風に吹かれて

のんびりきままな暮らし 時々山歩き♪ 
 
 
 
 

小菊の里

2009-10-25 17:47:44 | Lunch

Photo  今日は伊勢崎市赤堀町の「小菊の里」へ行ってきた。

 

 開園期間は10月11日~11月8日(日)まで。

 

 以前より行ってみたいと思っていたのだけどイマイチ場所がわからなかったので、先日石塚さんと日光へ出かけた際に、、わざわざ立ち寄っていただいた。

 石塚さん、ありがとう

 行ってきましたよん

 

 

Siro  

赤・白・黄色・ピンク、見事な玉菊がズラリと並んでいる。

 

白が一番良い香りがした。

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_2 Photo_3  

  

 

 

 

 

 

  

 

Photo_5  小菊の里は伊勢崎市の最高峰・峰岸山の南斜面一面に咲く玉菊の里。

 地元の「小菊の里つくりの会」を中心に、ボランティアの皆さんの尽力で運営されている。

 

 小菊はオレンジ・黄色・エンジ色などの洋種と、薄紫・白・黄色などの和種がある。

 洋種が咲きに咲くそうで、両種を同時に咲かせるのは難しいのだそうだ。

 

 

 

JAの野菜が売られていた。

先日、石塚さんがマコモタケを買われておいしかったそうなので、買ってみた

 

 

                          

 

 

 小菊の里にほど近い、「ピッツェリア オレオカンタール」 にランチに行った。

 

Photo_6  ピザランチ2種とパスタランチ2種のみのランチメニュー。(ともに1000円)

 

 ピザは生ハムのピザをチョイス。

 生ハムの多さに度肝を抜かれた

 

 

 

Photo_7  

 パスタはトマトクリーム。

 

 パスタは手打ち麺のようで、モチモチして美味しかった。

 

 

 

 

Photo_8 Photo_9 Photo_10  

 

 

 

 

 

コメント (8)

赤城・鍋割山

2009-10-24 18:01:48 | 山遊び ・ 群馬県

Photo_3  

赤城の鍋割山へ、紅葉狩り

 

荒山高原から鍋割山へと上がろうとしたら、下からガスが湧いてきた

 

  

幻想的できれいだった。

 

 

  

 

 

Photo_5  

 

今日はじゃなかったの~?

 

 

 

  

  

 

Photo_8  

ランチは味噌ラーメン

 

お餅入りだよ

 

 

 

  

 

Photo_9 鍋割山頂付近の紅葉はもう終わっている。

 

途中は、ところどころ美しい紅葉が見られた。

  

 

  

 

 

 

Photo_11  

気温は10℃位。

 

日が差さないから、さぶ~い

 

  

  

 

Photo_12  

小沼周辺の紅葉は、ほぼ終わっていた。

 

それでも駐車場はほぼ満車だった(10時過ぎ)

  

姫百合駐車場近辺の道路から見える紅葉が、とてもきれいだった

 

 

 

 

                                    

 

 

 

Photo_13  

恥ずかしながら、今日は結婚記念日

 

ケーキも紅葉してる?  

コメント (12)

18日 ★ 立山黒部アルペンルート (長野2日目)

2009-10-23 16:27:25 | 山遊び ・ 長野県

  18日(日)    朝起きると、快晴

 ホッとする

 

 

 

  朝食はまたバイキング

                                                                                             6時45分から頂けるのは、有難い。

 

 

  結局、今日は立山黒部アルペンルートに決定!

 扇沢に駐車する。

  

 ここに来るまでの道路、そしてここも紅葉真っ盛り

  

 

黒部ダムオフィシャルサイト http://www.kurobe-dam.com/kankou/index.html 

 

とりあえず、大観峰までの往復の乗車券(1人5650円)を購入し、朝2番目、9時発の関電トンネルトロリーバスに乗る

 

  

 

  そのバスを待つ間。   吉本顔負けのとってもおもろい<名物駅員さん>が楽しませてくれる

 ここだけでしか買えないバスのミニチュア

  

   超おすすめでっせ      

 

   

 

    ← このバスに乗った。

 

 

 

                                                          そしてトンネルの階段を上る。 

 

 

  

  黒部ダム  着いた~。 (標高1455m)

 

 もうね、放水してへんのよ

 イマイチ、いや、かなり迫力に欠けるね

 残念だけど、仕方ないね

 

 

なんて紅葉 きれいなのー

あまり考えずに来たのだけど、こりゃ、すごいですわ

  

 

  

  私、本当はダムってあまり興味がなかったのだけど、その美しさにしばし言葉を失う。

 

 たくさんの観光客の賑わいをよそに、黒部湖は静かに、そして満々と蒼い水を湛えていた。

 

  

 慰霊碑がある。   

       

 

しばらくダムを見物した後は、<黒部地下ケーブルカー>に乗って、黒部平へと向おう。

 

 

 

  その前に、またまた<名物駅員さん>による、説明と可笑しなギャグの数々を聞かせてもらう

  

 室堂に着いてちょっと歩くとすぐに雷鳥に出会えます。

万が一逢えなかった時の為に、こちらに用意してございます

 

と言って、電光掲示板の上に用意してあった雷鳥のぬいぐるみを見せてくれた

わぁーと観客、いえ、乗客 の皆さんは沸いていたけど、私たちはそんなことよりも、<雷鳥は室堂に行かないと出会えない> という言葉で頭の中がグルグルしていた

  

 

 

  黒部地下ケーブルカーに乗って、黒部平まで向かう。

なんとこのけーぶるかーは昭和44年生まれ。 

56年もの間、想像も出来ないほどのたくさんの人を運んできたんやね。

すごいね

 

 

 

  黒部平到着。

  次に行く大観峰が見えている。

(写真、真ん中よりすこし上にコンクリートの建物が見えますが、ここが大観峰です。)

 

私たちは大観峰までの往復の乗車券までしか購入していない。

黒部平から大観峰が見えるけど、あそこまで行って、どうなのよ?

<名物駅員さん>がおっしゃるには、雷鳥は室堂に行かないと逢えないのだわ・・・

 

ただし、ここ黒部平もなかなかの景観ではある

 

 

  さっ、とりあえず立山ロープウエイに乗って、大観峰に到着。

 「大観峰で折り返しのお客様は展望台へどうぞ。室堂へ行かれるお客様はこちらへ」と狭い場所へと誘導される。

 そこで室堂の現在の映像が見られるようになっていた。

 晴れてはいないが、ガスはかかっていない。

 

 

思い切って室堂まで行くことにした

(往復1人3150円の追加は、ちょっと痛い

 

 

大観峰から室堂までは、立山の山頂の真下を、バスで縦断するのだ。

なんてこった~

2000m以上の山の中に、トンネルを造っちゃってる

そして、そこをバスで縦断するのだ

 

 

  そのバスはこちら。    立山トンネルトロリーバス

 

  

 

  

 

                                           室堂 着いた~ (2450m)

 

                                                                        おー  

 

                                                                                  すごい

 

 憧れの剱岳も見える

 

 思い切って来て良かった

 

 

それにしてもトンネルを出たら、ここまで天候が違ってるのには驚く

 

2450mのここ室堂には、高級ホテルまである。

 

 

ホテル立山オフィシャルサイト

 

http://www.alpen-route.co.jp/h-tateyama/

 

 

 

  

 みくりが池

 

 向こうに見えるのは剣岳

 

 すごいね。。。

 一生かかっても登るのは無理だわね

 観るだけでもええね

 

  

 

  雪が降ってきたので、レインスーツを着る。

 遠くに見える建物は室堂山荘。

 

 

 

   県の重要文化財に指定されている、日本最古の山小屋。

 

 

  

   新しい室堂山荘  →  http://www.murodou.co.jp/

 

 

         室堂平は広い。

 

 地糖も紅葉してる。

 

 ところで・・・、雷鳥、ちっとも居ないじゃないの

  

  お~い!  どこ行った~

 

   

 

硫黄の臭いが漂ってくる   

 

下は地獄谷

遊歩道があって散策できるようになっている。

 

いつかまたここに来て、ゆっくりと散策したいものだ。

 

 

  地獄谷を前にやっと腰を下ろす。

 

 本当はカップラーメンなどを食べようとザックに用意してたのだけど。。。

 腰を下ろした途端、ますます雪が降ってきた

 昨日安曇野フェスタで買ったラスクを少し食べる。

 ラスクにもジャンジャン雪が積もってくる

 

 

  

 雷鳥を求めて、もう少しだけ散策してみましょ。

  

 居ないね~     戻りましょ。。。

 

 

  

諦めかけたその時

 

出たー 

 

  雷鳥やー

 

やっと、出てきてくれたね

逢いたかったよー

あなたに逢うために、はるばるここまでやってきたのよー

 

5.6匹いる

とことことことこと歩く。

近付くとどんどん離れて行こうとするの。

かわいいの

  

 

 

  お名残り惜しいけど、いつまでも見てるわけにはいかない。

 そろそろさよならしなくちゃ 

  

 寒さも限界である。

 室堂平はガスで、遠くは何も見えなくなった

 

 

私たちは帰るが、まだまだ次から次へと、観光客が乗りものに乗ってやってくる。

すごい所だ。

だって、標高2450mまで、乗りものでやって来れるんだもの。

そして立山三山をはじめ、3000m級の山々を眺められるんだもの。

普段低山ながら、下から登っていることを考えると、「これって、どーなのよ?」という気持ちが正直ないわけではなかったが、これだけのものを造った人々の苦労と努力に敬服する気持ちが強くて、下に戻る間も、そのことを実感しながら、また往きと同じ乗りもので戻るのだった。

  

それにしてもたくさんの観光客の皆さんだけども、乗りものに乗るために5分~10分並ぶのだけども。

なんともスムーズな流れで次の乗りものへと行ける。

これは、計算しつくされているね。

あれほどたくさんの人で賑わっていたのに、嫌な気分になることはほとんどなかったのは素晴らしいこと。

ただ、室堂平が寒すぎたせいか急に腰痛が発症して、その5分、10分の待ち時間を立ってるのが辛いのなんの

ここはもう冬がとっくに始まっていたのだ。

これから真冬になったら、どんな風景になるのだろう?

きっとすごいのでしょうね

立山黒部アルペンルートのポータルサイト http://www.tate-yama.com/travel/muro/muro.htm

 

 

  無事、戻ってきた~。

 登山客はほとんど見当たらず、ザック背負った私たちは場違いにも思えるほどだったね。

 お昼も食べそこなったね

 相棒ちん、ラーメン用のお水、重いのにお疲れさん

 

 

お腹が空いたので、車でどら焼きなどのお菓子をたらふく食べて帰る。

(所々でレストランや軽食コーナーなどあります。 お天気の良い時に早く上に行きたかった為に、私たちは立ち寄れませんでした。 帰りも渋滞のことを考えて、とっとと帰りました

 

 

 家の近所の蕎麦屋さんで晩御飯 。

 

                                                  お腹がぺこぺこだったので、モリモリ食べて完食した

 

                                                                       お疲れさまでした

 

 

 

 おまけ 

 

 ちょっと見づらいけど、剱岳のバッジ、買ってしまった

 登ってもない剱岳

 思わず買ってしまった~

 

コメント (18)

バスに乗って

2009-10-22 15:18:56 | おでかけ
Photo_3バスに乗って、ちょっとお出かけ。
市民の足、無料のバス
 
目的地まで行ってくれない。
途中下車して、書展を見てきた。
樋口一葉の日記の書に、泣かされた
 
 
 
Photo_4  福祉バザー。
 中古衣類・寄贈品・農産物(花の苗しか見当たらなかった)・手作り菓子など。
  お花の苗買いましょ
 
Photo_5 手作りのドーナツと味噌まんじゅうもね
 
    
    ↑   アタシはど~こだ  
  
暑くて疲れたので、ちょっと休憩    
 
Photo_6 
 帰りに神社でお参り
 
 
 
Photo_9  
 明治の建物だろうか?
 
 Photo_10  
 レトロな建物がまだ残る。
 
 
 
 
Photo_11  
 粋な呉服屋さん。
 
 
 
 
Photo_12 図書館の前を通ったので、寄ってみた。
群馬では初めてだ。
図書館カードを作っていただいた。
 
CD3枚と4冊の本を借りた。
うぅ。。。
2週間で読めるかな?
PCの時間を減らさなきゃ
家事はちゃんとせねばね
 
ところで、あのね。。。
帰りはバスは乗らないのよね
今からまだ家までしばらく歩くんですけどね
 
お花の苗だけでも重いのに、本まで持って歩いてきたら、腰痛悪化
散歩をかねて出かけたのは良いけど、重いものを買うとか・・・、 重いものを借りるとか・・・、 禁物だわよ 
 
さあさ   おやつにドーナッツ食べましょ
  
 
 
コメント (4)

17日 ★ 安曇野 (長野1日目)

2009-10-21 13:36:59 | 旅行記

Photo  10月17日(土)

 長野の大町温泉郷に1泊することにした。

 体調がイマイチで山歩きは

 ネットでひっかかった 「国営アルプスあづみの公園」に行くことにした。

 公園は2か所にあり、まずはイベントが行われている堀金・穂高地区の公園へと向かった

駐車場は満車だったが、近隣の駐車場からシャトルバスが出ていたのでそれを利用する

  

  

<第4回 安曇野フェスタ2009>

 

Photo_2 Photo_3 先着5000名に黒豆のプレゼント

 

  

何ちゃんだか分からないけど、一緒にパチリ

 

ぬいぐるみの腰に手を回したら、あったかくて気持ち良かった。

なにしろ寒かったからね

お顔もかわゆい

 

 

 

Photo_4  

 私も1枚撮ってみよう。

 

Photo_5  

 

 

 

 いろんなコスモスが咲いてるね

 

 

 

 

 

Photo_6  

 お子ちゃまはニジマスのつかみどり

 

 大きなニジマスが次々と焼かれていた。

 

 

 

Photo_7  

 アウトドア料理の講習も催されており、ダッチオーブンでの鶏肉の蒸し焼きが実演されていた。

 

 おいしそう

 

 

 

Photo_8 特産品のらぶぅ~豚の試食

 

わさびを付けていただく。

 

軟らかくおいしい豚肉だった

 

 

 

Photo_9  

 りんごをはじめ、いろんな特産品の販売が行われていた。

 

  

 

  

 

 

Photo_10 お昼は1000食限定の安曇野弁当を頂くことにした。

 

 

お弁当は5種類。

豚汁付きで500円。

Photo_11

ヘルシーでおいしいお弁当だった

 

 

 

 

 

   

 

Photo_12   

 昼食後、フォークコンサートを見た。

 

 宮川真衣さん

 ラジオでもご活躍の、とってもかわいいお嬢さん

 

 

優しくて心地の良い歌声

少々アップテンポの曲でのってきたところだったのに、雨がぽつぽつ落ちてきた。

すぐに止みそうだったが傘を持って来なかったので、途中で退席

最後まで居られなくて、とっても残念だった。

 

  

 

Photo_13  

 

 シャトルバスで駐車場まで戻り、今度は大町松川地区の公園へと向かった。

http://www.azumino.go.jp/oomachi_matsukawa/index.php

 

 こちらは今年の7月にオープンしたばかり。

より自然の中の公園といった感じで、のんびり出来る。

 

 

Photo_14 

紅葉も始まっている

 

 

 

 

 

Photo_15  空中回廊。

 

 とっても高くて楽しい

 

 

 

   

 

 

今夜のお宿は 「黒部観光ホテル」 http://www.kurokan.com/

 

 は無色無臭の単純泉。

 

 

夕食はバイキング

どれもこれもおいしくて、たくさん頂いてしまった

団体さんがたくさんお泊りのようだったが、時間をずらせてあるのか? 混雑することもなくゆっくりといただくことができた。

 

 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19 E F  G  

 

 

 

 

夕食のバイキングはこの他にもカレー・焼きそば・茶碗蒸し・蟹・天ぷら・お寿司・ちまきなどなど、盛りだくさん

 

 

さて、明日はどこへ行こう?

黒部ダムも良いけど、栂池自然園も行ってみたい。。。

フロントの男性に相談する。

 

9時頃大浴場へ行ったら、シャワー台が満員でなかなか使えず、のぼせそうになった

お風呂は大町温泉郷で一番の広さだそうだが、団体さんがいらっしゃると限界もあるわね、そりゃ 

 

2日目につづく。。。

 

コメント (6)