

 

 

5_2  

 

 

剣が池の向こうは

 

 南アルプスの山々

 

その上に富士山が頭を覗かせている

 

  

 

 

 

 

 

6  

 

 少し上がったところから、カールを見下ろす。

 

右奥の赤い建物はロープウェイの終点駅とホテル千畳敷

ホテル千畳敷も、思ってたより小さな建物だった

 

 

 

 

8  

 

 乗越浄土

 

真ん中に富士山

 

 

ここで、もういいわ~

 

ってくらい絶景です

 

ただ、ワタクシ、ちと体調がよろしくありませぬ

昨日より、頭痛&吐き気なのよ~

 

 休憩、挟みます。 

 

 

 

 Photo_4  

 得意の しぇ~ のポーズが出来るまでに回復しました

  

  の効果、絶大や~

 

 さてと。

 駒ケ岳目指します

 

 この先、楽チンだといいな~・・・。

 

 

  

 

 

 

Photo_5  

 

 後ろを振り返ると宝剣岳がそびえている。

 

余力と勇気が残っていたら、帰りにトライするかも?

 

 

 

 

12_2

  

まだまだ先は長いのだ。

 

 

左手には、2週間前に登った御嶽山が見えてくる

 

 

 

 

  

 

 

 

13

     着いた~

 

   木曽駒ヶ岳山頂  2956m 

 

 きつかった~   何回岩の上に腰を下ろしたことか

 

  

 

 

14 15  

 

 

 

 

 

 

 

富士山はまだまだご機嫌が良いようだ   

 

槍ヶ岳や穂高連峰もばっちり

 

 

 

16 Photo_6  

 

 

 

 

 

 

 

 

御嶽山に乗鞍岳?

 

  

Photo_7  

 

  

 

 

八ヶ岳方面

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

Photo_8  

 

北アルプスと御嶽山が一望できるこの場所でランチ

 

 

 

Photo_9  

  

 

 今日はいつもよりは若干ましな山ご飯

 

 おにぎり・ハムサンド・茹で卵・チキンナゲット、写真に入ってないけど野沢菜漬け。

 

  

 

 

 

 

A  

 

  

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 D

 

     ウラシマツツジ 

 

標高の高い岩場でしか見ることの出来ない、貴重なツツジである。

 

 

 

 

  

 

 

 C

 

 さて、宝剣岳へと向かう。

 

 危険と書かれた巻き道は回避し、元来た道を戻る。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

11111  

いよいよ宝剣岳だ

 

っていうか・・・、登るの?

怖いところな~ん???

 

予備知識ゼロの私 

 

ザックをデポして登ることにした。

 

 

 

 

22222  

 

   わぁお

 

めっちゃ怖いや~ん

 

来なきゃよかったー

 

 

 

私の前を登っていた女の子。

前に進めない。。。

1ステージ登りきったところで、その先の山頂直下の岩壁伝いの鎖場を目にして、どうやら無理なようす。。。

先に行った仲間が、怖いなら戻れと言ってる。

けど、下からどんどん来るから戻れない。

とりあえず、ほんのわずかなスペースによけろと指示が飛ぶ。

 

 

私・・・、覗いた 

 

 

  えーーーーーーーっ          アタシも無理かも 

 

  止めとけ     もう戻ろっ

 

 

  ちょっと待って・・・、行ける。     行けるわ

  

 

 

 

66666666666ほんの数メートル、岩壁伝いに横切るだけだけど、足場が狭い

 

足を滑らせたら、間違いなく奈落の底だ

 

(← 写真は帰り。 往きは撮る余裕なし  この向こうから渡って来るのだ)

 

 

 

 

鎖をしっかり持って、絶対に放したらあかんでっ   と相棒。

 

分かった     下を絶対に見たらあかんよ    

今からは気が散るで、喋らんといて

  

 

 

 

55555_2  

 

 

  宝剣岳 2931m

 

なんとか来れたけど、こんな思いしてまで来るつもり、さらさらなかった。

下調べを相棒任せにしてたのが、間違い。

もっと自分でもよく考えて来なくては。

かなり反省。

 

意気消沈

 

 

すると、まさに山ガール山ボーイのお二人さん。

 

1人ずつこの岩の上に登り、ポーズを撮って写真を撮り始めた

特に彼女なんて、1本足でポーズを取る

 

 

ギャラリーは、すごいとかキャーとかワァーとか言ってたけど・・・。

私は彼女の親御さんのような気分になってしまい、怖くて見てられなかった。

 

それを見た別の山ガール3人組が、私もやりた~い  と言いだした。

 

寿命が縮まりそうなので、早々に下山する。

  

 

 777777777777  

 

 

 思い出したくもない鎖場

 

 

 

 

 

 

 

 

888888888_2  

宝剣山荘で休憩させてもらう。

 

宝剣岳と木曽駒ヶ岳の山バッジを購入した。

 

 

 

 

 

 

Photo_7  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 さあ、のんびりと千畳敷へと戻ろかあ~

 

Photo_8  

 

単独の女性がオットセイ岩がこの辺にあると、山小屋のご主人からお聞きしたそう。

 

どれかな?  と思ったら目の前にいた

 

 

  

 」

 

 

Photo_10   

                

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 千畳敷に戻ってきた。

  

  写真は剣が池

 

途中、何度かアナウンスが聞こえてくる。

ロープウェイは待ち時間が長いようで、整理券を配って、順番に乗車する。

次のロープウェイに乗れる番号をアナウンスしているのだ。

 

往きに通らなかったので剣が池を回るコースを歩き、ロープウェイ駅へ。 

1時間15分ほどの待ち時間のよう。

 

 

おにぎりを食べながら外で待っていたら、段々ガスが上がって来て、カールは真っ白けになった。

そしてとうとう雨も落ちてきた

 

仕方が無いので中へ避難。

 

レストランは満席、小さすぎる売店は混雑しており、ロープウェイを待つ人もいて、大変な人口密度となっていた。

高齢の方や小さなお子さんなど、お気の毒である。

 

雨が降ったり寒い時などの為に、屋根のあるもう少し広いスペースが必要である。

登山ブームに何から何までは追いついていないようだ

  

 

帰りは、すぐに高速に乗れる。

 

乗った途端!   35キロ渋滞の情報

 

だが、心配したほどではなかった。

往きよりは1時間余分にかかりはしたが、なんとか早く帰宅出来て良かった

 

 

 

<コースタイム> (休憩を含む)

 

菅の台バスセンターよりバス乗車6:45→しらび平駅7:18→千畳敷カール8:10→乗越浄土9:05→中岳9:40→10:10駒ケ岳12:00→宝剣岳(ピストン)12:40→千畳敷・剣が池14:15

コメント (10)